メイン

Web アーカイブ

2007年3月11日

GIFカウンタを設置した

 このプログの親ページの方で、いろいろな本を参考にして、GIFカウンタを設置した。当然ながら、今の私にはオリジナルにPerl CGIを書ける力はない。でも、とりあえず動いてホッとした。
 ご存知の方には、とても初歩的なことなので、無視して戴きたいが、私と同レベルでCGIに興味がある人のために、簡単に説明する。
 まず、このページでは、SSI(Server Side Include)が許されていない。SSIとは、<!--#exec cgi="abc.cgi"-->のような、コメントタグに書いてCGIを呼び出すこと。それが許されないとき、キャラクタベースのカウンタを可能にする方法が分からなかったので、GIFカウンタを設置することにした。
 このためには、0.gif から9.gifを用意した。それは、単に数字のイメージを示すGIFである。それをサーバにアップロードして、ホームページの例えば、index.htmlに、
<img src="img_count.cgi?Col=5">
<img src="img_count.cgi?Col=4">
<img src="img_count.cgi?Col=3">
<img src="img_count.cgi?Col=2">
<img src="img_count.cgi?Col=1">
 というタグを書いておく。また、サーバには、img_count.txtというファイルをおいて、これに最初に0を書いておく。
img_count.cgiというCGIスクリプトは、img_count.txtというファイルを開いて、その数字を、5桁の数字に展開する。もし、1なら、00001という具合である。上記Col=で指定した数字は、この展開した数字の指定桁数である。その指定桁数の名前のgifファイルを画面表示する。そのことが、index.htmlのimg srcタグにより、呼び出される。Col=1に来たとき、内部カウンタの数を1増やして、img_count.txtに書き込む。
 たったこれだけでも、私にはとても大変だった。サーバ側が関与するので、初めてC言語で、Hello worldのプログラムを書いたときよりも、大変に感じた。沢山のPerl, PHP, XMLなどで書かれているMovable Typeのようなものを書くのが、どんなに大変か、推して知るべし、である。

2007年3月12日

GIFカウンタの読み込みが遅い

 親ページに行ってみたら、GIFカウンタが表示されないので、焦った。なんと、読み込み中だった。軽い小さなGIFなのに、なんであんなに遅いんだろう。
 もっとよいカウンタの仕組みがあるに違いない。自宅に帰ったら、CGIの参考書を参照してみよう。

2007年3月15日

Win32 APIと、Google API

WEB 2.0の本を読んでいて、Google APIという言葉を見掛けたので、普段のプログラミングで、ときどき、陽に(陰には、常にだと思うけど)お世話になっているWin32 APIとどう違うのだろうと、その呼び方の違いを、素人特有の素朴な好奇心で調べてみた。
 先ず、Win32 APIであるが、C++などで、
HDRVR WINAPI DrvOpen(LPCSTR szDriverName, LPCSTR szSectionName, LPARAM lParam2);
 のように宣言する。これはある意味、自分で作った関数を呼び出すのとやり方は、同じである。ただ、上記のような宣言は、windows.hの奥深くに書かれているので、実際に見かけることはあまりない。
 一方、Google APIであるが、Webのあるサンプルを見てみると、



<div id="map" style="width: 500px; height: 400px"></div>
<script type="text/javascript"
src="http://maps.google.co.jp/maps?file=api&v=1&key=given key">
</script>
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
var map = new GMap(document.getElementById("map"));
map.centerAndZoom(new GPoint(118.0000, 47.0000), 4);
//]]>
</script>


 のような感じで、JavaScriptを外部的に指定する感じであることが分かった。
 今日は、このテーマはこれくらいにして、また、いろいろ調べてみよう。

WEB 2.0理解のための自分用のメモ

 いくつかのWebサイトから引用した、単なる自分用のメモである。

  • Ajax(アジャックス、エイジャックス)は、ユーザーインターフェース構築技術の総称。XMLHttpRequest(HTTP通信を行うためのJavaScript組み込みクラス)による非同期通信を利用し、通信結果に応じてダイナミックHTMLで動的にページの一部を書き換えるというアプローチを取る。

  • Representational State Transfer(REST) は、ウェブのような分散ハイパーメディアシステムのためのソフトウェアアーキテクチャのスタイルのひとつである。

  • Atomとは、ウェブ上の各種コンテンツを配信するためのXML文書フォーマット及びコンテンツの編集を行なうための通信プロトコルなど幾つかの仕様群の総称である。

  • RSSは、ブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称である。

  • RPCとは、Remote Procedure Callの略で日本語で遠隔手続呼出のことである。

  • SOA : ソフトウェア工学において、サービス指向アーキテクチャ(サービスしこうアーキテクチャ、Service-Oriented Architecture、SOA, 「エスオーエイ」あるいは「ソーア」と発音)とは、大規模なコンピュータ・システムを構築する際の概念あるいは手法の一つ。業務上の一処理に相当するソフトウェアの機能をサービスと見立て、そのサービスをネットワーク上で連携させてシステムの全体を構築していくことを指す言葉である。

  • WSDL (Web Services Description Language) Web Serviceが提供する機能を記述するための、XMLベースの言語仕様の1つ。


2007年3月16日

Web 2.0に関する個人的メモ(その2)

 以前に、技術の切り口からみたメモを書いたが、今度は、アプリケーションまたはビジネス側からみてみる。

  • 新しい検索エンジンのパラダイム。Googleの地図情報APIや、Amazonの本の検索APIの公開。
  • RSSによる広告配信。
  • ブログによる情報発信とマーケティング。
  • ポッドキャスティングによる、コンテンツ配信。
  • ロングテールの仕組みに依存する、ネット広告。
  • マッシュアップ

基本的に、インターネット・マガジン別冊 「WEB2.0への道」 2006年4月17日発行の内容に基づいており、筆者の創見は、皆無である。とりあえず、材料をせっせと集めている段階である。

2007年3月18日

親ページを変更した

 ホームページビルダーV8を導入して、親ページを少しビジュアルなものに変更した。それでも、どうしてもまだ、いまいちしっくりこない。また、、趣味の部屋と、コンピュータの勉強室も追加して、最低限の形は整えた。

2007年3月24日

WEB 2.0に関するコメント

 マッシュアップだの、RSSだのと言われているが、なるべく自分の言葉で、改めてWEB 2.0のことを記述してみたい。すると、そのうち、WEB 3.0も見えてくるだろう。
 先ず、最初に思いつくのが、ユーザー参加型のシステムの提供。結局、既存のタームを使うのだけれども、ブログ、PodCastingだの、1ユーザーが、簡単な仕組みで文書や画像、音楽などを流すことができ、一方で、それを検索することができるインフラが整っているということ。それが一番肝要である。
 また、そういうユーザーが、仮想的に集う場が提供されること。例えば、ソーシャル・ネットワーク・サービス、また、最近話題になっている、Second Lifeなど。
 さらにちょっとした工夫で、例えば、短いスクリプトを書くだけで既存のサービスを組み合わせたりできること。これがすなわち、マッシュアップ。典型的には、JavaScriptやGoogle APIなどを組み合わせる。ちょっとした工夫、というけれども、JavaScriptといえども、一歩踏み込むと、相当難しい。しかし、WEB 2.0という一見糖衣に包まれたシステムが、一皮剥くと、無骨なテクノロジで支えられていることに気づかざるを得ない。実際、例えば、Googleの検索エンジンを支えるのは、膨大な量のコンテンツのインデックスを含むディスク・アレイと、それらを並列計算するシステムである。このような一極集中型のシステムの対極にあるのが、P2Pで、個々は大した能力をもたない(といっても、MIPSで1990年代のメインフレームを凌いだりするが)パソコンを繋ぎ合わせてコンピュータ・パワーを紡ぎ出すシステムである。
 P2Pで思い出したが、単にブログを書くだけなら、コンピュータのスキルはほとんど必要ない。一方、Googleが実現しているようなシステムを構築するには、先端のコンピュータ・サイエンスの能力と膨大な資金を必要とする。問題は、この間のギャップを埋めることで、この間には、JavaScript、Perl、Ruby、PHPなどの簡単なスクリプトの書き手から、GoogleやAmazonの公開APIを組み込んで新たな配役が必要で、すごく儲かるかどうかは知らないが、そこに新たなビジネスチャンスもあるだろう。私は、技術が発達していくと、糖衣に包まれたすぐ下の層の技術的複雑度も高まるので、結局、一皮剥いた無骨さ、というのはなくならないと信じる。
 で、話を戻そう。では今の仕組みで、どうやってお金を稼ぐのか、という点であるが、1つには、広告・宣伝である。かなり前から、コンテンツに依存する広告・宣伝を配信するサービス、というのは、ある。今後、それをどう洗練するか、ということは当然問題になる。ただ、広告が氾濫してくると、その有効性も薄れてくるので、新たな課金の仕組みも問われる。これについて、筆者は、不勉強で、全くアイデアはない。
 それで、文章の論理としては、明らかに不自然で飛躍なのだけれども、では、WEB 2.0に続く、WEB 3.0とは、と問うてみた。すると、それは、システムを利用した意識の変容なのでは、と思われる。例えば、Second Lifeを例にとってみよう。私はその詳細は知らないが、お金を稼ぎ、土地を買い、新製品を開発する、ということで、数学の用語を用いると、現実世界の準同型写像であるのが、私には悲しい。例えば、意識したことがすべて実現してしまい、最初は喜んでいるけれども、段々それが空しくなって、新たな価値に目覚めるとか、暗黒の世界で、試練に晒されながら、そこを理想の世界に作り変えていくとか(それは、ロールプレイングゲームであったかも)、などなど。あと、新たな数学的概念の構築とか、化学物質生成の実験ラボとか、いろいろ考えられる。
 ブログの一記事としては、長すぎるので、またそのうち稿を新たにしたい。

