葬式

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、ごく近しい友人の葬式に出席してきた。ここで「ごく近しい」という意味は、親密であったという意味とは限らないが、ともかくも、ここ数年一緒に仕事をしてきた仲間であった。能力のポテンシャルは私よりもその友人の方が寧ろ上かもしれないが、たまたま、途中からその友人が、私がいる部門に入ってきたという事情から、当面、私がメンタリングする立場であった。

メンタリングする中で、様々な悩みを共有してきたから、ある意味戦友のような連帯感も生まれてきた。一方で、私も、その友人も、我が強いタイプなので、多少の軋轢はあった。ただ、私の方が5歳年長で、部門でも先輩だったので、結局は友人が折れてくれた。

そうしているうちに、事情があってその友人は、会社を離れて新しい職場に移ることになった。数ヶ月の空白の後、4月から新しい職場でいよいよ働くことになった。私は、頑張って下さい、応援します、というメッセージを送った。3月の末頃、呑みませんか、という誘いを私は一旦断った。仕事が忙しかったことと、とりあえず、積もる話を重ねてから、それを肴に呑みたかったのである。軽い贅沢というか我侭だったかもしれない。

ところが、再度呑む機会は唐突に永遠に絶たれてしまった。突然友人は、病に倒れて急死してしまったからである。

身近な友人が亡くなるという経験は、これ以前には一度ある。同じ部門の友人Mさんは、健康に留意しいていたが、突然入院した。なんでも、急性白血病とのことで、数ヶ月後には、あと半年以内の命とも聞いた。それでも面会は可能だろうかと見舞いにいったら、Mさんは淡々として表情で病室にいた。コンピュータに詳しいMさんは、コンパイラの理論の本まで病室に持ち込んでいたが、こういう本は読む気力がないのですよ、と力なく笑っていた。早々に暇をつげてエレベータに乗ると、Mさんの奥さんがいた。私は何も言うことができず、とても間の悪い時間だった。

そのときは、気持ちを整理するのに数ヶ月あったが、今回はそんな暇もなく、友人は逝ってしまった。こんなとき私がつい思うのは、人間精密機械論である。どこかの本で読んだのかもしれないが、一応私のオリジナルのつもりである。すなわち、機械は精密であればあるほど、部品点数が多く壊れやすい。ところが、化学マシンとしての人間の体ほど精密なものはちょっと類がない。すると、人間の体は、とても壊れやすいはずである。実際そうで、ちょっと車がぶつかったくらいで死ぬ。ところが実際は、これほど精密機械が世間に横溢しているのに、死ぬ人はほとんどいない。体の部品の故障率を勘案すると、死ぬ確率はとても高いはずなのに、である。

すると、多くの人間がそれでも生きているということは、何者かによって生かされているということになる。それを神と呼んでもいい。神のご加護である。生こそが奇跡で、死は平凡ということになる。ところが、満遍なく降り注ぐはずの神のご加護にも蔭があって、微妙に空白が生じる。そこに立ち入った人は、人体精密機械の故障性によって健康を失う。場合によっては、この友人のように急速に生命を失う。

それはフェアではないのではないか、と神に問うことができる。しかし、神は直接答えることはない。ただ、どこからともなく響いてくるのは、生は死であり、死は生である、というものである。スピリチュアリズムに多少馴染みがある私には、そのような命題にはなにも違和感がない。しかし、私とて肉体をもつ俗なる人間、そのことの意味をきちんと納得する訳ではない。

葬式で、このようなことを考えていると、お坊さんの読経が終わった。なんとなく友人の気配を感じた。宙に浮かんでいるようだった。ああ、これが俺の葬式か、と意外に朗らかに笑っていた。私はああそうだよ、君はもうこの俗生にいないんだ、この世を彷徨うなよ、早く成仏しろよ、と余計なお節介を言ったら、何も答えなかった。どうも、もともと執着するつもりなどさらさらないようだった。

すると、私は、生前、彼の霊格の高さを見誤っていたことになる。教え導かれ、励まされていたのは実は私だったのかもしれない。

そして、彼を、というよりも、彼の肉体を乗せた霊柩車は、祭典を離れていった。彼の気配はというと、既にとっくに消えていた。自分の葬式にすっかり興味を失ったのかもしれない。それはそうだ、あまり面白いものではないだろう、生者にも、死者もとい霊にも。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1233

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年4月11日 06:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「はるか、結核」です。

次のブログ記事は「国立大学の評価」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。