2009年3月アーカイブ

高橋洋一、窃盗?

| コメント(2) | トラックバック(0)

Webニュースを見ていたら、ええっ!という記事があった。下記のとおりである。

 

温泉施設の脱衣所のロッカーから高級時計などを盗んだとして、警視庁は、元財務官僚の高橋洋一・東洋大教授(53)=東京都板橋区=を窃盗の疑いで30日に書類送検した。高橋教授は、小泉政権のブレーンとして郵政民営化などを進めた。

 

練馬署によると、高橋教授は24日午後8時ごろ、練馬区の温泉施設「豊島園庭の湯」の脱衣所で、同区の会社員男性(67)が使っていたロッカーから現金約5万円入りの財布や、イタリア製の高級腕時計(数十万円相当)などを盗んだ疑いがある。男性は鍵をかけ忘れていたという。

 

高橋教授は「いい時計で、どんな人が持っているのか興味があった。申し訳ない」と謝罪しているという。

 

浴室から上がった男性が時計などが無いことに気づき、同署に通報。署員が防犯カメラの映像を確認したところ、映っていた男に似た高橋教授が午後11時ごろに施設から出てきた。事情を聴くと男性の時計などを持っており、容疑も認めたという。

 

高橋教授は昨年4月から東洋大学経済学部に在籍。「さらば財務省! 官僚すべてを敵にした男の告白」などの著書がある。

高橋洋一氏は、記事にもあるように、小泉内閣の下で、竹中平蔵のブレーンとして獅子奮迅の活躍をして、公務員改革を推し進めた。その顛末を書いた「さらば財務省」は、快著であった。霞ヶ関をぶっ壊せには、そのまとめのようなことが書かれている。

ただ、その分、財務省の高級官僚をはじめ、霞ヶ関の諸方面からの反発はすさまじく、冗談としても、「あいつ、殺しても飽き足らない」とまで言われた。だから、高橋洋一氏を恨む人物にはまったく不足しない。中には、相当の権力をもつ者も少なくない。

だから、私にはどうしても、誰かに嵌められたとしか思えない。同様のことは、民主党の小沢代表の秘書の事件にも言える。高橋洋一氏と、小沢一郎氏では、かなりニュアンスが異なるが、ときの権力者にとって目障りであることに変わりはない。

だいいち、なんの前科もない、どうみても常識人の高橋氏が、他人のカメラを無断で手に取るなんてことがあるだろうか。

そういう意味では、どちらも大学教授とはいえ、痴漢行為で拘留された植草一秀氏とは違うと思うのだが、どうなんだろうか。帰趨を見守りたいと思う。

新聞社のリストラ

| コメント(2) | トラックバック(0)

Webニュースによると、米国を代表する有力紙でも、リストラが始まった、という。以下、その記事:

米国を代表する有力紙、ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストは26日、解雇や早期退職制度の推進など人件費を削減する方針を相次いで明らかにした。

ロイター通信などによると、ニューヨーク・タイムズは100人の解雇のほか、非組合員と取締役の報酬を4月から9カ月間5%カットする。組合員にも同様の報酬カットを要請するという。タイムズは昨年も編集部門の100人のリストラを行っている。

ポスト紙は今回、勤続5年以上で50歳以上の従業員に対して早期退職を打診し、希望者には退職金を上乗せして支給するという。

これをみて、なにも意外ではないのは、紙媒体の新聞というメディアが、インターネットの興隆によってどんどん縮小傾向にあり、すると、新聞社の売り上げが減るのも明らかであるから、新聞社の主要な経費の原因となっている人件費を減らす必要性も明らかであるからである。

実はそれだけではなく、新聞社の別の収入源である広告料の減少もある。グーグルなどの新興会社(最早、新興ともいえないか)は、Web上での効率的な広告のビジネスモデルを創案した。実際、グーグルの特許出願のほとんどは、アドセンスなどの効率的に広告方法に向けられている。

そこで冷静に考えてみて、自分が新聞を購読し続けている理由は何かと問うてみると、それは単に、子供の頃から紙媒体の新聞なるものが毎朝届けられ、それに目を通すのが習慣であった、という以外の意味はないことに気付く。そこで、貧乏になるとかその他の理由で新聞の購読を止めたとして、Webがあれば、あるいは、テレビがあれば、新聞などなくても済むことが分かる。

それでも、新聞の意義が残るとすれば、独自の分析で、情報に付加価値をつけることであろう。そういう有意義な情報なら、お金を出して購入しじっくり読む価値はある。例えば、金融危機の原因の解析などである。

しかし、そのような独自の内容を盛り込んだ記事はあまりなく、むしろ、ロイターなどの記事をそのまま流したようなものが目に付く。

それでも、新聞を読みたいという習慣が根絶されることは考えにくいので、新聞社が潰れてしまうことはないだろうが、次第にジリ貧になることは明らかであり、顔の見えないUGC(ユーザ生成コンテンツ)がメディアの主役になるのだろう。おっと、なんと月並みなことを書いてしまったのだろう。恥ずかしい。

引用件数

| コメント(2) | トラックバック(0)

以前に私は、特許の価値として、被引用件数が、特許の重要性の有力な指標である、と書いた。あまりに当然で、聞く方は却って唖然とするかもしれない。

一方、Webの記事では、科学論文の引用回数ランキングの話題があった。

米国の文献情報会社トムソン・ロイターは24日、08年に掲載された科学論文の引用回数ランキングを発表した。最も多かったのが、鉄を含む高温超電導物質に関する神原(かみはら)陽一・東京工業大特別研究員らの論文で、249回引用された。日本人の論文がトップになるのは99年の生物学の江成政人さん(当時、大阪大在籍)以来という。重要な発見や開発が掲載された論文ほど他の研究者が引用するため、引用件数はしばしばノーベル賞受賞者を予測する際に利用されている。

なるほど、科学論文の分野では、引用件数は、ノーベル賞受賞者の予測に使われるほど確度が高いのか、と改めて感心した。特許の場合だと、科学論文よりも文書のフォーマットが定まっており、そのフォーマットを利用して様々なデータが取れるので、科学論文の分野ほどは、価値が引用件数一辺倒ではないと思われる。

ところで、改めて意外だったのは、今更、高温超電導物質の研究がメジャーなのか、ということである。そこで、高温超電導関係の特許をみてみると、ノーベル賞をもらった、IBMチューリヒのベドノルツとミュラーが高温超電導の特許を出願したのが、1987年、その直後、他社もこぞって高温超電導の特許を出願し、1989年に1317件の特許公開があったが、2008年公開分は、125件と逓減傾向にある。よって、最早、決して高温超電導の研究は活況とはいえない。その分野で最高の引用回数が発生するということは、引用回数というはかなり局所的な指標ではないか、ということを推察させる。ここで局所的とは、時間的・分野的に限定されている、という意味である。

あと、特許と論文の、引用ということの意味の違いも改めて考えてみると、論文の場合、書いてる本人が、背景の研究として、自発的に引用する。すると、あるホットな分野で、流行であると流行のように引用されて、高い引用度の指標となる。

ところが、特許の場合、本人でなく、審査官という第三者、しかも、関連がある文献を引くことのプロのような人が、データベース検索などでより客観的に検索した結果なので、論文の場合よりも明らかに信頼性は高い。そういった観点で、被引用が多い特許の分類論を展開して、被引用ということと、特許の価値に関する考察を、もう少し深めることは、意義なしとしないと思われる。

ミサイル撃墜

| コメント(4) | トラックバック(0)

Webニュースによると、北朝鮮が「人工衛星」打ち上げを名目に長距離弾道ミサイルの発射準備を進めていることから、日本の政府は、ミサイル本体やロケットなどの部品が日本領内に落下してくれば、ミサイル防衛(MD)システムで撃墜する方針だという。以下、記事の引用:

 MDシステムは、米国の早期警戒衛星などの情報でミサイル発射を探知し、着弾前に迎撃する仕組み。ロケット・エンジンの燃焼が終わり、安定軌道に入った大気圏外でイージス艦の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)が撃墜を行い、失敗すれば地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が大気圏再突入時に迎撃する。

 10年のテポドン1号発射や18年のテポドン2号を含む弾道ミサイル7発発射の際は、システム自体が未完備だった。今回、北朝鮮がミサイル発射に踏み切れば、初の実運用となる。

 SM3で迎撃可能な高度は約100キロ。北朝鮮がハワイ近くまで届く最大射程でテポドン2号を発射すれば、高度は1000キロにも達し、撃墜はできない。

(中略)

 SM3で撃ち漏らしたミサイルを着弾前に撃墜するPAC3についても関東の4カ所と浜松、岐阜に配備されている。射程が数十キロと短いため、落下の可能性が高い地点にあらかじめ移動させておく必要はあるが、「北朝鮮の通告で飛行ルートは判明しており、現在の配備数で十分カバーできる」(航空自衛隊幹部)と運用に支障はない。

 17年の自衛隊法改正で「弾道ミサイル等に対する破壊措置」(82条の2)が新設され、法制上の根拠も整備されている。日本に飛来するおそれがあると認められる場合は、防衛相が首相の承認を得て破壊措置を命令。明確な発射兆候がない場合でも防衛相があらかじめ「緊急対処要領」を作成し首相の承認を得ておけば、空自航空総隊司令官の判断で撃墜が可能だ。

もしかして、共産党とか、このMDシステムのことをとやかく言うのかもしれないが、昔から、「飛び来る火の粉は掃わにゃならぬ」と言われる。当然に、こういうシステムは装備する必要がある。しかし、簡単な制御理論を勉強してみる限りでは、上空を飛んでいるミサイルを撃ち落すというのは、至難の技である。なぜなら、相手は高速であり、また、高高度だからである。さらには、どの方向に飛んでいるのかを察知しておかなくてはならない。

するとまず、衛星などによって発射された瞬間から、ミサイルの行方をコンピュータで猛計算しながら、迎撃弾を発射するタイミングを見計らわなくてはならない。当然に、風向き、気温なども影響してくる。

こうして、本当にミサイルが日本に落ちてきたとして、MDシステムで首尾よく迎撃できる可能性は、そんなに高くないと思われる。

だいいち、軍事強国イスラエルも、ガザから発射される、ハマスからのロケット弾を防げなかった。あれは至近だから、発射を検出している暇もなかった、ということだろうか。

ともかく、今言えることは、MDシステムはまだまだ発展途上で、信頼性が十分でない、ということである。そこではて、自動制御理論とメカトロ技術の粋を集めて、MDシステムの命中率をうんと上げることがてきるのか、という問いがでてくるが、私は、ちょうど機械翻訳システムがそうであるように、いくら研究しても、その精度は、本来的にたかが知れていると思っている。入ってくる未知のパラメータが多すぎるのである。要求されるリアルタイム性もネックになるだろうし。

ようするに、この世の制御可能性を過信してはいけない。特に、物理システムのあるレベルの誤差は、必然的なのだから。

エアカー

| コメント(0) | トラックバック(0)

次世代の環境にやさしい車は、電気自動車かと思っていたら、なんと、圧縮空気を動力源とする車が、世の中にはあるらしい。このサイトからの引用(将来のリンク切れ対策として、引用する):

南仏ニース近郊のカロス(Carros)を拠点とするモーター・デベロップメント・インターナショナル(MDI)が、2008年秋に圧縮空気を動力源とする「エアカー」の量産を開始した。技術情報誌テクノロジー・レビューの3月号が伝えた。環境意識が高まる中、新機軸のエコカーとして注目されそうだ。

MDIは1991年、航空関連のエンジニアでフォーミュラ・ワン(F1)のレーシングカーのエンジン設計なども手掛けたギー・ネグル氏によって設立された。96年には圧縮空気を動力源とする初のエンジンを開発している。

同社が発売を予定するエアカーの名称は「ワンキャット(OneCAT)」。車体はグラスファイバーを素材とし、ベーシックモデルの車重は320キロと軽い。排気量800ccの4気筒ピストンエンジンを搭載。ボンネットの下に設置する航空機大手エアバス製タンクの容量は90立方メートルで、満タンにすれば最大100キロの走行が可能だ。さらにガソリンなどでピストンを作動させ、圧縮空気を補充することもできる。この場合、最大で800キロを走れるという。

このスペックで言えば、最大100キロの走行距離は、ちょっと短すぎる。タクシーなら一日200~300キロくらいざらに走るので、それくらいはほしいところである。すると、やはり、「ガソリンなどでピストンを作動させ、圧縮空気を補充することもできる」というところに頼ることになる。すると、とても広い定義では、ハイブリッドカーということになるのだろうか。

大気汚染対策といえば、本質的に、これほど大気を汚さないエンジンもない。ただ、一番の問題は、専用の圧縮空気ステーションがあちこちにあるか、というところである。そういう意味でも、ガソリン動力などで自分で圧縮空気を補充する機能は必須であろう。ただ、どこのガソリン・スタンドでも、タイヤに空気を注入する装置はあるので、そういう装置がそのまま使えるように配慮されてればいいが、タイヤと90立方メートルの容量のタンクとでは、仕様が違いすぎるような気もする。

それで、職業柄でもあるが、圧縮空気で駆動されるエンジンというのは以前から当然に開発されていたのだろう、と簡単に特許調査してみたら、どうも、ほとんど、上記Webにあったエムディーアイ モーター デベロップメント インターナショナル エス.エイという会社の出願人の独占のようで、 WO96/27737,WO97/00655,WO97/48884, WO98/12062,WO98/15440,WO98/32963,WO99/37885,WO99/37885あたりのPCT公開特許文献があるようである。するともう10年以上も前からある技術のようであるが、なにしろ、ガソリンなどの燃焼爆発によるパワーではないので、駆動力に難があるのかな、などと機械工学の素人として推測してみる次第である。

耳学問

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近、ある人と話したときに、次のように言われた。「今更のように、Webって便利だね、コンピュータのハードウェアの話でも、暗号化の話でも、何でも載っている。これさえ見れば安心だ。」

それで私は、そうだね、と口では同意したが、内心は、違う!と叫んでいた。というのは、Webで見れる情報というのは、断片的で、精査されていないものが多い。だから、その正確性は怪しいことがあるし、多くの場合、体系性にも欠ける。だからどうしても、ときには専門書に当たって知識を体系化する必要がある。数学を例にとると、定理自体はWebにあったりするが、きちんとした証明を、Web上で探すことは難しい。

実は、専門書に当たっても不十分なことがあり、アルゴリズムやコンピュータプログラミング言語では、実際にコーティングしてみないと、なかなか理解は深まらない。

すなわち、私が言いたいのは、Webは単に知的刺激を受ける場であり、とっかかりでしかない、ということである。Webをクロールするだけでは、表面的な知識が溜まるだけである。

ところがこれは、大学の講義などにもあてはまる。むしろ、漫然と聞くだけでは、下手すると、Webにも劣る。聴く方が、自分で情報を選べないからである。すると、おざなりの態度で講義を聞いて漫然と卒業しても、ほとんど得るものはない、ということになる。少しだけWebに優ろうとすると、対話性が必要である。すなわち、学生がきちんと質問をし、それに先生が誠実に応答する、ということである。

実は読書にも対話性が必要なのであった。本に話しかけ、回答を得るというのが、本を読む本の趣旨である。

このように、能動的に考えて、判断していくということは、特に現代にあって、実に難しい。自分が考えているような、分かってしまったような気持ちになるツールが溢れているからである。だから、相当に教養が高いと思われる人も、二酸化炭素地球温暖化説を素朴に信じて、排出権取引などと、のたまわっている。これこそ、オルテガの「大衆の反逆」にある「大衆」でなくて何であろう。