2007年4月11日

Amazon.comのカスタマ・レビュー

 さっきたまたま、知り合いに会ったら、本やCDを、Amazon.comでよく買って、また、カスタマ・レビューも、よく入れるのだという。そして、自分のレビューの場所を教えるから、もしよかったら、そのレビューを読んで、「役に立つ」のボタンをクリックしてほしい、という。えっ、それで、自分のレビューに、、「役に立つ」と言ってもらえたら、ポイントが溜まって、本が割引されたりするの、と聞いたら、そんなことはないという。ただ、レビュワーとして、ランクが上がるのだそうだ。今は、1000位なのだそうである。まあ、ちょっとした名誉ポイントか。
 実際、私は、Amazon.comでよく本を買う。カスタマ・レビューも、よく参考にする。しかし、ついぞ、自分でレビューを書こうなんて思ってもみなかったし、レビューを評価する気もなかった。私のWEB2.0の理解が、まだ体に沁みこんでいない証拠である。
 それにしても、WEB2.0におけるAmazon.comは、偉大である。以前使っていた三省堂のWebサイトは、段々使わなくなった。平凡だからである。WEB2.0では、競争が激化する。勝ち組は、一層勝つ。で、それがハッピーなのか、それはよく分からないが。

2007年4月12日

三省堂のブックサイト

 昨日、Amazon.comに関連して、三省堂のブックサイト(正確には、オンライン書店ビーケーワン)には、コメント機能がない、と書いたが、正しくなく、実際見てみると、コメント機能+ブログへのトラックバック機能がついていて、ブログへのトラックバック機能は、Amazon.comにはないので、この点では、進歩といえる。
 ただ、WEB2.0では、というか、なんでもそうなのかもしれないが、一旦先行を許すと、少しくらい優れていても駄目で、何か画期的なことをしないと追い越せない。キリストのいう、「後のものが先になる」ようにするには、大変なのだ。

2007年4月18日

ネット広告

 新聞によると、インターネット広告費が、2006年は、前年比29.3%増の3630億円で、2007年は、2006年の24.9%増しの、4534億円になる見通しだという。この額の多寡はにわかに判断しにくいが、媒体別では、雑誌を上回り、テレビ、新聞に次いで3位だそうだ。
 ただ、個人的には、ウェブの閲覧で出てくる広告は、あまり見ない。しかし、最近は、記事の内容に関連して出てくるものもあり、すると、多少は関心を喚起される。
 今後増えていくと、新聞は上回るが、テレビを上回ることはないと思う。それは、インターネットも新聞も、あまり広告費で支えられている訳ではないが、テレビは広告費の塊だからである。逆に、インターネット広告に広告を取られると、テレビにとって死活問題だろう。
 ともあれ、広告は、資本主義にWEB2.0が関与するよい例だと思う。

2007年5月13日

Googleが目指す方向

 今から数年前のある雑誌に、次のような記事があった。すなわち、カリフォルニアのハイウェイの傍に、次のような看板があった。「πの計算で、8888という数字が初めて現れるのは、何桁目か。これが分かる人は、回答とともに、xxx@xxxx.xxxというメールアドレスに応募されたし。」こんなのをじっと見ていて運転していたら、危ないと思うのだが、なんと、これは、Googleの求人広告なのだという(筆者注:数字の8888のところは、本当は違う数字だったと思う。ともかく、πの10000桁以内に現れる、適当な数字の並びであることは確かである。ちなみに、8888は、πの4751桁目に初めてあらわれる)。
 このことから理解されるように、Googleはまず、数学的、コンピュータ・サイエンス的に高度な研究者・エンジニアを中核に据えようとする。実際、その検索エンジンのアルゴリズムは、ページランクというアルゴリズムを用いる。詳細は、http://www.kusastro.kyoto-u.ac.jp/~baba/wais/pagerank.htmlを参照のこと。
 私は、このアルゴリズムの詳細を理解している訳ではないが、要するに、あるページjのページランクとは、ページjにリンクを張っているページiすべてについて、のページiのページランクを、ページiから出ているリンクの数で割ったものを、足した数、として再帰的に定義される。ここからが更に非自明なのだが、あるページiからページjにリンクが張られている場合1、そうでない場合0として、これは巨大な行列として表現される。ページランクは、この巨大な行列の固有ベクトルを求めることに帰着される。これは、コンピュータの計算としても、かなり「しんどい」ものであって、実際、Googleは、この計算を、数万台規模のLinuxによる並列計算で行っているそうである。
 ここで気づくのは、この計算において、ページに含まれるリンクの数という純粋な数学的量しか使われていないことである。そこでは、ページに含まれる文章の意味は一切配慮されない。分かりやすい表現を用いると、「涙なしのランク計算」と言えよう。これも詳細は知らないが、ヤフーなどは、もう少しページの意味に配慮したランク付けを行っており、このため、専任の編集者も何人かいる、という。
 このようにシステムをぶん回して、世間を席捲してきたことをもって、梅田望夫氏は、「システムの一人勝ち」という。
 さて、このようなGoogleの一人勝ちは、続くのであろうか。これに対して、いろいろ意見はあろうが、面白いと思ったのは、「爆発するソーシャルメディア」湯川鶴章著、ソフトバンク新書の最後にあった一節である。すなわち、「クリエイティビティが爆発するソーシャルメディアとグーグルの争いの結果はもうすでに見えている。爆発するクリエイティビティの圧勝である。そのことを知っているグーグルは、戦おうともしていない。」実際、グーグルは、ブログ、セカンドライフなどのコンテンツ創生に何も関与していないように見える。本当にそうなのか、実は秘策があるのか、注目していたきたい思う。
 

