2009年2月アーカイブ

海賊防止法

| コメント(0) | トラックバック(0)

少し前のWebに、下記のような記事があった。

ソマリア沖海賊対策で護衛艦とP3C哨戒機の派遣に向け、現地の情報を収集する防衛省の調査チームが2月8日、成田空港を出発した。2月20日までの日程で、海賊が活動するアデン湾周辺のジブチ、イエメン、オマーンのほか、米海軍第5艦隊司令部があるバーレーンを訪問。活動拠点を決める上で必要な情報を集め、海賊取り締まり状況の情報交換をする。1カ月程度の準備をした上で、海上警備行動が発令される。

この調査を受けて、いよいよ日本で、海賊防止法の法案が作成・提出されることになった。この法案の特徴は、自衛隊による、海賊活動制止のための武器使用を可能とする、ということである。従来は、警察官職務執行法を準用し、自衛隊法による海上警備行動では、武器の使用は、認めていなかった。しかし、ロケット弾も保有すると言われるソマリア沖海賊に対しては、こちらも相当の武器を使用しないでは対抗できないと判断したのだろう。

武器使用基準は、警職第7条を援用した。すなわち、正当防衛、緊急非難以外に、凶悪犯罪の犯人が逃亡したり抵抗したりした場合にも、武器を使用できるとした。ただ、ベースは海上保安庁が主体であり、海上保安庁で対応困難な場合にのみ、自衛隊が補完するものと位置づける。

これを、武器使用権限拡大で、自衛隊による治安維持活動の解禁と危惧する人たちがいるらしい。憲法第9条との関係である。しかし、ほとんどの物資を海外からの輸入に頼っている日本は、海上輸送路が命綱である。そこを武力をもって脅かす者がいるとすると、そこに自衛隊の戦力を使えないなら、国益の損害は甚大である。こういう自国防衛的な武器使用は、当然に憲法第9条の許容範囲と判断されるべきであろう。それさえ許さない憲法というのは、ほとんど意味がないと思う。もちろん、これ以上の拡大解釈は許さないように注意する必要がある。

一方で、軍隊や海上警察だけに頼っていられないと、民間会社も出始めている。すなわち、ソマリア沖で海賊が横行する中、船主との間の人質解放交渉を仲介し、襲撃の防止法を伝授する海賊対策ビジネスが英国でブームとなってきているという。

英国の南部プールにあるドラム・クサック社は、1992年創業の海賊対策コンサルタント会社であり、社員約100人の多くは英軍特殊部隊上がりで、ディクソン氏自身も海兵隊特殊部隊で26年間勤め上げた。

同氏は、〈1〉海賊が狙った船をハイジャックするのに要する時間は15分〈2〉船を制圧下に置くと、無法海域のソマリアの領海に移動〈3〉英語や仏語に堪能な一味が船主に接触――などの手口を明らかにした。

海賊は、最初は1000万ドル台のケタが違う額を要求。解放条件をひんぱんに変え、交渉には3か月程度かかる。この間、海賊が占拠した船に飲み水、食べ物を届け、乗組員の安否を確認するのもコンサルタント会社の仕事という。こういうのを見ると、海賊とコンサルタント会社がグルではないのか、という疑いもでてくる。

国際海事局(IMB)の調べでは、2008年には世界で293件の海賊による襲撃・未遂事件があり、うち92件はソマリア沖アデン湾に集中した。ソマリア沖が、メッカであるようだ。

ただ、疑問は、Wikiなどによると、ソマリアが、世界最貧国の一つである、ということである。海賊行為のための武器を備えるためには相当の費用が必要であろう。すると、当然に、どこからか資金援助がなされていなくてはならず、それはどこなのか、また、手の込んだ手段や、英語や仏語に堪能なスタッフなど、どう考えても、ソマリア土着の人たちの仕業とは思われない。

iPS細胞の応用

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞に、iPS細胞の応用のことが書かれていたので、例によってメモしてみる。

その典型的な応用例は、治療法の研究である。例えば、心臓の疾患のある患者の皮膚細胞を取得し、これに、iPS細胞を引き起こす、三つ乃至四つの遺伝子を導入する。すると、1ヶ月くらいで、iPS細胞に変化する。これは、ES細胞によく似ており、半永久的に増やすことができる。こうしてある程度増やすと、分化誘導法を適用することで、心筋細胞や、神経細胞などを作り出すことができる。

このようにして作製した心筋細胞は、患者と同じ遺伝子をもつ心筋細胞なので、その患者特有の疾病の研究ができ、また、特有の薬の研究もできる。

このようにして研究を行える疾病として、例えば、脊髄性筋萎縮症(SMA)、筋萎縮性側索硬化症(ALS)がある。

その他、細胞移殖治療、再生医療への応用が考えられる。本人由来の細胞なので、免疫拒絶反応の懼れもない。

ただ、分化誘導法は万能ではなく、肝臓や脾臓の細胞は誘導できない。また、再生医療への応用の際の、腫瘍形成の防止についてはまだ課題が多い。これについては、iPS細胞から誘導した神経前駆細胞の集団に未分化の細胞が0.01%混入していると腫瘍が形成されることがわかったという。

その他、新聞に書かれていた実験例として、マウスで、iPS細胞から角膜を形成できたこと、マウスとヒトのiPS細胞から、血小板を作製したこと、iPS由来の色素上皮細胞や視細胞の作成が研究さけていること、心筋細胞のシートをiPS細胞から作って、心筋梗塞部分を修復できることなどかある。

また、山中教授がiPS細胞を形成するために使用したのは皮膚細胞であるが、間葉系幹細胞だと高品質のiPS細胞ができるという。よって、どの部位の細胞を、元の細胞として使うかの研究もする価値がある。

ともかく、iPS細胞はその端緒についたばかりで、まだ一般的に実用レベルには達していない。地道にみていくこととする。

猫カフェ

| コメント(2) | トラックバック(0)

Webで、猫カフェなるものがあるのを知った。

若い頃、新宿の歌舞伎町に、ノーパン喫茶なるものがあると聞き、友人と何度も足を運んだ。要するに、ノーパンでミニスカのウエイトレスさんが、給仕してくれるのだが、とうとう、片鱗さえも垣間見ることができず、高いお茶代に終わったのが記憶に残っている。

で、猫カフェとは何?と聞くと、そんな、ノーパン喫茶と一緒にせんといてんか、となぜか関西弁で叱られそうな気がする。

そういうつもりはなく、私も実は愛猫家のはしくれ、猫の可愛さは分かっているつもりだが、ノーパン喫茶で、スケベ心とお茶を飲む気持ちが両立しなかったように、猫の可愛さと喫茶の雰囲気も果たして両立するのか、とつい怪訝に思った次第である。以下、疑問:

  1. 猫は、とても個性豊かな動物である。個性豊かとは、どういうことかというと、いろいろな奴がいる、ということである。不揃いの林檎たちではなく、不揃いの猫たち。がさつなやつ、走り回るやつ、爪を立てるやつ、寝てばっかりいるやつ、高いところに上がりたがるやつ、そういうのがうろうろしていて、落ち着いて、コーヒーとか飲んでいられるのか。すると、カフェのマスターは言うだろう、そんな猫の一挙手一投足が気になる人は、来て戴かなくて結構です。猫がいればそれだけで和める、という人だけ来て戴ければいいのです、と。ううん、そうか。
  2. 猫は、食べたものをゲボッと吐く癖がある。なんでも、毛玉を吐くためらしいが、そのため、私は週に一度は、ティッシュや雑巾で、床を拭いているような気がする。自分の飼い猫だからいいけど、折角猫カフェと思って行ったら、ゲボッと目の前でやられたら、やはりいい気しない。その点は大丈夫なのだろうか。これについては、カフェのマスターも、回答に困るのではないだろうか。

ところで、そうは言っても、猫を見ていると和むというのは分かるが、でもなぜ和むのか。

例えば、友人がいるとしよう。働かないでいつもごろごろしている。とてもわがまま。とりあえず、少なくとも、こっちにつっかかってくることはない。でも、大事なことを相談しても、思い出したように向こうに行ってしまう。そういう友人がいたとして、和むだろうか。それこそ猫的であるが、人間ならむしろむかつくのではないか。

ただ、その友人が、実は異性の友人だったとしよう。すると、働かないでいつもごろごろして、とてもわがままだとしても、まあええやん、と急に思えてくる。むしろ、ばりばり働くタイプだと、息つまるやん、と思う。なぜか関西弁。

それと同じ乗りで、あの猫の格好で、ごろごろしたり、引っ掻いたり、走り回ったり、跳んだりするからまあ和めるのであって、猫でなくて犬だと、急に襲い掛かられるのではと緊張するし、といろいろ考えると、猫カフェというのは、猫の個性と、猫好きの感性の微妙なバランスで成り立っているようである。私は、というと、愛猫家のはしくれ中のはしくれであるが、もしかして、猫カフェは馴染まないかもしれない。やはり、カフェでは静かに本を読んでいたいものである。それでも、知り合いの家に行ったときのアメショーのように、初対面なのになついてくれて、膝の上で眠りだす、ということがあるなら、猫カフェも病み付きになってもいいのだけれども。だってうちのトラは、餌がほしいとき以外、私に近づこうともしないのだから。

アニムスとアニマ

| コメント(0) | トラックバック(0)

アリストテレスに、デ・アニマという著書があって、これはどうも、魂の話らしいが(読んだことないので)、ここでいうアニムスとアニマという用語は、ユンクによるものである。

ユンクによれば、夢の中に現れる異性像、すなわち男性であれば女性像、女性であれば男性像を、それぞれ、アニマとアニムスと呼んだ。これを私が勝手に言い換えると、いかなる男性も心の中に女性をもち、いかなる女性も心の中に男性をもっている、ということになる。

これはなぜか素粒子論を思い起こさせるのであって、すなわち、クォークは仮想的に、赤、青、緑の属性をもつが、赤単体ではクォークは存在しえず、原子核の中では、赤、青、緑の3種のクォークが共存して、結果的に、白色に中和された状態で存在している。

これとの類推で、いかなる人も、アニムスという色の心的クォークと、アニマという色の心的クォークの混成状態なのである。すると、そうは言うが、人間の場合は、アニムスとアニマの混成状態とはいえ、生まれてくるときは、男性か女性のどちらかではないか、という疑問は当然に出てくる。しかし、それこそが、南部陽一郎先生の唱えられた、自発的対称性の破れであり、卵子と精子が受精したときに、男性か女性のどちらかに決まってしまうのである(かなり嘘くさいか?)。

で、問題は、アニムスとアニマの混成状態の度合いと、男性か女性のどちらに生まれてくるかは、かなり独立であることである。その結果、アニムスの強い女性、アニマの強い男性というのが存在する。

