メイン

読書 アーカイブ

2007年3月13日

大型書店

 電車内の公告を見ていたら、新宿 ジュンク堂が、日本最大級の品揃えでオープン、とあった。是非行ってみなくては。
 新聞の書評やネット検索などで、ほとんどアマゾンなどネットを通じて書籍を買うのが日常であるが、大きい書店をぶらついて、気に入った本をみつけることの楽しみには代えがたいものがある。ああ、また、自宅の本が増えて、家内に小言を言われる。

2007年3月29日

売れる書棚

 新聞に、ジュンク堂副店長 田口久美子さんの記事が載っていた。記事によると、本は、どの書棚に置くかで、売り行きが大きく変わるのだという。例えば、村上龍の「13歳の~」は、文学のコーナーではなく、就職のコーナーに置いたら、よく売れたのだという。意外だったのは、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」。これはどう考えても純文学だが、建築のコーナーに置くのだそうである。
 ただ、最近大きい本屋に足を運ぶことが減ったとはいえ、そういう意外性を感じて楽しんだ経験は、私はあまりない。逆に、「代数幾何」という純粋数学の難しい専門分野の本が、高校の学習参考書のコーナーに置かれていたのを見たことがある。これは、きっと、「代数・幾何」だと思ったのだろうが、見識不足がばれる。
 ただ、見たことはないが、こういうのがあったら面白いかも、とのものとして、囲碁の「侵略のテクニック」という本が、政治学のコーナーにあったり、法哲学の本が、仏教のコーナーにあったりしても、意表だろう。あと、コンピュータ・ウィルスの本が医学のコーナーにあるとか。
 しかし、考えてみて、意外な組み合わせというのはある程度思いつけるが、実際に売り上げに貢献する組み合わせとなると難しい。うまくいかなかった経験を踏まえて、長年の試行錯誤の結果として、ようやく、田口久美子さんの域に達するのだろう。

2007年4月 2日

ポール・ヴァレリーのカイエ

 私は、哀しいほどに浅いのだけれども、いろいろな分野の書物を眺めてきた。しかし、そんななかでも、美術論、音楽論などの芸術論にはどうしても引いてしまう(文学論なら、まだましかも)。それで、ポール・ヴァレリーの「レオナルド・ダビンチの方法」という岩波文庫の本ももっているのだけれども、たった3ページ読んだだけで、放置している。
 ということで、ポール・ヴァレリーを論じるに私ほど相応しくない人もいないのだけれども、どうしても気になっているのが、「カイエ」である。それは、ある別の本によると、ヴァレリーが毎朝5時に起きて、公表を意図しないで、思いつくまま、綴り、2万ページ以上にもなったものだという。是非眺めてみたいが、なかなか気軽にアクセスできる本ではない。
 私が気になる、という意味は、プログ的な意味で、そこに、ヴァレリーの本音が埋っているのではないか、ということである。せっせと本音を書き出しているうちに、ユンクの言う原意識の鉱脈に行き当たり、個人の思いを超えたなにかがそこに析出しているのではないかと期待する。
 私がこうして駄文を書き続けているのも、いつか、そういう鉱脈に行き当たる日を期待している次第である。

2007年4月 3日

過去における、ある未来予測

 先日、実家に帰って古い本を探っていたら、「10年後」という本があった。いわゆる、未来予測ものである。邦光史郎とグループST 光文社カッパブックス。なんと、1983年刊だから、その10年後でも、1993年である。
 そこに、10年後に無くなっているものとして、次のものがあった。

*憲法9条 - これは、最近ようやく議論され始めている次第。まだまだ、続くと思う。
*昭和元号 - これは、ピンポン。でも、当然か。
*紅白歌合戦 - 視聴率は落ちているとはいえ、まだまだなくなりそうもない。
*8ミリカメラ - これは、知らない。最早、ないんだと思うけど。
*情報誌 - これは、まだ沢山ある。なくなりそうもない。
*モノクロテレビ - これは、然り。逆に、1983年頃は、まだあったんだ、という感じ。
*鯨肉 - 細々だけど、なくなっている、とはいえないと思う。
*電話帳 - これは、まだ結構あると思う。
*水虫 - これは、まだまだ、というか、永遠にありそう。
*湯たんぽ - これは、一部でまだ使われているような気がする。
*汲み取り式便所 - まだ、ある。少なくともうちの田舎では、そう。
*そろばん - 本来の計算機能としては使われていないかもしれないが、子供の頭の鍛錬用に塾がある。私は、柔道や空手のように、そろばん道として、廃れないと思う。
*東京大学の権威 - これも、微動だにしない。教育ママの憧れであり続けるかぎり、不滅だと思う。
*終身雇用制 - ボディーブローを受けて大分弱ってきたが、まだ、死滅していないと思う。最近、また、見直されてきたかも。
*性道徳 - 1983年頃に較べて、特に今が、性的に頽廃しているとは思わない。
*武器輸出三原則 - 憲法9条とも関連する。なかなか、なくならない、と思う。ちなみに、私はなくした方がよい、という意見ではない。
*窓際族 - これは、いつの時代でもいると思う。
*医師優遇税制 - まだ、続きそう。
*ノーパン喫茶 - これは、流石にもうないのでは、知らないけど。
*電柱 - もしかして、電線が地中を這うようになる、という意味か。しかし、電柱は、全くなくなる気配はない。

 以上のように、当たり率は、とても低い。特に、制度に係わるもの、生理的なこと、人間の習慣に関するものは、とても保守的のようである。

2007年4月 8日

新宿ジュンク堂

 綾瀬の東京体育館に、将棋の大会に参加したついでに、最大のフロアーを誇るという、新宿 ジュンク堂という書店に行ってみた。新宿三越の6階、7階、8階のフロアーを全て占める。行ってみて感心したのは、いい意味で、本が沢山ひしめいている、という印象を与えない、ということである。というのは、ちょうど図書館のような棚の配列で、棚と棚の間の間隔は広く、座って本を読むスペースもある。随分スペースを贅沢に使っているといえる。では、広さの割に本が少ないかというと、そんなことはなく、例えば、将棋の本、というかなりマイナーのジャンルに絞ってみても、高い書架の4つの全部を占めている。例えば、新宿ジュンク堂目と鼻の先にある、紀伊国屋のような大きい本屋でも、将棋の本は、この四分の一である。紀伊国屋にとってかなり脅威であるに違いない。また、紀伊国屋は、入っているビルが狭いせいか、エスカレータはなく、エレベータも狭くて使いにくい。対抗戦術が注目されるが、私としては、もう紀伊国屋に行く必然性を感じない。尤も、なかなか新宿に出向くことはないのだが。

2007年4月11日

ウェブ人間論

梅田望夫と、作家の平野啓一郎の対談形式である。以前、未来予測に関して書いたように、世の中は、とても変わりにくい部分がある。一方で、WEB2.0に代表されるように、ネット世界では、とても動きが速い。数学で、ブラウアーの不動点定理というのがあり、ある写像変換で、動かない点が存在する、というものだけれども、とすると、世の中をディスクの回転とすると、とても速く動いている周縁と、あまり動かない中心部があることになる。すると、ネット世界を堪能している梅田さんは、周縁にあり、ネット世界の動きに同意いつつも疑問を呈している平野さんは、どちらかというとあまり変わらない中心部にいるのだろうか。
 この本の要旨は、梅田さんの前著、「ウェブ進化論」に対して、若干の最近のトピックを拾う以外、それほど新規な点を含む訳ではない。ただ、平野さんの健全な疑問(例えば、本の著作権に対する取り扱い)は、私のように保守的な人間にはとてもしっくりくる。一方で、梅田さんの楽観主義も、落込んだ気持ちを、ウェブの世界で随分慰めてもらっている自分にはよく分かる。
 ただ、1つ気になったのは、梅田さんが、「はてな」という会社で、スターウォーズのDVDを全部見て、その知識を仕入れるように言われた、という件。また別途触れるが、私は若い頃、渡部昇一の「人間らしさの構造」という本を読んで、「いきがいをもった人間は、enculturateされることを嫌う。」という一文にとても感銘を受け、私の人生をほどんど規定していると言ってもよい。そのような感性からは、スターウォーズの世界を強制されることはとてつもない苦痛で、そういう「はてな」は、一体どういう会社なんだろう、と改めて、新興宗教でもみるような感慨を抱いた次第である。
 

2007年4月20日

日本昔話 Remix

 新聞の書籍の広告を見ていたら、「日本昔話 Remix」とあった。どんなものかと思ったら、「未来からやってきた昔話!?翻訳ソフトで日本語→英語→日本語と訳して出現した、まったく新しい日本昔話。さて有名な昔話がどうなるか? 」とある。
 そんな、コンピュータの力を借りて、笑いの壺をうまく突けるものなのか、万事保守的な私は、とても怪訝であるが、確かに昔、かな漢字変換のミスで妙に笑えるものがあった。
で、コンピュータに任せきりにしないで、翻訳ソフトで変換した結果の面白い部分をうまく参酌しつつ、人間が間を補間するなら、それなりに面白いものができそうであるが、でも、そういう本が、お金を払って買うに値するものとは、どうしても思えない。そんなの、適当にネットで公開して、ああ面白いねで終わりでしょ、と思うのだが、買って読みもしないで、そうやって予断すること自体、頭が固くなってしまっているのだろうか。