2007年5月14日

ネット選挙

 先週末、自分の銀行口座から、オンラインで、固定資産税を払った。Pay-easy(ペイジー)という名前で、単に数字を打ち込むだけでよいので便利だった。
 そこで、このPay-easyにヒントを得て、ネット選挙の方法を考えた。とても簡単でセキュアだと思うので、ちょっと書いてみる。
 まず、選挙管理委員会は、有権者の数だけ、一意的な12桁の数字を生成する。12桁あると、約1兆とおりの場合の数が実現できるので、地球全体の人口でも足りる。次に、この12桁の数字から、秘密のハッシュ関数で、8桁の数字を生成する。そうして、選挙管理委員会は、有権者 一人一人に、この12桁+8桁=20桁の数字を割り当て、それを印刷して、有権者に送る。そのとき、対応する番号のバーコードも印刷しておく。
 有権者は、その投票識別紙を受け取って、選挙当日になると、投票所に行ってもよいし、自宅でネット投票してもよい。
 投票所に行くと、係員が、投票識別紙をスキャンする。それで、その番号に関連付けられた有権者は、サーバ側で、投票済みのステータスになる。一応、投票識別紙は、回収される。
 一方、自宅でネット投票する場合は、有権者は、インターネット・ブラウザで、所定のURLにつなぐ。そこで、投票識別紙の20桁の数字を打ち込む。サーバは、12桁の部分から、8桁のチェック部分を計算し、それが投票識別紙にあるものと一致していたら、ログインを許す。これによって、セキュリティが達成される。というのは、数学的に、12桁の部分から、8桁のチェック部分を計算する場合の数はとてもつなく大きいので、ハッシュ関数がばれない限り、有権者が、受け付けられる20桁の数字を任意に生成することは不可能である。
 こうしてログインすると、候補者が画面に表示されるので、有権者は、マウスのクリックなどで候補者を選び、完了というボタンをクリックする。すると、サーバは、その番号に対応する有権者のステータスを投票済みにする。これによって、その有権者が、投票識別紙をもって投票所にいっても、既に投票済みなので、受け付けられない。よって、二重投票が防止される。
 ワンタイムの識別番号を付与し、それにハッシュを関連付けるところがミソで、実現性の高いとてもよい方法だと思うのだが、どうだろうか。
 ほとんど100%に近い信念で、誰かが既に類似の技術を考え、特許出願している、と思うが。

2007年5月20日

Google - 佐々木俊尚

 佐々木俊尚という人が書いた、Googleに関する有名な本が1年以上前に出されている、というので、今更であるが、読んでみた。それで、例によってコメントしつつ要約してみる。
 まず、佐々木氏は、グーグルニュースが、日本の新聞社の反対を呼んでいるところからはじめる。すなわち、日本の新聞社のウェブサイトは、トップページに広告があって、そこを経てみてもらうから意味があるのに、下位の個別の記事からリンクされては困る、ということである。
 実際、読売新聞などは、そういうニュースのリンクを生成する会社を訴え、勝訴している。それを踏まえて、Googleは、日本にも進出してきた。しかし、Googleのユビキタス化の前に、新聞社も仕方なく黙認せざるを得なくなつてきたのであった。
 グーグルはグーグルニュースで、一文も稼いでいない。他にも、オフィス製品をネットで無料で提供するなど、フリーでインフラを公開しようとする。これは。既存の情報産業に対する破壊と言っていいが、なぜGoogleはこのようなことをやろうとするのだろう、という素朴な問いが生じる。
 それは、Googleのアドワースと、アドセンスという広告サービスに秘密がある。アドワースは、広告連動広告、アドセンスは、ブログなどのコンテンツの内容に応じて自動的に広告を挿入するサービス。これらによる収入は、なんとGoogleの98.8%を占める。
 実際、羽田空港傍の零細駐車場が、Googleの広告で、稼げるようになった。また、三和めっきという地方のめっき会社も、ネット広告で、息を吹き替えした、という例が掲げられる。
 それでGoogleが目指すのは、ロングテール広告。塵も積もれば式の、薄く長い層から、広告代を稼ごうとする。そのため、インフラを着目し続ける。場合により、中国政府やアメリカ政府との迎合も辞さない。また、アドセンスを提供したブログサイトなどで、クリックの異常があると、説明の余地なく、即刻サービスを停止してしまう。そういう傲慢さもGoogleにあらわれてきた。
Googleの試算によると、全世界の情報の総量は、500万TB。Googleがディスクに格納したのは、170TB。でもGoogleは300年かかっても、全世界の情報の総量を検索可能にしたいと思っているそうである。私の限られた歴史の知識によれば、壮大且つロングレンジの野望をもつ者は、意外と早く崩れる。足元を見ていないからである。Googleはどうなのだろうか。私はあと数年でターニングポイントを迎えると思う。そうして、電力会社が地味ながらがっちり営業しているように、Googleも、その頃はすっかり地味になり、ITインフラ会社として、それなりに営業していることだろう。強力なライバルがなければ、であるが。

2007年5月26日

Qooqle

 グーグルのもじりだと思うが、qooqle.jpという検索サイトを、雑誌でみつけた。まさに、Ajaxの仕組みを利用して、キーワードを打ち込むと、検索ボタンをクリックしなくても、部分キーワードの段階で、ヒットするサイトを多数、リアルタイムで表示していく。
 これはなかなか面白く、特に、プログ関係が沢山ヒットするので、つい読んでしまう。もともとは、ITの論客の池田信夫氏のブログを探していたのだが、ついでに、オープンソースの議論で懐かしい、山形浩生氏の日記に出会ったりした。
 それで、コメントやトラックバックを通じていろいろな記事を読んでくると、当然ながら、本当にいろいろな意見が書かれていて、私のような者がいまさら何を言ったって、屋上屋ではないか、という空しさを感じざるをえなかった。もともと、論考の格調の高さなんてありえないが、少なくとも、論点のユニークさはなんとかなるのでは、と思っていた。しかし、それも次第に自信がなくなってきて、少し時間をおいて、まあ、私は自分のために書いているので、・・といういい訳にようやく戻ることができた。
 で、他人のブログを読んで、改めて感じたいくつかのこと。
 その第一は、ネットの上では、どうしても議論が過激になり勝ちであること。例えば、池田信夫と山形浩生の、ある経済学の談義では、池田氏が、過剰とも思える論旨で、山形氏を批判している。それに対して、山形氏が、米国の知り合いの一流経済学者に、自分の理解は変か?」と素朴に聞くのが面白かった。私は、池田氏のファンになろうと思っているのに、その辺は冷静になってほしい。
 第二は、ブログとはいえ、結構皆、きちんと勉強して、まともな議論をしていること。特に経済学ヤマスコミ論など、私は全く不勉強で、恥ずかしくなった。
 第三は、私は、ちょっとカテゴリを発散させすぎているかも、ということ。もともと広く薄い興味なのであるが、ペダンチックに意図的に広げすぎているところがあるかもしれない。ただ、何かトピックに絞るかどうか、まだ分からない。

DRM

ソニーのウォークマンのディジタルオーディオプレーヤーを購入した。メモリ1GBで、コジマ電気で、9800円であった。2年半前に買った、RIOのディジタルオーディオプレーヤーは、メモリ128MBで、特に支援ソフトもなく、曲は、一旦メディヤプレーヤーでHDDのマイミュージックのところに取り込んでおいて、あとは、手作業で、エクスプローラでコピーするだけである。この単純さを案外気に入っていた。
 ところが、このソニーのウォークマンだと、専用のSonicStageというソフトを、導入しなくてはならない。
 添付されていたCDから、プログラムを導入して、SnoicStageを立ち上げると、HDDに存在しているwav, mp3などの既存のファイルを走査して、プレイリストを生成する。そうして、プレイリストから選択して、ウォークマンに書き込むことになるのだが、そこで、困ったことが起こった。すなわち、私は、太田裕美のアルバム(古い)から一連の曲を書き込もうとしたのだが、突然、ポップアップのメッセージが現れた。
 「転送する権利がありません、さらばシベリア鉄道」
 えっ、なんでやねん、と思った。このアルバムは、合法的に、「つたや」で借りて、メディヤプレーヤーで取り込んだものだし、また、別にネット配信しようとしていなくて、自分で聞くためだけにウォークマンに入れようとしているだけなのに。また、分からないのは、他の大部分の曲は、すんなり取り込めることである。一体どんな著作権の縛りが、「さらばシベリア鉄道」にあるのだろう。ともかく、これが噂のDRMすなわち、ディジタル著作権管理なのか、と訝ったが、少なくとも、転送する権利がありません、というからには、例えば、著作権者が○○を制限している、のような説明が必要なのではないだろうか。
 あと、SonicStageを見ていると、明らかに、iPodのiTuneを真似している。すなわち、このプログラムからネットで曲を購入もできる。しかし、偏見かもしれないが、洗練度でiTuneに及ばない。あ、実は、「転送する権利がありません」の腹いせを言っているだけだった。だって、iTuneは、そんな分からないことは言わないもの。

2007年5月27日

Googleの特許戦略

Googleが日本に出願し、公開されている特許出願をリストしてみた。
下記のとおり、36件あるが、おおもとのアルゴリズムに関する、基本的な検索の仕組みは、少なくとも日本では特許出願されていないといえる。また、広告に関するものが圧倒的に多い。これは、Googleの売り上げの98%が広告収入であることから、当然である、ともいえる。会社の規模からすると出願件数は多くない、ともいえるが、業務自体の範囲が広くないので、こうしたものかもしれない。