大統領の権限

| コメント(0) | トラックバック(0)

アメリカの大統領は、世界一の権限をもっている、と俗によく言われる。本当にそうなのか。それをきちんと調べるには、アメリカ合衆国の憲法の入門書などを読む必要があるのかもしれないが、とりあえず、PHP新書「アメリカ人の政治」吉原欽一著、に拠ってみてみる。

すると先ず、合衆国憲法によれば、軍の最高司令官が大統領であることが規定されているものの、宣戦布告をする権限は、実は議会にしかない。だから、第2次世界大戦で、開戦したかったルーズベルト大統領は、なんとか議会を動かそうと腐心したのである。そのことが、ルーズベルトによる、真珠湾攻撃情報放置説につながる。

立法の権限も、大統領にない。アメリカ合衆国では、議員以外が法案を提出することはできない。

予算もしかり。予算案も基本的に、議員が法案のかたちで提出し、大統領は、こういう予算にしてほしいという、「予算教書」で、議会に伝えることしかできない。

大統領は、諸外国と条約を締結する権限をもっている。しかし、「諸外国との通商を規制する」権限については、上院議院で、出席議員の2/3の助言と同意を必要とする。

さらに、大使任命も大統領の権限であるが、その任命にも、上院の承認を要する。

以上のように、アメリカの大統領といえども、その権限は大幅に制約されていて、勝手なことはできないことになっている。どうしても議会と折り合いをつけなくてはならない。

寧ろ、大統領が自由に権限を発揮できるのは、戦争が始まった後である。すると、軍の最高司令官である地位を利用して、思い切り軍隊を操ることができる。

では、日本の内閣総理大臣は、というと、内閣の首長ではあるが、行政権自体は、合議体である内閣に属し、行政に関する個々の意思決定は、内閣の構成員たる個別の国務大臣及びその下部機関が行なう。そのとき、内閣総理大臣の権限は、国務大臣の行政執行を指揮監督できるにすぎない。

ただ、内閣総理大臣の明確な権限は、国務大臣の任命、及び罷免である。さらには、国務大臣が刑事裁判にかけられるのを拒否する権限がある。

そうして例えば、我が国がどこかと戦争状態になったとする。すると、自衛隊を指揮するのは防衛大臣であるが、もし防衛大臣が不適切と思われる指揮をしたら、内閣総理大臣は、更迭を以って、対応することなる。田中真紀子外務大臣の更迭事件をふと思い出した。

結局、アメリカの大統領が強大な権限をもつというのは、都市伝説に近く、日本の内閣総理大臣に至っては、ほとんど象徴的な地位でしかない、と言ったら言い過ぎであろうか。

奇妙な能力主義

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんなことを書くと、まるで、まだ社会に出ていない高校生のように青い意見で、まさか、サラリーマンを30年以上やっている者の意見とは思われないかもしれない。しかし、会社における能力主義の実態には、日々嘆息である。

例えば、会社の研究所というところは、論文の数とか、特許の数とか、受け持ったプロジェクトをいかに成功させたかによってかなり実力が見通せるので、他の部門よりも能力主義を通すことができる。ましてや、年功序列批判で、能力主義・実力主義を標榜するのが、世の流行である。

ところが、そういう会社の研究所にあっても、管理職に就くという意味の昇進の基準は、必ずしも能力主義・実力主義の結果ではない。これは、一つには、管理職というのが、部下の管理という意味で、事務的な色合いを帯びてくるからであろう。すなわち、部下の評価とか、予算の管理とか、研究の実務とは離れた内容の業務が増えてくるので、本当に研究が好きな人は管理職になりたがらない。確かに、管理職になると多少は給料が増えるだろうし、世間体もよくなるのだが、その程度のメリットでは引き合わないと、研究が好きな人だったら考えるであろう。

一方で、たまたま理系の大学院を出たけど、なんとなく官僚的で、ルールをいじったり、上からの指示に従ったりすることが好きな人種が研究所にいて、管理職を希望したりする。すると、もともと、現職の管理職は既にそういう人だったりするから、類は友を呼ぶ、で似たような人を部下または同僚の管理職に据える、というのも自然であろう。研究が好きな人にとっても、他の人がクラスの学級委員に立候補して雑務をこなしてくれるのがありがたい、学生の気分であろう。

そこまでは、適材適所でいいのだが、そこからが困る。すなわち、研究能力でなく官僚的特性で就いた管理職であっても、いつのまにか、実力主義の風潮だからと、地位から実務能力が逆推定されてしまう。そして、この研究分野は、あの管理職が担当しているから、あの管理職から詳しいはずである、あの管理職の意見に従うべき、ということになる。

そこで、いえ、私は実務の実績はあまりありません、その分野は部下の○○に聞いてお答えます、のように謙虚に答える管理職は、いなくはないと思うが、ほとんどみない。それでも、その管理職が、実務力のなさをきちんと自覚してるならいいが、無自覚に管理職の地位に基づき適当な判断で回答して、それがそのまま受け入れられていることがある。それで、実務に詳しい者がそれをきいて唖然としたりする、ということは結構ある。

こうして、社内には間違えた判断が横行し、その判断に依拠する別の判断も出回るから、社内がおかしくなってしまう、ということがある。

ところが、数十人程度の小さい会社ならいざ知らず、ある程度の規模の会社になると、こういう状況は防げない。そこでいっそのこと、管理職の役割をアドミニストラティブなことに限定して、実務の方は、実務の能力で昇進できるルートをつくり、メンターの役割も担ってもらうというのがよいような気がする。

よく考えたら、そういう仕組みは誰でも考え、ある程度実施しているのに、しかし、実務的でない管理職の実務に関する意見が横行するという事態はなかなか防げない。組織の本質的な欠陥であろうか。

陣内と紀香の離婚

| コメント(6) | トラックバック(0)

約2年前、意表を衝いて結婚した、陣内智則と藤原紀香、逆玉とも言われたりしたが、案の定、離婚することになった。でも、流石にちょっと早すぎる。以下、Webの記事:

23日に女優、藤原紀香(37)と離婚が成立したお笑い芸人、陣内智則(35)が24日、東京・新宿の吉本興業本社で緊急会見を行った。陣内は「自分の未熟さ、心の弱さで浮気をしてしまった」と猛省。一方、同日夜にホームページでコメントを発表した紀香は「スパッと前に向いて歩いていきます!」とスッキリ。明暗を分けた夫婦は、4月10日の結婚2周年を目前に終止符を打った。

"夫婦復活"の夢に玉砕した陣内は、痩せこけた頬で会見に登場した。

(中略)

「原因は僕の浮気」。紀香の母、貞子さんが指摘した女性問題について「昨年の夏ごろに浮気が発覚してもう一度やり直そうと話し合いました。そこで彼女の愛情に気づきましたが、やはり彼女は(ぼくを)許せなかった」と素直に認めた。

一度は紀香が修復に導く"蜘蛛の糸"を垂らしたが...。独身時代にセクシータレント、及川奈央(27)らと浮名を流したモテ男は再度の浮気でそのチャンスを断ち切ってしまった。「誘惑に負けてしまった」と自身を振り返り、「浮気は2人や3人じゃない」と貞子さんが激怒した事実について「浮気は1人だけ?そうじゃなかったと思います」と猛省した。

これを見ると、直接の原因は、陣内の浮気であるが、これはある種の男性にとって、抑えがたい衝動なのではないか。ビル・クリントン然り、また、ケネディ元大統領もそうだったという。ニューハーフでもない限り、浮気欲がゼロの男性はいないと思う。しかし、相当に程度問題である。

ある種の出世欲や事業欲が、浮気の傾向とかなり相関が高いという。すると、陣内の場合、少しでも名を売りたいという欲望と浮気の傾向がかなり相関していると思われる。

一方、藤原紀香の場合、見るからに家庭的からは遠そうである。寧ろ、家庭は一時の憩いの場にして、舞台に海外にと忙しく活躍していたいタイプなので、地味で大人しい男性でないとうまく行きそうもない。少なくとも、私は藤原紀香のようなタイプは、パスである(もともと相手にされないので、そういう議論は全く意味がないが)。

陣内も、結婚した後、紀香と打ち解けた関係にあったように思われない。家庭でも、紀香は隙を見せないタイプのように思われる。それで息苦しくて、陣内は一層浮気に走ったのだろう。もともと強い浮気性の陣内は、結婚直後は抑えていたものの、紀香と雰囲気で、早めに封印を解いたと思われる。いずれにせよ、時間の問題だったと思うが。

こうして、陣内・紀香は、あまりにも分かりやすいミスマッチ夫婦だった。これ以上分かりやすいミスマッチもない程である。遊び人の陣内の話術に、根が真面目な紀香は、つい乗ってしまった、と思われる。

で、私の予想だが、藤原紀香はもう結婚しないのではないだろうか。それでも芸域を広げることなればいいのではないか。

一方の陣内であるが、あのITを駆使したようなアイデア溢れるネタが私は好きである。今回のことを使った自虐ネタも出てくるかもしれないし、それはそれで、面白いと思う。でも、根からの女好きの陣内は、浮気相手(独身に戻ったので最早浮気ではないか)を探し続けるだろう。そうしてまかり間違って、また何度も結婚し、さらに離婚を繰りかえすのだろうか。

という何の根拠もない独り言であった。

反物質への反論

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webに下記のような記事があった。れっきとした大学教授が、SFの映画にいちゃもんをつけた、というのである。

 

「反物質」を使った兵器づくりなんて、現実の世界ではあり得ません――。米映画「天使と悪魔」の封切りを前に東京大の早野龍五教授(物理学)が18日、異例の記者会見を開き、反物質研究について誤解をしないよう訴えた。

 

反物質は、通常の素粒子とは逆の電荷を帯びた「反粒子」からなる。物質と反物質が出会うと消滅し、大きなエネルギーが発生する。

 

映画は「究極の大量破壊兵器」をつくるため、欧州合同原子核研究機関(CERN)から反物質が盗まれるという筋書き。ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で、5月15日に世界同時公開される。ダン・ブラウン著の原作も世界的なベストセラーだ。

 

CERNでの反物質研究に実際に参加している早野教授は会見で研究の歴史などを解説。「反物質は、現在の科学技術では1グラムつくることさえできない。爆弾をつくるのは全く不可能だ」と強調した。

 

記者会見を開いた理由については「映画はエンターテインメント。科学性を論じるのはヤボなことだと承知している。ただ、最近、反物質研究は危険ではないかという問い合わせが相次いだので、正しく理解してほしいと考えた」と話した。

早野教授のおっしゃりたいことは分かるが、本当に反物質が危険という問い合わせがそんなに来ているのだろうか。危険というなら、普通の原子炉の研究の方がもっと日常的に危険である。なぜなら、プルトニウムを持ち出してばら撒かれたら、放射能汚染で、多くの人の命が危機に瀕する。むしろ、大抵の人は、反物質は、うたかたのように一瞬で消える存在であることくらい分かっているのではないだろうか。

一方、生成した反物質をどうやって周囲の物質と反応しないように閉じ込めるかはとてもチャレンジである。もし陽電子なら、磁場で閉じ込めるのだろうか。そんなことは当面無理であることが明らかである。だから、どう転んでも、反物質を爆弾に使うなんてことはあり得ない。

そこで冷静に考えると、今回のこのコメントは、東大の早野龍五教授を一躍有名にするのにとても貢献した。早野教授の本当の意図は、いちゃもんをつけることではないのだろう。この記事をみて、東大に行って早野教授の下で反物質を研究したいという学生も増えるだろう。そう考えると、大してお金もかけず、映画の宣伝に便乗して、とてもよい宣伝であった、ということになる。独立法人東京大学の面目躍如ではあるまいか。一流大学でありながら、お金儲けもうまい、ハーバード大学を目指していると思われてならない。

碁・将棋の効用

| コメント(5) | トラックバック(0)

碁・将棋と総称的に書いたが、囲碁はルールを知っていることに毛が生えた程度なので、結局将棋のことを語るのだが、この歳になって、今更のように、将棋をやってきてよかったのか、と自問することがないといったら、嘘になる。

碁・将棋の効用の分かりやすい効用といえば、とりあえず頭を使うので、それを全くやらない場合よりは、ボケ防止になるのではないか、ということである。また、盤と駒や石があれば、あまりお金をかけないで時間が潰せる、仲間をみつけることができる、くらいであろうか。

それでも、将棋のことをじゃまくさいときどき思うのは、大して豊富でもない頭のリソースを将棋がかなり消耗している、ということである。将棋に集中することがなかったら、他の方面でもう少し能力を発揮できていたのではないかと、かなり以前は思っていたが、流石に最近は、いやそうであっても知れていだろうと、冷静に自分を見ることができるようになりつつある。若い頃は自分が冴えないのを被害妄想のように将棋のせいにしていたこともあった。流石に考えすぎであった。

そしてひらめいたのは、その自分の実力を冷静に見つめる点にこそ、碁・将棋の効用の効用があるのでは、ということである。

なぜ今更そういうことを引き合いに出すのかというと、世の中で、自分の能力の評価に誠実でない人がいかに多いか、最近あきれることしきりだからである。

例えば、世の中には、学歴とか過去の実績とか、あるいはよく分からないカリスマで、根拠のない自信をもっている人がいる。その実績を見ると、うん確かに敬服する、というレベルの人がいることも確かである。しかし、どんなすごい能力であれ実績であれ、勝ち続けということはない。例えば、将棋の天才、羽生にしてからが、プロの世界で、4局のうち1局はどうしても負ける程度の勝率である。すると、負けるというのは、あまりにも当たり前のことなのである。

ところが、世の中には、生まれて一度も負けたことがないみたいに平然と言う人がいる。これは、将棋を長年やってきた私に言わせれば、単に負けを負けと認めないだけである。すなわち、負けを中抜きして、勝ち星にビーズをつけてネックレスにして首に掛けていると思えばいい。

そうやって負けを認めないというのは、自分に素直でなく、自分を騙すということだから、心のどこかに負債を溜めていくことになる。それは実際の負債と違って、利子が利子を呼ぶようなことはないが、しかし、いつの間にか人生が、逃げの体勢になっていることに自分で気付かされるをえない。すなわち、自分が勝利を感じられる狭い世界から出られなくなってしまう。

だから、碁・将棋の一番の効用は、負けて、負けて、その失楽園から、何度も立ち上がれることである。才能が丸見えだから、仕方なく自分の才能が下だと認めざるを得ないという現実を受け入れることである。

そう考えると、内心とても傲慢で尊大な私が、なんとか世間を渡ってこれているのは、将棋を通じて負けなれたお蔭ということである。

さらに付け加えると、碁・将棋の別の効用は、過去は関係ない、今の強さが全てということである。いくらアマ名人だと威張っても、その場でボロ負けしたら言い訳できない。よって、現役であり続ける限り、碁・将棋をやるためには努力が必要である。安住できる立場なんて全くない。それもまた、精神衛生によい、ということである。現役から引退したら名誉の地位につけるが、そんなおっさんなんて、碁・将棋の世界では見向きもされない。

ただ、そういう意味の碁・将棋の価値は、あまりにも地味で、ほとんど注目されない。むしろ、碁・将棋に没頭しすぎて、人生を誤った人の方がまだ、目につくほどである。

囲碁と野球

| コメント(5) | トラックバック(0)

WBCで韓国の快進撃が続いている。先日日本に破れたものの、ベネズエラに勝って、決勝進出である。しかし、北京オリンピックの優勝チームなのだから、当然とも言える。決勝で韓国が優勝するかどうか分からないが、その結果に拘わらず、韓国が世界に冠たるチームであることを疑う者はいないだろう。

