メイン

blog アーカイブ

2007年3月10日

ブログを始めた

 数年前から、ブログ云々と言われているが、日記だって三日坊主だったし、他の人はともかく、自分は書くことなんかないと思っていた。ところが、Webの基本的なことを勉強するために、NiftyのLaCoocanに申し込んだら、Movable Typeというのが使える、とあった。
 去年(2006年)の7月頃だったっけ、インターネットマガジンの別冊で、WEB2.0への道というのを本屋で見て、ああっ、と思って買って眺めた。そこにブログ進化系という記事があって、思い出すと、そこにMovable Typeの紹介もあった。改めて読み直すと、そこに、「Movable Typeの普及によって、ブログは大きく変わった。・・第一にはMovable Typeがトラックバックを実装したこと。そして第二には、Movable Typeによって個人のブログがRSSを配信するようになったこと。そして第三に、検索エンジンとの親和性がきわめて高くなったことである。」とある。そのことの意味は、まだ分からない。
 そういえば、さらに遡って、今から約1年前に、梅田望夫の「ウェブ進化論」ちくま新書を読んで、感動したのだった。それは、グーグル、ロングテールとWeb2.0、ブログと総表現社会、と続く。
 ブログは、所詮電子日記に過ぎないかもしれないが、これを機会にWebのことを真面目に考えてみたい。また、その他の話題にも、波及していきたい。

Commutativeとは

Commutativeとは、例えば、数学で、 a * b = b * aであること。日本語で言うと、可換。
それがどうした、と言われると、何も言えないが、例えば、上のaやbが行列だと、一般には可換にはならない。また、数学で可換代数という分野があって、有名なガロア理論なども、この一部らしいが、筆者の理解を超えている。
 ということで、色即是空ではないが、単なる念仏のようなものとして、Commutativeと、唱えているに過ぎない。

カテゴリーがうまく使えない

Movable Type初心者なので、なんともいえないが、折角設定でカテゴリーを作成しても、新規作成のとき、画面で選べない。一応、詳細設定モードの新規作成のところで、カテゴリーも選んだはずなのだが、
 まあ、今日は、とりあえず、Movable Typeが使えるようになっただけでも、ありがたいと思わなくては。

試してみる(表の例)

 これは、HTMLタグを、そのまま書いて使えることを確認するメッセージです。





AB
CD

2007年3月11日

カテゴリは解決

 昨日悩んでいたカテゴリの問題は、新規エントリーの画面で、「画面の表示設定を変更」でカテゴリのところをクリックすることにより、解決された。初心者は、簡単なところでつまずくものだ。
 あと、トラックバックとは何なのか、まだ全く分かっていない。これがブログのキーの概念なのに。あまり先を急がないでおこう。

2007年3月12日

ブログと慣用 HTML

 気ままにブログを書いていて、ふと思うのは、いろいろ書き散らかしてしばらくして、それを纏めるステップが必要かもしない、ということである。
 確かにブログは、トラックバックなどの仕組みを一旦措いても、思いついて、忘れないうちに書きとめておくに優れたツールである。
 ただ、アイデアの萌芽でとどまることがあるので、よいアイデアなりテーマは、かき集め、鍋にいれて、他の具を足して煮込むステップも必要になるだろう。
 そのような原稿を、自分の親ページの方で実現できれば、と思う。

2007年3月13日

トラックバック

 トラックバックが具体的に何なのか分からないので、自己トラックバックしてみた。すると、何もおきないので、おかしいな、と思っていたら、一旦自分でそれを受け入れなくてはならないことが分かった。初心者は、困ったものだ。
 一応、これで分かったのかな?

2007年3月17日

ブログの効用

 昔から雑文を書くのは好きだが、ノートの隅に書いておいても、整理整頓が苦手なので、直ぐに遺失してしまう。また、普段から暇さえあればいろいろなことを考えているのだけれども、考えは垂れ流されて、どこかへともなく、思考の下水道に流されて、戻ってこないことが多い。
 それがいけない、ということはないけれども、何かを考えているとき、これって、前にも同じようなことを考えたね、と思うことはよくある。なにしろ、経時間変化はあるにしても、同じ頭なんだから。ところが、以前に考えたことを全く忘れているものだから、また、一から考え始めて、能率が悪い、と思うことはある。
 そこで、何かの縁でブログを書くことになったのだけれども、一週間たってみて、この手法は、自分の考えたことを固定するのにとても有用であることが分かった。別に偉い人に見せる訳ではなく、特許出願する訳でもなく、何かの雑誌に投稿する訳でもないので、粗くても、不完全でも、とりあえず書きなぐっておけばよい。ただ、最低限の品位として、公序良俗に反したり、他人を誹謗したりはしないように気をつけようとは思う。
 こうして、書いておくと、サーバのDBに溜め込まれるので、あとで自分で検索して見ることができる。必要なら、不完全なアイデアに彫琢を施して、纏め上げることもできる。
 そうして、可能性は低いけれども、運がよければ、誰かからコメントがもらえる。トラックバックすることもできる。
 生来三日坊主の私が、突然飽きて止めてしまう可能性は、常にあるのだけれども。