それでは、アニムスの強い女性はレスビアンで、アニマの強い男性はゲイなのか、と問うと、どうも、そうである場合もあるが、そうとは限らないと、どこからともなく答えが返ってくる。なんとなく響いてくるのは、アニマの強い男性は寧ろ軍人であり、アニムスの強い女は寧ろ、女優である、というものである。また、アニムスの強い男性は科学者であり、アニマの強い女性は、看護師である、という。なぜと問うても、例によって答えはない。

ただ1つ言えそうなのは、世間に言う英雄とか有名人は、アニムスとアニマのバランスがかなり偏った人ではないか、ということである。さらに始末が悪いのは、ストーカーだの、犯罪者と言われる人たちも、アニムスとアニマのバランスが悪い人たちなのではないか、と推察されることである。

ここまで書いてきて、プラトンの「饗宴」の一節を思い出した。すなわち、「饗宴」によると、かつては人間は、完全なる姿をもち、それゆえに、その力をもって神々をほろぼそうと企てた。ゼウスはこれを憂い、他の神々と相談した。神々の力をもってすれば、人間達を殲滅することはたやすい。しかし、それでは、神々を奉る者たちがいなくなってしまう。そこで、ゼウスたちは一計を案じて、人間を半分に引き裂くことにした。半分に引き裂かれた人間は、その片割れを求めてさまよう。これで、すっかり力が殺がれてしまっている。「饗宴」のこの理論の面白いところは、引き裂かれる前の人間には、男男、女女、男女があった、というのである。男女が引き裂かれて、男と女になると、それぞれ、女と男を求める好色家になる。男男、女女は、引き裂れても、それぞれ、男、女を求めるいわゆる、ホモセクシュアルである、というのである。そこで、真の男というのは、もともと男男なのであり、従って、男の中の男は、寧ろ、男を愛するのである、というギリシャ独自の理論となる。

ところで、本来の意図は、結婚しない男、あるいは結婚しない女を、アニムスとアニマの混合による無色性で説明しようと思っていろいろ書いてきたが、プラトンの「饗宴」を持ち出した途端に、収拾がつかなくなったので、この辺で止めておく。

頑固と無知

| コメント(0) | トラックバック(0)

周囲に、頑固な人がいて困る、ということがない人はいないのではなかろうか。また、ある個人をみたとき、どうしても特定の分野では頑固になってしまうことは逃れられないと思う。ただ、頑固で困るという人は、非常に広い分野で頑固で融通が利かないという意味である。

それで、ふと考えているうちに、頑固と無知は等価なのではないだろうか、という命題に想到した。大まかには同意してもらえるだろうが、細部では、本当にそうなのか、と疑問をもたれるであろう。そこで、以下、証明する。

先ず、あることで頑固であるとする。すると、他人の意見し参酌しないし、書籍やWebなどで調べることもない。すると、その特定の分野で、知識が広がることはないので、無知に留まる。これで、頑固→無知が示された。

逆に、無知だったとする。そこで、ソクラテスを持ち出して、無知であるなら、無知を自覚していればいいではないか、という議論は当然でてきて、それを乗り越えるのがこの命題の山場である。そこで補助的に次のような例を出す。私は下手の横好きで料理を作ったりする。自分でも下手なことは分かっているので、料理に関して、ソクラテスに叱られることはないと思う。しかしである。何か凝った料理を作ろうとしても、あまりにも未熟なのである。魚の捌き方1つ知らない。すると、作る料理が非常に限定されてしまう。誰かに、○○を作ってほしいと依頼されても、できないので、結局適当に作る乏しいメニューから選んで、お茶を濁してしまう。それが1つの頑固の形態でなくて、なんだろうか。


こうして、無知は必然的に頑固につながるのである。これで、無知→頑固が示された。ここで、定理を書き下す。

頑固と無知は等価である。

この定理は結構使えるのであって、周囲に頑固な人がいたら直ちに、無知だと思っていい、ということになる。すると今まではむかついていたのが、多少憐憫の情も出てくるだろう(心情的に、そう簡単でないことは私もよく知っている)。

この定理のさらなる応用は、自分の頑固の程度を低減する方法である(もちろん、ゼロにはならない)。それは、要するに、本を読んだり、人から話を聞いたり、旅行をしたり、事業をしたりして、見聞とスキルを広めることである。あまり知らない分野を織り交ぜる必要がある。一般的に言われているかどうか分からないが、私は、「永遠の初心者」という言葉が好きである。例えば、上記の料理であるが、自分でも、恐ろしく下手だな、と苦笑いする局面がよくある。プロのシェフはおろか、何十年も家事している主婦のレベルにも絶対に到達しないだろう。これが将棋だったら、下手をこいてもアマ初段のレベルはキープできるので、嘆息のレベルが違う。しかし、将棋のような比較的得意なものに自分を限定していてはいけないのである。興味がもてる、初心の分野を探し続けなくてはいけない。そういう意味では、今私が料理以外に初心者として興味をもっているのは、金融である。投資ではなくて、金融の仕組みそのものである。マンキューなどマクロ経済学の教科書にも、そのうち手を染める必要があると思っている。

また、自分の立場、年齢、キャリア、学歴、地位、専門、性別などにもあんまりこだらわない方がいい。ただ、興味はどうしても必要で、私はどうしても、株取引などの投資に興味をもつことができない。パチンコなどのギャンブルもそうである。そういう興味も、人生を豊かにするので無意味とは思わないのだが。ともかく、興味こそが、あらゆることのプロモータなのである。

で、人生の財産とは何かという議論だが、若い頃から思っているのは、上記のことから、一番の財産は、興味であるということである。もちろん人間関係が重要であること、論を俟たない。人は決して一人では生きていけない。しかし、人間関係は、絶対的に依拠するには、移ろい易すぎるのである。だから、とりあえず、自分の趣味というか興味は大事にしなくてはならない。それでいよいよ食べていけなくなったら、名誉ある餓死でもいいではないか、という極論で、この稿を終える。

台湾の民族言語

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webニュースによると、ユネスコが2月21日の「国際母語デー」に合わせて発表した調査報告によると、台湾に現存する14の原住民族が使う言語が消滅の危機に瀕していることが分かったという。

その中で、台湾では2番目に深刻な「重大な危険」に分類されたサイシャット語など17言語が消滅の危機に瀕していると認定された。また、バサイ語、パゼッヘ語、ホアンヤ語、ケタガラン語、タオカス語、パポラ語、シラヤ語の7種類が1950年以降に消滅が確認されているという。

こうやって淡々と報道されているが、素朴な疑問として、あの狭い台湾島に、なんという沢山の言語か゜生き長らえているのか、ということがある。

例えば、比較として日本を挙げてみると、そのままではほとんど通じない琉球語も、実は日本語と同系列なのだという。すると、日本で存在が確認されていて、日本語とは別系列の言語としては、アイヌ語があるだけである。台湾と比べて、この多様性の乏しさは一体何なのか。

1つの仮説として、次のように考えることができないか。すなわち、日本でも本当は、数十という多様な言語が各地で話されていた。ところが、邪馬台国の統一などで、無理やり言語的にも共通の言語を話すように強制されてしまった。しかし、その名残は残っていて、それは各地の方言である、というものである。

そうでなく、もし最初から少ない言語の話し手しか日本に住んでいなかったとすると、それは、島嶼からの伝来ではなく、大陸から、民族が移り住んできて、その人たちが、南方系とは異なる、ウラル・アルタイ語系の言語を話していたのではないか、という仮説となる。これも勝手な想像であるが、民族が移り住んだ結果は、言語図式的には単純化する傾向にあるのではないか。移住民族国家であるアメリカ合衆国が典型的にそうであって、今でも、アメリカ合衆国の大抵の人は、英語以外、ほとんど学ぼうとしない。

因みに、フィリピンでも、80以上の言語が知られているという。すると、島嶼の多言語性と言いなすことができるのではないか、と思われる。よって、島嶼で言語の多様性が見られないとすると、もともと島嶼でなかったか、人工的に一掃されてしまったか、ということになる。

さらに言うと、私には、経験的に島嶼が言語の多様性につながると思われる経験がある。すなわち、前にも書いたように、私は瀬戸内海の百島という島の出身なのであるが、直ぐ見えるところに、横島、田島という別の島がある。ところが、百島の人が喋る方言は百島弁、横島の人が喋る方言は横島弁と、聞くと明確に弁別できるのである。それはある意味、福山方言の変種なので、もちろん互いに通じないということはないが。なお、田島は、横島と隣接しており、横島弁との方言弁別性はなかったと思う。台湾の場合、沢山の島からなっている訳ではないが、山地が多く、人々の交流を困難にするような地形で、そのことが多様な言語を育んだとも言える。

戻って、台湾で、消滅の重大な危険にあるとされるサイシャット語とは、どのような言語なのか。Webで探しても、その言語系統の説明など、ほとんど見かけることができない。世界の110の言語について解説する、「世界のことば」朝日選書にも、もちろんない。ましてや、バサイ語、パゼッヘ語、ホアンヤ語、ケタガラン語、タオカス語、パポラ語、シラヤ語に至っては、何の手掛かりも最早ない。

ともあれ、ユネスコが、「国際母語デー」として、消滅の危機にある言語に関して警鐘を鳴らすのはよいことである。というのは、文化の本質は多様性にあるからである。

スーパー料理人

| コメント(4) | トラックバック(0)

私は、シェフというか、料理人という職業を、世間一般よりも肯定的に見る傾向があると思っている。理由は明らかで、実の弟が、プロの調理師だからである。趣味や生き方が全く違うが、ときとぎ田舎に帰って、弟と話すと、基本的なものの考え方に大差ないことを確認して、安心する。兄弟というのは他人の始まりで、下手したら他人より険悪な兄弟もいるが、私の場合は比較的仲のよい方かもしれない。

それで新聞を見ていたら「ひと」の欄に、杉浦勝男さんというシェフが紹介されていた。上記のような経緯から、つい注目してしまう。ビバリーヒルトンホテル総料理長という肩書きで、いかにも華やかである。

ビバリーヒルトンホテルというと、ハリウッドスターが集まる映画賞のパーティーなどが開催され、総料理長の杉浦さんは、陣頭指揮をとる。そこでは、シェフ・スキの通称で知られる。オバマ大統領もビバリーソルトンホテルの常連で、杉浦さんは直接オバマに料理をつくることもあるという。

そんな杉浦さんは、女二人、男四人の六人兄弟の末っ子で、高校を出ると横浜のイタリアレストランに就職したという。父親は国家公務員で、おそらく高学歴なのだろうか、自分のことを落ちこぼれと思っていたのかも、と杉浦さんは、言う。確かに、一般に料理人に対する世間の評価は高くない。弟が結婚するとき、恋愛結婚だったのだが、相手のお父さんに、板前のようなヤクザな仕事の男に娘はやれない、と反対された。弟は、確かに、いい加減な板前が多いのも事実だが、と自嘲的に苦笑していた。