2007年5月 4日

梅田望夫氏の「シリコンバレー精神」

 梅田望夫氏の「シリコンバレー精神」を読了したので、例によって、コメントを交えつつ、要約してみる。
 まず、シリコンバレーとは、現代のゴールドラッシュの地である、ということである。
 第1に、気候が温和で、年間を通じて、暑すぎもせず、寒すぎもしない。治安も比較的いい。東部のような閉塞感はなく、自由の気風に溢れている。
 第2に、伝統に縛られないで、ベンチャーキャピタルという、返さなくていい資金の制度が発明された。ここでは、アイデアを説明して、ベンチャーキャピタリストに、資金を提供させるためのプレゼンテーションが必要となる。
 こうして、アイデアが認定されると、ハイリスク・ハイリターンの、いわば、鮭の卵の孵化のような、多産多死モデルを試すことができる。確率は低いが、一攫千金である。
 但し、条件がある。すなわち、素人の思いつきは通用しない、ということである。アイデアは、少なくとも大学院レベルのきちんとした学識に裏打ちされていなくてはならない。この地に、産学協同のメッカ、スタンフォード大学があるのは、当然ながら、偶然ではない。グーグルの創始者たちも、スタンフォード大学で研究して、線形代数の数理を、インターネットの相互リンクの構造をたどる数学的モデルに適用するアイデアを思いついた。そうして、大学の片隅で、ガラクタのコンピュータを組み立てて、自らのアイデアをインプリメントした。
 このように、シリコンバレーには、コンピュータ・ナードの存在が必須である。コンピュータ・ナードは、風采はあがらないかもしれないし、金儲けに興味はないかもしれない(money just doesn't hurt = お金はまあ、邪魔にならない)。そうして、ひたすら、プログラミングのアイデアを考え、コードを書くことに喜びを見出す。決して典型ということはないが、Linuxのリーナス・トルバースは、1つの例であろう。ビジネスの興味があってもなくてもよいけれども、ともかく、そういう沢山のナードたちがいなければ、シリコン・バレー自体が成り立たない。
 シリコンバレーにあっては、その、喜びを見出す、というか、自分のアイデアに惚れ込む、ということと、困難を突き進む(muddle through)ということが本質的である。多産多死モデルにあっては、muddle throughしたからと言って、成功する可能性は、かならずしも高くない。しかし、困難がないということはないのだから、粘り強く、また、自分のアイデアに、惚れて惚れまくらなくては、成功は覚束ない。
 さて、ナードと、ビジネスセンス溢れる人達がいたとして、その人たちと、ベンチャーキャピタリストとを仲介する人達も必要になってくる。梅田氏が興したのも、そういう会社である。
 そういう仲介の会社は、ある程度の資金と、技術の目利きと、相当の人脈が必要である。例えば、ベンチャーキャピタリストから支援されて、ある程度成功を収めると、そういう会社を、マイクロソフト、HPなどの従来型の大企業に買い取ってもらう機会が生じ、それによって、巨万の富を得ることになる。
 こうして、富と、技術の目利きと、相当の人脈を以って、かつての企業家が、今度は、ベンチャーキャピタリストまたは仲介者になる、という途もある。
 技術の側面に戻って、ここからは私の意見であるが、シリコンバレーにあって、IT技術というのが本質的である。梅田氏がいみじくも指摘するように、よいアイデアは、会社ではなく、個人から出る。従って、シリコン・バレーでは、パーティがあっても、ファースト・ネームだけが大書され、姓や会社名は、申し訳程度に書かれているに過ぎない。しかし、特に、個人の能力やアイデアは、IT技術において、顕著に活かされる。これが、例えば、鉄鋼、家電、自動車産業だったとする。そこにも当然、個人の能力やアイデアは活かされるが、そもそも、例えば、個人が思い立って、鉄鋼会社を作り出すことなど不可能である。IT技術は、最低限、インターネットに接続されたパソコンがあれば、なんとかなる。OSも、ソフトウェア・ツールも、只でも入手可能である。
 ITであっても、OSなどの複雑なソフトウェアだと、やはり、個人で立ち上げるのは難しいかもしれない。
 ともかく、Web2.0のマッシュアップの時代では、既存のツールを組み立てて新しいビジネスを立ち上げることが可能なので、まだまだ個人のアイデアが活かせる。シリコン・バレーも健在である、と信じる。

2007年5月12日

フィーチャリスト宣言

 梅田望夫氏と茂木健一郎氏の対談、「フィーチャリスト宣言」を読んだので、例によって、コメントしつつまとめてみる。ただ、私にとって既知のことは省き、おお、と思ったことに絞ることにする。
 先ず、目に付いたのが、偶有性。確かに、インターネットは有象無象の世界であるが、私は、そこから検索エンジンで、絞って道筋をつけるものと思っていた。そこで、茂木は、インターネットは、偶有性でよい、という。確かに、そこで何を選ぶかは無限の可能性がある。そこに、セレンディピティの余地がある。
 また、グーグルのことに言及して、ヤフーなどとは違って、リンク数のアルゴリズムを用いた純システム的なものであることに着目し、「システムの一人勝ち」という。どういうことかというと、誰がブログを書いても、誰がホームページを作っても、結局、グーグルの検索エンジンのダシにしかならない、ということ。
 茂木は、大学はもうネット社会では、終わっているという。根拠は、学校できちんと教科書をマスターすることが、ネット社会で陳腐化している、ということ。情報のフリー化で、講義内容も、ネットで得られるからという。ただ、私が思うに、ネットでカバーできるのは、文系学問、理系だと数学、コンピュータサイエンスくらいのものなのではないだろうか。建築学、医学、電子工学、物理実験、とてもネットだけでは無理である。あのう、ネットは分を知るべしなのだ。
 とはいえ、ネットの過剰な知的資源が、社会に重大な変化をもたらす、というのは納得。まさに、マルクスのいう、量が質に変わるという、あれである。マルクス自身が、大英博物館の書物を全て読んだことから、資本論のアイデアに至ったのであった。
 梅田は、ネットでは、脱エスタブリッシュメントだと解く。負け組が、ネットで、敗者復活できる、というものである。ううん、これは、いかにも建前。ただ、ネット上での一人の強烈な狂気が、世界を変えられる、というのは、分かる。グーグル自体が、たった二人の強烈な思い込みの学生から生まれた。
 また、茂木は、アインシュタインではなく、ダーウィンを目指すという。意味はどうも、統一的な(数少ない)原理で、世界を記述するよりも、多様性をそのまま是認して世界を記述したい、という意味だと理解する。狭さより広さの創造性である。ただ、狭く突き進むことにリスクがある、というのは、分かるが、学問の世界は、狭く突き進まないとどうしようもないことがいくらでもある。例えば、双子素数の無限性を証明しようしたら、それはそれは狭く突き進むよりない。こういう狭さについていけなくて、総合的なものを目指すというのは、私も、感性としてはそうだから分かるけど、でも、それはどうしても二流のそしりを免れにくい。
 ただ、ネットの世界にあっても、参照点としての紙の書物、参照点としての古典(プラトン、アリストテレスなど?)というのは、とてもよく分かる。ネットがそういうものに依拠しないと、とても軽薄なものになってしまう。グーグルの検索エンジンだって、古典的な線形代数とグラフ理論の駆使である。
 で、結論としては、面白い本だったが、感激はいまいちであった。梅田さんの本が3冊目であるためか、頭が疲れていてるせいか、まあ、おそらく後者だろう。とても元気のないブログになってしまった。

2007年5月26日

国家の品格

 今更であるが、ブログを検索していて、藤原正彦氏の「国家の品格」の書評が、目に付いた。私自身は、「国家の品格」の耽美的な趣旨が気に入り、続編の「この国のけじめ」文藝春秋 まで、買ったほどである。
 それで、ブログを見ていてのネガティブな書評の趣旨は、下記のとおりである。
- 市場主義を完全に誤解している。
- 国家論になっていない。
- 単なる復古主義である。
- 何も具体的な施策を示していない。
- 藤原氏自身、数学者としてほとんど実績がない。
 私は、そのような批判は、それなりに妥当だと思う。そうして、全く論破するつもりはない。それでも尚且つ、私は、現在の合理主義の気風に対する、1つの感傷的アンチテーゼとして、藤原氏の論旨に、救いを感じたのである。詳細についてここで述べるつもりは全くないが、どうもそのことは、私の、会社における管理職としての経験に根ざしている。私は、今では管理職でないが、10年くらい、管理職を経験した。私の管理職としてのやり方は、どちらかというと、民主的且つ友達的であった。そうして、どちらかというと、合理的というよりも、浪花節的であった。私が勤務する会社は、一応外資系なので、私のようなやり方が許されていた、というのは、まあ、古きよき時代だったのだろう。しかし、堀田力氏の著書「驕るな上司」という本をみると、私のようなやり方は、どうも最悪ではなく、ぎりぎり平均点のようである。それで、少なくとも、管理職不適合で退場を言い渡される、ということはなかったと思う。
 ところが、2002年くらいからであろうか、成果主義というか合理性の風が会社で吹き始めた。学校ですら、生徒の成績があるくらいであるから、会社で成果が問われない、ということはない。それで、建前としての成果主義に異論はあろうはずもないが、私から見て、成果主義の導入のされ方が、超合理主義で、とても私の感性に障るのである。それは、どういうことかというと、成果主義の前提となる評価1つをとってみても、個々の社員の個性や感性をきちんと把握して、仕事の多様性を前提として慎重に押し進めていかなくてはならないのに、あまりにも限られたスキル、見えやすい成果にだけ基づいて、論理的に進められていくのである。そのような鬱積した気持ちをもっている私が、藤原氏の「国家の品格」を読んで、論理よりも感性という趣旨に深く共感するのも当然であるかもしれない。
 しかし、人間関係において、あるいは人間界のこと一般において、感性→論理という順序は必然なのであって、論理→感性では、なかなかうまくいかない。このあたり前の事実を思い出させるだけでも、藤原氏の書物は意味があると思う。それを認識してから、後は、書かれている命題の論理の杜撰さを指摘するがいい。
 実は私も、藤原氏が一流の数学者ではないことは知っている。当代の日本で、誰が一流の数学者かというと、例えば、佐藤幹夫、深谷賢治、永田雅宣、志村五郎、野水克己、小林昭七、飯高茂(全く枚挙するものではない)などであろう。しかし、数学であるレベルの業績を上げるのは、情報処理分野、法律分野、経済学分野でそれなりの業績を上げることに比べてとてつもなく難しい。例えば、情報処理分野では、ある処理系を書けば、それなりに業績とみなされるだろう。法律分野では、判例批評のようなことをして、それをまとめればよい。
藤原氏が数学において、感性と美を唱えるのは、多くの数学者も同意するであろう。実際、感性的な感動と美がなければ、そもそも、数学に対する興味も始まらない。計算はその後であり、証明もその後なのである。
 このような感性と美に対する理解なく、ただその稚拙な経済論議という論調で、「国家の品格」を批判するのは、ちと哀しい。私が言えるのは、それだけである。

2007年5月27日

TIMEの「最も影響力のある人達100」

 TIMEという雑誌で、The Most Influential People in the World - The Time 100ということで、いろいろな人物がリストされていた。映画や芸術に疎い私には、ほとんど知らない人ばかりであるが、自己メモとして、リストしてみる。

