2009年4月アーカイブ

英語の辞書

| コメント(0) | トラックバック(0)

アルクのイングリッシュ・ジャーナルを定期購読しているので、マガジンアルクという雑誌も送られてくる。大体、語学系あるいは国際的なトピックについて書かれていて、最早英語にも語学一般にも特段の興味をもたなくなった私は、パラパラと適当にめくって終わることが多い。

今月号のマガジンアルクのテーマは、「目覚めよ辞書力」。ああ、辞書の話か、またベタなテーマだなと思いながら、眺めていると、ちょっと目を引く記述があった。

辞書とはパソコンのOSのようなものだと思って下さい。OSは何年かごとにアップグレードされますね。今時Windows95では仕事になりません。辞書も同じで、4、5年毎の改訂に応じて買い替えをお勧めします。

えっ、そういうもんなのか、とパソコンの例を出されたことで注意力が喚起された。私のいままでの認識は、パソコンと違って、辞書は結構古いものでも使える、というものである。実際、20年前の辞書を平気で引いていて、あまり困ったことはないと思っていた。

でも、本当に困ったことがなかったのか、と自問してみると、雑誌のTIMEを読んでいたときのことが思い出された。すなわち、TIMEを読んでいると、どうしても知らない単語に出会う。1ページを読む範囲で知らない単語がないなんてことはまずない。一応、形式的には、30年くらい途切れず購読しているのであるが。

そのとき、辞書を引くと、9割の確率で辞書に載っており、意味が掴める。ということは、1割の確率で辞書にないのである。それはどうも、最新の時事単語であったり、特殊な軍事用語であったりする。この時点で、使っている辞書の賞味期限が切れているという点で軽く破綻していることに思い至るべきであるのに、面倒なせいか、その単語の意味を追求することをすっとばして、読み進んでしまう。無理やり文脈の中で意味をとろうして、たいていは成功しない。そうやって中途半端な理解で読んでいるので、30年もTIMEを購読していても、私の英語読解力は、中級レベルのままである。TOEICでいうと、700点代か。

そこで、このマガジンアルクの記事に触発されて、最新の英語の辞書を買おうと思い始めた。この記事でのお勧めは、「プログレッシブ英和中辞典」第4版、小学館;「ジーニアス英和辞典」第4版、大修館;「ルミナス英和辞典」第2版、研究社のどれかである。

ところが、基本的な困難にぶつかった。すなわち、私は最早、紙媒体の辞書をほとんど使っていないのである。使っているのは、シャープの電子辞書で、そこに入っている英和辞典は、ジーニアス英和辞典であるが、おそらく第3版である。電子辞書のいいところは、なにしろ見出しでさっと検索できる。紙媒体の辞書は最早、かったるくて仕方がない。

そこで問題は、紙媒体の辞書だと、高くても4000円くらいだが、電子辞書だと安くても10000円以上で、買い替えに躊躇してしまう。

こうして私は、ながながと書いて、いかに自分が英語学習に最早情熱がないか、ということを告白したにすぎないのであった。

空しさの構造

| コメント(3) | トラックバック(0)

仏教経典、特に般若心経などによると、色不異空、空不異色、色即是空、空即是色なのだから、一切は空である、といってよいことになる。すると、空をさらに分解することなど意味はないはずである。

しかし、俗世間に生きる者としては、どうしても空には実は、内部構造があるのだ、と思いたくなる。そういう考え自体が、物質的で、仏教に違背している。

それでも、自分用のメモとして、空の構造を書き連ねてみたくなった。なんと愚かな、というお釈迦様の困った顔が目に浮かぶ。

さて、空というとき、一番空しいのは、名声であろう。評判、と言ってもよい。というのは移ろいやすい大衆の心理に依存しているからである。これほど世間に流されるものはなく、すると、名声や評判を求めて生きていくことほど、空しいことはない。政治家、映画俳優、タレントと称される人々は、最も空しい種類の人達ということになる。

次に空しいのは、地位である。成果主義、実力主義といっても、地位は、不確かなさまざまな要因で決まってしまう。だから、地位を追い求める人達も相当に空しい。

次に空しいのは、お金である。すると、名声や地位は空しくても、お金は結構実体に近いのではないかと言う人もいよう。確かに、粉骨辛苦の結果として得られたものがお金であったりするからである。しかし、よく周りを見てみればいい。必死で働いている人に相応のお金が廻るということは少ない。寧ろ、ノンワーキングリッチと呼ばれる人は、どこにでもいる。汗を流さず、責任もとらず、ただただ高給にありついている。これは何よりも、お金が実は、単なる影のような存在にすぎないからである。粉骨辛苦と同型になっていない。実は、お金自体は空しいのだけれども、お金はまた、他の空しいものとの相性がとてもよい。だから、政治家、映画俳優、タレントで成功すると、面白いほど稼げる。人気が人気を呼んで、面白いほど資産が膨れ上がる。通帳残高の桁数を一目見て分からなかったという、最盛期の小室哲哉がそうである。

次に空しいのは、愛情である。愛情の空しさを知るために、わざわざ結婚までする必要はないだろう。しかし、永遠の愛を誓いたがる男女のいかに多いことか。世界の中心で愛を叫んでも、それは、なんと速やかに消え去るのだろう。いや、消え去るのではない。もともと蜃気楼なのである。

それでも友情は不滅である、とメロスはいう。本当にそうか。では、なぜに突然に友情は死ぬのか。理由もなく。前触れもなく。だから、友情は、愛情の次に空しい。

次に空しいのは家族である。何があっても、家族こそが最期の砦。会社で部下を叱りつけ、全く気遣いもない部長が実は、とても家族思いだったりする。で、ええっ意外よね、と女子社員にささやかれる。なのに部長は家族に裏切られる。あんなに面倒みた子供達は、成人すると寄り付きもしない。糟糠の妻は、突然熟年離婚を持ち出す。

家族に裏切られても、男は包丁一本晒に巻いて、手に技術があればやっていける。能力こそが全て、と恃むところあり。しかし、いつのまにか、自慢のスキルも錆びている。若い者に歯がたたない。こうして、さして老け込むこともなく、能力の空しさを知る。

でも、体一つあればなんとかなる、と思っていた矢先、病に倒れる。酒も煙草もやらず、健康食品を摂って無理しないでやってきたのに、それでも突然病は襲う。体力も、健康も実は空しい。

それでも、物質は実体だよね、所有する土地はなくならないよね、と家や庭を眺める。ところが、あれほど哲学者に論駁されつくしていた唯心論が甦る。心が物質を有らしめていたに過ぎないことを、人は悟る。

でも、命は実体だよね、最期の拠り所だよね、と周りの人に声を掛けるのだが、誰も首を縦に振らない。君達は私の死を看取る医者なのか。いや、単に通りすがりの者です。

では、神は? それは、言葉では語れないことになっている。語りえぬものは語ってはならない。

これが、世にも空しい、空しさの構造である。

中国の景気

| コメント(0) | トラックバック(0)

「エコノミスト」4月28日号に、中国経済の特集があったので、つい買ってみた。要するに、先進国経済が失速しているなかで、中国経済が存在感を増している、という趣旨である。スピード感溢れる経済政策が功を奏し、すでに景気回復の兆しが見えたということである。

その根拠を、その特集は、景気回復の兆しを、中国における購買担当者指数(PMI)にみる。すなわち、PMIは、2008年12月以降4ヶ月連続で改善し、3月は52.4になった。これが50を超えることが、景気回復の1つの目安なのだという。

また、消費関連指標として、3月の新車販売台数は、前年同月比5%増の、110.9万台と、単月で、過去最高なのだという。確かに、自動車販売台数の著しい下落に苦しむ日本では、想像もつかないことである。

これを受けて温家宝首相は、経済成長率8%を達成する見通しを語った。

なぜ中国が急速に経済回復を果たしたかというと、中国は2008年11月の時点で早くも、約58.8兆円相当の財政政策を打ち出したのだという。中国は、比較的サブプライムの影響が少なかったからというのもあると思われる。

別の観点からいくと、中国はまだ、国内に多くの需要がある、ということである。言い換えると国内のインフラは未整備で、いくらでも国内で、資材が消費されるということである。

さらに言うと、中国は、共産党独裁であるので、危機に面して、日本におけるような、対立する団体の意見調整などを経ることなく、すばやく政策を打ち出すことができる。これは確かに、少なくとも短期的には有利だろう。

これを受けて、米国への輸出に頼っていた国内の製造メーカは今や、中国に熱い視線を送る。中国の巨大な需要が、米国の購買力不足を少しでも補ってくれないか、という、ある意味甘い期待である。

で、結局中国の経済は回復してるのだと思っていた矢先、次のような記事がWebに載った。

足許で、中国経済の減速が続いている。今年1-3月期のGDPは前期対比年率でプラス6.1%と、昨年10-12月期の6.8%からさらに低下した。1-3月期の成長率は、四半期ベースの統計が開始された1992年以降で最低の伸び率である。

 つい最近まで二桁成長を続けて来たことを考えると、昨年秋口から、中国経済に強烈なブレーキが掛かっていることがわかる。「今まで高速道路を自足100Kmのスピードで走ってきた車が、一般道路に出て60Kmに速度を落とした」というイメージだろう。

 今回の中国経済の急速な減速の背景には、輸出依存度が高い中国経済の特性がある。一般的には意外に認識されていないのだが、実は、中国経済の輸出に対する依存度は想像以上に高い。

 国内の個人消費がまだ十分に伸びていないため、"世界の工場"である中国の輸出割合が高いのは、当然と言えるかもしれない。2007年の実績で見ると、GDPに占める輸出総額の割合は約36%となっている。

 わが国の約18%、米国の約9%などと比較すると、中国経済の輸出依存度の高さが、主要国の中で傑出していることがわかるだろう。つまり、「最近までの中国の高い成長率を支えて来たのは、輸出の大幅な伸びだった」ということに他ならない。

 ところが、昨年のリーマンショック以降、世界経済は急速に悪化した。それに伴い、中国の輸出にも急ブレーキが掛かったのだ。

おっとと、「エコノミスト」4月28日号と全く逆の論調ではないか。

それで分かったのは、「エコノミスト」の記事は、回復傾向にある中国の国内経済にフォーカスを当てて議論している、ということである。そこでは、経済政策がある程度功を奏しているのは本当なんだろう。なんらかの意図で、「エコノミスト」は、中国好調感を煽りたいのだろう。

しかし、一国の経済全体というとき、当然に輸出も考慮せざるを得ず、そこを勘案すると、やはり、総合的にみて、中国経済の急速な減速といわざるを得ないのではなかろうか。そう考えて、納得している次第である。

著作権法における使用権

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近、「ソフトウェアライセンスの基礎知識」可知豊、ソフトバンクを読んでいたら、「著作権は利用を許可できる権利」とあった。大枠で間違いでないのだが、法律的には正確さに欠ける。そこで、重箱の隅みたいな議論を少ししてみる。

日本の著作権法によれば、下記の権利が規定されている。

第21条:複製権
第22条:上演権及び演奏権
第22条の2:上映権
第23条:公衆送信権等
第24条:口述権
第25条:展示権
第26条:頒布権
第26条の2:譲渡権
第26条の3:貸与権
第27条:翻訳権、翻案権等

すなわち、利用権という用語は、一言も出てこない。よって、コンピュータプログラムの使用に関する行為が、上記のどれかに該当しない場合は、コンピュータプログラムの著作権者は、著作権をもとに権利を主張できない、ということになる。

そこで一番典型的なコンピュータプログラムは、パーソナルコンピュータへの導入であるが、それは、CD-ROM、DVD、ネットワークなどから、HDDへのコンピュータプログラムの複写を伴うので、複製権に関わると明確に言える。

ところが、HDDへの複写を伴わない場合は、どうか。例えば、サーバにプログラム本体を導入して、クライアントでこれを使う場合はどうか。この場合、HDDへの複写が生じなくても、主記憶へのロードは必然的に生じる。そうしないとそもそも、CPUがプログラムを起動できない。そこで、解釈では、主記憶へのロードを以って複製権に関わるとみなす。これによって、コンピュータプログラムの著作権者は、サーバにアクセスすることによる、クライアント・コンピュータでの使用を制限することができる、と考えられている。

それでは、コンピュータプログラムの著作権者からきちんとライセンスを得ている(要するに、きちんとお金を出して、プログラムのパッケージを買っている)Aさんが、そのプログラムを導入しているパソコンを、私が一旦借りて、そのプログラムを使用するのは、どうか。これも厳密には、正当にライセンスを得ていない私が、主記憶へのロードを引き起すのであるから、解釈上、複製権に違反していることになる。しかし、このことが問題にされることは、あまりない。一時的なものだからであろう。

さらに、私がAさんから、プログラムのパッケージ自体を譲り受けるとする。Aさんは、すべて、プログラムをアンインストールする。私は新たに、プログラムのパッケージから自分のパソコンに導入して、永続的に使用する。これは一見問題ないようだが、ここには、「譲渡」が生じている。それで、Aさんには譲渡権はないので、侵害になるのか。これは、Aさん自体が正当なライセンス取得者なので、第26条の2の第1項により救済されると思われるが、どうだろうか。

また、Aさんが、正当にライセンスを得ているプログラムを逆アセンブルして、プログラムの構造を解析するのはどうだろうか。主記憶へのロードと変わらないので、一見問題ないように思われるが、これは、一般的には、翻訳権、翻案権等のところで引っ掛ける。すなわち、ライセンスの契約に、逆アセンブルをしてもいいと明記されてない限り、正当にライセンスを得ているユーザーであっても、逆アセンブルは禁止されると解釈される。

このように、コンピュータプログラムの著作権者は、著作権法に基づき、かなり、いいたいことを言えている。このことから、オープンソースの典型的なライセンスである、GPLのあの複雑怪奇な条項も、納得せざるを得ないのではないか、ということになる。ただ、常識的に考えたら、「たかが」著作権をベースに、あまり他人を振り回すなよ、といいたいところである。厳密に追求すれば、一部破綻しているところもあるのかもしれないが、そんなことを追求する閑人はいない。

ヒートアイランド

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、地球温暖化懐疑論者の友人と話していて、確かに二酸化炭素地球温暖化論は理論的にはもう死んでいるけれども、ヒートアイランド現象というのは確かだろうということになった。

と思っていたら、発明という雑誌の4月号に、ヒートアイランドの説明があったので、例によってメモしてみる。

先ず、地球の平均気温が、20世紀の100年で0.6℃上昇した、というのは多分事実なのだろう。その原因が、必ずしも大気中の二酸化炭素濃度の増加ではない、というだけの話である。

一方、東京、大阪、名古屋などの都市では、20世紀の100年で平均気温が6℃上昇した、という。これを見ると、明らかに、都市部での気温上昇は、気候的なものではなく、人為的なことの原因である。これが巷間でいう、ヒートアイランド現象である。

その原因は、というと、素人考えではとても分かりやすい。すなわち、都市部では、車や人が増え、排気ガス、住宅のエアコンが気温を押し上げている。ううん、そうに違いないと誰でも納得できる。

ところが、車の排気ガスや住宅のエアコンの効果はもちろん無視しえないけれども、実は、ヒートアイランド現象の主要な原因は、太陽光による蓄熱効果である、という。

すなわち、畑や緑地であれば、昼間の太陽光による熱を蓄積する効果はあまりない。しかし、道路がアスファルトに舗装され、あるいは、沢山のビルが建造されると、アスファルトの面やビルの壁面が、とても大きい蓄熱効果を有するのだという。そもそも、複雑にビルが建築されるにつれて、その表面積は増大する。そして、蓄熱効果も高まる。

ではどうするか。1つの対策は、光触媒として知られる酸化チタンを、ビルのガラスの表面に塗布することである。実は酸化チタンは、親水性が高い、そこで、酸化チタンをコーティングしたガラスは、雨などで水にぬれると、薄い水の膜を表面に作る。すると効率的に水が気化するので、その際に幸便に熱が奪われる、という次第である。雨が降らない場合は、水道水で散水してもよい。