さて、杉浦さんは、本物をみたいと、フィンランドに行った。イタリア料理のはずなのになぜフィンランドなのかよく分からないが、そこで能力を評価され、各国のホテルに何度も引き抜かれたという。そしてビバリーヒルズに落ち着く。結局、才能があった、ということである。

世の中に、料理を職業とする人は多い。とりあえずなるのは簡単だからである。しかし、これほど評価が直ぐに出てしまう仕事は、なかなかない。食べて不味ければ言い訳できない。また、継続的な努力を要する。即興で創造性を要求される。だから、弟と話していて、あるレベル以上の料理人になるのは、とても大変であることが実感できる。マンネリが許されないのである。

それゆえ、杉浦さんは、とてつもない努力をしている。自分で菜園を作り、自家製のビネガーを醸造する。見聞を広めるために、毎年アジアなどを旅行する。語学は、英仏独西の四ヶ国語をあやつる。勉強熱心で、午前2時より早く寝ることはない、という。

世間的にみてこんな立派な杉浦さんに弟は比べるべくもないが、しかし、弟は、自分は自分なので、誰かと比べないでほしいと言う。良くも悪くも、自分が創作する料理なのである、と。ここらあたりのこだわりは、私と似ているかもしれない。しかし、私の方がずっと安易に流すことができる立場にあって、これではいかん、と思う日々である。

結婚しない男

| コメント(12) | トラックバック(0)

結婚しない男も、結婚しない女も、いまどき珍しくないが、女性について私がとやかく言うと語弊があるので、ここでは、専ら、結婚しない男について論ずることにする。

先ず、最初の問題として、結婚しない男というのは、結婚する気がないのか、それともしたいけどできないのか、という基本的問いかけがある。

これはほぼ結論が出ていて、余程の例外を除き、結婚しない男というのは、基本的に結婚する気がない、というのが正解だと思う。

というのは、本当に結婚する気があれば、結婚相談サイトに登録したり、友人に紹介を請う、お見合いをするなどして、なんとかなる。そこで必要なのは、結婚を第1の優先順位に置いて、それ以外の自分の大事なことを多少なりとも犠牲にする勇気というか、諦めである。

では、どういう男性が、結婚する気がないのか。

その第1の類別は、女性に興味がない、というものである。例えば、美輪明宏、假屋崎省吾、イッコーさんなどである。はるな愛もそうか。これは、体は男でも、心は女なのだから仕方がない。

第2の類別は、女性と付き合って、手痛い目に遭ったことで、嫌悪感、恐怖感をもつようになった、というものである。離婚歴がある男もこれに該当するだろう。よくなされる議論として、カップルでも友人でも、似たもの同士がいいのか、逆の性格で補い合うのがいいのか、ということがあるが、この歳まで生きて、自信をもって言えることは、間違いなく似たもの同士の方がいい、ということになる。すると、男女は、付き合えばあうほど、違いが見えてくるものなので、嫌になる度合いも強いということである。

第3の類別は、セルフコンテインドな男性である。すなわち、心を潤す配偶者がいなくても、独居して趣味などに楽しく生きることができるということである。家事ができることが多いが、そうでない場合もある。セルフコンテインドである男は、女性にとってとてもつまらない。というのは、心の交流を求めていないので、とりつく島がない。趣味をあわせてくれることもない。自分の世界で逍遥している。

セルフコンテインドな男性の多くは、独楽の趣味をもっている。あるいは、独楽の仕事だったりする。独楽の趣味とは、読書、囲碁、将棋、プログラミング、山登り、旅行などであろうか。こういう趣味に没頭すると、異性がそばにいることがうっとおしくて仕方がない。もちろん、本能によって、女性を性的対象としてみたりすることがあるが、それでも女性と付き合うために越えなくてはいけない仕事関数というかバリアが大きすぎて、二の足を踏んでしまう。趣味に没頭していればいるほど、女性を必要としないメンタリティになる。

セルフコンテインドな男性の、セルフコンテインドネスが崩れるのは、どんなときかというと、失望、落胆のときである。例えば、典型的には、病気である。私はというと、20代の後半まで、結構セルフコンテインドで、独身で楽しくやっていた。それが崩れたのは、A型肝炎に罹ったときである。そういう私をみて母親は、こいつは一人で放置していたら早死すると思ったのか、私が退院すると、これでもかと、見合いをセットした。だいたいが女性との付き合いの経験がほとんどなく、一人でいろいろいやっている方が楽しい私が、女性にとって魅力的な訳ない。見合いはどんどん断られた。結婚する気がないにしても、見合いに断られ続けるのはやはり、愉快ではない。それで厭世的になって、これで断られたらもう結婚すまい、親の顔はもう立てただろう、と最後と思ってして見合いで決まってしまったのがよかったのか悪かったのか、どうしても手放しでは喜べないでいる。

さて、セルフコンテインドな男性というのは、相手を必要としないのだから、ある意味、完成されてしまっている人格である。ここで完成されているというのは、いかなる意味でも立派ではない。対人で、化学反応のようなことがない、ということである。元素なら窒素やネオンのようなものか。

その理論からすると、人間の誠実性としてどうかと思われるような駄目男が、意外に女性にもてたりする。化学物質の例だと、鉄のように、他の元素と反応とやすいのだろう。反応基をもつ女性は比較的容易にみつかる。

ただ、相手をみつけやすいということと、関係を持続するということは別問題である。例えば、私が20代前半のころ、間寛平みたいな顔の友人がいたが、とてもプレイボーイで、旅行にいく先々で、彼女ができる、という有様であった。本人曰く、その秘訣は優しさなのだという。その付き合う瞬間は、真剣に優しさを表現することができ、それが女性の琴線に触れるのだという。お前ももてるようにしてやる、と何度も講義され、実地を踏んでみろと、女性を紹介してくれたりしたが、全く功を奏さなかった。ただ、私の心が傷つき、余計に恋愛から遠くなってしまった。恋愛は、たわむれに、してはいけない。

そんなプレイボーイの友人なのだが、問題は、関係を持続できないことだという。仲良くなって、肉体的関係をもったりするともう何も興味がなくなってしまうのだという。そんな彼は、もしかしてまだ独身なのではないか、と30年も前に会ったきりの友人を思い出す次第である。

そこいくと、私のようなセルフコンテインドな男性は、なにかのきっかけで結婚すると、とりあえず関係を続けることはできる。楽しくではなくて、仕方なく惰性であったりするのであるが。すなわち、自分の世界に籠もって波風立てず日々暮らすというのが、果たして楽しい結婚生活なのかと自問するが、その答えには、黄昏の色合いがある。

だから、結婚しない男は、結婚しないままにしておくのが、案外と正解なのではないかい、と誤解を恐れず、つい言いたくなる。少なくとも、結婚しない男が軒並み結婚しないままでも、人類は滅びることはないのである。

尊敬される企業

| コメント(0) | トラックバック(0)

世界で最も尊敬される企業というと、どの会社を普通思い浮かべるだろうか。一時代前なら、GE、IBM、ヒューレット・パッカードなどの米国の多国籍企業であろうか。なぜかマイクロソフトの名前を挙げたくないのは、偏見だろうか。

最近だと、まあ、グーグルなのでは、と思われる。その圧倒的なコンセプトと、実行力には舌を巻く。

ところが、2月16日付米投資情報週刊紙バロンズが行った2009年「世界で最も尊敬される企業」調査で、一位にリストされたのは、医薬品・健康関連用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソンなのだという。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの製品は、日常的によく行くドラッグストアにも置いてあると思うが、ほとんど意識することもない。実は私は、P&Gと、ジョンソン・エンド・ジョンソンの区別もあまりつかないほどである。例えば、田舎の中年の主婦だと、デルとかレノボとか言われても、は??というレベルだろう。それと同等である。

このような、ある意味、コモディティのメーカが高い評価を受けるというのは、不況の影響を受けにくいという、赤字という記事で私が書いたことと符合する。

それでは流石に、投資銀行の類は全滅だよね、と思っていたら、第2位は米著名投資家のウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイなのだという。これは実に意外。金融素人の私でも、ウォーレン・バフェットという名前は知っているが、今の時代にあって、投資会社で高い評価を受けるとはどういうことなのかと、その特異な経営実態を是非知りたいと思う。

三位は、日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル。これは、ジョンソン・エンド・ジョンソンと同じ流れで理解できる。

ところが四位は、突然、アップル。これはちょっと意外。やはり、iPodなどのコンセプトが評価されているのか。

五位は、ウォルマート・ストアーズ。こういうのを見ると、地味なコモディティの時代なのか、とつい言いたくなる。それと同様なのか、マクドナルドが七位に浮上してきたという。

では、ITの星、グーグルはというと、前年6位から、26位に転落した。深刻な不況には勝てなかったということだろう。

まとめると:
(1) 日用品、医薬品のメーカは不況でも強い。
(2) 強烈なコンセプトがあれば、伸びていける-アップルなど
(3) 金融分野でも、堅調にやっていく手法は、ちゃんとある
というところか。

羽生の将棋入門

| コメント(1) | トラックバック(0)

アマゾンから、「羽生善治のみるみる強くなる将棋入門」池田書店の案内のメールが送られてきた。もちろんこういう本は買わない。どうみても羽生が自分で書いている訳なく、誰かゴーストライターがいて、羽生は名前貸ししているだけなんだろうけど、いつから羽生は、こんな単なる名前貸しするようになったのだろう。

昔は羽生も、紛れもなく、よい棋書の著者だった。典型的には、「羽生の頭脳」シリーズである。ほとんどの戦法を網羅し、プロでもうなる変化が書いてあった。正直、私の棋力には辛いレベルの高さだった。

ところが、「羽生の法則」とかいう本を出し始めた2003年頃から、羽生の本はほとんど買う気がしなくなった。王者の貫禄で、初心者向けの本を出すという雰囲気だからである。例を挙げると、ノーベル物理学賞をもらった物理学者が、大学教養レベルの学生に、嬉々として力学入門を講義するようなものである。

名人を極めた棋士は皆そうなのか、というと、先輩格の谷川は違う。一見初心者向けのようでも、きっちり谷川らしい工夫と主張が込めてあって、読んでとてもためになる。将棋の格はともかく、将棋の本を書く格は、どうしても羽生よりも谷川の方が上だと思わざるをえない。

それでも、名棋士はだいたい、あまり棋書を著すことに熱心ではない。大山しかり、中原しかり、升田に至っては、実は、東公平がほとんどゴーストライトしていたようである。

そこいくと、将棋が強くて、とても中身の濃い棋書を書くのは深浦である。彼の一連の最前線物語は、時代を画すと言っていい。それでいて、羽生にほぼ五分の星をのこしているのだから、恐れ入る。