Barack Obama - 黒人の大統領候補
Condoleezza Rice - 紹介不要: 米国務長官
John Roberts - 米国最高裁判長
Raul Castro - キューバのFidel Castroの後継者
Nancy Pelosi - 米国議会報道官
Michael Bloomberg - ニューヨーク市長
Ayatullah Ali Khamenei - イランの極右宗教指導者
Hillary Clinton - 紹介不要:次期大統領候補
Hu Jintao - 中華人民共和国主席
Osama bin Laden - 説明不要
Angela Merkel - ドイツ女性首相(ドイツ版鉄の女?)
Pope Bendict XVI - 原ローマ法王
Sonia Gandhi - インド首相
Liu Qi - 中華人民共和国オリンピック委員会会長
Omar Hassan al-Bashir - スーダンの大統領
Queen Elizabeth II - 英国女王
King Abdullah - サウジアラビアの支配者
Peter Akinola - 英国国教会を粉砕できる力をもつ司祭
Arnold Schwarznegger - 説明不要
General David Petraeus - バグダッドを把握する米軍大将
Tzipi Livni - イスラエルの俊英外交官
Thierry Henry - フランス・サッカーの英雄
Chien-Ming Wang - 台湾出身のヤンキースのエース投手
Tyra Banks - 米国ファッションモデル
George Clooney - 米国の俳優
Warren Buffett - 米国の著名な慈善家
Oprah Winfrey - 米国著述家
Timothy Gittins - 米国の勇敢なる兵士
Youk Chhang - カンボジアの活動家
Judith Mackay - 禁煙活動家
Michale J. Fox - 俳優
Garry Kasparov - チェス・チャンピオン
Maher Arar - 米国政府にテロリストの疑いをかけられたシリア生まれカナダ人。シリアとカナダは、嫌疑を否定。
Roger Federer - テニスチャンピオン
Tony Dungy - フットボールのコーチ
Armr Khaled - イスラム世界のロック・スター
Zeng Jinyan - 北京秘密警察に対する戦いを挑む中国人ブロガー
Drew Gilpin Faust - ハーバードの最初の女性学長
Wesley Autrey - ニューヨークの地下鉄の線路に落ちた人を救った
Elizabeth Edwards - 乳がんと闘う女性
Sir John Templeton - スピリチュアルな研究に投資する資産家
Bill & Melinda Gates - マイクロソフトの創始者で、いまや慈善活動家
Angelina Jolie -難民、災害被害者、孤児などを支援する、国連の活動家。
David Rockfeller - 元チェーズ銀行の頭取
George Soros - 国際的投資家
Yu Panglin - 中国のホテル大物経営者
Prince Alwaleed bin Tala al-Saud -サウジの投資家
Rania al-Abdullah - ヨルダンの王女
Li Ka-shing - アジアで最も富める男
Gordon Moore - インテルの創始者
Pierre & Pam Omidyar - eBay 億万長者
Anil Agarwal - Vedanta Resourceの創設者
Craig Venter - 人の遺伝子をマップし、今や、同様のことを、海洋の微生物に対して行おうとしている。
Lisa Randall - 特に宇宙論に関する女性理論物理学者
Richard Dawkins - 啓蒙的遺伝学者
Al Gore - 元大統領、大統領候補及び環境活動家
Chris Anderson - Long Tailの提唱者
Nora Volkow - 中毒に対する処方を見つけた脳科学者
Frans de Waal - 人類学者
Paul Allen - Bill GatesのMicrosoftの共同創設者
John Mather - 宇宙を観察する顕微鏡の研究者
Elizabeth Blackburn - 藻類を癌と闘うために使う研究者
Svane Paabo - 遺伝子研究者
Steven Nissen - より安全で有効な薬の探求
Alan Stern - NASAの科学研究部門管理者
Tullis Onsstoff - 宇宙生命の研究
Klause Schwab - 経済学者
Neil deGrasse Tyson - 宇宙に関する啓蒙書の著者
Douglas Melton - 幹細胞の研究者
Kari Stefansson - レイキャビクに住む神経学者
Cate Blanchett - 女優
America Ferrera - 女優
Brad Pitt - 俳優
Kate Moss - 女優
Kara Walker - 女優
Rick Rubin - ミュージシャン
Martin Scorsese - 映画監督
Anna Netrobko - オペラ歌手
Justin Timberlake - 音楽家
Youssou N'Dour - 歌手
Alber Elbaz - イスラエルの兵士
Rosie O'Donnell - テレビ・ホスト
John Mayer - ブルース
Shonda Rhimes - テレビ脚本家
Brian Williams - ニュース・アンカー
Simon Fuller - テレビ・プロジューサ
Sacha Baron Cohen - コメディアン俳優
Tina Fey - コメディアン女優
David Mitchell - 小説家
Brian Grazer - ハリウッド・プロジューサ
Leonardo DiCaprio - 俳優
Nora Roberts - 恋愛小説家
Shigeru Miyamoto - 任天堂のゲーム・デザイナ
Stephen Schwarzman - Backstone GroupのCEO
Indra Nooyi - PepsiCoのCEO
Ken Lewis - 銀行家
Clara Furse - ロンドン証券取引所の代表
Steve Jobs - アップルのCEO
Ho Ching - シンガホールの技術官僚
Lakshmi Mittal - インドの鉄鋼会社のCEO
Rhonda Byrne - law of attractionについて書いた本の著者
Steven Cohen - ヘッジ・ファンドの経営者
Philip Rosendale - Second Lifeの構築者
Erik Lie - ストック・オプションのパズルを解いた男
Katsuaki Watanabe - トヨタ社長
Chad Hurley & Steve Chen - YouTubeの創設者
Bernard Arnaut - ファッション界のドン
Cyril Ramaphosa - 南アフリカの事業家
Pony Ma - 中国のインターネット先駆者
Richard Branson - バージン・グループの創設者
Michael Moritz - ベンチャー・キャピタリスト

2007年6月16日

「愛国の作法」 - 姜 尚中

 姜 尚中の「愛国の作法」を読んでみた。そこで彼は、しきりに愛国を鼓吹する人が、そもそも「愛するとは何か」を掘り下げていない、と主張する。それは同感で、その文脈で、藤原正彦の「国家の品格」を批判するのであるなら、妥当であろう。
 また、国家というのが、正当な物理的暴力行使の独占を要求する人間共同体である、という指摘も、この上なく正しい。死刑制度なども、この文脈で理解されるべきであろう。
 さらに、旧日本軍と、ナチス・ドイツを峻別する論法は慧眼である。旧日本軍は、ナチス・ドイツに比較して、既成事実への逃避と、権威への盲従がある、とも指摘する。
 ただ、こうして同感するいくつかの命題に出会っても私は、では、国家に対する愛国心と、どう向き合うべきか、という明確なビジョンが読み取れない。1つには、引用が多すぎる、ということがある。自分オリジナルの意見というのはなかなかもてないので、誰かの引用であってもよいと思うが、学術書ではないので、特に出典を明記しなくて、もっと自分の意見として述べてほしかった。
 あと、旧日本軍の横暴は憎む私であるが、一部左翼系の新聞が、例えば、教科書で、侵略と書いていたのを転進と書き直さされた、などありもしない虚偽の事実を示して、わざと韓国や中国の非難を煽ったりする。日本がとても完璧な国ではないにしても、必要もなく非難を煽ることはやめて欲しい、と思うし、教科書は、ある程度自国に誇りをもてるように書いても許されるべきである。丁度、子供に対して、よほどどうしようもない父親でない限り、父親を愛し尊敬するようにもっていった方が妥当である、という程度くらいには。 こういう観点から、姜氏は、何も意見を述べていないが、残念である。
 ところで、私は、若い頃、コスモポリタンというのが理想の姿だと思っていたことがある。もしかして、バクーニンの無政府主義なのかもしれない。で、今はこう思う。コスモポリタンという理想を追求したとき、どんな素晴らしいことがあり、どんな困難に出会うのか。コスモポリタンは、オリンピックを下らないと思うのか。どんな言語でしゃべるのか。エスペラントか。そうやって考えることが、パトリオットとか何か、を改めて考えてみるよい視点になるのではないか、と今考えている。

2007年8月17日

ジュンク堂と紀伊国屋書店

 私は、基本的に都心の雑踏を嫌悪するが、数ヶ月ぶりに、新宿に行った。それは、ある専門分野の書籍を買うためである。すなわち、Web2.0とかいって、Amazon.comもそうであり、Web2.0のスローガンに、ロングテールがあるので、かなりマイナーな本も、アマゾンに揃っているであろう、というのが1つの仮定である。しかし、分野によっては、かならずしもそうではない。例えば、私が今回買おうとした、音声工学という専門分野では、アマゾンで検索してもほとんど本が出てこない。よって、大きい書店で、目視で探さなくては、ということで、重い腰を上げて、新宿に出向いた。
 以前にも述べたように、どうも新宿のジュンク堂は、日本一の蔵書点数を誇るようなので、先ずジュンク堂に向かった。ところが、なかなか音声工学については、品揃えがとても乏しい。そこで、近くの紀伊国屋に行ってみたら、少なくとも音声工学の分野では、ジュンク堂よりずっと充実していた。そこで、ジュンク堂 > 紀伊国屋 みたいな仮定は、どうも必ずしも妥当でない、という当たり前のことが今更分かった次第である。
 すなわち、これだけさまざまな本が氾濫し、多様な分野があると、どれだけ物理的に蔵書スペースを増やしても、どうしても手薄な分野が出てきてしまう、ということである。
 それでも、このような巨大書店は、その点数の多さで、いろいろな人の要望にこたえることができ、また、出版社からしても、有力なカスタマであることは疑いない。しかし、苦しいのは、全国に1万数千軒あるという、個人経営の書店である。そもそも何が問題かというと、個人経営の書店には新刊本が行き渡らなくなった、という。理由は明白で、出版社は、返本になるのが怖いので、よほどの本でないと、1万部以下しか発行しない、すると、これは、全国の小売書店の数よりも少ない、ということである。
 こうして、個人経営の書店はどんどん見向きされなくなり、インターネットでの注文がメインになると、経営が続かなくなる、という次第である。1つの方法は、ある分野に特化することであるが、例えば、田舎で、歴史本に特化したとしても、大して売れるとは思われない。すると、せいぜいが、雑誌くらいしかおけなくなって、そんなのはコンビニでも買えるので、ということになる。あ、そうか、コンビニの一角を本屋にすればいいのかも。雑誌以外にも、ちょっと講談社新書や岩波新書を置く、という手もある。既に、セブンテレブンだったか、本の取次ぎをやっている。ただ、こういうアイデアしかないのは、やはり哀しい。

