メイン

科学一般 アーカイブ

2007年3月15日

無冠の帝王

 無冠の帝王と言っても、サッカーやボクシングのようなスポーツのことではない、囲碁や将棋のことでもない、数学と物理の世界のことを言おうとしている。
 数学において、私は、志村五郎のことを思う。私の知る限り、彼は、私が気楽に読めるレベルの数学の本を書いていない。ただ、フェルマーの定理を解決するキーになった、谷山-志村予想の一翼を担う。彼は、ある雑誌で、私が尊敬する、高木貞治を批判している、高木貞治が数学的創造性を発揮したのは、ほんの一時期だけだと。確かに、高木貞治は、初等整数論講義、代数学講義、解析概論などの名著を著したが、それらは数学的創造性の産物とは言い難い。一方、志村五郎は、というと、状況証拠として眺めるだけだが、一貫して、あるレベルの数学的創造性を発揮し続けているようである。
 次の登場人物は、物理の南部陽一郎である。彼には、講談社ブルーバックスの「クォーク」などの啓蒙的著書もあるが、自発的対称性の破れ、クォークの色、ひもなど基本的な物理的道具立てを用意し、筆者が物理の駄目学生であった数十年前からとてもメジャーな存在だった。
 ところが、この玄人受けする二人が、日本のマスコミにほとんど有名でない。ノーベル物理学賞の小柴某とか、ノーベル化学賞の田中某とかの方が、ずっと有名なのではないだろうか。
 かくのごとく、世間に有名であることは、偶然とゆらぎの結果である。私は字数を費やして、なんと当たり前のことを言っているのだろか。

宇宙論

ISSEI氏から、http://sciencemag.jp/breakthrough/bt2003.htmlというURLを引いて、「死刑廃止論 - スピリチュアルの視点」に対して、コメント戴いた点であるが、筆者も、超弦理論が宇宙論に対して予測する暗黒物質(dark matter)が、霊とか精神世界のことに関連があるのかもしれない、と考えたことがある。
 また、数学の多様体理論に、はめ込みや埋め込みといった概念があり、このことは、物質界に霊界が埋め込まれている(霊界に物質界が、という方が正しいかもしれない)ということの幾何学的構造を与えるものかもしれない、と思ったことがある。
 ただ、まだあまりにも粗く、大まかな議論なので、時間をかけて考えていきたい。

2007年4月 1日

女性科学者・哲学者

サイモン・シンの「フェルマーの最終定理」に、女性数学者のことが、書かれていたので、その本を参考にし、その他の資料も調べて、女性科学者・哲学者について、簡単にメモしてみた。当然ながら、網羅的でも枚挙的でもない。過去の例では、女性科学者・哲学者は、ほとんどが独身であった。それは、昔は、女性であって、哲学者や数学者であることが、世間から大変な軋轢を受けたからであろう。実際、結婚は、多くの場合、大変なエネルギを要する。もし、哲学者や数学者として生きていこうとしたら、他のことを擲って、エネルギを傾注する必要があったのだろう。典型的には、エンミ・ネーターである。
 ところが、最近は、そういう偏見も少なくなってきているようで、下記の石井志保子さんなども、普通に結婚して、特別な苦労なく暮らしているようだ。何かのエッセイで読んだ記憶があるが、石井志保子さんの息子さんたちは、研究に忙しくてあまり面倒をみてもらえなかったけれども、みな優秀で、やはり数学者の道を歩んでいるようである。

テアノ - 「ピュタゴラス的叡知の娘」

サッポー - 古代ギリシア史上最も著名な女流詩人

ディオティマ - プラトンの饗宴で、ソクラテスが、自分の説ではなく、マンネンティア出身の婦人ディオティマに聞いた説として、愛の教説を語る。

ヒュパティア - 5世紀頃にアレクサンドリアで活躍した新プラトン派の女性数学者・哲学者で、キリスト教徒の暴徒に惨殺されたことから古代の終焉を象徴する人物となった。

ソーニャ・コワレスカヤ - 微分方程式論などに顕著な業績があった。

ソフィー・ジェルマン - フランス革命の時期に生まれ、数論、弾性体理論などに顕著な業績があった。

アニェシ - 1718年にミラノに、数学者を父として、生まれる。曲線論で業績をあげた。

キュリー夫人 - ラジウムを発見し、ノーベル化学賞を受賞した。また、放射線現象の研究で、ノーベル物理学賞も受賞した。

エンミ・ネーター - 著名な数学教授のマックス・ネーターの娘として1882年にドイツのエルランゲンで生れた。環論において重要な概念であるネーター環を提唱した。対称性があるところには それに対応する保存則が存在するというネーターの定理は物理学の分野の基本定理である。例えば、一般相対論を勉強すると、ネーターの定理に必ず逢着する。性別に拘わらず、第一線級の数学者である。

 最近の日本では、東北大学の小谷元子教授が目に付く。結晶のような格子構造の性質を、幾何学と確率論を結びつけて解明した。

あとは、東京工業大学大学院教授の石井志保子。広中平祐の創始による、代数幾何学における特異点解消理論の専門家である。

参考:日本女性科学者の会

2007年4月15日

宇宙論 - 二人の佐藤

 手許に、ブルーバックスの「相対論的宇宙論」という本がある。佐藤 文隆、松田 卓也著。私は、大学で物理を専攻(というよりも、ほとんど、単に籍を置いていただけ、というのに等しい)していたが、そのとき、一般相対論という難しい方程式があるのを知った。物理の講義で、ある、物性理論で有名な教授が、相対論と言っても、特殊相対論は、あらゆる場面で出てきて重要であるが、一般相対論は、あまりに特殊で、なかなか解けないし、まともな研究の対象になりにくい、というようなことを言っていた。
 そうしていたら、ある京大の教授が、一般相対論の新しい解を見つけた、と一般紙にも報じられるくらいに話題にになった。1975年くらいのことだろうか。その解を見つけたのが、富松という人と佐藤という人である、と分かった。その後、私が通っていた一地方大学に、その佐藤、すなわち、佐藤 文隆さんが、講演にいらして、一般相対論の話をした。それを、私は、大層感激してきいた記憶がある。
 私がその後、ひやかしのような自習で、一般相対論を勉強してみたところによると、一般相対論には、シュバルツシルドによるブラックホール解と、カーによる回転解がある(例えば、内山 龍雄著、「一般相対性理論」裳華房 1979.10.25参照)。実は、これ以外に厳密解はほとんどなく、よほど珍しいというか、大変なことだったらしい(改めて、富松・佐藤解が何なのか、調べたけど、カーによる回転解の拡張または一般化かもしれない、くらいしか分からない)。ただ、最早、宇宙論にとって、富松・佐藤解は、過去の一トピックに過ぎない。というのは、宇宙論が、単なる一般相対論だけではどうしようもなくなって、場の量子論と一般相対論を組み合わせたものに移行してきたからである。このあたりの事情を知りたくて、ブルーバックスの「相対論的宇宙論」を手にしてみた。
 この本の内容については、いずれ触れるとして、以前からもっていた疑問を、この本でも確認してみた。それは、宇宙論、特に、そのビッグバン理論において、インフレーション理論というのは、確かに1つのトピックであったはずであり、また、インフレーション理論において、日本の佐藤 勝彦(現東大教授)が、中心的な役割を果たしたはずなのに、佐藤 勝彦の名前は全く言及されないし、インフレーション理論自体、アラン・グースの名前で、かろうじて言及されているに過ぎない。
 そこに私は、作為を感じる。すなわち、佐藤 文隆は、佐藤 勝彦と反目しているのではないかと。さらに調べてみると、佐藤 文隆と、佐藤 勝彦は、京都大学で、宇宙物理学の林忠四郎の弟子であり、すなわち、同門であって、将棋の大山と升田というか、スンニ派とシーア派というか、同門故の反目があるのではないか、と下種の勘ぐりをしてしまう。
 世間の分かりやすい誤解であるが、科学者は、客観的な業績を競うが故に、とてもクールにドライに割り切った人たちばかりで、聖人の淡い交わりをしているのでは、というものがある。しかし、現実は、そうでもないようである。すなわち、宇宙論1つをとってみても、ある観測事実をどう説明するかは多様な方法があり、もし、たまたまある同僚が人間的にウマがあわないとか、あるいは、まかりまちがって、互いがある一人の女性を好きになって、一方が振られるなどということもあろものなら、あいつの業績なんか、死んでも評価するものか、みたいなことにもなりかねない。
 実際、科学といえども、勝れて、あるいは、俗に、人間の一行為なのであり、マートンの科学社会学は、そのあたりの事情を研究する。マートンの弟子だったか、「ノーベル賞の社会学」という著書があり、ノーベル賞を下手にもらったばかりに身を持ち崩してしまう人も描かれていて、人間的な、あまりに人間的な、ということを改めて感じた次第であった。
 

2007年6月18日

作れたら面白い、複雑な物

 よく、男として生まれたら、野球の監督か、連合艦隊の司令長官をやってみたい、のように言われる。私はそういうのはあまり興味がなくて、時間的にも能力的にも全く無理なのだけれども、次のようなものが作れれば、さぞかし面白いと思う。


  1. CPUの論理設計。最近、テレビのコマーシャルで、インテルのCore DUOが放送されている。2重のCPUだと、論理はより複雑であろう。細かい実装は、コンピュータでやるのだろうが、CPUのアーキテクチャを考えるのは、とても面白そうである。
  2. コンパイラの設計。CPUほどではないにしても、コンパイラは結構複雑である。特に、C++のような大きい処理系だと、複雑さがさらに増す。コンパイラのベースとなる、コンピュータ言語の仕様の設計も、かなり面白そうである。
  3. オペレーティング・システムの設計。地上で人間が設計する、最も複雑な創作物がオペレーティング・システムであろうと勝手に思っているが、似たようなことを言う人がいない。あまりにもインフラとして使われているせいだろうか。
  4. 法律の設計。なるべく曖昧な法解釈が少なく、また、人権保護の観点にも立脚し、さまざまな想定できるものごとを解決できるような、矛盾の少ない法律の体系を作ることは、チャレンジである。
  5. ロケットの設計。特に米国で、複雑なことの代名詞として、「ロケット工学」のように言われる。確かに、何万点もの部品を組み入れて、整然と宇宙に行って返ってくるロケットは、貴重である。
  6. 橋、ダム、の設計。強度計算、必要な資材の調達は、確かに複雑であろう。
  7. 新しい物理理論の構築。例えば、場の量子論しかないところで、超弦理論を思いつき、構築すること。
  8. 画期的な政治制度の構築。例えば、絶対君主制の元で、三権分立を思いつき、その制度を立案すること。

 とても発想が貧困なので、これくらいしか思いつくことができない。これと併せて、複雑度の定義を与えられないかと思っているが、どう取り付いたらよいのかさえもアイデアはない。

2007年6月23日

ブラックホールはない?

