ブログ引越しの理由

| コメント(1) | トラックバック(0)

ブログ引越しといっても、同じアカウント内であって、単に別フォルダを切っただけである。

出来れば、前のURLのまま引っ張りたかったが、次のようなやむを得ない事情が生じた。すなわち、ブログのエントリが800個を超えたあたりから、ブログ書き込みの反映が失敗する頻度が高くなった。

特に、サーバの繁忙時である昼間や、深夜にその傾向が大きくなった。そこで、一計を案じて、朝6時くらいに書き込み内容をアップすると、成功する確率が高くなった。そのため、愚かな話であるが、プログをアップロードするためだけに早起きした。

ところが、ブログのエントリ数が1100を超えた2009年1月末頃からは、早朝にアップロードしても失敗する確率が高くなった。そこで、困った者は藁にもすがるで、サーバ借りしているニフティのLaCoocanに問い合わせしてみた。

しかし、ニフティが言うには、そのブログは、Movable Typeなのだから、サポートできない、SixApartに問い合わせてくれ、ということである。まあ、ご尤も。箱だけ貸しているのだよ、ということである。いや、箱だけでなくて、サーバ内で、MySQLや、Perl、PHPも使える。

そこで、SixApartにサポートを求めようとしたら、よく考えたら私は、無料ライセンスでMovable Typeを使用しているのであった。無料ということはサポートも当然にない。無料ライセンスであっても、年間6000円だかを払うとサポートが受けられるとあったが、今さらそういう費用負担は辛い。

そこで一計を案じたのは、Movable Typeのアップグレードである。私が今まで使っているのはVer.3.4で少し古い。今では、Ver.4.xがあって、こちらへのアップグレードも無料ライセンスで、得られる。

こちらの新しいバージョンなら、アップロードエラーの問題も解決されるに違いない、と信じて、SixApartのサイトから、Ver,4.23をダウンロードした。それはzipなので解凍する必要がある。そうして、単に同じフォルダにFTPでアップロードせよ、とある。よく分からず、久々にFFFTPを使ってアップロードした。ファイルが2000個以上もある。かなり重い作業ではあった。

移行作業は大変かと思ったら、Movable Typeはなかなか優れ者で、スクリプトが自動的に移行作業をしてくれた。

ところがである。Ver.4.23にしても、全然アップロードエラーは解消しないではないか。そこで、さらに思案を重ねて、別のプログを、同一アカウントに作ることにした。窮すればなんとかである。するとエントリは0から出発である。こうしてエントリ数を軽くすると、書き込みアップロードの問題は解消された。

折角なので、前のプログの先頭に、こちらへのリンクを置いた。

 ということで、一時は諦めかかっていたプログ生活も、生き長らえることになった。あれで止めとけばいいのに、という声も聞こえるような気がするが、もう少し粘ってみることにする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1159

コメント(1)

我輩は大師匠である。なんだか、昔と変わらず、シコシコやっとるね。
支障、もとい、師匠のFishback君とは会っているのか?

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年2月14日 02:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハイブリッドカー」です。

次のブログ記事は「幹細胞研究」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。