別のアプローチとして、太陽の光を反射する材料を、道路やビルの壁面に塗布するという方法が考えられる。こういう塗料は、遮熱塗料と呼ばれる。遮熱塗料自体は古くからあるが、最新の遮熱塗料としては、アルバー工業によって開発された、「タフコート」がある。これの冷却の仕組みは、太陽光が塗料の表面に当たると、赤外線の一部が熱エネルギーに変わり、その表面で、熱エネルギーが運動エネルギーに変換されて消費されるのだという。これは有機系物質を無機質で薄く包んだものだという。意外なことに、この粒子の運動エネルギーに変換することによる熱拡散の仕組みはまだ、よく分かっていないという。

ともかく、ヒートアイランド冷却のために、地道に新技術が開発されていることを知った次第である。

イエスマンの風土

| コメント(0) | トラックバック(0)

長年会社組織にいて、どうもイエスマンが増えているような気がする。それが完全に正しいのかどうか知らないが、正しいと仮定して、その原因を考えてみる。

すると、イエスマンが増えている理由の1つとして、世の中の動きが速いということがある。このような環境では、上からの指示が速やかに下に伝えられなくてはならない。そのためには、組織のハブにあたる管理職は、上からの指示を速やかに且つ正確に下に伝える必要があるので、下手に指示を考えて状況にあわせてモディファイしていたら間にあわず、寧ろ、導管(conduit)であることを求められることになる。

その導管こそがまさに、イエスマンである。すると、イエスマンであることは機能的な優秀性を意味することにならないか、という見方もできる。実際、上からの指示の内容や意図が理解できないと、組織が運営できない。

そういう意味で、組織内でイエスマンが増えてくるのも仕方ないと思われる。ところが、いかに指示を出すトップが優秀で、その指示を受けるイエスマンたちが優秀であっても、うまくいかない状況が生じる。例えば、去年のリーマンショックに端を発するような金融危機である。

このような状況にあって、いかなるトップも、正しい指示を出し続けることは極めて困難である。なにぶん不透明であるし、未経験だからである。それでもトップである限り、指示は出さなくてはならない。そうして、イエスマンは単に、その習性によって、忠実に指示を実行する。なによりも優れたコマンドたちなのである。

ところが、間違えた指示がコマンドたちによって忠実に実行されると、事態は悪化する。真摯に実行されれば、されるほどである。それで組織の状態が悪化すると、トップはフラストレーションに陥る。その心理状態では、自分の指示の適切性を顧る余裕はない。そして、その事態の悪化を、トップは、部下に責任転嫁しようとする。しかも、部下の中で、イエスマン度の低い部下を見つけて、である。すなわち、そういう部下が忠実に任務を果たさなかったから、事態が悪化した、とみるのである。

すると次にトップのとる方策は明らかで、イエスマン度の低い部下を更迭して、よりイエスマン度の高い部下と置き換えることである。それでも事態は好転しない。すると、トップは一層、マネジメントのイエスマン度を高めようとする。最適化ならぬ、最悪化である。

こうして、ある日、トップは、組織が自分にとってとても心地よいものになっていることに気づくのである。あらゆる指示は速やかに実行され、下から上がってくる報告も、よい知らせばかりである。いつのまにか、報告書は、詳細且つファンシーなものになり、部下たちがいかに優れた仕事をしているか、組織がいかに将来性に満ちているかが、満載されている。その裏で、ひそかに、組織の崩壊が進行しているとも知らないで。

こういう風土になると、頭のよい利に聡い者たちは、競ってイエスマンになる。それこそが、組織の中核に食い込むパスだからである。

ただ、イエスマンになると、指示待ちになり、物事を多面的に見なくなる。こうしてある種の思考力は確実に低下するが、上からの指示をきちんと聞いていればいいので、それで何も困ることはない。なにしろ、面倒な実務はすべて部下に振ればいいからである。

こうしてイエスマンたる中間管理職は、仕事のリバレッジという組織内のとても優れたツールをマスターするのである。リバレッジを身に着けると、なにしろメール一本で部下に指示して、面倒な仕事もはかどるので、こんな安楽なことはない。それでいて、結果の実績は、管理職たる自分のものになるのである。うまくいかない場合の責任回避は、多少スキルを要するかもしれない。しかし、そのスキル習得に、実務自体ほどの困難はない。

このようなやり方で仕事をしていると、イエスマンは、判断能力と実務能力という、人間にとって本質的な2つの能力を同時に失う。これに、責任能力を付け加えるべきか。しかし、組織の自律性により、組織が巨大であればあるほど崩壊しないで維持され、イエスマンたちは、わが世の春を謳歌する。

そんな組織がいつか崩壊するのかどうか私には分からない。AIGがそうであり、GMがそうなのかも、と僅かに推察できるだけである。ましてや、組織の健全化の方法など私に分かる訳がない。この思考停止モードは、私も何ほどかイエスマンに染まってしまったようである。

豚インフルエンザ

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webニュースによると、豚インフルエンザが俄然注目を集めている。鳥インフルエンザにばかり注意をとられていたので、インフルエンザの側からの奇襲攻撃である。

メキシコと米国で人への豚インフルエンザ感染が起きている問題で、世界保健機関(WHO)は25日夕から、世界各国の専門家を電話回線で結んだ緊急委員会を開催した。WHOのハートル報道官は毎日新聞に、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)に備える警戒レベルを現在の「フェーズ3」から引き上げることも検討されると語った。

フェーズ3は6段階に分かれた警戒レベルのうち下から3番目で、新型ウイルスによる人から人への感染が「ないか、非常にまれ」という状態。フェーズ4は、「小さな集団で発生」という段階で、パンデミックにつながる可能性が高くなる。

豚インフルエンザは、まだ顕れたばかりなので、WHOの担当者も、「パンデミックを引き起こす潜在的な力を持っているが、(実際に)起こすかどうかは言えない」とコメントしている。

従来注目されていた強毒性の鳥インフルエンザは、H5N1型で、年代別の死亡率は10~30代が非常に高い一方で、50歳以上は非常に低いなど、通常と違う特徴があった。

一方、豚インフルエンザは、H1N1型で、ロイター通信によると、メキシコでの死者のほとんどは25~45歳と、鳥インフルエンザよりも少し年齢が高めである。しかし、インフルエンザの感染程度の年齢依存性がどういう仕組みで生じているのか、さっぱり想像もつかない。そもそも、加齢により、人間の体がどう生理的に変化するか、ということも考えなくてはならない。

それと、ここで改めて注目されるのは、インフルエンザウィルス交配媒体としての豚である。今まで、インフルエンザウィルス交配媒体としての鳥が注目され、それゆえに、鳥インフルエンザの流行が懸念されると、予備的に大量の鳥が処分されたりしていた。その際、牛、豚、犬、猫などの卑近な動物は、インフルエンザウィルス交配媒体として注目されなかった。

東北大の押谷仁教授(ウイルス学)によると、H1N1型は人の間でも流行しているウイルスだが、豚と人では微妙に違い、免疫が働かない可能性がある、という。

豚インフルエンザは元々水鳥に感染しているインフルエンザのA型ウイルスが過去に豚に感染し、定着している病気であるという。水鳥を起源とするA型インフルエンザウイルスは豚や人のほか、馬や鯨、ミンク、鳥インフルエンザとして知られる鶏やウズラにも感染しているというから、鳥インフルエンザとそんなに距離はない、ということになる。

そのインフルエンザのA型ウイルスであるが、表面に突き出ているたんぱく質の「H」(16種類)と「N」(9種類)の組み合わせで144種類あるという。A型ウイルスだけでもこれだけ種類があると、流行の兆しが見られてから対処するしかない。

インフルエンザには、A型以外にB型があるという。C型もあるが、それは流行性をもたないので、問題とされない。インフルエンザB型の症状は、A型とほぼ変わらないが、吐き気や特にお腹の痛みが顕著に現れてくるという。インフルエンザB型では、高熱などの症状は3日程度でおさまるが、ウイルスが体内で他のところまで及んで、中耳炎や肺炎などの症状を引き起こしてしまう例が多いということである。この症状をみると、重い風邪と混同されている場合もあるのではないか、と思われる。

ともかく、人類とインフルエンザの戦いは、今後もずっと続くであろう。アルカイーダの比ではないのである。

儲けの仕組み

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近、ニュースなどで、不景気でも頑張っている会社というのがよく紹介される。下記などもその例である。

 エービーシー・マートが今月8日に発表した2009年2月期の連結決算は、売上高は10%増の973億円、純利益は前期比5%増の110億円と、ともに過去最高を記録した。

 靴の小売りチェーン「ABCマート」を展開するエービーシー・マートが今月8日に発表した2009年2月期の連結決算は、売上高は10%増の973億円、純利益は前期比5%増の110億円と、ともに過去最高を記録した。

 消費不況により小売業界でも多くの企業が業績不振に陥るなかで達成した増収増益だけに同社の強さが目立つが、その好調の要因は「積極的な新規出店」と同社独自の販売マーケティングによるものが大きい。

(中略)

 しかし同社は利益率を伸ばすために採算の良い自社開発商品の販売を強化。今では国内売上の約40%が「ホーキンス」や「バンズ」などの自社企画商品だ。ナイキやアディダスなどのメーカー商品は他の靴屋との値下げ合戦となるが、問屋を通さずメーカーに直接取引をすることで、流通コストを抑えている。

ここからは、稼ぐために、手間と工夫を惜しまないという点が、見て取れる。不景気だからと、投資を惜しんでいるとジリ貧になってしまうのである。また、ついコスト削減に工夫を集めがちであるが、それより寧ろ、独自の品質とブランドに工夫を集める、というのも参考になる。

 またもうひとつの特徴が店内のフロアに販売員が多いことだ。「ABCマート」では1店舗あたり約15人を配置しており、これは同業他社と比べても4割ほど多いという。客を待たさないように店員を多く配置することで顧客満足度を高め、リピーターの確保を行っている。

これもまた、面白い。多くの企業が、いかに人件費を削減するか、と腐心しているとき、販売員を増やして、顧客に対する満足度を高めている。実際、いくら人件費を削ってコストセーブしても、顧客にそっぽを向かれては、話にならない。

好調な企業の他の例は、「餃子の王将」である。以下、引用:

好業績を支えるのは、やはり餃子だ。関東では6ケ220円(その他の地域では200円)という手ごろな価格だが、具材の豚肉は国産の「生」を利用するこだわり。中身も皮も自前で作り、半生状態で店舗に配送し、店内でその日のうちに手巻きして調理する。全国にチェーン展開を行っているのにもかかわらず、決して作り置きをしないのが特徴だ。

 またチェーン展開する外食業界の基本である「どの店でも同じメニューとサービスを提供」という考えは「餃子の王将」にはない。500店舗すべて立地・大きさ・レイアウト・定食メニュー等が一店ずつ異なり、各店舗がそれぞれの個性を発揮させるようなシステムを採用している。外食産業のガリバー企業である日本マクドナルドが大型店舗と小規模店舗のギャップを取り払い、全店舗でサイズやレイアウトの統一化を懸命に進めているのとは対照の動きだ。

だいたい不景気のときは、企業は、製品の種類を絞る。少ないラインナップを使いまわして活用しようとする。それが、定石である。ところが、「餃子の王将」のように思い切って各店でローカライズする手法が功を奏することがある。手間を惜しまずサービスレベルを上げる、という点で、「ABCマート」の手法と類似する。

一方でなんとなく世間を眺めていると、ひたすらコスト削減しか頭になく、ジリ貧になってまたさらにコスト削減に奔走するような企業が目に付く。リスクを取りたくないのだろうが、それでは浮かび上がる可能性は万に一つもない。

これはまた、素朴なグローバリズムがうまくいかない、ということの証明にもなっている。それは、適合する可能性を考えることなく、コスト削減を意図して、製品やツール、ビジネスモデルを、世界中に展開させるだけだからである。

結論として、費用と、人材と、工夫と、リスクのコストを払わないでは、何一つhappenしないことを肝に銘じるべきなのだろう。

実務の修行

| コメント(6) | トラックバック(0)

現在の会社の仕事の大きい部分を、特許明細書を書くことと、特許庁からの拒絶に対応すること、すなわち中間処理が占めている。いわゆる典型的な特許実務である。

この分野には優れた人が沢山いて私はトッププレーヤーからは遠く、せいぜいが中堅プレイヤーであろう。なんとか落伍しないでやっていけているレベルである。

特許明細書を書くことは、結構面倒な作業であるが、善悪はともかく自分には独自のスタイルがあって、スタイルはどこで培われたのだろうとふと、思いを巡らしたことがある。すると、どうも、前の会社で、先輩に三年半、徒弟のように特許明細書書きを教わったところにあるのではないか、と思い至った。

だいたい、最初に書く特許明細書というのは、形式すらまったくなっていなくて酷評されるものだが、果たして私も、最初に書いた明細書は真っ赤に朱書きされ、ほとんど全面書き直しに近かった。それでも、書いているうちに次第に上達してきたと思うのだが、その先輩と私の相性は最悪で、毎回、ボロボロに直され、直された箇所の中には、流石に言いがかりではないか、と思われるものもあった。

一番酷評されたのは特許請求の範囲の記載で、私が書くものはまったくなっていないと言われ、毎回のように先輩が書くものと差し替えさせられた。それで、あまり悔しいので、銭湯に入りながら、延々と特許請求の範囲のドラフトを考え、のぼせそうになったこともあった。当時は風呂のない安アパートに住んでいたのである。

その会社で年間20件くらいで、3年半そこにいたので、70件くらいは特許明細書を書かされたと思うのだが、最後まで一言も褒めてもらったことがなかった。それでも、三年半も師弟関係にあったのだから、多少なりとも心の通い合いはあったはずなのに、その会社を辞めて2年後に特許のセミナーでたまたま出会って挨拶したときも、渋々のようにぶっきらぼうに応対されただけだった。今にして思えば、もともと相性が悪いところで、何かの宴会で社内の知り合いの女性に酔ってふざけて抱きついたことがあり、たまたまその女性が先輩の彼女で、私が先輩に張り倒されたことがあった。そのことを根に持っていたのかもしれない。

そうして今の会社に入って、ほぼ10年ぶりに特許明細書を書くことになった。随分ブランクが長くて、果たして書けるのかという不安が一杯だったが、書いてみると意外に抵抗がなかった。先輩に怒られながら、自分なりに、なにくそと思って体に染み付いた感覚が残っていたようなのである。

すると、ここで改めて思うと、先輩から教わった基本もさることながら、実務で苛められて、なにくそと思って自分なりに努力した経験が一番役に立っているということになる。戸塚ヨットスクールで、不良の生徒を更生させるという本を読んだことがあった。どうしてもああいうのは好きになれないが、厳しく鍛えられると、脳幹に染み込むものはあるのだと思う。

そうだとすると、私はスパルタは嫌いであるが、精神的に圧迫感を与えるスパルタ式教育というのは意味があり、場合によっては必須ということになる。

あと、私の特許明細書のスタイルを規定している重要な要素として、英文明細書の翻訳を5年以上もやらされたことがある。毎月100ページ以上翻訳していたので、下手したら通算で5000ページくらい翻訳したかもしれない。その翻訳も、特許明細書ほどではないにしても、最初の頃は先輩に真赤に直された。だから、よくも悪くも、自己翻訳したアメリカ流の明細書の構成が、私が書く特許明細書のスタイルに色濃く反映されている。

こうしてみると、何度も落胆したり、うんざりしたりする経験が実務の熟練には必須ということになる。逆に言うと、それを経ていないと、実務力が手薄ということになるかもしれない。よほどの才能があればまた別であるが。

一方私は、いい歳なので、若手を鍛える責務を担わなくてはと思っている。しかし、いろいろな意味で、私に、恨まれてまでも後輩を鍛える余裕があるだろうか、根性があるだろうか。長年やってきたので、伝えたい方法論はいろいろあるのだが、そういう根性というか開き直りができない私は、やはりよい指導者にはなれないのだろうと思う。

特許価値論のまとめ

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前に、ブログで、下記のとおり、私なりの特許価値論を素描した。
特許の価値
特許の価値(続)

そこで、ここで、これを発展させるための一里塚として、巷間に知られている特許価値論をまとめておいて、今後の指針を考える材料としてみたい。

すると、知られている特許価値論は、下記のように類別されると思われる。

  1. 市場指標をベースとするもの
  2. 法的係争指標をベースとするもの
  3. 他社関心指標をベースとするもの
  4. 技術先行指標をベースとするもの
  5. 権利安定化指標をベースとするもの