そんな韓国であるが、つい数年前までは、日本からみたら、二線級の集まりだった。韓国リーグで優勝したチームが日本に来ても、あまり勝負にならなかった。そもそも、日本のプロ野球をほぼ現役引退した広島カープの福士や、巨人の新浦が、韓国リーグでいきなり活躍できるほどであった。

ただ、日本のプロ野球選手が韓国リーグに加わったことは、僧当のスキルトランスファー効果があった、ということになる。よって、日本の野球から多くを吸収し、ついには日本野球をある意味、抜き去ったのかもしれない。というのは、WBCの韓国野球をみていると、日本野球の焼き直しで、それに力強さをプラスしているように思われるからである。

韓国の野球が世界一であるとすると、ずっと前から韓国が文句なく世界トップである競技として、囲碁がある。囲碁で日本が韓国に圧倒的に勝っていた時代というのは、思い出すのも難しいくらい前のような気がするが、それでも、日本で修行した曺薫鉉が韓国棋院に所属すると、曺薫鉉自身が一流棋士であるにもかからわず、メンターとしての才能も抜群であったらしく、李昌鎬など世界に冠たる一流棋士を育てた。

囲碁と野球以外に韓国が世界に冠たる分野として、三星電子をはじめとする電子機器産業がある。三星電子は、日本の電機メーカをよき手本として規模を拡大し、ある意味、多くの日本の電機メーカを凌駕する領域にある。

こうしてみると、韓国国民はとても優秀で、キャッチアップ能力でほとんど世界に並ぶ国がない、と思われる。当然に、永遠のライバル日本がよき手本である。

ただ、前にも書いたが、韓国の課題は、自ら新しいコンセプトを作り上げることである。その点、いまだ、中国から儒教を導入し、これをある意味中国以上に純化させて発展させた、追随精密化の気風から自由でないように思われる。すると、なかなか、日本が得意な数学や物理学の分野で世界に冠たる業績を上げることが難しい。そこでは、キャッチアップ能力よりも独創性が問われるからである。そこでネックになっているのは、1つは、難しすぎる受験体制であるかもしれない。

ともかく、日本と韓国は、いろいろな意味でよきライバルであり、切磋琢磨して互いを刺激していければよいのだと思う。

女性ロボ

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webニュースによると、産業技術総合研究所が、表情も豊かな美人ロボを開発したという。以下、その記事:

茨城県つくば市にある政府系研究機関の産業技術総合研究所(産総研、AIST)は3月16日、ヒューマノイドロボット「サイバネティックヒューマン(Cybernetic Human)『HRP-4C』」を開発したことを発表し、同研究所でデモンストレーションを行った。

 

サイバネティックヒューマンは、身長158センチメートル、体重43キログラムで、怒り、喜び、驚きなどの表情を表現することができる。身体には42個のモーターと複数のセンサーを組み込んでいる。

 

3月23日に開幕する「東京発 日本ファッション・ウィーク」のファッションショーの1つに出演を予定している。

ちなみに、「東京発 日本ファッション・ウィーク」のホームページを見てみたが、特にサイバネティックヒューマンの話題はなかった。まだ、余興程度なのだろう。

ただ、ふと考えると、こういう表情豊かな美人ロボが出てくると、プロのファッション・モデルは、愉快でないのではないだろうか。というのは、ファッション・モデルの売りはその容姿で、美しい肢体と容姿を維持するために、カロリー制限、美肌、エアロビなど涙ぐましい努力をする。ところが、一旦容姿と肢体の美貌が維持できると、ファッション・ショーで練り歩くことに、ものすごいスキルがあるとは思えない(あるのかもしれないが)。

すると、ヒューマノイドロボットというのは、いくらでも美麗な容姿を作りあげることができ、その容姿のメンテナンスに膨大な手間を要さないとすれば、一部のファッション・ショーでは、ヒューマノイドロボットがファッション・モデルを置き換えるというシナリオもありえる。

さらに進むと、秋葉原あたりに、ヒューマノイドロボット喫茶が出来て、○○ちゃん!と人間よりもロボットに恋する倒錯した若者が出てきそうな気がする。

ヒューマノイドロボット喫茶とはどんなものかというと、例えば1杯1000円のコーヒーを注文すると、ちょっと待たされる。というのは、ご指名のロボットは、人気があるからである。そして順番が来て、ボックスに入ると、そこに、ヒューマノイドロボットが置かれている。それは、音声認識装置と、音声合成装置をもち、ある程度の会話に答え、身振りや顔の表情も変えるようにする。そこで若者は、いろいろと話しかけて、ロボットの顔が笑い顔になったり、イヤイヤをするのを楽しむ、という次第である。

他の用途は、老人ホームなどに設置されて、孤独な老人を慰めるという次第。ううん、他にどんな用途があるのだろうか。選挙の応援カーに搭載するというのもありそうだが。

事故の心理

| コメント(0) | トラックバック(0)

6年ぶりくらいに、車の事故となった。といっても、単なる自損事故である。

私の自宅の前は、とても交通量の少ない道路である。そこを出て、左に行くと、T字路である。ところが、今から2週間前、T字路で左折しようと思っていたら、たまたま、そのT字路に、右折進入しようとしてる車があることに気付いた。今の家に引っ越してもう9年近くなるが、そもそもがT字路で左折しようとしたとき、左から右に直線を車が横切るという状況が、極稀である。ましてや、そこで車が右折進入しようとしているという状況は、初めてであった。

結構狭いT字路なので、どちらかが譲る必要がある。

それで、今にして思えば、私が一旦バックして、右折進入させてからやおら、左折すれば何事もなかったのだが、そのときは疲れいて頭が一瞬からっぽになり、譲らないで無理やり左にハンドルをきって、対向車との隙間を左折しようとした。すると、角のブロック塀の存在を完全に忘れて、ブロック塀の端が車の左ドアに食い込んだ。

慌てて車を止めたが、左の前ドアと左後ろドアが凹んで、深い擦り傷もつき、悲惨な外観となった。しかし、所用があったのでそのままの様子で目的地に向かったが、目的地で、左後ドアがきちんと開かないことに気付いた。原因は、左の前ドアが凹みで歪んで、後ドアとの継ぎ目を圧迫して開けにくくしていることに気付いた。

もう新車ではないので少々の擦り傷なら我慢しようと思った私も、これでは放置できず、近所のカーコンビニに持ち込んだら、ドアを板金修理するレベルではなく、左の前ドアと左後ろドアそのものを取り替える必要かある、と指摘された。すると相当高いですか、と恐る恐る聞いたら、いえ、18万円程度です、と言われて、まあそれくらいならと安心したが、しかし、痛い出費である。

そこで事故の心理を顧みると、だいたい疲れて判断力が低下しているときに起きる。それでも、自分できちんと意識を把握できていればいいが、咄嗟の意外な状況で、心のフィードバック機構が効かなくなることがある。そうして、心がフリーズしてしまって、無意識が勝手なことをしでかす、というのが私なりの事故の心理の分析である。

私は明らかに自他共に認めるヘボ・ドライバーであるが、しかし、こういう心理は、熟練したパイロットなどにもあるようで、航空機事故などの本を読んでも、パイロットが咄嗟に高度計を読み間違えて、山に激突するという事故などをみると、心が一瞬フリーズする、ということでは共通ではないかと思われる。

人間は間違えやすい動物なので、事故を根絶することはできない。しかし、例えば私の例では、もし今までにT字路の右折進入車と出会うという経験があれば、それを記憶から引き出して、疲れていてもなんとか対処できたかもしれないが、初出の状況で、疲れていると、正しい対応を咄嗟に思いつくことができず、心のフリーズにつながるのではないかと推察する。

そういう意味で、ワクチンではないが、いろいろな状況を予め想定して擬似経験しておけば、現場で咄嗟にフリーズする可能性が減るのかも、と思われる。それが、畑村洋太郎氏などのいう「失敗学」のスキームなのではないか、と考える次第である。

原子力学科

| コメント(2) | トラックバック(0)

新聞をみたら、「大学の原子力学科復活」とあった。それで、ええっ、復活ということは、一時途絶えていたのか、と意外だった。確かに原子力関係の仕事は、ある意味3Kで、一時的に不人気だったのは知っているが、途絶えていたとは知らなかった。

実は、私が大学を受験するとき、理学部物理を第一志望、工学部原子力工学科を第二志望にした。工学部の中では、原子力工学科が一番、志望の物理学に近いような気がしたからである。しかし、当時は、原子力関係の仕事の3Kぶりはあまり知られておらず、むしろ、工学部の中では人気で、建築学科、航空工学科に次ぐボーダーラインだったと思う。すなわち、もしかしたら理学部物理よりもボーダーラインが高かったかもしれないので、ほとんど第二志望にする意味はなかった。それでも、もし工学部原子力工学科を第一志望にして、私が原子力プラントの設計でも担当していたら、と考えると、空恐ろしくなる。どう考えてもそちらの才能はなく、もし担当していたら、恐ろしい欠陥プラントになったかもしれない。

ところで、私立大学で原子力関係で意外に健闘しているのは、武蔵工大(今度、東京都市大と改称)である。すなわち、私が柿生に住んでいるころ、あざみ野にある親戚の家に車で行く途中、武蔵工大原子力研究所というのがあって、ほほう、と思ったことがある。それで、地球温暖化対策なのか、原子力エンジニア養成の機運が高まったとき、いの一番に武蔵工大は、原子力安全工学科を設けた。そして、早稲田大と共通の大学院も開設することになった。

また、地元に原子力発電所がある福井大学は、国際原子力研究所を解説する、という。福井工大も、同様の趣旨で、原子力技術応用工学科を設ける。東海大は、東海村とはなんの関係もないが、エネルギー工学科を、原子力工学科に改名する。2000年までは、そもそも、原子力工学科であった。東大にも、原子力関係の大学院ができるという。

こうして、根拠の怪しい?地球温暖化の流れにのって大学に原子力工学科が復活してきたが、原子炉に関連する仕事がある程度危険で、現場は3Kであることは変わっていないと思う。ただ、原子力エンジニアが定年で辞めていくというときに、全国の原子炉ではこれを維持する人材が必要なので、急遽養成しなくてはならない、ということになったと思われる。

ところで、工学部で、原子力学科以外に縮小や廃止の憂き目を見ている学科があるかというと、造船工学科や、採鉱工学科などがそうかもしれない。昔は繊維工学科というのも聞いたことがある。私が行った大学には、水工土木工学科というのもあったが、流石にこちらは存続しているような気がする。

そういう意味では、工学部で無難なのはやはり、電気工学科、電子工学科、情報工学科、機械工学科、化学工学科あたりで、こういう学科だと、かなりつぶしが利く。逆にいうと、新鮮味はない。

戻って、今学問として、原子力工学は面白いのか、発展しているのか、という問いかけもある。すると、訳知りではないが、どうも原子力工学は隘路に入り込んでしまっているように思えてならない。というのは、原子力関係の特許公開件数は、2000年の1119件をピークに、2007年が697件、2008年が531件、と減少傾向にあるからである。少なくとも放射能廃棄物をうまく処理する画期的な方法が考案されればいいが、そういうブレイクスルーも考えにくい。

そこで政府としては、不景気でも原子力関係なら就職があるぞ、と宣伝すれば、今の若者は利に聡いので、原子力学科の志願率や偏差値も上がるだろう。それこそ政府の魂胆どうりである。こうして世の中が廻っていくならそれでいいではないか、ということになる。ただ、ひどい放射能汚染がなければいいが。どうしても効率のよいエネルギーとして、原子力に頼らざるをえないのだから。

AIGのボーナス

| コメント(2) | トラックバック(0)

Webニュースによると、下記のように、政府からの資金注入で生き永らえているAIGの幹部が高額報酬をもらったことで、オバマ大統領はじめ、政府高官、そして国民が憤慨している。

米政府救済を受けている米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が米議会や政府の猛烈な批判を受けている。巨額の公的資金を受け取りながら、幹部に高額のボーナスを出し、詳細な情報開示も拒んでいるためだ。下院が18日に開いた公聴会で厳しく追及されたAIGのリディ最高経営責任者(CEO)は「(経営に)誤りがあった」と認め、経営改善に取り組むと釈明した。

ニューヨーク州のクオモ司法長官の調査によると、AIGは13日、同社の実質破綻の原因をつくった金融子会社の幹部らにボーナス計1億6500万ドル(約160億円)超を支給した。100万ドル(約9800万円)超の幹部は計73人。ボーナスは有能な人材の流出を防ぐ目的だったが、73人のうち11人はすでに退社している。米メディアによると、AIGは10年までに約400人に対して最大で計4億5千万ドル(約440億円)支払う予定という。

18日の下院の金融サービス委員会小委員会の公聴会で、ボーナス支給に対する議員の怒りが爆発。AIGについて「尊大で欲張りだ」「米全土が憤慨している」「(公的)資金を取り戻さなければいけない。(政府は)訴訟を検討すべきだ」「納税者にお金を返すまで、ボーナスはなし」「AIGは破産手続きを経て、ちゃんと整理されるべきだ」などと、批判が続いた。

これをみて、いかにも日本的である、と感じるのは私だけだろうか。というのは、アメリカというのは、契約社会で、仕事がら、これでもかと免責条項をつらねた契約書をみることもある。しかし、両当事者が内容に同意してサインすれば、その拘束力は強いはずである。

米政府・議会は支給されたボーナスを回収する方針というが、そこまで言う権利があるのか。確かに政府が巨額な資金をAIGに注入してるのは分かるが、それなら、注入する時点で条件をつけなくてはならない。

そういう意味で、AIGのリディCEOが証言要旨で「(支給には)法的義務がある」と説明しているのは、それなりに重みがある。

してみると、米国政府ができることは、この状況でそのような高額報酬を払うようなことをするなら、追加の資金注入をしない、と主張することだけである。そうして、AIGの対応を待つ。

しかし、AIGは契約により、高額報酬を返却するよう役員に命じることはできない。そもそも、退職した人もいる。下手に命じると裁判を起こされて、混乱がひどくなる。

それでは、追加の資金注入をしないで、AIGを破産に追い込むのか。そうしていいなら、昨年9月の段階でそうしたであろう。ここにも書いたように、関係者が多すぎて、世間が迷惑するので、一時的にAIGを救済するのである。だから、ここで破産させたら、今まで何をやっていたのか分からない。

こうして、米国政府は、「善処せよ」との強制力を欠く勧告をしつつ、様子をみるしかないのではないだろうか。馬鹿馬鹿しいようでも、世間とはそうしたものである。

抗インフルエンザ薬

| コメント(0) | トラックバック(0)

私の素人的理解では、ワクチンは、インフルエンザに罹りにくくする作用をもつが、一旦インフルエンザに感染すると、インフルエンザ・ウイルスの働きを抑える抗インフルエンザ薬を投与して、あとは、免疫機能に頑張ってもらうしかない、というものである。

これがどこまで正しい理解かどうかはさておいて、新聞に、抗インフルエンザ薬の解説があったので、メモしてみる。

まず、現在普通に使われている抗インフルエンザ薬には、タミフル、リレンザ、アマンタジンがある。タミフルとリレンザは、増殖したインフルエンザ・ウイルスが細胞から剥離しやすくする酵素ノイラミニダーゼ(NA)の働きを阻止する。一方、アマンタジンは別の作用をもつが、多くのインフルエンザ・ウイルスが既に耐性をもっており、最早ほとんど使われないという。