若手では、村山慈明の本がいい。昔、村山聖がいた頃は、「終盤は村山に聞け」と言われた。今は、「序盤は村山に聞け」と言うときの村山は、村山慈明である。彼の序盤戦術の本は秀逸である。ただ、私レベルではついていけない。ちゃんと理解するには、アマチュアトップの力を要するだろう。

それと、前にも書いたが、勝又清和は、大学で数学を専攻したこともあって、とても筋道立てて説明するのがうまい。「最新戦法の話」は、以前もブログに書いたように、名著である。また、人格がよくて、アマチュアにも丁寧に教える。人格がよすぎるのが災いして、どうしても上にいけないようであるが。

あと、沢山将棋の本を書いているけど、誰も評価しないのが、所司和晴。その著書は何冊あるかしらないけど、眠くなるね、と評される。メリハリを欠くのか。しかし、棋士を育てる才能はぴか一であり、渡辺明、松尾歩、宮田敦史と三人もメジャーな弟子がいる。

ついでに昔の話をすると、将棋の本で最早古典に属するのは、山田道美の「現代将棋の急所」。この本を悪く言う人を見たことがない。当時は、佐藤大五郎とか、大山のインチキの変化が書いた本が横行していたのであるが、「現代将棋の急所」は、何も足さない何も引かない、正真正銘の正しい変化が書かれた本で、誠実味溢れていた。当然に、当時の最新の変化をカバーしていた。特に振飛車破りのところは、今でも通用するのではないか。

早世した山田道美に代わって誠実に本を書いたのは、加藤一二三。悪くない本だとは思うが、山田道美よりも掘り下げが浅い印象はあった。

あと、大内延介の「振飛車破り57銀左戦法」。穴熊使いの名手にしては、振飛車破りの名著であった。私の年代の将棋ファンは、この本を読んで、強くなったはずである。

それ以外に、内藤国雄の横歩取りの本、有吉道夫の玉頭位取りの本、米長邦雄の「米長の将棋」シリーズなどが、印象に残るだろうか。羽生の本の話から始まったのに、昔話になってしまった。

もっと昔だと、木村義雄の「将棋大観」がある。この本は一応買ったが、ほとんど読まずじまいで、結婚したとき手狭になったので、友人にあげてしまった。

幽霊なんかいない

| コメント(3) | トラックバック(0)

新聞の書籍広告をみていたら、日本評論社が、「高校で教わりたかった物理」田口善弘著があった。こういう本の広告は大抵は見過すのだけれども、そこに添えられている解説が気になった。次のようなものである。

あなたは、「幽霊なんかいない」と断言できますか? 科学者は即座に断言します。どうしてでしょう?

おいおい、何これ、と思った。大抵の人はこういうのを見て何も思わないのだろうか。

先ず、ここで言う科学者とは、なんの科学者なのだろう。一番典型的なのは物理学者であるが、物理学者が言えることは、物体同士が距離の逆二乗で引き合うことに言及したり、ゲージボソンの存在と質量を予測したりと、定義的に、物質やエネルギに関することだけである。どこをどう叩いても、幽霊がいるとか、いないとかの議論は出てこないはずである。

もしかして、例の大槻教授の、人魂生成のことなのだろうか。燐などで火の玉が作れるから、人魂の灯りは、物理学で説明可能で、そうでない人魂はない、というものであるが、そうやって人魂のようなものが生成できるからといって、どうして、あらゆる人魂が、その仕組みで生成していると言えるのだろうか。

例えば、以前ブログで、ユークリッド素数列のことを書いたが、確かに、ユークリッドの方法で次々に無限に素数が生成できることは証明できるのだが、それが全ての素数を網羅するかどうかは、その証明は極めて難しい。そこにも書いたように、数学者の黒川信重氏は、リーマン予想よりも難しいかもしれないという。尤も、リーマン予想が証明されると整数論その他に、とても広い展望が広がる。ユークリッド素数列の網羅性が証明されたとて、何も展望はない。悲しいほどに閉じた問題である。

これとの類推で、あることの構築性、生成性が示されたとしても、それの網羅性は別問題である。このように、物理学が、下手に余計なことに口を出すと、却って馬脚をあらわすことが見て取れる。

物理学は寧ろ、超対称性や、ダークマター、多次元宇宙に話を拡げていくと、われわれの身の回りにある物質と、非常に微小な相互作用しかしない、典型的にはニュートリノのような存在を想定しなくてはならなくなり、すると、下手すると、ニュートリノは、幽霊に近い存在となってきて、到底、「科学者は即座に断言します。」などと言えなくなるのである。例えば、ダークマターを語るとき、物理学者は皆、遠くを呆然と眺める目になるはずである。

その幽霊を肯定するスピリチュアリズムなのであるが、意外にも、博物学者のウォーレスや、犯罪人類学の創始者ロンブローゾ、化学者クルックス、イギリスの物理学者で点火プラグの発明者であるオリバー・ロッジ、ノーベル生理学・医学賞を受賞し、アレルギー研究の父でもあるシャルル・ロベール・リシェなど、ちゃんとした科学者の信奉者も少なくない。

で、私の言いたいことは結局、「高校で教わりたかった物理」の本は、幽霊がいるだのいないだの、物理学で取り扱えないことに言及しないで、淡々と物理を語ればいいではないか、という月並みのことである。

ヒルベルト23の問題

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヒルベルトが、1900年の国際数学者会議で、数学の諸問題と題して、いわゆる23の問題について講演した。それは記念碑的なものであった。まさに、公理論的数学の幕開けだった。ヒルベルトは理想に燃えていたのである。それは、もしかして、1960年代のブルバキの活動にまで受け継がれるのかもしれないが、今では、ブルバキの集合論的構造主義を信奉する人たちはほとんどいないはずである。

実際、志村五郎なども、公理論的アプローチにはほとんど興味はなく、そこから有意義なことが得られるとは思えないという趣旨のことを書いている。

それでも、ヒルベルト23の問題とは何なのか、ということを知っておくことは無意味ではない、と思い、「ヒルベルト23の問題」杉浦光夫編、日本評論社に従い、メモしてみる。

  1. その第1は、連続体の濃度に関するカントールの問題、すなわち、端的に言うと、整数の濃度(加算無限濃度)と、実数の濃度(非加算無限濃度)の間に、中間の濃度があるかどうか、というものである。これは連続体仮説とも呼ばれるが、連続体仮説の否定の証明不可能性、すなわち無矛盾性が、構成可能公理から得られるという。ううん、既についていけない。

  2. その第2は、算術の公理と無矛盾性。やたら、「無矛盾性」が出てくるのは、当時の公理主義の雰囲気をよくあらわしている。実は、算術は、あらゆる数学の理論の基礎になっているので、算術の公理こそが土台という訳である。よって、これについて、1931年にゲーデルが不完全性定理を打ち出したことは、画期的であった。しかし、誰よりもゲーデル自身が、この定理は、ヒルベルトの前提を突き崩すものではない、と擁護している。

  3. その第3は、等底・等高の四面体の等積性。これは、素朴にそういう問題なのではなくて、分割等積という概念を考えて、初めて問題になる。却ってややこしい。

  4. その第4は、二点間の最短距離としての直線、であって、いわゆる非ユークリッド幾何の測地線のことかと思っていたら、ユークリッド空間、または射影空間内の凸領域の完備な距離空間でそれを考えるというのだから、どうも、非ユークリッド幾何とは話が違うようである。

  5. その第5は、位相群がリー群になる条件。あれっ、位相群=リー群と私は勝手に思っていた。実は、リー群とは、位相群の中でも、群が解析的多様体になる場合であって、その前提を用いると、第五問題は、位相群Gの位相が局所ユークリッド的であるなら、リー群と言えるか、というものである。

  6. その第6は、突然毛色が変わって、物理学の諸公理の数学的取り扱いに関するものである。物理学の諸公理とは何か。エネルギー保存の法則なのか。光速一定の法則なのか。そうではなく、どうももう少し広い意味で、数理物理学の公理論的扱いのようである。確率論や、量子力学におけるヒルベルト空間、古典力学における正準形式など。このような精神は、今の理論物理学者に営々と引き継がれていて、超弦理論の隆盛?にもつながっている。成果が豊富であるかどうかは、また別問題である。

  7. その第7は、種々の数の無理性と超越性。これは、問題としては分かりやすい。例えば、ある数が有理係数の代数方程式の根である場合、それは無理性ではありえるが、超越数とは呼ばれない。例えば、πの超越性の証明は難しい。さらには、2の2の平方根乗が超越数かどうかなど。これは、ゲルファントによって解かれた。ヒルベルトは、2の2の平方根乗が超越数かどうかの証明は、リーマン予想よりも難しいと思っていたそうである。分からないものである。

  8. その第8は、素数分布の問題と、リーマン予想。おお、これこそ大御所。いまだに難攻不落である。

  9. その第9は、一般相互法則である。これは、ガウスがこよなく愛した平方剰余の相互法則の一般化であり、1913年にフルトヴェングラーによって証明された。

  10. その第10は、ディオファントス方程式の可解性の決定問題。いかにも、無理そうな課題であるが、それは1960年代にロシアの青年マチャセビッチによって否定的に証明された。さもありなん。

  11. その第11は、任意の代数的数を係数とする二次形式の理論を構築せよ、という要請である。しかし実は、これは、1890年頃に、ミンコフスキーによって、有理係数の二次形式の理論として完成されていたとも言えるのであった。

  12. その第12は、いわゆる類体論である。高木貞治の十八番であり、今も志村五郎などによって盛んに研究されている。

  13. その第13は、一般7次方程式を、2変数の関数だけで解くことの不可能性。ううん、なんとspecificな問題なのだろう。しかし、これには、ガロア・アーベル以来の伝統があって、5次以上の代数的方程式が一般的には代数的には解けないという定理にこだわり、エルミートらは、楕円関数の五等分値によって5次方程式を解き(純粋には代数的ではないが)、特殊な6次方程式も解いたというので、もう一歩いけないか、というところなのだろう。この問題は、1957年に、ロシアの数学者、アーノルドによって否定的に解決された。

  14. その第14は、不変式系の有限性である。これは結局、永田雅宣によって否定的に解決された。イメージが掴みにくいので、さらっと述べるよりない。

  15. その第15は、代数幾何学の基礎付けであるが、するとグロタンディークの業績ではないかと思っていたら、「正解」は、ファン・デア・ベルデンと、アンドレ・ヴェイユによって、代数幾何学の基礎付けはなされたのだそうである。グロタンディークが聞いたら、激怒しそうである。とはいえ、代数幾何学の創設は、かの、エンミ・ネーターであるという。なるほど。あと、広中平祐の実質的師匠、ザリスキーの名前も欠かせない。