以下、個別に説明する。

市場指標:自社製品にどれだけ使われているか。本当は、他社がどれくらい権利を使っているかが分かればいいのだが、自社製品に対する、自社の特許でさえも分かりにくい。そこで考えてみると、グーグルなどがやっているように、Web全体をクロールする技術というのは、現在確立している。そこで、Web上で他社の製品情報を検索して、ある特定の特許請求の範囲の文言と比較する、という技術が使えるのではないかと思われる。ただ、特許請求の範囲によりどのような技術が権利範囲になるかをきちんと記述する技術はまだないはずである。テキストマイニング、概念検索などの高度な技術が必要になると思われる。

法的係争指標:他社を訴えるのに使われているか。特許侵害訴訟、審決取り消しで知的財産高裁に出訴しているか。さらに進めると、地裁レベルの特許侵害訴訟や、特許庁での無効審判、拒絶査定不服審判なども重要性を判断する材料になる。一般的に、出願人は、重要な特許出願でないと、手間をかけないからである。

他社関心指標:審査経過で、異議、無効審判、情報提供、包袋閲覧をどれほど受けたか。例えば、週刊ダイヤモンドの2009年4月18日号にあった、工藤一郎弁理士が考案した手法。これは、コロンブスの卵で、なるほどの指標である。というのは、確かに、気になる、あるいはその存在が邪魔な他人の特許に対して、情報提供、閲覧、無効審判などするものだからである。ただ、特許データベースで、どうやってこういう審査経過の検索をシステマチックにやるんだろうという素朴な疑問はある。

技術先行指標:例えば、私が考えているような、審査における被引用の件数。これは、現時点では、特許の価値と、特許の価値(続)に書いたことから、特に深化していない。

権利安定化指標:例えば、明細書の記載の完全さ。用語の一貫性、説明の十分さなど。あと、引例の件数が多くて特許が許されているものほど、権利が安定している、という見方もあろう。

だいたい、このあたりが、当該テーマの、state-of-the-artなのではあるまいか。私にとって、これは単なる出発点に過ぎず、今後、地道に研究してみたい。

Webニュースで次のような記事をみて、驚いた。

 東京・赤坂の公園内で全裸になったとして、警視庁赤坂署は23日、公然わいせつ容疑で、人気アイドルグループ「SMAP」のメンバー、草なぎ剛容疑者(34)を現行犯逮捕した。同署によると、草なぎ容疑者は「全裸になりました」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、草なぎ容疑者は23日午前3時ごろ、東京・赤坂の東京ミッドタウン近くの檜町公園で、酒に酔った状態で全裸になって騒いだ疑いがもたれている。近隣住民の通報で駆けつけた署員が注意したが、草なぎ容疑者は全裸で騒ぎ続け、逮捕された。

なるほど、酒に酔ったせいか、となんとなく、酒飲みの端くれとして、弁護的に考えてしまう。それに、別に誰かを傷つけた訳でも、侮辱した訳でもなかろう。強いて言えば、自分を侮辱してしまったか。

同署で逮捕から4、5時間後に呼気を調べたところ、アルコール濃度は呼気1リットル中0・8ミリグラムで、泥酔状態だった。

 

警視庁によると、草なぎ容疑者は「裸になったことは反省している。何で裸になったかは覚えていない」と供述しているという。

そうか、泥酔していたのか、とつい自分の泥酔体験を思い出す。若かりし頃、私は泥酔して、近くにいた知り合いの女性にちょっかいを出したことがあった。延々と演歌を大声で歌ったこともあった。ううん、でも、流石に全裸になったことはなかったかな、わからないけど。

その全裸なんだけど、心理学的というか、文化人類学的というか、人類は相当無理して着衣していないか。

実は着衣は、偉大なる人類の発明であった。おそらく、太古の昔の初期の人類は、裸だったはずである。その頃は、これもおそらくであるが、犬や猫のように発情期が決まっていたはずである。すなわち、普段は裸の異性をみても何も感じないで、春先になると欲情し出すという次第である。

ところがどういう経緯か、着衣によって、裸体が非日常化されてしまった。本当はどうってことない裸体が、神秘で隠微なものとなってしまったのである。それで、意外にも365日発情可能となってしまった。発情のコンビニ化である。

しかし、冷静に考えて、人間の裸体が魅力的な訳がない。のぺっとして、いかにも貧相ではないか。虎の縞模様の方がよっぽど美しいかもしれない。

それでも、文化として裸体が神秘化され、抑圧されることで、人は脱衣したくてたまらない気持ちをずっと抑えている。それは自宅や愛人宅でようやく開放されるにすぎない。本当は、人前で裸体で騒ぎたいのである。きっと昔は、年に何度かそれが許される祭りがあったはずなのである。

こういう経緯で考えると、草なぎ氏のやったことが無茶苦茶反社会的であるとは思えない。おそらく疲労と泥酔で、裸体願望のハレの気分が高揚しただけである。

とはいえ、社会通念上、草なぎ氏は、なんらかの罰は免れえない。なんとか、世間のお咎めがあまり切実でないことを願うものである。悪意はないし、無意識だったようなので。

ムッソリーニの娘

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞によると、ムッソリーニの娘、エッダが、父親のファシズム政権と戦ったパルチザンの男性、ボンジョルノ氏と恋に落ちていたことが分かったという。その証拠は、ボンジョルノ氏の息子の家から、エッダが関与する36通の恋文が見つかったことだという。

Wikiによると、ムッソリーニは、1945年4月、連合国軍の進撃に敗走を続ける枢軸軍とともに中立国のスイスに向かっていた途中、コモ湖畔の小村でレジスタンス運動のパルチザンに捕縛され、同月28日に銃殺された。その死体は同行していた愛人のクラレッタ・ペタッチの死体とともにミラノのロレート広場に逆さ釣りにして晒された。ルーマニアの独裁者、チャウシェスクの最期を彷彿とさせる。

しかし、パルチザンは、娘のエッダは殺すことなく、南部シチリア島の小島リバリに1945年から46年にかけて拘束した。そこで、いわば父の仇側のパルチザンの男性、ボンジョルノ氏と知り合い、恋をしたという次第である。1945年というと、あのヒットラーさえも衝撃を受けたというムッソリーニの死に様からあまり時間がたっていない。すると、エッダは、父が殺されたとき、自分の母親ではない愛人のクラレッタ・ペタッチと一緒にいたことが許せなかったのだろうか。それとも、単に、気の赴くままに恋に落ちたのだろうか。なんとなく後者のような気がする。

さらにWikiによると、エッダは、1930年にローマでガレアッツォ・チャーノと結婚し、ファブリツィオ、ライモンダ、マルツィオの三人の子を持った。すると、1945年の時点で、ムッソリーニの孫である、その子供達の運命はどうなったんだろう。

ともかく、エッダはその後、恩赦によりローマに戻ったが、その後も、ボンジョルノ氏と文通を続け、エッダはボンジョルノ氏との結婚を望んだが、最終的にボンジョルノ氏は、別の女性と結婚して二人の関係は破局した。すると、1945年の時点では、エッダは最初に結婚した相手とは離婚していたことになる。

ところで、エッダは強烈な個性と独立心を持っていたという。実際、彼女の父親曰く「イタリアは服従させたけど、自分の娘は決して服従させられないだろうな」とのこと。すると、ボンジョルノ氏が最後に引いたのも、エッダの激しさと強さを持て余したのかもしれない。実際私は、強い女を沢山見てきた。エッダがもし、父親譲りで、強いの女の中の強い女なら、そいう運命も仕方ないだろう。

といいつつ、エッダは、1995年まで生きて。85歳の天寿をまっとうした。1945年から50年間、エッダは何をしていたのだろう。恋多き女性のようだから、当然に恋をして結婚したかもしれない。しかし、強すぎる性格のため離婚。それでも、晩年には丸くなり、気に入った男性と平穏に暮らしたのだろうか、と勝手に想像して生涯を描いてみるのだが、これはまあ、意味なしである。

弁護士の驕り

| コメント(3) | トラックバック(0)

もう20年以上昔であるが、大学の後輩で、司法試験を受けるために上京して、予備校に通っている者がいた。その後輩は、東京には他に知り合いがいないということもあって、私がときどき会って話していた。結構ウマが合う後輩だったということもある。受験生で、法律の勉強をしているので民法や刑法など当然であるが、結構詳しい。それで、私は法律の基本的なことを質問して、いろいろと学ぶことがあった。

そのとき、これまた当然かもしれないが、司法試験の受験生ということで、弁護士というものの地位や価値を絶対視していることが分かった。例えば、司法試験というのは最難関の国家資格なので、それに合格しているということは、ある意味最高レベルの学力の持ち主である。法律というのは、一般常識の最高峰なので、裁判官や弁護士は、社会的な状況で一番妥当な判断ができる人である。しかも、その能力が、国家によって保証されているので、確かである、というようなニュアンスである。

そういうニュアンスは分からないでもない。司法試験はおろか、弁理士の勉強も、ちょっとやってみたけど歯が立たないと諦めてしまった私である。そうやって頑張れる後輩が羨ましくもあった。私はといえば、今もそうだけど、当時だって、数学、哲学、物理、コンピュータその他など、雑学のように適当に勉強していただけであった。当然に、理学博士のような明確な指標を得るというあてもない。すると、結局、いずれ弁護士になる後輩には対抗できないな、とやっかみ半分、諦め半分であった。

ただ、その後輩も、私とウマが合うくらいだから、あまり受験勉強に向いていなかったのかもしれない。何回か受験して、択一には何度か受かったものの、論文試験で落ちて、諦めて実家に帰ってしまった。もうちょっとやれば受かったような気もするが、分からない。

それでも、そうやって何年か司法試験受験生である後輩と付き合ったことで、弁護士のメンタリティの一端は垣間見たような気がした。

要するに、法律全般に通じているという、弁護士の矜持というか驕りである。例えば、私は何年も特許実務をやっているので、実務の観点からみた特許法というのはある程度分かる。ところが、司法試験受験生である後輩は、特許法は結局、財産法であり行政法なのだから、民法や行政法をきっちり勉強している自分の方が絶対に、特許法だってより正しい理解に到達できるはずである、と平気で言うのである。実務やっている私ならではの視点も結構重要なんじゃない、と軽く反論したが、どうも分かってもらえなかった。

これが昂じると、法治国家における裁判官・検事・弁護士の全能感につながる。あと、国家的にオーソライズされた資格なり肩書きのない者が何を言おうと、それは戯言である、という驕りである。

なぜ今更それを話題に出すかというと、池田信夫氏のブログで、池田氏が小倉秀夫弁護士から中傷されていることを知ったからである。私は池田信夫氏のファンなので、公平なコメントはできないが、それでも、どう贔屓目にみても、小倉秀夫弁護士がいいがかりをつけているようにしか思えないのである。しかも、その言いがかりのつけ方が、立場の権威性を持ち出しており、それはまさに弁護士のよくない点がそのまま出ている、と思われた。例えば、池田信夫氏がクルーグマンを批判した記事に言及して、経済学博士でもない者が、どうしてノーベル経済学賞の受賞者を批判できるのか、という趣旨のことを述べているが、それこそ、法律のこと、人権のことは弁護士こそが正しい発言ができるのだ、という驕りの同類に思えた。

私は、本当に謙虚な立派な弁護士も知っている。だから、総称的に言うのはよくないのだけれども、一般論として、司法試験を経ることで法律のオーソライズされたプロとしての誇りと矜持をもつのは確かだろうから、そこから一旦、特権意識を洗い直し、意識改革しないと、弁護士はなかなか社会的に尊敬されないのではないか、とふと思うのである。光市母子殺人事件の弁護団のふざけた論旨にも、相当な常識とのずれを感じた。

資格試験の難しさという意味では、公認会計士も弁理士も、最早、司法試験とあまり遜色がないのではないかと思う。しかし、公認会計士も弁理士も、その専門知識でもって世の中全般を見渡せるという万能感をもつことは、普通しない。限られた分野の専門家であることを弁えている。ところが弁護士だけが、その法律的知識で、世の中全てのことが妥当に判断できると自惚れることができる。丁度、古典力学の最盛期に、ニュートンの方程式を駆使すれば、森羅万象が解明できると信じた、ラプラスの悪魔の喩えに相当するだろうか。そういえば、弁護士であれば、弁理士と税理士に自動的に登録できるという制度があると以前聞いたが、今もそうなのだろうか。

ただ、今の若い、ロースクール世代の弁護士は多少特権意識も薄らいでいるかもしれない。仕事にありつくのも大変らしいからである。こういう試練が是非とも弁護士を鍛えてほしいと願うものである。

名物講義公開

| コメント(2) | トラックバック(0)

TIMEの4月27日号によると、米国の一流大学が、その名物講義を、YouTubeなどの媒体で、フリーで公開しているという。

例えば、カリフォルニア大学バークレーの神経解剖学Marian Diamond教授の講義、MITのWalter Lewin教授の古典力学の講義、イェール大学Amy Hungerford教授の米国小説に関する講義、スタンフォード大学Martin Lewis教授の米国選挙の地理学の講義なとである。YouTubeで、これらの教授の名前で簡単に講義が検索できる。

例えば、Marian Diamond教授の講義は、各々1時間弱で、20回分も収録されている。これを聴くのは私にとって、英語の問題だけでなく、とても大変である。なぜなら、神経解剖学の専門用語がさっぱり分からないからである。もし日本語の講義だったとしても大変だったろう。しかし、私が医学生だったりしたら、これはとても興味をもって聴けるだろう。実に活き活きした講義だからである。老教授は、その高齢にも拘わらず、実に楽しそうに講義している。適当に冗談も挟む。ついつい引き込む雰囲気がある。名講義の所以である。

すると、一流大学に入学しないでも、講義を聞くというフリーライドができる訳だが、なぜそうするのか、という当然の疑問が湧く。

もともと、2004年頃から米国のいつくかの大学は、学生向けに独自のインフラで、講義を配信していた。しかし、独自のインフラは費用がかかるので、YouTubeを使い始めたという次第である。

そうしてある大学、例えば、カリフォルニア大学バークレーが講義をフリーで公開し始めると、対抗上、MIT、スタンフォード大、ハーバード大などもそうせざるをえない。

実は、このような講義の公開は、収録に手間がかかるし、本来なら有料で公開できはずの内容を無料で公開することの損失というのは当然にある。しかし、こうして講義を公開することで、有望な学生を惹きつけることができる。どこの大学も優秀な学生を確保することに躍起なのである。

こうして名講義が公開されると、それに積極的に依存する教授もあらわれる。MITのGilbert Strang Ludlowなどは、他大学の講義も使うことで学生は一層理解を深めることができると説く。

また、前出のMarian Diamondはこういう。こうやって自分の講義を公開することで、e-mailでフィードバックがある。なんと、英国だけでなくエジプトからもレスポンスがある。すると、もっと講義を改善しなくてはと思う。それで自分はもっとよい教師になるよう努力する。このような刺激があることで、82歳という誰もが引退を考える歳になって努力する、すばらしい、ということになる。

こういうのこそが、Web2.0の威力ではないだろうか、最近誰もWeb2.0なんていわなくなってしまったが。

昇進の条件

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は、出世ということを人生の大きな目標と、真面目に考えたことはあまりない。それでも、一生懸命努力したり、工夫したり、周囲の人を助けたりした結果、信頼されて昇進する、というのであれば、それもありかと思っていた。それもせいぜい課長程度の管理職どまりだろうと思っていた。いくら私が傲慢でも、部長や役員クラスになれると夢想したことすらない。

ともかくも、心の根底に、昇進とは、実力や努力を反映した結果である、という素朴な楽観論を抱いてきたことは確かである。それがここ数年、揺らいできた。

こういうと、50も過ぎて、いい歳して今更何をいうか、青すぎないか、と馬鹿にされそうである。まさに私は、それなりに歳相応の狡猾さも身に着けてきてはいるが、どこか青年というか少年の心を忘れまいと懸命に突っ張っているところはある。