NAの働きを阻止する、というのは、まだ有効な戦法のようで、第一三共が開発したCS-8958も、やはりNA阻止剤である。では、CS-8958は、タミフルやリレンザと何が違うのかというと、作用時間が長く、一回の投与で済む、という点である。タミフルやリレンザだと、1日2回、5日間投与する必要がある。CS-8958も、タミフルやリレンザと同様に、経口投与剤である。

塩野義製薬のベラミビルもまた、NA阻止剤であるが、注射薬で約15分の投与を行なう。

おいおい、NA阻止のワンパターンかと思っていたら、富山化学のT-705は、まだ治験中であるが、ウイルスの複製時に働く酵素である「RNAポリメラーゼ」の働きを阻止し、感染した細胞内で増殖そのものを防ぐという。ただ、素人考えでは、RNAポリメラーゼは、細胞自体ももっている酵素だと思うので、副作用は大丈夫かと心配になる。過激派を掃倒しようとしたら、住民も巻き添えにしないか、ということである。ただ、強毒の鳥インフルエンザに感染させたマウス実験では、タミフルより有効であったという。

ところで、鳥インフルエンザの権威、米国セントジュード子供研究病院のロバート・ウェブスター博士は、鳥インフルエンザの対策を次のように説明する。すなわち、新型インフルエンザのワクチンが出来るまでに時間がかかるので、プレパンデミックワクチンと抗インフルエンザ薬をどう使うかがキーである。抗インフルエンザ薬は、複数組み合わせることが非常に重要である。米国では、H5N1型のプレパンデミックワクチンを備蓄し、H9、H7、H6でも、準備を進めている。ただ、プレパンデミックワクチンにはリスクがあるので、慎重な試験が必要である、ということである。

妬みの研究

| コメント(2) | トラックバック(0)

Webに、下記のような「妬み」の研究に関する記事があった。

妬みや他人の不幸を喜ぶ感情に関する脳の働きを、放射線医学総合研究所(千葉市)などの研究チームが明らかにした。妬みは脳内の「痛み」に関する部位が働き、ねたむ相手の不幸で「報酬」にかかわる部位が活動していた。13日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 

被験者は健康な大学生19人。学業成績や就職先、所有する車など、平均的な大学生を主人公(被験者自身)とし、進路や興味分野が主人公と同じで成績などが優秀な同性A、分野が異なり優秀な異性B、分野が異なり平均的な異性C-の3人の大学生が登場するシナリオを読ませた。

 

自己評価による妬みの程度は、学生Aに対して最も強く、Bにはその半分程度。Cに対してはほぼなかった。脳の活動を機能的磁気共鳴画像診断装置(fMRI)で調べたところ、妬みを感じる時、身体的痛みの処理にかかわる「前部帯状回」という部位が活動しており、妬みが強いほど活動が高かった。

 

次に、学生AとCに食中毒や車のトラブルなど不幸な出来事が起きるシナリオを示し、うれしい気持ちの程度を自己評価してもらった。Aに対しては中程度感じ、Cには全く感じなかった。fMRIでは、Aの不幸に対し報酬系として知られる「線条体」という部位が活動しており、喜びが強いほど活動が高かった。

 

さらに、妬みに関する前部帯状回の活動が高い人ほど、他人の不幸を喜ぶ線条体の活動が高いという関連も分かった。

妬みというのは、物欲や性欲と並んで、人間の基本的な感情で、何かの本で、ある高僧が、歳をとって性欲は涸れてきたが、どうしても、他の僧のよい評判を心穏やかに聞くことができない、と告白するくらいなので、妬みを抑える、というのは、相当困難である、ということである。

この研究の基本的な成果は、妬みという感情が、痛みに関わる脳の部位と関連付けられている、ということである。すると、何かの病気で、痛覚を失った人が長生きできない、という話をどこかで聞いたことがあるが、それと同様に、妬みの感情というのも、ある程度生きていく意欲に関連付けられており、全く妬みがないと生きる意欲を失う、ということもありえるのかもしれない。要するに中庸である、という古くて新しいテーマに行き着く。

しかし、強すぎる妬みの感情が災厄をもたらす例は、歴史をみても、枚挙に暇がない。

さて、上記の研究によれば、一番強く妬みを感じるのは、(a)進路や興味分野が同じでその分野で向こうが卓越しており、(b) 同性であるときである。となっているが、これはあまりにも当然である。これを数学的に言うと、人間の特徴ベクトルの方向を相手のと特徴ベクトルの方向と内積計算して、それ大きいほど、妬みが強いというように、定式化できよう。その際、性別や家柄は、方向付けで大きい意味をもつ。例えば、私は天皇家の人々に、あまり嫉妬を感じることができない。家柄が違いすぎる。ただ、性別は違うのに、会社で若くて高い地位の女性がいると、あまり面白くなく感じる。口では地位なんてどうでもいいと口癖のように言っているが、どうも出世欲はまだ、くすぶっているらしい。それで異性であっても、嫉妬を感じるのか、いかん。

では、嫉妬の感情に苛まれたらどうするか。その解消法に決め手はない。一番みんながよくやる手は、異なる評価基準をむりやり導入することである。例えば、女性がいて、他の容姿に優れた女性に嫉妬を感じたら、美人の基準自体を変更する。容姿でなく、体型にフォーカスする、などである。

学校の成績なら、まともに努力して成績を上げることにより克服する手もある。しかし、それが成功するなら苦労しない。

私はみかけよりもずっと情念の深い人間なので、嫉妬の感情は強い方かもしれない。それでも、なんとか恬淡を気取ることができるのは、スキルのポートフォリオ戦略による。すなわち、私は何一つ卓越したスキルはないが、少なくとも読書は広く浅く読んでいるので、どんな凄い人と話しても、知識で伝面的に打ち負かされるということは少ない。例えば、偉大な人というのは、だいたい、あまり将棋なんぞ熱心にやらないので、少なくとも私の方が将棋は強かったリする。一方、私より将棋が強い人なんてゴマンといるが、そういう人よりは読書量は多かったりする。こうしてごまかしながら生きていけば、少なくとも、悪い事件で新聞ネタにはならないで生きていけそうな気がする。

不況でも好調の会社

| コメント(4) | トラックバック(0)

言うまでもなく、「百年に一度」の不況なのであるが、それでも、景気のいい会社というは、確かにある。

その第一は、以前にもブログで触れた、任天堂である。

その次はというと、一時不調をささやかれていた、ユニクロ。Web記事によれば、下記のとおりである。

消費の冷え込みで小売業が苦戦している中、ユニクロの好調ぶりが際立つ。低価格ばかりが注目されがちだが、発熱保温素材「ヒートテック」を使った肌着など、独自の商品企画が消費者に支持されている。「高機能で割安」が奏功し、ユニクロを展開するファーストリテイリングは09年8月期の連結売上高を前期比6・9%増の6270億円(従来予想6200億円)に引き上げた。達成すれば過去最高になる。

また、マクドナルドも、下記のとおり、好調である。

低価格でお買い得感を出し、需要増につなげた代表格が日本マクドナルドホールディングス。08年12月期連結決算の最終(当期)利益は過去最高を達成。100円のハンバーガーや、120円のコーヒーなど低価格メニューを充実させたことで客数が増えた。

他にも:

ATM(現金自動受払機)の運営に特化するセブン銀行は、ATM設置場所をコンビニだけでなく、病院やホテル、高速道路のサービスエリアなどに拡大し利便性を高め、顧客数を伸ばした。

以上から、不況に強い会社のキーワードは、「低価格」「独自性」「消費者の巣ごもり」である、という。すなわち、低価格で、それなりに楽しめるもの、ということである。また、遠くに行かなくても、自宅で楽しめるというのが、「消費者の巣ごもり」。任天堂は、まさにそれである。

また、不景気とは言っても、消費者はそこそこに、出費して楽しみたいのである。不景気であればこそ、かもしれないが。そこで気を吐いているのが、東京ディズニーリゾート。次のような記事がある。

警察庁は1月16日、正月三が日の主な行楽地への人出を今年より3万人多い342万人と発表した。トップはやはり東京ディズニーリゾートで35万人。「HOT☆FANTASY ODAIBA」の18万人を大きく引き離してのトップだった。

景気減速で海外旅行者数が落ち込んだり、外食産業が不振のなか、今年25周年を迎えた東京ディズニーリゾートは断トツの集客力を維持している。08年度上半期(4月1日~9月30日)の2つのテーマパークの合計入園者数は、過去最高の1304万8000人(同7.2%増)を記録。同リゾートを運営するオリエンタルランドが先月に発表した08年9月中間期の連結決算によると、売上高は前年同期比11%増の1810億円に、純利益は同5%増の88億円とそれぞれ増加した。

手軽に行けて、そこそこの金額で楽しめる、というところだろう。もちろん、毎回工夫して飽きさせない、東京ディズニーリゾートのノウハウは、半端ではない。

あと、新聞の記事によると、売り上げが増えた食品として、味の素と、ホットケーキミックスと、マルタイラーメンがあるという。この背景にあるのは、不景気による、内食傾向である。レストランなどに食べにいくと費用がかかるので、手軽に自分で作ろう、ということである。そのとき、もちろん、何でもいいのではなくて、工夫された独自のものを買う。それらが、味の素と、ホットケーキミックスと、マルタイラーメンということである。

ちょっと類似のニュアンスとして、うちの近所にもあるが、自転車専門店の「サイクルスペースあさひ」。自転車しか売っていないのに、とても好調なのだという。確かに、燃費もかからず手軽な自転車が不況で受けるのは分かるが、「サイクルスペースあさひ」の売りは、サービスのよさ。すなわち、ほとんどの従業員が自転車修理技能士の資格をもち、自転車を持ち込むと、待たせないでその場で修理してくれるという。社員の教育は大変ですが、一番重要です、という社長の談話は、当然ながら重みがある。

最後に、「低価格」「独自性」「消費者の巣ごもり」のキーワードを再度確認することにする。不況に勝つのに、マジックはないのだ、と。

9・11疑惑

| コメント(3) | トラックバック(0)

もう40年以上経ったというのに、いまだにケネディ大統領暗殺について書き起こされた本を見かける。まだ解明されていないことが沢山あるのだろう。

しかし、ケネディ大統領暗殺事件に謎があるとしても、2001年9月11日のテロに較べれば、謎の程度はものの数ではない。それはどう素朴に考えても、単なるアルカイーダによるテロではないからである。被害の程度も関与した人数も半端ではない。

それで、以前、ブログにメモを書いてみたが、それは簡単な感想に過ぎない。

そう思っていたら、たまたま本屋で、「暴かれた9・11疑惑の真相」ベンジャミン・フルフォード、扶桑社を見つけたので、早速買って読んでみた。すると、単なる暴露本、疑惑本ではなく、かなり科学的に煮詰まった検討結果が書かれていた。あれから7年以上たって、米国内外の様々なジャーナリスト、科学者が検討した結果が反映されている、といえる。

9.11の疑惑は、大きく分けて次のように類別できる。

  1. ワールドトレードセンター
  2. ペンタゴン
  3. ユナイテッド93機
  4. 事前の予知
  5. 実行犯の正体
  6. 米国政府の関与

先ず、 ワールドトレードセンターであるが、これは明らかに、航空機の衝突だけで、倒壊したのではない。建築の専門家はみんな口を揃えてそういう。すると、事前に、ワールドトレードセンターには、爆弾が仕掛けてあった、ということになる。私ははっきり覚えているが、テレビ中継の録画で、航空機が衝突する直前のシーンで、既に下の方の階から煙が出ていた。爆発が早まったのだと思う。 また、いよいよおかしいのは、攻撃を受けなかったWTCビルが倒壊したことである。近隣ビルの火災の熱たけで、鉄骨が溶けるということは、どう考えてもあり得ない。

ここまでは以前から知っていたが、「暴かれた9.11疑惑の真相」によると、ワールドトレードセンターに突っ込んだのは、旅客機ではなく、窓がない、遠隔操作の無人機だったのかもしれない、ということである。さらには、その無人機の底部には、爆弾が装備されていた可能性がある、という。これも、写真をみると、確かに、普通のボーイングなどの旅客機ではないようなのである。すると、乗っ取られたという旅客機はどこに行ったのだろうか。生還したという話は当然に聞かない。すると、シナリオが完全に齟齬するからである。米軍機に撃ち落されたのだろうか。また、あれほどの衝突では、当然にフライトレコーダーを含め飛行機の部品は回収できたはずなのに、それは全くみつからなかったことになっている、という。ありえない。政府関係者が持ち去ったのかもしれない。

ペンタゴンに突っ込んだのも、どう考えても旅客機ではないそうである。ピンポイントの被害状況からして、ミサイルまたは軍用戦闘機のようなものでないと説明がつかない。また、ぶつかる前に急に旋回している。そのまま進むと、ラムズフェルド長官がいる場所に当たるはずだったのを、急によけたコースになっているという。 そもそも、旅客機が近づいてくるのを見た人がいない。また、おかしいのは、その日に限って、ペンタゴンの周囲の防空体制が解除されており、スクランブルも発令されなかったという。

ユナイテッド93機は、ペンシルバニアに墜落したことになっている。犯人に乗客と乗組員が挑みかかり、ホワイトハウスに突っ込む経路をとるのを、体を張って阻止して、墜落させたという「美談」が残っている。しかし、どうも真相は、ユナイテッド93機は、( ユナイテッド93機も、というべきか)米軍機に撃墜されたようである。美談の1つ、航空機から家族にあてた携帯電話の会話も、普通はつながらない、という。 つくられた嘘である可能性が高い。

予知という意味では、ライス元国務長官は、あきらかに、ビンラディンによる事前のテロ計画を知り、知り合いには、その日、ニューヨークには行かないように伝えていたという。

また、オサマビンラディンと、ブッシュ元大統領の繋がりは、公然の秘密である。オサマビンラディンが出資する会社で、ブッシュ元大統領の父親は、アドバイザーをしていた。

そもそもが、アフガニスタンと、それに続くイラクへの攻撃が、牽強付会であることは今となっては、誰の目にも明らかである。イラクへの攻撃がなくても、イラクが米国本土を少しでも侵略する意図があったとは思えない。

最後に、日本で9・11テロ疑惑を追及する中心人物として、民主党の藤田幸久議員がいるという。日本の議員の立場で、9・11テロ疑惑を追求する、というのは、いまいち、しっくりこないが、こういう活動が、米国政府からのあからさまな反対に遭わないのは、以前にも田中宇氏のサイトにあったように、米国内で、ネオコンと、それに反対する派が拮抗しているからであると思われる。

独学について

| コメント(0) | トラックバック(0)

アマゾンからメール来る本の紹介で、「独学という道もある」柳川範之著、ちくまプリマー新書があった。あまり興味も湧かなかったが、高校も大学もほとんど独学で、ついには東大大学院経済学研究科准教授になったという経歴がユニークなので、つい買ってみた。

柳川氏は、子供の頃は、父親の仕事でシンガポールやブラジルなどの海外を転々とし、中学時代一時日本にいたが、高校は結局行かず、本を読んで独学した。それでも、公認会計士になりたいという夢があり、それには、大学卒の学歴が必要なので、大検を受検して、大学受験資格を得た。

そこで普通に大学を受けると思いきや、柳川氏は、何を思ったか、入試のない大学通信教育過程に進むことにした。慶応大学の経済学部通信教育過程である。大学通信教育過程というのは、入試がないということで、楽勝と勘違いする人がいるかもしれない。しかし、実は、自分でペースを作らなくてはならず、宿題が沢山あって、スクリーング、試験もあり、とても大変なのである。私の会社の同僚で以前、慶応大学法学部の通信教育過程を受けた人がいた。もしかして、いずれ弁護士になろうしていたのか、あるいは、仕事柄、契約関係のレビューがあって、民法などの知識を得たかったりしたのかもしれないが、仕事しながら過程を進めることに困難を感じて、途中で挫折してしまった。だから、大学通信教育過程を終えてきちんと卒業するのは、とても大変なのである。