 数日前の読売新聞のウェブサイトに、「ブラックホールは存在しない」米物理学者らが新説、という面白そうな記事があった。
米国のケース・ウェスタン・リザーブ大学の物理学科の研究者が、発表したのだという。そこで、実際に、ケース・ウェスタン・リザーブ大学のホームページを訪ねてみた。すると確かに、そこに、下記のようなタイトルの記事があった。
Black holes don't exist, Case physicists report
Case researchers may have solved information loss paradox to find black holes do not form
 それを研究した物理学者の名前は、Tanmay Vachaspati, Dejan Stojkovic及びLawrence M. Krauss。Vachaspati。彼らは、次のように言う。
「ブラックホールを、何かそこで物体が失われていくものとして定義するなら、そんなものはない。ブラックホールは、そこに何かが落ちていく前に蒸発してしまうからだ。」このブラックホールの蒸発とは、ホーキングの理論による。
 さらに、その研究者によれば、初期のブラックホールの端にある質量は、事象の地平線と呼ばれるものの内側には落ちていかない、という。この辺から、私の理解がついていけなくなるが、もう少し頑張ってみる。
 それで、非熱輻射は、情報を失わないので、結局、ブラックホールの生成によって、情報が無になることはない、ということになる。そうして、ブラックホールは、重力崩壊を起こすことなく、消滅してしまう。
 で、結局、ケース・ウェスタン・リザーブ大学の物理学者達が主張するのは、アインシュタイン方程式のシュバルツシルトの解の解釈の結果として予想されたブラックホールの生成機構自体を否定するものではなく、そのようなブラックホールが生成されたとしても、それは、宇宙生成の初期においてのみであり、その後消滅しているのであるから、今の宇宙には存在しない、と言いたいのではないかと思う。
 それと、手許の「相対論的宇宙論」ブルーバックス、佐藤文隆、松田卓也著をざっと眺めてみると、もちろん、ブラックホールに言及はあるが、その一章は独立しており、ブラックホールの(永続的な)存在を仮定しないと、彼らの主張する相対論的宇宙論が破綻するようには、どうしても読めない。
 すると、Vachaspatiらが主張するように、宇宙の初期にはブラックホールがあり、今はない、と主張しても、ブラックホール自体の生成が否定された訳ではないので、現在の相対論的宇宙論の面子は失われず、意外にVachaspatiらの主張は、穏当なのではあるまいか。

2007年7月26日

梅雨明け

 7月になっても、雨模様の日が続いたが、ここ数日、晴れ間が見られるようになった。それで、気分的には梅雨明けなのだが、気象庁によれば、関東地方は、まだ梅雨明けではないそうである。それで、素人的には、一体どんな根拠で、気象庁はそういう判断を下しているのだろう、と訝る。
 天気図も読めないような素人は、黙っていればいい、と言われればそれまでだが、今までも、雨のあまり降らない時期が続いたにも拘わらず、梅雨明けが宣言されず、そういう状態が続いて知らぬ間に梅雨明けが宣言されていた、ということが少なくなく、あまり梅雨明け宣言に納得したことはない。
 それで、無理やり、気象庁になったつもりで言い訳してみる。
- ええ、あの段階で、日本海に前線が停滞していました。この前線は、例年だと、関東地方に張り出すので、もう一度雨が降る時期が関東地方にやってくると予想されていました。しかし、予想に反して、太平洋沖に高気圧が張り出し、前線を追いやったので、時期は、ずれましたが、梅雨明けを宣言するに至りました。
 もしこのような言い方に妥当性があるとすると、どうも、気象予報の微分方程式は、ブラック・ショールズのような確率微分方程式なのであろうか。すると、どうしても相当の誤差はやむをえない、ということになる。
 ただ、気象予報の確率微分方程式が、金融工学の確率微分方程式と違うとしたら、気象予報の確率微分方程式の場合、本当は、決定論的な方程式が存在するのであるが、計算量的・観測的に、現実的な解を求めることが不可能であるが故の代替であり、金融工学の確率微分方程式の場合、社会現象に適用した1つの数理モデルであるから、本質的な不確かさとして、あらわれる、ということである。しかし、どちらであれ、人間にとっては、不確かであることに変わりはなく、してみると、梅雨明けの不確かさを云々するのは、単に大人気ない発言にすぎない、ということになりそうである。
 実は、カオスとしての気象と、経済物理学でみた、金融現象というのは、もう少し勉強してみたいテーマなのであるが、なにしろあまりにも準備不足なので、ここは一旦擱く。

2007年9月14日

世界トップ研究拠点

 新聞によると、下記の5つのテーマが、政府によって世界トップ研究拠点として選ばれたという。

1. 東北大 - 原子・分子レベルでの革新的な新材料開発(山本嘉則教授)

2. 東大 - 素粒子物理学に基づく、宇宙の進化の解明(鈴木洋一郎教授)

3. 京大 - 幹細胞研究を中心とした再生医学の実現(中辻憲夫教授)

4. 阪大 - 感染症やアレルギー疾患の新たな診断・治療の研究(審良静男教授)
- ナノテクノロジーに基づいた新材料の開発の促進 (青野正和フェロー)

 これを見て思うのは、下記のとおりである。
- そもそも、たった5つしか選ばないのに、阪大が2つも持っているのは変である。東工大、名古屋大、早稲田大、慶応大など、有力校は他にもあると思われるが。阪大が、何か政治力を使ったのか。
- たった5つしか選ばないのに、東北大とテーマと、阪大の2つ目のテーマは、かなりかぶっていないか。
- 阪大の「感染症やアレルギー疾患の新たな診断・治療の研究」は、いかにも小粒ではないか。
- 石油が枯渇し、原子力発電が信頼できないとなると、新エネルギーの研究は、とても喫緊だと思うのだが、そういうものはない。それでいいのか。
- コンピュータ・サイエンスや、数理科学がらみのものはない。それでいいのか。

 ともかくも、政府は予算を確保し、最大300億円の予算を、一箇所に投入するという。
 各々は、10年かけ、200~300人の研究スタッフを擁し、世界の才能ある人々に声をかける。成果主義を取り入れ、言語は英語とし、逐一進捗を報告させる、という。成果主義を取り入れ、言語は英語とし、あたりは、典型的な外資系企業を想定させ、おいおい大丈夫か、と思わせる。
 このような典型的な外資系企業みたいなやり方に一番なじまない研究は、「東大 - 素粒子物理学に基づく、宇宙の進化の解明」であろう。そもそも、成果がとてもわかりにくい。宇宙創生のインフレーション理論だって、30年たっても、さっぱりその妥当性は分からない。
 まあ、いかにも政府系らしい研究計画の建て方ではある。

2007年10月 2日

国際熱核融合実験炉

 私が、しがない物理学科の学生だった30数年前、次世代のエネルギー源は、核融合であるといわれ、ああ、そういう研究者になれれば、と憧れていた。そして、電磁流体力学などという本を、買いもしないで、ただ眺めたりしていたが、核融合炉というのは、どうも実用は無理らしい、という風評になり、そのうち、核融合云々というより、物理学から見放されて、さらにしがないサラリーマンになった。その間も、核融合というのは、無理なんだよね、と今にいたるまで思っていたら、なんと、レーガンのゴルバチョフの対談で、約20年前に、国際的な核融合実験炉の計画が立ち上げられていた。知らなかった。それは、50万KWを安定的に出力できるようにすることを目標とするもので、実験炉の建設費は5000億円、2016年の完成を目指すのだという。
 しかし、少なくとも30数年前には核融合炉の研究はそれなりに行われていた。で、2016年の完成を目指すということは、少なくとも40年は研究開発に時間がかかる、ということになるが、何か一体そんなに時間がかかるのか、プラズマ電磁流体が、そんなに捉え難いのか、閉じ込めにくいのか、で短気な私は、結局、そんなん見込みないんちゃう?とつい思ってしまう。
 そういう目でみると、5000億円なんて大した額ではなく、ちょっとしたビル程度である。
 そこで考えてみた。核融合炉は、可能性は低いが、世界の投機的事業なのだと。世界は、特に核融合炉に期待していない。ものになればラッキーと思っている。少なくとも、核融合炉が、ポスト化石燃料の旗手であるなんて、信じている人は少ない。ただ、科学者として、エンジニアとして、核融合炉というのは夢が託せるのだろう。
 ともかく、これをきっかけに、核融合を少し勉強してみることにする。

2007年10月10日

超人、トルコ人宇宙飛行士

 世の中には、多芸多才な人というのは沢山いるが、しかし、発明という雑誌に紹介されていた、アニリール・セルカンというトルコ人宇宙飛行士よりも多芸多才な人な人はなかなかいないと思われるので、その多才ぶりを少し記述してみる。
 アニリール・セルカンは、1973年、ドイツ生まれ。しかし、トルコ国籍。大学卒業までドイツ、スイスで過ごし、しかしなぜか、イリノイ工科大学建築科卒。こう書くと普通の秀才だが、スキー選手として国の代表にまでなったこと、18歳で、パイロットの資格を取ったこと、8カ国語をマスターしている、というあたりから、「ううん、只者でない。」ということになってくる。
 しかし、これは序の口。2001年には、NASAで、宇宙構造材料系客員研究員となり、建築の素養と、その後学んだ宇宙物理学をうまく融合させる。
 また、宇宙飛行士としての訓練も受けている。惑星間有人ミッションの候補として、月す火星のどちらかに行く計画があるという。
 その間にも、宇宙エレベータに関する研究で、US Technology Award他いくつかの賞を得る。
 また、8カ国語といっても、半端でない。ドイツに生まれたので、ドイツ語は当然として、両親がトルコ人なので、トルコ語は話すし、祖母が現代ギリシャ語の話者なので、現代ギリシャ語も話す。また、古代語として、ラテン語、古代ギリシャ語、とそして、なんとシュメール語。これは、古代メソポタミアで使用されていた言語で、世界に読める人が26人しかいないという。
 今は、東大の工科大学院建築専攻大学院の助教授。日本が好きになった理由は、長野オリンピックのトルコのスキー代表として、日本に来たのがきっかけというから、一体、どのタイミングで宇宙物理も勉強していたのだ、と聞きたくなる。
 ともかく、なかなかユニークな人がいるものだ、とただ感心するのみである。
 

2007年10月19日

デカルト・ニュートンのパラダイム

 デカルト・ニュートンのパラダイムとは、仮説設定-演繹-実験という手続に基づくものであり、演繹主導型の推論方法である。還元主義とも呼ばれ、中世の蒙を啓に、多大なる貢献があった。代表的にデカルト・ニュートンと呼ばれているが、私は、ケプラー、ガリレオあたりからの多大なる寄与があったと信じる。
 さて、このように、いまや当然ともいえるデカルト・ニュートンのパラダイムに言及するのは、それが、そのままではとてもナイーブな方法論であり、どういう場合に当てはまらないかを考えることが、とても有意義だからである。
 先ず、演繹推論の限定性。これは、私の理解では、最初にきちんと述べたのは、ヒュームである。すなわち、例えば、下駄を放り投げて裏になったら、次の日が雨、ということが100日続いても、101日目にもそれが当てはまるとは、はっきり言い立てることができない。より精緻な議論は、20世紀になって、バートランド・ラッセル、ウィトゲンシュタインなどによって行われている。
 他のパターンとして、「非適切問題」がある。例えば、電荷の分布から、電場を計算することは、一般的に自明である(計算が簡単とは限らないが)。しかし、電場から電荷の分布を計算することは、著しく難しく、多くの場合、不可能であるか、または、粗い近似しか求めることができない。
 もう少し非適切性の弱いものに、データマイニングあるいは、機械学習と呼ばれる分野がある。これは、決定木、ニューラルネットワークなどの手法を活用して膨大なデータを解析し、クラスタリングによってあるモデルを構築するもので、一見、仮説設定-演繹-実験の流れを逆に辿っているようにも見える。しかし、データマイニングあるいは、機械学習のためには、かっちりした理論の枠組みを予め組んでおくので、かなり自由度は低い。
 さて、仮説設定-演繹-実験に戻って、この枠組みで問題になるのは、仮説設定である。例えば、アインシュタインが一般相対論を思いついたのは、数理審美的な感覚で、確たる根拠がある訳ではない。よって、仮説設定のところには、恐るべき恣意性が存在する。それが何がわるいのか、と言われそうである。なぜなら、恣意的なアイデアのうち、明らかに間違えているものは、演繹-実験で、振り落とされるであろう、と。カール・ポッパーのいう、反証可能性であろうか。
 ところが、一般相対論などよい例であるが、そもそも、演繹がとてつもなく難しい。とても基本的の解であるシュバルトシルトの解が発見されたのは、一般相対論が提示されてから、10年以上もたってからである。そうやって解けても、宇宙では実験は覚束ない。
 最近の超弦理論、M理論になると、実験など夢の夢である。
 もう少し現実的な理論でも、NP問題で、計算に1000年もかかったりするものがある。ここでも演繹は無理で、限界に行き当たる。
 なお、上記では、私の不勉強もあって、社会科学には言及していない。もう少し議論を煮詰めて、再訪する。
 

