2009年5月アーカイブ

恋のバイカル

| コメント(2) | トラックバック(0)

爆発的にヒットした訳ではないが、子供のころにラジオから流れていた曲で、「お、バイカル、お、バイカル、悲しみの渚♪」で始まる歌があった。そのフレーズが耳について離れないので、何を思ったか、Webで調べてみた。すると、それは、恋のバイカルという歌で、YouTubeにもあった。

昭和43年だから、私が中学生の頃、ということになる。歌手は、梢みわ。えっ、聞いたこともない。すると、たまたま中学生の頃、流れていただけか。それとも、高校入試の受験勉強の深夜ラジオで聞いたか。ともかく、今聞き直しても、私にはしっくりくる。こういう根暗なのが私にはあっている。

ところで、バイカルというと、当然にロシアの地名であるが、ロシアの地名がつく歌謡曲というのは、著しく少なくて、比較的有名なのは、大滝詠一(または、太田裕美)のさらばシベリア鉄道。これも、私にとっては一級の名作である。

実は、もっと言うと、私が最高に好きなロシアの歌があって、それは、「モスクワは涙を信じない」。ロシア語で、Москва Слезам Не Верит。20代の後半、A型肝炎で尾道の病院に入院していたとき、テレビを観るか、本を読むくらいしかやることなくて、仕方なくロシア語講座を見ていたら、この曲が流れていた。同名の映画の主題歌らしい。もちろん一言も意味は分からないが、なぜか涙が出て仕方がない。当時もそうだったし、今もである。"アレクサンドラ、アレクサンドラ"のところのサビが最高である。

そういう深層心理のせいか、大学でロシア語の授業に出て、単位もとったが、あれはまあ、時間の無駄だったかもしれない。なんとなく、悲しみの渚。

湯浅年子

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞を見ていて、戦前の1930年代に物理学者を目指した日本人女性がいた、ということを知った。湯浅年子さんである。当時は、西欧ですら、科学者として知られている女性は、キュリー夫人くらいしか知られていない。ましてや、明治の気風が残る1930年代の日本で、女性が物理学者を目指すとはどういうことかと、気が遠くなりそうである。そこで、新聞とWebの情報を参考にしつつ、自分用のメモを書いてみる。

湯浅年子さんは明治42年12月11日、東京市下谷区桜木町に生まれた。上野公園のそばである。2004年に亡くなった私の祖母とほぼ同年代である。兄二人、姉三人、弟一人の七人兄弟の6番目であるが、当時、兄弟が多いのはそんなに珍しくないはずである。父は、東大工学部を出て、特許局に勤める役人であった。当時としては、大エリートである。知的な雰囲気の家庭であったと推察される。

父は理系らしく、自宅で、ニュートンやアインシュタインの話もする人だったらしい。それで、湯浅年子さんがその影響を受けたことも想像に難くないが、しかし、まさかその父も、娘が物理の分野に進むとは思いもしなかっただろう。現代ですら、物理と女性は縁遠い。

しかし、湯浅年子さんは、子供の頃から一風変わった少女だった。なんでも興味をもち疑問を持ち続ける。それで中学を出ると、東京女子高等師範学校に進学した。そこから東京文理大の物理学科に進学して、物理学者を目指す。女性に門戸を開いているのは他には、北大、東北大、広島文理大、九大しかなかった。卒論のテーマに、原子分光光学を選んだ。当面、東京文理大で助手をするが、日本では女性研究者としてやっていくのは難しいと思い、キュリー夫人のいるフランスに留学することを考える。1940年頃のことである。ところが当時は、ヨーロッパではナチスドイツが跳梁し、ポーランド侵攻していたころである。どうみても風雲急をつげ、命の危険も大きい。それでも懸命の思いが通じて、コレージュ・ド・フランス原子核化学研究所に入所できた。ここで、「魂の自由」を感じて、懸命に研究した結果、3年で理学博士の学位を得た。

そうしているうちに、パリはドイツ軍に占領された。しかし、純粋科学の研究所であることから、ドイツ軍の監視下ではあるが、研究を続けることが許された。このあたりから、湯浅の興味は、β崩壊に向かう。β崩壊とは、中性子が原子核から解き放たれたとき、わずか15分で陽子、電子、反電子ニュートリノに崩壊するという、ある意味非常に本質的な物理現象である。研究の指向としては正鵠であった。理学博士の学位もまさに、β線連続スペクトルに関するものであった。

しかし軍の指示に抗することはできず、ついに1944年8月に、ベルリンに避難した。

そうして終戦を迎える。戦後は、一旦帰国し、母校の東京女子高等師範学校の教授に就くが、なにしろ敗戦国日本にあって、原子核の研究の制約はとても大きかった。そのことに嫌気がさし、1949年再び渡仏。再び、コレージュ・ド・フランス原子核化学研究所に戻った。日本に嫌気が指したというだけでなく、本質的に研究の人なのだろう。権威者ぶって教育家に納まるのが性にあわないようである。

1958年といえば、湯浅50歳であるが、研究意欲は全く衰えない。ここで研究拠点をオルセー原子核研究所に移し、当時最新型のシンクロサイクロトロンを使った研究を始める。ここでも、重水素などを使った目覚しい業績を上げた。

ところが、そんな湯浅であるが、教授相当の地位に就いたのは1972年、ようやく63歳のときである。やはり、女性であることが遅れに影響しているのだろうか。業績に遜色はないように思われるのだが。

超人的な働きをしていた湯浅であるが、1973年に胃癌と診断され、1980年に死去。それでも、死ぬ間際まで研究への関心を失わなかった。原子核実験関係の人は癌で死ぬ確率が高いようであるが、64歳での発病というのは、原因が、実験で放射能に晒されたせいかどうかわからない。

ともかく、男女という性別に関係なく、とても偉大な人だったことが見て取れる。研究分野は原子核というがちがちの理系であるが、文学趣味もあり、短歌や随筆も多く残した。

ところで、湯浅年子さんは研究が恋人という趣きで、浮いた話が一切聞こえていない。もちろん仄かに恋心を抱くことくらいはあったのだろうが、基本的にはそういう強い関心があったとは思えない。男女に係わらず、そういう一群の人達がこの世にいることもまた、確かなのである。なにも意外ではない。

年齢特異性

| コメント(4) | トラックバック(0)

Webニュースによると、モスキート音が、若者を追い出す方策として使われるらしい。以下、ニュース:

 深夜の公園にたむろする若者を追い出す方策として、東京都足立区は21日、若者だけが不快に聞こえる「モスキート(蚊)音」と呼ばれる高周波音を発する装置を試験的に区内の北鹿浜公園に設置した。同区では近年、若者らにトイレなど公園設備を破壊される被害が相次ぎ、"苦肉の策"として、全国の自治体で初めて公共施設への設置に乗り出した。

装置は英国製で、前方の左右60度、約40メートルの範囲に17・6キロヘルツの高周波音を流す。この高周波音は10代から20代前半の若者だけに「キーン」と不快な金属音に聞こえ、早くて2~3分で耐えられなくなるとされる。加齢とともに聞こえにくくなり、人体への影響もないという。

モスキート音は「教師に聞こえない」と、携帯電話の着信音として欧米の学生に人気を博し、開発した英国人研究者は2006年、ユーモアがあり意義深い科学研究をたたえる「イグ・ノーベル賞」を受賞している。国内では一部コンビニエンスストアの駐車場や入り口などで使われているという。設置直後のテストの際に高周波音を聞いた中学1年の女子生徒(12)は「耳鳴りのような音がして気持ち悪くなった」と話していた。

例えば、女性の裸というのに、青年に比べて、小学一年生の男子はあまり反応しない。そういう意味の年齢特異性というのは理解できるが、モスキート音の可聴という純生理学的なことに関連して年齢特異性があるのはとても意外で、生理学的にはどうやって説明するのだろう。ある種の神経伝達物質の分泌量で、個人差があるというのならまだしても理解できるが。

それ以外の年齢特異性は、新型インフルエンザに対する感受性である。例えば、強毒性の鳥インフルエンザは、H5N1型で、年代別の死亡率は10~30代が非常に高い一方で、50歳以上は非常に低いという。豚インフルエンザは、H1N1型で、メキシコでの死者のほとんどは25~45歳と、鳥インフルエンザよりも少し年齢が高めである。インフルエンザの感受性を決める1つの要素は、細胞表面の酵素の性質なので、その酵素に年齢特異性があるというのは、なんとなく納得がいく。モスキート音に対する感受性よりも、である。

生理的な年齢特異性として他にどんなものがあるだろうか。考えられるのは、放射線に対する感受性であり、これは、年齢が若いほど感受性が強いのだが、若いほど細胞分裂が頻繁なのだからろ、一々挙げるほどでもあるまい。

ネットで調べてみたところ、他の年齢特異性として、光感受性があるようである。例えば、ポケモンのちかちかする映像に、若者が気分が悪くなるが、中年の人は平気、という具合である。すると、「若者撃退」に、特定の波長の光が使えるかもしれない。

あと、聞いたことはないが、ある種の臭いも年齢特異性をもちそうである。すなわち、加齢臭というものがある、ということは、ある種の臭いに対して若者はとても嫌悪感を抱き、年取った人は、あまり気にしないとか。

流石にこれ以外にはちょっと思いつかない。言葉遊びではないが、年齢特異性自体が、特異性として特異である、というべきか。

英会話力の低下

| コメント(0) | トラックバック(0)