特開2005-533327,インターネット上でコンテンツ特有のノードを通して広告を提供するシステム及び方法
特開2005-534118,インターネットを利用したフィルターされ及び/又はマスクされた広告の提供方法及び提供システム
特開2005-537591,広告ディストリビュータの収益を最大にするためにインターネット上での配給の広告一覧の変動を提供する方法とシステム
特開2006-048683,情報検索システムにおけるフレーズ識別方法
特開2006-048684,情報検索システムにおけるフレーズに基づく検索方法
特開2006-048685,情報検索システムにおけるフレーズに基づくインデックス化方法
特開2006-048686,フレーズに基づく文書説明の生成方法
特開2006-500698,関連性のある広告を供給するための方法及び装置
特開2006-500699,コンテンツに基づいた広告を供給する方法
特開2006-500700,広告供給制約情報を提案する、及び/又は提供すること
特開2006-500701,eメールに関連付けられた情報を使用して広告を供給する方法
特開2006-502480,関連する単語のクラスタに基づいて、文書を特徴付けるための方法および装置
特開2006-505077,クライアント側デバイスサポートでコンテンツ関連広告を供給すること
特開2006-505079,電子メールを介して動的なテキスト広告を配給する方法とシステム
特開2006-512641,電子メッセージの表示および応答方法および装置
特開2006-519425,与えられたコンテンツの関連情報を特定すること、及び/又はコンテンツ関連広告と関連して関連情報を提示すること
特開2006-526853,ユーザ要求情報及びユーザ情報を使用して広告を供給すること
特開2006-527891,検索結果に対し選好国偏向をもたらすシステムおよび方法
特開2006-528388,収集されたユーザの行動データを利用するコンテンツ絞り込み型広告方法の改善
特開2006-529044,定義付けシステムおよび方法
特開2007-128547,ドキュメントをスコア付けする方法
特開2007-500899,知識項目に関する情報を用いて知識項目の意味を理解する方法及びシステム
特開2007-500900,文書の意味を決定して文書とコンテンツを一致させる方法及びシステム
特開2007-500903,拡張検索クエリを有するユーザインターフェースを提供するシステム
特開2007-504512,ドキュメント専用競合広告等の広告の識別及び/又はブロック
特開2007-504556,広告システムにおける配置情報の決定法及び/又は利用法
特開2007-504561,サーチクエリのリファインメントを提供するシステム及び方法。
特開2007-505403,母集団情報を用いて探索ランク付けを改善する方法とシステム
特開2007-506168,電子商取引の実行方法
特開2007-507752,広告システムにおけるエンドユーザー現地時間情報の決定及び/又は使用
特開2007-507796,ターゲットページとは異なる文字セットおよび/または言語で書かれたクエリを使用する検索のためのシステムおよび方法
特開2007-507798,ドキュメントをスコア付けするための方法、ドキュメントをランク付けするための方法及びドキュメントをスコア付けするためのシステム
特開2007-507801,ウェブ検索の個人化
特開2007-507812,コンテンツにターゲットを特定した広告を電子メールニュースレター等の電子メールで提供すること
特開2007-510197,インターネットデータ及び従来の媒体データから、オンライン広告用の情報を生成すること
特開2007-511009,ユーザによるオンディマンドで、テキスト広告と図型広告間の転換を可能にするインターネット広告配信システムと方法

2007年5月30日

佐々木俊尚の「次世代ウェブ」

 IT論客、佐々木俊尚の別の著書「次世代ウェブ」光文社新書を読んでみた。
 すると、グーグルに関する光文社新書の前著と比べて、内容が一貫してなくて雑多なので、うまく纏められないが、ともかく、簡単に素描しコメントしてみる。
 先ず、最初の章は、「おせっかい」なビジネス・モデル。ここでは、以前ブームになり結局下火になってしまった、ノレッジ・マネジメントが、Web2.0的ツールと、必死の人海戦術・気遣いで、復活するストーリーが描かれている。要するに、なにかロボット的にツールが何かしてくれる、ということはない。また、成功するためには、営業ノウハウが必須ということ。当然か。ここでは、UGCという用語を覚えた。User Generated Contents。なるほど。
 第2章は、進化-復古運動としてのWeb2.0。ここは、何が復古なのか、どうも読めない。
 第3章は、変化-「地主制度2.0」と楽天の岐路。ここでは、楽天が結局、Web1.0であることが説かれる。そもそも、ポータルという概念が、Web1.0。グーグルなどの協力な検索エンジンがあると、ポータルを中抜きできる。ただ、楽天などのポータルは一応、店子に対する与信機能を果たす。中抜きしたとき、どうやって与信するか、そこが難しい。それに対する答えが、第4章の、融合-交差するヤフーとミクシィにある。すなわち、ソーシャル・ネットワークの中では、互いに信頼でき、そこでの紹介が与信機能をもつ。
 第5章は、期待-グーグルを超える「UFOキャッチャー」。でも、UFOキャッチャーが何なのか、どうも説明が足りないようだ。
 第6章は、鉱脈-「リアル世界」に進出する日本の検索エンジン。すなわち、日本で、官主導のプロジェクトがことごとく失敗したことは、主導者の見識不足であったことを説く。そういえば、第5世代コンピュータという人口知能のプロジェクトは、諸外国の肝胆を寒からしめた。しかし、結局はみるべきものはあまりなかった。だから、今回の、日本独自の検索エンジン、という官主導のプロジェクトも、やはり怪しい。ただ、情報大航海と銘打って、いろいろなセンサで情報を取得・記録し、それを検索できるようにしよう、というのは面白い。例えば、車、飛行機などにセンサを積み、そこからのセンサ情報を蓄積し続ける。私がふと思うのは、洗濯機、冷蔵庫などにIPアドレスを付与して制御するという考え方があるが、もしそこからの情報を取得して記録すると、面白いデータが取れるかもしれない。このときの課題は、取得するデータのフォーマットと、アノテーションのやり方であろう。
 第7章は、進出-「無料経済」下の収益モデル。ここでは、mF247という、無料音楽ダウンロード・サイトが紹介される。なんと、ダウンロードは無料で、音楽を登録するミュージシャンの方で寧ろ登録料が必要なのだという。要するに、無名のミュージシャンのよい登竜門になる、ということだが、こうモデルで、どうやって、利益をあげられるのかは、まだ示されていない。
 第8章は、打破-キーワードはリスペククト。ここでは、お金をもらって、宣伝のようなブログを書く女子大生が紹介される。それは、意外。だって、ブログというのは、気ままに書きたいことを書くものではないのか。そういえば、アフィリエイトというのがあるので、その乗りなのか。ううん、ブログも資本主義に飲み込まれてしまうのか、仕方ないのか、と考えてしまった。
 ということで、佐々木俊尚「次世代ウェブ」光文社新書は、結局消化不良であった。結局何か言いたいのか分からない、みたいに言いたいのだけれども、目新しいトピックもいくつかあったので、とりあえず読んで損はない、と言っておく。

2007年6月 4日

Googleでの検索

 以前は全くヒットしなかったが、Googleで、Commuitative Weblogと入れると、私のこのブログがトップでヒットするようになった。実に3ヶ月もかかった訳であるが、1つには、Googleは、リンクの件数でランクするシステムであるからかもしれない。すなわち、実質的に私のブログにリンクを張るような物好きな人はいない。
 私のブログがGoogleでヒットするようになった理由はおそらく、梅田望夫や池田信夫氏などの有名プログに私がコメントして、そこにURLも残したせいかもしれない。
 ともかく、それでどうってことはないけど、やっとブロガの文字どおり末席に加えてもらったようで、一応安心した次第である。

2007年6月 8日

谷歌?