2007年11月10日

ノーベル化学賞

 全然見過ごしていたのだが、2007年のノーベル化学賞は、ドイツのマックスプランク協会フリッツハーバー研究所のゲルハルト・エルトル名誉教授に授与された。授賞理由は「固体表面の化学反応に関する研究」。エルトル氏は固体表面化学という分野を確立、触媒が働く仕組みを解明した。すると、触媒化学とも呼ばれるのかもしれない。
 この研究分野は、明らかに、半導体の表面処理や、燃料電池に関連しており、物理学賞のGMRと同じくらい、応用がかっている。
 ただ、如何せん、化学には馴染みが薄くて、雑談のようなコメントすら、書き連ねることができない。してみると、延々と愚にもつかないことでも書き連ねられるということは、それはそれで、なにかの知識の証拠と思ってもらえないだろうか。

2007年11月13日

論文における不正

 2005年に米国で、約7000人の生命科学、医学、バイオ関係の若手研究者にアンケートしたところ、なんと、約3分の1は、論文の何らかの不正に関与したことがあると返答したという。匿名とはいえ、よく正直に答えたものである。
 その内訳は、下記のとおりである。








内容比率
研究方法・結果の書き換え13.5%
矛盾するデータの隠蔽6.0%
論文の多重投稿4.7%
アイデアの盗用1.4%
データの捏造・加工0.3%

 生命科学、医学、バイオ関係の分野で、実験データが重要であることは論を俟たない。しかし、そうであるが故に、所望の結果が出ないとき、論文を不正操作する欲望に駆られるのだろう。韓国のソウル大学の黄教授の、ES細胞に関するスキャンダルはまだ、記憶に新しい。
 さて、どのような研究部門で、論文における不正が起こりやすいかというと、それは、言うまでもなく、実験データの厳密さを要求される部門であって、上記生命科学、医学、バイオ関係以外に、実験物理、行動心理学、有機化学、無機化学、などである。文系学問でも、考古学、歴史考証学などで、資料や遺跡、文献の正当性が問われる。特に、こういう分野で、業績争いが起きると、人間とは浅ましいもので、論文不正操作へのプレッシャがかかる。その不正の内容であるが、上記の表の例で、ほぼ尽きているであろう。
 では、どういう分野で、論文不正操作が起こりにくいかというと、先ず、数学である。例えば、フェルマーの定理がまだ、フェルマーの予想であった時代に、誰かが、尤もらしくフェルマーの定理を証明しました、と論文を提示して、実はそこに間違いがあったとして、それはスキャンダルになるだろうか。たとえそこに一片の悪意があったとしても、名立たる数学者のレフリーの目を誤魔化すことはできず、名誉を失うことすらできないであろう。なぜなら、名誉を失うためには、一旦名誉を得なくてはならず、飛ばない飛行機は墜落もしないのである。
 それでは、理論物理はどうだろうか。理論物理の場合、自然をどう記述するかであるので、いくらその数学的道具立てがしっかりしていても、自然現象をうまく説明できなければ、相手にされない。しかし、M理論やDブレーンともなると、その抽象度が高すぎて、自然現象云々と結びつかない。受けを狙って、とても突飛な理論を提示することはできるが、結局は、一貫性・妥当性を問われ、そこが駄目なら、相手にされない。
 経済学ではどうかというと、詳しくないので、より適当にしか触れられないが、駄目な理論は単に無視されるだけだろう。ただ、ここでインチキの経済統計を引用する可能性は存在し、そこに、論文不正操作の余地はある。
 ところが、法学となると、要するに論理展開の妥当性・納得性なので、論文不正操作の余地は少ない。もちろん、盗作の可能性は、常にあるが。
 一方、文学となると、資料を駆使する文献学だと、論文不正操作の余地は沢山ある。言語学だって、文献や話者からの情報に依存するとなると、そうである。例えば、古代ムー語があったか、とか、全ての言語の源は、アトランティスにあるとかである(そういうトンデモを相手にする人はいないだろうが)。
 哲学だと、一体、盗作以外の、どんな論文不正操作の余地があるのか、ということになる。ああ、哲学でも神学でも、宗教でも、激しい論争というのはあるが、あれはどうなんだろう。論文不正操作というのとは違うような気がする。
 こうして、より理論的・思弁的・抽象的な学問ほど、論文不正操作が行われにくい、という平凡な結論につながる。そもそも、そういう分野では、競争もはげしくないのだけれども。

2007年11月19日

ベル研での論文捏造

 中公新書ラクレ「論文の捏造」 村松 秀著を読んだ。推理小説のように面白くて、久々に、一気に読めた。ベル研の若手研究員だった、ヤン・ヘンドリック・シェーンの壮大とも言える、論文捏造のストーリーである。
 シェーンは、ドイツの中堅大学から、米国でも、超一流と目される、ベル研にやってきた。そういう経緯からも分かるように、鳴り物入りで来た訳でもない。最初はひっそりと、地味な研究に打ち込んでいた。もともと、彼の大学での専門は、太陽電池であり、その経緯から、フラーレンを使った有機物超伝導の研究に着手した。
 ところがである、研究に打ち込んで、たった数ヶ月で、有機物超伝導の超伝導臨界点温度の世界記録を打ち立ててしまう。その論文に、世界は驚愕した。その手法は、フラーレンの表面にアルミ酸化膜を蒸着させて、電界を印加する、というものであった。フラーレンの超伝導性も、アルミ酸化膜も、既知のものであったが、これらの組み合わせは誰も思いつかなかったもので、専門家にも、「筋のよさ」を感じさせるものであった。
 そこで、当然ながら、多くの専門家が追試したが、誰一人として、シェーンの結果を再現できたものはいない。そこに、シェーン独自のノウハウがあると誰もが思ったが、シェーンは論文では一切実験の詳細には触れず、一片の実験サンプルも提示しなかった。
 そうして、次々に画期的な論文を提出していき、ノーベル賞も間違いなし、と言われる一方で、疑念をもつ研究者の数も増えてきた。理由はいくつかあるが、例えば、実験データが綺麗すぎるのである。それと、意外なことに、シェーンの同僚や上司の誰一人として、シェーンが実験しているのを見たことがない。こうして、いくつかの疑念を抱かれつつも、シェーンは、ベル研の寵児となっていく。内部告発を試みた研究者は、みな、ベル研の上層部に握りつぶされてしまう。ATT傘下から分割され、ルーセントによって管理されるようになったベル研は、多数の研究者のリストラの危機に晒され、華々しいテーマがほしかったのである。
 シェーンは、フラーレンの超伝導性の研究から更に、単分子層デバイスという別の驚くべきアイデアを提出した。これもまた、喝采をもって迎えられた。
 シェーンがベル研に帰属している間に、ルーセントから出された特許出願は、下記の3件である。いずれも、トランジタ・デバイスに関するもので、超伝導性に関するものではない。フラーレンの超伝導性の論文は、特許としての対象の工業的な具体性まで至らなかったと思われる。上2件は、有機FETに関し、三番目が、モノレイヤ・デバイスに関する。
"出願日","公開/公表番号","特許/実案登録番号","発明(考案)名称","出願人","発明(考案)者","国際特許分類","IPC","要約"



"20020514","2003031816","","装置、有機トランジスタ及び能動有機デバイス","ルーセント テクノロジーズ インコーポレイテッド","ゼナン バオー,ジョン エー ロジャース,ジャン ヘンドリック シェーン","7"," H01L 29/786 , H01L 21/336 , H01L 21/8236 , H01L 27/088 , H01L 29/78 , H01L 51/00 ","(57)【要約】【課題】 無機FETと同等の移動度及びドレイン電流のON/OFF比を有する有機FETを提供する。【解決手段】 3端子デバイスは、第1の電極と、第2の電極と、ゲート電極と、第1の電極と第2の電極を結合する能動チャネルを有する。能動チャネルは共役多重結合を有する有機分子の層を有する。共役多重結合に関連する非局在化π-軌道は有機分子層に対して垂直に延在する。"


"20020710","2003092411","","有機半導体デバイス、有機電界効果トランジスタ及びその製造方法","ルーセント テクノロジーズ インコーポレイテッド","ゼナン バオ,ジャン ヘンドリック シェーン","7"," H01L 29/786 , H01L 51/00 ","(57)【要約】【課題】 新規な有機電界効果トランジスタ(OFET)を提供する。【解決手段】 有機電界効果トランジスタ(OFET)はゲート、ソース及びドレインを有する。OFETは、ゲート電極、ソース電極及びドレイン電極の間に形成された有機分子の単層も有する。この単層はOFETのためのチャネル及びゲート誘電体層として機能する。"


"20020913","2003197901","","トランジスタと装置","ルーセント テクノロジーズ インコーポレーテッド","ゼナン バオ,ロバート ウィリアム フィラース,ピーター キヤン・ホーン ホー,ジャン ヘンドリック シェーン","7"," H01L 29/06 601, B82B 1/00 , H01L 21/28 ZNM, H01L 21/336 , H01L 29/786 ","(57)【要約】【課題】 小型のFET素子を形成する。【解決手段】第1素子と、第2素子と、前記第1素子の上に第2素子が形成されるのを阻止するモノレイヤと を有し、前記モノレイヤの長さ分だけ第1素子と第2素子が離間していることを特徴とする装置。詳しくは、ドレイン電極とソース電極を分離する距離を減らしそしてチャネルの幅を減らしてFETの切り換え速度と周波数応答を向上させるような光リソグラフ技術の限界を解決することである。"


 しかし、シェーンはついに、複数の論文の間の数値データの矛盾を突かれてベル研を解雇され、なすすべもなく、ドイツに帰った。そこで、ある企業に勤めており、マスコミのいかなる取材にも応じないという。
 こんな、いずれ、ばれて失墜することがわかっているようなことを、どうしてシェーンがしたかは、謎である。また、アイデアだけみると、フラーレンとアルミ酸化膜の組み合わせといい、モノレイヤ・デバイスといい、とても筋がいい。優秀である、と断言してもよいと思う。地道に努力すれば、何かのテーマは、きちんと花開いたかもしれない。また、不可解なのは、共著者の態度である。結局名前を連ねるだけで、研究の中身に関与せず、悪戯に論文の信憑性を高めるだけであった。
 なお、いうまでもなく、上記3件の特許出願は、審査請求されることなく、放棄されてしまっている。
 このような不正に根本的に対応することは難しく、人間が、名誉を追求する存在である以上、このようなことはまた起きるであろう。ただ、人間の業の深さを改めて感じ入るのみである。
 