そこで、私の観察に基づき、この世で昇進する人の条件についてメモしてみる。おそらく、書いてみて、その観察の凡庸さに愕然とするに違いないのだが。

先ず、昇進する人は、それなりの学歴を備えているのが極めて望ましい。例えば、日本だと、東大、京大、早稲田、慶応などである。能力よりもまず、ラベルとしての学歴が問われる。下手したら、学歴のところで足切りされてしまう。それがゆえに、学歴信仰はなくならず、世の父兄の進学熱は収まる様子がない。

では、学歴が問われるということは、当然に学力というか能力も問われるに違いない、ということになるが、ここからして既に不透明である。というのは、企業というところの実態は、研究職や開発の仕事などの専門職でないと、あまり学力や能力を問われないことが多い。それより寧ろ、上司の言うことに反論しないとか、上司と趣味が一致するとか、体力があるなどの面が問われることが多い。それでも、学力はないよりある方がいいに決まっているだろ、ということになるが、優秀すぎると、上に立つ者は、いつか抜かれるのではないかとか、能力を見透かされるのではないか、と汲々としなくてはならなくなる。すると、上に立つ者は、落ち着かないのである。それで結局、敢えて言うと、学力は凡庸な方が却って昇進にはいい、というこになる。

もっと言うと、必要なのは、追従の能力である。追従の能力とは、属人の能力であってすなわち、上司が言っているのだから逆らえない、と素直に思える能力である。これには多少の訓練を要するかもしれない。人間には我というものがあるからである。しかし、訓練により、上司の言うことに疑問をもたなくなる。それでこそ、組織のよき構成員になれる。上司は安心して指示することができる。どうしてもこれが馴染まない人もいるようであるが、そういう人は組織にあって欠陥人間であって、出世は諦めるべきである。小グループの班長程度で甘んじるべきである。

追従の能力と対なのは、なるべく凡庸に考える能力である。常識からはみ出した思考をしないことである。ただ、追従の能力があると、言われたとおり実行するので、そもそも思考力自身を鍛える必要がなくなる。そういう意味では有害なのは、哲学書の類である。会社生活で、百害あって一利なしである。だいいち、「まさに<美>であるところのイデアは存在するか」、「世界はどうして存在が可能か」などと考えていたら、まともな会社生活が送れるはずがない。

次に重要なのは、情に流されないことである。会社なので、ビジネスなのだから、当然と思われるかもしれないので説明が必要である。情や共感を遮断すべきなのは、部下一般や同僚に対してである。なぜ遮断するかというと遮断によってありあまった「情」を、上司や腹心の部下に注ぐ必要があるからである。すなわち、情を遍在させてはいけないのである。これによっていよいよ、上司からはすばらしい人格の部下だと信頼を得て、腹心の部下からは、この人のためなら尽くそうと忠誠を得る。部下一般や同僚からの思惑は気にする必要がない。自分の昇進に影響を与えるものではないからである。

さらに重要なのは、自分の弱みをよく知って、そこにフォーカスをあてないように仕事を進めることである。弱みのない人間はいない。弱みがあることは何ら恥ではない。そもそも、そのことが得意な部下がいるのだから、その部下に振ればいいのである。まさかその弱みを衝いてくるような部下はいないと思うが、もしいたら、組織の和を乱すので、左遷するなどで遠ざければよい。基本的には、常に、比較的自分の得意な分野にフォーカスしていさえすれば済むことが多い。間違っても、努力によって弱みを克服しようとしてはいけない。そうすると、下手すると鼻持ちならない実力主義の性格になってしまうかもしれない。

最後に、一番重要なのは、より高い地位への執着である。なぜなら、会社生活にあって、高い地位こそが実績の証である。地位が高い者こそが優秀なのであって、その逆ではない。なぜなら、現代の組織にあっては、建前的に実力主義が浸透し、凡庸な者が昇進することはありえないはずのである。

以上の方針をもって臨めば、大抵の組織で、高い地位を得ることができるだろう。万が一そうでないとしても、保証の限りではない。私が身を以って確認した訳ではないからである。

フィッシング?

| コメント(0) | トラックバック(0)

2ヶ月くらい前だろうか、重要メールと称して、「あなたに50万円が当たりました!」というメールが来た。どうせ悪い冗談だろうと今に至るまで相手にしていないが、それでも、文面を読むと、どうも、私が加入しているクレジット・カードの会社と提携していて、独自の抽選をし、私がラッキーで当選したのではないかと、ちらっと思った。

メールに書かれていたのは、聞いたことがない会社だが、そういう当選の処理を、代行して行う会社があってもおかしくない、とまで思った。なぜ未練が出てきたかというと、前にも書いたが、車を運転していてつい、左のドアをブロック塀の角に強く擦ってしまうという事故を起こしたからである。

それに20万円もかかってしまったので、一瞬、幻の50万円をあてにしてしまった次第である。

それでよく分からないのは、それが新手のフィッシング?であるとしたら、どういう仕組みで陥れようとするのか、ということである。そもそも本当に私を陥れたいなら、「先日メールをお送りしましたが、まだ確認のメールを戴いていません。確認戴かないと、送金の手続きができません。」というような催促のメールを出すべきである。すると、ひっかかる可能性も高まる。

そう思って知り合いに話したら、問い合わせのメールをこちらから出すことで、アクションが始まるのだそうである。「どうやって送金されるのですか、いつ送金されるのですか」と、お金ほしさに反応すると、では、○○にきて本人確認のあと、お渡しします、とかいうことになるのだろうか。そこに行ったら、何かの契約条件を提示するとか。

すると、催促メールも出さないで、地味な印象を与えておくというか、印象も与えないというが、高度なテクニックなのだろうか。

もしそうなら、ヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型(HTLV-Ⅰ)みたいなフィッシングということになる。多くの人は発病、すなわち実害なく無視して終わる。しかし、HTLV-Ⅰは、100万人の潜在感染者のうち、発病するのは、年間700人程度、というから、1年では発病率は0.07%である。

あのメールにひっかかる人は流石にもう少し多いんだろう、と思う。ともかく歩留まり型のフィッシングというのは、もし本当にそうなら、ウイルスの知恵を借りた、賢い?フィッシングだと思う。

多極化陰謀説

| コメント(2) | トラックバック(0)

以前にもブログに書いたが、9.11疑惑には、あまりにも疑問が多すぎる。米国政府の発表には矛盾が多すぎる。これが陰謀だとすると、あまりにも下手な陰謀である、と考えていたら、ある考えに思い至った。

すなわち、黒幕が米国政府なのかどうか知らないが、要するに、これは、わざと馬脚が見え見えになるようにした猿芝居である、ということである。小島よしお風に言うと、わざと「下手こいた」のである。猿芝居の犠牲になった人たちは本当に残念である。

そこで、何故に?というと要するに、米国の権威を失墜させるためである。そうして世界を多極化させる。ここらあたり、私のオリジナルということもなくて、田中宇氏からの受け売りだったりする。

ここで多極化とは、米国と、中国と、ロシアと、日本と、欧州を、うまく競争させ、世界に混乱を招く、ということである。

して、その黒幕は?と問うと、ロスチャイルドなのかもしれないし、ロックフェラーなのかもしれないし、まったく世間に知られていないグループなのかもしれない。単一なのかもしれないし、利害の異なる複数の団体の複合体なのかもしれない。

ある種の陰謀論の本によると、フランス革命も、米国の南北戦争も、ロシア革命も、第一次世界大戦も、第二次世界大戦も、中国の共産党の台頭も、ロスチャイルドの仕業である、という。

これを100%信じるのは愚かであるが、しかし、ある強大な力をもつ集団があったとき、可能なら少しでも世界を支配しようとする、というのもまた、集団の本能であろう。

こうして、世界におけるある強大な力をもつ影の集団は、事あるごとに、世界に影響力を行使しようとする。

しかし、いかな強大な力をもつ集団をもってしても、世界の可塑性は高くない。制御可能性は、高が知れている、地理的に分散し、言語は異なり、貨幣は異なり、文化も異なる。そこで、影の集団は、世界を平準化しようと気長な努力をしてきた。

それがいま、おぞましきグローバリズムとして、結実しようとしている。

影の集団は、あまりにも自明に、人類が欲望に脆いことを知悉している。そこで、欲望の象徴である金融制度を発展させることにした。そのために先ず、主要国に中央銀行を設立させた。世界の制御可能性はこうして高まった。金融制度はまさに、グローバリズムとの二枚看板となった。いや、Webで接続されたインターネット社会ということで、三枚看板かもしれない。

グローバリズム、世界金融制度、インターネット社会、それを讃えこそせよ、非難する人がどれだけ世界にいるだろうか。次第に世界は、影の集団の術中に陥りつつある。

世界の制御可能性が高まったとき、金融恐慌という名の経済爆弾が世界を跳梁した。ほんの一撃が世界に広がるような仕組みが用意されていたのである。一国に留まるべき些細な信用の擾乱があっという間に、金融証券の信用不安として、世界を駆け巡った。誰がわざわざこのような仕組みを作ったのだ、と問いたい。ここからも、世界にはどうも、影のデザイナがいるらしい、ということが推察される。世界を混乱に陥れること自体を楽しむサディスティックな人々である。

そこで、われわれが出来ることは、ささやかながら、世界の制御可能性、操作可能性を抑えることである。典型的には、グローバルな混乱を、ローカルな秩序でおきかえる。このためのアルゴリズムは自明であって秩序を保てる範囲にローカリティを抑えるのである。

そのとき、ローカル言語、ローカルロール、方言、ローカルな風習、なんでも歓迎である。そうしておくことにより、ローカルとローカルの鬩ぎあいの中から、新たな文化が生まれてくる。

重ねて言う。のっぺりしたグーロバリズムから生まれるのは知的頽廃だけである。世界制覇をもくろむ黒幕たちの跳梁跋扈を促すだけである。ローカリズムのための戦略をいまこそ考えるべきである。

私は、根っからの反地球温暖化二酸化炭素論者であって、先日、私がそうなるように影響を受けた友人と、会って話をした。彼は、気象予報士の資格をもち、ある意味、地球温暖化問題懐疑論の専門家である。彼が言うには、理論的な決着はもうついていて、二酸化炭素が地球温暖化の主要な原因でないことは科学的に明らかなので、これ以上どうこう言っても仕方がない。問題は寧ろ、社会的なところにある、ということだった。

ところが、下記のような記事が、一般的なマスコミに登場しつつある。

環境問題を考えるとき、「地球は温暖化が進んでおり、その『犯人』は、二酸化炭素(CO2)をはじめとする温室効果ガス。従って、CO2を減らすための政策を推進することが重要だ」という考え方が「定説」だとされてきた。ところが、「実は気温は下がっている」などとする異論も少なくない。政府が地球温暖化対策を骨子とした「グリーン・ニューディール」政策を進めるなか、世界的にも、公然と異論を述べる動きが加速しているのだ。

これを受けて、IPCCの信念は揺らいでいないように思われる。

IPCCが2007年に発表した第4次報告書では、地球上の平均気温は21世紀末までに1.8~4度程度上昇すると見込んでいる。同報告書では、温暖化の議論では「CO2以外にも、太陽活動の変化など、他にも気温上昇の要因がある」といった指摘があることを踏まえ、「温暖化について、太陽活動は、CO2の10分の1程度しか関係していない」「太陽活動の低下によっておきる寒冷化の問題は、数百~数千年という長期的な視点で考える必要がある」などと論じている。

政府や学会でも、依然として、地球温暖化側が主流というか、逆に言うとそうでないと予算がつかないのだという。だから、いまだに、次のようなアナクロともいえる「研究」が蔓延っている。

現状を超えた温暖化対策を進めなければ、今世紀末には洪水による浸水被害額は最大年8兆7000億円に上るが、厳しい対策を取れば6兆4000億円に抑制可能という試算を、国立環境研究所など14機関の研究チーム「温暖化影響総合予測プロジェクト」(代表、三村信男・茨城大教授)がまとめた。政府の中期目標検討委員会で14日公表した。

東北大学や海洋研究開発機構などの学者が「懐疑派バスターズ」を結成。「地球温暖化問題懐疑論へのコメント」と題した、約60ページに及ぶ「懐疑論」への反論文章を掲載している。環境専門誌の「日経エコロジー」09年2月号でも、「『温暖化懐疑論』に答える」という9ページにも及ぶ特集が組まれており、「懐疑論」に見られる主な論点4つへの反論を試みている。

また、愚かしくも、オバマ政権は、アルゴアの流れか、環境保護として二酸化炭素削減の方針を打ち出している。

しかし、地球温暖化懐疑論の趨勢はもう、誰にも止められないと思われる。結局、科学的根拠を欠いているのである。また、経済学的にみても、明らかに、資金の流れの優先順位を狂わしていまっている。

実際、日本経済新聞や読売新聞などのメジャーな新聞も、地球温暖化懐疑論を真面目に取り上げはじめている。

世界的にも、

「太陽の活動が弱まるため、地球上の気温は2035年に最も低くなる」といった「温暖化懐疑論」が披露された。世界的にも、この傾向が加速している。09年3月には、米保守系のシンクタンク「ハートランド研究所」がニューヨークで「地球温暖化: かつて、本当に危機だったことがあるのか?」と題したシンポジウムを開催。科学者、エコノミスト、政治家、など800人が参加した。この800という数は、08年の第1回目の会議に比べて、2倍近い数なのだという。
という記事がある。

問題は、原発推進論者とか、二酸化炭素排出権で稼ごうとする人々、二酸化炭素排出を制限することで国力を浪費させようとする意図のある人々などの存在であり、そういう人たちが隠然として政府で権力を握り、研究機関への予算配分権を握っていることである。

すると、温暖化懐疑論は、別の専門分野で確立した業績があり、温暖化研究の分野で予算をもらう必要のない、丸山茂徳、渡辺正などの人々の、ある意味手弁当の努力で、次第に浸透しつつある、ということになる。もちろん、世界的にも、まともな研究者は、温暖化懐疑論に与する。

こうして、一個人としては、温暖化推進派と、温暖化懐疑派のせめぎ合いを、温暖化懐疑派に肩入れしつつ、見守りたいと思う。

教育の評価

| コメント(0) | トラックバック(0)

中学・高校と学校で先生に教科を教わるとき、子供ながら明らかに先生によって教え方の巧拙の差を感じた。私がたまたま運がよかったのは、教わった英語の先生が皆、熱心で教え方が上手な先生だったことである。おかげで、大したことない私の成績の中では、英語がいちばんましだった。今でも仕事で日常的に英語は使うが、このときの基礎が役に立っている。一方、本来好きなはずの数学は、中学・高校では、全く芽が出なかった。これは、中学・高校とよい数学の先生に出会えなかったせいだろう、と自分の努力や才能のなさを顧みず、勝手に思っている。

ということで、中学・高校で、生徒が成績を評価されるのだから、先生もなんらかの方法で評価されていいのではないかと思っていた。もちろん、管理職である校長や教育委員会はそれなりの査定をしていたに違いないのだが、少なくとも生徒にはあからさまなものではなかった。

ところが、今は、中学・高校で、成果主義として、明確な先生の教育の評価がまかり通っているらしい。それは次のようなものである。

まず先生は、年度の始めに、年間目標の提出を求められる。それは例えば、管理職である校長に提出する。そうして、先生は、秋に、年間目標の進捗状況を報告し、年度末には達成状況を報告する。校長はこれを受けて、達成状況と自らの判断により、S、A、B、C、Dの五段階で評価を下す。

一般的に会社でも似たような評価方法が取られているが、評価の分布はある程度決まっているはずである。なぜなら、評価の結果と昇給がリンクされており、昇給の原資は有限なので、高い評価だけで埋め尽くすことはできない。

先生の評価も評価の分布が決まっているのかどうかは分からないが、先生間の競争を煽っていることは事実だという。その結果起こることは、教科指導方法を先生間で共有することが少なくなり、また、生徒をスピーチコンテストに参加させるとか、地道な努力よりも寧ろ、いわゆるショーアップすることが目に付くようになったという。会社で起こっていることとあまりにも類似しているので苦笑してしまう。