2007年11月 3日

アルビン・トフラー

 図書館に行ってみたら、アルビン・トフラーの「富の未来」上下2巻があったので、ざっと見てみた。趣旨は、要するに、知識=富、ということで、堺谷太一が10年くらい前に、「知価社会」で主張したことを敷衍したものであるが、私の読み方が浅いのか、どうも新鮮味がない。もう20年以上前に、「第三の波」を読んだときは、それなりに感激したのだが、今や、未来を語る人が多すぎて、また、ある意味、トフラーの予言はかなり当たり、トフラー自身の主張は、昔からあまりぶれていないので、トフラーの主張が希釈されて、面白くなくなるのは、むしろ名誉なことではないか、と少し皮肉な見方をしてしまった。
 ただ、いつも思うのだが、知識を重んじることについては、私は人後に落ちないつもりだが、この世にいるかぎり、物質的資源は重要で、知識は情報を洗練させ、解決策を提示するかもしれないが、稀少資源を増やしたりすることはできない。エネルギー保存の法則を破って、エネルギーを生み続けることもできない。だから、インパクトは弱いが、知識を語るとき、なにかしらの謙虚さが必要なのである。

2007年11月11日

私の個人主義

 夏目漱石が、大正3年に学習院でした講演に、「私の個人主義」という題目のものがある。この講演で、漱石は、自分の英文学の専攻、及び英国留学から話を始める。当時、東京帝国大学を卒業し、英国に留学した漱石は、今では考えられないようなエリートであった。しかし、漱石は、英文学を専攻していても、内心の疼きを晴らせない。そうして、自分の一番やりたいことを探し、貫くことを見出し、小説を書くことに生き甲斐を見出したのであった。
 そのようなことから、漱石は、自分の個人主義を貫くことを説く。しかし、漱石は説く。個性を貫くことは、その立場が、権威や金力のあるものだと、他人に対する押し付けになってしまう。そこで、他人の個性を尊重することを大切と、漱石は説く。また、ノーブレス・オブリージュで、個性の発揮の裏には、きっちりした義務が付随することを、英国滞在体験から説く。
 また、時代が時代だけに、漱石は、国家主義も意識せざるをえない。そうして、個人主義は、国家主義と矛盾するものではない、国家が順調であれば、国家は意識しないですむし、そもそも、四六時中国家のことなんて考えていられない、という。だから、個人が個人を追求することが国家のためにもなる。ただ、国家が逼迫してくれば、個人主義は、国家に妥協するよりない、という。
 また、個人のあるべき道徳に比べて、国家の道徳というのは、ずっと段が低いものに見える、とも指摘する。明治維新の頃からの世界の情勢をみていると、そう判断せざるをえなかったのであろう。ただ、国家の最悪のストーリーは、漱石の没後やってくるのであったが。
 こう書き下してみると、漱石の個人主義の議論は、当然に響く。しかし、明治から大正にかけて、こういう議論をきちんとできた、ということの偉大さを、今更のように理解する必要があると思う。

2007年12月 9日

反転 - 田中 森一

 ベストセラーになっている、元特捜検事の田中森一の「反転 - 闇社会の守護神と呼ばれて」幻冬舎を読んでみた。
 一読、特捜検事としての熾烈な取締りの世界と、辞めて弁護士になってからの、ヤクザや闇社会の企業家の弁護活動に、瞠目し驚嘆した。しかし、検事時代の事件も、弁護士としての弁護活動も、ほとんど実名で内容が詳細に書かれている。検事としても弁護士としても、守秘義務があるのではないだろうか。それとも、石橋産業事件を巡る詐欺容疑で逮捕、起訴され、もうどうでもよくなってしまつたのだろうか。
 田中森一氏は、長崎県平戸に1943年に生まれた。父親は漁師で、兄弟が沢山いて貧乏だったので、義務教育を終えると、父の後を継いで漁師になることが期待されていた。それで、家で勉強でもしようものなら、参考書を捨てられた。
 ところが、政治家になりたくて、なんとか高校を出してもらうと、和歌山にある予備校に通い、懸命の思いで勉強、なんとか一浪で、岡山大学法文学部に合格できた。
 折角大学に入ったものの、空手部に入部し、ほとんど勉強もせず、武勇伝を重ねた。ところが、大学三年あたりから、何を思ったか急に司法試験をめざし始める。貧乏で鍛えた根性で、一日14時間勉強、奇跡的に、大学在学中に司法試験に合格、結局、検事に任官することになった。
 検事になると、貧乏な暮らしと、空手部で鍛えた貫禄により、とても厳しく実績をあげる検事になった。しかし、犯罪者には、貧しい生い立ちの者が多く、つい自分の生い立ちと重ね合わせて、取調べは峻烈を極めても、求刑を軽くするのであった。
 そうやって、生き甲斐をもって検事の仕事をやっていたのだが、検事という仕事の性質上、政界やその他の高度な政治的判断により、しばしば、取調べの中止を命じられ、度重なって、不満が爆発し、ついに検事を辞める決意をした。それをきっかけに、冷え切っていた夫婦の関係が終わってしまった。
 弁護士になると、ヤクザや闇社会の企業からの顧問依頼が殺到し、その顧問料は、月1000万円にもなった。山口組No.2宅見組長とも懇意になった。そうして信じられないような収入を手にして、弁護活動をしていたのだが、ある検事から目をつけられ、ついに、言いがかりのような案件で起訴されてしまう、というストーリーである。
 これを読んで思ったのは、田中森一氏は基本的にはとても頭のよい人である、ということである。それに生い立ちから来る強烈なハングリー精神が相俟って、短期間での司法試験合格となった。しかし、ある意味、人生の中盤以降が順調すぎて、立ちどまってしばし考える余裕がなかった。広い意味での哲学的思索を育てることができなかった。そのように深く哲学的に考えない、ということは、検事として一直線に前に進む上で有利である。また、弁護士として、金に目がくらんで舞い上がる上でも、下手に考えない方がよいのだろう。
 しかし、石橋産業事件での逮捕で、田中森一氏は、流石に、検事とは、弁護士とは、国家とは、と思索を深めざるを得なかった。書くことだけが、そこでは彼の救いだったのだろう。いろいろと物議をかもそうと、実名で書かないと、彼の気持ちは晴れないのだろう。このように、ヤクザや代議士も含めて、実名で事件内容を書く、ということは、読者には、事件の背景がよく分かってありがたいが、中には、逆恨みして、田中森一氏に仇をなそうとする者もでてこよう。しかし、田中氏はもう開き直ったのではなないだろうか、刺客がくるなら、それでも構わないと。
 今日の新聞でも、大分のコンサル会社を巡って脱税容疑があった。この本にあまた出てくる事件のワンノブゼムである。ここでも、田中森一氏のような弁護士が活躍するだろう。そもそも、ヤメ検を、中心にそういう弁護の人材には事欠かない。しかし、その弁護士は、田中森一氏のように吐露することはありえず、よつて、この本は貴重である。
 また、思ったのは、この本には、安倍晋太郎、安倍晋三など、政界の要人とヤクザのつながりも明確に書かれている。すると、どうも政治には、ヤクザがどうしても必要であり、丁度、からだにおけるコレステロールのようなものである。しかし、コレステロールが多すぎると、健康に害がある、とのことで、警察、検察が、それを妥当なレベルに維持しようとする。そこで、政治につながる闇社会の人達を弁護する弁護士も、世の中のコレステロール制御にとても重要にな役割を果たしている、ということである。そこで政治とは一体なんなのか、という疑問が湧く。うまく思考が纏まらないので、一旦擱く。

2007年12月26日

ピーターの法則

 池田信夫氏のブログを見ていたら、佐藤優氏の最近の著書が酷評されていた。池田氏の書評は、辛口なので、少し割り引いて読む必要があるかもしれないが、しかし、確かに、佐藤優氏は、本の出し過ぎであり、また、本来の外交以外の分野でも、訳知りに書いてしまっている面がある。その結果、ときどき本屋で手にとってみる佐藤優氏の著書は、読書好きの私にも、あまり魅力を感じないものでっあったりすることも確かである。
 そのように本を書きすぎる一因は、買ってしまう読者にある、とは言える。しかし、それに乗じて、あまり得意でない分野や、二番煎じ、三番煎じみたいな本を出してしまう本人の姿勢はまずい。
 そこで私は、ピーターの法則を思い出した。それはすなわち、組織で、人は、無能になるレベルまで昇進する、というものである。例を挙げると、研究者として優秀であった人が、その研究成果に基づき、例えば、研究所長に抜擢される。すると、日常業務は、研究ではなく、予算折衝であったり、外部の要人と会ったり、政府関連の契約交渉であったりする。すると、かなりの確率で、研究者として優秀な人に限って、そういうことは苦手で、無能ぶりを発揮してしまう、ということがある。
 これを防ぐため、ピーターの法則の提唱者は、あえて、昇進しないで実務レベルにとどまることを勧める。組織としても、例えば、フェローみたいな、地位は高いが、実務の研究もする、みたいなポストを用意する。
 これと同じで、本を書く人は、ピーターの法則によれば、売れなくなるまで本を出し続ける、ということになるが、すると、後半に出した悪貨が、前半に出した良貨を駆逐する、ということになって、しいては著書全体に対する信頼を失ってしまう。
 佐藤優でまずいと思うのは、外交官の実務から遠ざかってしまっていることである。だから、彼の言うことは過去の遺産に基づいており、その財産はそろそろ食い潰されつつある。だから、佐藤優もそろそろ、本を書くのは中断して、サバチカル(研究休暇)に入るべきだろう。
 そういう意味では、生涯に亙って、水準の高い著書を出し続けた、松本清張や司馬遼太郎は、偉い。彼らに特徴的なのは、若い時代にいろいろな仕事を転々としていることであり、そういうのが、発想の井戸となっているのだろう。それは、必要条件にすぎないのだけれども。