  16. その第16は、実代数曲線及び曲面の位相、というものであるが、こういうのは、代数幾何学とは呼ばないのだろうか。どうもそう呼ばないで、実代数曲線のトポロジーと呼ばれるようである。

  17. その第17は、正定値有理関数は、完全平方式の和であらわされるか、というものである。これは、1927年に、アルティンによって肯定的に解決された。

  18. その第18は、結晶群、敷き詰め、最密充填という3つの問題を含む。結晶群の問題とは、ユークリッド空間で、結晶群は有限個かというものである。敷き詰めとは、ユークリッド空間を、多面体で敷き詰められるかどうか、という問題である。最密充填とは、合同な図形に、なるべく密に詰めるにはどうするか、という問題である。

  19. その第19は、正則な変分問題の解は、常に解析的か、という問いで、いかにもそうであるように思われるが、本当はどうなんだろう。で、概ね肯定的に解決されたようである。概ねというのは、ある種の形の方程式では成り立たないようなのである。

  20. その第20は、ディリクレ問題の一般化。ここでいうディリクレ問題とは、いわゆる偏微分方程式の境界値問題のことである。

  21. その第21は、与えられたモノドロミー群をもつ線型微分方程式の存在証明。これは、これ以上コメントすらできない。

  22. その第22は、保型関数による解析関数の一般化。これは一意化変数を用いた一般化とも言える。これは、物理学に出てくるリーマン面の理論とも関係する。

  23. その第23は、変分学の方法の研究の展開。第19でも変分が出てきたので、ヒルベルト先生、変分学がお好きのようである(というと、なにか変態のようであるが)。ここらあたりは、ファインマンの経路積分とか、寧ろ物理学に関係が深い。;

以上のように、ヒルベルト23の問題は、多岐に亘っており、かなり狭いと思われる問題もあるが、後世の数学者によって無視された問題はなく、みんな真面目に取り組んでいる。ヒルベルトの威光というべきだろう。

しかし、それから100年あまり、ヒルベルト先生も驚くほど数学は多岐に発展し抽象化して、全貌を見渡すことができる者は誰もいなくなった。仕方がないが、困ったものである。

新ブログについて

| コメント(0) | トラックバック(0)

前に述べた事情によって、Movable Type Ver.4のブログに移行したことで、やっと人並みの機能をもつブログになった。

ここで言う人並みとは、次のような機能のことである。

  1. カテゴリ毎の件数が見える。
  2. 最新のコメントが専用フレームにリストされる。
あれっ、いろいろあると思ったら、この程度か。

ともかく、内容では到底勝てないが、機能的には池田信夫氏のブログみたいにはなった。アマゾンとかのアフィリエイトするには、別途のカスタマイズが必要であるが。

で、問題は旧ブログである。気まぐれに画面デザインを変えてみたら、どうもインデックス再構築する必要があるらしくて、ところが、旧ブログは、エントリが1100以上もあるのが災いして、再構築処理がタイムアウトしてしまう。そこで、旧ブログは、真っ白な超素朴なテンプレートになってしまった。どうでもいいの極地。

エボラ出血熱のワクチン

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webニュースによると、感染者の過半数が死ぬエボラ出血熱のワクチンを、河岡義裕・東京大医科学研究所教授(ウイルス学)らが開発した。マウス実験で効果を確認したという。

最近、鳥インフルエンザの脅威が語られているが、そのインフルエンザに罹ると、6.2%が入院を要する症状となり、入院を要する症状となると、その致死率は、32%ということだから、致死率は結局2%程度である。

しかし、エボラ出血熱は、一旦罹ると、その致死率は65%と、桁違いである。それで、私の印象では、エボラ出血熱は、最強のウィルスなのである(将棋が趣味なので、つい「最強」に肯定的意味を与えてしまう。困ったものだ)。ただ、ほとんどがアフリカでの発病例で、日本での感染報告はない。

ただ、もしかして意外に汎用的な方法かもと思われるのは、研究チームが昨年、ウイルスが自ら増殖するのを担う遺伝子を除去するのに成功した、ということである。これは、新型ワクチンの記載に沿えば、インフルエンザであるなら、一旦増殖した細胞からウィルスを剥離させるためのNA蛋白のようなものの形成を阻害する、ということになる。すると、感染した細胞はやられるかもしれないが、感染の拡大が抑えられるので、致命的になるのが防げるという訳である。

こうして増殖機能を抑えたエボラ出血熱でワクチンを作り、マウスで試したところ、ワクチンを接種せずに感染させたマウス10匹は6日後にすべて死んだが、接種したマウス15匹は2週間以上生き続けたという有意な効果があったという。

ところで、河岡教授は、ふと考えると、とても怖いウィルスの実験をしていることになる。家に帰ったら、家族が3メートル以内に近寄らないのではないだろうか。食事も、一人でさせられたりして。そうでなくても、お父さんは、家族に避けられるものなのに。

楽しむ者に如かず

| コメント(0) | トラックバック(0)

将棋新聞によると、囲碁の張栩名人は、対局の後の宴会などで、碁盤があると、なるべくその近くに座るそうである。理由は、「碁盤の近くにいたいんです。少しでも強くなれそうな気がするから。」

現在の囲碁界で、張栩名人は四冠であるが、山下敬吾、高尾紳路、羽根直樹、井山裕太など他にもつわものがいて、張栩が最強とも断言できない。しかし、上記の発言を聞くと、張栩名人よりも、囲碁に「恋して」いる者が他にいるのだろうか、と思ってしまう。

一方将棋では、誰もが認める第一人者、羽生がそうかもしれない。というのは、羽生は、対局前、駒を並べながら、微笑んでいることがあり、対局相手が不気味にさえ感じることがある、という。先日のNHK杯戦でも、中盤で、手を読みながら、やはり微笑んでいた。考えるのが、楽しくて仕方がない、という風である。

こういう微笑みをみて、寧ろ、プロの方が理解に苦しんだりする。というのは、プロ棋士であれば寧ろ、将棋は必死で修行した勝負事なのであり、勝った楽しさよりも負けた辛さの方がずっとそこに沁み込んでいる。たから、対局前、緊張で顔を強張らせることがあっても、なかなか微笑む心境にはなれない。

だから、羽生より将棋が好きな棋士もいないのではないか、という推量も成り立つのである。

ただ、である、論語を真に受けて、学は楽しむ者に如かずと、楽しむ者が一番のように思っていると、それも違う。

例えば、私は相当に数学が好きで、数楽者というのがあったらそれに該当するかもしれないが、そのレベルは、せいぜい、大学理系教養学生の平均程度であろう。大学理系平均と聞いて、東大や東工大だけを思い浮かべてはいけない。全国の無名私立大学も足さなくてはならない。だから、好きだからといって、吹けば飛ぶよなレベルであって、数学の方からは全く愛されておらず、こういうのを片思いというのだろう。

将棋に戻って、アマチュアなのだけれども、心底将棋が好きで自分の子供たちに必ず駒の名前にちなんで名づけた人がいたが、ではその人の棋力はというと、アマ二段程度なのであった。多分、私にさえ勝つことは難しいだろう。

ということで、強いということと、好きということは何の関係もなく、だからたまたま、棋界の第一人者がその道の芸道が心底好きだと話題になるのであった。

コメント

| コメント(5) | トラックバック(0)

Movable Type 4に移行して、見やすくなった、ブログの更新が容易になったと喜んでいたら、とんだ伏兵がいた。

記事にコメントを書くのに、サインインが必要になったのである。すなわち、自分でわざわざユーザーIDを登録して、パスワードまで設定する必要がある。それだけでうっとおしくて、たたでさえコメントを頂くことが少ないこのブログに、ほとんどコメントがなくなることを懼れる。

しかし、もう後戻りできない。開き直って、ただひたすら書きたいことを書くことにしよう。自分用のメモとして。

いろいろ設定を変えたら、サインインなしでコメントできるようになりました。お騒がせしました。

クビになりやすい社員

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webをみていたら、クビになりやすい社員というのがあった。リストラが横行する中、どうしてもリストラ候補をリストしなくてはならない、という辛い仕事が管理職にあることがあるが、その場合に、どういう点に着目してリストラの候補を選ぶかというチェックリストであると考えることもできる。以下、その内容(引用のところを青字にした):

①自分の会社のことを他人事のように話す

実際、評論家みたいな人が会社によくいる。第三者的にいろいろコメントするのだけれども、じゃあ君は、どう汗流してくれんの、みたいな問いかけを、かわしてしまう。実に頼りにならない。会社の批判ようなことは私もよく言うので、下手したらこれに該当してしまうが、私は少なくとも、自分の代案は盛り込むように努力している(本当か?)。

②社会常識がない

ときどき勘違いしている人がいて、自分は優秀でクリエイティブなのだから、自由な勤務態度でいいみたいな雰囲気で、平気で遅刻してきたり、突然早退したりする人がいる。研究部門で、いつも道を歩きながら新しい理論を考えている人ならまあ許せると思うけど、普通の管理部門・事務部門にそういう人がいたりするので、驚きである。ところが、研究部門の人に聞いても、あるレベル以上の研究者で、いいかげんな勤務態度の人はいないという。そうだよね。

あと、困るのはメールに返事くれない人。結構立派な人でそういう人もいて、だから駄目とは決め付けつけられないのだけれども。

③いつも不平不満を口にしている

おっと、これについては私は、他人を批判する資格はない。なんかいつもぶつぶつと不満を口にしているような気がする。

ところで私はいかなる意味でもマザコンではないが、母親から教えられた以下の二つの教えはいつも心にある。
(1) 「偉い人というのは余計なことは言わないものだ。」これについては、すいません、私はいかなる意味でも、偉い人ではありません、と謝るよりない。
(2) 「成果を誇ったら、一瞬にして成果の値打ちがなくなる。」これについても私は、謝るよりない。どうみても謙虚から遠いからである。結構自慢したりする。ただ、ボトムラインとして、自分がやってもいないことを自分の成果と言いなしたり、実際の内容以上に過大にみせることは避けるよう努力している。守れている自信はないが。しかし、外資系企業にあって、粉飾してでも成果をアピールしなくては評価されないみたいな気風にはどうしてもついていけない。母の教えは、そこまでは否定しきれないからである。

不満を言ってもいいが、光栄ある、積極的な不満ならいいという言い方もなされる。しかし、線引きは難しい。どんな環境にあっても、きっとお釈迦様は不満を言わないと思う。だから、不満を言う自分を未熟だと思う感情はどうしてもあることになる。