 谷歌とは何か、と怪訝がられるであろう。あるいは、ああ、谷間に流れる美しいメロディーかと。実は、谷歌は、Googleの中国語表記なのだという。
 そういえば、以前、Googleが中国進出を図るのあたって、当局と折り合いをつけて、検閲を受けることにした、ということで批判を浴びた。
 そういうGoogleであるが、中国国内では、中国国産の検索サイトの百度というのがあって、こちらの方が、ほとんどの中国人には圧倒的に人気なのだという。下記の検索サイトを参照頂きたい。
百度の日本語版
百度の中国語版
 このサイトにアクセスしてみると分かるが、初期画面は、ほとんどGoogleのパクリである。また、同じキーワードで、Googleでてくるものも、百度では出てこないので、流石にGoogleほどの性能はないようである。
 ところで、以前参照したTIMEの記事によると、中国人女性の夫が社会活動家で、公安当局に連行された。そこで、その女性が、ブログで世界に向けて訴えたら、夫は解放されたものの、その夫婦は軟禁状態である、という。
 これから分かるように、中国の社会インフラはまだまだであるが、とりあえず、頑張って国産検索エンジンを作ったのは、えらいと思う。道理で、日本政府が、日本も国産検索エンジンを、と焦るはずである。

2007年6月15日

ThinkFreeてがるオフィス

SourceNextからの通知メールによると、SourceNextが、Web上で使える、ThinkFreeてがるオフィスの日本語版をサポートしている、という。
 一時Googleなどでも話題になった、MSオフィス製品と互換性をもつ、Web版である。
 基本的に、インターネットに繋がったブラウザがあればよく、何も導入する必要がない。作ったファイルを友人と共有することもできるし、ある人にだけ見せるということもできる。また、e-mailにリンクとして貼り付けることができる、という。
 使うためには、名前とメールアドレスの登録だけが必要で、無料。しかも、1GBの容量がもらえるという。また、複数人間のコラボレーション機能、ブログなどへの公開機能、PDFの作成機能もある、という。
 こういう機能は、通常のhttpのプロトコルだけでは無理だったが、最近流行のAjaxを使うと、実現できるのだ、とものの本で読んだことがある。
 これだけ言われても、まだなんとなくしっくりこないのは、こういうWebオンライン・アプリケーションにいまいち、馴染みがないのと、どうせレスポンス・タイムがよくないのではないか、などと偏見があるからかもしれない。
 それで気になるのは、確かGoogleで同等のものがあったけど、あれはどうなったか、ということ。
 もう一つは、マイクロソフトがどう感じているか、ということ。脅威に思ってるのだろうか、それとも、どうにあんなの玩具、と思って高をくくっているのだろうか。今の時代、後者だとは考えにくいけど。

2007年6月17日

ヒューマン2.0

 渡辺千賀の「ヒューマン2.0」 朝日新書は、ある意味、梅田望夫氏の「シリコンバレー精神」ちくま文庫と類似のテーマの本であるが、それと一貫性を保ちつつ、少し異なる、ライフスタイルという観点で書かれていて、興味深い。先ず、渡辺千賀という人であるが、名前からも分かるように女性で、東大都市工学科を卒業、三菱商事、スタンフォード大学MBA卒という、絵に描いたようなキャリアウーマンである。2000年からシリコンバレーに住み、現地で、エリート中国人と結婚している。これって結構興味深くて、私が知っている若干の米国に住んだ日本人は、なぜか皆中国人と結婚している。アメリカ人でもなく、韓国人でもなく、はたまた現地にいる日本人でもなく、中国人であるのはどうしてか、と考えると興味深い。単に、中国人がユビキタスというだけのことだろうか。
 それと、どうでもいいけど、向こうで「オタク」を意味する'nerd'と、'geek'のどちらが肯定的な意味をもつか、ということで、梅田氏は、'nerd'の方を肯定的に使っていたけど、渡辺千賀は、'geek'の方を肯定的に使っている。それで、会社の上司であるアメリカ人に以前このことを聞いてみたら、どうも'geek'の方を、超変人みたいにネガティブに言うので、この辺は、アメリカ人でも意見が分かれるのかもしれない。
 さて、渡辺さんは、なにかの技術で卓越していないとシリコンバレーでは、やっていけないと断言する。それは、梅田氏の意見とも全く同じ。
 そういう前提で、渡辺さんは、下記のようにシリコンバレーライフを特徴づける。
- 会社から個人にもリスクが転嫁された。
- 失業期間があるのは、普通。
- 働いている間の報酬は高い。
 ここで、「失業期間があるのは、普通。」というのは、コメントが必要。すなわち、特にシリコンバレーでは、会社やプロジェクトの盛衰が激しくて、どんなに凄い学歴でどんなに優秀でも、仕事がなくなれば、レイオフされる。一方で、本当に能力がなくて、「クビ」というのもあって、こちらは、layoffではなくて、fire。会社もfireするのは本人から恨まれるから嫌なので、なんとかlayoffにみせかけようと、layoffにあわせて、クビにしたりするそうである。
 こういう前提で、下記のようなカテゴリの働き方を紹介する。
- フリーランス
 要するに、ある(ニッチで、狭いかもしれない)スキルを切り売りして、生活する。そもそも小さい会社だと、いろいろなスキルの人を抱えておく訳にいかないので、そういう需要はある、という。要は、その分野で、真のプロのスキルをもつこと。実は、渡辺さん自身も、ある分野のフリーランスで、社長といいながら、一人会社なのだという。
- ライフスタイルワーカー
 自然が好き、海外旅行が好きなどの自分のライフスタイルに重点をおいて、それを維持できるように田働く。例えば、海外のホテルからネットにログインしながら、プログラムを書くプログラマなど。
- チャンスワーカー
 一定期間働き、そのお金で楽しく暮らし、お金がなくなったら、また働く。これの典型は、ストックオプションで一生使い切れないくらいのお金を手にして、遊び呆ける人もいる、ということ。そんな生き方をして罰が当たらないのか、と私のような古い価値観の人は思ってしまう。
- ポートフォリオワーカー
 余暇に別の仕事をしてリスク分散する。これはあり得る生き方だが、結局、のんびりする時間がないのだから、体力的にきつい。
 また、これは有用だと思ったのは、リファレンスという概念。すなわち、シリコンバレーでは、2~3年の頻度で転職し、その度に新しい職場の面接で、リファレンスを求められる。すなわち、前職や知り合いで、問い合わせされる人のことである。そこに問い合わせをして、どういう人かと聞く訳だけれども、普通にやっていれば、まあ、そんなに酷評されることはない。だから、辞めるときも、円満退社しなさい、ということになって、これは、いかにも日本的だが、共通の真理かも。私が勤めている職場でも、一時、驚くほどの人が辞めたことがあった。それで、私としては、多少身勝手かも、と思う人はいたが、どうしてもこいつは許せんみたいなのは、だいたい1割くらい。その一割については、もし聞かれていたら、酷評したであろう。
 また、渡辺さんは、自分と異なる人を受け入れるとか、オープンソースな人になるとか、多くを期待される場に身を置く、英語を身につける、本当の自分を探さない、時にはあきらめる、体力をつける、文句を言わないなど、当然のような処世訓も述べる。
 ただ、これは身につまされると思ったのは、大抵のシリコンバレーの住人は、とてもケチである、ということ。それは、シリコンバレーでは、生活費がとても高く、いつ仕事をなくすかもしれないので、決して贅沢しない、ということで、シリコンバレーは、もう涸れてしまった老人がのんびり住むにはどうなのか、と思わざるをえない。才能もスキルも野心もない人は、シリコンバレーなんてやめときなさい、という、ありがたい、というか当然の教えが聞こえてくるような気がする。

2007年7月24日

FON

 雑誌によると、FONというサービスがあるという。すなわち、私があるインターネットのプロバイダに加入しているとする。すると、私は、FONルータなるものを、1980円で買ってきて、自宅のパソコンに取り付けると、自宅の50m周囲の人は、私の家のアクセスポイントを経由して、WiFiの無線LANに入ることができる。こういうボランティアが増えると、都会では、いろいろなところで屋外でも、スタバでも、マックでも、無線LANに入れる。
 これはすばらしいと思うが、でも、個々のプロパイダがそれを許すのだろうか。そもそも、私の自宅の無線LANでも、ちゃんとパスワード管理されていて、パスワードを知らないと入れない。また、沢山ユーザーがログインしたり、重いダウンロードをしょっちゅうしたりするとどうなるのだろうか。など、疑問は尽きない。また、なんとなくタダ乗りっぽいが、オープンソースの時代にそんなケチなことを言っては時代遅れなのだろうか。
 ともかく、FONのホームページから、宣伝用のリンクを貼り付けておく。
Join the FON movement!