私から言わせれば、年間目標というペーパーワークはさておいて、校長は、生徒や父兄、同僚の教師から評判を聞くべきなのである。すると、個々の先生の優劣は自ずと明らかであって、改善すへき点も見えてくるはずである。そもそも、校長といえども、もとは、社会科のうちの歴史とか、数学とか特定の科目の専門の指導しか分からないはずなのである。すると、知らない教科の指導法の評価は、分かる人を通じてするよりない。

で、結局、経営学者の高橋伸夫氏が何度も指摘するように、こういう成果主義的なアプローチは成功しない。成功したようにみせかけることができるだけであり、あまりに進めると荒廃を招く。成果主義を取り入れ、社内がガタガタになり、結局成果主義をやめてしまった富士通がいい例である。

それでも、教育委員会は、この成果主義的なアプローチを止めるどころか、生徒をスピーチコンテストに参加させたら何点、生徒をボランティア活動に参加させたら何点と、さらに得点主義を採用して、評価の客観性を高めるのだ、と嘯く。

これは偏に、評価する者がその方が楽だからに他にならない。むしろ現場は余計なペーパーワークを課せられて混乱するばかりである。それが証拠に、教育水準を高める効果があったか、というアンケートに、教員側で69%が否定的、評価側の校長サイドでも、39%が否定的であった。

解決策は、日常の地道な見えない活動を重視することなのであるから、一旦増大してしまったエントロピーを必死で減らす作業が必要で、大変である。本質が分かった人が強いリーダーシップで引き戻すより方法はないと思われる。

岡潔の広島事件

| コメント(2) | トラックバック(0)

岡潔は、私が尊敬する数学者の一人であり、また、その生涯のこともある程度知っているつもりでいた。よって、広島文理大に岡が奉職しているときに何か事件があった、ということもぼんやりと知っていたつもりだが、今般、高瀬正仁の「岡潔」岩波新書を読んで、その広島事件のことを知って驚いたので、メモしてみる。

それは、岡が広島文理大に奉職しているときの昭和11年(1936年)6月23日のことであった。この日、岡は、京都帝大の数学者、園正造の歓迎会に出席したが、途中で気分が悪くなって帰宅し、それから行方不明になった。

ところがなんと、岡は、自宅近くを流れる二股川の土手を帰宅中の修道中学の夜学生たちを襲い、帽子や靴、書籍や自転車などを奪い、それから牛田山の笹原に寝そべって一夜を明かしたのだという。

当然であるが、被害者の家族からの警察への通知で新聞沙汰になった。それで、警察でどういう取調べが行われたのか明らかでないが、逮捕されることなく、病気ということで、大学は休職・療養することになった。心神耗弱により、責任がないとみなされたのだろうか。

しかし、大学での信頼失墜は覆いがたく、結局2年間の休職期間の後、大学はクビになった。

牛田山の笹原に寝そべって一夜を明かしたこと、及びその後の回想が、岡潔の「春雨の曲」にある。

それから一、二日たったよく晴れた夜、わたしは家の後ろの小高い丘の斜面に、北西の方を向いて、笹原に背をもたせかけたまま、金星から来た娘の話を聞いていた。娘はわたしの今生の越し方行く末を詳しく説明してくれたのであるが、わたしには夢の中の話のようであった。

こういう話を聞くと誰もが、岡潔の狂気を疑うだろう。事実、一片の狂気が含まれていたに違いないのだが、私はどうしても、金星人オムネク・オエクのことを想起する。すなわち、金星は、アセンションにより、地球よりも次元の高い星となっており、地球には、独特のカルマを清算するためにやってきたのだという。

数霊学には、ピタゴラス、プラトンを経由して、もしかしてホワイトヘッドにも受け継がれていいるかもしれない系譜があって、その一端が岡潔に流れ込んでいるとしても何もおかしくない。その文脈で、金星人が出てくるのをむしろ当然のように考えている私もやはり、どこかしら狂気に染まっているのだろうか。

ともかく、岡潔の広島事件は、その淡々たる事実にも拘らず、いかにも不思議な事件なのであった。

3月30日の時点で、次のような記事があった。

 

オバマ大統領による追加支援策は、GMには経営再建にあたって取締役の大半を刷新し、燃費効率の良い自動車生産に主軸を置くよう求めている。

ワゴナーCEOの退任も、政府が追加支援に踏み切るにあたって要請していたものだ。オバマ米大統領の作業部会は、8年余りCEOの座にある同氏では、GMを救うことができないと判断したためだ。

GMには抜本的な再編と変化に向けた具体案を示させるため、政府は60日間の猶予を与えるとともに、今後一段の負債圧縮を求めていく。

政府は2月17日にGMとクライスラーが提出した再建計画の内容では追加支援を正当化できないと結論付け、経済状況が改善してもGMの計画はうまくいかないと分析した。

米政府はまた、GMとクライスラーへの対応措置として、清算や従来型の破綻(はたん)とは異なる事前合意型の破産法適用が含まれるとし、それによって迅速な債務整理・再建が容易になるとの認識を変えていないようだ。

すなわち、事実上引導をわたしているに等しい。そうして、4月13日のニュースには次のようにある。

 政府の回答は「救済策」というよりは「倒産の予告」である。国民の8割がGM、クライスラーの支援に反対しているし、AIGの救済で経営者のお手盛りボーナスを見逃してしまったオバマ政権にとって、安易な支援はできない。「GMに倒産の選択肢はない」と強気の姿勢を取り続けたワゴナー会長を首にしたのも、倒産手続に道筋をつけるためである。後任のCEOになったヘンダーソン社長は「倒産の選択肢を含めて努力する」としている。

クライスラーは、フィアットとの提携をあてにする。しかし、フィアットといえども、十分な体力がある訳ではない。

フィアットは2004年までは赤字会社であった。果敢なリストラを行い、2007-08年には20億ドル台の最終利益を計上できるまでに回復したが決して盤石ではない。格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ社は、最近同社の格付けを「BBプラス」に引き下げている。この格付けはフィアット自体も危険水域にあることを示している。

こうして、GMとクライスラーの倒産は、時間の問題となったようである。これを受けて、ビッグスリーでも比較的余裕のあるフォードはどうするのか、トヨタ、ホンダをはじめ日本の自動車メーカは、どうその隙間を埋めるのか。また、ベンツ、BMWなどの自動車メーカはどうするのか、など興味は尽きないが、当面見守るよりないところである。

下流大学

| コメント(8) | トラックバック(0)

タイトルが面白いので、「一流大学より未来が開ける - 下流大学に入ろう」山内太地著、光文社を買って読んでみると、確かになかなか面白かった。

特に自分だけがそうかもしれないが、どうしても一流大学信仰というのは抜けない。世間に出ていろいな人に出会うと、一流大学出ても大したことない人は結構いるのに、である。そういう気持ちを抱いているとき、この本は、一服の中和剤にはなる。

山内太地氏の偉いところは、本当に日本の大学全てを自分の足で訪れて、そこの教授や学生に話を聞いたりしていることである。だからそれなりに社会学的実証的な本になっている。

で、この本の著者の意図とは違うかもしれないけど、私なりのこの本の要約は次のとおりである。学力があって一流大学に行けるものなら、頑張ればいい。そこに入って切磋琢磨すれば、実力がつくだろう。

でも、不幸にして受験が苦手であったり、学力が十分でなくて、偏差値が45以下の、この本でいうところの下流大学にしかいけなかったとしても落胆することはない。個々の大学は、生き残りをかけていろいろ教育に力を入れ、独自のカリキュラムを組んで新鮮味を出そうとしている。先生が学生の面倒見のよさで売ろうとしていたりする。

そこで、「一流大学より未来が開ける」という言い方であるが、下流大学に行って総理大臣になれたり、ノーベル賞がもらえたりする、という意味ではない。そもそも、下流大学だ、と卑屈になって勉強しないと、結局は未来は開けない。偏差値はあまり高くないかもしれないが、自分の頭で考え、知的好奇心を膨らませれば、下流大学に行ったとしても、機会は開ける。

なぜなら、世間の95%の仕事は、凡人がする仕事だからである。会社での仕事をよくみればいい。大学で勉強したことの出番はほとんどない。それよりも、きちんと計算して間違いなく数字を打ち込んだり、会議をセットしたり、書類をコピーしたり、得意先を廻ったりと、普通のことを普通に淡々とこなすことが要求されている。あと、ちゃんと他人の痛みが分かるとか。そうやって真面目にやっていれば、私がそうだったように、事務方の管理職に指名されることもある。それが幸せとは敢えていわないが。

才能があって上位5%に入れる人は頑張ればいい。迷わず上流大学に進めばいい。社会にはそういうエリートが必要である。ただ、上流大学の卒業生を掻き集めると、きちんと見積もったことはないがおそらく、上位5%の枠をはみ出てしまう。すると、上流大学の卒業生なのに、95%の平凡な仕事を担当させられる人が出てくる。それでむくれてしまうなら、いっそ下流大学でもよかったではないか、ということになる。下手なエリート意識が足かせになってしまうことがある。

これが正しい要約になっているかどうかはさておいて、次に各論をみてみよう。すべては紹介しきれないので、まず、北海道の酪農学園大学。ここを出ると、本当に酪農家を目指すことになる。だから、ここにいくと、本当に酪農をしながら、牛や馬にまみれて生活することになる。

次に、いかにもマイナーな四国学院大学。学生数が全体で1600人程度の小規模な大学。文学部、社会福祉学部、社会学部の三学部である。ここの売りは、学生が地元のお祭りに参加したり、イベントを開催したりする。こうして地元の人と仲良くなると、ほとんどの卒業生は、地元の中小企業に就職する。地産地消で、それが何が悪い、ということになる。いかにも人間的ではないか。

あと、これは流石に聞いたこともなかったが、保健医療経営大学。福岡県みやま市南瀬高にある、という。ああ、そういえば大学時代に、瀬高出身の学生がいた。離島出身の私が引け目を感じない数少ない学生だった。そこがすごいのは、2008年4月に、わずか27人の新入社員で開校したことにある。本当に経営的にやっていけるのか、という危惧は当然にある。しかし、病院経営のプロを育てるんだと、学長の鼻息は荒い。

あと、放漫経営で一度本当に潰れた東北文化学園大学。一度地獄をみているだけに、経営者や教師連は必死である。そこから学生達も、なにか只物でない何かを学ぶのではないだろうか。

もし上流大学にまずい点があるとすると、ステータスが出来上がってしまっているのである。すると、下手すると、そのステータスを握って、守りの姿勢で生きていく人があらわれる。だから本当は、上流大学に行って、そのステータスに拘泥しないで必死に頑張ればそれほど強いことはないのである。グーグルの創業者がまさにそうであった。

そこいくと、下流大学で、初期の頃の慶応義塾みたいな野趣あふれるところがある。なにしろ、普通にやっていては上流大学と張り合うことはできない。で、嫌でも、時代の先端、あるいはニッチを狙い、そこを攻めることで時代に先駆けようとする。よく言えば、坂本竜馬の精神である。間違っても卑屈になってはいけない。下流大学で卑屈になると、かなり辛い。

ともかくも、上流も下流もない、各人が出来る範囲でいろいろ工夫して頑張ればいいではないか、でもどこに行ったって、勉強しない奴、知的好奇心のない奴は駄目だぞ、という平凡なメッセージなのであった。

詰将棋を解く能力

| コメント(0) | トラックバック(0)

別途ISSEIさんからコメント戴いたように、第6回詰将棋選手権チャンピオン戦で、スーパーあつし君こと、宮田敦史五段が、ぶっちぎりで優勝した。たしか、五連覇のはずである。詰将棋を解く能力で、プロアマ併せて、無敵である、といってよい。

二位は、穴熊得意でやはり終盤力に定評がある、広瀬五段であった。あと、健闘が光るのは、五位に入った谷川九段である。この競技は、どうしても若い方が得意である。頭の瞬発力を駆使するからである。四十台でここまで食い込めるというのは、将来の宮田五段にも無理なのではないだろうか。

それでは、詰将棋を解く能力と将棋の強さは相関があるか、と聞かれたら、それはもうイエスである。相当強い相関があるといえる。だいいち、トッププロがボロボロ即詰みを逃すなんて聞いたこともない。

昔、米長は、将棋無双と、将棋図巧を頭の中だけで全部解いたら、プロになれると言った。事実、それを実行してプロになった人も結構いるらしい。将棋無双と、将棋図巧を解いたりしなくても、詰将棋がプロ棋士の基本的訓練であることは誰も否定しない。

しかし、これはかなり人によるらしくて、渡辺竜王などは、将棋無双や将棋図巧を解くこともやってないとしゃあしゃあと言ってのける。すると、谷川などよりもぎりぎりの局面で即詰みにとる能力は劣るのかもしれない。

それでも、渡辺竜王の終盤力には定評があるのであって、すると、詰将棋の力=終盤の力でないことは明らかである。

実際、今回のトップと二位の宮田五段と広瀬五段であるが、その詰将棋をもってしても、とんとん拍子では順位戦を勝ちあがれていない。

すると、将棋の終盤の力にはどんな要素があるのだろうか。ちょっとメモしてみる。

  1. 速度計算の能力
  2. 速度を遅らせる手を思いつくこと
  3. 寄せの構図を描くこと
  4. 局面を複雑化させること
  5. 詰みがあるかどうか感知すること
  6. 即詰みに討って取る力

すなわち、絶対に詰むはずのものをえいやっと詰め上げる能力は、終盤の力のほんの一部に過ぎない、ということになる。

詰将棋を解く能力が将棋を指す能力に本質的に効いてくるのは、即詰みに討って取ることよりも寧ろ、正確に読む能力だろう。すなわち、それこそが棋士の基礎体力である。このため、羽生名人はいつも鞄の中に、「詰将棋パライダイス」という詰将棋の専門雑誌を忍ばせているという。ただ、私の見るところ、羽生名人は、そんなに圧倒的な詰将棋を解く能力をもっている訳ではない。今回、糸谷四段が、第6回詰将棋選手権チャンピオン戦で10位に入ったが、そこまでにも至らないのではないか。羽生名人はあくまでも、読みの基礎体力として詰パラを解いているだけだと思われる。

あと、自明かもしれないけど言っておきたいのは、詰将棋を解く能力と詰将棋を創る能力は、あまり相関がない、ということである。プロ棋士で詰将棋を創る能力が高いのは、内藤国雄、二上達也、伊藤果、谷川浩司、浦野真彦あたりで、そんなに多くない。よくスポーツ新聞に詰将棋が載っているが、あれは、ほとんどがゴースト作者が作っているらしい。

なぜプロ棋士に多くないのかというと、詰将棋を創る能力が、将棋の強さと両立しにくいからではないか。というのは、私も多少手を染めたことがあるが、詰将棋を創る能力というのは、独特の形や筋に対する美意識を必要とする。それは、実際の将棋の指し手とは隔絶しているので、あまりそういう美意識にこだわると、指将棋に悪影響があることになる。そのせいか、日本で最高の詰将棋の創り手は、アマチュアである。また、下手したら指し将棋の棋力もアマ二段程度だったりする。

詰将棋を創ることの魔に魅せられた人々の話もあるのだが、それはまた別稿とする。

孤独な学生

| コメント(5) | トラックバック(0)

池田信夫氏のブログに、学生運動に関連して、下記のような一文があった。

殺された友人のうち2人は誤爆だったが、2人は革マルの活動家だった。彼らの共通点は、地方の高校から出てきて、大学に友人がいなかったことだ(灘や開成の連中は、この種の党派には入らない)。2人とも党派にリクルートされ、「地下」に潜って大学へ出てこなくなった。

これを見て私は思わず苦笑いしてしまった。特に、「地方の高校から出てきて、大学に友人がいなかったことだ」にである。まさに私がそうだったからである。

私は広島県尾道市にある高校を卒業すると、なぜか福岡市にある大学に通うことになった。広島市だと、高校の同級生が何人かはいることになるので、知り合いがいないという状況にならないだろう。また、大阪に行くと、多数の親戚がいるので、なにかとうっとおしい。それで、全く親戚がおらず、同じ高校からは進学することの少ない福岡市の大学に進学した。と書くと余裕の入試だったように聞こえるが、全くの準備不足で、一浪は十分覚悟していた。いまにして思えば、私の乏しい学力で、よく受かったものである。ともかく私としては、なるべく知り合いのいない環境で、新スタートを切りたかったのかもしれない。