その点、柳川氏は、仕事があった訳ではなく、勉強だけしていればよかったので、時間的な余裕はあったものの、それでも膨大なレポートなどの課題をこなしたり、試験を受けたりすることに大童であった。

ただ、柳川氏は基本的な勤勉さと、要領のよさと、何よりも頭のよさで、首尾よく東大大学院の入試に受かってしまう。そして、プリンストン大学への留学を経て、大学院を無事終え、今の地位にある。

こうしてみると、柳川氏の経歴は特殊なようで、単に行きがかり上、普通に学校に行かなかっただけで、あまり学校とは関係なく、結局は今のような地位に落ち着いたのではないかと思われる。なぜなら、高校や大学に行ったとしても、結局、勉強は独学が基本だからである。独学をきちんと進めることができる能力がないと、普通に東大に入試で受かっていても、なかなか大成できないだろう。

では独学できないことは何かというと、先ず、医学部などの臨床研修、これは無理である。あと、理学部や工学部の実験、これも設備を要する。逆に言うと、それ以外は結構独学できたりするはずである。

ただ、大学に行くことのメリットは、同学の友と出会うことである。そこで、教えあったり、刺激しあったり、また、先生に質問に答えてもらったり。それはとてつもなく大きいのかというと、私はそれはやはり、食べ物におけるビタミンなどのサプリメントや副食程度としか思われない。独学こそが主食なのである。良書に出会えれば、読書し、自分でじっくり考えるだけで相当のレベルに達することができる。

学問ではないが、アマチュア将棋名人の平畑善介は、独学でプロにも達するレベルになった。それは、単に、天野宗歩の棋譜を、よく考えながらじっくりと並べただけであった。

数学のグロタンディークは、孤独に沈殿してじっくり考えることで、数学を作り上げた。

そこでいつもの議論になるが、本当に大事なのは才能である、ということになる。あと強いていえば、好きという意味の、アペリチフか。それがあれば、独学でよい。何冊かの本と、時間があればいいということにもなる。ただ、よい師がいれば、よい友人がいれば尚よいが、必須ではなく、おまけであろう。こうしてみると、今の日本の学校制度や受験制度は、ちょっと違うんじゃないの、と思うが、ではどうするという提案もないので、沈黙することになる。

卵の爆発

| コメント(3) | トラックバック(0)

料理を作っていて、生卵を急いで温めようとレンジにかけることを考えたが、なにかのテレビ番組で、殻のままレンジにかけると、ものすごい勢いで爆発するシーンを見たことを思い出し、卵を割って、小さいボールにとってから、レンジにかけたが、それでも、生卵の内部で気泡が成長して、それが小爆発するため、卵がレンジ内で飛び散って、後始末に困った。ラップをし忘れたせいでもある。

それで思い出したのが、ツングースカ山中の大爆発である。それは、1908年6月30日7時2分、ロシア帝国領中央シベリア、エニセイ川支流のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流での事件である。Wikiによると、

強烈なエアバーストが発生し、半径約30キロメートルにわたって森林が炎上し、約2,150km2の範囲の樹木がなぎ倒された。1,000キロメートル離れた家の窓ガラスも割れたという。破壊力はTNT火薬にして10 - 15メガトンに相当するものと考えられている(注:これは、広島に落ちた原爆のほぼ1000倍の威力)。爆発によって生じたキノコ雲は数百キロメートル離れた場所からも観測できた。爆発地点では地球表面にはほとんど存在しない元素のイリジウムが検出されている。地球に落下した天体が爆発したとみられるが、隕石孔や隕石の残片などは発見されていない。
ということである。

これはまさに、卵の爆発と同じ原理ではないか、と推察した。すなわち、隕石にも、液体としての性質が大きいものと、固体性のもの、多孔性のものといろいろあり、ツングースカ山中の上空で爆発したものは、内部が液状で且つ、外側に殻があったものではないかと推定する。

内部が液状だと、大気圏に突入して高温になると、内部で気泡が発生して、それが猛烈に沸騰する。そして、ついには外殻を破って、隕石が大爆発する、という次第である。これにより、隕石が小片となって飛散したせいか、隕石の破片は見つかっていないという。

さらに、これだけの大爆発なのに、過疎地での出来事のせいか、確認された死者は一人しかいないという。

面白いのは、隕石は、都市部を避けて落ちるという風評があることである。そういうと、違うだろ、地上で、都市部の領域は圧倒的に少ないので、単に確率的に当たらないだけだろ、という批判が出そうである。それはそうなのであるが、ツングースカ山中大爆発程度の隕石を地球上の任意の場所に落として、死者をたった一人にする、ということはとても難しく、私はどうしても、何者かがコントロールしているとしか思えないのである。というのは、ドイツだったかあのあたりで、5回も隕石が落ちてきた家屋があるらしくて、その事実は、どこかの大学教授も認めているらしいが、そもそも数学的確率としてありえないことであり、宇宙人がコントロールしているとしか思えない、と被害者は、つぶやいているという、そういう記事を読んだことがあるからである。

iPS細胞で血小板

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webニュースによると、さまざまな種類の細胞に分化できるヒトのiPS細胞から止血作用がある血小板の作成に、東大の中内啓光教授(幹細胞生物学)らが世界で初めて成功したという。血小板は手術の止血のほか、血が止まりにくい出血性の病気の治療に不可欠だが、長期保存できない弱点があった。実用化すれば献血に頼らず、血小板を安定供給する道が開ける。3月6日、東京で開催中の日本再生医療学会で発表した。

この方法は、山中伸弥・京都大教授が開発した方法で作ったヒトiPS細胞に対して、骨髄中の細胞を培養し、複数のたんぱく質を加え、血小板のもとになる細胞「巨核球」に分化させるという、複合技を使った。そして、巨核球から、形状や機能が通常と同じ血小板ができるのを確認した。

iPS細胞には常に、遺伝子の副作用で癌化の危険があるが、血小板は遺伝子が存在する核がなくその影響を受けないという。また、血小板異常の患者のiPS細胞を作り、遺伝子治療をしてから血小板を作り、移植するという治療法も現実的になるという。

もし、iPS細胞で血小板が作成できると、これは、iPS細胞を使ったほとんど初めての実用的な応用ではないだろうか。特に血小板は冷蔵保存できず、通常4日ほどで廃棄されるので、そうやって人工的に作れると、意義は大きい。中内教授は「赤血球など他の血液成分を作成できる可能性もあり、献血不要の社会を実現したい」と話す。なるほど、これはとても分かりやすいiPS細胞の応用である。

ただ、素朴な疑問として、本物の血小板と、こうして作成された血小板は、等価なのだろうか。iPS細胞から作成された血小板は、ふと、もとのオリジンの細胞に戻ってしまわないのか、と根拠のない疑問というか不安を覚えたのであるが。

オイラーの無限和

| コメント(0) | トラックバック(0)

自然数の逆数和である、1/1 + 1/2 + 1/3 + 1/4 + ...が無限に発散することは、高校数学の知識で理解することができる。

そこで、自然数の逆数でなく、素数の逆数和はどうか、という考えも起きる。それは:
1/2 + 1/3 + 1/5 + 1/7 + 1/11 ... と自然数の逆数和をかなり間引いた級数となる。そして、この素数の逆数和もまた、無限に発散することを、オイラーが発見したのだという。これの証明は、私は分からないが、何でも、ゼータ関数を使うのだという。

それを図式的に書くと:
素数の逆数和 = log(自然数の逆数和)と書けるという。そして、自然数の逆数和が無限に発散するので、その対数も無限に発散する、という次第。

ところが、自然数の逆数和自体、かなり緩慢な無限への発散であった。それの対数だから、素数の逆数和は、相当に遅い発散ということになる。

例えば、ある大きい素数である、1801241230056600467の逆数まで足したとしても、素数の逆数和は4を超えない。

知られている最大の素数243112609 - 1まで素数の逆数和を足したとしても、20は超えないだろうというから、どんだけ遅い発散級数なんだろうか。

この分でいくと、素数の逆数和をコンピュータで計算させたとして、それが100を超えるまで計算しなさいとコンピュータにやらせたら、下手したら、1000年以上かかるかもしれない。そもそもが、243112609 - 1より大きい素数の値をみつけるのからして、とてもチャレンジである。ただ、このことは、リーマン予想の深遠性とは何の関係もない(はずである)。

また、もしlog(素数の逆数和)程度の和の級数があるなら、さらに緩慢に発散するが、そのような級数が作れるというか、存在する保証はない(直感的には、存在しそうである)。

ともかく、なんとも微妙な計算であることよ。

研究という仕事

| コメント(4) | トラックバック(0)

仕事柄、会社のリサーチャーと言われる人から話を聞く機会がある。それで、私なりに、企業における研究という仕事、あるいは、リサーチャーとはどういう人かということをメモしてみる。

先ず、会社において、リサーチャーという人は、ある意味一番頭がよいと思われている人たちであろう。その頭のよさは、専門の研究分野をもち、その分野で深い知識をもっているという意味である。周囲もそう思っているし、本人もそうであろう。

それで、大抵は偏差値が高いといわれている大学の大学院を卒業し、理学博士や工学博士の学位をもっている人も少なくない。

ただ、いろいろ聞いてみると、出身大学の偏差値も然ることながら、有名研究室の出身であることの方が意味があるということである。有名研究室では、そこの教授が独特の雰囲気を醸し出し、研究に対する考え方、態度などが育成されるのだろう。そういう意味では、いわゆる有名大学に、有名研究室がある確率が高いが、あまり知られていない地方大学に有名研究室がある場合もなくはないと思われる。優れたメンター力をもつ人材が地方の大学に赴任することは十分あり得るからである。

企業としては、研究者を採用するときに、どの研究室でどんな研究をしていたかということに留意しつつ、面接でその人のポテンシャルを見ることになる。その場で技術的な質問をすることもあるし、前もってある論文を渡して読ませておいて、その概要を話させるという方法もある。

それでもなかなか短い面接時間では分からない。それで、面接で致命的な悪印象がない限り、どうしても有名大学・有名研究室の出身であることに採用する方は拘ってしまうようである。というのは、知る限り、よいリサーチャーというはかなり歩留まりが悪い。使えない可能性は結構ある。すると、とりあえず有名大学・有名研究室をベースに採りましたといえば、言い訳が立つことになる。リサーチャーならずとも、よく使われる言い訳である。

それでどういうリサーチャーが望ましいか、というと、当然であるが、ある程度常識人であることは必要であろう。というのは、たった一人で研究するということはないし、当面は先輩から指導されなくはならない。常識人でないと、人間関係もうまくいかないのではないか。勿論、十分条件でなくて必要条件であるが。現状をみていると、リサーチャーは、プライドが高く、我侭な人が少なくない。それは、子供の頃から秀才でとおり、ちやほやされてきたり、ストレートで難関大学に受かったりして、挫折を知らないからのだろう。そういうプライドは当然もっていていいが、うまく常識的に温厚にふるまうすべをマスターしておく必要はあると思う。

次に大事なのは、上から指示されたとおりでなくて、そこに自発的にアドオンがあることである。派遣社員なら、むしろ言われたとおりやることが重要かもしれない。しかし、いやしくもリサーチャーであるなら、指示されたことの先がなくてはならない。独自の視点である。意外であるが、上司からの指示に従順すぎるリサーチャーは、少なくない。

さらに大事なことは、学習適応能力である。間違っても、私は研究室で○○やってきたので、その路線でやりたいと拘ってはいけない。それを言っていいのは、それが会社の方向と一致している場合のみである。というのは、会社では昨今選択と集中といって、いままでやっていたことを止めて別のことにフォーカスしたりする。すると、今までの専門から新しい専門に切り替えられないのなら、リサーチャーたることを維持できなくなるかもしれない。

またさらに大事なことは、日陰であっても黙々と仕事できる、いい意味の地味さである。というのは、あるプロジェクトがあったとき、いろいろな仕事があり、目立つ仕事もそうでないこともあるのだが、運悪く目立たない仕事をアサインされたとしても、腐らずこつこつとやれなくてはならない。

こう書いてみると、リサーチャーといえども他の仕事と変わらないようであるが、厳しいのは、あまりにもその能力がばれてしまうことである。ある種の官僚のように、なあなあで済ませることはできない。学歴をいつまでも引っ張ることもできない。会社にあって、きちんと効果が出るものを作ったり、やり方を考えたりできなくてきならない。

すなわち、学校秀才のままでは通用しないので、リサーチャーは学校秀才であってもいいし、大抵はそうだったんだろうけど、やはり学校秀才の格に一旦入って、その格から出なくてはならないようである。

そういうしんどい仕事である割には、見ていると、リサーチャーは、昇進でそんなに有利ではない。どうしてもある狭い専門家と見られてしまうのである。また、ある以上の年齢になると、創造力が枯渇して、最早リサーチャーでいられなくなってしまうことがある。

だから、よほど好きでないとあまり割のいい仕事ではないのかも、と傍でみていて感じる次第である。

GMの破産

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webニュースによると、GMは3月6日、同社が依然として破産申請を行わない形での事業再建を目指していることを明らかにしたという。

GMは声明で「破産申請に対する姿勢は変わっていない。裁判所の外で業務の再構築を行うことがGMおよび同社の各部門にとって依然として最適な解決策」と述べた。

また、破産申請を通じた事業再建についてさまざまなシナリオを分析したとし「(破産法に基づく)再建には多大なコストやリスクが伴うと強く確信している。最も影響が大きいのは販売減による収入の劇的な悪化だ」とした、というが、あれだけ負債を抱え、政府から資本注入してもらって、尚且つ、破産申請したくありません、というのは我侭ではないのか。

それがgood newsでない証拠には、米株式市場でGM株価は0.41ドル(22.04%)安の1.45ドルとなった。一時1.27ドルまで下落した。

Wikiで、連邦会社更生法とも言うべきChapter 11について調べてみたが、非常に複雑で、理解困難である。それで、依然としてうまくコメントできないのだけれども、ともかく、破産申請しないでうまくやっていく施策というのをGMにきちんと説明してほしいと思う。もしあるのなら、であるが。

ラナウイルス

| コメント(2) | トラックバック(0)

Webニュースによると、海外でカエルなど両生類の減少の原因となっているラナウイルスに、国内に生息するウシガエルが感染して大量死していたことが、宇根有美・麻布大准教授の調査で分かったという。国内の確認は初めて。国際獣疫事務局(OIE)が、報告を義務づける感染症に指定、昨年5月に世界中に注意を呼び掛けていた。人に感染する恐れはない。宇根准教授によると、オタマジャクシからカエルに変化する途中のウシガエル数千匹の死骸が昨年9月、国内の池で発見された。数日間、同じように死骸が見つかり、合計数万匹以上になったとみられる。死骸の肝臓と腎臓からラナウイルスが見つかった。

ラナウイルスは種類が多く、両生類だけでなく、魚類や爬虫類にも感染する。オーストラリアでは、スズキやニジマスの仲間の幼魚の大量死を引き起こした例がある。国内でも感染して死んだ養殖魚が見つかっているが、今回のウイルスによる周辺の魚の大量死は確認されていない。ラナウイルスは、北米ではカエルの死因の43%を占め、カエルの激減を招いたとされるツボカビの16%を上回ったとする調査結果がある、ということである。