2007年3月27日

form組み込みブログ

この内容に、あまりにも多数の自動生成ダミー・コメントが来る。おそらく、formタグのせいだと思うので、サニタイズとして、formタグを無効化した。これで、ダミー・コメントは防げるだろうか。 as of 7/31/2008

こういうブログの記事であるが、結局、HTMLなので、

<form>
<input type="button" value="クリックして下さい" onclick="alert('ですYO')">
</form>

 というように、記事中に、HTMLのフォームなどのコントロール用のウイジットを書いたり、ここではやってないけど、CGIを呼び出したりもできる。
 よって、セキュリティ的には、ブログ中の記事に対して、下手にクリックしたりしない方がよい、ということになる(これは平気です。単にアラートメッセージを出すだけです)。

2007年4月 2日

梅田望夫さんのプログ

 最近、たまたま、 梅田望夫さんのプログを覘いたら、趣味が、将棋鑑賞とあって、とても嬉しくなった。私は、個人的に、生きる希望をどうやってもっていいかわからないようなことがあって、とても落込んだ時期があったが、梅田望夫さんの著書や、その他の記事を読んで、救われたような気がした。少なくとも、現世が、もう少し生きているに値するところだと思えるようになった。
 梅田望夫さんの将棋のカテゴリの書き込みをみると、金子金五郎の観戦記を賞賛する内容が書いてあった。なんとレトロな、と思わず苦笑してしまった。いや、nagativeな意味で言っているのではない。よくぞ、金子金五郎に言及してくれた、ということである。
 Webやその他のことで、私は、梅田望夫さんを尊敬し、勝手に師匠だと思っているところがある。
 でも、将棋評論となると、私も少しうるさい(単に、声が大きく、うざいだけ)。それで、梅田望夫さんのブログに対して、少なくとも、将棋のところは、何か有意義なコメントができそうな気がするが、私はとてもシャイで(嘘ばっかり?)、将棋のことですら、いまのところ何かコメントする勇気がない。冗談ではなく、羽生三冠が道を通りがかっているとき、たまたまそばにいて、声をかけようか、かけまいか迷っているうちに、結局羽生さんは、遠くにいってしまう、そんな感じである。

2007年4月 7日

トラックバック

 ブログを書き始めて、もう1ヶ月になるが、未だにトラックバックの意味をきちんと理解していないことに気づいた。昔、免許をとって運転し始めたときに、赤い三角のボタンの、ええっと、停車ランプというんだっけ、あの操作方法が分からなくて、ガソリンスタンドで聞いたことがある。初心者って、恥ずかしい。

2007年4月14日

知のインベントリ

 ブログを書き始めて1ヶ月以上になるが、本当に数えるほどしかコメントを戴けていない。それも、友人からの義理だったりする。それが寂しくないといえば嘘になるが、ここで改めて、ブログを書く意味を考え直してみよう。すると、それは、何よりも、自分を見つめ直して心の平安を得ることであり、また、自分はどんなことに興味があるか、何は理解しているが、何については無知か、という知のインベントリをすることである。
 知のインベントリというと、つい、ペダンチックな俗な楽しみに堕してしまう傾向になるが、当初は、それでよいと思うことにする。ただ、とりあえず書き下すことで、ある立脚点を得ることができ、次にはそこから出発できる訳だから、もし1年後も飽きずにブログを書いていて、今と同じようなことをただ、飽きもせず書いているとしたら、結構悲しい。
 また、ある程度時間を経て書き溜めないと意味がないが、過去の自分の書いたものを読んで、心情の差分を楽しむことができる。きっと、過去の自分が、最早ある程度他人であることに気づくであろう。もっと穿って言うと、過去の自分は、スピリチュアルで言うところの、類魂の別のアスペクトである、とさえ言えるかもしれない。
 また、ブログは、自己紹介のツールとしてとても優れいている、と今書こうとした。理由は、何十、何百ものブログを書き並べていくと、自分をごまかせないからである。しかし、それは、作家の随筆集にもいえることで、例えば、サマセット・モームの「作家の手帳」を読んだとして、とてもサマセット・モームのことがよく理解できたかと問うと、YESでありNOであろう。ブログもまあ、その程度ということになる。