それで欣喜雀躍して福岡市の南区に下宿したはいいが、なるべく知り合いのいない環境で、新スタートを切るというのは、独りよがりのロマンで、一週間もたつと、心細くなってきた。と言っても、決して親許が恋しいというのではない。また、下宿は賄い付だったので、10人くらいの同宿人がいて、すぐに友達になった。

でも、大学に行くと、誰一人知り合いはいない。もしニューヨークにたった一人でいくと、こういう気分なのかも、と思った。私は孤島育ちなので、都会の人よりは濃厚な人間関係の中で育った。だから、本土の尾道市の高校にあってすら、とてもよそよそしいものを感じて、人間関係の間をとることに苦労した。で、その間をとる感覚をきちんと身に着けないで、大学生になってしまったのである。

その福岡市の大学は、国立大学なのに、地元の県立高校の出身者が大きい割合を占めるのであった。なんでも、1つの高校から、年に100人くらい一気に受かるのだという。それでは、中学から高校に進むようなものではないか、と虚勢を張って馬鹿にしてみたが、いろいろな意味で馬鹿にされるべきなのは私の方なのである。なにしろ、いつも教室の隅にひとりぼっちなのであるから。心を開いていろいろな人と話せば友達も出来たかもしれないが、離島根性で殻をかぶって自分に閉じこもってしまったので、相手にされない。

するとそのうち、ノイローゼ気味になってきた。下宿に帰るとそれでも、仲間がいるので、なんとか自分が保てた。それでも、ストレスで体重が10キロも減ってしまった。神経性の下痢になったのである。その結果、179cmの身長で、体重が55kgになってしまった。なんかフラフラしていた。

こういう状態で、学生運動家に誘われたら、冒頭にあるように、つい嵌ってしまったかもしれない。砂漠で渇いた旅人が水を求めるように、なんでもいいから人間関係が欲しくなっていた。いや、今と同様、当時から私は心情右翼だったから、体よくそういう共産主義的なセクトは敬遠したかもしれない。誘われたら確実に嵌っただろうと思われるのは、女性からの誘いであるが、なんの魅力もない青白い、みるからに田舎者の学生に声をかける物好きな女性は流石にいなかった。でも当時、オーム真理教があって、そこの女性信者から勧誘されていたら、100%ついていっただろう。考えただけでも恐ろしい。

で、私が決断したのは、小学生の頃から親しんでいた将棋であった。今更将棋やるかな~とためらいながら、いかにも倒れそうなサークル舎の片隅にあった将棋部のドアを開くと、私にとって懐かしい雰囲気がわっと押し寄せてきて、飲み込まれるように、その部室の一角に座った。そして、将棋を指し始めた。そこでカチッと音がして、大学生活でなぜか将棋が中心になってしまった。本気で勉強してそこそこの研究者になるのが夢だったはずなのに、線路のポイントは切り替わってしまったのである。

で、紆余曲折を経て今に至る人生の根幹に、その学生時代の孤独がある。ところが一旦どけた孤独が逆にほしくなったりした。春休みの頃、下宿に籠もって誰にも会わない日が2週間も続いたこともあった。すると、妄想のような考えが広がっていくのである。心理学の本を読むと、初期の分裂病かも、と思った。そこでバランスを保ってくれたのが、また将棋だった。

このように、孤独は両刃の剣なのであるが、老人になったら、またあの孤独がやってるのだろうか、とも期待したりする。その孤独は、あのときの孤独であって、孤独でないのだろうか、などの言葉遊びのようなことを考える。

考えてみたら私は、孤独力が、学生時代からびた一文増えていない。自制もなく、気侭に付き合っているだけだからである。ただ、私が、沢山の高校の同級生にまみれた大学生活だったらどうだったんだろう、何ほどかその後の人生が違っているだろうか、くらいのことは考える。

国立大学の評価

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞によると、文部科学省に、国立大学法人評価委員会というのがあって、このたび、国立大学法人と大学共同利用機関法人など90法人の教育や運営などに関する中期目標達成状況の評価を公表した。

評価項目は、以下の9項目である。

  1. 教育実施体制
  2. 教育内容
  3. 教育方法
  4. 学業の成果
  5. 進路、就職状況
  6. 教育の質向上度
  7. 研究活動
  8. 研究成果
  9. 研究の質向上度

この評価の結果は、当然かもしれないが、いわゆる大学の偏差値や難易度とはあまり関係ない。例えば、上記項目の1~4全てにつき低評価だったのは、東京工業大学イノベーションマネジメント研究科。国立大学で、この4つ全てが低評価だったところは、他にはない。これは、大学自体の怠慢もあるかもしれないが、別の見方をすると、イノベーションマネジメントという学問がまだ新しく、暗中模索だからではないだろうか。新設、あるいは学際分野ほど、そういう傾向があると思われる。

他に有名大学で評価が低かったのは、京都大文学研究科と、同じく京都大人間・環境学研究科。4と5の項目で低評価だった。これも、研究テーマが絞りにくいということがあると思われる。

このように、一流と言われる大学でも、安閑とはできない。独立法人になってから、大学に国立大学法人評価委員会からの監査がどんどん入ってくる、ということである。ただ、すると独立法人の「独立」とは何?という議論になる。何が一体独立なのか。

逆の疑問として、国立大学法人評価委員会の評価の適切性はどの程度か、ということがある。というのは、1つの国立大学で、学部は普通、大体6くらいある。その各々に学科が4~5程度あるとして、1つの大学に大学院も入れると、少なくとも30くらいの評価する単位がある。すると、90法人だと、2700くらいの評価単位があり、これを国立大学法人評価委員会が評価するというのだが、果たしてどれくらい適切にできるものだろうか。というのは、医学あり、法学あり、経済学あり、心理学あり、哲学あり、数学あり、農学あり、化学ありで、これら全てに通じる人はいないので、教育内容の適切性1つをとっても、なかなか妥当性の判断は難しい。

別の観点として、大学といえども、ある程度の統制は必要だろうが、少し美化した理想論を言うと、「学問の本質はその自由にある」のである。別の見方をすると、新しいことは周縁から起こる。こういう面は、国立大学法人評価委員会のいかにも忌み嫌いそうなことである。大体が、国立大学法人評価委員会というのはいかにも東大法学部的な官僚的臭みを感じる。学問全般を東大法学部的に裁かれては浮かばれないのではないか、と独断と偏見の感想をつい抱くのである。

葬式

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、ごく近しい友人の葬式に出席してきた。ここで「ごく近しい」という意味は、親密であったという意味とは限らないが、ともかくも、ここ数年一緒に仕事をしてきた仲間であった。能力のポテンシャルは私よりもその友人の方が寧ろ上かもしれないが、たまたま、途中からその友人が、私がいる部門に入ってきたという事情から、当面、私がメンタリングする立場であった。

メンタリングする中で、様々な悩みを共有してきたから、ある意味戦友のような連帯感も生まれてきた。一方で、私も、その友人も、我が強いタイプなので、多少の軋轢はあった。ただ、私の方が5歳年長で、部門でも先輩だったので、結局は友人が折れてくれた。

そうしているうちに、事情があってその友人は、会社を離れて新しい職場に移ることになった。数ヶ月の空白の後、4月から新しい職場でいよいよ働くことになった。私は、頑張って下さい、応援します、というメッセージを送った。3月の末頃、呑みませんか、という誘いを私は一旦断った。仕事が忙しかったことと、とりあえず、積もる話を重ねてから、それを肴に呑みたかったのである。軽い贅沢というか我侭だったかもしれない。

ところが、再度呑む機会は唐突に永遠に絶たれてしまった。突然友人は、病に倒れて急死してしまったからである。

身近な友人が亡くなるという経験は、これ以前には一度ある。同じ部門の友人Mさんは、健康に留意しいていたが、突然入院した。なんでも、急性白血病とのことで、数ヶ月後には、あと半年以内の命とも聞いた。それでも面会は可能だろうかと見舞いにいったら、Mさんは淡々として表情で病室にいた。コンピュータに詳しいMさんは、コンパイラの理論の本まで病室に持ち込んでいたが、こういう本は読む気力がないのですよ、と力なく笑っていた。早々に暇をつげてエレベータに乗ると、Mさんの奥さんがいた。私は何も言うことができず、とても間の悪い時間だった。

そのときは、気持ちを整理するのに数ヶ月あったが、今回はそんな暇もなく、友人は逝ってしまった。こんなとき私がつい思うのは、人間精密機械論である。どこかの本で読んだのかもしれないが、一応私のオリジナルのつもりである。すなわち、機械は精密であればあるほど、部品点数が多く壊れやすい。ところが、化学マシンとしての人間の体ほど精密なものはちょっと類がない。すると、人間の体は、とても壊れやすいはずである。実際そうで、ちょっと車がぶつかったくらいで死ぬ。ところが実際は、これほど精密機械が世間に横溢しているのに、死ぬ人はほとんどいない。体の部品の故障率を勘案すると、死ぬ確率はとても高いはずなのに、である。

すると、多くの人間がそれでも生きているということは、何者かによって生かされているということになる。それを神と呼んでもいい。神のご加護である。生こそが奇跡で、死は平凡ということになる。ところが、満遍なく降り注ぐはずの神のご加護にも蔭があって、微妙に空白が生じる。そこに立ち入った人は、人体精密機械の故障性によって健康を失う。場合によっては、この友人のように急速に生命を失う。

それはフェアではないのではないか、と神に問うことができる。しかし、神は直接答えることはない。ただ、どこからともなく響いてくるのは、生は死であり、死は生である、というものである。スピリチュアリズムに多少馴染みがある私には、そのような命題にはなにも違和感がない。しかし、私とて肉体をもつ俗なる人間、そのことの意味をきちんと納得する訳ではない。

葬式で、このようなことを考えていると、お坊さんの読経が終わった。なんとなく友人の気配を感じた。宙に浮かんでいるようだった。ああ、これが俺の葬式か、と意外に朗らかに笑っていた。私はああそうだよ、君はもうこの俗生にいないんだ、この世を彷徨うなよ、早く成仏しろよ、と余計なお節介を言ったら、何も答えなかった。どうも、もともと執着するつもりなどさらさらないようだった。

すると、私は、生前、彼の霊格の高さを見誤っていたことになる。教え導かれ、励まされていたのは実は私だったのかもしれない。

そして、彼を、というよりも、彼の肉体を乗せた霊柩車は、祭典を離れていった。彼の気配はというと、既にとっくに消えていた。自分の葬式にすっかり興味を失ったのかもしれない。それはそうだ、あまり面白いものではないだろう、生者にも、死者もとい霊にも。

はるか、結核

| コメント(0) | トラックバック(0)

ニュースを眺めていて、次のような記事に遭遇して、ええっと思った。

 

お笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるかさん(29)が結核と診断されたことを受けて、都福祉保健局は六日、箕輪さんの公演などを見た人から、相談を受け付ける専用電話=(電)03(5320)4572、平日午前九時-午後八時=を設置した。

 

結核は発症後に空気感染するため、箕輪さんが症状を自覚した昨年十二月一日ごろから今月三日までの間、劇場やライブなどを訪れた人に、感染の恐れがあるという。

 

よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京広報部によると、箕輪さんは今月二日に体調不良を訴えてテレビ出演の仕事を休み、三日に都内の病院へ入院した。昨年十二月ごろから、せきなどの症状があったが、重くなかったので仕事を続けていたという。

ハリセンボンは、爆発的に面白いということはないけれども、サンドウィッチマンなどとともにレベルが高く、私にとって安心して見ていられるお笑いコンビの1つである。ただ、どうもいまいちしっくりこないなが、はるかの不健康ネタであって、まあボケとしてはありなのだが、味の悪さを私は拭えなかった。

そこでこのニュースである。結核というのは、子供の頃小児結核に罹って一時かなりあぶないレベルにあった私にとって特別のキーワードなのだけれども、そうでなくても、死病でなくなった現代にあって、やはり、独特の一目置かれる古典的感染症であろう。鳥インフルエンザの現代性と好対照である。

さて問題は、このことがあると、はるかは復帰しても最早、不健康ネタを使えなくなるのでは、と思われる。しかし、はるかの不健康ネタを封印すると、ハリセンボンは、かなりのネタ不足に苦しむことになるだろう。さらに惟うに、芸能界というところは、勤務時間が不定期で、スケジュールによっては激務で、不特定多数の観客を相手しなくてはならないなど、相当に健康ストレスが大きい。

すると芸能界で働く者はなによりも、体力と、病気耐性という意味での強い免疫力をもつ必要があろう。

ところが、箕輪はるかは、もしかして、芸能界にしては珍しく、平均よりは免疫力が弱く、そのことが、自己主張の強い芸能界にあって独特の雰囲気を醸し出すことに成功した反面、病気にかかりやすい体質のせいで、どこからか結核菌を拾い、それに抵抗しえなかったのではないかと思われる。

すると、今回の事件は、ハリセンボンにとって、その存在意義の根幹に関わる重大事で、下手したら最早存続できなくなるのでは、とも思われる。不人気による自然解散と、どちらがよいのであろうか。

真相追求の日本人記者

| コメント(0) | トラックバック(0)

9.11疑惑関連で、ほとんど知られていない「事件」がある。

それは、NHK解説委員主幹・長谷川浩氏変死事件である。Webでの主要なソースは、こちらであるが、将来のリンク切れに対処するために、その一部をここに引用させて戴く。

世界貿易センタービルで犠牲となった被害者の国籍別人数を調べていた長谷川浩氏は、本来は勤務していた筈のイスラエル国籍をも有するユダヤ人がいないということを知ってしまった。

長谷川氏は、10月10日に深夜の23時の特別番組で、この種の解説番組では異例中の異例の1時間の放送枠を与えられて、その調査分析に基づくニュース解説を行なったが、その番組の総合テレビ「特集/あすを読む」は、非常に珍しい解説室総動員の豪華版時局解説特集であり、解説室長が司会をして公正中立を装い、解説員の各自が自分の担当分野を中心に報告して、皆で議論を重ねる形式であった。長谷川解説主幹の画面には、特にわざと「主幹」の紹介文字はなく他の全員と同列に扱い、その意見を開設室が敢えてとらないように単なる「解説員」扱いであり、その専門を「政治・外交」と紹介されていた。つまりは、9・11事件の解説総責任者からはずされて降格扱いが全国に晒されたのだ。

2001.10.15日、「9.11事変直後のNHK解説委員主幹・長谷川浩さん(55)の変死事件」が発生している。長谷川氏は、東京都渋谷区神南のNHK放送センターで転落死していたことが、17日分かった。NHKによると、長谷川さんは15日午前、同センターの敷地内で「人が倒れている」との通報があり、警察や消防救急隊が駆けつけたが、間もなく死亡した。警視庁代々木署が死因などを調べているが、「個人のプライバシーの問題で何も申し上げられない」、「事件性はない」としている。不思議な事に検死、遺体解剖されていない。

遺書などはなかったという。通夜は17日午後6時から、葬儀・告別式は18日午後1時から。東京都台東区谷中4ノ1ノ6、久成院で。喪主は妻、祥子(さちこ)さん。

長谷川氏は、崩壊解体された世界貿易センターの死者には、4000人いたイスラエル国籍のユダヤ人二重国籍米国人が1人もいなかった事実をつきとめたのであった。

この事件はなぜか、最近刊行された「9.11テロ疑惑国会追求、オバマ米国は変われるか」藤田幸久著、クラブハウス、では触れられていない。そこで、あえて私のコメントを付することなく、メモとしてここに記しておく。

ジャストシステム

| コメント(2) | トラックバック(0)

日経新聞のWebに次のような記事があり、少し驚いた。

 センサー大手のキーエンスは3日、ワープロソフト「一太郎」を手掛けるソフト開発のジャストシステムと資本・業務提携すると発表した。ジャストは2006年3月期から4期連続で最終赤字を見込むなど業績が低迷。キーエンスが約45億円の第三者割当増資を引き受けてジャストの筆頭株主となりソフト販売を支援するほか、共同で商品開発などを進める方針だ。

 