2007年8月 6日

西垣 通

 久々に、西垣通の本を読んだ。「ウェブ社会をどう生きるか」岩波新書、である。ずっと昔、「マルチメディア」という本だったかを読んで、科学哲学的な論調に好感をもっていたが、なぜか、10年以上、彼の本を手に取ることもなかった。
 今回の本の趣旨は、ひと言でいって、「反Web2.0」である。私なりの至極勝手な要約は、次のとおりである。
 まず、情報は伝わらない、ということ。Googleであれ、Web2.0であれ、要するに、情報は小包のように届けることはできない、ということである。確かに、Web2.0では、情報は、知って、それで完結する、ということが仮定されている。例えば、梅田望夫氏などは、Web大学を想定し、それでほとんどの科目がインターネット上で学べる、というようなことを言う。しかし、とても非物質的な科目である数学ですら、面と向かった議論で切磋琢磨しないと理解できないこともあろう。なかなか、真に理解する、といういことは、日本の人口が何人になったとか、○○の犯人は誰だ、とか、Webで眺めて知る以上のことが大きい、ということである。言い換えると、暗黙知は伝えられない、ということか。
 次に、Web2.0は、10年以上も前の、素朴な人工知能理論の繰り返しである、と西垣氏は説く。それは、一神教の伝統である、とも説く。素朴な人工知能理論とは、知識を沢山集めて、コンピュータで処理すれば、おのずとすばらしい知能ができあがる、というものである。しかし、実は、鳴り物入りでデビューした人工知能の研究は、結局確たる成果をもたらさなかった。Web2.0もそうではないか、といわれると、説得力がある。
 また、Web2.0は、エリートのためのシステムにすぎない、とも説く。確かに、Googleには、紛々たる知性エリート主義が見える。
 結局、Web2.0は、オートポイエティック(自己創生的)な生物の概念に馴染まない、それは機械論的だから、ということになる。
 ただ、西垣氏も、一極集中型の構造を緩和して、地方を強化する目的には、Web2.0は馴染む、と説く。これはまさに、失敗したという人工知能の研究も、その成果は、翻訳システムなどに取り入れられて脈々と活用されている、という程度に、Web2.0も、インフラとして活用されるであろう、ということを意味する。私は、西垣氏の著書をそう読んだが、どれほど当たっているだろうか。
 それと、この著書は、Web2.0の本が与えるような、底抜けの明るい未来は描かない。で、沈んだ気持ちのときに元気にしてくれる効果はないが、リアリティというのは、そうしたものであろう。Web2.0なんて、話半分で、ロックミュージックを聴くように酔えばいい、とも言える。

2007年9月23日

Web広告について

 ある本で、Web広告の説明があったので、自分の整理のために、メモしてみる。
 Web広告の初期の形態は、バナー型広告であった。バナー型広告の場合、課金は、PV(ページ・ビュー)と、CPC(クリック単位課金)の2つがある。CPCは、バナーが実際クリックされた回数で、課金する。
 ある観点からは、次のような分類もある。
1.広告掲載枠:表示位置や枠の大きさで、料金が決まる。
2.インプレッション保証型:何回表示するかで課金する。上記のPVである。
3.クリック保証型:広告主サイトへのクリック数で課金が決まる。上記のCPC。
4.成果保障型:実際に広告主サイトを見たユーザーが、資料請求したり、商品を購入する実績で、課金が決まる。
 このように、1→4で、より精巧で適切と思われる課金となる。
 このような体系をみると、テレビでのコマーシャルでの課金は、上記の広告掲載枠のようなもので、課金方式としては、とても原始的なものであるが、そもそも、テレビが、一方向のメディアである限り、仕方がないということになる。
 別の観点からは、次のような切り口もある。
A.リスティング広告(検索連動型広告)
 検索エンジンの検索キーワードに連動して広告が、表示される。例として、GoogleのAdWords。課金方式としては、クリック課金型である。
B.RSS広告
 RSSリーダー向けに配信される広告。
C.アフィリエイト
 個人ブログなどへの広告の表示。特に、コンテンツの内容に応じて表示される広告として、GoogleのAdSenseがある。
D.ターゲッティング広告
 市場調査により、その商品に興味をもちそうな人に広告を送る手法。
 以上、大まかな自分用のメモであるが、果たして、Web広告が、テレビ広告を売り上げで凌駕する日が来るであろうか。そういう日が遠くないと信じたこともあるが、しかし、家庭で日常的に、テレビと同じようにWebが見られる日がなかなかこないと、それも遠いかもしれない。安泰、電通、博報堂。

2007年11月 9日

ウェブ時代をゆく

 梅田望夫氏が「ウェブ時代をゆく」という新刊を出した。例の「ウェブ進化論」の続編というか、完結編とス位置づけられる。ところが、これを買って読む前に、池田信夫氏が、そのブログで、「何も新しいことが書かれていない。15分で読了した。」と書いていた。池田氏は、梅田氏にとても手厳しいので、流石に言いすぎだろうと思い、半ば習慣的に本屋で「ウェブ時代をゆく」を買ってみた。
 すると、流石に15分ということはなかったが、パラパラと、1時間くらいで読み終えてしまい、中身の乏しさに失望した。「中身の乏しさ」という言い方には、注釈が必要である。この本だけを切り出して、独立に評価すると、構成もよく、文章がまずい訳ではない。よく書けていると言ってよいだろう。しかし、「ウェブ進化論」からの差分、佐々木 俊尚の「グーグル」その他の著書からの差分というと、驚くほど乏しい。
 ちょっと面白いと思ったのは、Rubyの作者の、まつもとゆきひろ氏と、伝説のプログラマ 石黒邦弘氏の話であるが、これも、どこかで聞いたことがあるような気もする。
 それで、もともと落ち込んでいたのをその著書で救われた私が、恩を仇で返すようだが、梅田氏は、「ウェブ進化論」の後、知識のスペクトルを広げることを怠り、Web2.0とシリコンバレーの世界に滞留したままなのではなかろうか。すなわち、Web2.0というものは、その技術の根幹を追求すると、Ajaxひとつをとっても、なかなか半端でなく理解が難しい。しかし、評論家的に、あるいは社会現象的にWeb2.0を論じると、それは、単なる入れ物であり、丁度、日本シリーズたけなわなのに、その入れ物にすぎない球場の仕組みを延々と論じるようなものである。そういう議論が、深みをもって長く続くはずはない。
 一方、前述の池田信夫氏は、というと、なかなか論敵に手厳しく、ときとしてその論旨はどうかと思うこともなくはないが、その知のスペクトルは、経済学、哲学、金融論、著作権法、労働問題、その他と手広く、井戸は涸れそうもない。池田氏は、「ウェブ時代をゆく」をして、「丸山真男をひっぱたきたい」で代表されるようなニートの問題にも触れず、徒に楽観論を煽っていると批判するが、それは当たっていると思う。少なくとも、Web2.0が、ワーキングプアの問題にどうアドレスするか、そこがあれば、「ウェブ時代をゆく」も深みを増したであろうに。

2008年2月 5日

グーグルの懸念

 完全な第三者としてみたとき、マイクロソフトがヤフーを買収することは、あまり大したインパクトはない、と私はコメントしたが、当事者というか競争相手としてのグーグルは、マイクロソフトの巨大さと資本の膨大さを熟知しているせいか、とても警戒し、独占禁止法違反のクレームや、ヤフーに対する支援の申し出など、あらゆる手段で、マイクロソフトがヤフーを買収することを阻止しようとしている。
 ヤフーの社員も、同じシリコンバレー企業である、ということもあって、グーグルに、親和性を感じているようである。ただ、グーグルがあからさまにそういう申し出をしている訳ではないが、もしグーグルがヤフーを併呑することでもあれば、それこそ、インターネット検索ビジネスと、ネット広告ビジネスをほとんど独占することになり、独占禁止法違反の懸念が強くなる。
 だから、グーグルが独占禁止法云々を持ち出すのはおかしくて、裏を返すと、グーグルも、マイクロソフトのヤフー買収を静観して見ていられるだけの余裕がないのだろう、と推察される。
 例えば、「ウェブを変える10の破壊的トレンド」ソフトバンク・クリエイティブ 渡辺弘美著の内容の概要は、次のとおりである。
Direct - ユーザーを直接つかみ、ロックイン
Free - 「潤沢経済」時代のビジネス
Crowdsourcing - みんなの知恵を利用する
Presence - リアルタイムな情報を活かす
web-oriented - すべてのサービスをウェブ上で提供できるか
Virtual and Real - 「仮想」は「非現実」にあらず
Videos - 映画やテレビの行く末は
Interface - よりわかりやすく、使いやすく
Search - ポストグーグルの潮流
Semantic Technology - 意味を理解し始める時代へ
 とあって、グーグルはときどき言及されるのだけれども、まるで、Windowsアプリを語るときに、MSのオペレーティング・システムのことが特に何も語られないように、グーグルの作ったインフラが文字通り、単なるインフラになってしまいそうな気風がある。ここにも、成功によってもたらされた陥穽が、グーグルを待ち受けている、と言える。