2007年5月27日

ブログの慣性

 ブログの慣性というのは、ブログの感性の、仮名漢字変換間違いではない。言いたいことは、ブログを沢山書いていると、頭の中で、ある種の慣性作用が働き、具体的に言うと、思考が短距離走になってしまう、ということである。
 例えば、ブログを書き始めてから、本を読んでその内容をダイジェストするのは、多少うまくなったように思う。しかし、明らかに低下した、と思うことがあって、それは、詰将棋を解いたり、作ったり、コンピュータのプログラムを書いたりする、という意味では、ネガティブに働いているように思われる。
 真のブログの達人というのは、きっと、短距離力と長距離力をうまく使い分けているに違いない。この辺のノウハウはよく分からないが、ちょっと意識して、長距離力も使うようにしてみよう。その結果、ブログの件数が減ったとしても、それはそれで仕方ないことである。

2007年7月20日

ペンネームの由来

 このブログの親ページの方で、私が使っているペンネーム「森 綾太郎」について、ある人から由来を聞かれたので、簡単に説明させて戴く。
 ことは、大学時代、将棋部に在籍した頃に遡る。その頃、将棋を指していて、とても助かる緩手や悪手を指してもらうと、「望外!」と言って喜ぶのが常だった。少しだけ普通と違うのは、その使う頻度が多すぎるだけである。そうして、単に「望外」といってもつまらないので、作家の森鴎外をもじって、「望外、望外、森望外」というようになった。ところで、森鴎外の本名は、森 林太郎であった。そうして、当時の将棋部には、「綾」という言い方があった。すなわち、「この局面なら綾がある。」「もう、綾なしである。」のように使う。すなわち、ここでは、「綾」を、ここではなにか手段がある、みたいな意味で使っている。譬えは悪いが、暴力団が、「綾をつける」という言い方をして、因縁をつける意味に使うが、それとあまり違わない意味である。日常では、「綾」という言い方は、とても使用頻度が低いが、将棋部ではとてもよく使った。そこで、森 林太郎の「林」を、「綾」におきかえたのが、ペンネームの由来なのであった。
 注意して戴きたいのは、私は決して森鴎外の小説を沢山読んでいる訳でも、森鴎外のファンである訳でもないことである。寧ろ、彼の軍医の時代、脚気に対して適切な対応をとらず、多くの将兵を無駄に死なせてしまったことの大失態を咎めたいほどである。それでも、記号的な意味しかないので、私は、「森 綾太郎」というペンネームを使い続ける。

2008年6月25日

ブログに費やす時間

もう4月のことになるので、2ヶ月以上前だが、久々に遠方から来た友人に会った。論語でいうところの、「亦、楽しからずや」である。その友人は、これもまた奇特なことに私のブログを見てくれているのだが、「あんだけブログが書けるとは、よっほど暇なんだね。」と指摘されて、反論できず、苦笑するよりなかった。

実際、このようなつまらないブログでも、構想を練って書き下すまで、1つ平均30分はかかる。ところで、今、ブログは、814エントリだから、これ全体を書く時間は、814×30=24420分、時間に換算すると、407時間。一日の労働時間を8時間とすると、これは、51日分にもなる。

ブログを書き始めたのは、去年の3月だから、まだ1年3ヶ月しかたっていない。そのうちのほとんど2ヶ月分の労働時間に相当するものが、ブログに費やされた、というのだから、「よっほど暇なんだね。」というコメントに対しては、アブソリュートリーと、照れて下手な英語で答えるよりない。

では、そうやってブログに耽溺することで、本業が疎かになったかというと、意外にそうでもない。管理職を下りて実務に戻ったことで、実ワークの成果が見やすくなったせいもあるが、去年は入社以来最高の実績に近かった。今年になっても、特にペースは落ちていないし、無理している、というほどでもない。まあ、心のことなので、いつブレークダウンするか分からないが、もし、パタリとブログを止めたとしたら、私の心のモーターというかエンジンが故障してしまったと思って戴きたい。人間だから、常にそういう可能性はある。

ただ、膨大な時間を費やすブログが全くの時間の無駄かというと、本業の生産性に多少なりとも貢献している面はなくはない。

まず、文章を書く速さである。文章というのは、思いついて、書き下すまで幾許かの時間が必要であるが、そのタイムラグが圧倒的に縮まった。もちろん、その時間セーブの合計が51日分に匹敵するなんてことは絶対ないが、仕事が外回りの営業とかでなくて、まさに、書いていくら、の仕事なので、本業にもポジティブな影響はあった(と思いたい)。