キーエンスはジャストが20日付で実施する第三者割当増資を引き受け、株式の約44%を取得する。キーエンスから取締役3人を派遣するが、ジャストの浮川和宣社長は続投する。これまで両社の間に資本や取引関係はなかった。ジャストは調達する資金のうち20億円を運転資金とするほか、販売促進や借入金の返済などに充てる。

説明すると、驚いた理由は、ジャストシステムが他社の資本傘下に入ることではない。それがキーエンスという、あまり縁もゆかりもない会社であることである。そこで、キーエンスとは、どんな製品を作っている会社なのか、Webで調べてみた。すると、レーザセンサ、光電センサ、圧力センサ、画像センサ、ACサーボ、タッチパネル、電子計測器、電子顕微鏡、RFID、タッチパネルなどである。

ジャストシステムが落ち目になってきているのは、誰の目にも明らかであった。すなわち、かつての主力製品の一太郎は、完全にMS-WORDの後塵を拝している。そのMS-WORDからして、OpenOffice系のフリーのスイーツに猛追されていて、次第をシェアを食われている有様である。ましてや、ジャストシステムの表計算ソフトの三四郎や、データベースソフトの五郎など、知っている人すらあまりいないのではないか。作図ソフトの花子も、ユーザは多くない。

それでも若干売れているのは、仮名漢字変換ソフトのATOKくらいであろうか。あと、全文検索エンジン、概念検索ツールなどの自然言語処理系である。ここらあたりは、確かにジャストシステムは、長年のノウハウがあると信じる。しかし、ジャストシステムならでは、とまではいかないので、そんなに儲からないはずである。

その苦しさは、キーエンス傘下となったとしても、あまり変化しないように思われる。というのは、Webで見るかぎり、キーエンスとのコラボは期待できないからである。

ジャストシステムがここまで苦しくなったのは明らかに、ソフトウェアのコモディティ化が原因である。まともなオフィス・スイーツや、データベース、Web関連のソフトがここまでオープンソース化するなどと、10年前に誰が予想したであろうか。そもそも当時、オープンソースという概念はなく、細かいフリーウェアは知られていたが、商用ソフトの牙城に迫るとは誰も考えなかった。

それでもジャストシステムは、ここまでよく健闘したといえる。というのは、パソコンブームの始まりのころ、雨後の筍のようにあられた多くのソフトウェア・パッケージ開発会社は、そのほとんどが消滅してしまった。MIFESで一世を風靡したメガソフトも、3Dマイホームデザイナーなどという分野で懸命に生き残りをかけている。

このようなご時世で、生き残れるソフトウェア・パッケージ開発会社は、独特のノウハウを凝縮した専門化アプリを開発する会社だけである。例えば、MATLAB/Simulinkというシミュレーション・ソフトは、MathWorks社というところが開発・維持しているが、自動車会社などで、シミュレーションに使われて、圧倒的なデファクトの強みを誇る。

こういう特殊で専門的な分野は、私が知らないだけで他にもいろいろあり(例えば、おそらく、DNA解析ソフト、タンパク質解析ソフト、製薬シミュレーション・ソフトなど)、これに特化することで生き残れる。

すると、ジャストシステムは、汎用でコモディティな道を選んでしまったばかりにこうなってしまった、と言えるかもしれない。その自然言語処理の分野でも、到底、MathWorks社並の強みを発揮しえていないと思われるからである。

ここでも、選択と集中の論理が生きていると言わざるを得ない。私のあまり好きな言葉ではないのであるが。

ナチスの責任

| コメント(4) | トラックバック(0)

先日珍しく夜NHKの番組を見ていたら、戦争の特集であった。第2次大戦とそれ以後のことである。日中戦争、ベトナム戦争などが取り上げられていたが、どうも気になるトーンがあって、それは日本の戦争責任ということで、占領時代を知る台湾の人達や、併合時代を知る韓国の人達が登場して、当時に帝国日本がいかに、被占領民を差別し虐待したか、ということを延々と喋るのである。

すると今度は、ハーバード大学の平和論の研究者という人が出てきて、過去の歴史を学んで、きちんと反省し、それを現代に反映させることが平和への道です、という。私はなぜか段々不愉快になってきたが、他に観る番組もなかったので続けてみていたら、件の平和論学者は、過去の惨状を忘れないために、各国では記念館を建設しています、という。

ああ、そういえば、ドイツには、アウシュビッツの記念館があったと聞いた。その趣旨(加害的という意味)のものは確かに、日本にはないな、と考えながらみていると、その平和論学者は、だから、日本に、南京虐殺の記念館を建てるべきです、といったので、ええっ!と絶句してしまった。それは日本で起こったことではないし、既に政治色濃厚なのが中国にあるのである。また、そうい意味では、米国に原爆記念館を建てるべき、ともいう。日本に原爆記念館はあるが、日本は自分達が被害を受けたことしか記念館にしていない、という。

でも、問うけど、日本軍が自国に何万人もの他民族を連行して来て収容所に入れ、組織的に処刑したことがあっただろうか。日本軍は確かに残虐行為をしたが、それは結局、戦闘作戦の変形の範囲ではなかったか。そもそもが、形式的に記念館(あるいは、祈念館)を建設して資料を集めれば、それだけで反省しています、ということになるのか。寧ろ形式主義の煙幕になる懼れはないのか。

しかし、極め付けに頭にきたのは、その平和論学者の次の発言である。「ドイツではもう、戦争責任の追及は済んでいます。それはナチスのせいであって、今のドイツ国民とは最早無関係だと切り離すことができます。しかし日本は違う。天皇は存続しているし、そこの責任追求があやふやなままで、十分な戦争の反省が行われていません。」

実はこの手の発言は初めてではなく、何度も見たり聞いたりした。小林よしのりの戦争論とか、西尾幹二の著書とか。これらの著書にあっては、組織的な迫害のレベルという意味で、ドイツに対して、日本は援護されている。いわゆる右翼の立場で、もっとニュートラルにはドイツと日本の戦争責任を同列におく、というものがある。私の立場は、西尾幹二とニュートラルの中間であろうか。その文脈で、ナチス全責任論みたいな論旨は知っているのだが、今更テレビでそういう趣旨が放送されると、改めて怒りが新たになる。

だいいち、ナチスを圧倒的に且つ不和雷同的に支持したのはドイツ国民ではないか。ヒットラーの勇ましい演説に喝采を送ったのはドイツ国民ではないか。それを戦争が終わって掌を返したように特定の国内の党派に押し付けることを素朴に是認するとは論理としてナイーブすぎないか。

戻って、自国民の残虐行為を知る、ということの意味は確かにあると思う。それはある種の謙虚さにつながるからである。しかし、過ぎたるは卑屈につながる。もし自国民の残虐行為の歴史を教えるなら、客観的な史料で、他国のそれと、自国のそれを簡単に比較したらどうか。

すると、寧ろ長いリストができてしまうのは欧米なのかもしれない。そういえば、欧米人の得意な言い方は、他国の例を挙げることで、自国の責任逃れを述べてはいけない、であった。

私が言いたいのは、日本人の方が残虐でないという意図ではない。寧ろ、人間が本質的に残虐になりえることを歴史から学ぶべきである、ということである。

人間の普遍的な残虐性に配慮しないで、一方的に特定の民族を批判してどうする、といいたい。それは、政治的、人類学的、社会心理学的、軍事学的、歴史学的、国際法的な総合学である。

例えば、ベトナム戦争では、ベトナムは正義の側にあったはずであるが、カンボジアを侵略して、非難を浴びた。では、その侵略された側のカンボジアのクメールルージュは、というと、名うての暴政を敷いた。これは決して、民族の非残虐性の存在定理に対する反例ではないけれども、かなりの証拠にはなっていると思われる。

ともかく、放送局は、どうか特定の国家や民族を批判するナイーブな議論だけはやめてほしいものである。ましてや、NHKは、日本の国民のための放送局なのだから。

統制と自由

| コメント(0) | トラックバック(0)

組織にあって、構成員をきちんと統制するか、あるいは自由というか自主性を重んじるかは、永遠の課題である。

ここで典型的な比喩でいうと、犬的統制組織と、猫的自由組織があり、現実の組織はその中間にあって、どちらかに傾いているといえる。

さて、何よりも統制組織でなくてはならないのは軍隊である。軍隊でいちいち、上官の指示に疑問を呈していたら、作戦は遂行できない。もちろん、間違えた作戦には、おかしいということをきちんと上訴する道はあるだろう。しかし、それでも決まってしまったら、戦地に赴くよりない。死にたくないなどという弱音は許されない。

野球などのスポーツでもそうで、監督の指示で動けないチームが勝つことはまずありえない。民主的と称して、次はバントにするかどうかと、複数人の合議体で決めていたら、話にならない。

一方、自由が必要なのは、研究組織、より典型的には、純粋科学の分野の研究組織である。これは例えば、昨年のノーベル賞を生み出した名古屋大学の坂田研究室がそうであろう。小林・益川のCP対称性の破れの理論は、その自由に議論できる雰囲気から生まれてきたものであった。

どういう組織が自由を許されるかというと、100回失敗しても、1回成功すれば、もとをとれるような分野で成果を出すことを目的である組織であり、まさに、名古屋大学の坂田研究室がそうである。というのは、物理学、特に理論物理の分野では、泡沫のようにいろいろなアイデアが考え出されては棄却され、そうやってプレーンストーミングすることによって砂浜の中の砂金のように、優れたアイデアが抽出される。

それでは、どういう組織が統制組織になるかは、言うまでもない。間違いが許されにくい組織が統制組織である。例えば、100回のうち、2~3回の失敗ならまだしも、100回のうち10回失敗したら駄目になるような組織は、統制組織にならざるを得ない。実際、野球で、監督がどんどん采配ミスしていたら、誰もついてこない。

こうしてみると、世間一般で、100回失敗しても、1回成功すればもとがとれるような組織はあまりないのであって、多くの組織では、統制組織の方に傾斜せざるをえない。

ただ、会社組織内でいろいろな部門をみると、統制度の高さの順に部門を並べると、次のようになるだろうか。

経理部門-知的財産部門-法務部門-営業部門-人事部門-購買部門-開発部門-宣伝部門-研究部門

私の会社生活は、恥ずかしながら知的財産部門が全てなので、他部門のことはほとんど知らず、これは相当に勘違いが入っていると思うが、ある程度知っている知的財産部門で言えることは、かなりの統制が必須であることである。典型的には手続きの期限管理であり、作成する書類の方式適合性である。そこには融通が全くなく、猫的な人は息苦しく感じるだろう。

昔、私がいる部門に、優秀な秘書の経歴をもつ女性が、私の部下として特許業務の担当者として入ってきた。私はきちんとした秘書業務も、きちんとした特許業務も、あまり違いはないだろうと、活躍を期待したが、どうも肌にあわないと相談をうけ、何年か後にまた秘書に戻ってしまった。どうしても、期限の厳密さ、書類方式の厳密さがしっくりこなかったようで、それよりも、秘書として、打てば響く対人関係が懐かしくなったという次第である。

一方、私は内心猫的で、自由人だと思っているが、あいにく?特許のきまりきった性質が性にあっていて、型にはまって動くことにそれほど違和感がない。してみると、案外犬的なのかもしれない。

こうしてみると、世間で多く必要なのは犬的人材なのであり、研究者や芸術家など猫的な人材はあまり要らない。すると、いまの受験勉強の仕組みは、犬的人材を選別するのに有効なのであるが、芸術家はともかくとして、研究者というのがだいたいにおいて受験勉強の勝者の成れの果てなのであるから、研究者と称しつつ実はあまり研究者に向いていない人も少なくないのではないかと推察する。むしろ、受験勉強なんてどうも、という猫的な人の中にも数は少ないがキラリと光る科学的独創性を発揮する人がいると思うが、それをどうやって探して救いあげるかが課題であって、そのことが案外科学のブレークスルーになるような気がしてならない。

清峰高校

| コメント(5) | トラックバック(0)

学生時代を福岡で過ごしたせいか、九州を第2の地元のように思っていて、それで、高校野球も、中国地方のチームの次に九州のチームを応援するのであるが、そんななかでも、数年前から、長崎の清峰高校には特に注目していた。それは、ごく普通の県立高校でありながら、プレーがきびきびしていて、見ていて小気味よいのである。3年前には、春の甲子園で決勝まで進み、そこで横浜に大敗したが、それもまあ、愛嬌であった。

そして今年の春の甲子園。例年のように清峰高校は、そこそこ行くだろうとは思っていたが、なんとぶっちぎりで優勝してしまった。しかも決勝の相手は、初陣の花巻東。いかにも清清しい対決であった。

これだけ毎回いい成績を残すのだから、清峰高校の野球部には、県内外の有力選手が集結しているのだろうと思ったら、地元出身者だけだという。すなわち、清峰高校は、かつては炭鉱で栄えた長崎県北の佐々町にある。しかし、閉山後は過疎化の波に襲われ、高齢化も進んでいるという。こういう場所の地元出身者だけからなるチームなので、ハングリー精神はあるのだろうが、選手の資質から言って、PL学園や、駒大苫小牧のような、特待制度で有力選手が集まるチームより劣ることは否めないと思われる。

すると、そこで注目されるのは、監督の資質である。清峰高校野球部の監督は、吉田洸二氏。佐世保市出身で、佐世保商業高校、山梨学院大を卒業後、佐世保商業高校野球部監督を経て、2001年から現職。丁寧な物腰で、長所をほめて伸ばす指導が特徴である、というが、現代っ子には、最早スパルタ式は、流行らないのかもしれない。それでも監督になりたての頃は、恥ずかしいくらい生徒の気持ちも分からず空回りしていた、という感想があるが、そういう感想をもつということは、気持ちを分かろうとして努力していたという裏返しの意味もある。その謙虚さの中に、名監督の資質を見て取る。すくなくとも、俺についてこい、ではないのである。

ただ、冷静な見方をすると、地方の公立高校が甲子園で活躍する、という背景には、関東圏や関西圏の有力私立高校に、以前ほど有力選手が集まらなくなったということがあるのではないか、と思われる。その1つの原因は、特待生制度を高野連から批判され、露骨に有力選手を全国から集めることが難しくなったことがあると思われる。父兄としても、特待生制度がないと、なかなか地方から遠方の学校に子息を遣る資金的余裕はなかったりする。

また、かつての甲子園名門高も、野球一辺倒ではたちゆかなくなり、進学校の側面も重視するようになった。それで、相対的に、野球の方が手薄になっているという側面もあるのではないか。

こうして、全国の野球レベルが均等化するということ自体は、望ましいと私は思う。いつも決まった名門校だけが勝つというのは、見ていて面白くないからである。面白さだけではなく、レベルの均等化は切磋琢磨を促進し、日本野球を競り合いに強くする。そのことが先日のWBCでの連覇にもつながった、と最近、友人とメールで議論したことであった。

Webニュースに下記のような記事があったが、流石にこれは意外である。

仕事中にネットサーフィンをして遊ぶと、集中力が高まり、生産性が向上する――豪メルボルン大学がこのような調査結果を発表した。

 

同校の経営・マーケティング学部のブレント・コーカー博士は、「Workplace Internet Leisure Browsing(WILB:職場での娯楽のためのネットサーフィン)」をしている人は、していない人よりも生産性が高いと報告している。

 

この調査は300人を対象に行われ、その結果、仕事中にネットで遊んでいる人は、そうでない人より約9%生産性が高いことが示された。コーカー氏によると、仕事中のネットサーフィンの時間は、職場にいる時間の20%未満が適当という。

意外であるというのは、私も仕事中にネットサーフィンすることはあるが、気分転換にはいいとしても、流石にそれで能率が上がるという言い訳は思いつかないからである。ところが、下記のような理由付けがちゃんとある。

社員がWILBに引きつけられるのは、人間の集中力が完ぺきではないからだと同氏は言う。「人は集中力を取り戻すために休憩する必要がある。ちょっとネットサーフィンをするなどのささやかな休憩は精神を休めることができ、トータルでは集中力が高まり、結果として生産性が向上する」