2007年12月24日

小惑星衝突

 Webニュースによると、NASAは、直径50メートルほどの小惑星が1月30日の午前6時(日本時間同日午後8時)、火星のすぐ近くを通過し、火星に衝突する可能性もあると発表した。「2007 WD5」の呼ばれる小惑星で、11月20日に見つかった当初、地球に衝突する可能性が考えられ、監視対象とされた、という。
 火星から約5万キロ以内を通過し、実際に衝突する確率は75分の1とされている。ところで、軌道の数値計算をちょっとかじったことがあるので、こういう場合に、確率が出てくるのは、面白い。
 こういう小惑星の軌道は、基本的に、ニュートンの方程式でほぼ完全に記述できる。すなわち、二階の連立常微分方程式である。連立常微分方程式のコンピュータによる解法にはいろいろあるが、典型的な1つの方法は、Runge-Kuttaの方法と呼ばれるもので、初期値として与えるパラメータは、その小惑星のある時点と位置、速度、質量、引力として影響を及ぼす範囲にある他の惑星、衛星の位置、速度、質量である。そして、hという微小なステップを進めて、計算していく。
 このような計算に当たって、最初に逢着する不確定さは、特に、小惑星のある時点の位置、速度、及び質量である。また、Runge-Kuttaの方法で、いかに細かい刻みのhをとっても、結局は近似計算である。計算を続けていくと、次第に誤差が溜まってくる。
 このような不確定さを累積的に考慮して、75分の1、という衝突確率が計算されたのだろう。量子力学でもなく、金融工学のデリバティブの方程式でもなく、本来的に決定論的なニュートンの方程式による軌道計算で、75分の1という自信のない推定が出てくるところが面白い。
 ということは、明らかに言えることは、1月の中ごろには、小惑星の位置、速度、及び質量を観測して再度計算し直すと、例えば、やはりぶつからないことが分かった、というように、かなりはっきりしたことが言えるのではないかと思われる。
 これをさらに言うと、11月20日に、突然小惑星が見つかり、それが地球に衝突するとも、火星に衝突するとも、かなり曖昧な確率でしか言えない、ということは、もし本当に危険な小惑星が見つかったとしても、たった2ヶ月程度の猶予しかない、ということを意味する。しかも、本当にぶつかるということが分かるのは、せいぜい10日前だったりする。それで、本当に、ミサイル迎撃みたいな対策がとれるのだろうか。これには、命中させる困難と、少なくとも軌道を変えるに足る運動量を与えられるのか、という2つの疑問が残る。問題は、後者で、今回のものは、直径50メートルと比較的小さい。それでも、それがもつエネルキーは、広島型原爆の188倍の威力である、という。もし東京に落ちたら、関東全域を壊滅させるに十分である。
 そこでもし、直径50メートルではなく、直径2キロメートルだったらどうであろうか。これは、依然として、あり得る大きさの小惑星であるが、エネルギーは一気に、広島型原爆の1200万倍となる。これは、人類を一気に滅亡させるに十分である。
 このような小惑星がやってくる可能性は、数千年に一度か、数万年に一度であろう。よって、現実的に考える必要はないかもしれないが、やってきたら、念仏でも唱えて覚悟を決めましょう、ということなのであった。

2007年12月25日

ロボット新時代

 新聞によると、PLEOという恐竜型ロボットが発売され、人気だという。52500円もするが、予約殺到で、なかなか入手できない。開発は、米国のUGOBE社である。売りは、その、本物の生き物のような自然な動きにある。一世を風靡した、ファービー開発の中心人物であるケイラブ・チャン氏などが開発した、とあり、なるほどと頷かせる。
 こういう玩具的なロボットは、ソニーのAIBOにより、日本が先行していたはずであるが、どうしたのだろう。そういえば、ソニーのAIBOのプロジェクトは潰れて、関連のエンジニアは、トヨタに移ったそうである。そこで、トヨタは、バイオリンを弾くロボットを作った。一種の打楽器であるピアノなら分かるが、バイオリンとは、恐れ入る。トヨタはさらに、人型でない、家事や介護をするロボットも作った。もともと、車の生産ラインで、塗装などにロボットが使われているので、そこに、ソニーから来たエンジニアの遊び心がうまくフュージョンしたのであろう。
 これを見て、ライバルのホンダは焦る。というのは、歩行ロボット、アシモで先行していたはずだからである。そこで、ホンダは、複数のロボットが協調して歩き、人に道を譲る、自分で充電もするロボットを作り、対抗する。身長130センチ、体重54キロ、時速6キロで歩く。
 ロボットを分類してみると、
1. 工業用
2. エンターテイメント用
3. 介護用
4. 軍事用
 の4種類に分けられる。工業用は一般的に生産ラインであるが、原子炉などの危険作業用、建設用、など多くの用途が考えられる。宇宙空間での作業など究極の目標の1つである。
 エンターテイメント用は、PLEOのような愛玩用以外に、踊ったり歌ったりの、文字通りのエンタメが考えれる。
 介護用は、例えば、看護師のサポートであるが、いまのところ、任せきりにできるだけの信頼性は、到底ない。
 軍事用は、当然にみんな考えているはずであるが、技術的困難とは別の理由で、出し渋っていると思われる。一種の秘密兵器である。これで、人の代わりに戦ってくれて、人的被害が減るならいいけど、余計に被害を増やすように設計されることもあって、人間の本性は怖い。
 ロボットの当面の目標は、インテリジェンスの向上と、機械的操作の精妙化であるが、究極には、自己増殖オートマトンである。戦後まもなく、かの鬼才、フォン・ノイマンにそういうタイトルの著書があるくらいであり、ロボット工学も、実は、高度な数学の産物なのである。
 自己増殖オートマトン・ロボットの1つの典型的な形を、スタニスラフ・レムの「砂漠の惑星」というSF小説に見る。それは、妙に暗く哀しい小説である。それで私は、コンピュータ漬け、ロボット漬けのような将来を、とても悲観する。この悲惨な世の中が、さらに悲惨になるというのか。ああ、そうだとも、悲惨さには下限はないのである。
 

2008年1月13日

火星への衝突回避

 新聞によると、私が昨年の12月24日に、小惑星衝突で書いた、小惑星は、最近計算した結果、結局火星に衝突しないことが分かったという。もともと、昨年の12月24日の時点で、75分の1の確率だったのだから、衝突しない、と分かっても何も意外ではない。
 ただ、である。惑星が火星に衝突するかどうかは、ニュートンの方程式の質点多体常微分方程式を解くことによって、原理的に決定論的に判断することができるが、それでも、衝突の2週間前になってやっと、衝突しないと言い切れる程なのである。
 そこいくと、IPCCだったか、地球温暖化の予測をして、2099年には地球の平均温度が今よりも1.5度、最高6度上昇する、という予測の尤度は、いかほどであるか。どう考えても、昨年の12月24日の時点で、惑星が火星に衝突する可能性として考えられていた、75分の1の確率より高いとはとても思えないのである。
 しかも、地球の気温は、太陽黒点の変動にも依存する、という説が有力であり、太陽黒点が減ると、地球が氷河期になるとも言われている。そうである、地球の最大の熱源は、太陽輻射なのである、すると、二酸化炭素の排出量で温暖化を抑えたつもりになっても、太陽黒点の作用で太陽からの輻射が強まると、結局は地球の気温が上昇する、というストーリーもありえる。逆に、太陽黒点が減って、地球が寒冷化し、二酸化炭素の排出量の規制などという馬鹿なことをしなければよかった、ということもありえる。私が気になるのは、惑星科学者、松井孝典が、今の地球の二酸化炭素の濃度が、観測史上最低である、と言っていることである。IPCCよりも松井孝典の方が正しいというつもりはない。ただ、IPCCには政治的な臭いを感じる。松井孝典にはとりあえず、あまり政治的なバイアスを感じない。

2008年2月 7日

ムーアの法則

 ムーアの法則とは、たしか、元インテルのCEOのゴードン・ムーアが、集積回路の密度が、18-24ヶ月で倍になっていく、というものであった。これにいま当てはまるのは、コンピュータのメモリと、ハードディスクのビット単価である。例えば、私がもっているUSBメモリは、たしか、3年前に買ったが、当時、256MBで、4000円くらいした。それでも、特売価格であった。今は、というといろいろな製品があるが、例えば、2GBで、1890円というのがある。ビット単価の比率は、16倍以上で、低下率は、ムーアの法則を上回る。
 他の候補は、ハードディスクである。ある2.5インチ・ポータブル・ハードディスクは、7年前、40GBで、35000円くらいだった。いまだと、120GBでも、10000円くらいで買える。これだと、せいぜい10倍くらいで、USBメモリほどは、劇的ではない。
 このように、製品によって、低下率が異なるのは、言うまでもないが、ムーアの法則が、製品の性質にとても依存しているからである。初期のムーアの法則がうまくいったのは、半導体を作製するための基本的な材料であある、シリコンがとても優れた材質であるからである。シリコンは、機械的に強固であり、微細加工を許し、ドーピングによって、電気的性質を容易に変成できる。また、通常の土中にも沢山含まれ、希土類の反対の、汎土類とでもいうべきものである。だから、シリコンが人類にもたらされたことは。まさに予定調和のような神の恩寵と言ってよい。
 そういう意味では、ハードディスクでは、薄膜磁気材料と、MRヘッドの技術が恩寵であり、人類の工夫の余地の途をひらいてくれた。MRヘッドの後は、去年ノーベル賞をもらったGMRヘッドも出てきて、シリコン関連技術ほどではないが、まだ飽和ではない。垂直磁気記録などという技術も出てきている。
 しかしである。情報処理関連に限ってみても、ムーアの法則は、決してひろくは当てはまらない。例えば、アルゴリズムやソフトウェアをみたとき、ムーアの法則どころか、とても緩慢にしか進歩しない技術は、ゴマンとある。オペレーティング・システムしかり、暗号化技術しかり、コンパイラ技術しかり、ネットワーク・プロトコルしかりである。もし、進歩しているように見えたとすると、それは単に、ハードディスクやメモリの、より広い領域を使えるようになっただけの話であったりする。
 それは、アルゴリズムの改善の困難さによる。その例は、いくらでもあるが、例えば、フェルマーの定理が解かれるのに、400年もの年月がかかったことからもわかる。
 だから、間違っても、ムーアの法則を外挿して、ばら色の未来を描くなかれである。
 しかし、アルゴリズムは、まだ、少しずつ進歩するからいい。ムーアの法則が全くあてはまらないのは、人類の道徳律である。それは、一体、進歩しているのか。確かに、残虐な事件は、減ったようにみえる。でもそれは、単に、武器の性能が向上して、抑止力が上がっただけではないのか。
 こうして、私は、ムーアの法則を、あだ花であり、人類の特異点とみなすべきである、と遠慮がちに提案するのである。