これをみて、誰もがそう思うだろうけど、恐竜の絶滅の原因はまさにもこれではないか、と私は思った。すなわち、カエルというのは、普通に考えると、生物学的には人間なんかよりはるかにタフな動物で、そんなに簡単に病死する訳がないのでは、と思われる。それを大量死に至らしめるというのは、想当なパワーである。また、上記記事によると、爬虫類に感染する種類もある、というではないか。

ところで、有名な恐竜絶滅説に、巨大隕石によるものがある。確かに、巨大隕石は地球に降ってくることは事実で、最近の新聞にも、かなり大型の隕石が、なんと地球と月の間の距離の1/5の距離で通過した、とあった。超ニアミスである。

巨大隕石による恐竜絶滅説によると、初期的には隕石の衝突による巨大な衝撃と津波での一次災害であ多くの生物が死滅する。続いて、粉塵が空に舞い上がって太陽光を遮り、すると地上に太陽光が降り注がないので、地球の平均気温は、マイナス数十度に冷却される。

そのような環境で恐竜が絶滅するのは分かるが、いつも思うが、哺乳類や他の生物がどうやって選択的に生き残るか、ということの説明が、おざなりになっているのである。そこは小動物なので、穴を掘って生き延びるのだろうというが、ものの本にあるように地球の平均気温が、マイナス数十度とい状態が数年続くと、食料もなく、細菌やウイルスの類しか生き延びられないだろうと思われる。

よって、例えば、ラナウイルスに感染することによる病死というのが、恐竜絶滅の理由として一番妥当だと思われる。

大量病死といえば、ウイルスではないが、中世ヨーロッパのペスト禍が有名である。それはなんと、人口を1/3にしてしまうほどのすさまじいものであった。それでは、生き延びた1/3の人はというのと、遠くの町に住んでいて、感染の流行を免れたという人もいるだろうが、大流行した町で同様に菌に晒されて、生き延びた人も少なからずいたようである。それを、栗本慎一郎氏は、防疫的な観点ではなくてむしろ、遺伝的な特質のせいにする。すなわち、ウイルスや細菌に感染するということは、ヒトの生体がウイルスや細菌に反応するということだから、遺伝的特性により、ある種の細菌毒に対する不活性の特性があると、感染しても発病を免れるという可能性がありえる。そこで、ペスト禍は、ペストに不活性な人を選択することにつながり、そのことが、その後のペストの大流行をみない理由である、ということである。そこに神の意思とでもいうものが反映されているなら、ペスト耐性の強い人類が必要だったのであり、そういう人類は進取の気風に富み、産業革命を引き起こしたという見方もありえるだろう。

これとの類推で、古代のラナウイルスの猖獗は、ラナウイルスに不活性な爬虫類のみを残して、他を絶滅させたのだろう。そして、ティラノザウルスが残されなかったのは、われわれの先祖である哺乳類にとって有利であった、ということである。それも神の意思なのだろうか。

ただ、別の見方では、神の意思によれば、安逸を与えるためでなく、新たな試練を与えるために生物を生き延びさせるのであり、すると、滅びたティラノザウルスたちは、それはぞれで幸せだったのだ、ということになる、というちょっと穿った見方もできよう。

また、さらに進めると、恐竜の絶滅が神の意思ならば、そのために遣わされたラナウイルスは神の使徒なのであり、すると、鳥インフルエンザもまた、神の使徒ということになる。神は次に何を意図しているのだろうか。

コンピュータ囲碁

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前、ブログで、コンピュータ囲碁におけるモンテカルロ木探索法について、メモした。約8ヶ月前のことである。

そのとき、コンピュータ囲碁は、アマ初段程度か、と書いたが、情報処理2009年1月号に、その後のコンピュータ囲碁の進展の記事があったので、メモしてみる。それによると、モンテカルロ木探索法を採用した、フランスのMoGoは、韓国のプロ八段を九子局で破ったというから、最早、アマ初段を超えたであろう。2008年8月のことである。

これに刺激されたか、ライバルのプログラムCrazy Stoneの作者、Remi Coulomは、八子局での対戦を希望した。そこで、電通大囲碁部の学生が、Crazy Stoneと対戦したところ、八子では圧敗で、六子でも厳しいという。だいたい、大学囲碁部の学生だと、アマ五段はあったりするから、六子でも厳しいというのは、やはり、アマ初段を下らない。

ところで、Crazy Stoneを含め、モンテカルロ木探索法を用いたコンピュータ囲碁は、次のような特徴がある、という。

  1. 部分に拘らず、常に全局を見渡して手を選ぶ。普通の格言では、大場より急場と言われるように、人間の囲碁では、決して部分が疎かにならない。
  2. 定石を知らない。コンピュータ将棋との類比では、コンピュータ将棋は、定跡データベースに相当に依存する。だから、コンピュータ囲碁でも、本当は定石を組み込めるのではないか、と思われる。ただ、コンピュータ囲碁で、定石を組み込むことがどれくらいい意味があるのか、分からない。思考の節約程度か。
  3. 常に半目勝ちを目指す。これもコンピュータ将棋にない特性である。常にぎりぎりの一手勝ちだけを目指すコンピュータ将棋なんて、聞いたこともない。寧ろ、コンピュータ将棋は、いぶし銀のような渋さを誇ったりする。ただ、Crazy Stoneは、計算で半目勝ちできないと判断すると、勝負手を連発するという。ここらあたり、人間らしくていい。

さて、昨年の9月4日、囲碁女流プロの青葉かおり四段と、Crazy Stoneの8子局での対戦が実現した。その様子は、序盤は結構粗い。意味のない捨石をしたりする。それで、中盤の入り口あたりでは、8子局のハンディがあるのでまだ優勢というものの、普通のアマチュア下手なら、戦意喪失しそうな曲面となる。

ところが、中盤を過ぎて、石の数が増えると、Crazy Stoneは段々冴えてくる。それは、モンテカルロ木探索法のアルゴリズムの性質によるようである。こうして、8子で、青葉かおり四段を堂々で寄り切ってしまった。青葉かおり四段の感想は、Crazy Stoneは少なくともアマ二段はある、というものであった。

次に、Crazy Stoneは、王 銘エン九段と九路盤で対戦した。ハンディは、Crazy Stoneの先番で、コミなしである。ハンディを考慮に入れて、Crazy Stoneは、それもきっちり勝ちきった。

王 銘エン九段は、青葉かおり四段との対戦をみて、 Crazy Stoneはアマ三段くらいではないか、という。ただ、単なるアマ三段ではなく、中終盤の読みがしっかりしており、底知れぬポテンシャルを感じる、ということである。

それでは、コンピュータ囲碁がいつ十九路盤でプロに勝てるか。これについて、私の昔話から始める。昔といっても、2000年頃だが、パソコンソフトで、森田将棋などコンピュータ将棋がメジャーになりつつあった頃で、平手でも適当に指せば負けることはあるが、真剣に指せば、二枚落でも負けない程度のレベルであった。そのとき私は棋友に、「果たして私程度のアマチュアに実力で勝てるコンピュータ将棋ソフトが、私が生きているうちに出てくるだろうか。疑問である。」というコメントを述べたことがある。すると、棋友も私のコメントを否定しなかった。

ところがそれから5年たって、東大将棋や激指しというコンピュータ将棋は、どう自分に有利に考えてみても、私より強いと告白せざるをえなかった。一生どころか、たった5年で完全に抜き去られてしまった。2009年の現在も、コンピュータ将棋は進化中で、最早私どころか、アマチュア・トップを凌駕して、プロに届かんとしている。羽生に勝てる日がいつかと、つぶやいたとしても、誰もたわけたことを、とは言わないだろう。

その類推からいくと、コンピュータ囲碁も、今から5年くらいで、大抵のアマチュアが歯が立たなくなるのではないだろうか。そこから5年たって、井山裕太に勝てるレベルに行くかどうかしらないが、 メジャーではないプロにはある程度届くのではないだろうか。

米国特許の審査

| コメント(0) | トラックバック(0)

特許の実務家の間では、日本の特許庁の審査は厳しく、米国特許庁の審査は甘い、というのが常識である。実際、米国特許公報をみていると、なんでこんなのが許されたのか、というものが続々みつかる。なにしろ、ゴルフの打ち方とか、ブランコの乗り方などというものもあるのだから、恐れ入る。統計的には、日本では、審査請求したものの半分くらいしか、審査で許可されない。一方で、米国は審査請求の制度がないので、全ての出願が審査されるのだけれども、それで、出願されたものの8割以上は、許可されていた。

しかし、その常識は変えるべきときがきたのかもしれない。というのは、最近、こんなことがあった。すなわち、日本に、ある発明の特許出願をして、それの優先権主張で米国に特許出願した場合、今までは、米国では、結構広いスコープで権利がとれていた。審査が明らかに甘かったからである。ところが私が担当していて、日本では特許されたものの対応米国出願で、最初のオフィス・アクションに応答して、日本で許された特許請求の範囲を英訳して米国の担当特許弁護士に送ったところ、それでも許可されない、とさらに二回目のオフィス・アクションがきた。

担当特許弁護士は、次のように言う。すなわち、自分は今の特許請求の範囲で引例との差異は主張できていると思う。しかし、審査官は、今の特許請求の範囲に対して、更に何か実質的な限定を加えてほしいと言っている。何かないだろうか、と。

そこで私は困った。特許庁からの通知に応答して、既に米国で補正している特許請求の範囲は、日本で許された特許請求の範囲よりも実質的に十分限定されているのである。これ以上、何を追加しろと言うのか。無理やり実施例を探して、なにかの追加フィーチャをみつけることは可能であるが、そんなフィーチャを、限定要件として特許請求の範囲に加えたとして、権利の価値が下がるだけである。そもそも、今の特許請求の範囲で、引かれた米国特許との差異は十分に主張できているのである。無意味な限定は、特許実務家としての基準では受け入れがたい。

また、ある信頼できる筋から聞いたところでは、今や、米国特許出願の許可率は、5割を切っているという。日本よりもさらに低い。これは一部は、一昨年の画期的なKSR判決の影響で、進歩性(非自明性)判断のベースとして、2つ以上の引例を組み合わせることが容易になったことが大きいかもしれない。

しかし、それは日本での慣用と同じレベルなっただけなので、米国特許出願の許可率が日本より低くなったことの説明にはなっていない。

私は、それは、金融恐慌のせいだと思う。なぜなら、下手な特許を許可すると、その特許を使って他人を訴える人が出てくる。そのような活動で訴訟弁護士は潤うし、権利者も損害賠償金がとれれば、利益は大きい。しかし、それは富を偏在させることになり、社会全体にとっては利益になるとは限らない。そこで私の俗な理解は、もうあまりプロパテントだの、知的財産立国だの、言っている時代ではなくなったのではないか、ということである。国家としては、下手な特許で訴えて世の中を混乱させてほしくないから、審査はなるべく厳しくして、権利行使にしくい特許請求の範囲にしてほしい、ということではないかと思われる。

というのは、米国特許庁が審査の膨大な滞貨を抱えていることは最早周知であるが、滞貨を減らすため審査を促進するという意味だけ考えると、審査を甘くしてどんどん通すのが楽だからである。すなわち、拒絶しようとすると、どこが駄目かをきちんと理由をもって指摘しなくてはならず、場合によっては二度、三度とオフィス・アクションを出したり、それで最終拒絶されると、出願人からアピールを出されたりと、一向に手間が減らないからである。これが、国策として、アンチパテントであることの証明である。

Webニュースによると、さまざまな細胞や組織に分化する能力を持つiPS細胞を、ウイルスを使わずに、英国とカナダの研究チームがヒトの体細胞から作成したという。ウイルスを使わない作成方法は、山中伸弥が昨年10月に開発した、プラスミドによる方法があるが、それはマウス胎児細胞によるものであり、ヒトでは初めてである。

この方法の特徴は、トランスポゾンを使ったことにある。トランスポゾンとは、DNA分子のある部位から別の部位に移動することのできる転移因子の一種であり、転移因子の移動を触媒する酵素を含むいくつかの遺伝子をもっているものである。研究チームは、トランスポゾンを使い、四つの遺伝子をヒトの胎児の線維芽細胞に同時に導入して、iPS細胞の作成に成功した。また、マウス実験では、染色体に組み込まれた4遺伝子を特定の酵素を使って消去することに成功、消去後もさまざまな細胞に分化する能力が確認された。これは、トランスポゾンを使ったことの効果であると思われる。iPS細胞の最大の課題の1つは、がん化の防止であるが、導入した遺伝子を消去できれば、がん化の危険性が低くなる。大きな一歩なのかもしれない。

ここで1つ、余計なことを書くと、先日テレビを見ていたら、臨済宗の偉いお坊さん(確か、花園大学の学長とかいう人だった)が言うには、仏教の一番大事な教えは、世の中、思うようにならないということを分かることです、ということであった。50年以上生きてきて、まさにそうだと思う。そういう観点からいくと、iPS細胞の研究も、「人生の思うようにならなさ」をいささかも改善するものではないと思う。例えば、iPS細胞による治療が確立されたとき、新たな副作用がみつかるとか。ただ、アデノウイルス、プラスミド、トランスポゾンなど、ウイルス学や遺伝学の粋を集めてiPS細胞の研究を進めることは、科学研究として、第一級のスイートなものであろう。使える道具は、まだまだ尽きていないだろう。ただ、どこか仏教的観点を失って思い上がることがなければ、と思うだけである。

好意の共振

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は、ブログにしょっちゅう書いているように、恋愛とかほとんど縁がない。結婚したのは見合いだし、生まれて、まともに女性とデートした記憶がほとんどない。あるとしても、デートを申し込んだら渋々義理で一度だけ付き合ってくれて、その後二度と会ってくれなかった、というのが一度あったくらいか。切ない。

それで、私の恋愛はあるとしても、99%が片思いなのであるが(はて、1%は何だろうか?)、そこで不思議な現象を感じたことがある。どういうことかというと、私が好きになったことがある女性が10人いたとしよう(これは、例なので、本当に10人いたと思わないでほしい)。すると、そのうちの6人は、全然脈がない。学生時代に、厚顔無恥の例として、「全ての非難も叱責も撥ね返すミラーマン」という冗談があったが、そのミラーマンのように、私が投げかけた全ての感情は撥ね返されて、空しく、地面に落ちる。

では、あとの4人は、微笑んでくれるのか、というとそうではない。やはり、同様に全く相手にされないので、最初は、上記のミラーマン(ミラーウーマンというべきか)と、見分けがつかない。ところが、思いを送り続けて半年くらい経つと、何かが変化している場合がある。それは、かすかな好意が時間差でなびくように、こちらに返ってきていることがある、ということである。

例を挙げると、ニューヨークに出張して、ある社内のセミナーに参加したことがあった。そこで、Lさんという、女性の弁護士をみたとき、急に言葉を失ってしまった。まぶしくて正視できないのである。いわゆる、一目ぼれであろうか。彼女は、私よりずっと若いが既婚で、私も当然に既婚なので、発展を期待できるものではない。

それでも、セミナーで、仕事に関して、どうしても彼女に話すべきことがあった。で、勇気を出して声をかけたが、下手な英語がいっそうたどたどしくなった。で、緊張して、「○○の件ですが、○月までにまでに回答できますか。」と聞いたら、歯切れよく、しかし嫌そうに、「何がいいたいの。そんなの、できるわよ!」とピシッといわれて、そのきつい、とりつく島もないいい方がなぜかうれしかった。マゾか私は。

もちろん、Lさんは私に一片の興味すら、ある風ではない。一方、私はというと、Lさんが座っている席の方をちらっと眺める衝動を抑えることに大変苦労した。

それで、セミナーから半年たって、たまたま用件があってLさんにメールを送ることがあった。すると、なぜか、単なる用件への回答を超えて、親切なメールなのである。誰に対してもそうなのか、と同僚に聞くと、同僚は、事務的な返事しかもらえないという。