なるほど、とこれはこれで納得なのだが、私が管理職のとき読んだ本に、部下を呼びつけるのではなく、自分の方から部下の方に行きなさい、部下とは仕事以外の雑談をしなさい、という教えが書いてあった。当時はネットサーフィンなんてなかったから、管理職がうまく、職場を和ませなさい、という意味だったと今更理解するのである。

ただ、この世知辛い世の中で、上記のような冗談みたいな言い訳が通用するのか、仕事中のネットサーフィンを見咎められることが続くと、リストラの候補にされないかと、つい心配になる。本当に職場の潤いがなくなってきているのは確かである。

野村の監督論

| コメント(2) | トラックバック(0)

本屋に行ったついでに、野村監督の「あぁ、監督」角川ONEテーマ21を買った。友人とのメールで、WBCのことを議論していて、野村はある意味別格ではないか、と思ったからである。

そこでまず、この本によると、野村は、監督の器量を、「信頼」「人望」「度量」「貫禄」「威厳」「表現力」そして「決断力」とする。これの意味はいちいち説明を要さないだろうが、この中でも特に野村は、「決断力」を最も重要とする。すなわち、代打を出すか、ピッチャーを交替するか、エンドランでいくか、と決断の連続で、沢山決断すればどうしても適切でないのもあるわけで、それの責任をとらなくてはならない、ということである。

次に野村は、キャッチャーこそが監督にふさわしいという。というのは、キャッチャーは監督の分身で、守りの間、全体に指示を出すのがキャッチャーだから、ということになる。これは元キャッチャーであった野村の自己弁護ということもないだろう。すなわち、キャッチャーは自分のことよりもまず、チームのことを考えなくてはならないからで、その理論により、最も監督に向かないポジションは、ピッチャーなのだという。どうしても自分中心の考えになってしまうのである。

それでは、野村からみての名監督は誰か、ということになる。

まず、恐怖と情感で操る星野。野村に言わせれば、上述のようにビッチャー出身は監督に向かないのだが、恐怖でたるみきった阪神を復活させ、また、年長者に対する人望があって政治力がある。そういう意味で、ゼネラルマネジャ向きで、純粋の監督としての度量はどうか、ということになる。その分、優れた参謀を要する。北京での失敗は、優れた参謀を欠いたことにあるという。

他に野村が名監督としてあげるのは、西本、上田、古葉、広岡、森、王、鶴岡、三原、水原、川上。その中でも野村は、川上をピカ一に推す。その理由は、巨人の中にピシリとした緊張したムードを醸し出したことである。選手の能力をきちんと理解して、適材適所で活用した。それでいて、人間の根幹を養うことを旨とした。日本シリーズ9連覇というのはやはり半端ではないのである。

この中に、長嶋も、山本浩二も入っていないのは、妥当であろう。ただ、広島監督だった阿南などは、そこそこだったような気もするが。また、弟子だったヤクルトの古田も、野村は評価しない。スタープレイヤーとして、自分中心的な発想に染まってしまったからだという。

ただ、鶴岡、三原、水原の時代は、人望や度量が重要な要素であったが、次第に野球理論に対する詳しさというか、もっと言うとID野球が近年重視されるようになった。

そのID野球の創始者が他でもない、野村である。すなわち、野村は捕手であるため、選手として負担が大きい。その中で一人前の実績を上げるために、データ重視ということを考えるようになったという。もともとは野村は、ブレイザーからID野球を学んだ。すると、データ重視の野球は、ドジャースなどの大リーガーがオリジンということになる。

野村はそれを独自に発展させ、10年近く野球解説者をやっていたときに、解説しつつ野球を外から眺めることで、自分の野球理論を進化させた。そうして野村が書いた野村メモは、貴重な文献で、かの韓国野球界にも導入され、韓国野球の発展にも寄与した。すると野村は、最新の野球理論を打ち立てた功労者である、ということになる。

すなわち、野村のように、監督としての暗黙知を、ID野球という明在知にする努力はとても意味がある。あるとき、巨人の元ヘッドコーチであった牧野と、野村が共同解説したとき、牧野は野村のように意味のある解説ができないで、むくれてしまったという。

そこで友人との議論に戻ると、野村ほど野球が好きな人はいないのではないか、ということになった。というのは、いい歳して、弱小球団である楽天を率い、孫のような田中投手を可愛がって、そこそこの実績を上げさせている。そこに今更なんの名誉もなく、ただ好きでやっているにすぎない。その好きの点゛か半端ではなく、日々考えつづけているので、野村の野球理論は生涯発展しつづけることであろう。

再び、風邪

| コメント(6) | トラックバック(0)

去年の12月26日に、風邪というブログを書いた。風邪くらいでいちいちブログを書くのは、私にとっては風邪はとても稀なことであって、もう当分ひかないだろう、という思いがあったせいである。

ところが、そこから4ヶ月もたたないうちに風邪をひいてしまった。3月30日頃から、妙に寒気がする。ただ、それはまだ、春も浅いせいだろうと高をくくっていた。ところが、寒気はまあいいとして、とても困ったことに、尿が出にくくなった。尿管が詰まっているような感触で、とても不愉快である。年取った男性が罹りやすいという前立腺肥大か、と思った。

それでも、尿の出にくさに耐えながら、普通に仕事はできていた。ところが、あるミーティングが終わってほっとした次の日、出勤してから、頭痛を感じ始めた。午前中一杯、なんとかもちこたえたが、いよいよ耐えられなくなって、午後半休で帰宅した。帰宅すると、なにはともあれ着替えて寝た。爆睡するはずが、頻尿となって、目が覚めてしまう。その都度、尿が出にくいので、つねに残尿感がある。そこで熱を測ったところ、38.8℃もあった。やはり風邪である。

はてさて、それでは風邪と、尿の出にくさは関係があるのか、と考えている余裕もないほど頭痛と疲労で寝込んでしまい、次の日も会社を休んだ。

医者に行くのも気が進まないので、前医者に行ったときの残りの薬を飲むことにした。普通の風邪薬と、抗生物質剤である。すると、とりあえず熱は下がって、また、抗生物質剤の効果か、尿道の詰まりも少しずつ改善してきた。そこで本当の理由は分からないが、風邪ウィルスのせいで尿道に炎症がおきたと思うことにした。

そういう話を知り合いにしたら、やはり、尿道が痛くなって困ったといっていた。こういう話はなかなか普通、自分からは切り出さない。性的な意味ではないにしても、シモネタだからである。だから、私が切り出すことで、やっと向こうも話してくれた、ということらしい。

私の、シモネタに対する遠慮なさという意味では、明らかに父の影響がある。私の父は、尊厳など全くなく、前に実家に帰ったときも、大の方を我慢しながら街を歩いていたら、いよいよ間に合わなくなって、トイレに行こうとしたら、寸前でアウトで、ズボンを便で汚してしまった。それで必死の思いで近くの洋服屋に行ったら、老婦人が店番していて、どうしたのですかとも問わないで、新しいズボンを出してくれ、拭くためのタオルも貸してくれた。地獄で仏だった、という話を延々とし、私は私で、その話を嬉々として聞くのである。

シモネタの話はまあいいとして、こんなに短い周期で風邪を引くとは、どうも、明らかに私も若くないということを自覚せよというサインらしい。なにしろ、シモネタ好きの父が、勤めていたタンカー会社を、不景気のためリストラになるかたちで辞めたのが、いまの私の歳である。

明らかに仕事に根を詰めすぎているのは分かっているのだが、どうも気分転換がうまくできない。こういう状態だと、頻繁に風邪を引いて小ブレークダウンを引き起こすことは、却って福音である、と思うべきなのかもしれない。

後手番有利

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞によると、40年余ぶりに、プロの将棋で、後手番の勝率が、先手番のそれを上回ったという。すなわち、2008年度は、後手番の1168勝1156敗で、その勝率は、5割2厘6毛である。

これを聞いて、あれっ、そんな話は数年前にもあったよね、と記憶をたどると、それは、後手番の中座飛車戦法に限定して、勝率が5割3分を上回ったという話で、全体の後手番の勝率は、5割に達していなかった、という次第である。

後手番の勝率がいい最大の理由は、ごきげん中飛車などの、角交換系の振飛車の隆盛だと思う。そういう意味では、4手目33角戦法、2手目32飛戦法、角交換向飛車などもそうで、バリエーションが多い。若干指してみた感触では、角交換系の振飛車は、手損がまったく苦痛にならない。むしろ、手番を渡されて、角をもっているので、動きにくい。一手パスしたい局面がよくある。すると、いよいよ先後が関係ない、ということになる。

後手番の戦法の別の花形は、一手損角換居飛車戦法である。この戦法は、最初の頃、四割くらいしか勝率をあげられなかった。それでも、羽生や佐藤、森内などの一流棋士がしつこく指し続け、今では、勝率5割を微妙に越したのではないか。よって、一手損角換居飛車戦法も、後手番の勝率に貢献していると信じる。

そもそもが、角交換系の振飛車戦法自体が、それがあらわれ始めた2003年頃は、インチキ視されていた。2005年頃に畠山成幸七段段に、角交換の振飛車戦法の解説本があるが、その頃やっとプロでも認知され始めたといえる。

それが意外にも、羽生をもってしても、角交換系の振飛車戦法を完封する戦法なんて見つかっていないのだから、将棋は分からない。むしろ、角交換系の振飛車は隆盛しこそすれ、廃れる様子が全くない。

と思っていたら、突然、中座飛車戦法がリバイバルした。先日の王将戦第7局で、羽生が挑戦者の深浦に対して採用した。私の浅い知識では、先手山崎流が出てきてから、中座飛車戦法はやや不利なのでは、と思い込んでいたが、どうも特に先手がよくなる決定的な変化などないらしい。そういえば、今度A級に昇級する高橋九段も、中座飛車戦法を採用してよく勝っている。

こうして、中座飛車戦法という援軍を得て、後手番の勝率はさらに高まるのだろうか。一年後にまた、確認してみたい。

アルカイダ粉砕?

| コメント(2) | トラックバック(0)

ニュースによると、オバマ大統領は、ブッシュ大統領のアフガン政策を継承して、「アルカイダ粉砕」を唱えている。以下、引用:

オバマ米大統領は27日朝(日本時間同日夜)、アフガニスタンとパキスタンを巡る包括戦略を発表した。軍事・外交両面の関与拡大、両国政府への支援増強が柱。イラン、中国、インド、ロシアなどを「新関係国」と位置付けて協力体制を築くと表明。日欧などの同盟国にも負担増を求めた。新戦略はオバマ米政権の最優先課題になると同時に、国際社会のアフガン戦略の下敷きとなる。

 

「アフガン情勢はますます危険になっている。(包括戦略の)目的は国際テロ組織アルカイダの粉砕だ」。オバマ大統領はホワイトハウスでの演説で、米国がさらにアフガンに関与する必要性を詳細に説明した。アジアや欧州などでテロ攻撃が起きた場合、まず疑うべきは「パキスタンのアルカイダ指導部との関連だ」とも語った。

 

オバマ政権が60日かけて作成した新戦略は、アフガン軍・警察の育成、麻薬対策、国際社会への協力要請など15項目。米国の負担増をまず示し、他の国にも支援強化を促す内容となった。

オバマ大統領が心底、討つべきはアルカイダだと思っているのか、そして、アフガンに兵力を増やすことがそれの解決策と思っているのか、分からない。しかし、1つ言えることは、そうやってアフガンなりイランを攻める可能性を示唆することが、彼が大統領になることを許された1つの条件であり、それを拒否することは、最悪、ケネディ元大統領の二の舞になることを意味する、ということである。特に、オバマの場合、白人至上主義者が手を下したといえば、いくらでも言い訳がたつ。

そこで問題は、アルカイダである。アルカイダとは、何かと問うたとき、それは国際テロネットワークである、と答えて人は満足するのだろうか。

先ず、アルカイダはどこから資金を得ているのか。すると、人々は言うだろう、サウジアラビアのオイルマネーが、流れ込んでいるのだろう、と。

それでは、誰がアルカイダをサポートしているのか。すると、人々は言うだろう、中東における反米主義者たちだろうと。

それはおそらく、ある意味正しいだろう。特に、イスラエル追従の政策や、イラク、アフガンでの行状に対して、米国に憎悪を抱く者が増えているのも確かである。

しかし、である。アルカイダは、ハマスやヒズボラのように顔が見えない。どこで誰が何をしているのか、全くわからない。パキスタンとアフガンの国境あたりに潜んでいる、と噂されるだけである。

だいいち、もしアルカイダが極めつけの反米テロネットワークであるなら、どうして、仇敵であるはずの、ブッシュやチェイニーを狙わなかったのか。また、小テロは、起そうと思えば、いくらでも米国国内でできるはずである。あの、いかにも怪しい9.11だけでいいのか。さらに、ブッシュ家とビンラディン家は、明らかにビジネス上の深い付き合いがあるが、どうしてその関係をきちんと説明して否定しないのか。

結局、アルカイダは、米軍が中東に展開するときの体のいい仮想敵であり続けるのである。誰のために存在しているか、問うまでもないであろう。

依田紀基

| コメント(2) | トラックバック(0)

自宅の近所の本屋を覘いてみたら、依田紀基の「プロ棋士の思考術」PHP新書をみつけたので、買ってみた。最近、ほとんどの本をネットで買うが、こういう買い方は、本屋ならではであろう。

囲碁で、好きな棋士は、武宮とか、井山裕太、羽根直樹などいろいろいるが、依田紀基もそうである。そんななかで、依田紀基はなにかやんちゃ坊主のようで、優等生から遠いと思っていたら、その理由がこの本を読んでちょっと分かった。それは、依田紀基が子供のころ、とても勉強の劣等生で、強烈なコンプレックスをぶつけるように囲碁に打ち込んできたことが分かったからである。

ただ、子供の頃から囲碁の才能はぴか一で、早々にプロ入りを決意したようである。こういうのをみると、勉強の才能と、囲碁の才能はあまり相関がない。例えば、坂井秀至は、囲碁の才能は抜群であるが、勉強の方も、灘高-京大医学部と、最高レベルである。私は逆に、あれだけ勉強ができて、よくプロになれたものだ、と以前ブログに書いた。

そこで戻って、私が依田紀基のファンであるのは、私と違って、あるいは逆に私と一脈通じて、情念の棋士だからかもしれない。

だから、依田紀基は、一番大事なのは、感動、繰り返し、根本から考える、工夫をする、感謝、健康、根気、虚仮の一念、の8Kである、という。これは、言われるといちいちご尤もである。また、大局観ということをとても重んじる。そのあたりも、いかにもプロらしい。

しかし、依田紀基はなぜか、技術ということを言わない。囲碁に技術が重要でない訳ではないのに。おそらく、子供の頃から空気のように囲碁に打ち込んできた依田にとって、技術は体の一部のようなもので、意識しないのだろう。しかも、プロ同士ともなると、技術は当然の前提で、最後は勝負は虚仮の一念である、というのも頷ける。

そういえば、先日引退した将棋の中原誠十六世名人が、負けが混むようになったのは、林葉直子とのスキャンダルがあってからであった。それで、虚仮の一念どころか、精神の根幹が、別の方にもっていかれてしまった。

では、依田紀基にそのように堕落した経験がないかというと、全くはそうでもなく、北海道の田舎に育ち、囲碁一筋だった依田は、はれてプロになり一人暮らしするようになると、重石が取れたように、ギャンブル、酒、女にのめりこみ、そのまま破綻する寸前までいったのだという。そこで救ってくれたのが、囲碁界で遊び人で有名であった上村邦夫。なんとかもち直して、勉強をまた、始めたという。このあたり、藤沢秀行に一脈通じるのだろうか。

そうやって持ち直しても、依田は、タイトル戦の前日にテレビゲームに打ち込んでしまうような意志の弱さがある、という。これが欠点かというとそうでもない。藤沢秀行と同様に、感情のぶれがとても大きく、その振幅をうまく囲碁の勝負に利用している。

一方、将棋の方で遊び人だったのは芹沢であるが、依田の実績には遠く及ばない。その違いは、根本的な人生に対する信頼感なのだろうか、また、結局、誰にも囲碁の根本は分からないという開き直りだろうか。単に才能の差にしてしまうのは、味気なさすぎるような気がする。

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年3月です。

次のアーカイブは2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。