2008年1月10日

自費出版

 新聞によると、自費出版の会社である、新風舎が倒産した、という。きっかけは、6人の著者から訴えられたことによる、という。その理由は、契約に従う冊数の本が印刷されていなかったことによる。
 新風舎の社長、松崎義行氏は、まだ43歳、都立高校1年のとき、自らの詩集を自費出版したのをきっかけに、この仕事を始めた、という。
 原稿を書いて、どこかの製本会社に依頼すれば、お金さえ払えば自分を本を依頼した冊数だけ印刷することは可能であるが、新風舎の売りは、その全国の書店との関係にある、という。典型的には、137万円払って、5000部の本を印刷してもらい。そのうちの50部は、依頼主である著者の手許に届き、その他の本は、提携されている全国の書店にばらまかれる、というのが建前であるが、もしかして事務的な不手際や見積もりミスなのかしらないが、実際は、全国の書店に配本されるどころか、必要な冊数の印刷もままならず、それどころか、追加費用が要求されたり、自分で買い取ることも要求された、という。
 このようなことを防ぐためには、事前の契約をきちんとする必要がある。
① 納期を契約書に記載する。
② 出版権を依頼に留保する。
③ 費用支払い時期や追加料金の確認の項目を入れる。
 は、必須である、という。
 ところで、自分が書いた本を出版したい、という気持ちはよく分かる。私も、数年前まで、親しい友人に、死ぬまでに1冊でいいので、自分が書いた本を出版したい、と話していたものである。しかし、私が書こうとしていた本は、私の自叙伝でもなければ、旅行記の類でもない。いくら私がナルシスティックだからといって、そんなものを喜んで読む人がいるとは到底信じない。私が、アラビアのロレンスのような数奇な運命を送ったのであれば、ともかくであるが。私が書こうとぼんやりと考えていたのは、会社の仕事で担当している特許管理または、特許電子出願のガイドのような、がちがちに実用的な内容のものである。というのは、もともと産業財産権法というのは、法律の中でも傍流であり、どうしても、第1級の人材が、他の分野に比べて少ない。従って、良書が他の分野よりも少ないのであるが、特許の仕事の中でも、特許管理または、特許電子出願の分野の書籍となると、その分野のレベルの低さは目を覆うばかりである。よって、私が書く拙いガイド本も多少は意味があり、もしかしたら、100冊くらいは売れるかも、と踏んだことがあった。ただ、100冊しか売れないと持ち出しであり、利益にはならないことは見えており、自己満足だけのことである。ただ、その踏ん切りもつかないうちに、私の特許管理の知識が次第に陳腐化し、意味のある内容の本を書くことすら、叶わなくなってしまった。
 だから、私は、正直いって、100万円も200万円もかけて自費出版する人の気持ちがどうしても理解できない。そもそもが、いま私が書いているような、ブログ、という媒体もある。すると費用は、月せいぜい数千円で済む。このブログだって、友人や知り合いにお願いして、やっと読んで貰っているのである。もしこのブログを本にしたとて、誰が買うであろうか。只でも、邪魔になるから、いらない、と言われるのが落ちである。

2008年1月14日

草思社

 少し前の記事になるが、新聞に、草思社が民事再生法適用申請 負債総額22億5千万円、とあり、少し驚いた。少ししか驚かないのは、出版全般であまり景気がよくなく、例えば、もし岩波書店に同様のことがあっても、凄くは驚かないからである。
 さて、草思社の近年のベストセラーと言えば、「声に出して読みたい日本語」。私はこの手の本は好きではないので、手にとってさえいない。ただ、他の出版物である、「間違いだらけのクルマ選び」「平気でうそをつく人たち」「他人をほめる人、けなす人」は読んだことがある。これ以外にも、「地図を読めない女」とかいうのもあったような気がする。すなわち、流石に、カント、ヘーゲル、ウィトゲンシュタイン、などと硬派の哲学書ではないけれども、それはよりはちょっと庶民的な、それでいて、ある程度真面目な本を出して、そこそこに売れていたと思う。
 結果論で言うのだけれども、草思社の失敗は、文庫や新書に手を染めなかったことではないだろうか。
 例えば、私が最近読んで面白かったものを本棚から適当に選んで、列挙してみる。
「われわれはどこにいくのか」松井孝典著、ちくまプリマー新書
「サブプライム問題とは何か」春山 昇華著、宝島新書
「ロックフェラーに翻弄される日本」板垣英憲著、サンガ新書
「ガソリン本当の値段」岩間剛一著、アスキー新書
「最高学府はバカだらけ」石渡嶺司著、光文社新書
「爆発するソーシャルメディア」湯川鶴章著、ソフトバンク新書

 なんと、数年前までは存在しなかった新書のシリーズばかりである。あと、ここには挙げないが、幻冬舎という出版社は、かなり通俗的な本が多いが、ベストセラーを連発している。田中森一の「反転―闇社会の守護神と呼ばれて」も、幻冬舎であった。
 こういうのを見ると、草思社は、明らかに、殻を破れていない、というか、企業努力が足りなかった、と思う。ただ、草思社に独自の文化というか、見るべきものがあるのは確かで、それゆえに、何社かが草思社の再建の手助けに乗り出している、という。河出書房なども、一旦破産して、再建された。草思社も、生き残るためには、多少なりとも通俗的な内容の本に手を染めるのも仕方ないだろう。ともあれ、新書を偏愛する私は、草思社新書の創刊を期待する。

2008年2月 3日

読書傾向

 池田信夫氏のブログに、「あなたの知的生産性を10倍上げる法」というようなハウツー本が批判されていて、つい苦笑してしまった。というのは、もう25年もまえ、まだ独身だったころであるが、安易なハウツー本を読むことが、とてもよい気分転換だったからである。そころ頃といえば、前に書いた、A型肝炎が治って退院したばかりで、会社勤務に戻ったものの、3ヶ月ほどの入院で極端に体力が低下し、一日簡易な仕事をしただけで、夕方になると、青息吐息であった。そのとき、調布にある中堅企業に勤めていたのだが、会社の帰路の途中に本屋があり、そこで、適当なハウツー本を買い、アパートに着くと万年布団に寝転がり、3時間かけてハウツー本を読む、というのが日課であった。で、思い出してみると、その読書は、今になってなんの足しにも確かになっていない。
 それでこの際、自分の読書傾向についてまとめてみると、高校まではとても乏しい読書人生だった。というのは、そもそも私の出身の島には、本屋なんてなく、高校で尾道市内に通うようになっても、卓球の部活があって、本屋に行く暇もなかったからである。このように読書量が乏しいと、決定的に国語、古典、世界史などの文系科目の成績が伸びない。だから、大学で理系を選んだのも、一種消去法であった。
 ところが、大学に入ったら、友人が、松本清張の本を紹介してくれた。それで読んだところ、おお、なんと読みやすく面白い本なのだろう、と感動した。学生で暇だったこともあって、松本清張はほとんど全て読み尽くした。それから、横溝正史などの推理小説から、安倍公房などの純文学にもレパートリーを広げた。このころから、文章を書くのが好きになって、なにか今書いているブログに似たようなことをノートに書いていた。どうも、沢山読むことが、書くための必要条件であるようだ。後で経験した英会話でも、姑息にパターンを覚えることよりも、ひたすら沢山聴くことが、英語が喋れるための必要条件であると感じた。
 大学生の頃だと、資本論だのショーペンハウアーだの、思想関係の本を読むのが普通かもしれないが、私は奥手で、そういった本には一切興味が湧かなかった。
 大学生活の後半は、いろいろ悩んだこともあって、ロシア文学、フランス文学などの翻訳ものに凝った。ソルジェニーツィン、ドフトエフスキー、ゾラなど。
 大阪にある会社に就職したら、なぜか数学科出身でもないのに、数学の好きな友人がいて、その影響で、分かりもしないのに、ブルバキの数学原論を買ってみた。それはとてもまともに読めたものではなかったが、1年くらい格闘したことで、なんとなく数学が好きになった。
 その会社を辞めて、東京に出てくると、たまたま、中国哲学を専攻している大学の大先輩がいて、なぜか懇意になり、二人でバッグをもって神田の古書店街に買出しに行った。一度に2万くらい買うことはざらで、そうしながら、いろいろな哲学の話を聞かせてもらった。そのとき既に25歳くらいだったが、なんとも奥手で、やっとその歳で、哲学書に目覚めた。といっても、傾向はとても偏っていて、科学哲学とギリシャ哲学である。その2つは、純粋で、結構かぶるのである。一方、例えば、サルトルなんて、何をいってんだか、と私には読めたものではない、と思った。ギリシャ哲学で特にファンなのはプラトンで、ほとんどの著書を読んだが、一度読んだだけで果たしてどれだけ理解できたものか。
 結婚してからは、いろいろな意味でそういう本を読んでる場合でもなくなった。で、また、ハウツー本でお茶を濁していたかもしれない。ハウツー本のよくないところは、後に残るものは、何もないことである。
 それではっと気づくと、大学を卒業してからずっと、小説が決してメインではなくなっていた。夏目漱石にしても太宰治にしても数えるほどしか読んでいないし、友人とも、小説の話題だと全くついていけない。また、歴史書も皆無に近い。
 今考えているのは、夏目漱石をきちんと読み直すことである。また、ドフトエフスキーもよい新訳が出たらしいし、と思いつつ、ただ、正直いって、もう20代前半から分かっていることになのだが、どんな本を読むか、という読書嗜好は、私にとって天与で、自分でコントロールできない。こうして私は、何かに突き動かされつつ、読みたいというよりも、読むべきみたいな本を探していくのである。

2008年2月 5日

鯨 統一郎

 友人から紹介されて、鯨 統一郎という作家の「邪馬台国はどこですか?」という本を読んでみたが、いやあ、実に面白い。これはいくつかの小編からなっているので、そのタイトルを書いてみる。

・悟りを開いたのはいつですか?
・邪馬台国はどこですか?
・聖徳太子はだれですか?
・謀叛の動機はなんですか?
・維新がおきたのはなぜですか?
・奇蹟はどのようになされたのですか?

 まだ読んでいない人も多いと思うので、儀礼上、その内容に詳しく触れる訳にはいかないが、簡単に述べると、歴史学の大学教授、その助手の美人気鋭学者、作者であろうところの在野の歴史研究家が、あるスナックで会話を繰り広げる、という展開である。そのスナックのマスターもときどき、口を挟む。
 そうして、美人気鋭学者が通説を述べるのだが、それを、在野の歴史研究家が、独特の資料を駆使して反駁し、美人気鋭学者があきれて、ばっかじゃない、と切り返す。それにめげず、在野の歴史研究家が、おおっ、と思うような論理で、どんどん意外な結論へと導いていく。歴史のド素人である私は、知識が皆無なので、なにも検証できないで、ただただ固唾を飲んで読み進めるだけである。
 これは丁度、私がいまよりずっと将棋が弱いときに読んだ、ハメ手定跡の本に似ていると思った。すなわち、どう考えても無理筋なのに、普通に受けていると、知らない間に必敗になっている。鯨 統一郎は相当の学識があるに違いない。そして、自分がどう無理を言っているかも熟知・計算して書いているようだ。さあ、諸君、反論してみなさい、と。
 ただ、10分の1なのか、100分の1なのか、本音というか、自分が本当に疑問に思っていることも含まれているに違いない。だから、最初のページに、「この作品がフィクションであるという保証はどこにもありません。」とある。ううん、粋だねェ。

2008年2月23日

ゴサインタン - 神の座

 久々に、まとまった長さの小説を読んだ。篠田節子「ゴサインタン - 神の座」である。私は、篠田節子という小説家を知らない。それで、この本を読もうと思ったのは、Webの書評で、評判がよかったからである。
 それで、一読してみて、構想のスケールの大きさ、着想の奇抜さに、感心した。