米国から知り合いの人が来たので、リハビリと思って久々に、英会話してみた。久々というのは、管理職を下りてから、ほとんど米国人と話す機会がなかったからである。

普通、英会話でブランクがあると、リスニング力が一番落ちそうなものである。話す方はマイペースなので、なんとかなる、という風に。ところが、意外にも、一番落ちているのは、話す方のスキルなのであった。しかも、言い回し云々ではなく、そもそも、発音がすっかりさび付いていて、うまく聞き取ってもらえなかったりする。

すると、話す能力というのは、聴くことで知らず知らずのうちにブラッシュアップされていて、聴くことが減ると、話す能力から先に衰えるようである。

また、改めて次のことを、米国人の知り合いの人との会話で確認した。すなわち、向こうは実は、ノンネイティブの相手に理解してもらうために、相当、語彙や言い回しを選んでいる。それで、こちらも随分聞き取れているような気になれている。その米国人は、ノンネイティブの相手に理解してもらうように話すのは大変である、と言っていた。

それは自分の経験でも言えることで、例えば、日本語を勉強している韓国人と、日本語で話すことがときどきあるが、私は、なにか会話の教科書にあるような言い回しを選んでしゃべっていて、他人行儀で、とても疲れる。スラングも、方言も、流行の言葉も一切混ぜれない。駄洒落などのジョークも難しい。それで、言いたいことは、半分くらいしか言えていないかもしれない。それと同じ思いを、日本に来た米国人はしているのだな、と改めて感じた。

ただ、この「易しく話す」センスというのは、米国人でも、地位の高い人が備えていることが多い。そういうセンスがあるから昇進するのか、あるいは昇進する過程でそういうスキルを身につけるのか、両方の場合があるのだろう。

戻って、上記の米国人であるが、中国にも行って、相当英語が達者であると思われた中国人に、つい安心して、一歩踏み込んだ言い回ししたら、通じなかった、と言っていた。その理由は私はとてもよく分かるのであって、要するに、相当英語が達者であると思われた中国人といえども、結局は、英語は知識として学習したものに過ぎないのである。すると、本にあるような表現しか理解できない。そういう意味では、TOEIC満点だからといって、大したことはないかもしれない。単に、英語のお勉強、大変よく出来ました、というだけのことである。

そういう域から一歩前に出て進歩しようとしたら、それこそ、高校を出て直接米国の大学に行き、英語の海で泳ぐような体験をしなくてはならない。体で覚えるというものである。そうでないと、どんな秀才でも、よほど特殊な訓練をしないと、何の気遣いもせず普通に話す米国人の会話に入っていけるということはない。

私の知り合いの中国人と台湾人は、明らかに私よりも遥かに英語が達者であるが、それでも、米国人の話を聞いて、私と同じ箇所で戸惑ったりしている。それでなんとなく安心する。程度問題とはいえ、結局、頭で覚えた英語なのである。

私がもっと若く、また、気持ちに余裕があったら、英語ネイティブの、成分未調整な普通の会話ができるように努力してみようと無謀なことを考えたかもしれない。例えば、スラング辞典を読んだり、洋画を字幕見ないで理解しようとしたり、とかである。

しかし私は、それが想像を絶する努力を要すると知っている。将棋のアマチュアが、プロ二段くらいにまでなる努力に匹敵するだろう。しかもそうなったからといって、普段、日本人の中にいてそんな英会話力なんて自己満足にすぎない。

で、結論としては、私は、本来的には英会話が好きではないようである。単にコミュニケーションの道具にすぎないと思っている。そういう意味では、どこかに行くための手段としての車と同じである。私は、車だって、車種やエンジンの機能など、ほとんど興味がない。

もし、自分の将棋程度に英会話も好きなら、それこそ余計な努力をして、立ち入った会話もできるようになろうとするだろう。そういう風に凝ることが楽しいというオタクな気持ちの雰囲気くらいは分かっているのだが。

サムスンの特許戦略

| コメント(2) | トラックバック(0)

サムスン電子といえば、米国特許の件数で、急激に上位にのし上がって注目されている。朝日新聞のWebページで、サムスン電子IP戦略チーム担当専務へのインタビューがあったので、私なりにメモしてみる。

先ず注目されるのは、サムスンの特許戦略が防御的である、ということである。

最近はトロールといって、特許だけを所有し、利益を得ようとする会社もあります。我々はそうした会社ではありません。メーカーとして、良い製品を生産し、消費者に提供することで利益を得ることが第一の目的です。何度も無用なところで訴訟になり、費用を投じていると、原価が上がる。消費者に対し、望むサービスができなくなります。

我々の特許戦略はこうしたことを防ぐためで、まず防御的だと言えますね。事業を守ることがまず先です。訴訟といった手段も事業の保護が第一の目的で、特許を利用し、訴訟によって多くの金を稼ごう、というような「攻め」は、順序としては後ろに来る話です。

もちろん、特許で稼ぐという方針があってもいい。そういう意味で、サムスンのこういう方針は、特許管理として古典的といってもいい。ただ、私も古い人間のせいか、お金を稼ぐのは先ずビジネスで、特許はそれを守るということでいいのではないか、と思うことがないではない。

そういう方針のせいか、ライセンス料については、次のような回答である。

正確にはお答えできないが、入ってくるより出ていく方が多いですね。製品を販売している会社で、販売が多いですから、どうしてもそうならざるを得ない面があります。

しかも、サムスンは、ライセンス収支がマイナスであることを特に問題と思っていない。

製造や販売がなくなれば、受け取りが多くなりますよ。だから、受け取りが多いというのは、必ずしもいいということにはなりません。むろん黒字ならいいが、それを目的に無理をする必要はない。どれだけ技術開発をしても、他にも似たような開発をして特許料を求めてくる人はいます。どうしても払わないといけない部分が出てきます。

米国での特許紛争をめぐる状況は、次のようにみている。

以前よりも(訴訟当事者から)メーカーが減りました。製造はせず、特許のみ保持する会社(トロール)が多い。大きな変化で、対応方法を探すことが非常に重要です。特許のみ買い取り、あちこちでクレームを起こす会社も多いですから。

サムスンは、特許を、次のように理解する。

多くの人が錯覚しているのは、発明がまさに特許だと考えていることですね。発明は特許ではない。発明は発明で特許は特許。うまく申請できればしっかりと活用できる特許になります。だから私は「特許開発」という単語を使っています。特許分野で働く人材は、他の部署よりもしっかり訓練をうけないといけません。法を理解し、技術を理解し。そうでないと十分な仕事ができません。だから人材育成が重要。良い発明でも特許申請がうまく行かずに活用できないケースも多く見てきました。

「法を理解し、技術を理解し」といわれると、頭が痛い。どちらもそうであるが、私の場合、特に「法を理解し」のところが、メタメタである。

サムスンは、知財の重要を、次のように位置づける:

知財の競争力がなければ、事業自体が不可能です。どんな事業でもそう。特許権というのは、ライバルが同様のことをできなくする排他的な権利だ。競争力がなければ、特許など知財も確保できず、その中で新しい製品を作ろうとすると、特許を持っているところが来て、「作るな」と言われればどうしようもありません。研究開発を熱心に進め、特許を確保しておけば、ライバルとのクロスライセンス戦略なども可能になります。

あくまでも、事業を可能ならしめるものとしての、地に足が着いた特許となっている。ハードウェアのメーカであるなら、こういう方針に必然的になるのだろう。ただ、キヤノンなどは、メーカでありながら、相当なライセンス料も稼ぐという側面をもつ。それでも、たまたまライセンス料も稼ぐけど、それは主眼ではない、ということなのかもしれない。というのは、元キヤノンの特許部長だった丸島儀一氏は、特許とは結局地味なものである、という意味のことをどこかで書いていたような気がするからである。私の勘違いかもしれないが。

ところで、Bilskiの件、あるいは一昨年のKSR判決からも分かるように、プロパテントの時代は終わろうとしている。そして、特許を振り回して稼げる可能性は減ってくる。すると、サムスンの特許戦略は、トラック一巡遅れのようで、意外に時代の先端を行く特許戦略である、ということもありえるのではないだろうか。

学習のカクテル

| コメント(0) | トラックバック(0)

本棚の片隅に、昔読んでいた本を見つけた。ハマトンの「知的生活」渡部昇一、下谷和幸訳、講談社刊である。この本は、20代前半の私のバイブルであって、本を速読して放置する傾向のある私にとって、珍しく手垢がつくまで再読した本である。

その本の一部を再読して思ったのは、焦って結婚するべきできなかったかも、ということである。親の勧めとはいえ、見合いを三回くらいして三連敗で断られたあたりで、一旦諦めるべきであった。というのは、今更のように言うのだが、この「知的生活」の定義にあるように、世間的に頭がいいというのは全く違う意味で、沈思黙考することに高い優先順位を置くという点で、私は、「知的生活」人かも、である。

そういう人が結婚するとどうなるかというと、いつまでたっても、結婚生活から人工的不自然さが拭えないのである。例えば、ああ、ここはこういうべきなのだ、こうすべきなのだと夫婦の会話の間でも、マニュアルを探すように考えてしまう。20年も暮らしてもそうだったりする。

すると、私に一番しっくりくる生き方は、いろいろな女性に恋心を抱きつつ、シャイであるが故に何も言い出せず、そのまま別の女性に心が移ったり、あるいは、何も恋をしない無色な心に安堵しつつ、寂しく生きることである。それでも、運がよければ、なんとなく私と波長のあう女性があらわれ、どちらからともなく一緒に暮らしたのかもしれないが、そうなる可能性は高々5%くらいで、きっと私は見かけ上とても惨めな、しかし、内心はそれなりに満ち足りて、静かに死んでいけたのかもしれない。