④いつも人間関係がスムーズにいかない

確かにそうで、もちろん私も含めて、大抵の社員は凡人なので、人間関係がスムーズでないとチームワークというか仕事がうまく機能しない。自分自身については、どこに言っても、数は多くないが親身になって話せる友人を見つけることができた。だから人間関係は比較的スムーズだったと言いたいところだが、管理職のときは、部下の扱いで大変苦労した。部下は、とびきり優秀でなくていいけど、周りの人とうまくやってくれる人がいいといつも思っていた。そうでないと調整コストが大変なのである。研究部門だったら、グロタンディークみたいな人がいてもいいと思うけど、流石に無理か。

⑤会社という市場で主導権を握っているのは自分だと勘違いしている

よく、自分がルールブックだ、みたいな人がいて困る。ルールを勝手に捻じ曲げるからである。また、時代の流れに全く追随しないのも困る。一時代前は、手書きでメモしてそれを秘書にタイプインさせる「猛者」がいたが、流石にそれはもういないか。

最後に、経営者として最後まで残したいというのはこんな社員なのだという。

「私の経験では、いちばん頼りになるのは、黙々と一生懸命仕事をするやつ。そして、お客さんのところに骨身を惜しまず顔を出す、足で稼ぐやつですね」

うん、そうだよね、と自分に言い聞かせるようにして、この稿を終える。

癌遺伝子

| コメント(1) | トラックバック(0)

以前、DNAM-1という、キラーT細胞を活性化することによって癌細胞を攻撃する仕組みの記事を紹介したが、先日紹介した中山敬一教授らのグループは、癌の増殖を抑える「p53」という遺伝子の働きを、主として胎児期の細胞に多く存在する「CHD8」というタンパク質が阻害することを発見したのだった。

ところが、どうもp53は重要な遺伝子らしくて、最近、正常な細胞が癌細胞に変わるのを直接防ぐ遺伝子を、国立がんセンター研究所の大木理恵子研究員(分子生物学)らが特定したという。

すなわち、すべての正常細胞は遺伝子「Akt」の働きが異常になると、癌化することが知られている。通常、癌抑制遺伝子p53が司令塔となって、Aktが癌化するのを防いでいるという。

ところが、指示を受けて働く遺伝子の正体は謎だった。そこで研究チームは、癌細胞が死ぬことなく異常に増殖することから、細胞死を引き起こす遺伝子「PHLDA3」が癌化と関係があるのではないかと注目し、ヒトの肺癌細胞を調べたところ、この遺伝子が欠けていることを突き止めた。また、Akt遺伝子の働きも異常に活発化していたことも確認した。

すると、癌遺伝子に関しては、癌増殖の司令塔としてのp53、細胞死を引き起こすPHLDA3という遺伝子、p53の働きを抑えるCHD8というタンパク質、そして、文脈からはその働きがよく分からない遺伝子Aktあたりが、とりあえずの配役ということになる。

ところで、何度も引用する、iPS細胞作成のための遺伝子である4種の遺伝子は、Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2であるが、上記p53だの、Aktと比べてみたとき、その命名法の一貫性が見えない。これは、機会があったら調べてみることにする。

リーマン破綻の真相

| コメント(0) | トラックバック(0)

リーマン・ブラサーズはなぜ破綻したのか、という疑問は当然にあるが、サブプライムの影響による、金融恐慌のため、くらいに大まかにしか自分では理解していない。

ところが、幸便にも、「早わかりサブプライム不況」中空麻奈著、朝日新書にその解説があるので、自分用のメモとして書いてみる。

リーマン・ブラサーズ破綻の背景としては先ず、2008年7月に、政府支援機関(GSE)である住宅専門の金融会社「ファニーメイ」と「フレディマック」が、市場で株を売り込まれて、存亡の危機あった、ということがある。

それらの会社の業務は、住宅ローンを民間金融会社から買い取って、それらをまとめて巨大プールをつくり、住宅ローンから得られるキャッシュ・フローを裏づけとして、投資家に住宅ローン担保証券を販売する、というものであった。

すなわち、民間から買い上げた住宅ローンに、GSEとしてファニーメイまたはフレディマックという名前をつけて信用を高めるという効果があった。ファニーメイまたはフレディマック住宅ローンを買い上げる審査はかなり緩いもので、サブプライムローンのような質の悪いものもどんどん買い上げた。これは民間金融会社にとって幸いであって、買い上げてもらうことにより、住宅ローンの貸し倒れリスクを逃れることができる。

こうして、2008年3月末で、ファニーメイとフレディマックをあわせて、米国全体の住宅ローン残高の4割強にあたる5兆ドルを保有するに至った。そのうち、サブプライムローンの占める割合は、5%だった。たった5%とはいえ、サブプライムローン破綻の報道は、投資家の心理にインパクトを与える。リーマン・ブラサーズ所属のアナリストの、「GSEは債務超過に陥っている」というレポートはさらに不安を煽った。そのため、投資家は、ファニーメイとフレディマックの株式をどんどん売り始めた。2008年7月のことである。

米国政府は、GSEが破綻すると大変なことになると危惧し、GSEへの資金注入を可能にする、住宅公社支援法をわずか2週間で成立させた。ところが、そこからが政府の態度が煮え切らない。ポールソン長官は、「GSEを直ちに救済する予定はない。」などと余計なことを言うものだから市場は収まらず、ファニーメイとフレディマックの株式の売りは続くばかりであった。

どうも米国政府は、公的資金を注入して、公社ではあれ企業を救うということに踏み切れなかったものと思われる。しかし流石に9月7日になって、流石に背に腹はかえられず、GSEに対する資本注入をようやく決定した。実は、GSEの長期債を保有している大半は、海外の組織なのであった。特に、中国、欧州、ロシア、日本などである。こういうところがGSEの長期債を売りに出すと、GSEの長期債が暴落し、ひいては米国債も連動して暴落しかねない。

ともかく資本注入でGSEはとりあえず救われたが、このもたつきで、海外投資家の米国政府に対する信頼は相当痛んでしまったのである。

ここで話がリーマン・ブラサーズに行くと、わずか2007年の末頃には、リーマン・ブラサーズはまだ、勝ち組とみなされていた。しかし、2008年の春に財務悪化が露見し、3~5月決算で、27億7000万ドルの赤字の見通しとなった。

9月になってリーマン・ブラサーズの業績は悪化の一途を辿ったが、リーマン・ブラサーズはGSEのように救済されることを期待した。しかし、米金融当局は、とうとう公的資金注入に動かなかった。

メリルリンチはバンカメに買収され、AIGは政府の資本注入を受けたのに、なぜリーマン・ブラサーズは見捨てられたのか。それを中空麻奈氏は、メジャーな海外投資家がリーマン・ブラサーズに付いていなかったせいだ、と仮説を立てる。実際、メジャーな海外投資家がからんでいると、その金融会社を破綻させると、メジャーな海外投資家に大変な迷惑をかけ、信頼をなくし、米国債なども売られてしまうかもしれない。

なぜリーマン・ブラサーズにメジャーな海外投資家がついていなかったのか。中空氏によると、金融機関の証券化商品の評価額低下の対処方法には、「評価損」と「実現損」の2通りの処理方法があるという。「評価損」は時価会計に基づき、損失を計上する。「実現損」は、値下がりした資産を売ってしまう。後者は買い叩かれてしまうため、損失は大きいが、ともかく市場の動向にかかわらず、それ以上の損はしない。

もしリーマン・ブラサーズが、きちんと損失を計上することを2007年頃から始めて、海外資本を募っていれば、海外投資家の米国金融機関に対する信頼はまだ残っている時期なので、リーマン・ブラサーズは、メジャーな海外投資家からの資金を集めることができ、すると、AIGとともに、政府の資本注入を受けていたかもしれないのである。依然として仮設にとどまるが。ともかく、リーマン・ブラサーズの経営者の判断の甘さは否定できないところであろう。それがうまく運を引き寄せられなかったということである。

ところで、いつもブログを読ませて戴いている池田信夫氏が、慶應義塾大学経済学部教授の池尾和人氏と共著で、『なぜ世界は不況に陥ったのか』という本を出すという。その本にも、「アメリカ金融危機の深化と拡大」について述べた章がある。知識を確認して理解を深めるための前提知識を得る本として、「早わかりサブプライム不況」中空麻奈著、朝日新書は、初心者の私にも分かりやすく書いた良書であったことを述べておきたい。

マイクロソフト認定資格

| コメント(0) | トラックバック(0)

テレビを見ていたら、マイクロソフト認定資格のCMが流れていた。そのイメージキャラクタが、ちょっと意外なことに、エド晴美で、彼女自身も、なにかのマイクロソフト認定資格を取得しているのだという。

また、マイクロソフト認定資格にはどんな種類があるのかと調べてみたら、下記のようなリストがあった。

・マイクロソフト認定テクノロジー スペシャリスト(MCTS)
・マイクロソフト認定 IT プロフェッショナル(MCITP)
・マイクロソフト認定プロフェッショナル デベロッパー(MCPD)
・マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP)
・マイクロソフト認定デスクトップサポートテクニシャン (MCDST)
・マイクロソフト認定システムアドミニストレータ (MCSA)
・マイクロソフト認定システムエンジニア (MCSE)
・マイクロソフト認定データベースアドミニストレータ (MCDBA)
・マイクロソフト認定アプリケーションデベロッパー (MCAD)
・マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー (MCSD)
・マイクロソフト認定トレーナー (MCT)

試験科目はというと、SQLサーバ、Visual Studio、Windowsサーバ、Windows Vista、Exchangeサーバなどがあり、街のパソコンスクールで学ぶ、WORDやExcelとは少し違っていたので、なぜか安心した。

ところで、ある意味、私ほど公的な資格であれ、このような一私企業の私的な資格であれ、資格とは縁が遠い人はなかなかいないが、それでも、資格の有意義性は当然に肯定する。というのは、資格の準備のためには、全貌を見渡すような勉強が必要であり、それによって初めてまとまった知識を塊を習得することができるからである。特に、医師、歯科医師、薬剤師、弁護士、弁理士、司法書士などの場合、資格試験で認定するアプローチはベストではないにしても、なかなかよりよい代替の認定方法が見つからない。

しかし、マイクロソフト認定資格であれ、情報処理技術の資格であれ、コンピュータ系の資格がどれほど意味があるのか、という疑問はずっともっている。というのは、コンピュータ系のスキルというのは、要するに、下記のどれかにカテゴライズされると思うからである。