2008年3月 1日

ボグダノフ事件

"Not Even Wrong"というピーター・ウォイトのスーパー・ストリング理論批判の本に、ボグダノフ事件のことが、書かれている。ボグダノフ事件とは、2002年の10月頃に、フランスの兄弟、イゴール・ボグダノフと、グリチュカ・ボグダノフが、その理論物理学の知識に基づき、偽論文を権威ある学術誌に投稿し、採用された、というものである。グリチュカの方は、量子代数に関するもの、イゴールの方は、トポロジー量子場理論に関するもので、これらが特殊な分野であるせいもあって、よほどのこの分野の専門家でないと、偽論文かどうか、簡単には判別できないという。
 実際、トポロジー量子場理論には比較的馴染みがある、ピーター・ウォイトがイゴールの論文を検討してみると、それは見事なまでに無意味な論文であった、という。
 さらにおかしいのは、ボグダノフ兄弟は、これら同一の論文を5つの専門的な雑誌に投稿し、いずれも採用された、という。
 すなわち、ボグダノフ兄弟は、
(1) 物理学の専門誌の査読機能
(2) 物理学の専門誌の重複チェック機能
 の両方を、遊び心をもって試してみようとした、ということになる。
 しかし、とてもおかしいのは、ピーター・ウォイトの問合せに対して、ボグダノフ兄弟は、自分たちの研究を擁護する丁寧な私信を送ってきて、どこがおかしいのか、と訊ねてきた、という。すると、ボグダノフ兄弟は、意外に大真面目だったのかもしれない、ということになる。
 で、結局今に至るまで、ボグダノフ兄弟の意図は不明なままだが、はっきり分かっているのは、彼らの論文が内容的に無意味であること、また、それにも拘わらず、権威ある学術雑誌に採用されてしまった、ということである。
 さらに、査読した物理学者も、自分が無意味さを見落としたということを決して認めようとしない、という。また、さらには、理論物理学会は、ボグダノフ事件に対して基本的に無関心で、査読機能が破綻しているなんて全く思っていないようである、という。すなわち、このブログでも、ベル研での論文捏造で触れたように、学会というものは、自分に災難が及ばない限り、多少のことがあっても、無関心を続ける、ということである。学会に限らず、世間というものがそうなのかもしれない。
 ただ、数学であれ、理論物理であれ、専門化・蛸壺化が激しく、その道の狭い専門家以外の人が、先端研究をどんどん理解し難くなっている。よって、ボグダノフ事件で提起されたような問題は、深まりこそすれ、解決の目途は見えない。

2008年3月 3日

韓国は、どうしてノーベル賞が取れないのか

 韓国人と付き合うと、少なくとも私が知る範囲では、みなすごく優秀である。また、みな一様に、大学入試が大変という。私が知るすごい秀才でも、ソウル大学は無理だったので、延世大に行ったといっていた。また、ソウル大出身の友人もいるが、確かに、抜けるような秀才である。
 ところが、不思議に思うのは、そんな韓国なのに、いまだかつて、ノーベル賞を貰った人がいないのである。あ、政治的な配慮で、平和賞もらった、金大中はこの際、例外とする。
 ソウル大学のトップクラスは、日本の東大・京大のトップクラスに決してひけをとらないと思う。だから、もしノーベル賞が優秀さの1つの指標であるなら、東大・京大から何人もノーベル賞受賞者が出ているのだから、ソウル大学出身で一人くらいいても全然おかしくないことになる。
 たとえば、囲碁の例をみてみる。いまから20年くらい前は、韓国の囲碁は、トップクラスで日本にはひけをとっていた。しかし、ここ10年くらいの進境は著しく、いまや世界のトップクラスである。最早日本は到底、韓国に勝てない。これは、韓国人の知的能力の1つの証明である。それでいよいよ、なぜ韓国なのに、いまだかつて、ノーベル賞を貰った人がいないのか、わからなくなってきた。
 で、思い当たったのが、儒教の例である。儒教はもともと、中国で発祥し、朝鮮半島を経由して日本にも入ってきた。日本にもいろいろと有名な儒学者がいるが、聞くところによると、韓国の儒教というのは、本家をうまわるレベルで、退渓・李滉などの優れた学者を輩出している。年上を敬い、主君に絶対の忠を尽くす、という点でも、韓国は、本家中国よりも一層、純化されている。もとより、ハイブリッドの好きな日本人など、その儒教度でも及びもつかない。この純化・極道(きゅうどう)のパワーが、囲碁のスキルにも見て取れる。
 この伝統が、今のソウル大学、延世大、高麗大などの韓国トップ大学での研究方針にも反映され、ひたすら、正統的路線に沿って研究を進めていく。
 ところがである。正統的路線は、欧米の天才・秀才が辿った後の道であって、そこには最早、面白い成果は残っていない。しかし、正統的路線こそが純粋研究路線なのであるから、なかなか、いい意味でそこから逸脱できないのではなかろうか。
 私は、これこそが、韓国から、いまだかつて、ノーベル賞を貰った人がいない理由だと思う。
 一方、日本はというと、韓国ほど純粋ではなくて、折角儒教を取り入れても、真面目に儒教を勉強するだけではなく、余計な知識と儒教を組み合わせたり、洋学を齧ったり、とクロスオーバーしてしまう。こうして、純粋な儒者からみたらけしからん、ということになるが、そういうクロスオーバーから、和算や蘭学その他の学問がでてきて、そういうクロスオーバーの伝統があるので、ノーベル賞につながる研究も出てきたのではないだろうか。
 それでも、日本はまだ島国で、米国に比べれば閉鎖的である。米国には、アジア、ヨーロッパ、南米などから多くの優秀な人材が流入し、半端ではない才能のクロスオーバーがある。それこそが、日本が、米国に科学技術で太刀打ちできない理由である。
 だから、もし韓国が、ノーベル賞級の人材を輩出しようと思ったら、まずやることは、ソウル大学のレベルを下げることを厭わないことである。それは逆説のようであるが、レベルを下げることを厭わず、AOのようなことをして多様な人材を受け入れ、且つ、米国やヨーロッパ、日本、中国、インド、中東などからも留学生、研究生を受け入れる。すると、クロスオーバー効果で、段々ユニークな研究がうまれてくる。ただ、研究とは、よい酒の醗酵プロセスのようなものだから、少なくとも10年くらい、成果のでない時期を耐え忍ばなくてはならない。そんな悠長さを、韓国に期待できるだろうか。

2008年3月13日

日本人のノーベル賞候補

 最近調べたところ、日本人でのノーベル賞候補は、下記のとおりである。山中伸弥以外は、あまり一般に知られていないのではないだろうか。ノーベル候補かどうかの判定は、他の学者からの論文の被引用度、学会での注目度などによる。もしかして、一番早いというか、可能性が高いのは、やはり、山中伸弥かもしれない。

新海征治(九大教授、化学)
分子認識メカニズムの解明と、それらの知見を応用した分子機械システムの研究

十倉好紀 (東大教授、物理)
光物性研究で、1次元励起子構造の解明、光誘起相転移現象の発見、有機リラクサー強誘電体の合成。強相関電子系関連では、電子型高温超伝導体の発見、高温超伝導物質の一般則の発見とその応用など

審良静男 (阪大教授、医学・生理学)
感染防御における自然免疫の役割の研究など

中沢正隆 (東北大教授、物理)
光ソリトン通信など、超高速光通信の研究

飯島澄男 (名城大教授、物理)
カーボンナノチューブの発見

山中伸弥 (京大教授、医学・生理学)
iPS細胞の作製・研究

 あと、ちょっと番外かもしれないが:

西澤潤一 (東北大名誉教授、物理)
PINダイオード、静電誘導型トランジスタ、静電誘導サイリスタ、イオン注入法、 アバランシェフォトダイオード、半導体レーザーなどの発明

南部陽一郎 (シカゴ大名誉教授、物理)
量子色力学とヒッグス粒子の研究、あと自発的対称性の破れなど

2008年3月30日

宇宙と人間

 以前、古本屋でたまたま見つけた、フレッド・ホイルの「宇宙と人間」法政大学出版局刊は、もう40年以上も前の講演録であるが、なかなか興味深い。フレッド・ホイルは、イギリスの反骨の天文学者で、学会の大勢の宇宙ビッグ・バン理論の向こうを張って、定常宇宙論を展開した。もちろん、学会で支持する人は少ない。あと、地球生物は、彗星によって運ばれてきた核酸をもとに発生した、という理論も展開したが、これもほとんど注目されていない。しかし、本人は、イギリスのジェントルマンの良き伝統に従い、そんなことに気も留めない様子である。
 さて、「宇宙と人間」の第1章の主題は、「天文学と宇宙探求」である。これは意外にも、自分を含めた多くの天文学者は、宇宙計画なるものに反対、あるいは少なくとも疑問をもっている、と主張する。当時は、有人衛星の打ち上げが成功し、次は、月に有人飛行船を飛ばそうか、ということが米国によって計画されていた時代であった。フレッド・ホイルは、その計画がうまくいくかどうか疑問であるが、巨大な資金をもつ米国なら、うまくいくかもしれない、とやや皮肉を込めて述べる。その後の論旨は、独特の韜晦で分かりにくいが、どうも、フレッド・ホイルが宇宙計画に反対する趣旨は、それが巨大なりソースを必要とすること、しかし、その割には、宇宙の構造を解明するという天文学(あるいは、宇宙物理学といってもよいだろう、当時はそういう言い方がなかった)の発展には貢献しない、ということである。それで、世界には何箇所か立派な天文台があるが、天文学は、天文台の観測結果にその発展が依存するにもかかわらず、依然として立派な天文台の建設はなかなか国家によって承認されない、宇宙計画の0.1%の資金も要さないのに、と続く。で、やっと、フレッド・ホイルの意図が分かってきた。理論天文学者として、自分の研究の専門には貢献しない宇宙計画の方にばかり資金と人材が投入されていることを、彼はやっかんでいるのである。
 ところで、最近、日本の宇宙ステーション「きぼう」が打ち上げられ、それなりに成功を収めた。「きぼう」は、三菱重工によって建造され、初期費用は、5500億円である、という。また、毎年の維持費用は、ほぼ400億円である、という、これは、決して小さい額ではないが、イージス艦一隻が1500億円であることに鑑みると、一品生産であるがゆえに、その額は、仕方ないと思われる。私は、「きぼう」の意義は、その宇宙工学的ノウハウの蓄積にあると思うが、それだけでは世間が納得しないと思ってか、下記のような実験項目を掲げる:
- 微小重力での対流の発生と観察
- 氷結晶成長の仕組みと観察
- ラットを使った宇宙での筋萎縮
- 宇宙放射線と微小重力の哺乳類細胞への影響解析
- カイコの発生
- 微小重力環境でのシカイヌナズナの成長観測
- 全天X線天体観測
- 地球のオゾン層観測
- 宇宙放射線などが材料に及ぼす影響観測
 こうして改めて実験項目を並べると、却って、その小ぶりさが目立つ。実際、フレッド・ホイルではないが、ここまで費用をかけて、今更宇宙ステーションに投資することの意義を疑問視する声も少なくないようである。ただ、私としては、少なくとも、太陽系内有人航行を実現するための足がかりとなってほしいと思う。一方で、フレッド・ホイルの言うように、太陽系内有人航行は、理論宇宙物理学の発展に貢献することは少ないだろう。だから、その巨額の資金の一部は、天体望遠鏡や、天体計算のためのスーパーコンピュータなど、比較的安い資金で効果が期待できるプロジェクトに振り当てるべき、とここで改めて主張しておきたい。