おっと本題から外れた。そのハマトンの「知的生活」に、「あれもこれも学べと勧めた友へ」という章があって、それによると、世間では、学べることはどんなことでも学んで損はない、とよく言われる、が、という議論から始まる。

ここから私のオリジナルの議論であるが、例えば、資格三冠王といって、司法試験、公認会計士、通訳試験という三大難関試験を全部クリアした人はすごい、という話があったとして、誰もそれを否定しないし、確かに、それは非常に困難であろう。しかし、そういう人が、司法試験だけ受かった普通の弁護士より法律的能力が凄いのか、と問われると、そりゃあ、公認会計士ももっているのだから、そっちの知識も駆使して脳内コラボすれば凄いでしょ、というちょっと曖昧な話になる。

これをハマトンは、料理に喩える。すなわち、ある料理に少し塩を入れるととてもおいしくなるが、ある臨界量を超えて塩を入れすぎると、途端に食べれたものではなくなる。

これと同様に、学習というのも一種のカクテルというか料理のレシピと考えられないか、ということである。例えば、二次方程式なんて意味ないと豪語した女流作家がいた。では、二次方程式が理解できないなんて中学生以下では恥ずかしい、と、その女流作家が数学を猛勉強して微分積分までマスターしたらどうか。すると、書く小説が論理性を帯びるかもしれない。ところが下手な論理性が入り込んだばかりに、あたかも塩を入れすぎた料理のように、小説は読めたものではなくなるかもしれない、ということがありえる。

こうして、学習のカクテルということを考えると、自分のアイデンィティを大事にするなら、あえて初心者のままの領域を残しておく方がいい、ということになる。それでも、芸域を広げたいという気持ちが沸きあがることがある。そのとき、ハマトンはこうアドバイスする。それは本当にやりたいことか、と。それを頭に描くだけでワクワクするか、と。もしそうでないなら、それを学ぶことは、自分の知性の一貫性を損なうおそれがある。

こうして私の言い訳だが、世の中に映画の好きな人は沢山いる。そういう人は、俳優や女優の名前、名監督、名場面など詳しかったりする。そういう人に映画の話題を振られて、全くついていけない私は、恥ずかしい。というのは、映画の知識は確実に、知的な領域の一部を構成するからである。

また、具体的に挙げるのでもないが、世の中には、難関大学、難関資格試験に易々と、あるいは苦労してでも合格した人が少なからずいて、私は自動車免許の筆記試験さえ必死で勉強してやっと受かったのに、そういう人と較べると、恥ずかしくて穴があったら入りたいほどである。なお、難しい試験に受かれる能力は、確実に知性の一部である。IQ試験が典型的にそうである。

しかし、映画を沢山観る私、資格試験に必死になる私は、多分今の私ではなく、そういう努力をすると確実に私は今の私でなくなりそうである。私はそれにより世間的には立派な人になるかもしれないが、私が味わうところの私は、私にとって確実に不味くなる。間違いない。

それでは、自分を味わうことについて美食家であるべきか。それを一心に追求したのが、まさにグロタンディークであった。しかし、数学を味わいすぎたグロタンディークは、グロタンディークにとって、塩を入れすぎた料理になってしまった。グロタンディークは、政治と環境問題の好きなグロタンディークになったしまった。

こうして結論が出る。自分を味わなすぎても、味わいすぎてもいけない、ということである。要するに中庸ということであるが、それは難しいではないか、とクレームがつくかもしれない。しかし、君は人生に簡単な生き方があると思うのか、と逆に一喝されるのがオチである。ということで、好きなことをこつこつと、無理しない範囲でやって行こうではないか。

盧武鉉の自殺

| コメント(5) | トラックバック(0)

もう数日経過してしまったが、韓国の元大統領、盧武鉉の自殺は衝撃的であった。その事実はともかく、韓国では、大統領はその地位を降りると、例外なく、本人または親族が追訴される。たまたま、というなら分かるが、例外なく、というのはどう考えても、韓国独自の風土に根ざす問題であるとしか思えない。

以下、韓国の元大統領の罪状についてメモしてみる。

全斗煥:光州事件と、粛軍クーデターの事件に絡み、反乱首謀などの容疑で逮捕され、死刑判決を受けた。韓国の元大統領としては、最大の罪状である。その他、在職中に財閥企業から賄賂を受け取ったとして収賄罪でも追訴された。死刑判決は結局、特赦された。

盧泰愚:在職中に財閥企業から賄賂を受け取ったとして収賄罪でも追訴された。全斗煥と同様に収監されたが、2年余りで特赦された。

金泳三:次男が有線放送局の事業選定などで口を利き、斡旋収財などの容疑で逮捕された。金泳三自身は追訴されなかったが、権威は失墜した。

金大中:三男がサッカーくじの事業選定で便宜をはかった斡旋収財の容疑で逮捕された。さらに、次男が、金融監督院への口利きなどで便宜を図ったとして逮捕された。これによって、金大中は面目を失い、自らが創設した民主党を離党せざるをえなかった。

盧武鉉:朴淵次被告の逮捕に絡む、夫人、長男、次男への不正な資金の流れが追求された。ただ、朴淵次被告からは、現職大使、ハンナラ党議員、李明博大統領側近、民主党議員への資金の流れも疑われている。

これを見て感じるのは、韓国が本質的に賄賂社会である、ということである。そして権力には必ず利権が付随し、利権には賄賂が付物である、ということになる。例えば、韓国では、病院で手術を受けるにも、賄賂が幅を利かせ、医師や婦長などの権力者に賄賂を使わないと、なかなか手術の順番がまわってこないという。

それを韓国社会の後進性と指摘することはたやすい。ただ、私は個人的に二度ほど韓国に行って感じたことがある。それは、濃い情という意味で、とても甘えの利く社会である、ということである。親戚関係、知人関係が濃厚で、それに依存するととても暮らしやすい。それとの関連で、賄賂は当然のごとく出てくる。

私が韓国に行って親和性を感じたのは、私が離島という、とても近所関係の濃厚な土地で育ったからであろう。そのノリで私は、ソウルにあって、東京にいる以上に日本を感じたのである。はためくハングル文字の垂れ幕が見えなければ、そこは、私にとってまさに日本、いや故郷の地なのである。だから心情的に、濃い人間関係の標である賄賂がそんなにひどいことなのか、と同情的にさえ思ってしまう。

しかし、近代経済刑法では、賄賂は容認し得ない。韓国が国内で閉じておらず、諸外国と付き合う必然性から、韓国は近代経済刑法を取り入れた。すると、本音と建前の鋭い対立をもたらしてしまう。

韓国社会にあって、最大の利権をもつ大統領の許に、便宜を求めてやってくる商人、企業人はひきもきらないはずである。そして、慣習により、大統領と側近、その親族は、便宜という名の賄賂の列を断り続けることは不可能である。

大統領の在任中は、その権力により、検察はこれを見過ごす。しかし、退任するや否や、便宜を得た団体の対立団体が黙っていない。これ見たことかと反撃に乗り出し、たちまち元大統領は、非難の嵐に晒される。

それでも、盧武鉉の自殺は解せない。罪状は、どの前大統領よりもずっと軽微に見えるからである。これを、盧武鉉の責任感であるとか、韓国が近代社会に転換しつつある証である、などと指摘することはたやすい。

ただ、数学者 谷山豊などの件もそうであるが、実相は全く分からない。自責の念という意味では、全斗煥の方がもっとであるべきで、日本でいう切腹ものかもしれないからである。

白川浩

| コメント(2) | トラックバック(0)

今野浩の「すべて僕に任せてください」新潮社は、今野浩の部下ともいえる、東工大准教授で金融工学者の白川浩のすさまじくも哀しい話である。

「哀しい」というのはここでいろいろな意味がある。まず、白川浩が子供の頃から、ある意味不治の病のC型肝炎を患い、長く生きれないかもしれないということを自覚しつつ生きていたことである。実際、C型肝炎は肝臓癌に変異し、全身に転移して42歳で早世した。

白川浩は、管理システム工学科の出身で、とぴっきりの数学的才能に恵まれていた。逆に、英語や国語などの文系的教科はおろそかにしていた。それなのに、管理工学科にあって、公認会計士を目指した。しかし、ある程度文章を書くなどの才能も要する公認会計士は、白川には無理だったのかもしれない。それで渋々かもしれないが諦めて、数学的なORの方に自分の進路を見出した。そこで、東工大で統計学の講義を受け持っていた今野浩と出会うのである。

白川浩は、神奈川県の有力な進学高でもトップの数学の成績だった。それなら数学科に進みそうなものなのに、なぜか東工大の管理システム工学科に進学する。ここらあたりから既に屈折したものを感じる。で、数学者の夢をみるのである。それで、確率論の権威、東大の楠岡教授のところにも出入りする。ボランティアで楠岡教授の大学院生を指導したりもする。しかし、数学ではやはり対抗できない、本分は金融工学だ、と戻ってきたりする。

その気持ちの揺れ、葛藤を、今野浩はずっと親のように見守っている。白川浩は典型的理系人間で、抜群の才能に恵まれ、すると周囲の人が馬鹿に見えて仕方がないのだが、その気持ちを隠そうともしない。あからさまに批判するので、いたるところで軋轢を生じる。今野浩とだって、絶縁状態になったこともある。人事的にひどい目にもあう。それは、部分的にはそういう身も蓋もない性格のせいもある。