1. システム構築スキル。OSの導入や、ネットワーク構築スキルが含まれる。
2.トラブル解決スキル。システムに、バグやトラブルはつきものであり、これをどう解決するかのスキルは非常に重要である。
3.プログラム作成スキル。いわゆるコーディング・スキルである。よく、コードを書いたこともない人が、コーディングを馬鹿にすることがあるが、とんでもない話で、よいアルゴリズムを選んで、センスのよいコードを書くことは非常に難しい。場合によっては、間に合わせのアルゴリズムを考え出す必要があることもある。
4.仕様作成スキル。顧客から、要求を聞いて、仕様を作成するスキル。これはある意味、SEの中核スキルの一つではないだろうか。
5.マニュアル作成スキル。ドキュメンテーションの能力がないと、折角作成したシステムも意味がなくなる。
6.システム教育スキル。初心者や、何も分からない管理職達にきちんと教えるのは大変なスキルと忍耐力を要する。

なぜコンピュータ系の認定試験の意義が乏しいのかというと、上記どのスキルも、実際にやってみて、その成果をみる以外にほとんどスキルを見極めることができないからである。例えば、プログラム作成スキルをとってみたとき、認定試験で可能なのは、穴埋めや択一問題程度であるが、それでは、プログラム作成の構想力を垣間見ることさえできない。

もし私がシステム作成関連のスキルのある人を見極めようとすると、例えば、1時間程度で書けるあるアルゴリズムの問題を出し、CでもPerlでもRubyでもVisual Basicでもいい、自分が使える言語でそれをコーティングしてもらう。それを見れば、だいたいのセンスは見極めることができる。もっといいのは、今までに構築したシステムのことで、解決した課題を説明してもらうことである。質問者が、システムで本当に苦労した人であるなら、核を突く質問ができるはずであり、それによってかなりな程度、システム構築及び維持スキルを見極めることができる。逆にいうと、そういう手間をかけないコンピュータ系の資格はいよいよ意味がない。

マイクロソフト認定資格の別の問題は、それが、単一ベンダのシステムに関するものであることである。今のようにオープンソースやさまざまなベンダのシステムが入り組んだ環境では、マイクロソフトだけのシステムを見ていてもどうしようもない。

そんな前提は分かっているけど、この不景気に、何か少しでも売りになるものとして、認定資格というものがあるよ、というのがマイクロソフトの言い分なんだろうけど、まあ。

就活

| コメント(0) | トラックバック(0)

就活という言葉がある。就職活動の略だが、私が若い頃にはなかった言葉である。すると、ええと、私が若い頃はなんと言ったっけ、採用面接とかあまり決まりきった言い方はなかった。ましてや、就活のような、短縮形で語られることはなかった。1990年代の就職氷河期を経て、就職活動が、私が若い頃よりもはるかに大変な行事になってしまったのだろうか、そんな推察をしてみる。

そう思っていたら、本屋で、石渡嶺司氏と、大沢仁氏の「就活のバカヤロー」光文社新書があったので、早速買ってみた。実は、「最高学府はバカだらけ」石渡嶺司著、光文社新書以来、私は石渡嶺司氏のファンであり、その真面目且つユーモアのある文体が気に入っている。

さて、「就活のバカヤロー」は、学生、大学、企業の3つの観点から語るところが面白い。

先ず、学生では、イタい就活が語られる。イタさにはいろいろ理由があるけれども、単純に常識がなかったり、学力がなかったり、謙虚さがなかったり、傾向と対策に偏りすぎていたり、とかである。

先ず意外に勘違いしてるのが、資格が活きるのではないか、ということ。これはどうもそうではない。エントリーシートにずらっといろいろな資格を書き連ねていると却って逆効果になる。また、合コンの乗りなのか、面接で一発芸をする学生がいる、という。あと、慶応などで有名ゼミ出身であることをひけらかしたり、貧乏な生い立ちで苦労したことを自慢したり、ミーハー的に受けようとする会社がどんなに好きか褒めすぎたり、体育会系は有利だと勘違いして、大会の実績ばかり自慢したり、帰国子女なのか、語学力ばかり自慢したり、といろいろある。

こういうのを見ると、むしろ普通に常識的に、ある程度忍耐力と協調性があれば、それでいいと私は思うのだが、そういうことでは今の就活は、乗り切れないのだろうか。

大学の側では、今の少子化で、特に中堅私立は、学生を集めるのも大変になった。それで学生を魅了する売りは、就職のよさである。例えば、金沢工大など、入試偏差値はあまり高くないのに、ほぼ100%の就職率を誇るところもある。ということは、入学してからの指導と、企業とのコネクション強化で、いわゆる大学のランクとは関係なく、大学は就活は有利に立てるということである。それでいま、大学の就職サポート担当は大変なようなのである。

この本にもあるように、有名大学が就職に有利というのは否定しがたいものがある。だからこそ、必死で父兄は、子供に少しでも高い偏差値の大学を目指させるのだが、社会に出ていろいろ見てみると、そこのところがあまり、大学のランクと線形ではない。相当マクロなレベルでは線形なのかもしれないが、ミクロには非線形もいいところで訳わからない。

で、石渡氏自身も受験の勝ち組ではないので、共感できるのだけれども、自分が受験の勝ち組でないならそれはそれで開き直って、別の努力すればいいのである。世の中、受験勉強的能力がそのまま活きる局面は意外にそんなに多くない。むしろ、謙譲(ああ、私はこれがない)、忍耐(これはまあ、自信ある)、創造性(自分では普通と思うが)で対抗すればいいのではないだろうか。

ただ、みてると、研究職のような場合、採用に、どうしても大学のランクが線形に効いている。それは仕方がない。それでも、一番重要なのは、learnerよりthinkerの資質なので、天職と地職に書いたようなことも稀ではない。

さて、企業の側となると、私は面接採用官もしたことがあるので、多少、経験に従い述べることになる。ところが、私の面接採用官としての経験は、というと、失敗の連続で、私がいいと思って採用して、そのとおりよかった、という記憶がほとんどない。寧ろ、あまり期待しないで採用した場合に、意外な資質が光っているということの方が多い。それは、石渡氏が指摘するように、企業の面接官はアマチュアだらけなのである。私もまた、アマチュア面接官だったこと、論を俟たない。なにも修行していない。多少、いまやっている実務が分かることと、部下の管理に手を焼いていたことくらいである。

一応、面接シートというのがあって、それに従って聞いていくのだけれども、20分くらい初対面であって、なにが分かるのだろうか。第一印象が大事というけれども、何年も付き合った相思相愛のカップルでさえも不幸な別れに終わることが少なくないのである。こうして、残念ながら、学歴、語学力、容姿などの表面的なこととか、おおっぴらに言えないが趣味が似ていることとかで採用してしまう。趣味といえば、将棋が強いということで私が気に入って採用した人がいた。それでどうなったか、あえてその後のことは言わないことにする。

あと思うこととして、会社側の売りの文句として、働きやすい会社、ということが言われるが、その裏に、働きやすいということは、この快適な環境できっちり成果が求められるということを強調する必要があると思う。会社は、ディズニーランドじゃないんだから。また、現実として、どうしてもリストラもありえる。そんなの学生も分かっているのだろうけど、面接できっちり本音が言い合えないものか、とふと思う。

それで結局、百年に一度の不景気になって、ますます、就活の決め手なんてなくなってきた。すると小手先の面接テクニックではなくて、学生時代に真面目に勉強し、バイトもやって人間の幅を広げ、そうやって会社訪問して、それで採用されなきゃしかたないじゃん、といっても意味ないか。

あと、世間に人気がなく、よって、応募すれば採用されて、それなりにやりがいのある仕事も世の中には結構あると思う。仕事のロングテールである。Webなどを使って、その辺がもっとうまくいけばと思う。

そういうあたりを、リクナビやマイコミなどの就職情報会社がうまくリードすればいいのだが、寧ろ、就職偏差値などと言い出して、大学入試と同型の煽りを、就活の上で作り出している。予備校が受験産業として稼ぐ構図と全く同じで、結局、マスコミだの一流商社がいいんだ、じゃ、そこに入るにはどうすればいいんだみたいな、受験対策ならぬ就活対策を連ねるばかりである。その業界に疎い私は、ただ嘆息するばかりである。

幹細胞研究

| コメント(0) | トラックバック(0)

TIMEの2月9日号に、幹細胞研究の記事があったので、例によって、自分用のメモとして記述してみる。

幹細胞研究は、1963年、カナダの研究者、Ernest McCullochとJames Tillが最初に、血液中で、幹細胞の存在を証明したことに始まる。

それから35年経って、1998年にウィスコンシン大学のJames Thompsonが、人の胚性幹細胞(ES細胞とも呼ばれる)を分離した。

しかし、2001年、ブッシュ大統領は、宗教上の理由により、胚性幹細胞研究に対する政府の資金を抑制することの決定をした。それは、胚性幹細胞を見るために、政府提供の顕微鏡を使うことさえ許されない、という厳しいものだった。科学者は一様に、愚かな決定と地団駄を踏んだ。しかし、オバマ大統領は、今や、このような制約を撤廃することを約束している。

2004年、ハーバード大学のDouglas Meltonが、70個の胚幹細胞を作製し、世界の研究者にコピーを配布した。政府からの資金が期待できないので、民間資金によってこれを行った。

2006年、京都大学の山中伸弥教授が、マウスの細胞から、世界で初めて、iPS細胞を作製した。4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2を体細胞に導入する、という方法である。これの特許出願は、2006年12月6日になされた。このiPS細胞のニュースは、幹細胞の導師を自認するハーバード大学のMeltonにとって、晴天の霹靂だった。

2007年、山中伸弥教授とJames Thompsonは、各々独立に、ヒトのiPS細胞を作製した。

2008年7月、ハーバード大学のKevin Egganは初めて、iPS細胞から、患者特定の細胞を作製した。これは、この記事に対応するものと思われる。実は、2004年に、ES細胞を用いてこれと同じことを成し遂げたと発表した、韓国人研究者がいた。ソウル大学の黄禹錫教授である。当時、あまりにも画期的な業績だったので、世界に衝撃を与えた。しかし、2006年に、これは実験結果を偽造したものであることが露見した。別の意味の衝撃の科学スキャンダルであった。

2008年8月、ハーバード大学のDouglas Meltonは、ES細胞を集めて、インシュリンを生成しないタイプのマウスの脾臓細胞を、インシュリンを生成するものに変性させた。

2008年9月、ハーバード大学のKonrad Hochedlingerは、レトロウィルスでなく、DNAに組み込まれにくいアデノウイルスを使って、iPS細胞を作製した。これは、この記事で言及したものである。

2008年10月、ハーバード大学のDouglas Meltonのチームは、iPS細胞を作製するための4つの遺伝子のうち、癌を起すと知られているものを、化学物質で置き換えることによって、iPS細胞した。4つの遺伝子は、iPSによって生成された細胞が、ヒトに移殖される前に、取り替えられなくてはならない。