宇宙と人間

 以前、古本屋でたまたま見つけた、フレッド・ホイルの「宇宙と人間」法政大学出版局刊は、もう40年以上も前の講演録であるが、なかなか興味深い。フレッド・ホイルは、イギリスの反骨の天文学者で、学会の大勢の宇宙ビッグ・バン理論の向こうを張って、定常宇宙論を展開した。もちろん、学会で支持する人は少ない。あと、地球生物は、彗星によって運ばれてきた核酸をもとに発生した、という理論も展開したが、これもほとんど注目されていない。しかし、本人は、イギリスのジェントルマンの良き伝統に従い、そんなことに気も留めない様子である。
 さて、「宇宙と人間」の第1章の主題は、「天文学と宇宙探求」である。これは意外にも、自分を含めた多くの天文学者は、宇宙計画なるものに反対、あるいは少なくとも疑問をもっている、と主張する。当時は、有人衛星の打ち上げが成功し、次は、月に有人飛行船を飛ばそうか、ということが米国によって計画されていた時代であった。フレッド・ホイルは、その計画がうまくいくかどうか疑問であるが、巨大な資金をもつ米国なら、うまくいくかもしれない、とやや皮肉を込めて述べる。その後の論旨は、独特の韜晦で分かりにくいが、どうも、フレッド・ホイルが宇宙計画に反対する趣旨は、それが巨大なりソースを必要とすること、しかし、その割には、宇宙の構造を解明するという天文学(あるいは、宇宙物理学といってもよいだろう、当時はそういう言い方がなかった)の発展には貢献しない、ということである。それで、世界には何箇所か立派な天文台があるが、天文学は、天文台の観測結果にその発展が依存するにもかかわらず、依然として立派な天文台の建設はなかなか国家によって承認されない、宇宙計画の0.1%の資金も要さないのに、と続く。で、やっと、フレッド・ホイルの意図が分かってきた。理論天文学者として、自分の研究の専門には貢献しない宇宙計画の方にばかり資金と人材が投入されていることを、彼はやっかんでいるのである。
 ところで、最近、日本の宇宙ステーション「きぼう」が打ち上げられ、それなりに成功を収めた。「きぼう」は、三菱重工によって建造され、初期費用は、5500億円である、という。また、毎年の維持費用は、ほぼ400億円である、という、これは、決して小さい額ではないが、イージス艦一隻が1500億円であることに鑑みると、一品生産であるがゆえに、その額は、仕方ないと思われる。私は、「きぼう」の意義は、その宇宙工学的ノウハウの蓄積にあると思うが、それだけでは世間が納得しないと思ってか、下記のような実験項目を掲げる:
- 微小重力での対流の発生と観察
- 氷結晶成長の仕組みと観察
- ラットを使った宇宙での筋萎縮
- 宇宙放射線と微小重力の哺乳類細胞への影響解析
- カイコの発生
- 微小重力環境でのシカイヌナズナの成長観測
- 全天X線天体観測
- 地球のオゾン層観測
- 宇宙放射線などが材料に及ぼす影響観測
 こうして改めて実験項目を並べると、却って、その小ぶりさが目立つ。実際、フレッド・ホイルではないが、ここまで費用をかけて、今更宇宙ステーションに投資することの意義を疑問視する声も少なくないようである。ただ、私としては、少なくとも、太陽系内有人航行を実現するための足がかりとなってほしいと思う。一方で、フレッド・ホイルの言うように、太陽系内有人航行は、理論宇宙物理学の発展に貢献することは少ないだろう。だから、その巨額の資金の一部は、天体望遠鏡や、天体計算のためのスーパーコンピュータなど、比較的安い資金で効果が期待できるプロジェクトに振り当てるべき、とここで改めて主張しておきたい。

2008年5月 3日

拡散と不均一

 カップのコーヒーにフレッシュを一滴落とすとする。すると、これは次第に拡がる。エントロピー増大の法則によれば、フレッシュは、時間を十分にとると、コーヒーに均一に分散しそうなものであるが、なかなかそうはならず、不均一なままである。このような観察をしたことがある。ほとんど井上陽水の「白い一日」の世界である。
 上記のようなことは、一見、水の粘性、不純物の存在、カップの形状のような要因で、理想的な均一分散が阻まれていると解釈することもできるが、実は、有名なコンピュータ科学者、アラン・チューリングのパラドックスのような定理「拡散は空間非一様化を促進する」に従った、妥当な解ということになる。
 すなわち、チューリングは、ある化学反応を伴う複数の化学物質が拡散することによって、もともと均一に分布している化学物質が、濃いところは一層濃くなり、薄いところは一層薄くなり、あるパターンを形成するに至る、というものである。さらに、複雑系やフラクタルにも通じるものがるが、初期条件を少し変えるだけで、驚くほど多様なパターンが生じえる。
 このことが一番顕著に現れているのは、宇宙の銀河系の分布である。宇宙には、約1000億の銀河系があり、各々の銀河系には約1000億個の恒星が含まれている、という。それは膨大な数のようであるが、宇宙の広さに鑑みると、銀河系の分布はとてもまばらであり、そういう銀河系自体が、宇宙全体でみると、チューリングのいう不均一な分布に相当する。
 別の例は、以前にこのブログに書いた、犬猫の毛色である。すなわち、そのちゃんとした原理はとても理解できないが、犬猫の場合、その遺伝的初期パラメータが、毛色の独特のパターンを生じさせる。例えば、同じ両親から産まれた子供でも、全く別のパターンになったりする。ここにも、チューリングの方程式が効いているような気がする。
 このように、宇宙全体と動物の毛色の分布に同様の法則が成り立つというのは、ある意味意外であり、また、ある意味、法則の普遍性を示す意味で当然である、といえる。

2008年5月13日

利益相反

 少し前の記事であるが、タミフルに関して、厚生労働省研究班だった横田俊平横浜市大教授ら三人が、自分の研究室に、タミフルを輸入販売する中外製薬から多額の奨学寄附金を受けていた、ということが分かったそうである。そこで、厚生労働省は、横田教授の研究室を、タミフルの研究班から外した。確かに、これでは、公正な研究ができるはずはない。
 このような案件で、米国で先例になっているのは、ゲルシンガー事件である。すなわち、ゲルシンガーさんが、実験的遺伝子治療を受けていて、重い感染症で亡くなった、という事件であるが、そもそも動物実験で、この実験的遺伝子治療には問題があることが明らかになっていた。ところが、ゲルシンガーさん治療を受けたペンシルバニア大が実は、この治療を研究しているあるベンチャー企業から資金を供与されていた、ということが分かった、というものである。
 日本のルールでは、このような研究に対して、研究者あたり100万円超、研究室あたり200万円超だと厚生労働省に対して報告義務があり、それに違反したことがばれると、研究中止の命令を受ける、という。
 しかし、あくまでも自主的な報告であって、厚生労働省が独自に捜査する訳でもないので、そのような利益を受けていることは非常に分かりにくい。もし分かるとすると、研究室のメンバーからの内部告発しかないのではないだろうか。すなわち、研究室の中には相対的に優遇されていて将来を嘱望されている者と、冷遇されて阻害されている者がいるので、後者が内部告発をあえてする、ということはありえる。
 また、製薬会社が利益企業であり、開発した薬剤に関して、どこかの大学医学部・薬学部から実験データを得ることが必須であるとき、利益供与を起こさないということは、ほとんど考えられないのではないか。というのは、厚生労働省の認可を通したい製薬会社と、研究資金がほしい大学の利害がまさに一致するからである。魚心あれば水心、である。
 さらに、金銭の授受に限る報告義務というのも、片手落ちである。というのは、製薬会社へのポスト提供など、いろいろな利益提供形態が考えられるからである。
 こういう利益供与の分野は、医学や薬学に限られない。典型的には、地球温暖化を研究する研究者に対する優遇措置がある。気象学者や地球物理学者、地球化学者で、反地球温暖化論者は、確かな科学的根拠があっても、なかなか研究費を得にくくなっている。また、有名大学のポストも得にくい。
 もっと一般に言うと、池田信夫氏も指摘する御用学者の存在がある。政府の施策に追従して、それを是認する理論を述べて地位が安泰であるなら、こんな楽なことはない。いや、理論づけさえも必要ない。ただ、黙って審議会に出ていれば、なにほどかの謝礼がもらえる。そこを、○○大学教授の地位が権威付けする。まあ、そういう御用学者の席に就くまでが大変かもしれないが。
 そう考えていると、いまの時代に学問的良心などと言っているのが時代遅れなのかもしれない。特に私のような一庶民は、このような負け犬の遠吠えのようなブログを書くのが関の山である。

2008年6月 3日

要求工学

情報処理学会誌の2008年4月号で、要求工学なるものがあるのを知った。目新しい用語であるが、ちょっと考えてみると、大抵に設計では、いかに仕様や要求を正しく反映するか、ということが重要であるので、要求工学という名前は付かないにしても、それらしい技法は既にあったに違いない。よって、要求工学は、それらの、場合により無意識のうちに行われていた技法を明示的に研究する、という側面もあると思う。

さて、例示的であるが、要求工学は、下記のような分野を含むという:
- ステークホルダ分析:利害関係者抽出、または利害関係者の視点に立った要求
- ゴール指向:対象システムのゴールに着目
- シナリオベース:時系列のエピソード、イベントを自然言語で記述していく手法。
- アスペクト指向:横断的な要求(セキュリティ要求など)をアスペクトとして捉える。
- 問題フレーム:対象領域における問題を理解するための枠組み
- ネゴシエーション・モデル:どのような要求に基づき、要求の優先順位を決め、システム化傾向を決定するかを決める。
- 要求パターン:特定のコンテキストにおける要求のパターンを、ある記述ルールに従い、定義し整理する。
- ドメイン・モデリング:対象システムが存在する問題領域をあらわすモデルを記述し、問題領域の理解を正確にする
- 形式仕様:形式仕様言語(Z言語)に関する研究
- 非機能要求モデリング
- 無矛盾性チェック:要求の一貫性のチェック
- 要求とアーキテクチャ:要求仕様からアーキテクチャの作成
- 要求の社会的/文化的側面:要求を、社会的、文化的に研究する
- 要求管理:常に一貫した要求セットを維持
- 追跡可能性:要求間、及び要求仕様間の追跡可能性
- ドメイン特化研究:ある特定の問題領域に特化した研究
- 要求工学教育:要求工学の教育

要求を記述する、という意味では、ソフトウェア分野になるが、UMLなどもその例である。ただ、UMLは、モデル自体も記述できる。UMLを、ハードウェアにも拡張したものとして、SysMLがある。

ただ、見て取れるように、要求工学の裾野は、意外に広い。これは、どのような開発やソリューションにもまず、要求の把握とその記述がついて回るからである。

ここでの文脈は、情報処理学会誌であるゆえに工学であるが、住民からの要望把握という意味で、政治学にも関与し、経済政策のためのインプットという意味で、経済学にも関与し、特に問題フレームにおいて、世界と要求の間で共有される事象を考慮する点で、現代哲学にも通じる。

ということで、馴染むためのメモというとりあえずの目標は果たしたので、以下は後日とする。

2008年7月 6日

メゾ空間

以前、世界トップ研究拠点という記事を書いたが、そのうちの、京都大学 中辻憲夫教授の研究内容が新聞に紹介されていたので、メモしてみる。

中辻教授が所属するのは、物質-細胞統合システム拠点(アイセムス)と呼ばれ、かの中山伸弥教授も所属している、という。キーワードは、メゾ空間。

ここで、メゾ空間、というのは、5~100ナノメートルのスケールであるという。そのスケールだと、古典力学は最早使えない。では、量子力学かというと、量子力学を適用するには複雑すぎる、よって、現代の科学の未踏領域である、という。

ちょっと待った、である。物質-細胞統合システム拠点というからには、生物学の研究であって、物理学ではないのではないか。古典力学だの量子力学だのというと、カーボンナノチューブのような話なのかと思ってしまう。

では、どのような研究なのか、みてみる。
- 患者の体内で薬を合成する技術
- 化合物を使ったiPS細胞の作成や分化誘導
- メゾ・スケールの穴があいた多孔性物質で、エチレンガスを高圧保管したり、水から砒素を除去したりする
 などである。

