中国の景気

| コメント(0) | トラックバック(0)

「エコノミスト」4月28日号に、中国経済の特集があったので、つい買ってみた。要するに、先進国経済が失速しているなかで、中国経済が存在感を増している、という趣旨である。スピード感溢れる経済政策が功を奏し、すでに景気回復の兆しが見えたということである。

その根拠を、その特集は、景気回復の兆しを、中国における購買担当者指数(PMI)にみる。すなわち、PMIは、2008年12月以降4ヶ月連続で改善し、3月は52.4になった。これが50を超えることが、景気回復の1つの目安なのだという。

また、消費関連指標として、3月の新車販売台数は、前年同月比5%増の、110.9万台と、単月で、過去最高なのだという。確かに、自動車販売台数の著しい下落に苦しむ日本では、想像もつかないことである。

これを受けて温家宝首相は、経済成長率8%を達成する見通しを語った。

なぜ中国が急速に経済回復を果たしたかというと、中国は2008年11月の時点で早くも、約58.8兆円相当の財政政策を打ち出したのだという。中国は、比較的サブプライムの影響が少なかったからというのもあると思われる。

別の観点からいくと、中国はまだ、国内に多くの需要がある、ということである。言い換えると国内のインフラは未整備で、いくらでも国内で、資材が消費されるということである。

さらに言うと、中国は、共産党独裁であるので、危機に面して、日本におけるような、対立する団体の意見調整などを経ることなく、すばやく政策を打ち出すことができる。これは確かに、少なくとも短期的には有利だろう。

これを受けて、米国への輸出に頼っていた国内の製造メーカは今や、中国に熱い視線を送る。中国の巨大な需要が、米国の購買力不足を少しでも補ってくれないか、という、ある意味甘い期待である。

で、結局中国の経済は回復してるのだと思っていた矢先、次のような記事がWebに載った。

足許で、中国経済の減速が続いている。今年1-3月期のGDPは前期対比年率でプラス6.1%と、昨年10-12月期の6.8%からさらに低下した。1-3月期の成長率は、四半期ベースの統計が開始された1992年以降で最低の伸び率である。

 つい最近まで二桁成長を続けて来たことを考えると、昨年秋口から、中国経済に強烈なブレーキが掛かっていることがわかる。「今まで高速道路を自足100Kmのスピードで走ってきた車が、一般道路に出て60Kmに速度を落とした」というイメージだろう。

 今回の中国経済の急速な減速の背景には、輸出依存度が高い中国経済の特性がある。一般的には意外に認識されていないのだが、実は、中国経済の輸出に対する依存度は想像以上に高い。

 国内の個人消費がまだ十分に伸びていないため、"世界の工場"である中国の輸出割合が高いのは、当然と言えるかもしれない。2007年の実績で見ると、GDPに占める輸出総額の割合は約36%となっている。

 わが国の約18%、米国の約9%などと比較すると、中国経済の輸出依存度の高さが、主要国の中で傑出していることがわかるだろう。つまり、「最近までの中国の高い成長率を支えて来たのは、輸出の大幅な伸びだった」ということに他ならない。

 ところが、昨年のリーマンショック以降、世界経済は急速に悪化した。それに伴い、中国の輸出にも急ブレーキが掛かったのだ。

おっとと、「エコノミスト」4月28日号と全く逆の論調ではないか。

それで分かったのは、「エコノミスト」の記事は、回復傾向にある中国の国内経済にフォーカスを当てて議論している、ということである。そこでは、経済政策がある程度功を奏しているのは本当なんだろう。なんらかの意図で、「エコノミスト」は、中国好調感を煽りたいのだろう。

しかし、一国の経済全体というとき、当然に輸出も考慮せざるを得ず、そこを勘案すると、やはり、総合的にみて、中国経済の急速な減速といわざるを得ないのではなかろうか。そう考えて、納得している次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1256

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年4月29日 18:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「著作権法における使用権」です。

次のブログ記事は「空しさの構造」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。