台湾の民族言語

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webニュースによると、ユネスコが2月21日の「国際母語デー」に合わせて発表した調査報告によると、台湾に現存する14の原住民族が使う言語が消滅の危機に瀕していることが分かったという。

その中で、台湾では2番目に深刻な「重大な危険」に分類されたサイシャット語など17言語が消滅の危機に瀕していると認定された。また、バサイ語、パゼッヘ語、ホアンヤ語、ケタガラン語、タオカス語、パポラ語、シラヤ語の7種類が1950年以降に消滅が確認されているという。

こうやって淡々と報道されているが、素朴な疑問として、あの狭い台湾島に、なんという沢山の言語か゜生き長らえているのか、ということがある。

例えば、比較として日本を挙げてみると、そのままではほとんど通じない琉球語も、実は日本語と同系列なのだという。すると、日本で存在が確認されていて、日本語とは別系列の言語としては、アイヌ語があるだけである。台湾と比べて、この多様性の乏しさは一体何なのか。

1つの仮説として、次のように考えることができないか。すなわち、日本でも本当は、数十という多様な言語が各地で話されていた。ところが、邪馬台国の統一などで、無理やり言語的にも共通の言語を話すように強制されてしまった。しかし、その名残は残っていて、それは各地の方言である、というものである。

そうでなく、もし最初から少ない言語の話し手しか日本に住んでいなかったとすると、それは、島嶼からの伝来ではなく、大陸から、民族が移り住んできて、その人たちが、南方系とは異なる、ウラル・アルタイ語系の言語を話していたのではないか、という仮説となる。これも勝手な想像であるが、民族が移り住んだ結果は、言語図式的には単純化する傾向にあるのではないか。移住民族国家であるアメリカ合衆国が典型的にそうであって、今でも、アメリカ合衆国の大抵の人は、英語以外、ほとんど学ぼうとしない。

因みに、フィリピンでも、80以上の言語が知られているという。すると、島嶼の多言語性と言いなすことができるのではないか、と思われる。よって、島嶼で言語の多様性が見られないとすると、もともと島嶼でなかったか、人工的に一掃されてしまったか、ということになる。

さらに言うと、私には、経験的に島嶼が言語の多様性につながると思われる経験がある。すなわち、前にも書いたように、私は瀬戸内海の百島という島の出身なのであるが、直ぐ見えるところに、横島、田島という別の島がある。ところが、百島の人が喋る方言は百島弁、横島の人が喋る方言は横島弁と、聞くと明確に弁別できるのである。それはある意味、福山方言の変種なので、もちろん互いに通じないということはないが。なお、田島は、横島と隣接しており、横島弁との方言弁別性はなかったと思う。台湾の場合、沢山の島からなっている訳ではないが、山地が多く、人々の交流を困難にするような地形で、そのことが多様な言語を育んだとも言える。

戻って、台湾で、消滅の重大な危険にあるとされるサイシャット語とは、どのような言語なのか。Webで探しても、その言語系統の説明など、ほとんど見かけることができない。世界の110の言語について解説する、「世界のことば」朝日選書にも、もちろんない。ましてや、バサイ語、パゼッヘ語、ホアンヤ語、ケタガラン語、タオカス語、パポラ語、シラヤ語に至っては、何の手掛かりも最早ない。

ともあれ、ユネスコが、「国際母語デー」として、消滅の危機にある言語に関して警鐘を鳴らすのはよいことである。というのは、文化の本質は多様性にあるからである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1176

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年2月25日 06:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スーパー料理人」です。

次のブログ記事は「頑固と無知」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。