中辻憲夫教授自身は、ES細胞などを研究歴があり、ある意味、中山伸弥教授のiPS細胞の前駆のような研究をしていたと思われる。ただ、中辻教授と中山伸弥教授は、研究歴が重なってならず、よって、中辻教授は最早、研究者というよりも管理職である、と思われる。

尚、メゾ空間とか、メゾ・スケールとかいうキーワードで特許を検索してみたが、なんと、1件もヒットしない。また、Webを検索しても、京都大学アイセムス関連しか、ヒットしない。よって、京都大学アイセムスのメゾ空間化学、メゾ・スケール細胞生物学は、相当に新しい、と改めて感心したのだった。

2008年7月28日

方向付けの天才

物理学で、当代第一級の天才といえば、ウイッテンであることに疑問をもつ人は多くないだろう。実際、ウイッテンは、スーパーストリング理論の分野で、革新的な業績を、いくつもあげた。

では、スモーリンが指摘するような、物理学の混迷を解決することに、ウイッテンはどれほどの貢献をしたのか、と問うてみると、ウイッテンは、スーパーストリングのジャングルをきらびやかな楽園に変えたかもしれないが、出口を作った訳ではないように思われる。

一方で、アインシュタインはどうであったか。問題解決者としての手腕は、ウイッテンの足許にも及ばないように思われる。実際、アインシュタインは、数学的操作があまり得意でなく、いろいろな数学者に助力を乞うた。一般相対論のテンソル方程式の厳密解を最初に得たのも、アインシュタインでなく、シュバルツシルトであった。

すなわち、アインシュタインの才能は、問題解決ではなく、方向付けにあった、ということである。独特の直感で。特殊相対論、一般相対論の概念を、実験的・演繹的ではなく、寧ろ、直感的に提示し、世界をそちらに導いた。別の意味で、ウイッテンのなしえないことではないだろうか。

ただ、方向付けの才能は、とても投機的である、ということである。どんな天才でも、うまく方向付けできる確率は、とても低い。アインシュタインの晩年が惨めだったのは、もともと問題解決があまり得意でないのに、間違えた方向を掘っていたからである。方向付けの才能は、あまりに投機的で、結局、アインシュタインの晩年をして、誤らせてしまった。アインシュタインは決して是認しないだろうが、晩年は一線を引いて、政府の科学顧問になり、平和活動に徹するべきだったかもしれない。

さて、現代は、方向付けの天才の活躍の余地はあるだろうか。見ていると、コンピュータの分野では、物理学のような革新的が概念がなくても、ある程度のパラダイム・シフトで、グーグルのような成功を収めることができる。よって、革新をもたらしやすいがために、Webやコンピュータの分野に、天才・秀才が終結する。

しかし、もっと難しい分野では、単に、せいぜいが、問題解決の秀才が跳梁しているだけである。環境、エネルギー、平和維持政策、物理学、宗教改革など。方向付けの天才は、どの分野にもいるだろう。しかし、方向付けの才能を発揮するコストがあまりに多くて、ひっそりと生きている、というのが現状ではないか。

急に、今西錦司の言葉を思い出した。「変わるべきときには変わる。」という、あれである。そういう非科学的な言明しかないのかもしれない。

2008年9月12日

宇宙の日?

Webによると、今日9月12日は、宇宙の日なのだという。その由来は、1992年、毛利衛宇宙飛行士がスペースシャトルで初めて宇宙へ飛び立った日、だというのだけれども、ちょっとそれではインパクト弱い。少なくとも、ガガーリンが初めて友人飛行船で宇宙に行った日、とかにしないと。

で、どんな行事があるかというと、青少年向け宇宙イベント「宇宙ふれあい塾」や「作文・絵画コンテスト」を開催したり、宇宙航空研究開発機構などで各事業所の施設を一般の方々に公開している、という。

これも、どうも地味で、インパクトが弱い。ただ、宇宙の日はどうでもいいのだけれども、次のような課題に、より一層、世界は取り組んで戴きたいと思う。

- 有害彗星の探索方法:地球に衝突する可能性のある彗星の早期探索方法

- 有害彗星の軌道修正方法:ミサイルの迎撃も含めた方法の研究

- 宇宙論におけるダークマターの問題の実験研究:ニュートリノのように、ダークマターも観察できるようにする。

- 宇宙論におけるダークマターの問題の理論研究:宇宙論の観点で、逆に理論物理の枠組みを見直す

- 宇宙創生論の検討:本当にいまのインフレーション理論でいいのか

- 宇宙生物学:DNA型生物と、それ以外の枠踏みの生物の研究、あとDNA彗星起源論など

- 絶対いるに違いない宇宙人の探索

- 太陽系外航行用宇宙ロケットの機構の研究:やはり、円盤型になるのか?

- 宇宙探索ロボットの研究:人間が行けないところに行って探索するロボット。さらには、自己複製オートマトンになればいいが、難しいか。

- 他惑星への人類移住計画:これは、やめとく方がいいか

のような、本質的な議論しないで、適当にお茶濁したら、宇宙の日なんて意味ないじゃん、と思うのは、まあ私くらいか・・・

2008年10月 8日

ノーベル賞は、おあずけ?

Webニュースによると、2008年のノーベル医学生理学賞は、エイズウイルスを発見した世界エイズ研究予防財団のリュック・モンタニエ理事長(76)、パスツール研究所のフランソワーズ・バレシヌシ教授(61)の二人(いずれもフランス)と、子宮頸けいがんを引き起こすヒトパピローマウイルスを発見したドイツがん研究センターのハラルド・ツア・ハウゼン名誉教授(72)に授与されることが決定したという。

実は私は、今年のノーベル医学生理学賞は、iPS細胞の山中伸弥教授だと信じて疑っていなかったので、ちょっと落胆した。そもそも、リュック・モンタニエと、フランソワーズ・バレシヌシがエイズ・ウィルスを発見したのは、なんと25年も前のことである。ノーベル賞とは、業績があってからそんなに長い間受賞にまでかかるものか、と改めてうんざりした。

今年のノーベル医学生理学賞が山中伸弥でないことに落胆した理由はもう1つある。それは、さまざまな細胞へ分化する能力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、がんなど副作用の心配が少ないアデノウイルスを使って作ることに、米ハーバード大などがマウスで成功した、という画期的なニュースを最近見たからである。山中伸弥・京都大教授らが、iPSを作製するために使ったレトロウイルスは、癌化の危険性があった。アデノウイルスだとそういう不安要素が低いが、レトロウイルスに比べて作成効率が非常に低いうえ、皮膚の線維芽細胞では作れないという欠点があった。それで、ハーバード大のチームは、大人のマウスの肝細胞を使ってiPS細胞を生成した。

これに対してコメントするのさえ、山中伸弥ではなく、水口裕之・医薬基盤研究所遺伝子導入制御プロジェクトリーダーである。

また、以前にこのプログで書いた病気をもつ細胞のiPS細胞の記事であれ、歯からiPS細胞の記事であれ、研究者は、山中伸弥の研究室とは全く無関係の人である。

こうして、山中伸弥は、急速に過去の人になりつつある。ここらあたりでノーベル医学生理学賞でも貰っておかないと、しめしがつかなくないか。

と思って、さらにWebニュースを見ていると、2008年のノーベル物理学賞を南部陽一郎、小林誠、益川敏英が受賞した、とあった。授賞理由は、南部氏が「素粒子物理学と核物理学における自発的対称性の破れの発見」、小林、益川氏が「クォークの世代数を予言する対称性の破れの起源の発見」。これらは、物理学に興味があるなら、ノーベル賞に値する業績であることをずっと前から疑わない業績だろう。特に、以前にもブログに無冠の帝王や、日本人のノーベル賞候補に書いたように、南部陽一郎氏は、世界の物理学会における圧倒的な重鎮である。遅すぎた受賞といえよう。それにしても、ノーベル物理学賞の三人の定員を全部日本人が占めるのは、前代未聞で、快挙である。

もしノーベル数学賞というのがあったなら、日本は、物理や化学の分野よりももっと受賞していただろう。フィールズ賞を貰った、小平邦彦、広中平祐、森重文はもちろんのこと、岩澤健吉、志村五郎、そうそう、忘れてはならないのは、類体論の高木貞治などである。あと、佐藤超関数の佐藤幹夫も該当するかもしれない。

話を山中伸弥に戻して、最近、「iPS細胞」平凡社新書、八代嘉美著を読んだところ、iPS細胞が、ES細胞と同等の多機能性を発揮するかどうかは、まだまだ検討を要するそうである。一方で、iPS細胞を生成するための4つの遺伝子は、山中ファクターと呼ばれて、確立された山中伸弥の業績といえる。すると、ノーベル賞の事務局は、あと数年、iPS細胞が本当に主流になるか様子をみるつもりなのかもしれない。

2008年10月 9日

ノーベル化学賞

ニュースによると、ノーベル物理学賞の3氏に続き8日、緑色蛍光たんぱく質(GFP)を発見した元ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員、下村脩さん(80)の化学賞受賞が決まったという。日本人のノーベル物理学賞とノーベル化学賞の同時受賞は、2002年の2002年の田中耕一さんと小柴昌俊・東大特別栄誉教授に続く2回目だというが、今年はノーベル物理学賞の3氏を全て日本人で占めており、ちょっと大盤振る舞い過ぎないだろうか。

ところで、ノーベル賞は、平和賞でなくても、政治的側面が小さくないことは想像に難くない。なぜなら、同じように画期的な研究成果は、世界にひしめき、専門分野が全く違うと甲乙付け難いはずである。すると、当然に、ある種のイデオロギーとまでは言わなくても、そこに明確な政治的意図が込められているはずである。

すると、今回、日本人に集中的にノーベル賞が集められたということは、一体どういう政治的意図なのか。というのは、私が物理を一時的に勉強していたという身贔屓はあるにせよ、今年のノーベル物理学賞の3氏が、寧ろ遅きに失したくらいに画期的な業績の持ち主だったことに異論がある人は少ないだろう。しかし、化学賞の下村脩さんの緑色蛍光たんぱく質は、かなり地味で、医薬の分野で応用が見込まれているにせよ、受賞者本人にすら意外なのではないだろうか。

すると、ここでの政治的意図は、欧米より寧ろアジアの日本に注目を集めたい、という意図だろうか。ではなぜに? 米国の金融危機などに象徴されるように欧米が没落しつつあるということか。ううん、どうしても月並みな思考から飛躍できない。

また、アジアにおける日本が多数のノーベル賞受賞者を輩出するということは、当然に、近隣のライバル、中国や韓国にとって愉快なことではないが、ここでまた、中国や韓国にはどうして科学分野で(文学や経済もそうであるが)、ノーベル賞が出ないのか、という問いにつながる。先日の北京オリンピックを思い出してほしい。中国は、圧倒的な金の数であった。ああいうのをみると、国家挙げてのプロジェクトで、金メダリストは養成できる、ということである。才能のある子供達を見出して、科学的なトレーニング方法も駆使して鍛え上げればいい。

それと同じ方法が、ノーベル賞受賞者の養成にもつながらないか。どうも否のようである。それのヒントは、下村さんの受賞コメントにある。たまたま近所にできた長崎医科大薬学専門部(現長崎大)に入学。卒業後、民間会社には就職しなかった。「人の言うことは聞かないですから、民間の会社では勤まらないと思った」と当時を振り返る。すなわち、スポーツ的にトレーニングに黙々と耐えるという精神は、少なくてもノーベル賞に相応しくないようである。