それでも、白川浩は、あまりにも人がよすぎるのである。いくらでも言い逃れの聞く雑用も、磁石が鉄粉をひきつけるようにどんどん引き受けて、パニックになっていく。でも勉強熱心で、寸暇を惜しんで本を読み、計算する。そういう努力の結果、金融工学の世界的権威、スタンリー・プリスカによって、斯界で世界の十本指に入ると折り紙をつけられた。

しかし、今野浩の前著にあるように、金融工学とは因果な学問である。経済学者からも、伝統的工学者からも、純粋理学者からも継子扱いされ、そのことで、今野浩と白川浩は、どれほど翻弄され、しなくていい苦労を抱えることになったことか。

白川浩は、その人生の終盤に華があった。もう結婚できないと思っていたら、同学で、楠岡ゼミで知り合った一橋大の准教授の女性と恋に落ちた。それで結婚して二子をもった。でもそれは華といえるのだろうか。自分で死期が近いことは知っていたはずである。結婚相手だって流石にわかっているだろう。それでも結婚して、子供をつくった。そこには万感の思いがあったはずである。それがある意味私には一番哀しい。

あと、白川浩に私は感情移入してしまう。というのは、私自身が、首が廻らなくなるくらい雑用を引き受けていた時期があったからである。余裕がなくなり、全てを投げしたくなった。また、つい廻りに楯突くこともあった。人事的に何度も割りをくった。一応数学は下手の横好きである。ということで、スケールは違いすぎるが、私は白川浩のミニチュア版だと一瞬思った。しかし、そう思うことすら、白川浩の才能と努力に対して失礼である。とりあえず私は、白川浩の享年をずっと超えて、馬齢を重ねる。

パチンコ攻略法裁判

| コメント(4) | トラックバック(0)

Webニュースで、以下のような記事があった。

パチンコ攻略法の情報料を支払ったのに全く効果がないとして大阪市の専門学校に通う女性(31)が情報提供会社「ビジネスサポート」(東京都渋谷区)に約165万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は12日、請求通りの支払いを命じた。

 

熊谷光喜裁判官は「欺まん的商法で金をだまし取った」と認定した。

 

判決によると女性は07年8月、同社従業員から電話で「パチンコで稼ぐ方法がある」と勧誘されて会員になった。郵送で「誰でも簡単にできる」と特殊な打ち方などの説明が届き、情報料などとして計約150万円を振り込んだが、実行しても効果はなく返金を求めても拒まれた。

 

熊谷裁判官は「実際には何の価値もないのに、有効なパチンコ攻略法があるかのように装った」と指摘した。

この記事を読んで実に馬鹿馬鹿しいと思うのは、私だけだろうか。どう馬鹿馬鹿しいかというと:

  1. パチンコ攻略法の情報に、150万円もの値付けをする会社があるとは、あきれる。せいぜいが数万円だろう。それで申し込みがあると期待するとは、なんという目算だろう。
  2. お金を払えば、パチンコ攻略法を習得できると期待する女性とは、なんと愚かなのだろう。そもそも、150万円も振り込むお金があるなら、それで直接パチンコしてもいいし、もっと有意義に使う手はいくらでもあろう。
  3. それだけではない。その情報のとおりやって勝てなかったからといって、わざわざ裁判するか、普通。そもそも、パチンコだって何がしかの技能であり、才能と修練が必要だろう。常識で考えて、そんな自明なパチンコの勝ち方があるわけない。それを勝てなかったからと、いきなり裁判するとは、どうして自分も未熟さに思い至らないのだろう。しかも、ある意味自己責任ではまった訳だから、裁判しても普通勝てないはずである。
  4. ところが、そんな愚かな原告に勝たせてしまった裁判官にも恐れ入る。原告は、一攫千金を夢見た訳だろう。そのための150万円の投資である。結果的に、ハイリスクノーリターンだった訳だが、健全な大人?の判断の結果であろう。そのような射幸心に基づく原告の訴えをそのまま認めるとは、これいかに、である。それでも、譲歩して、もし原告に勝たせるにしても、165万円を丸々を被告に払わせるのではなく、原告に対する教育的指導も含めて、30万円とかに減額してはどうか。

と、私は馬鹿馬鹿しさの四重奏だと思うのだが、いや、裁判官の判断は実に妥当である、と言われたら、私は敬服するよりない。

中大教授殺人事件の解決

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年の1月22日におきた、中大教授殺人事件であるが、ほぼ4ヶ月経って解決をみた。

以下、Webニュースからの抜粋:

東京都文京区の中央大学で1月、理工学部教授、高窪統(はじめ)さん(45)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された卒業生で神奈川県平塚市山下、アルバイト店員、山本竜太容疑者(28)が警視庁富坂署捜査本部の調べに対し「先生に不満があった」という内容の供述をしていることが分かった。捜査幹部が明らかにした。

山本容疑者は昨年6月、就職活動に使う卒業証明書や成績証明書を取得するため大学を訪れて以降「何度か足を運んでいた」と供述していることも判明。捜査本部は、山本容疑者が希望する就職ができないことで、高窪さんを逆恨みしていた可能性もあるとみて、動機を追及している。

これを読んで、ああまたしても逆恨みか、と直ちに以下の一連の事件を思い出した。

  1. バージニア工科大学の銃乱射事件
  2. 佐世保銃乱射事件
  3. 秋葉原無差別殺人事件
  4. 元厚生官僚襲撃事件

このような犯人の意外さは、逆恨みの原因の時間的無関係さと、必然性の薄さである。バージニア工科大学の銃乱射事件の場合は、もともと病気なのであるが、同僚に馬鹿にされたとの思いが募ったことが原因であった。佐世保銃乱射事件の場合は、仕事がなくと鬱屈し、また、彼女ともうまく付き合ってもらえないことからの絶望であった。秋葉原無差別殺人事件も、元厚生官僚襲撃事件も、仕事がなく生活に困窮することからの自暴自棄である。

しかし、どう考えても、凄惨な事件を起すに足りる理由ではなく、元厚生官僚襲撃事件に至っては、昔飼っていた犬を保健所に処分されてしまったことの恨みがあり、この保健所の上位機関としての厚生労働省に目が向いたのであった。

その意外な距離感からいくと、この中大教授殺人事件の山本竜太容疑者が、就職できない理由を、元指導教官に求めたとしても、全く意外ではない。納得してはいけないのだけれども、元厚生官僚襲撃事件よりはしっくりくるのである。

なお、就職できない本当の理由は明らかで、その協調性と我慢を欠く性格にあるのだと思われる。よって、就職する先々で、面接で警戒された落とされるか、折角就職しても、意に沿わない仕事で、辞めてしまう。短い転職を繰り返す度に、よい就職先は得られないので、悲惨さは増す。そして、これは、きちんと指導してくれなかった教授に原因がある、という発想に行き着くのだろう。

本当はそうでないことは自分で分かっている。しかし、どこかに不満の捌け口を見つけるしかない。そうして、懸命に緻密な計画を立てたのだろう。元厚生官僚襲撃事件の犯人にも、驚くほどの周到さがみうけられる。下手な推理小説も真っ青なほどの。

だから、こういう一連の犯人は、実は人並みより高い知性の持ち主なのかもしれない。知性が高いほど、雑用でない知的な仕事を欲する。しかし、低い協調性があらゆる機会を奪う。してみると、高い知性と低い協調性というのは最悪の組み合せで、まさに犯罪予備軍ということになってしまう。それでも精神が正常なら押さえも利くが、鬱病、強迫神経症、人格障害などがからむと抑えが外れて、悲劇的な結果をもたらす。

それはこの不況のせいなのだろか。派遣切りのせいなのだろうか。私は違うと思う。この金融恐慌下にあっても、少なくとも日本では、悲惨な犯罪は驚くほど少なく、秩序が保たれている。そして、どうしても高い知性と低い協調性の輩はあちこちにいる。明日にも誰でもそういう人に刺される可能性はある。南部陽一郎ではないが、因果関係の漸近的自由性に鑑みると、意外な人の恨みを買っているかもしれない。しかし、それで殺されてもまあ仕方がないではないか、魂はびた一文傷つかないだろう、という意味のない慰めを書いておく次第である。

英会話の修行

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は、勉強の科目の中では相対的には英語が得意だったが、それもせいぜいが文法とか読解、作文で、会話は大嫌いだった。そもそも、ネイティブの発音を聞いてもまるで呪文のようで、いまの外資系の会社に転職してからも、外人が来るたびに逃げ回っていた。仕方なく挨拶されたら、Helloとだけ言って、忙しいふりして立ち去っていた。そんな私も、周りの人が社内の英会話のコースに参加するのを見て、会社の上司に、「私もやっぱり、社内の英会話のコースに出た方がいいですよね?」とあるとき聞いたところ、上司は、外人が来るたびに私が逃げ回っていたのを見ていたらしくて、「君はやんなくていいよ、英語をしゃべる機会なんてないだろうから。」とあっさり言われた。

外資系の会社で、「英語をしゃべる機会がない」というのは、絶対に偉くなれないという意味であるが、私はそんなことよりも、英語をしゃべらないで済むことの方がうれしかった。