2008年5月11日

グーグルに淘汰されない知的生産術

 梅田望夫氏が、そのプログに、「グーグルに淘汰されない知的生産術」として、とても意義深い提案をされている。著作権の関係もあってここに全文を引けないので、詳しくは、上記リンクを参照して戴きたい。
 私なりに上記の内容を要約してみると、すなわち、単にグーグルで検索するというだけでは、付加価値を出せなくて、淘汰されてしまう。それで、どうやって、グーグルを活用しつつ、知的生産を行うか、ということを梅田氏は述べている。
 その最初は、細かい粒度でグーグルから要約を取り出す、ということである。言い換えると、情報のキモを書き出すこと。そうして取り出したキモを並べて、自分のマップを作る。なるほど、そこに知的な選別作業が入るので、これは独自の編集ということになる。
 梅田氏は、本に対しても同様の作業を行う、という。
 そういう密度の高い作業をしていくと、結局時間密度の勝負になる、と梅田氏は主張する。うん、それも納得。
 自分を省みると私もいろいろとウェブや本を流し読みしているが、どうも、梅田氏ほどは組織的ではない。そこは、プロである梅田氏と、アマである私の違いか。
 梅田氏は、英語、日本語あわせて、年間1000冊本を買うという。これは、元日本のマイクロソフト社長、成毛 眞について書いた記事と、ほぼ符合する。すると、生身の人間が買って目を通す本の数として、これが上限かもしれない。それだけ買うと、一冊5分で終わる読書もあるという。中身のテーマを確認するだけだったりすもからだそうである。納得。しかし、年間1000冊も買うと、ほとんど年間の本代が200万円程度にもなる。これは、並みのサラリーマンでは無理で、そもそも保管にも困る。
 梅田氏の話に戻って、結局、自分で考える時間が重要ということは改めて感じる。表面的な内容なら、グーグルで検索して切り貼りして終わる。しかし、そこに独自のオリジナルな思考、組み合わせ方は必要で、さもなくば、他人が読むに値しない。
 ただ、梅田氏が、いまや大学に属するよりも時間をかけることの方が大事というのは、かなり留保つきでやっと賛成する。というのは、梅田氏のような方法でうまくいくためには、基礎学力と暗黙知が十分に蓄積されていなくてはならないからである。ここで言う基礎学力とは、語学力、数学の計算、法律知識などである。そういう基礎学力と暗黙知の養成場所として、物理的に出席する大学などの学校の意味はまだ、大きいと思う。私が会社に行くのも、いろいろな人と議論して示唆や刺激を得るためなのだから。刺激という意味では、心地よいものだけではないが、それもまた意味がある。
 また、本質的にアートは、検索エンジン+書斎には向かない。例えば、車の設計、絵を描くこと、料理、など。あまりにも当然である。
 実は、私は、その傾向だけなら、梅田氏に匹敵するほどの相当の書斎派であるが、それでも、ずっと部屋に籠もっていると、何か大事なものが放電されて、次第にやせ細っているのではないか、と危惧することがある。だから、今は会社に行くことで、そこをなんとかバランスを保っている。定年になるとそこが崩れるのが怖い。なんとか対策をたてておかなくては。
 ともかく、梅田氏が改めて念押ししてくれたのは、ブログなど書くことの意味で、この私の拙いプログも誰のためでもない、自分の修行のために書いているのだ、と自分を納得させることにした。

2008年7月20日

メタタグ

一昔前、インターネットの黎明期は、各社は、自社のホームページのURLをカタログなどに印刷して、そのURLで、顧客にホームページにアクセスしてもらうことを期待していた。

今も、URLを表示しないことはないのだが、何よりもまず、検索エンジンで探してもらうことを期待するので、コマーシャルでも、こういうキーワードを入れて下さい、みたいな場面が多くの場合ある。
そのキーワードで検索してもらうためには、下記のようにタイトル・タグにキーワードを入れておくのが普通である。ちなみにこれは、シャープの液晶テレビ、アクオスのホームページのソースの一部である。
<title>薄型テレビ/液晶テレビ アクオス:シャープ</title>

しかし、さらに確実に検索してもらうためには、下記のようなメタタグで、複数のキーワードを指定しておく。
<meta name="description" content="SHARP公式ウェブサイト。薄型テレビアクオス(AQUOS)の紹介。省エネで長寿命。ライフスタイルに合わせて選べるデザイン、大きさ。リビングを変える、インテリアに進化する液晶テレビ。">
<meta name="keywords" content="液晶テレビ,ラインアップ,薄型テレビ,アクオス,aquos,省エネ,大画面テレビ,小型テレビ,シャープ,SHARP">

すると、Googleなどの検索エンジンが、これらのタグをみてインデックスを作成してくれる、という次第である。こういう仕組みは、とても簡単なので、誰かが悪意で、同時にヒットするホームページを書いておけるのであるが、あまりに自明なやり方なので、却ってやる人もいないようである。

あと、例えば、シャープのアクオスの検索と同時に、自分のホームページがヒットしたからと言って、何が嬉しいの、というのもある。

という、メタタグに関する、小話(smalltalk)であった。

2008年7月22日

コピペ文化

Webニュースによると、大学生のレポートが、ネットでコピペ(コピー&ペーストの略)で作成される、というのはよくあるが、なんと小学生の読書感想文にまでコピペが広がりつつあるという。

それに対する私の感想は、今更何を言うか、そんなの、ダイヤルアップを通じてインターネットに接続することが一般的になってきた10年前から普通ではないか、ということである。

- 「読書感想文をさっさと片付けて」というコピペサイト
- 「自由に使える読書感想文~読書感想文をさっさと片付けて、夏休みをエンジョイしよう!!」
みたいなのもあるというが、そりゃ、あるでしょうよ、犯罪の仲間を募るサイトだってあるんだから。

サイトでは、ばれても責任は負わないという。同様なサイトは、いくつか見つかった。しかし、こんなサイトを利用する小中学生は、本当にいるのか、と白々しくWebニュースは言うが、寧ろ、そういう誘惑に負けない小中学生がいたら、表彰ものである。

さらに、「日本経済新聞の2008年7月11日付夕刊記事によると、07年秋の読書感想文全国コンクールで、小学校高学年の児童によるコピペが発覚した。どのサイトか書かれていないが、あるホームページ掲載の他人の感想文と酷似していることに審査員が気づいたのだという。」という記事をみても、何の意外感もない。

金沢工大知的財産科学研究センター長の杉光一成教授は、このような状況を憂慮し、学生のレポートを翻訳ソフトの技術で文節や単語に分解し、ネット検索で類似した文章があれば、そのURLを表示する仕組を特許出願した、という。杉光一成教授と近い業界にいる私は、その仕組みがなんとなく理解できる。どうも、要するに既存の概念検索技術の応用で、そんなに高度な技術ではないし、おそらく既存の検索エンジンの機能を利用しており、URLを表示するといっても、その尤度を考慮する必要がある。よって、これは、あくまでもの参考にすぎないと思う。

その他にも、米国最大手のアイパラダイムス社が開発した「turn it in」というコピペ発見サービスがあるという。

でも、結局は、プライドと技能の問題なのである。例えば、いろいろなサイトから文章を集めてきて継ぎ接ぎし、見るからに立派な作品が作れれば、それはそれで編集著作権というか、アンソロジーというか、それはいかにも現代的な技能と言えないだろうか。