その後何年も、Lさんから私に来るメールは、用件への回答+αであった。それで仮定したのは、最初に私が送った好意がLさんの無意識に共鳴し、無意識から顕在意識にこぼれてくる形で、私に対する親切となったのであろう、ということである。いわば、好意の共振である。核磁気共鳴。好意にはスペクトルがあり、どこかの波長が一致したのだと思われる。ただ、その共振のエネルギは微小で、到底恋愛とは呼べない。ただ、確実に響くのである。

あと、Lさんが日本に来たことがあった。同僚のK君もLさんに会った。そこで、K君に、Lさんってどうよ、と聞いてみた。すると、いや別にどうってことないよ、とそっけなく答えるのである。それで、Lさんは、女優のような、万人が美人と思うような女性でないことが、初めて分かった。それどころか、私以外、誰一人としてLさんを美人と思っていないことが分かり、なんとなく落ち込んだ。冷静に考えると、恋愛とはそんなもんかもしれないが。

ところで、Lさん以外にも同様の気持ちになった女性は、他にも数人はいるような気がする。みんな、私と微妙に固有振動数のスペクトルでの重なりがある。そういう女性を心に描くと、ほっとする。ただ、それだけだったりもするが。

他方、心の共振というか共鳴があるなら、完全な波形が打ち消されるような相性の悪さもある。そちらは、まあ、あまり書かないでおくのが、奥ゆかしいというものであろう。

ともかく言いたかったささやかな命題は、こういう微妙なプレ恋愛感情が、意外に本質的に、世の中を動かしているのではないか、ということである。

AIGの負債

| コメント(0) | トラックバック(0)

ニュースによると、AIGの昨年の赤字総額は、9.6兆円で、これは過去最大である、という。私のいい加減な耳学問では、保険会社は、保険料で稼ぐのかと思ったら、実は、事故や病気で支払う費用と保険料がほぼトントンで、するとあとは運用で稼がなくてはならない、ということになる。すると、証券化商品の評価損など、もろに金融恐慌の荒波をかぶる訳で、あと、CDSなんかもあったりして、GMの三倍もの負債になるのもやむなしなのか、と金融初心者丸出しのコメントをついしてみる次第である。

一方で、この9.6兆円という赤字総額に反応して、米国政府は、300億ドル(2兆9000億円)の追加資本注入を決定した。既に注入されている資本は、これとあわせて1800億ドルに達するというのだから、呆れてものがいえない。なんとしても、とりあえずAIGを延命させようという、米国政府やFRBの執念が感じられる。

さて、AIGは、負担軽減の一環として、アリコなどのグループ会社をFRBに譲渡することを決定した。余談であるが以前、アリコというか、アメリカンファミリーの掛け捨て医療保険に入ったことがあった。すると、記念にマスコット人形をくれたが、それがなんと、蟻のマスコット人形で、そのおじさんギャグ的発想に、苦笑いするしかなかった。そのアリコであるが、FRBの特別目的会社に移され、収益をFRBが受け取るような仕組みで、AIGの金利負担が軽減されるのだという。ここで分からないのは、特別目的会社というけど、アリコのCEOはFRBから送り込まれるのか、もしそうなら、そんな保険会社を仕切れるような人材がFRBにいるのか、ということである。

なぜそんな素朴な疑問を呈するのかというと、「AIGは、公的管理下に置かれても再建が進まず、寧ろ業績が悪化する事態に陥り」と新聞にあるからである。だいいち、公的管理下に置かれたとき、社員のやる気が出るはずもなく、普通にしていれば、業績が悪化するのも当然に思われる。

米国政府は、2月27日にも、シティグループの株式を30%取得して再建への関与を始めたというが、何度も同じことを言うが、米国政府は再建のスペシャリストを抱えているのだろうか。素人目には、徒に延命させて事態を悪化させているだけのようにも思われる。

タンパク質の世界

| コメント(5) | トラックバック(0)

典型的な童話では、貧しくて美しい女性が街を歩いていて、王子様に見初められ、大変な紆余曲折があって、めでたく結ばれてハッピーエンドということになるのだが、シニカルな私は違うだろ、そこからが大変だろ、そもそも生活習慣が違うのだから、意見の食い違いもでてきて、破綻することだってあり得るだろ、と思ってしまう。当然に、ダイアナ妃の悲劇も想定している。

それと同じことは、ヒトゲノムの話にも感じる。すなわち、数年前、ヒトゲノムの全体が解明されて、それが画期的であることは認めるが、しかし、そこから先の話が長すぎて、大変なのではないか、というのが私の感想である。

それでは先の話とは何?ということであるが、例えば、遺伝子の働きで合成されるタンパク質がそのうちの一つである。これ自身、大変な世界ではないかと考えていたら、格好の本があった。岩波新書「タンパク質の一生」永田和宏著である。

DNAにコドンで記述されたアミノ酸の並びの情報がRNAにより運ばれて、細胞内のリボソームで合成されてタンパク質になる。タンパク質は、体のあちこちに運ばれて、細胞を構成したり、酵素になったり、というところまでが普通の理解である。その理解だと、タンパク質は、20種類のアミノ酸の配列とその長さで、機能が決定されてしまう。すなわち、1次元の情報しかない。

しかし、1次元の配列だけではタンパク質は機能しない。アミノ酸の配列の一次構造が螺旋構造としての二次構造をとり、さらに折りたたまれて三次構造をとらないと機能を発揮できない。この三次構造をとるとき、ヘモグロビンであるなら鉄が必要であるし、より一般的に、S-S結合というイオウ原子の結合を必要する。このことから、タンパク質が機能するためには、料理で言えば調味料としての、イオウ、燐などの成分や、鉄、銅、亜鉛、セレンなどの金属が必要であることが分かる。そのための栄養素がビタミン、ミネラルなどである。料理で調味料が不足するとただ不味いだけであるが、ビタミン、ミネラルが不足すると、タンパク質が機能不全になって死活問題になることがある。なお、タンパク質が高次構造をとることは、折り曲げを意味する、フォールディングとも呼ばれる。

それでは、アミノ酸の一次構造と、イオウ、燐などの成分や、鉄、銅、亜鉛、セレンなどの補助的成分だけで三次構造、あるいはもう一歩進んだ四次構造(サブユニット)まで決まるのか。かつてはそうであると考えられていた。その原理を提唱したアンフィンゼンは、1972年にノーベル化学賞を受賞した。そのことは、「アンフィンゼンのドグマ」と呼ばれる。

ところが、アンフィンゼンのドグマは限定された場合にしか成立しないことが分かった。タンパク質は生まれても、それだけでは自立できないのである。すなわち、高次構造をとるように補助してくれる分子シャペロンという、メンターのようなタンパク質が存在する。分子シャペロンは、タンパク質に一時的に結合し、親水性と疎水性の部分をうまく使い分けて、構造が形成されるのを助ける。タンパク質が高次構造を成功裡にとると、黙って遊離していく。感謝を期待することもない。当たり前か。

分子シャペロンの別の機能は、熱、細菌などの影響で歪んでしまったタンパク質の構造を再生させることである。一番の凄腕の分子シャペロンの機能は、ゆで卵のように熱硬化したタンパク質をほぐすことであるという。

このように様々な機能があるので、分子シャペロンは、隔離型、糸通し型、結合分離型などの種類がある。

さて、このようにタンパク質が形成されると、それを必要な箇所に移送する仕事がある。それは、サイトゾルを経由して、必要な箇所に運ばれるのであるが、その移送機構も複雑で、なんと宛先をあらわす情報がポリペプチドで書かれているのだという。郵便の宛先が、ポリペプチドの言語で記述されている、ということである。

こうして活躍するタンパク質であるが、老朽化してくると分解され、一部のアミノ酸は再利用され、他のアミノ酸は体から排出される。その差分のアミノ酸を補うのが、食物からである。

その分解も、無規律に行なわれているのではない。タンパク質自体に、アミノ酸配列の言語で、分解される時期が記述されている。それはPEST配列と呼ばれる。すなわち、生成したときから、早死にするタンパク質と長生きするタンパク質が決まっているらしい。死は一般に避けるべきものであるが、あるタンパク質は、早死にすることで、生物全体を活かしている。細胞が癌化しないでアポトーシスすることとの類比である。

また、何かの事情で、生成されたタンパク質の品質が駄目である場合がある。タンパク質工場の生産ラインの不具合などである。ほんのわずかな構造の狂いが、全体に致命的な影響を与えることがある。よって、生体は常に生成されたタンパク質の品質を管理し、分子シャペロンによる修正を試みたりされるが、それでも修正不可能な場合は、タンパク質工場全体の廃棄がなされる。

タンパク質工場全体の廃棄といっても、まさか爆破する訳にはいかない。ここでも、アポトーシスに類似する作用が働く。

ところで、タンパク質は本質的に生体にとって機能的であるので、タンパク質そのものが生体に災いをなすものもある。典型的には、BSEの原因になるプリオンである。プリオン自体は生体が普通にもつものであるが、その変異体は、体に入ると、次々に生体内の正常なプリオンに伝播し、変異されるという、ある意味、バイラルな機能をもつ。

その他、ハンチントン病、アルツハイマー病、などタンパク質の異常に起因するものは沢山あるが、ここでも、「タンパク質の介護人」としての、分子シャペロンの機能が注目されている。

私が、岩波新書「タンパク質の一生」永田和宏著が読取った内容はこのレベルであるが、生理学におけるタンパク質の機能の側面が私にはとても目新しかったので、メモした次第である。

先日書いたJASRACへの排除命令であるが、新聞に続報があった。すなわち、公正取引委員会が、JASRACが楽曲の利用実態を反映しない方法で使用料を徴収しており、他業者の参入や事業を制限している、と認定し、排除措置命令を出した、というものである。

排除措置命令には、不服があれば審判を請求することができる。そこで、請求人と、公正取引委員会が、主張を述べ合い、審理される。公正取引委員会のホームぺージを見ると、審判の勝率は、大体3割程度のようである。

請求人は、審判で負けて更に不服があれば、東京高裁に出訴できる。この辺、特許の審査と類似する。

さて問題は、公正取引委員会の排除措置命令の内容であって、それは、「新しい契約方法を考案し公正取引委員会に提出すること及び再発防止」である。すなわち、自分で防止方法を考えなさいという命令で、なんかおかしくないか?

公正取引委員会が問題としているのは、放送局との包括契約である。その料金は、契約によれば、前年度の事業収入の最大1.5%である。年間の総放送使用料206億円のうち、JASRACのシェアは99%に達するという。JASRAC以外の業者が契約している楽曲を放送会社が使用すると、追加の使用料となるため、放送会社は、使うことに二の足を踏む。

もしかして、公正取引委員会は、包括契約という形態は止めて、個別契約のみにしなさい、と命令しようとしたのかもしれない。そうしたら、後発の業者の参入も容易である。

しかしである、そんなことをしたら、放送会社は、どの曲をいくら使ったかということを累算しなくてはならず、そのために何人ものスタッフを抱えなくてはならなくなり、大いに混乱する。そこで、放送会社からの反発は必至で、放送会社には贔屓の議員や有力者がついているので、公正取引委員会に対して、裏から政治的に圧力がかかるだろう。

こうして、新しい契約方法を考案しなさいという命令になったのだろう。

一方、日本作曲家協議会の小林亜星会長は、新規参入は許されるべきで、JASRACは命令に従うべきだ、とコメントする。

命令に従うべきだというけれども、では具体的にどうするのか。少なくとも、日本作曲家協議会が、好ましいと思う方法を提案してみたらどうか。

著作権を司り、JASRACの監督官庁でもある文化庁は、「自分で考えろ」というのはどうか、と困惑気味である、という。また、録音やネット配信とは違い、管理に漠体なコストがかかる放送権は競争には馴染まないのでは、ともいう。

レコード会社は、コメントする立場にない、というが、実際、このトピックにはあまり関係ないかも。というのは、レコード会社は、JASRACを介するのではなく、直接、音楽家と契約することが多いからである。

日本民間放送連盟は、「民放事業者にも多大な影響が及ぶ。JASRACとよく協議したい。」と回答した。明らかに、排除命令を歓迎していない風である。というのは、下手したら、無理やり、別の業者と契約しなくてはならなくなるかもしれないからである。すると管理コストが馬鹿にならない。

公正取引委員会の意図を実現するためには、JASRACと同様に多数の楽曲の著作権者と契約する団体を促進しなくてはならない。その点で、JASRACの協力を仰ぐとしたら、JASRACに、楽曲の著作権者の住所と名前のリストを提示させることだが、別の業者がそれを入手したとしても、多数の人と新たな契約をすることは、とても大変である。JASRACの今ある契約を横展開することもできない。契約は、二者間のことだからである。こうしていよいよ、案に窮する。

そこで妥協案であるが、放送関係はもういっそ、JASRACに任せることにして、新しい業者は、ネット配信などに特化したらどうか。長期的にみて放送関係の著作権収入は低下し、iPodのようなネット配信が主流になってくるのは、明らかなのだから。

肝機能について

| コメント(0) | トラックバック(0)

ファンケルから送られてくる「元気生活」は、意外にためになる。これに肝機能のことが書いてあったので、簡単にメモしてみる。

まず、健康診断の数値について。

第1に、AST/ALT。これは、GOT/GPTとも呼ばれる。どちらもアミノ酸の代謝に関係が深く、肝細胞中に多く存在する。これが血液中に多いということは、肝細胞がそれだけ破壊されているということだそうである。GOTの基準値は、7~38U/l、GPTの基準値は、4~44U/l。

第2に、γ-GTP。これは、肝細胞が損傷されたり、胆のうや胆管の病気で胆汁の流れが悪くなると上昇する数値である。飲酒の度合いが得に反映するという。肥満度もここにあらわれる。γ-GTPは、男が9~40U/l、女が9~35U/lである。

第3に、総たんぱく。たんぱく質といってもいろいろあるが、ここでは、アルブミンとグロブリンの2種類に大別される。得に、アルブミンは肝臓でだけ合成され、肝機能が低下すると、血中のアルブミンも少なくなる。総たんぱくの基準値は、6.7~8.3g/dl、アルブミンの基準値は、3.8~5.3g/dl。

第4に、中性脂肪。肝細胞は、いざというときのために、脂肪を貯蔵しているが、過食や運動不足で、貯蔵量が増大する。中性脂肪の基準値は、30~150mg/dl。

第5に、総コレステロール。これも脂肪の一種で、食物からも摂取されるが、主には、肝臓で合成される。そのため、肝機能が低下すると、血中コレステロールが低下する。あれっ、そう言われると、コレステロールが低いのこそ、問題であるような。しかし、高すぎると、肥満や糖尿病などの原因になる。総コレステロールの基準値は130~219mg/dl、HDLコレステロールの基準値は男、37~67mg/dl、女40~71mg/dl、LDLコレステロールの基準値は、70~139mg/dl。

肝臓の主要な機能は、代謝、解毒、合成、貯蔵である。代謝は、小腸で吸収されたたんぱく質、糖質、脂質などの栄養素を、体内で利用されやすいように分解、合成することである。解毒は、アルコール、薬物など、体内に有害な物質を分解し、無毒化する。合成は、胆汁をつくることである。胆汁は、小腸での食べ物の消化吸収を助ける。貯蔵は、糖質や合成されてできたグリコーゲンやビタミンを一時的に貯蔵し、必要に応じて送り出す。