ところが、あるきっかけから、部門で多くの人が辞めることになり、人材不足から、仕方なく私が管理職に登用されてしまった。そこから私の地獄がはじまる。すなわち、管理職になった途端、米国人の上司からいきなり話しかけられる。もちろん、最初はさっぱり分からない。それで、他の英語が強い管理職に聞いたりしてなんとか過ごしていたが、流石にこれではいかんと意を決して、毎日2時間、英語のテープを聞き始めた。アルクの通信教育である。会社で費用の補助があったので、助かった。

それを半年やったら、すこしだけ英語が聴き取れるようになった。そのうち、海外出張に行ったりして、英会話はうまくならないが、外国人と相対することに少なくとも臆さなくなった。

私は部門で雑用係りだったから、海外の人を呼んでのセミナーの裏方をやったりもする。すると、空港からどうやってきたらいいか分からないという人もいて、それでは仕方がない、と意を決して、成田まで迎えにいくことにした。渋々である。空港に着いたら一対一で、どう話題を切り出そうと不安になり、それでいくつかの話題をシミュレーションして行った。

そして、ゲストと空港で会うと意外なことが分かった。一対一で相対すると、とても会話が理解できるのである。すなわち、向こうは嫌でも私に理解してもらわないといけないので、かなりゆっくりしゃべってくれる。すると、私の、親譲りの話し好きの癖がもたげてきて、いろいろな話題を下手な英語で話し始めた。すると、発音が下手でも話題がよかったのか、結構盛り上がったりして、場が保った。

それからある日電車で通勤しているとき、車内に英会話スクールの広告があった。それによると、マンツーマンのレッスンは、1時間で5000円です、とある。私はピンと閃いた。おお、空港に迎えにいったりすると、うまくいくと、4時間くらい付き合って英会話できたりする。5000円×4=2万円ではないか、と頭の算盤を弾いた。しかも、専属講師である。

そのときから、外国の人が来るたびに、頼まれなくても、迎えに行こうかと事前にメールして打診した。すると、たいていの人は、なんと親切な日本人か、と思うらしくて、喜んで応じてくれる。しかし、私には上記の打算がちゃっかりあったのである。

そうして、空港には迎えにいくは、飲み会にはずっと付き合うはで、英会話漬けにする。そうしながら、おお、ここまでで、4万円分のレッスン料に匹敵するぞ、と密かにほくそえむのである。

そうやってた場数を踏むとさぞかし発音がよくなったかというと、全く違う。たまたまうちの家族が、私が電話で米国人と話すのを聞いて怪訝がって聞いた。「あんなひどい日本人的発音で通じるのか」と。確かに通じないことも結構ある、しかし、問題はあうんの呼吸とリズムなのである。そのこつが掴めて、また、多少言い回しの種類も身についてきて、とりあえずの打ち合わせなどには困らなくなった。要するに、場合に応じた相手の話し振りを聞くことで、ああ、こういう場合はこう言うんだというケーススタディを重ねるのである。

そういう経験をすると、海外から人がくるのが楽しみになり、すこしは人間の幅が広がったのかも、と思わないでもない。もともと、とても狭い人間だったので、これで、ちょうどよい程度である。

で、こうなったことの秘訣は、マンツーマンの英会話レッスン料というところに落として、あまり高級でない感情に訴えたことかもしれないと思っている。本当はもっといい方法は、米国人の彼女を作ることなのだが、いろいろな意味でそれは難しく、下手したら人生を誤ることにもなりかねないので、金銭欲の方に訴えて、ささやかな英会話力の向上をはかったという、ささやかなストーリーであった。

GIF特許

| コメント(0) | トラックバック(0)

私はGIF特許というのは今でも生きていて、各社は、権利者であるユニシスに特許使用料を払っているかまたは、使わないようにしているかのどちらかだと思っていた。ところが、「ソフトウェアライセンスの基礎知識」可知豊著、ソフトバンク・クリエイティブによると、GIF特許はとっくに切れているのであった。

では、GIF特許とはどの番号のものかというと、下記の2つである。

USP4,558,302 Title: High speed data compression and decompression apparatus and method
特公平5-68893号

日本出願は、米国出願の優先権主張に基づくものなので、パテントファミリーとしては1つである。

発明者は、テリー・ウェルチ単独である。GIFは、LZWアルゴリズムと呼ばれて、それは、レンペル、ジフ、ウェルチの連名なのだけれども、レンペルとジフが1977年に考案した方法をウェルチが改良して、1983年6月20日に、単独で出願した、という次第である。

USP4,558,302は、2003年6月20日に切れ、特公平5-68893は、2004年6月20日に切れた。日本の出願の方が1年長いのは、日米ともに、権利は国内出願から20年であるからである。

GIFは、256色の古典的ともいうべきイメージフォーマットで、圧縮率に優れているので、CompuServeが推奨し、CompuServeは、これを使うために、1994年にユニシスとライセンス契約をした。そこで、ユニシスは、商用ソフトからは特許使用料をとるが、フリーソフトについては特許料をとらないという方針であったため、フリーソフトにはgifをサポートするものが大量に発生した。

これにより、Webブラウザでも、写真でなくグラフィックイメージの場合に、GIFが標準として採用された。

しかし、ユニシスは、ライセンス料に目がくらんだか、1999年にいきなりフリーソフトウェア向けの無料のLZWライセンスを廃止した。そしてgif形式に対応したフリーソフトの作者にも特許料を請求しはじめた。特許権行使により評判が低下するのを懼れる今の時代ならちょっと考えられない方針ではある。

これのユーザやフリーウェア作者からの反発は当然にあった。それでも、当時特許庁が進めていたパソコン電子出願ソフトの計画では、やはりGIFを図面などのイメージフォーマットに採用した。依然、デファクトであったのである。それで、特許庁は、ユニシスからライセンスを受けた。当時のパソコン電子出願ソフトの初期画面には確かに、ユニシスからライセンスを受けた旨の表記があった。

一方、GIFを作成するアルゴリズムに特許があるということで、W3Cは、特許の縛りのない、PNGというイメージ・フォーマットを採用した。しかし、私の知る限り、これはあまりメジャーになっていない。

因みに、下記が、特公平5-68893の請求項1である。基本的なアルゴリズムをきちんとカバーしている。

 データ圧縮及びデータ復元の装置において、
 データ文字信号のストリームを符号信号の圧縮ストリームに圧縮する圧縮装置であって、
 データ文字信号の前記ストリーム内で遭遇したデータ文字列信号のストリングを記憶する記憶装置と、データ文字信号の前記ストリームを前記記憶されたストリングとの最長マッチを決めるために前記記憶されたストリングと比較することによってデータ文字列信号の前記ストリームを探索する手段と、
 前記最長マッチに続く次のデータ文字信号によって拡張されたデータ文字信号の前記ストリームとの最長マッチを含む拡張ストリングを前記記憶手段に記憶するために前記記憶手段に挿入する手段と、
 前記記憶された拡張ストリングに対応する符号信号を割り当てる手段と、
 符号信号の前記圧縮ストリームを与えるように前記最長マッチに関連した符号信号を与える手段とを備え、
 前記記憶された各ストリングがそれぞれそれと関連した符号信号を有することを特徴とする圧縮装置。

面白いのは、特公平5-68893の明細書は、なんと193ページもあることである。当時は、まだマイコンも普及しておらず、従って、特公平5-68893の明細書の記載は、純粋のハードウェア論理で説明されている。すると、沢山の機能論理ブロック図があらわれてくるので、単純なアルゴリズムでも、説明に長い記載が必要となる。今のように、アルゴリズムを、機能ブロック図とフローチャートだけで説明するなら、GIF特許のLZWの特許明細書は、10ページ程度で済む。このあたりも時代の流れを感じる。また、周辺特許もいろいろ抑えておけたはずなのにそれもしていないというのは、もともとの出願人であるスペリー・コーポレーションは、イメージ圧縮の方法を大して重要とも思っていなかったりだろう。因みに、スペリー・コーポレーションは、1986年にバロースと合弁して、ユニシスとなった。

意外組み合せレシピ

| コメント(0) | トラックバック(0)

SPA! 2009年5月5・12日合併号によると、次のような意外組み合せレシピが、イケテいるそうである。

(1)ゆで卵の黄味+ハチミツ→栗
パッと見は和菓子っぽく、強い違和感はないというが、確かに、そう思わせるものはある。

(2)ホットミルク+たくあん→コーンスープ
これが美味いというのは、本当か? しかし、口にしてみると意外にイケてビックリなのだそうである。

(3)ミカン+キャベツ→リンゴ
なるほど、でも、リンゴ自体が珍しい食材ではないので、そういうのをシミュレートしてもどうか、とついコンピュータ用語で考えてしまう。

ここからは、次第に意表をつく。そうでもないか。

(4) ようかん+マーガリン→スイートポテト
これは違和感はない。

(5)フライドポテト+カフェオレ→焼き芋
これも、まあありそうである。

(6)ツナ+酢昆布→しめサバ
これもやはり、ありそうである。普通に酒のつまみとしてはイケるメニューだそうである。

(7)醤油ラーメン+バニラアイス→とんこつラーメン
ラーメンにバニラアイスを入れるという時点でついていけない。

(8)ミカン+醤油+海苔→イクラ軍艦
これはかなり想像がつく。ミカンを細かく砕いて乗せたものが特に、イクラっぽさを感じさせるそうである。

(9)ウーロン茶+炭酸→ビール
これは当たり前すぎて、面白くない。ようするにノンアルコール・ドリンクである。

(10)牛乳+酢+ハチミツ→ヨーグルト 
これも、意外感はあまりない。

(11)キュウリ+ハチミツ→メロン
むかし、甲虫を飼っていたとき、確かにキュウリに砂糖水をかけて与えていた。普通である。

(12)アボカド+醤油→トロ
これは、ある意味、一番有名ではないだろうか。私はこのパターンでよく食べる。

(13)トマト+砂糖→イチゴ
あれっ、トマトに砂糖かけるのは子供のころよくやったが、イチゴの味なんてしなかった。

(14)プリン+しょう油→ウニ
これもよく言われている。ただ、試してみる気にはなれない。

では、つまらない発想が自慢?の私がなにか思いつくレシピがあるかというと、全く思いつかない。ここにない意外組み合せとしては、食パンにマヨネーズを塗って焼くピザトーストを試したくらいのものである。味覚と女性関係、金銭関係がおそろしくコンサバであることを改めて感じる。世間を見ていると、確かに、(味覚、女性関係、金銭関係)は、ありえるトリプレットかもしれない。