だから、私の意見はこうである。学校側は、コピペでも何でもいいので、継ぎ接ぎでもいいので、立派な文章を書きなさい。でも、人間として何かしらプライドがあるなら、そこに幾許かのオリジナリティを込めなさい。コピペがコピペと分かるように書いたなら、容赦なく減点する。しかし、オリジナリティが認められれば加点する。みたいに言えばいい。

なぜなら、学校を卒業して社会に出ると、即席でコピペみたいにして間に合う場合もある。もちろん、そうでない場合もある。そこの兼ね合いを、学校側できちんと教えてほしい。でも、そういう先生の側だって、胸を張ってオリジナリティを主張できる論文なんて、あまり書いていないのではないだろか。

2008年8月 6日

ストリート・ビュー

今日の夕方、テレビを見ていたら、グーグルが凄いのをまた、発表しました、ストリート・ビューです、というので、えっ一体何だろうと思ってみていたら、ああこれか、と思わず、納得した。

忘れもしない去年の夏頃だから、ほぼ1年くらい前か、会社のある研究員から、あるURLを見せてもらった。そのURLを叩くと、ある米国の都市の一光景が現れるので、私は思わず、なんだ単なる景色ではないですか、とつぶやいてしまった。ところがである、景色の一部をドラッグすると、あたかも景色の中に自分がいて、歩いたり、見上げたりする操作が可能なのである。すなわち、その都度景色が切り替わる。景色の中を歩いて進むという感じである。研究員がいうには、これを作るためには、360度撮影できるカメラを積んで、町を車で進むのだそうである。そうして撮影した画像をコンピュータ処理によって貼り合わせる。これは大変手間がかかるので、あまり広い地域をウォークスルーできるようになっていない、と研究員は言った。

ともかく、それは少なくともグーグル関連のURLではなかった、どこかのアメリカの大学のURLだったかもしれない。すると、グーグルは、この技術を、その大学からライセンスしてもらったのだろうか。豊富な資金をもつグーグルならありえる、と思った。

テレビには、ストリート・ビューを作成したグーグル・ジャパンのプロジェクト・リーダがインタビューに答えていた。実際、360度撮影できるカメラを積んだ車で隈なく廻る必要があるので、大変なようである。いかにも労働集約的作業である。当然に、イメージを保存するストレージも半端ではない。そのためまだ日本では、札幌、函館、仙台、千葉、埼玉、東京、横浜、大阪、神戸くらいしかカバーしていない。しかし、なんと、東京と横浜の間に位置する我が家が、しっかりストリート・ビューの範囲で写っていたのには、感激し且つ少し複雑な気持ちになった。なにしろ、私が乗っている車のガレージも、干している洗濯物も見えるからである。時期はというと、どうも今年の春頃撮影したものらしい。

ストリート・ビューを見るのは簡単である。Googleで、street viewと打ち込んで検索すれば、一番上にヒットする。あとは、地図をズームインして、「ストリート・ビュー」に切り替えればいい。もちろん、米国の都市もカバーされている。まず、日本が出てくるので、ずうっと、右にずらすと、米国になる。ただ、米国は日本に比べてとてつもなく広いので、まだカバーされている都市はあまり多くない。ヨーロッパはというと、なぜかフランスだけである。

ところで、グーグルマップだの、ストリート・ビューを見ていると、グーグルは、自らを世界化しようとする意図がみえる。嘗ての覇者マイクロソフトは、というと、世界のどこでも、自社のOSが使われているようにしようとした。このビジョンの違いはあまりにも大きい。グーグル、スケール大きすぎ、である。こういう広がり方は有限に決まっているのであるが、どこまで行くのか、グーグル、とついつぶやくのであった。

2008年10月31日

Web2.0は、儲からないか

Webニュースによると、2008年9月17日付で解散、清算すると発表した「株式会社WEB2.0」は、デジタルガレージ、ぴあ、カカクコムの3社の出資によって2005年11月に設立。ソーシャルブックマークサイト「PingKing」を運営していた次世代ウェブサービスの象徴として「Web2.0」なる言葉が流行し始めたのは、2005年ごろからである。

「Web2.0」なるものの実態は、ブログ、Wiki、SNS、コンテンツ連動広告、動画投稿サイト、アフィリエイトなどであろうか。確かにそれは、2005年頃、時代の先端をいくものとして、今後のトレンドとして、もてはやされた。

ところが、どうもWeb2.0サービスなるものは儲からない、ということが明らかになってきたようなのである。「株式会社WEB2.0」の清算は、その1つの象徴と言える。なにしろ、500万人以上のユーザー数を誇る「ニコニコ動画」ですら、黒字に至っていないという。

上記のうち、私もそうだが、ブログは、個人が適当に公開日記感覚で書けばよい。少なくとも私は、それで稼ごうなんて考えたこともない。

それで、Web2.0サービスが儲からないとしたら、その理由は、手薄い集金機構にあるようである。SNSであれ、動画投稿サイトであれ、ほとんどは無料で使えて、その収入を、Web上の広告収入に依存している。しかし、佐々木俊尚氏によると、コンテンツの質にばらつきがあるため、大企業が広告に乗ってくれず、従って、必然的に広告単価が安くなり、収益につながらないという構図ができているという。

Web2.0サービスがうまくいく例として引き合いに出されるのは、グーグルである。しかし、グーグルは、いろいろな意味で圧倒的なのであり、IT界のセレブなのである。庶民が真似できるものではない。例えば、ストリート・ビュー1つをとってみても、その仕掛けの壮大さが分かるではないか。あのマイクロソフトですら、追随を許すものではない。

池田信夫氏によると、大抵のSNSは儲かっていないが、米国系の特定のSNSで繁盛しているところは、例えば、正確な就職斡旋情報を売りにしている、という。

すると、Web2.0サービスで成功するためには、グーグルのように大風呂敷を広げて、その資金力で席巻してしまうか、あるいは、特定の分野に特化して、そこの範囲で、コンテンツの精度やノウハウを蓄積して付加価値を高めるしかない、ということになる。

ということで、「Web3.0」が何なのかということに対する私の予測は、とてもつつましやかなものである。それは、「神は細部に宿る」をIT技術によって具現化するということ、ただそれだけである。ムーアの法則によって、ビット単価はまだ下がり続けるだろうが、その安くなった媒体をどううまく利用するかは、通信インフラ、処理アルゴリズムなどの技術的ノウハウによる。しかし、技術的にはWeb2.0が既存の技術の寄せ集めにすぎなかったように、そういう画期的技術というのはおいそれとはでてこない。最近騒がれているクラウド・コンピューティングも、要するに、ムーアの法則をどう利用するか、というビジネスモデルであると思う。

2008年11月 5日

一時代前の検索エンジン

今、検索エンジンといえば、猫も杓子もGoogleであり、ときどきYahooが使われている程度だろう。

ところが、一時代前の8年くらい前は、下記の検索エンジンが主流であった:

  1. AltaVista
  2. Lycos
  3. Alltheweb

こんなにGoogle一辺倒では、これらのいにしえの検索エンジンはとっくに引退しているのでは、と思ったら、確かに、Lycosは、ポータルサイトに鞍替えしている。

ところがどっこい、AltaVistaと、Allthewebはまだ現役の検索サイトである。

AltaVistaは、1995年に、DECの研究者によって作成された。その頃はそれなりに画期的であった。そして今もそうして現役の検索サイトであり続けているというのは、何かしら改良し続けているのだろう。しかし、Googleのような壮大な広告計画があるでなし、どうやって運営資金を得ているのか、疑問である。

Allthewebは、ノルウェーのファストサーチ・トランスファがという会社が、1999年中頃に発表した検索エンジンであって、2000年頃には、ある人がいうには、世界最高の検索速度とページ数を誇るサイトである、ということであった。しかし、いつの間にかグーグルの後塵を拝し、2004年にはヤフーに買収された。すると、ヤフーのサイトは、Allthewebのエンジンを使っているのだろうか。

今となっては、Googleの二番手は、Yahooでもなく、ましてやAltaVistaやAllthewebでもなく、百度であろう。なぜ中国なのか、韓国でも日本でもないのか、という思いは打ち消せない。それは、検索エンジン・サーバを自国に置けなかったという著作権法の縛りなのか、もっと技術的問題なのか。もうそんなことはどうでもいいのかもしれない。今更和製検索エンジンを作ったとしても誰も見向きもしないだろうから。

About Web

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「Web」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリはその他です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。