陣内と紀香の離婚

| コメント(6) | トラックバック(0)

約2年前、意表を衝いて結婚した、陣内智則と藤原紀香、逆玉とも言われたりしたが、案の定、離婚することになった。でも、流石にちょっと早すぎる。以下、Webの記事:

23日に女優、藤原紀香(37)と離婚が成立したお笑い芸人、陣内智則(35)が24日、東京・新宿の吉本興業本社で緊急会見を行った。陣内は「自分の未熟さ、心の弱さで浮気をしてしまった」と猛省。一方、同日夜にホームページでコメントを発表した紀香は「スパッと前に向いて歩いていきます!」とスッキリ。明暗を分けた夫婦は、4月10日の結婚2周年を目前に終止符を打った。

"夫婦復活"の夢に玉砕した陣内は、痩せこけた頬で会見に登場した。

(中略)

「原因は僕の浮気」。紀香の母、貞子さんが指摘した女性問題について「昨年の夏ごろに浮気が発覚してもう一度やり直そうと話し合いました。そこで彼女の愛情に気づきましたが、やはり彼女は(ぼくを)許せなかった」と素直に認めた。

一度は紀香が修復に導く"蜘蛛の糸"を垂らしたが...。独身時代にセクシータレント、及川奈央(27)らと浮名を流したモテ男は再度の浮気でそのチャンスを断ち切ってしまった。「誘惑に負けてしまった」と自身を振り返り、「浮気は2人や3人じゃない」と貞子さんが激怒した事実について「浮気は1人だけ?そうじゃなかったと思います」と猛省した。

これを見ると、直接の原因は、陣内の浮気であるが、これはある種の男性にとって、抑えがたい衝動なのではないか。ビル・クリントン然り、また、ケネディ元大統領もそうだったという。ニューハーフでもない限り、浮気欲がゼロの男性はいないと思う。しかし、相当に程度問題である。

ある種の出世欲や事業欲が、浮気の傾向とかなり相関が高いという。すると、陣内の場合、少しでも名を売りたいという欲望と浮気の傾向がかなり相関していると思われる。

一方、藤原紀香の場合、見るからに家庭的からは遠そうである。寧ろ、家庭は一時の憩いの場にして、舞台に海外にと忙しく活躍していたいタイプなので、地味で大人しい男性でないとうまく行きそうもない。少なくとも、私は藤原紀香のようなタイプは、パスである(もともと相手にされないので、そういう議論は全く意味がないが)。

陣内も、結婚した後、紀香と打ち解けた関係にあったように思われない。家庭でも、紀香は隙を見せないタイプのように思われる。それで息苦しくて、陣内は一層浮気に走ったのだろう。もともと強い浮気性の陣内は、結婚直後は抑えていたものの、紀香と雰囲気で、早めに封印を解いたと思われる。いずれにせよ、時間の問題だったと思うが。

こうして、陣内・紀香は、あまりにも分かりやすいミスマッチ夫婦だった。これ以上分かりやすいミスマッチもない程である。遊び人の陣内の話術に、根が真面目な紀香は、つい乗ってしまった、と思われる。

で、私の予想だが、藤原紀香はもう結婚しないのではないだろうか。それでも芸域を広げることなればいいのではないか。

一方の陣内であるが、あのITを駆使したようなアイデア溢れるネタが私は好きである。今回のことを使った自虐ネタも出てくるかもしれないし、それはそれで、面白いと思う。でも、根からの女好きの陣内は、浮気相手(独身に戻ったので最早浮気ではないか)を探し続けるだろう。そうしてまかり間違って、また何度も結婚し、さらに離婚を繰りかえすのだろうか。

という何の根拠もない独り言であった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1212

コメント(6)

「藤原紀香」3日だけ一緒にいて飽きてみたいです。

小松たひとさん

>「藤原紀香」3日だけ一緒にいて飽きてみたいです。

そういえば、レオパレスのCMで、藤原紀香つき、みたいなのがありましたね。もしそうなら、却ってありがた迷惑かも。

 話がそれて済みませんが、「浮気」ついでと言うことで・・・

 昔、私の知り合い(♂)は家事を全くせず、彼の嫁さんにさんざん言われて、やっと、使った食器を自動食器洗い機に入れるようになったそうです。
 その後、彼とその嫁さんに会ったとき、
 「主人って、食器を自動食器洗いに入れてくれるの!」
 と嫁さんに自慢されました。
 私なんぞ、食器洗いどころか、部屋掃除、トイレ掃除、風呂掃除までやっているのに(「牛乳トイレットペーパー海苔」を地でいってる訳です)、全く嫁さんから褒められたことがない上に、物をずらしたままにしたりすると、こっぴどく怒られます(泣。

 また、彼は浮気性(というか色魔)で、それが彼の嫁さんにばれて、こっぴどく怒られ、1年ほどおとなしくしてました。
 その後、彼と嫁さんに会ったら、
 「最近、うちの主人、浮気しなくなったんです!」
 と嫁さんに自慢されました。
 私なんぞ、浮気どころか、お姉さんのいる飲み屋にさえほとんど全く行かないので、嫁さんには「甲斐性なし」とか馬鹿にされる始末です・・・いくら何でも馬鹿にすることはないですよねぇ・・・

 なんか、良いことをしても全く評価されないけど、常習的にやってた悪いことを少しでも止めると、すごく褒められるみたいですね。

 これから常習的に浮気をしてやる!(といっても「甲斐性なし」には無理か・・・しょぼん)

小松たひとさんの話聞くと、家事ちゃんとやって、浮気しないで、なおかつ馬鹿にされている、という点で、私も結構対抗できます。

浮気、一度してみたかったですが、とうとうチャンスなかったですね。もう、「なかった」と過去形で言っていい年齢になってしまいました。ゲーテとかピカソとか、70歳になっても浮気してたようですが、何が違うんでしょうね。

>全く嫁さんから褒められたことがない上に、物をずらしたままにしたりすると、こっぴどく怒られます(泣。
これはほんまにもらい泣きですね。
うちは、お茶碗の片付け、風呂掃除、ご飯炊きなんぞやったりしますが、褒めてもらうことは確かにないですね。
でも甲斐性なしとはちと酷すぎだと思います。
もしかして小松さんM系じゃないですか。

 私はきわめてノーマルで穏やかなんですが、女も古くなって「おばはん」になると、年老いた猫が化けるように、S気が出るのもいるようで、それがアレという訳です・・・とほほ・・・
 実は浮気の種の1つや2つ、私も持っているんですがね・・・種のまま植えずに、育ててないだけで・・・

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年3月26日 00:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「反物質への反論」です。

次のブログ記事は「奇妙な能力主義」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。