 まだ読んでいなくて、今から読もうとする人のために、詳細なストーリーの紹介は避けるが、主人公は、東京近郊の農家の次男坊で、何度もお見合いしても相手が決まらない40歳の男性、といういかにもぱっとしない設定である。兄がいるが、そちらは、外資系のコンピュータ会社に入り、カリフォルニアにいる。
 だから、同居する母親は、なんとか同居する息子が結婚して孫の顔が見たい、と躍起になる。主人公は、配偶者のいない寂しさか、飼い猫をとても可愛がる。しかし、その猫が交通事故で亡くなったというとても悲しい日が丁度、お見合いの日なのだった。

 よく、農家に、東南アジアからお嫁にくる、という話がある。それは、フィリピンであったり、ベトナムであったりするが、この話では、なんと、ネパール、というあたりからして、意外である。
 それで、お互い、惹かれてもいないのに不思議な縁で結婚する。ところが、結婚して一緒に暮らすうちに、不思議な霊的現象が起き、次々に大事なものを失い、一種宗教的な生活に突入する。主人公はそのことに強い絶望と違和感を覚えるのだが、どうしても、一種不吉なものも感じさせる妻から別れる踏ん張りがつかない。
 そうしているうちに、妻は失踪し、ネパールの奥地の故郷に帰っていることを知る。そして、会うために、矢も立てもたまらず、妻に会いにネパールに行く、というストーリーである。
 全篇を通じて、聖書ではなくて、もっと一般のイエス・キリストの生涯の本を読んだことがあるが、そういう受難というか、宗教的な色合いがあり、そのことが、この小説に格調を与えている。外国人妻との生活の難しさもよく描けているし、ネパールの描写もリアルでいい。
 篠田節子の真骨頂を感じさせる小説である。

2008年2月24日

一生に読める本

 以前、大学の先輩と話していたときに、その先輩の大学院での指導教授は、数万冊の蔵書があり、もちろんその中には、難しい専門書もあるが、その指導教授は、全て目を通して、きちんと理解している、と先輩がいうので、それはいくらなんでも無理でしょう、と次のような数値を示した。
 先ず、人間が知的レベルを保って一生に読書できる期間を、60年とする。もちろん、100歳まで高い知能を保つ人もいるが、あくまでも、平均である。
 すると、簡単な計算でわかるが、一日1冊読むとすると、60年間で、約22000冊読める。軽い小説なら、一日三冊というのもありえるので、だいたい生涯に読める本の上限は、6万冊~7万冊であろうか。
 しかし、6万冊~7万冊というのは、肩の凝らない娯楽小説の類であって、学者がそういうものだけ読んで一生を終える、ということはありえない。すると専門書の場合はどうかというと、平均500ページとして、1ページ1分というなら、それは依然として小説や軽いドキュメンタリである。最低、1ページ5分はかかる。すると、1冊5日くらいかかるから、専門書だけだと、一生で、5000冊も読めない、ということになる。
 学者の蔵書の大部分が軽い小説や紀行文ということはないだろうから、その指導教授が、数万冊の蔵書全て目を通して、きちんと理解していることはないでしょう、と反論したが、先輩は、いや、ともかく指導教授はすべてきちんと理解しているのだ、ととり合ってくれなかった。
 現実問題として、私が感じているのは、専門的な学者のような職業的読書人であっても、次のようではあるまいか、ということである:
1. きちんと読んでその全体を理解している専門書は、せいぜい1000冊くらい。
2.ざっと眺めて、その一部くらいは読んで、論文に引用する専門書は、だいたい10000冊くらい。
3.タイトルだけ眺めて、必要なら引用しようと思っているが、結局、買ったとき以来、手にとることはない本が、10000冊くらい。
4.専門外で、気分転換に流し読みする軽い本が、10000冊くらい。
5.なんでもっているのか、その経緯さえ分からない本が、5000冊くらい。
 もし10万冊以上の蔵書を誇る人がいたとすると、3~5のところに、その大部分が属するであろう。物理的スペースと資金さえあれば、いくらでも本は、買うことができる。
 と、このような蔵書スキームを考えるのであるが、いかがであろうか。

2008年3月 9日

非属の才能

 山田玲司「非属の才能」光文社新書は、なかなか面白い。私は、よく知らなかったが、ユニークな漫画家なのだという。
 彼が言いたいことは、「内なる違和感を大事にしなさい。」ということである。これは、昔から、渡部昇一氏あたりも「生きがいの構造」で、書いていることである。ある集団にいて、どうも違和感があって仕方がない、という経験をしたことがない人はいないだろう。典型的には、今風に言うと、「空気読めない奴」である。
 「非属の才能」を説明するのに、有名人を引き合いに出すのは、ある意味、自己矛盾であるが、そういうユニークな人物の典型として、山田氏が知っている近所の変態おじさん、というのでは、ちょっと共感に欠ける。
 そこで、山田玲司は、次のような人物を引き合いに出す。
 15歳にして、女性と付き合う可能性を100%諦め、徹底的に自分の興味がある研究に没頭することを決めた、荒俣宏(私も、彼のような生き方をもっと、模索さればよかった)。
 高校時代に一人も友人がいなかった、という爆笑問題の太田光。
 大学を、無意味だと半年で中退し、ガレージでパソコンを開発した、スティーブ・ジョブズ(ああ、彼は、私も注目している。我の強さが、成功の秘訣かと)。
 まあ、挙げると際限ないので、これくらいにしておくが、私自身、ずっと、「才能」は、ともかく、「非属」を感じてきた。先ず、家庭にあって、両親も弟も、ほとんど本を読まない。凡そ、教養ということが、厭らしき衒いの風情としてしか意味をもたない。だから、少しでも筋道を立てて反論しようものなら、「理屈を言う」と嫌われる。
 また、結核のせいで小学校に上がるまで施設に隔離されていた私は、小学校では、異邦人であった。体育がとても苦手だったので、仲間に入れるきっかけも掴めない。それで、当然のごとく虐められた。
 高校では、離島出身であることから、自分を外国人のように感じた。なにしろ、人間関係の濃度が違うのである。譬えていうと、ロックでウィスキーを飲んでいたのに、突然、香りが分からないくらい薄めた水割りを飲まされるようなものである。
 それで、自分の「非属」意識が一番薄らいだのは、大学で将棋部に入ったときである。それでは確かに、自分の仲間がいる、と生まれて初めて感じることができた。ただ、それでも、将棋部の仲間の中で、深い孤独を感じることがあった。それは、仲間と違って、私はどうも、勝負師のメンタリティではない、と感じるときであった。それでも、耐え難いほどの孤独ではなかった。
 会社に入って、なにかの縁で、特許関係の仕事に従事するようになると、私の「非属」は、ほとんど耐え難いレベルに達した。それは、特許関係の仕事というのが、技術の知識は使うものの、本質的に、事務的・法律的な仕事である、ということである。そこで普通なら、技術系出身でも、馴化して、法律の勉強を始めるものだが、どうも私は、そういう妥協ができず、逆に、今更意味もなく一般相対性理論を勉強したりした。
 特に、今の外資系の会社に入ってからは、弁理士の資格をとるように勧められた。そういう資格があることの客観的な有利さは疑いえない。しかし、これも今更であるが、私は試験勉強が極端に苦手あることが分かった。所与の知識をきちんと整理するのが本能的に嫌で、無関係の知識を自分が好きなやり方で組み合わせて、レゴブロックのように遊びたいと思っているので、所与に組み立てなさい、という指示を、とても「うざく」感じるのである。このブログのテーマの無規律さは、その1つの例証であると思う。
 そんなこんなで、強烈な「非属意識」をもて余してここまで来たが、それでも、大過なく過ごせたのは、「非属意識」の一方で、保守的というか、極端なまでに他人の顔色を窺う慎重さによる。例えば、私が通った中学は、結構荒れていて、番長やそのとりまきが跋扈していた。因縁をつけられて、呼び出されて殴られる者もいたが、私は、番長にうまく気に入られ、肩を揉むなどのサービスを言いつけられ、しぶしぶ従いつつも、それによって保証される安心を享受していた。
 そういう後者の太鼓持ち的才能が、私の人生を安全にし、且つ詰まらないものにしたか、と思う。
 「非属の才能」で他に強調されているのは、失敗から学ぶことである。何を今更、と思うのだが、どうも私は、失敗を恐れすぎて、無限小変換みたいな漸近的な方法を適用することにより、うまく変革をなしえないでいる。
 それでも、この本は、自分の非属意識を、ある程度是認する点で、救いであった。

2008年5月 2日

ベストセラーついて

 例えば、最近の本だと、坂東 眞理子の「女性の品格」が300万部売れたとか言われる。では、あのような部数はどうやってカウントされているのだろう、という素朴な疑問がある。
 基本的には本のランキングは、紀伊国屋書店などの大手書店での売り上げ順位や、トーハンなどの大手取次ぎ会社が全国書店をサンプル調査して出す順位をもとに構成されるが、結局は、具体的な販売冊数は分からないそうである。すると、300万部という数字は何なのか、というと、出版社が印刷製本した冊数である、という。ということは、300万部といっても、返本になるものもあれば、そのまま新古書として、古書店に廻るものもある。だから、本当に書店で売れた冊数というのは、300万部のせいぜい、6掛けか7掛けではないだろうか。
 そういう冊数ではなくて、順位というのであるなら、紀伊国屋書店内、Amazon.com内、などでかなり正確な順位を出すことができ、やはり売れている本というのは、それなりに意味がある、とベストセラー嫌いの私でさえも思う。
 例えば、私が愛読している数学セミナーという雑誌には、数学書に限って、本のベスト10のコーナーがある。そして、ある特定の書店での売り上げに基づくのだが、それが有隣堂ルミネ横浜店だったりする。結構ローカルだとも思うのだが、上位にある本は、格調が高かったりする。だから、数学とか、物理とか、分野を絞れば、ローカル書店の売り上げ順位も意味があるようだ。
 一方で、ネットを見ると、もともと音楽の順位で有名なオリコンは、本のランキングも始めた。これによると、一位は、「夢をかなえるゾウ」飛鳥新社、水野敬也著とある。どんな本か知らないが、私が食餌を動かす本ではなさそうだ。凄いのは、推定売上部数と、推定累積売上部数が、一の桁まで入っていることである。流石、オリコンの情報収集力。二位がなんと、「新・人間革命」池田大作、三位が「B型自分の説明書」、四位が「A型自分の説明書」、五位が「あいのり10 Fate~めぐり逢い」、ここらあたりでもう追う気がしなくなった。別に知識人を気取る訳ではないが、ここにあるような本は、私にとって、なにかの間違いで留置所に入れられて、そこにこれらの本しかなかったら仕方なく手にとる類のものである。やはり、分野別でないと、私には意味がない。ちなみに、上からみていってこれなら読もうかと思ったのは、23位の「ルポ 貧困大国アメリカ」岩波新書、26位の「ホームレス中学生」ワニブックス、29位の「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか -アウトサイダーの時代」筑摩書房、くらいかも。やはり、本は、音楽よりも嗜好性、分野性が強く、オリコンがどこまで相応しいか不明である。
 本の総花的な順位がこの有様だと、大学ランキングだの、人気企業ランキングだのも、中身は一体どうなんだろうと思いつつ、でも、他に拠り所がないと仕方がないよね、と個人であることの無力さを感じる次第である。