そんな私だから、料理を作るといいながら、料理本のレシピから一歩も出れない。ああ、マックスつまんねぇ男なのであった。

Bilski case

| コメント(3) | トラックバック(0)

がちがちの知的財産ネタであるが、私にとって実務的には意味があるので、昨年話題になった、米国でのBilski caseについて、簡単に触れてみる。

Bilski caseとは、昨年10月に、CAFCで出されたビジネスモデル特許の適格性に関する判決で、商品相場においてリスクをヘッジする方法に関する発明であるBilskiの特許出願についてのものである。

Bilskiの特許出願は、commodity providerとconsumerの間の一連の取引を開始し、commodityのmarket participantを特定し、commodity providerとmarket participantの間の一連の取引を開始する、というものである。

その特許請求の範囲を眺めると、コンピュータ・システムの関与が全く見当たらず、また、行為主体が人間なのかそれ以外のものなのかも全く明らかではなく、もし日本だと、新規性や進歩性を判断するまでもなく、特許法第29条柱書で文句なくアウトである。

そう思っていたら、時宜を得て、この件につき、AIPPIで、米国特許弁護士のJeffrey D. Sullivan氏の無料の講演があると聞いたので、早速行ってみた。以下、自分用のメモを書いてみる。

まず、米国では、アルゴリズムあるいはソフトウェア発明の判例としては、1998のState Street Bankの判例が有名である。それは、株式の手数料支払いの仕組みの特許であったが、既知の方法をコンピュータで実装しただけともいえた。しかし、State Street Bankの判例では、useful, concrete, and tangibleであるなら、数学的なアルゴリズムのコンピュータへの適用であっても特許されるとした。この判決は、日米におけるビジネス・モデル特許のブームの嚆矢となった。

これは知らなかったのだが、1999のAT&T Corp. v. Exce; Communications, Inc.の発明があって、これは、単に数学的なアルゴリズムを適用しただけの発明なのであるが、それでも、useful, concrete, and tangibleをみたすとして特許された。

この後米国では、ブランコの特許、ゴルフの打ち方の特許など、顰蹙ものの特許が相次いだ。別の観点で、契約書の補償条項の設定方法のような、何の技術的特徴のないものも特許された。それだけでなく、ビジネス・モデル特許を買い取って他社を訴える、いわゆるパテント・トロールが社会問題になった。特に、裁判籍としては、原告に有利なテキサス州が利用されることが多かった。テキサス州の地裁では、特許無効が言い渡される可能性が低かったのである。

そこでBilskiである。Federal Circuit en bancでは、machine or transformation testというものが提示された。すなわち、machine or transformation must place meaningful limits on the claim's scopeであり、且つ、machine or transformation must not be merely insignificant, extra-solution activity.

2009のFerguson caseでは、developing a shared marketing forceを含むクレームの文言に対して、"marketing force is not a machine"で、"marketing force is not transformative"とされた。

それでは、Bilskiよりも一歩具体的な方に下って、data structure間の機能的な関係をカバーする、Lowryのケースと、computer-readable mediumをカバーする、Beauregardのケースはどうか、ということになる。

しかし、Board of Patent Appeal and Interferences (BPAI)は、LowryもBeauregardも拒絶するようである。これは流石に行き過ぎではないか。ただここはまだ、揺れているといってよいようである。

さて、今はまだCAFCの段階なので、今後どうなるかであるが、最高裁は、Bilskiを取り上げて、判断を下すものと思われる。それは間違いなく、特許されるべき主題に対して、重大な影響を及ぼすであろう。

ともかく現時点では、まだ明確な基準はない。そこで実務的な指針としては、次のようなことが考えられる。

まず、LowryとBeauregardは、依然として採用を考えるに値する。

さらに、means plus function claimの解釈を逆手にとって、means plus function claimのクレームも含めることを考慮する。

またさらに、特有のハードウェア(particular machine)の要件も考慮してみる。すなわち、組込みシステムのファームウェアのような特有のハードウェアだと、machine or transformation testを通りやすくなるかもしれない。

そこで私が、Jeffrey D. Sullivan氏に質問してみた。新規なアルゴリズムを、普通のPCで実装する場合の米国における特許性はどうかと。すると、Sullivan氏は、普通のPCだと、特有のハードウェアとは認められにくいので、難しいのではないか、という回答だった。

私にはそれは厳密すぎるように思われるが、以下は私の、実務経験に基づく解釈である。すなわち、伝統的に、アルゴリズム特許において、暗号系のアルゴリズムは、米国であれ日本であれ、許されやすい。データ圧縮系もそうである。そのことをmachine or transformation testになぞらえて解釈し直してみると、暗号系やデータ圧縮系の処理は、どう考えても人間の手計算でできるものではないので、そこに登場するコンピュータは、たとえ普通のPCであったとしても、特有のハードウェアの色合いを帯びる。もっと言うと、暗号系やデータ圧縮系の処理では、処理前と処理後のデータの様変わりが著しく、transformation testに合格しやすくなる。

一方、一時隆盛を極めた、front of screen、すなわちGUI関係の特許だと、単なるマウス操作の合理化のようなフィーチャだと、最早machine or transformation testは通りにくいのではないか、と思われる。

こういう自己特有の基準をおいてみて、米国最高裁のBilski判断を待つとしよう。

フォード躍進

| コメント(0) | トラックバック(0)

下記のような記事が目に付いた。

ビッグスリーと並び称されるが、クライスラーやGMが苦境に喘ぐ一方で、フォードが躍進している。以下、ダイヤモンドオンライン 2009年5月11日配信掲載からの引用:

フォードのディーラーでは最近、ピックアップトラックやSUVより、「フォーカス」などの小型乗用車が目立つ。 世間の注目がクライスラーやGMに集まる中、影の薄い存在となっていたフォードがこの5月、久しぶりに(いい意味で)スポットライトを浴びた。5月1日に発表された4月の米国新車販売実績でトヨタ自動車を抜き、ほぼ1年ぶりに2位の座に返り咲いたのだ。実は2009年に入りシェアを伸ばしているのは、フォードだけ。同社の躍進は果たして本物なのか、検証した。(ジャーナリスト 桃田健史)

このところ北米自動車市場について世界各国では、クライスラーの連邦破産法第11条の適用申請(4月30日発表)、GM再建計画(4月27日発表)ばかりが報道されている。

 そうしたなか、5月1日、各メーカーの2009年4月のアメリカ国内販売実績が発表された。そこで目立ったのは、なんとフォードの躍進だった。トヨタの12万6540台を上回る12万9476台を販売し、約1年ぶりに2位の座に返り咲いたのだ。

ちなみに、メーカー別のマーケットシェアで見ると、2009年4月単月では以下のようになった。

1位 GM(20.9%)
2位 フォード(15.8%)
3位 トヨタ(15.4%)
4位 ホンダ(12.3%)
5位 クライスラー(9.4%)
6位 日産(5.8%)
7位 ヒュンダイ(4.1%)
8位 フォルクスワーゲン(3.5%)
9位 KIA(3.1%)
10位 マツダ(2.0%)
11位 BMW(1.9%)
同11位 スバル(1.9%)
12位 メルセデスベンツ(1.8%)
13位 アウディ(0.9%)
14位 三菱(0.5%)
15位 Mini(0.4 %)
16位 スズキ(0.3%)
17位 ジャガー(0.2%)
同17位 ポルシェ(0.2%)
同17位 ランドローバー(0.2%)
18位 サーブ(0.1%)。

これを見ると、苦境に喘ぐGMのシェアが今でもUSでトップなのが目を引くが、おそらく、GMは高コスト体質で、売り上げに対して、社内経費がかかりすぎているのだろう。

実は、フォードの北米部門社長のマーク・フィールズ氏は、1998年、フォード傘下となったマツダに38歳の若さで社長として赴任した。なんでも、ハーバードビジネススクール卒のエリートらしいが、私の知り合いがマツダにいて、当時、38歳の若造が社長としてきたけど大丈夫か、と懸念していた。その社長が来てから、すべての社内文書は、表が日本語、裏が英語のバイリンガルになったそうである。私がいる外資系企業でも、そこまでではないので、おおっ、うちより外資系度が高いではないか、と驚いたものだった。

フィールズ氏は、大のスポーツカー好きで、マツダにZoomZoomをもたらした、という。それだけではない。マツダにいた間に、日本企業の顧客指向性と、短期の株価を追わない長期的な投資の視点を学んだようである。

だから、フィールズ氏は、次のように言う。

ご承知の通り、我々は政府支援に頼らず、我々独自の経営方針を進めることが出来ている。そうしたなか、GM、クライスラーと最も違う点は、商品への投資を継続的に強めていることだ。フォードはいつも、顧客の立場で商品の企画開発を行っている。それが、他の2社との「大きな違い」だ。