中国や韓国にノーベル賞受賞者が出ないことを、その国家のインフラや自由の気風のせいにするということも考えられる。しかし、国家インフラで到底進んでいるとか思えないロシアでは、旧ソ連時代から物理学のランダウをはじめ、多数のノーベル賞受賞者が出ている。

すると、中国や韓国にとってネックなのは、根強く残っている科挙的伝統であると私は思う。何度も言うが、中国や韓国での受験勉強の峻烈さは、名門大学の数も少ないこともあって、日本のそれをはるかに上回る。しかも、卒業後の学歴主義も根強い。こういう気風は明らかに、自由な研究風土を育む環境としてはブレーキである。

今年物理学賞をもらった益川氏と小林氏は、名古屋大学の坂田昌一の研究室出身であるが、坂田研究室は、先生が先生と呼ばれないような自由な気風に溢れていたという。こういう雰囲気は、中国の精華大学でもなかなかありえないのではないだろうか。そして、ロシアはもともとは、科学研究の分厚い伝統があるが、プーチン治下の全体主義的傾向にあって、果たしてどれほど科学に成果をあげられるものか、疑問である。ポアンカレ予想を証明したベレルマンのような鬼っ子はいるにはいるが。

2008年10月14日

ノーベル財団の破綻

Webニュースによると、10月9日付のスウェーデン有力紙ダーゲンス・ニュヘテルは、世界的な金融危機の影響でノーベル財団(本部・ストックホルム)が支出するノーベル賞受賞者への賞金が減額される可能性があると伝えた、という。

同紙によると、ノーベル財団は資産約36億スウェーデン・クローナ(約518億円)の多くを証券市場などで運用していたが、市場の悪化で資産の目減りに直面。このまま危機が深刻化かつ長期化すれば、同財団が物理学賞や化学賞など5部門に支出する賞金総額計5000万スウェーデン・クローナ(約7億円)の減額に追い込まれる可能性もあるという。

実は米国の金融危機があったとき、最早運用で資産を増やすというスキームが成立しにくくなったのではないかと感じた。というのは、昨今のように、ポートフォリオ的に資産運用されると、表面的にAAAの評価の債券だったりしても、実は、サブプライムのような高リスク高リターンの成分が含まれていて、足を引っ張る。それを見極めるのは、極めて困難というべきである。すると、失礼ながら高々518億円程度の元本がどんどん割れて、半分程度になるのに多くの時間を要さない。

それでも毎年の賞金総額は、今は約7億円。普通にやっていれば、運用しなくても70年もつではないか、という意見もあるかもしれないが、財団の運営資金も必要だろう。

それでふと思ったのが、今年、日本に合計4名のノーベル賞受賞者が選ばれたことである。これを深読みすると、ノーベル財団は、暗に、日本からの寄付を期待しているのではないか、ということである。すなわち、米国が金融破綻した現在、アジアの日本や中国の方が、経済状況はまだ、ましだからである。しかし、中国にはまだ見るべき業績を上げた人がいないので、とりあえず日本、という次第である。運用が難しいなら、営利団体ではないのだから、寄付に頼るよりない。それとも、ノーベル賞受賞者のサイン入りTシャツなど、グッズ販売に乗り出すか。ディズニーでもあるまいに、ということになる。

もちろん、直接ノーベル財団が寄付を募ると、賞の選考自体公平性が危機に晒される。だから、別の団体を通じてなど、いろいろ手はあろう。もちろん、邪推の域を出ないが。

そう思っていたら、次のような記事も、Webにあった。

科学分野に詳しいジャーナリストの遠藤謙一氏が言う。
「文学賞などを含めても日本人の受賞者はわずか16人。米国224人、英国75人、ドイツ68人の足元にも及ばない。欧州では日本人の優秀さが評価され始めているため、スウェーデン王立アカデミーは日本人の受賞者を増やすことを考えているそうです」

なんだそれは。やっぱり、スウェーデン王立アカデミーというか、ノーベル財団は、日本に下心あるんじゃないのか。

別のアイデアとして、ノーベル賞の賞金を思い切り削減する手もある。例えば、一人100万円程度にする。それだと、他のあまり有名でない賞の賞金にも負けることになるが、それでノーベル賞の権威が落ちるとしたら、もうそれは仕方のないことである。選考過程が不透明な特定の賞でもって業績の権威を決める、という時代の終わりの始まりなのではあるまいか。そろそろそ、Web2.0的な、ネット投票的な賞がとって代わるべきだろう。

2008年10月17日

日本人のノーベル賞候補(update)

以前、日本人のノーベル賞候補という記事を書いたが、最近のWebに、そこでカバーされていなかった人がリストされているので、フォローしてみる。

先ず、信州大の遠藤守信氏で、炭素繊維の元である“遠藤ファイバー”を開発した。1995年に、炭素材料学会賞受賞。2007年に、文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞とある。このブログで書いたアクリル系炭素繊維の記事によると、確かに、炭素繊維は、その強度と軽量さで、航空機の材料として注目を浴びている。特許出願でみてみると、遠藤氏は、1982年頃から炭素繊維の発明の特許出願を始めており、かなり黎明期の人といえる。しかも、1946年生まれで、現在62歳なのに、今でもどんどん発明しているようである。いろいろな会社の名義で出願があり、ビジネスセンスもおありのようである。

次は、北大の鈴木章氏。鈴木氏は、医薬品の構成要素を作るのに有効な反応である“鈴木・宮浦カップリング”を開発した。専門分野は、有機ホウ素化合物を用いる有機合成反応の研究。“鈴木・宮浦カップリング”とは、パラジウム触媒を用い、有機ホウ素化合物と有機ハロゲン化合物を、クロスカップリングさせる反応。条件が比較的温和であり官能基選択性も高く、数あるパラジウムカップリングのなかでも使いやすい反応である、という。ただ、鈴木章氏は、遠藤守信氏と違い、全く特許出願がない。医薬品に関連するなら、うまくやると、莫大な特許ライセンス料を得ることができたと思われるのだが。この辺の生臭さは、随分人による。

また、Webの記事によると、「青色発光ダイオードで有名な中村修二氏は、特許権の譲渡などで訴訟を起こしたことが受賞のネックになりそうだといわれています」、ということだが、それは違うと思う。発明報奨の訴訟がなくても、もともと窒化ガリウム系青色発光ダイオードの基本原理は、名城大学教授の赤崎勇氏の功績だろう。よってもともと、赤崎氏にノーベル賞が行く可能性は少しだけあっても、中村修二氏にはあり得ないのでないだろうか。

前にも書いたが、中村修二氏よりもずっと、西澤潤一氏の方がありえる。西澤潤一氏の研究はデバイスの応用的な発明かもしれないが、去年のノーベル物理学賞の磁気ディスクMRヘッドの発明より応用的とはいえないと思う。私は個人的に、山師みたいな西澤潤一氏が好きではない。しかし、業績は業績であって、西澤潤一氏は、半導体デバイス分野の南部陽一郎といってよいのではあるまいか。

あと、文学賞では、村上春樹が有力なのだという。なにしろ海外の知名度が大きい。沢山の彼の作品が英訳され、あるいは韓国語、中国語などにも翻訳され、海外の読者が多い。私はあまり読みもしないで、村上春樹はそんなに格調高いの?と余計なことを言いたいが、でも、川端康成が、大江健三郎がそんなに格調高いか、と問う必要もある。

経済学では計量経済学の権威であるスタンフォード大教授の雨宮健氏が有力という。確かに、Wikiによると、世界の主要経済学術雑誌への論文引用件数は約3000件を数え、日本人では二位の青木昌彦に倍以上の差をつけての首位に立つ。2000年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・マクファデン、ジェームズ・ヘックマンの個人と家計の消費行動に関する実証研究は、雨宮の理論に基づくものであった、とある。なにしろ、経済学は全く土地鑑ないので、そうですか、というよりない。元ロンドン大学教授の森嶋通夫は、生きていれば候補だったろう。

あと、創価学会の池田大作名誉会長が平和賞を狙っているという話があるが、それは冗談に留めてほしい。

2008年11月11日

理系離れ

新聞の坂村健氏の記事によれば、下記のように世界的に理系離れが進行しているという。

- 工学部の志望者数が、ピークの頃の6割しかいない
- とても就職がいいはずの電子工学科でも志望者が減っている
- 米国でもコンピュータサイエンスの大学の入学者が、2000年の頃から半減している

坂村健氏によれば、なぜそうなっているかというと、理系は稼げないというのがその一番の理由である。すなわち、ある統計によると、生涯賃金の平均でいくと、理系は文系よりも5000万円低いという。

おかしいではないか、数学が嫌いだから文系に進むという人は沢山いるが、古文や世界史が嫌いがたら理系に進むという人はあまりいない(私はそうであったが)。すると、消去法で進む方が恵まれるというのは、私ならずとも割り切れない。

その理由を坂村氏は、仕事のパターンが米国型になっているせいである、と説明する。すなわち、米国型の資本主義では、その人の個人的な生産性ではなく、その人がコントロールする資本(配下の組織、設備、資金の力)がその人の生産性である。すると、管理的な業務に就き、理系出身者も含む配下の実務担当者の働きでもって評価されるというのが、高い収入を得る途ということになる。

実は管理的な業務に理系が向かないというのは1つの偏見であると私は思っている。しかし、技術的なことを追求することで、対人よりも対物というか対技術な方に没頭してしまう、という傾向が出てくることは、ある程度あるだろう。こうして、全体を管理する立場は、やはり文系の方が相応しいのでは、というのが世間の常識である。

それでは、理系の会社内での昇進経路はというと、1つは、画期的な技術を研究・開発することである。しかし、発明は水ものであり、歩留まりはよくない。そういう経路で昇進することは、営業で高い売り上げで認められるより簡単とはいえない。

理系の会社内での別の昇進経路はというと、私の言い方だと、文系的に日和って、研究管理的な職位に就くことである。例えば、開発契約とか、予算取りなどにフォーカスする。それは、実は研究に向かないと気付いてしまった理系人にとっての昇進の突破口だったりする。

こうして、功利に走るなら、昇進が人生の重要なことであるなら、理系的生き方は、成功率が低いというのは仕方ないことだと思われる。

それでも理系的な生き方がいいのではという売りは、仕事の面白さである。私は、会社で一度も研究・開発業務に就いたことがないので、研究・開発の面白さを実体験していないが、特許の仕事を通じて、エンジニアを身近に見、会話する立場にある。そうやってエンジニアなら研究者と話していると、実に活き活きしていて、開発テーマが面白くてならない、という雰囲気が伝わってくる。こういう純粋の面白さは、営業担当者からはなかなか感じることでできない。やり甲斐や責任感は感じても、仕事を遂行するための対人的に面が多すぎて、純粋に仕事を楽しみにくいのではないかと思われる。

すると、生涯賃金が5000万円低くても、好きなことをやって生きていければそれでいいじゃん、という人が理系に行けばよく、いつの時代になってもそういう人はきっと必要十分な数だけ揃うことを、私は信じて疑わない。

あ、1つ言い忘れていた。理系的に凄く稼ぐ生き方として金融工学エンジニアがある。その数学的アルゴリズムとプログラミングのスキルで、銀行や証券会社で独自の地歩を築き、うまくいくとトレーダーのような高い収入を得ることができる。しかしである。今のような金融不況にあって、金融工学エンジニアが今までのように重んじられるのか、というと、疑問である。

こうして、まあ文系でも理系でもいいから、好きなことやるのがいい、という平凡な結論になってしまうのである。

About 科学一般

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「科学一般」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは知的財産です。

次のカテゴリは符号化・暗号です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。