2008年8月11日

積読の対応

専門の学者や研究者、マニアはさておいて、一介のサラリーマンとしては、本はよく買う方だと自負している。なにしろ、年取って、活動的でなくなり、飲み会に行く機会も減ったので、本を買うのがほとんど唯一の道楽のようなものである。

では、よく買うから、よく読んでいるかというと、それはかなり寂しい。とりあえず買って、そのうち読もうという、積読のパターンがあまりにも多い。本棚は一応三次元的で、棚に並べる方式なので、考古学の地層のようにはなっていない。だから、昔買った本の方が、最近買った本よりも、必ずしも取り出しにくいとか、物理的にアクセスしにくい、というようになっていない。

しかし、積読の場合、心理的には地層がどうもあるようで、昔買って本棚に放置してある本を再び取り上げるのは、心理的にとても困難を感じることがある。心理的距離がとても大きい、と言ってよい。

心理的距離を縮めてくれる外因的要因の1つとしては、時事的ニュースがある。例えば、最近のように、グルジアとロシアの軍事衝突の問題が起きると、昔買っておいたロシア関係の本をまた、取り上げて読もうという気になる。

心理的距離を縮めてくれる別の要因としては、知人、友人などからの紹介がある。例えば、最近、友人と飲んだとき、旧約聖書の話をした。すると、当然ながら、新約であれ旧約であれ、聖書の知識なんてほとんどない、ということを改めて確認した。しかし、現代において、キリスト教の前提となっている聖書の知識が、根源的な教養であることも改めて確認した。そうやって自宅に帰ってみると、聖書そのものはないので、改めて買うとして、よく見ると、ユダヤ思想とか、イエスキリストのこととか、買うだけは随分買っておいたことに、今更のように気づくのである。そこで、一時的かもしれないが、こういう本が、積読のストックから開放されて、日の目をみることになる。

さらに別の、もっと非自発的な要因としては、仕事がある。今の仕事の主要な部分が、特許明細書を書くことにあてられており、また、その技術は、情報処理関係なので、知識の不足を感じるときは、まず自分の蔵書を点検して、適当なのがあれば、それを読む。それもまた、積読のストックから開放するよい機会となる。

しかし、そうやって積読のストックから開放される本はほんの一部で、多くの本は、死蔵されたままである。それでいいのか、と自問してみると、まあ別に本を読むのが仕事でもないし、死蔵の本の率を減らすことに大した意義はあるまい、と開き直っている自分がいるとは確かである。

とはいえ、空しく買うだけで読まない本が増えると、あまり気持ちのいいものではない。そこで最近の試みとして、えいやっ、と本棚を眺めて、興味があるかないかに拘わらず、本を取り出してみることにした。興味がないと言ったって、昔の恋人のようなものである、一度は惚れた仲ではごさんせんか、という訳である。全く読めなくもないでしょ、というと、建前はそうなのだが、これがかなり辛いことが分かった。

どうも、アクティブな興味のキャッシュは、少なくとも私に関する限り、あまり大きくないようである。そこで、昔の本を読もうとすると、大抵、興味のキャッシュはヒットしないので、アーカイブ・ストレージに興味を探しにいかなくてはならない。そのアーカイブ・ストレージというのが、ハードディスクではなくて、どうもテープのようなものらしく、興味のレトリーブを試みているうちに、タイムアウトしてしまう。

興味が見つかったら見つかったで、別の困難がある。その本の本質的なバリアにぶつかってしまうのである。例えば、数学の本だと、論理についていけない。計算力がおっつかない。哲学の本だと、抽象概念についていけない、などである。

こうして、積読開放プロジェクトはうまくいっていない。それどころか、未読の在庫がどんどん増えるばかりである。

2008年8月24日

大人問題

Webの書評にあったので、五味太郎の「大人問題」を買って読んでみた。

基本的な趣旨は、社会問題であったり、教育問題であったり、要するに大人社会のさまざまなことの因習や不合理さに疑問を呈するものである。子供の目で見ているというのでもない、なるべく本質的なところから、物事をみつめようという趣旨である、

面白い、と思ったのは、「運動会が疲れている。」という表現。運動会で疲れているのではない。何百万回も同じことやらされて、運動会がうんざりしている。花見もそう。

また、今の学校には、勉強したい人を却って嫌にさせるところがあるというのもそうである。ただ、私にも若干の反論があって、退屈さに耐える練習としての学校、やな奴ともしぶしぶ付き合う訓練としての学校も意味があるのか、と思うのだけれども、日本の学校はやはり型にはめすぎであろう。

で、五味氏が批判するのは、大人社会の実験精神の欠如である。それがいいとは思わないのに、昔のやり方のままを続ける。理由は、その方が頭使わなまていいからである。だから、五味氏は、大人が勉強不足だと批判する。工夫が足りないと指摘する。このことは、学校に合わなければ途中てせ辞めていいという言い方と矛盾しない。むしろ、学校に頼らずどこかで工夫して自分で生きていかなくてはならないのだから、ある意味厳しいといえる。

だから、五味氏は、個を重んじる。それは別に全体に奉仕しないという意味ではない。思考停止になって盲従しなくてもいいのでは、勉強したくないことはしたくない、とはっきり言っていいのでは、ということである。

で、いろいろなことが書かれてあるけど、一番感心した言葉は、「行きたい方向がなんとなくあると、人生それなりに甘いよ」で、まさに、実は、不謹慎ながら、私も、人生もやりたいことを見つけてそこに努力していると結構楽、というのは実感である。いまだっていろいろ仕事や実生活で辛いことはあるれど、もしかして一番辛かったのは、私にとって小学生の頃かも。だって、理由不明で変人と苛められ、鉄棒の逆上がり、学年でできないの僕だけだとみんなから馬鹿にされ、徒競走は圧倒的最下位。

なにか好きなことをみつけて努力するということの楽しみの最初が将棋だった。将棋と出会って、ちょっとだけ人生が甘くなった。だから、やりたいことなんてない、なんて言う人に出会うと私は、ただ当惑である。

あと、よく会話で、「あいつはガキだ。」とか、「とても子供っぽいわね。」とか、同僚の大人を批判するのに、子供っぽいことを否定的に使う人がいて、私はとても違和感を感じる。私はむしろ、親しみを込めて、子供っぽいと同僚を呼ぶ。私もそう呼ばれることを喜ぶ。子供っぽい感性というのは、学び、発想するために、どうしても必須だと思っているからである。子供っぽいことを否定的に使う人は、この五味さんの本読まないかも、まあどうかな、と言ったら、きっと五味さんは、そんなのどうてもいいではないですか、というだろう、きっと。

そういえば、五味太郎といえば、「みんなウンチ」という絵本の作者なのであった。うちも以前買ったことがあるのを思い出した。家族でとても楽しく読んだのを思い出した。

2008年9月15日

サラリーマン合気道

例によって新聞の本の広告欄をみていたら、幻冬舎の「サラリーマン合気道」という本が掲載されていて、思わず笑ってしまった。というのは、幻冬舎の社長、見城徹氏の方針である、(1) オリジナリティがあること、(2) 明解であること、(3) 極端であることを地で行く作品だったからである。

「サラリーマン合気道」の著者、箭内道彦(やない みちひこ)とは、Wikiによると、1964年4月10日生まれで、コピーライター、CMプランナー、クリエイティブディレクターである。「福島県郡山市生まれ。福島県立安積高等学校、東京芸術大学美術学部デザイン科卒業後、1990年博報堂入社。その後独立し、2003年事務所、ショップ、ギャラリーを兼ねる風とロックを設立。2007年5月22日、女優の南野陽子と真剣に交際していることが報じられた。」とあるから、なあんだ、現代社会にあって、パキパキの花形というか、エリートじゃん、ということになる。

この本のサブタイトルは、「流されるから遠くにいける」
で、自分の弱点を生かす逆転の発想として、以下のような主題が並べられている(括弧で私のコメントを付す):
- アイデアは書き留めない(アイデアを書き留めないで流すというなら、それもありだと思うけど、でも、沢山書き留めておくのは、意味があるのでは。私はいつも、モームの「作家の手帳」を思い出す)
- 初めてやることしかしない(これは原理的に無理)
- 理解できないものを作る(言いたいことは分かるけど、理解できない、と言っても、ある程度の方向付けは必要では?)
- 企画倒れを愛する(まあ、これはいい。ダーウィンの法則にのつければいい)
- 極端からはじめる(これはいかにも、見城徹流である。私は、平凡から初めて、はっと気づくと、結構極端なものになっていた、というのが好きだけど)
- わざと反対のことを言う(かきまぜる、という意味ではわかる)
- 制約やブレーキを外す(どこかで収束させるなら、それもあり)
- うまく話そうとしない(ああ、口下手の私としては、これは強く同意)
- 弱点を仕事にする(弱点であってもいいけど、すると徹底的にその仕事が好きでなくてはならない。 Can you do that ?)
- 偶然やトラブルを愛する(まあ、そうだね。愛せないけど、仕方ないとのんびり構えたい、できれば)
- すぐにできるものしか、いいものではない(このメッセージ、ミスリーディング)
- ぎりぎりの奇跡を信じる(そうでないといけない場合もあると思う)
- 仕事に私情を紛れ込ませる(これって、やってない人は一人もいない。問題は、どこでけじめをつけるかである)
- ドラマを作り、伝説を演じる(箭内さん、随分酷な要求では。そりゃあ、あなたはできるでしょうけど、私はあなたと違うんです)

ということで、あまり現実的でないけど、都市伝説的な面白さはある。要は、一服の清涼剤程度に流し読みすればいいのではないだろうか。こうやって面白がっているあたりもう、見城氏の術中に陥っている、

もしかして、五味太郎の、「行きたい方向がなんとなくあると、人生それなりに甘いよ」とある意味、似ているかもとふと思った次第である。

2008年10月31日

哲学塾

買おう買おうと思っていて、まだ一冊も買っていないシリーズに、岩波の哲学塾がある。

そのシリーズのタイトルを並べると:

