著作権法における使用権

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近、「ソフトウェアライセンスの基礎知識」可知豊、ソフトバンクを読んでいたら、「著作権は利用を許可できる権利」とあった。大枠で間違いでないのだが、法律的には正確さに欠ける。そこで、重箱の隅みたいな議論を少ししてみる。

日本の著作権法によれば、下記の権利が規定されている。

第21条:複製権
第22条:上演権及び演奏権
第22条の2:上映権
第23条:公衆送信権等
第24条:口述権
第25条:展示権
第26条:頒布権
第26条の2:譲渡権
第26条の3:貸与権
第27条:翻訳権、翻案権等

すなわち、利用権という用語は、一言も出てこない。よって、コンピュータプログラムの使用に関する行為が、上記のどれかに該当しない場合は、コンピュータプログラムの著作権者は、著作権をもとに権利を主張できない、ということになる。

そこで一番典型的なコンピュータプログラムは、パーソナルコンピュータへの導入であるが、それは、CD-ROM、DVD、ネットワークなどから、HDDへのコンピュータプログラムの複写を伴うので、複製権に関わると明確に言える。

ところが、HDDへの複写を伴わない場合は、どうか。例えば、サーバにプログラム本体を導入して、クライアントでこれを使う場合はどうか。この場合、HDDへの複写が生じなくても、主記憶へのロードは必然的に生じる。そうしないとそもそも、CPUがプログラムを起動できない。そこで、解釈では、主記憶へのロードを以って複製権に関わるとみなす。これによって、コンピュータプログラムの著作権者は、サーバにアクセスすることによる、クライアント・コンピュータでの使用を制限することができる、と考えられている。

それでは、コンピュータプログラムの著作権者からきちんとライセンスを得ている(要するに、きちんとお金を出して、プログラムのパッケージを買っている)Aさんが、そのプログラムを導入しているパソコンを、私が一旦借りて、そのプログラムを使用するのは、どうか。これも厳密には、正当にライセンスを得ていない私が、主記憶へのロードを引き起すのであるから、解釈上、複製権に違反していることになる。しかし、このことが問題にされることは、あまりない。一時的なものだからであろう。

さらに、私がAさんから、プログラムのパッケージ自体を譲り受けるとする。Aさんは、すべて、プログラムをアンインストールする。私は新たに、プログラムのパッケージから自分のパソコンに導入して、永続的に使用する。これは一見問題ないようだが、ここには、「譲渡」が生じている。それで、Aさんには譲渡権はないので、侵害になるのか。これは、Aさん自体が正当なライセンス取得者なので、第26条の2の第1項により救済されると思われるが、どうだろうか。

また、Aさんが、正当にライセンスを得ているプログラムを逆アセンブルして、プログラムの構造を解析するのはどうだろうか。主記憶へのロードと変わらないので、一見問題ないように思われるが、これは、一般的には、翻訳権、翻案権等のところで引っ掛ける。すなわち、ライセンスの契約に、逆アセンブルをしてもいいと明記されてない限り、正当にライセンスを得ているユーザーであっても、逆アセンブルは禁止されると解釈される。

このように、コンピュータプログラムの著作権者は、著作権法に基づき、かなり、いいたいことを言えている。このことから、オープンソースの典型的なライセンスである、GPLのあの複雑怪奇な条項も、納得せざるを得ないのではないか、ということになる。ただ、常識的に考えたら、「たかが」著作権をベースに、あまり他人を振り回すなよ、といいたいところである。厳密に追求すれば、一部破綻しているところもあるのかもしれないが、そんなことを追求する閑人はいない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1255

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年4月29日 06:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒートアイランド」です。

次のブログ記事は「中国の景気」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。