次に、日常のとてもつまらないことにも注意が向くようになった。例えば、ブログにも書いたが、インドの人から貰ったベジタリアン・フードの成分が気になる、などである。世間では、数学基礎論の専門家みたいに、余計な興味はもたず、深く狭く興味を絞っていって成果をあげる人もいるだろうが、私はいかなることにも非専門家であり、すると、広く浅く、世間一般のことを生きている間考える、というのが妥当な生き方である、と自分を納得させるようになった。

さらに、ブログは、消さない限り、ずっと残る。消すのは結構面倒なので、よほど公序良俗に反すると思われるもの意外は放置する。それで時間がたって読みなおしてみると、自分の考えといえども、かなり変化があり、他人のそれに近くなってるいので、また新たな考えが浮かぶ。こうして、自己満足であるが、考えが深化しているように思い込むことはできる。

という、ブログを書くことが無駄ではない、という自己弁護であるが、無駄かもしれないとどこかで思っているがゆえの釈明であった。

2008年7月14日

スパム・コメント

私は、自分のブログに対してコメントを戴くことは基本的に歓迎なのだが、しかし、前から一度言おうと思っていたのだが、例えばコンピュータで自動生成したような、下記のようなスパム・コメントが、大体一日に10件、多いときには、30件くらい来る。

それを消去する手間は、大したことはないのだけれども、やはりあまり愉快なものではない。しかも、意図が全く分からない。

意図が分かるスパム・コメントとは、どんなものかというと:
- 振り込み詐欺的なもの。例えば、あなたに、○○ドルが当たりました。ついては、手数料として、○○ドルを振り込んで下さい、のようなもの。
- 時間もスキルもかけず、年収を10倍にする方法、教えます、的なもの。
- こんな馬鹿な内容のブログを書く奴は、死ね、みたいな誹謗コメント。
- あなたは、神を信じますか。○○教は、絶対の救いをもたらします、的なもの。
- かわいい子、紹介します、○○にメール下さい、のような風俗勧誘的なもの。
- 聞くだけで、あっと言う間に英語がペラペラになれます、のような自己啓発的なもの。
- 何かの商品の紹介。

 このうち、「年収を10倍にする方法」のようなものだけが、私のメール・アドレスに届くことがある。なにしろ私のブログにコメントを書いて戴く奇特な人は多くないので、ときどきは、意図が分かるスパム・コメントまたはトラック・バックもあればいいのに、と思うことがある。そういうものも、ときには、面白いかと。下記のような無意味なスパム・コメントだけだと、なんだか~である。

そうはいっても、誹謗・中傷のコメントがないのは、ありがたい、というべきだろう。私はあるときなど、「靖国神社に英霊はいない」などという、右翼の人がみたら激怒しそうな内容のブログを書いたことがある。しかし、特に何もコメントがなく、ほっとしたけど、しかし、ちょっぴり残念であった。



thanks for letting me view your guest book and giving me all the information
<a href=http://orvillecupples.freemysqlphphosting.com/com5895.html > com </a> <a href=http://douglasmack.freehostplace.com/free365.html > free </a> <a href=http://earlhinson.hostevo.com/free7461.html > free </a>
[url=http://euniceestep.hostedwith.us/com5810.html] com [/url]

2008年7月29日

誘蛾灯

このプログを書き始めた頃、CGIを勉強していて、form組み込みブログという記事を書いた。最初の頃は、自動生成されたスパム・コメントが来ることはほとんどなかったが、記事の数が、500個を超えたあたりから、多い日には、20個以上も、スパム・コメントが来るようになった。

それで、普通に戴くコメントであれ、自動生成されたスパム・コメントであれ、コメントは必ず、1つの記事に関連付けられたものであるが、観察してみると、ほとんどの自動生成されたスパム・コメントが、上記の「form組み込みブログ」の記事に関連付けられていることが分かった。これはいかにも不思議である。

「form組み込みブログ」の記事の他の記事との違いは、<form>~</form>というformタグをもっているかどうかである。下記がそのソースである。すると、自動生成されたスパム・コメントは、formタグを目指して、群がっていることになる。これではまるで、誘蛾灯ではないか、ということになる。

<form>
<input type="button" value="クリックして下さい" onclick="alert('ですYO')">
</form>

しかし、これは理由なしとしない。formタグがあると、例えば、onclick=などの指定で、いろいろな処理が指定できる。これは、場合によっては、セキュリティ的に悪意のある動作の温床になることがある。例えば、コメント自体にタグを埋め込んでおき、form組み込みブログから、コメント自体に埋め込んだ悪意ある処理を呼ぶようにすることもできる(はずである)。スパム・コメント、油断ならず、なのであった。

About blog

ブログ「Commutative Weblog」のカテゴリ「blog」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。