岡潔の広島事件

| コメント(2) | トラックバック(0)

岡潔は、私が尊敬する数学者の一人であり、また、その生涯のこともある程度知っているつもりでいた。よって、広島文理大に岡が奉職しているときに何か事件があった、ということもぼんやりと知っていたつもりだが、今般、高瀬正仁の「岡潔」岩波新書を読んで、その広島事件のことを知って驚いたので、メモしてみる。

それは、岡が広島文理大に奉職しているときの昭和11年(1936年)6月23日のことであった。この日、岡は、京都帝大の数学者、園正造の歓迎会に出席したが、途中で気分が悪くなって帰宅し、それから行方不明になった。

ところがなんと、岡は、自宅近くを流れる二股川の土手を帰宅中の修道中学の夜学生たちを襲い、帽子や靴、書籍や自転車などを奪い、それから牛田山の笹原に寝そべって一夜を明かしたのだという。

当然であるが、被害者の家族からの警察への通知で新聞沙汰になった。それで、警察でどういう取調べが行われたのか明らかでないが、逮捕されることなく、病気ということで、大学は休職・療養することになった。心神耗弱により、責任がないとみなされたのだろうか。

しかし、大学での信頼失墜は覆いがたく、結局2年間の休職期間の後、大学はクビになった。

牛田山の笹原に寝そべって一夜を明かしたこと、及びその後の回想が、岡潔の「春雨の曲」にある。

それから一、二日たったよく晴れた夜、わたしは家の後ろの小高い丘の斜面に、北西の方を向いて、笹原に背をもたせかけたまま、金星から来た娘の話を聞いていた。娘はわたしの今生の越し方行く末を詳しく説明してくれたのであるが、わたしには夢の中の話のようであった。

こういう話を聞くと誰もが、岡潔の狂気を疑うだろう。事実、一片の狂気が含まれていたに違いないのだが、私はどうしても、金星人オムネク・オエクのことを想起する。すなわち、金星は、アセンションにより、地球よりも次元の高い星となっており、地球には、独特のカルマを清算するためにやってきたのだという。

数霊学には、ピタゴラス、プラトンを経由して、もしかしてホワイトヘッドにも受け継がれていいるかもしれない系譜があって、その一端が岡潔に流れ込んでいるとしても何もおかしくない。その文脈で、金星人が出てくるのをむしろ当然のように考えている私もやはり、どこかしら狂気に染まっているのだろうか。

ともかく、岡潔の広島事件は、その淡々たる事実にも拘らず、いかにも不思議な事件なのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1239

コメント(2)

岡潔は躁鬱病だったという話もあるようです。日本には彼のように海外では非常に評価されて国内では?の数学者が他にもいるのではないですかね。

ISSEIさん

> 日本には彼のように海外では非常に評価されて国内では?

海外では評価されて、日本では??の社員を私は知っていますが、それとはまったく違う理由です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年4月16日 06:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GMとクライスラーの最期」です。

次のブログ記事は「教育の評価」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。