それが実際にシェアの向上につながっている。以前このブログで書いた、「費用と、人材と、工夫と、リスクのコストを払わないでは、何一つhappenしない」はここでもあてはまっていると思われる。

別の観点からいうと、フォードはきちんと、日本という外国から学んで、その手法を活かしている。そして、文化のハイブリッド性を達成している。一方、GMも、クライスラーも、トヨタでさえも、結局自国文化の手法にとらわれ、その枠を出ていない。

典型的な外資系企業は、グローバリズムといいながら、単に外国に、アメリカ文化を押し付けている。うまくいかないと、グローバリズムが不徹底だからと、不適切な施策をさらに推し進め、余計に泥沼に落ち込む。アフガニスタンで民間人を誤爆し、一層の反感を買っている米軍と本質的な違いはあるのだろうか。

非加算濃度

| コメント(0) | トラックバック(0)

数学セミナーで、非加算濃度の存在定理の証明があった。もともと、カントールによる対角線論法なのであるが、分かりにくいので、自分に分かりやすい形に書き直してみる。

まず、0以上の整数の集合をNとおく。そして、Nのすべての部分集合を元とする集合をP(N)とする。これは、Nのべき集合とも呼ばれる。

さて、NとP(N)との間に全単射が存在する、すなわち、P(N)とNの濃度が等しいと仮定して、矛盾を導き出してみる。

NとP(N)との間に全単射が存在する、という命題を分かりやすい記号で書くと下記のとおりとなる。

(∃i∈N)(∀X⊂N) ⇒ Xi = X

一方、次のようなX*⊂Nを考える。このような定義の発見が、証明のキーなのであった。
i∈X* ⇔not (i∈Xi)

これは、言い換えると、添え字集合Xiに、添え字i自体が含まれていないような添え字iの集合である。

ところが、X*⊂Nであるから、n∈Nが存在して、Xn = X*

一方、定義により、n∈X* ⇔not (n∈Xn)

ところが、Xn = X*は、n∈X* ⇔ (n∈Xn)を意味するから、n∈X* ⇔not (n∈Xn)と矛盾する。

このような矛盾が生じるのは、P(N)とNの濃度が等しいと仮定したことに起因しているので、実は、P(N)とNの濃度は等しくないということが背理法により証明された。

P(N)とNの濃度が等しくないとしたとき、明らかにP(N)の濃度は、Nの濃度より大きいので、非加算濃度が存在することが分かる。このような非加算濃度のうちの最小のものをω1とおくと、P(N)の濃度は、ω1に等しいというのが、連続体仮説である。

また、濃度がω1の集合Z1から出発して、Z1の部分集合全体の集合の濃度をω2とおく。このような手続きから帰納的に、ω1、ω2、ω3・・・の加算無限の濃度列を作ることができる。

これを、{ωi|i∈N}と書いて、Nを添え字集合と呼ぶ。このような無限の屋上屋にどのような哲学的意味があるのか、ちょっと分からない。少なくとも、知っている範囲の宇宙の無限性を超越してしまっている。

それでは、非加算無限の添え字集合をもつ濃度列を作ることができるか、という当然の問いがありえる。それは、1つ上の濃度を作り出す上記構成法に鑑み、流石に無理なのではと思われる一方、神は常に、手許の無限から新たな無限を作りだす手法を提供するので、そういう構成法は当然にあり得る、という考えもあるかもしれない。と書いて、散歩していたら、ああっと思った。非加算無限の添え字集合というのはまさに、連続体仮説の壁にぶち当たってしまうのである。よってここは、加算な添え字集合で退散するよりない。

という、ささやかな無限への考察であった。

仕入れと利益

| コメント(0) | トラックバック(0)

この本にあることは、普通のサラリーマンには常識なのかもしれない。しかし、特許の仕事しかしたことのない偏った経歴の私には、とても新鮮な内容の本だった。

この本とは、坂口孝則著、「牛丼一杯の儲けは9円」幻冬舎新書。坂口氏はどうも、購買のプロの方のようである。

牛丼一杯の儲けは9円、の計算の根拠は、次のとおりである。牛丼一杯につき、仕入れ値段の推定:
牛肉:80円
タマネギ:5.4円
タレ:30円
ご飯:40円
お茶、ナプキンなど:20円
これにより、牛丼一杯の原価は、175.4円
時給900円のバイトを三人使うとして、月あたりの人件費は、約200万円
これに家賃や光熱費を足すと、運営費は、月約254万円

一方、牛丼一杯を350円で売るとして、毎日500食売れると想定すると、売り上げは、月約542万円。

すると、(売り上げ - 運営費)÷月の牛丼の販売数=約9円という計算になる。ちなみにこれは純利益である。専門用語では、経常利益。安すぎるような気もするが、すべての経費を差し引いた残りなので、こんなものか。すると、吉野家は、広く薄く稼いでいる、ということになる。

同様の見積もりを適用すると、下記のようになる。
ブランドバッグ1つで、600円の経常利益。
高級テレビ1台で、10000円の経常利益。
コーヒー一杯で、20円の経常利益(なんと、牛丼より利益率がいい!)
自動車一台で、10万円の経常利益。

これは商売をしている人に直接聞いた訳ではないので、著者の見積もりだが、当たらずとも遠からずと思われる。というのは、自動車メーカに勤める親戚に聞いたのだが、大衆車一台を売っても、最終的にメーカに入る利益は、下手したら2~3万円にしかならないという。これはまさに、牛丼並みの利益率である。

そういえば、先日のニュースで、トヨタが、8500億円の営業赤字、とあった。原因は、国内だけでなく、頼みの米国市場の冷え込みと、円高。なにしろ、上記のように、自動車というのも、「広く薄く」なので、円高の影響をもろに受けてしまう。すなわち、輸出がメインなので、円高により、わずかの利益がふっとんでしまう。もちろん、販売台数の落ち込みも激痛であろう。

上記の吉野家の例でも、牛肉:80円というところが、牛肉の高騰で90円になったとしよう。それくらいのことは、普通にありそうである。しかし、すると、一気に、売れば売るほど赤字が増える、という事態になる。だから、今更のように、安くてよいものを適時に購入するという購買マンの手腕が問われる。ここらあたりは、しがない特許マンの私には、実感として感じられない。

特許マンの私の購買的なことといえば、外部特許事務所への発注と、外部翻訳事務所への発注である。これを、経費削減のため、それぞれかなり値段を下げる交渉をした。数年前のことである。

当然ながら、結果的にかなり経費は浮いた。ただ問題が生じた。翻訳の方は、質を維持できたが、外部特許事務所の特許明細書の質が低下したように、思われたのである。すなわち、以前より明らかに、特許明細書のページ数が減った。こういうと、長ければいいのか、と批判されそうである。短くても、ぴりっと引き締まったいい明細書というのはいくらでもあるではないか、と。

実際そうなんだけど、私自身が特許明細書を書いてみて、技術的に、納得のいかない箇所というのはどうしても出てくる。発明者にすべて聞くという訳にもいかないので、本屋に行って何冊か専門書を買う。その費用も、その本に目を通す時間も馬鹿にならない。ともかく、その結果を明細書に盛り込むので、特許明細書のページは増える。それでも、私がそうやって平気で時間を掛けられるのは、私が歩合で働いていないからである。もし歩合だったら、それでも最低限のプロ意識はあるので、あまりいい加減なことをするつもりはないが、少なくとも湯水のように1件に時間を投入することはできない。

一方、上記の薄い特許明細書は、私がみて「うん?」と思われる箇所の技術的な掘り下げが甘いのである。審査官からの記載不備との指摘に、立ち往生しないかと思われるものもある。

だとすると、例えば、とても難解な技術の特許明細書を外部特許事務所に依頼した場合、安くすると、質の低下は避けられないのではないか、と思っている。

「牛丼一杯の儲けは9円」は基本的に量産品の材料の仕入れの話なので、特許明細書のような一品工芸品の場合どうなんだろう、とふと思う。

ただ、特許事務所に勤務している人、あるいはその経験者からは、ずっと企業にいる私は、そのあたりのコスト認識が甘いとよく指摘される。経験していないことは実感として分からないので、困っている次第である。

互換インクカートリッジ

| コメント(0) | トラックバック(0)

再生インク・カートリッジ訴訟で、キヤノンが逆転勝訴したのは、2006年1月のことだった。それは、リサイクル・アシストという会社が、キヤノンの使用済みインク・カートリッジを回収して再生し、再販したことが特許侵害としてキヤノンに訴えられた事件で、結局、知的財産高等裁判所で、キヤノンの特許権の消尽が認められず、特許侵害が認定された。それは要するに、「第三者により特許製品中の特許発明の本質的部分を構成する部材の全部又は一部につき加工又は交換がされた場合」に該当するので、消尽が認められなかった、ということである。