土屋賢二著、もしソクラテスに口説かれたら
野家啓一著、歴史を哲学する
山内志朗著、<畳長さ>が大切です
村田純一著、「私」を探検する
中島義道著、「死」を哲学する
伊藤邦武著、宇宙を哲学する
永井均著、なぜ意識は実在しないのか
清水哲郎著、世界を語るということ
中岡成文著、パラドツクスの扉
内山勝利著、ここにも神々はいます
神崎繁著、魂<アニマ>への態度
井上達夫著、自由論
竹内章郎著、新自由主義の嘘
川本隆史著、共生から
長谷川宏著、生活を哲学する

このうち、著者で知っているのは、野家啓一、中島義道、永井均、内山勝利、長谷川宏である。

野家啓一は、科学史の気鋭の論客というのが、私の印象である。

中島義道は、「哲学の教科書」など、いくつか読んだが、どうもマンネリに陥っていないか。カントの時間論など、とても専門的な著書もあるが。

永井均は、「子供の哲学」がよかった。その後、どうなのか。

内山勝利は、ギリシャ哲学関係の訳書を若干読んだような気がする。

長谷川宏は、精神現象学など、ヘーゲルの斬新で平易な訳で知られる。どこかの教授ではなく、在野の哲学者を地で行く。

こうやって書いてみると、「もしソクラテスに口説かれたら」、「歴史を哲学する」、「宇宙を哲学する」がとりあえず読んでみたいものである。特に、「宇宙を哲学する」は、もし数式を使わないなら、ホワイトヘッドの「過程と実在」の系列なのだろうか。

よく見ると、「発見と脱線のある『哲学の道場』-自分の言葉で考えるために」とあるので、あまり哲学臭のないエッセー風なのかも、とも思う。

という、本の新刊案内レベルの意味のない雑言であった。

2008年12月17日

古書店巡り

若い頃、すなわち、20代で独身だった頃であるが、神田や早稲田の古書店街を散策するのが、ほとんど唯一の趣味だった。当時は安月給で、10万円+アルファくらいの月収しかなかったが、それでも、その三分の一は本を買っていた。食費が収入に占める額をエンゲル係数というが、もし書籍代が収入に占める額をリブロ係数とでも呼ぶことにすると、学者でない一介のサラリーマンとしては、私のリブロ係数は、かなりのものではなかったかと自負する。古書店街に出かけるときは、ある程度大きい空のバッグを用意するのだが、それがいつもパンパンになって、肩に掛けたバッグのベルトが肩に食い込むのであった。朝の開店時間からずっと歩き回って買うのだが、重さまたは容量がもてる限界に達するか、所持金が払底するかのどちらかになるまで帰ろうとしなかった。ただ、どれだけ読んでいたかと自問すると、甚だ心もとない。

そうやって本を買い込むと、当時の安アパートにどうやって本を並べるかという問題があって、書棚を買って壁に並べてそこに本を陳列するのだけれども、これは地震が来たら間違いなく倒れる、死ぬよね、仕方ないよね、と納得することもなく考えていた。安アパートなので、建物全体が倒壊する危険もあったが。

ただ、あれは人生で紛うことなく一番楽しい時間の一種であったことは確かである。大抵の人は、恋人とのデートがそうなのかもしれず、そういう経験のない私は、どうも月並みな言い方であるが、本が恋人だったと言える。だから、家内の、あなた結婚しないで一生独身でそうやっているのがよかったのじゃない、みたいな言い方につい同意してしまうのである。

ところで、結婚してからは、古書店巡りをする機会もとんと減ってしまった。神田にももうここ数年行っていない。

ところが最近、ある特殊な工学の分野の本を買う必要が出てきて、なぜかそういう本を買いに久々に神田に出かけてみる気になった。ボーナスの時期なので、懐にやや余裕があるというのもある。あるいは、たまには古書店街にもおいでよ、と古い友人から声を掛けられたような気になったともいえる。

ところが、久々なもので、半蔵門線の神保町の駅を降りて、古書店街に行こうとすると、様子が分からなくて、まるで、田舎から初めて上京したおっさんのように当惑してしまった。

古書店街でも、三省堂とかいくつか大きい書店を巡ってみたのだが、私が買いたい特殊な工学の分野の本なんて全く見つからない。店員に聞いても、専門的すぎるのか、要領の得ない応答をするだけである。

結局、折角古書店街に行ったので、行きがけの駄賃に何冊か本を買ったが、当初の目的のものではなかった。目的の本は結局、自宅に帰ってアマゾンで、それらしいものが見つかったので、注文した。

それで思ったのは、自分の古書店巡りのセンスは完全に退化しているのではないか、ということである。というのは、何が向かないといって、理系的な先端分野の本を、神田の古書店街で探すのはお門違いもいいとこだからである。寧ろ、新宿で、紀伊国屋とかジュンク堂に行ってみた方がまだしもベターだったかもしれない。

古書店巡りで意味があるのは、主として哲学・思想関係の本、歴史関係の本、文学関係の本で、そもそもどんな本があるのかさえ自分でわかっていない分野を、現物を見ながら、品定めしつつ買うというところであろう。実際、昔はそういう目的で散策したものだった。ましてや、今みたいに、ネットで検索して便利に本が買える時代である。機能的に本を買うという場合の古書店街の意義は随分変わっているのでは、と感じた。

ただ、行ってよかったと思ったのは、理系の古書籍専門の明倫館で、個人的な掘り出し物の本を一冊見つけたことである。それは、金融工学でも利用される確率微分方程式の入門書なのだが、この一冊が買えたことが嬉しく、裏を返せば、目的の本が買えなかったので、その本一冊に、半日を潰して神田で時間を使ったことの意義が籠められている、ということにもなる。こんなせせこましい自己弁護なんて、昔はする必要なかったのだが、私の書籍道は、随分脇道にそれてしまったようである。

2009年1月31日

本を読む本

私は決して多趣味ではなく、趣味と言えば、読書と、将棋、それとへぼなコンピュータのプログラムを書くくらいなものである。映画はほとんど観ないし、旅行も行かない。ただ、コンピュータのプログラミングなんて本当に子供騙しでしかなく、そこいくと、将棋は、人生賭ける、という程でもないが、相当一生懸命やったことは確かである。

しかし、その将棋も、読書に比べれば、かなり影が薄くなるかもしれない。というのは、若い頃から、人付き合いやスポーツがあまり好きでないことから、暇さえあれば、本を読んできたような気がするからである。

読書は、難しい本が読めるとか、膨大な読書量であるとか、速読できるとかいう訳でなく、ともかく、いつも本を読んでいるという点で、他の趣味とは別格である。それはまるで、呼吸すること、歩くことのようなものである。

そうやって、この50過ぎになるまで、読書人生を歩んできたのだが、最近たまたま、講談社学術文庫「本を読む本」M.J.アドラー、C.V.ドーレン、外山滋比古他訳、を読んで、とてもばつが悪い思いをした。というのは、ここには、なるほどと思う本を読み方が書いてあるのだが、私はそんなことも知らず、この歳になるまで、我流で能率の悪い読書をしてきたことが分かってしまったからである。

「本を読む本」によると、その第一のレベルでは、読み方をマスターする。文法、語彙などをきちんと理解することである。それは当然ではないか、と思われるかもしれないが、われわれは必ずしも母国語の本を読む訳ではない。英語かもしれないし、ある人にとっては、韓国語、中国語であったりする。

ここまでは、まあいい。ところが、次の第二のレベルは、点検読書となっていて、ここで既に、未知の読書領域に来ていることが分かった。すなわち、点検読書とは、組織的な拾い読み、下読みであって、これによって先ず、本の概略を掴むことができる。なるほどと思ったのは、私は、本というのは、最初から最後まで根性で読み通さなくてはならないと思い続けてきたからである。そう思っていると何が悪いかというと、折角買ってきた本なのに、最初の数ページで行き詰ってしまうことがあると、その後を読まないで放置されることが少なくないからである。そこいくと、点検読書は、短い時間で目次を眺めたりして、ともかく概要を掴んでしまう。なるほど、これは有効である、と今更のように思う。

第三のレベルは、分析読書である。分析読書では先ず、本を、何の本か分類する。例えば、哲学の本か、ノンフィクションか、など。そんなの一目瞭然ではないかと言われそうだが、そうとも限らない。例えば、アダムスミスの「諸国民の富」が何の本か答えることは自明ではない。また、理論的な本か、実践的な本かという区別も重要である。次は、本を透視すなわち、著者の意図を見透かす。そうして、著者と折り合いをつける。すなわち、著者の用語法に慣れる。次に著者の意図を把握して正しく批判する。ここまでくると、分析読書としては成功である。果たしてこのレベルまで読書したことがどれだけあるか、と考えると忸怩たるものがある。

しかし、「本を読む本」には更に上の第四のレベルがあって、それは、シントピカル読書と呼ばれる。シントピカルとは、聞きなれない用語であるが、どうも、同一あるいは類似トピックの複数の本を用意して、比べて読むことかと思われる。その最初の段階は、複数の関連する本を探し出してくることである。そして、決めた主題に関連して、対象の複数の本の間で折り合いをつける。次に、一連の質問をして、どの著者にも偏らない命題を立てる。ただ、質問をしても本の著者が直接回答するなんてことはないので、そこは、読書によって回答を引き出す訳である。次の段階は、こうして得られた回答を整理する。そして、論点を明確化する。こうして論考を分析し纏める、という作業が、シントピカル読書である、ということになる。よく学術的な書物で、巻末に多数の文献を含む引用リストがある。私は、著者はこれ全部を熟読したのかと思っていたが、どうもそうてはなく、シントピカル的に眺めた結果であろう。もちろん。単に有名だから、読んでいなくても、背景的にリストした本もあろう。

私の読書レベルでは、分析読書の半ばまでがせいぜいである。シントピカル読書まではなかなか手が廻らない。そもそも、複数の本から並列的に命題を見出そうとしていないのだから、まだまだ未熟ということである。

で、少なくともやろうと思ったのが、第二のレベルの点検読書を、ほとんどの蔵書に対して行うことである。ここまで来ると、そんなに先が長い人生でなく、最近特に、読みやすい本しか読まなくなっているので、折角買った本の大部分は、一度も開くことなく埃をかぶったまま放置されそうであるからである。そうなったからといって、何が困るという訳ではないが、相応の資金で買った本が無駄に終わるのはちょっと悔しい、ただそれだけである。

About 読書

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「読書」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは言語学です。

次のカテゴリは金融です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。