2008年10月、山中伸弥教授は、プラスミドを使って、iPS細胞を作製するための遺伝子を導入する方法を発明した。これも、この記事で言及したものである。

これは、TIMEの記事ではなく、最近Webニュースで見つけたものであるが、米ハーバード大研究員の八巻真理子・松本歯科大講師(幹細胞生物学)らが、コラーゲンを使って、ES細胞の癌化を防ぐ仕組みを実現することを、マウス実験で成功した。すなわち、ES細胞から立体的な細胞や臓器を作るのに、牛のコラーゲン製の人工素材を使った、というものである。

以上のクロノロジーを眺めると明らかに、ハーバード大学が、iPS細胞を含む、幹細胞研究の一大拠点であることに気付く。Meltonのリーダーシップによるところが大きい。あとは、京都大学、ウィスコンシン大学といったところが追っかけている。カリフォルニア大学も研究を始動したらしい。

こうして、幹細胞研究は、まだまだ若い、解決すべき課題が沢山ある、いわば才能溢れる人々にとって魅力的な分野であり続けるのである。

ブログ引越しの理由

| コメント(1) | トラックバック(0)

ブログ引越しといっても、同じアカウント内であって、単に別フォルダを切っただけである。

出来れば、前のURLのまま引っ張りたかったが、次のようなやむを得ない事情が生じた。すなわち、ブログのエントリが800個を超えたあたりから、ブログ書き込みの反映が失敗する頻度が高くなった。

特に、サーバの繁忙時である昼間や、深夜にその傾向が大きくなった。そこで、一計を案じて、朝6時くらいに書き込み内容をアップすると、成功する確率が高くなった。そのため、愚かな話であるが、プログをアップロードするためだけに早起きした。

ところが、ブログのエントリ数が1100を超えた2009年1月末頃からは、早朝にアップロードしても失敗する確率が高くなった。そこで、困った者は藁にもすがるで、サーバ借りしているニフティのLaCoocanに問い合わせしてみた。

しかし、ニフティが言うには、そのブログは、Movable Typeなのだから、サポートできない、SixApartに問い合わせてくれ、ということである。まあ、ご尤も。箱だけ貸しているのだよ、ということである。いや、箱だけでなくて、サーバ内で、MySQLや、Perl、PHPも使える。

そこで、SixApartにサポートを求めようとしたら、よく考えたら私は、無料ライセンスでMovable Typeを使用しているのであった。無料ということはサポートも当然にない。無料ライセンスであっても、年間6000円だかを払うとサポートが受けられるとあったが、今さらそういう費用負担は辛い。

そこで一計を案じたのは、Movable Typeのアップグレードである。私が今まで使っているのはVer.3.4で少し古い。今では、Ver.4.xがあって、こちらへのアップグレードも無料ライセンスで、得られる。

こちらの新しいバージョンなら、アップロードエラーの問題も解決されるに違いない、と信じて、SixApartのサイトから、Ver,4.23をダウンロードした。それはzipなので解凍する必要がある。そうして、単に同じフォルダにFTPでアップロードせよ、とある。よく分からず、久々にFFFTPを使ってアップロードした。ファイルが2000個以上もある。かなり重い作業ではあった。

移行作業は大変かと思ったら、Movable Typeはなかなか優れ者で、スクリプトが自動的に移行作業をしてくれた。

ところがである。Ver.4.23にしても、全然アップロードエラーは解消しないではないか。そこで、さらに思案を重ねて、別のプログを、同一アカウントに作ることにした。窮すればなんとかである。するとエントリは0から出発である。こうしてエントリ数を軽くすると、書き込みアップロードの問題は解消された。

折角なので、前のプログの先頭に、こちらへのリンクを置いた。

 ということで、一時は諦めかかっていたプログ生活も、生き長らえることになった。あれで止めとけばいいのに、という声も聞こえるような気がするが、もう少し粘ってみることにする。

ハイブリッドカー

| コメント(2) | トラックバック(0)

ハイブリッドカーといえば、今まではトヨタのプリウスがほとんど唯一であったが、ホンダが2月5日に、新型ハイブリッド車「インサイト」を発表し、プリウスを追うことになった。

ホンダの狙いは、ハイブリッド車としては初の200万円を切る189万円という値付けをしたことである。この値段だと確かに、庶民にもなんとか届く。インサイトの公称燃費は、リッター28~30キロ、プリウスの燃費であるリッター33~35.5キロには及ばないが、普通のガソリンエンジン車の二倍以上である。例えば、月600キロくらい走る人だと、月3000円くらい燃費が安くなる。

それでは、ハイブリッドカーとは何か。Wikiによると、作動原理が異なる二つ以上の動力源をもち、状況に応じて単独、あるいは複数と、動力源を変えて走行する自動車のことである。だから、水素エンジンとガソリンエンジンの二本立てでもいい訳だが、一般的には、電動モータとガソリンエンジンの二本立てということになろう。

ただ、問題は、ハイブリッドカーは非常に制御が複雑であることである。近年では、一般のガソリンエンジン車といえども、開発費における、ソフトウェアの開発コストが増大の一途である。エンジン、トランスミッション、エアコンなどを制御するため、ECUと呼ばれるマイコンが複数車には搭載されており、それを制御するために、CANと呼ばれる、LANのようなネットワークが車の中に存在する。CANの結線(ワイヤ)がシャーシの中を血管のように巡り、そのワイヤの重さも最早馬鹿にならない程である。

個別にECUを制御していると、ECUの数が増えてくると、全体を統一して制御することが極端に難しくなる。そこで、自動車のソフトウエアを部品化し共通化するため,ドイツDaimlerChrysler社やドイツBMW AG,ドイツRobert Bosch GmbHなどが中心となって2003年7月に、AUTOSARという組織が作られた。AUTOSARは、マイコンなどハードウエアの違いを吸収する仕組みを設け、ドライバ・ソフトウエアやOS上のアプリケーションを構成するソフトウエア部品を再利用することを意図する。こういう話を聞くと、1台の車が、OSをもつ単一のコンピュータと、複数のI/Oデバイスからなる組み込みシステムとして構成されようとしていることが分かる。

このように、ガソリンエンジン車にあってすら、ソフトウェアが複雑になってきているのに、ガソリンエンジンと電動モータを状況に応じて切り替えて制御するハイブリッドカーは、どう考えても、それらの間の連携をも制御しなくてはならないので、ソフトウェアは少なくとも三倍複雑である。だから開発費は高くなるし、それが車の値段に反映してしまう。だから、インサイトの189万円は、相当思い切った値段ということになる。

実はホンダは、これが初めてのハイブリッド車ではなく、2006年にシビック ハイブリッドを発売している。しかし、今回が初めてのハイブリッド車の本格デビューである。

一方、トヨタは、ハイブリッド車で圧倒的なラインナップをもつ。ただ、比較的下位モデルのプリウスSでも、238万3500円と、やはり高い。

今後他の各社もハイブリッド車を投入するらしいが、その意図は、おそらく、来る電気自動車に向けて、ノウハウを蓄積することにあると思われる。やはり車には、パソコンと違って多くのすり合わせが必要であり、そこに多大なノウハウが活きる余地があるのだと思う。垂直分業は、個々の部品についてしか成立しないかもしれない。

では、純粋の電気自動車は、というと、三菱自動車は、今年の夏にも、家庭用電源で充電して走る「アイミーブ」を発売予定という。純粋の電気自動車だと、燃費という概念とは違って、一回に要する充電時間と、その一回の充電で走れる走行距離、また、一回に要する電気代が気になるところである。充電時間は、200Vで8.5時間とまるまる一晩かかる。すると、バッテリの残りが少ないとき、急に遠出しようということが難しくなる。

ただ、アイミーブの場合、所定の駐車場に置いておけば、あらかじめ送電装置を埋設し電気自動車の車体にある受電装置にマイクロ波で電力を送電することで、自動的に無線で充電ができるようにするということである。

このように、車は、単に乗り物というよりも、いろいろな先端技術の担い手にもなっているようである。

ところで、Webニュースによると、日産はガソリンを使わない純粋の電気自動車(EV)を次世代エコカーの主力と位置づけ、2011年春までに日米で、2013年春までに世界各地で発売する計画を立てている。私の推察だが、今からハイブリッドカーを開発しても、トヨタ、ホンダには到底追いつけない。それなら、EVで、ということだろうが、EV自体も、上記のように、三菱自動車に後れをとってしまった。

日産は、正社員を含む大幅なリストラも報道されていたし、米政府には環境対応車の開発・生産促進を狙った総額250億ドル(約2兆2800億円)の低利融資枠の活用を、日本メーカーとして初めて申請したという他力本願的な面も覗えるし、不安感が見て取れる。

Webニュースによると、音楽著作権を管理する社団法人「日本音楽著作権協会」(JASRAC、本部・東京都渋谷区)が、テレビ・ラジオ番組で使う楽曲の使用料を巡り、同業他社の新規参入や事業展開を制限しているとして、公正取引委員会は独占禁止法違反(私的独占)で改善を求める排除措置命令を出す方針を固め、事前通知したという。

実はここに書いたように、公正取引委員会が初めてJASRACに立ち入り検査したのは、去年の4月ことである。それから10ヶ月あまり、公正取引委員会はこつこつと、証拠集めと排除のための理由付けに時間をかけたのだろうか。

ただ問題は、排除措置命令というけれども、具体的にどうするか、ということである。「どうするか」というのは、JASRACがどうするかということと、JASRACと契約しているテレビ局などのクライアントがどうするか、の2とおりある。

まず、クライアントがどうするか、の質問の方が分かりやすい。すなわち、JASRACはテレビ・ラジオの放送局との間で「包括的利用許諾契約」を結んでいる。楽曲の利用回数とは無関係に、事業収入の1.5%を放送局側から徴収する。このとき問題は、JASRACが同業他社を大きく上回る数の楽曲を管理しており、「使い放題」の包括契約は利用しやすいため、放送局側は同業他社と新たな契約を結ぶのを避ける傾向が強いということである。すると、JASRACが一部排除されたとして、既存のクライアントはどうするのか。仕方なく、競合の音楽著作権管理会社と契約するのか。その音楽著作権管理会社が管理していない曲を使いたい場合はどうするか。

一方で、JASRACは、排除措置命令に対してどう対応すればいいのか。そもそも、どういう内容の排除措置命令が出されるのか、さっぱり見えてこない。例えば、JASRACのWebの作品データベース検索サービス(http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/)があるのだけれども、そのコンテンツをすべて他社に公開せよとでも言うのだろうか。

すなわち、JASRACは、法律や値下げ、他社の営業妨害、抱き合わせサービスなどによって他社を排除するのではなく、コンテンツの契約の数の多さで実質的に他社を圧倒しているのだから、他社が膨大な手間暇かけて、JASRACに匹敵する楽曲ライセンスの契約数を達成しないと、独占禁止法適用も意味がないのではないかと思うのだが、いかがなものだろうか。

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。