では、肝機能の低下の原因は、というと、何と言ってもまず、アルコールである。なぜアルコールが肝臓に悪いかというと、肝臓がアルコールを分解すると、そこで生成されるアセトアルデヒドがさらに毒性がある、ということで、丁度薬物処理班が、二次災害を受けるようなものか。

次の肝機能の低下の原因は、中性脂肪。中性脂肪自体は、アルコールのような毒性はないが、中性脂肪が過剰ということは、体全体の脂肪が過剰ということであり、生活習慣病の黄色サインということになる。

次は、活性酸素。しかしこれは、肝臓が代謝する中で必然的に発生するものであり、防ぐとかそういうものではない。活性酸素を処理するための抗酸化酵素を生成するのも肝臓であるが、結局、活性酸素には晒され続けるということになる。有酸素生物の宿命であるが、まさかある種の細菌のように、人間が無酸素生物になるわけにはいかない。

次は、ストレス。これも生きていくうちにある程度は仕方がない。継続的なストレスは、自律神経の働きを乱し、血流障害になるとともに、そのことは活性酸素を発生しやくする。ものの本によると、癌の主要な原因は、活性酸素だというから、その点でも過剰なストレスはまずいということになる。

では、肝機能を助ける食べ物はといういと、有名なのが、ウコンである。ウコンの成分であるクルクミンは、活性酸素を無毒化するとともに、アルコールの分解作用を助ける働きがある。

次に牡蠣。牡蠣に含まれるタウリンは、胆汁酸の分泌を促し、肝臓の解毒作用を助ける。

次に、これは知らないのだれども、ハーブの一種であるマリアアザミは、肝臓内の不要物を外に運び出す作用があるという。マリアアザミから抽出されるシリマリンは、それ自体が抗酸化作用をもつが、別の抗酸化物質であるグルタチオンを増加させたり、たんぱく質の合成を助ける機能もある、という。

また、ビタミンC、E、カロテノイドといった抗酸化ビタミンが重要であるという。このように、いろいろな酵素化が抗酸化に向かって協力しており、酸素は、なくては生きていけないが一方で、とても厄介なもののようである。まだ、有酸素生物であることを学習中か。ビタミンB群は、肝臓が毒素を分解する際に必須である。

さらに、微量金属としての亜鉛とセレン。亜鉛は、肝臓の多くの酵素が働く際に必要である。亜鉛は、穀類、豆類、海藻などに含まれる。しかし、肉や牛乳などにも広く含まれているので、バランスのある食事をしていれば、あまり意識しなくてもよいのかもしれない。一方、セレンは、鰯、桜えび、ウニ、たらこなど、主に海産物に含まれる。「金属は人体になぜ必要か」桜井弘、ブルーバックスによれば、中国の山地で、セレン欠乏症がみられるという。それによって、背が伸びなくなったり、背中が曲がったりする。

という、肝機能の簡単なメモであった。

ポル・ポトの法廷

| コメント(0) | トラックバック(0)

カンボジアで、1975~1979年、ポル・ポト政権が、国民の四分の一にもあたる170万人を死に至らしめたという歴史的事件はあまりにも有名である。しかし、当のポル・ポトは、1998年に、何と「畳の上で」死ぬのである。その後、目だって、旧ポル・ポト派が糾弾されることないのか、と思っていたら、今更のように、ポル・ポト派を裁く特別法廷が開かれるという。

そこで、ここまでの経緯を見るため、ざっとカンボジア現代史の年表をめくってみる。

残虐を極めたポル・ポト政権であるが、1979年のベトナム軍の侵攻で、プノンペンは陥落する。ポル・ポト政権指導者はジャングルに逃げ、シアタークは、北京に脱出する。

こうして、1979年、カンボジアには、ヘンサムリン政権が成立する。ヘンサムリン政権は、欠席裁判で、ポル・ポトに死刑を言い渡す。

一方、野党ともいうべき、ポル・ポト派、シアヌーク派、ソンサン元首相派は、連立政権をつくる。

1993年には、国連管理による制憲議会選挙が実施された。ポル・ポト派はボイコットしたが、選挙は、平穏裡に行われ、シアヌークを国王とするカンボジア王国が発足した。

1997年、ポル・ポト自身が、ポル・ポト派内で失脚する。そこで、カンボジア王国のラナリット第一首相と、フンセン第二首相が、国連事務総長に、ポル・ポト派の大虐殺を裁く国際法廷設置を要請する。

1999年、主要なメンバーが投降し、ポル・ポト派は消滅する。同年、ポル・ポト政権時代に、2万人が虐殺されたというトゥールスレン政治犯収容所の元所長である、ドッチが逮捕される。

2002年、国連は、旧ポル・ポト派を裁く特別法廷設置のため、カンボジア政府と続けてきた交渉を打ち切り、改めて2003年に合意に達した。この裁判で裁かれるのは、上記ドッチ他、ヌオン・チア元人民代表議会議長、イエン・サリ元副首相らである。この裁判の維持費用ため、日本は、120億円を資金援助している。

しかし、開廷したのはなんと、2009年2月17日。なぜ、6年もかかったのたろうか。ともかく、ポル・ポト派に家族を殺された人は、カンボジアでとても多数である。嫌でも、この裁判は注目を集める。最初に被告として出廷したのは、トゥールスレン政治犯収容所の元所長、ドッチである。

しかし、この裁判は、2審制で、最高刑でも終身刑である。手ぬるいようだが、最早象徴的意味しかもたないのだろうか。ともあれ、証人喚問などを通して事実を確定し、更なる歴史の記録がなされることを期待するものである。

そこで思うのが、政権の連続性ということである。もし不幸にしてポル・ポト政権が、今に至るまでカンボジアを支配していたら、このような法廷が開かれることは決してない。同じ意味で、中国で、文化大革命の総括が行なわれることもない。紆余曲折はあったものの、中国では、文化大革命の当時と政権は連続していると考えられるからである。しかし、未来もずっとそうなのだろうか。文化大革命で家族を失った人は決して少なくないはずである。このあたり、気になっているのだが、中国の友人にも決して問い質せない話題である。

GMの失敗

| コメント(2) | トラックバック(0)

新聞によると、GM最終赤字3兆円とのことである。通常の企業の赤字幅をはるかに超える。通年赤字は、4年連続とのことで、金融危機が叫ばれる前からのことである。

その赤字の原因はというと、直接には、前期に比べて売上高の17%の低減。北米での販売不振、系列金融会社GMACの住宅、自動車ローンの焦げ付き、リストラ費用などである。

GMは昨年末以降、米国政府から134億ドルの追加融資を受けたが、それでも資金繰りに苦しみ、さらなる追加支援がなければ、3月中にも資金繰りに窮する見込みという。

GMは、2011年までに、最大1兆6300億円の追加支援が必要、と米国政府にプランを提出している。これに対して、オバマ大統領は、最大限の支援をしたいという意向であるが、果たして、例の自家用ジェット機事件で国民感情を逆撫でしており、世論的には、国民の同意は得られそうもない。

しかし、GMの窮状は、通年赤字が4年連続という事実から見て取れるように、決して金融恐慌だけのせいではない。その理由を挙げると、下記のとおりである。

1.高コスト体質。一人当たりの人件費は実に、トヨタの1.5倍という数値をどこかで読んだことがある。

2.市場開拓の後れ。トヨタや、BMWなどのヨーロッパの会社と違って、決定的に海外市場の開拓で後れをとった。それでも、巨大市場である米国が活況のうちはまだよかった。しかし、サブプライム以降、米国市場がしぼむと、代替市場をもたないGMは、たちゆかなくなった。

3.製品開発能力の低下。これは一例であるが、GMの2008年の許可された米国特許の件数は195件であるのに対して、トヨタのそれは564件である。特許は許可されるまでに数年がかかるので、GMがさほど苦境にないときの出願であるはずだが、それでもこの程度である。また、特許のリストをみると、GMは、ハイブリッド・カーや電気自動車などへの次世代技術関連の投資がほとんど見えない。直近では、小型車の開発に後れをとり、トヨタ、ホンダなどの日本の会社に市場を食われてしまったことが大きい。

4.そして、諸悪の根源かもしれないのは、硬直した社内の官僚制度であろう。例の自家用ジェット機事件は、その象徴である。高度に規制されたSOX法になどの存在により、分かりやすい経理不正などは最早起きないかもしれない。しかし、硬直した官僚制度の下では、施策の優先順位が決定的におかしくなってしまう。例えば、同様に硬直した官僚制度の下にあった敗戦間際の日本帝国陸軍では、沖縄本土決戦を前に、陸大卒の高級士官達は、戦略ではなく、派兵する兵士に配布する食料のことばかり議論していたという。それはそれで、軍規に悖る訳ではない。軍法会議にかけられる訳でもない。しかし、優先順位を誤ることは、場合により、敵前逃亡以上の決定的ダメージとなることがある。GMの場合も、革新的な意見が封殺され、リスクをとらない現状維持的な方針がとられ続けたのだろうと想像するに難くない。パラダイムの変化についていけなかったのである。

GMが提出した再建計画には、米国内の5工場の閉鎖、47000人の従業員のリストラが盛り込まれているが、そこには、パラダイムシフトへの対応を図る計画は見えない。かたや、トヨタやホンダは、ハイブリッドや電気自動車、ロボットへの転換に必死なのに。よって、GMに対する追加支援は、貴重な税金をドブに捨てることになるだろう。米国政府は、GMを見限るべきと思うものである。

マジコン

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webニュースによると、違法にコピーされたゲームソフトを携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」で使えるようにする機器を巡り、任天堂とゲームメーカー54社が、中国系のソフト販売会社「嘉年華」(東京都文京区)など5社を相手に販売禁止を求めた訴訟で、東京地裁は27日、輸入・販売の差し止めと在庫の廃棄を命じたという。市川正巳裁判長は「原告の営業上の利益が侵害されている」と指摘し、輸入・販売禁止の仮執行も認めた。

問題の機器は「マジコン」(マジックコンピューターの略称)と呼ばれ、主に中国から輸入され、国内に少なくとも数十万台が流通しているという。DSには、複製された違法ソフトを差し込んでもゲームできない制限システムがあるが、違法ソフトをマジコンに装着し差し込むと制限を解除できるという。

知的財産関係の仕事をしている者の常識的判断として、流石にこれは許されないよね、と思うのだが、では、どういう法律を適用するのか難しい。何かのプログラムをコピーしたり、コピーを幇助している訳ではないので、著作権法の適用は結構考えにくい。

と思ったいたら、判決によると、不正競争防止法が適用されたという。そこで条文に当たってみた。すると、不正競争防止法(平成一八年六月七日法律第五五号)第二条の定義の「十  営業上用いられている技術的制限手段(他人が特定の者以外の者に影像若しくは音の視聴若しくはプログラムの実行又は影像、音若しくはプログラムの記録をさせないために用いているものを除く。)により制限されている影像若しくは音の視聴若しくはプログラムの実行又は影像、音若しくはプログラムの記録を当該技術的制限手段の効果を妨げることにより可能とする機能のみを有する装置(当該装置を組み込んだ機器を含む。)若しくは当該機能のみを有するプログラム(当該プログラムが他のプログラムと組み合わされたものを含む。)を記録した記録媒体若しくは記憶した機器を譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、若しくは輸入し、又は当該機能のみを有するプログラムを電気通信回線を通じて提供する行為」に字義どおり該当すると思われる。

ということで、講学上、得に興味深い判決でもないということになる。といいつつ、仕事柄、この不正競争防止法の条文を知らなかったのは、不勉強の誹りを免れない。

被告側は「ユーザーが自分で作ったソフトも使えるようにする機器」と主張したが、判決は「マジコンの大部分は複製ゲームの使用に用いられている」と指摘し、不正競争防止法が販売を禁じている機器に当たると判断した。当然である。被告側の弁護士は、駄目もとで理由を主張しなくてはならない。仕事とはいえ、因果なものである。

自己中の構造

| コメント(0) | トラックバック(0)

人間は基本的に、自己中心的(以下、自己中とする)である。というのは、それこそが生存本能だからである。だから、生存していける範囲の自己中は、是認されなくてはならない。

そうやって、自己中を自分のことに留めておくなら、大して問題にならない。しかし、人間は社会的動物だから、共同して生きていくうちに、自己中の範囲が、自分だけからはみ出てて、他人に被さるのも当然である。そうやって、迷惑をかけ、またはかけられながら生きていくのが人生だともいえる。

しかし、自己中の範囲が過剰で、多くの人を支配したり、強く束縛したりする人も、世の中には結構いる。それを狭義の自己中と呼ぶ。あるいは、自我の肥大とも呼ぶ。そこで以下、自己中を抽象的に記述してみる。

狭義の自己中の人にとって、自分の周りに、結界のごとく、不敗の砦を築くことが何よりも大切なこととなる。すなわち、その砦の中にあって、自分のプライドが満たされることが一番重要であり、何が正義かは、自分だけが決める権限がある。その砦の中にあって、自分は決して負けることがない。なぜなら、定義によって、負けることはありえないからである。負けないために、分野限定、過去栄光固着、事実無視、恫喝など様々な方法を適宜選ぶ。

不敗の砦の住人として望ましいのは、イエスマンである。いつも自分の顔色を窺って、自分が気に入る答えを返してくれる。イエスマンが有能であるならそれに越したことはない。しかし、あまりに優秀だと、寝首をかかれるかもしれない。すると、寧ろ凡庸な能力の持ち主の方が望ましいということになる。こういう理由で、世の中には、凡庸な能力の持ち主のイエスマンが、幅を利かせている。

自己中の人にとって、自分の砦の中でのあらゆる成功は、自分のお蔭である、ということになっている。他のメンバーは、自分の言うことを聞いて実行する以外の能はないことになっている。

自己中の人は、自分の砦内での擾乱を極端に嫌う。意図しない予定変更には、激怒をもって対応する。たいてい、自分の砦内での住人が、スケープコードにされる。自分の砦内での住人を追い詰めることに何の躊躇もない。

自己中の人は、自分の砦内での住人に、平気で負担を強いる。そもそも、負担とも意識しない。自分は平気だからである。しかし、自分の砦内での住人から少しでも負担をかけられることを極端に嫌う。

住人は人間だから、反論してくることもある。しかし、普段追い詰めておきながら、その十分の一でも追い詰められることに堪えられない。やはり激怒する。自己中の人には、相互的平等という概念はない。

自己中の人には、そのプライドを維持するための成功体験が必要である。しかし、もし成功体験が少ないなら、過去の成功体験が反芻して引用され、思い出される。砦内での住人は、黙って、敬意を表するふりをする以外ない。

ところが面白いのは、自己中の人は、大抵、組織のヒエラルキーが好きである。組織のヒエラルキーの外は、不敗の砦の外部なので、自己中の裏返しのように、上位の人に尽くす。しかし、尽くしっぱなしではもたないので、その反動で、砦の内部で締め付けが強まる。ここでバランスを崩すと、砦そのものの崩壊につながるが、そのあたり、驚くほど危機感をもたなかったりする。

自己中は病気なのか。少なくとも器質的なものではない。精神疾患でもない。すると、病気ではないのだから、そこから治癒される、ということもない。そこに不条理を見るのは、私だけだろうか。

しかし、自己中の人のこういう戦略が、ずっと継続することはない。どこかで覆されるのか。そうではないかもしれない。むしろ、次第に疎外され、孤独になっていくだろう。そうして運命を嘆くだけで、自己中のスタイルを反省することは決してないだろう。

なお、上記の記述は、過去の歴史的人物などの仮想例を想定して書いたに過ぎないことに留意されたい。

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。