その根拠となったのは、特許第3278410号。その請求項1は、下記のとおり。

【請求項1】  互いに圧接する第1及び第2の負圧発生部材を収納するとともに液体供給部と大気連通部とを備える負圧発生部材収納室と、該負圧発生部材収納室と連通する連通部を備えると共に実質的な密閉空間を形成するとともに前記負圧発生部材へ供給される液体を貯溜する液体収納室と、前記負圧発生部材収納室と前記液体収納室とを仕切るとともに前記連通部を形成するための仕切り壁と、を有する液体収納容器において、
前記第1及び第2の負圧発生部材の圧接部の界面は前記仕切り壁と交差し、
前記第1の負圧発生部材は前記連通部と連通するとともに前記圧接部の界面を介してのみ前記大気連通部と連通可能であると共に、前記第2の負圧発生部材は前記圧接部の界面を介してのみ前記連通部と連通可能であり、
前記圧接部の界面の毛管力が第1及び第2の負圧発生部材の毛管力より高く、かつ、
液体収納容器の姿勢によらずに前記圧接部の界面全体が液体を保持可能な量の液体が負圧発生部材収納室内に充填されていることを特徴とする液体収納容器。

実務的には、ううん、かなり限定が入っている、と唸らされるものである。しかし、リサイクル・アシストの場合、まさにキヤノンのインクカートリッジを用いたので、文字通りの侵害となったのかと思われる。

この判決があってから、漠然とであるが、互換インクカートリッジを作ると、キヤノンの特許網から逃れられないのでは、と深く考えもせず思い込んでいたのだが、昨年末あたりから、電気店、雑貨ドラッグストアあたりで、キヤノンの互換インクカートリッジを見かけるようになった。少なくとも数社あるようである。それで、キヤノンから何か法的手段がとられるのかと思ったら、少なくとも表面的には、今に至るまで、そういう様子は見えない。

もし、知的財産の権利行使に熱心なキヤノンが何も法的手段をとっていないとしたら、次のどれかの理由である。

1.特許の権利切れ:これはありそうもない。例えば、特許第3278410号は、平成11年の出願である。年金を払っていれば、権利はまだまだ存続する。
2.互換カートリッジのメーカが、キヤノンからライセンスを受けている:これも考えにくい。おそらく、そういうライセンス料は結構高いので、ぎりぎりの利益で廻しているであろう互換メーカには、採算があわないだろう。また、キヤノンが、おいそれとドル箱のインクカートリッジの特許をライセンスするとも考えにくい。
3.面倒なのでキヤノンが黙認している:これも考えにくい。そういう手間をキヤノンは、厭わないのではないか。
4.特許の権利範囲に属さない:これが一番考えられる。すなわち、もともと、インクカートリッジというのは、比較的ありふれた構造であるから、そこで広い特許権を取得するというのは考えにくい。すると、折角インクカートリッジの特許をとっても、それはかなり細かいフィーチャを限定に含み、よって、互換メーカは比較的容易に設計変更で迂回できるのかもしれない。ただ、数多あるであろうキヤノンのインクカートリッジ特許を精査しないでは、確定的なことは何もいえない。

という、単なる推察の話であった。ちなみに私はまだ、キヤノンの互換インクカートリッジを買ったことがない。好んで安物を買うはずなのに、理由は自分でもよく分からない。そういえば、昔、何かの外部委員会で、キヤノンの人に一方ならずお世話になったことがあった。深層心理でそのことを義理立てしているのかも、と自己分析する次第である。

お金の詰まらなさ

| コメント(0) | トラックバック(0)

宗教的には、お金が詰まらないものであることは明らかなのだけれども、では、なぜそれが詰まらないのか、と考えたら、単に次元を減らすからだ、という考えが浮かんだ。何もお金不浄説を持ち出す必要はない。

すなわち、世の中の価値は多様で、到底一様には値踏みできないはずなのに、それを無理やり、値段というスカラー量に写像しようとする。そのような一次元の世界に写像されてしまうことで、世界はとても詰まらなくなる。

ところが、蓼食う虫ではないが、そのような一次元の世界に群がる人達がいる。先日、NHKの番組を見ていたら、アメリカの投資銀行の小史のような話だった。すなわち、伝統的な商業銀行から、1970年代、投資銀行が独立して設立された。ソロモンブラザーズ、メリルリンチ、ベアスターンズ、ゴールドマンサックス、リーマンブラザーズ等がこぞって参入した。投資銀行とは、顧客企業の有価証券発行による資本市場からの資金調達をサポートし、合併や買収などの財務戦略でのアドバイスを行う金融機関であり、当時のソロモンブラザーズの副社長は、投資銀行とは、顧客企業をサポートするとても地味な存在である、と投資銀行憲章のようなものを書き下した。

ところが、投資銀行憲章は、あっという間に忘れ去られた。それは、ソロモンブラザーズが嚆矢として、証券化という手法を発明したからである。証券化にあっては、投資銀行は、顧客企業に頼るのではなく、自らの資金で住宅ローンなどの債券を買い取り、金融工学の巧妙な手段でリスク分散し、CDOなどの新たな証券を作成して売りさばく。それにより、ソロモンブラザーズは、面白いように儲かった。

ところが、ソロモンブラザーズで、金融工学のスキルで証券化という手法を考案した数人の社員が、CEOの許を訪れた。自分達の考案で、会社は膨大な利益を稼いだのに、自分達の俸給は、周囲の凡庸な奴らと同じではないか、と不満をぶちまけた。CEOは説明した。君達は、会社の資金があればこそ稼げた。それは思い上がりだ、と。

ところが、それらの有能な社員達は、あっという間に、自ら転職し、あるいは高給で競合会社に引き抜かれた。ゴールドマンサックスなどの競合会社にしてみれば、願ったり叶ったりである。こうして、金融スキルのある社員の俸給はウナギ上りになった。その俸給を払うために、投資銀行はみな、よりリスクの高い、ハイリターンの世界に突っ走った。その後のストーリーは誰もが知るところである。

もっと地味な普通の会社の世界に転じる。業績の悪い会社で、成果主義で活性化して業績を上げよう、というのはよく採用される方針で、それに表面的に異を唱える者はいない。では、成果主義の施策は何かというと簡単で、優秀な社員にはより多く払い、優秀でない社員にはより少なく払う。それによって、優秀な社員は増えた報酬でモラールを上げ、ますます必死で働く。すると優秀でない社員も、少しでも俸給を上げようとベストを尽くす。これが、成果主義の構図であるが、本当にそれはうまくいくのか。

実は、経営学者の高橋伸夫氏などによると、成果を出したら俸給を増やす、すなわち、俸給によつて報いるという制度を採用すると、俸給が増えないと熱心に働かなくなるのだそうである。実際、昇進して、双六でいうところのアガリのような地位に就くと、守りの姿勢に入って現状維持のような仕事に耽溺したり、イエスマンになったりする例を私は知っている。それは当然で、地位も俸給も上げ続ける訳にはいかないからである。だから、俸給だけをモラール鼓吹の根拠とすることは間違っている。ここでも、俸給というスカラー量への写像が生じて、会社生活をつまらないものにしてしまっている。成果主義というけれども、本当にきちんと成果を評価できるのかという問いの前に、成果主義は、金銭スカラー量への写像という点で本質的な困難に陥るのである。

ただ、今更のように付け加えるけれども、収入が生活レベルを維持できるより少なかったり、膨大な借金があって首が廻らないと、上記のような議論は出てこない。それどころではないからである。すると、一次元への写像が正当化されるのは、ある臨界的な状況に係わる場合である。例えば、お金と同様の一次元への写像としては、大学受験の偏差値がある。これなども、予備校で、東大などに合格する可能性の判定という意味で、偏差値への写像が正当化される。IQも本来は、精神薄弱の人を判定するためのテストであって、天才や秀才を識別する意図ではなかったという。

換言すると、本来、お金であれ、偏差値であれ、一次元への写像はとても地味で目的限定的なものであるべきであり、ここでも、投資銀行憲章は活きているのである。

受けない芸人

| コメント(0) | トラックバック(0)

もともとお笑い好きで、エンタの神様は、ほぼ欠かさず見ているが、数多の出演者の中には、流石にどうかと思われる人達もいる。その中でもおそらく最悪なのは、もう中学生。やっている芸が、幼稚園の学芸会レベルの下らなさ。「よかったねぇ~♪ よかったよぉ~♪」の決まり文句がくどくて、押し付けがましい。段取りもひどすぎる。

小梅太夫。はっきり言って、おっさんが、わざとキモく塗りたくっている。裏声の歌も踊りもほとんど鑑賞に堪えない。

ミスクリマスク、正体はおそらく栗まり。その素顔は、なかなかいけてる。その巨乳には、いけないと思いつつも、つい惹きつけられてしまう。ただ、話芸は最悪。ほとんど、中学校の学園祭。下ネタで下品だし。まあ、巨乳だから、いいか。

この3つあたりが、ワーストスリーではないだろうか。

その1つ上が、放送局ご用達。すなわち、大した芸はないのに、放送局で決めたままにしゃべる。世界の梅沢。生徒会長金子、あたりか。桜塚やっくんとか。

でも考えてみた。こういう下らない芸人は、理由あってプロデューサが織り込んでいるのだ、と思い至った。

考えてみるがいい。タカ・アンド・トシ、次長課長、サンドウィッチマンなどの超弩級を連射しては、観る方も疲れる。はっきり言って笑いの体力を消耗する。すると、脱力系を間に挟む必要がでてくる。

こういうスキームは一種の笑いのポートフォリオ戦略として理解できるのだが、可哀想なのは、当て馬にされる芸人たちである。最初から短命たることが運命づけられている。蜻蛉芸人というべきか。

それでも、エンタに一瞬でも出れれば、まあめっけもの。一瞬たりとも脚光を浴びることなく消えていく芸人がなんと多いことか。

そう思うのも、次第に私が噛ませ犬の存在になりつつあるからであろう。引き立て役。ただ、会社だと、受けない人達も、ずっとのさばっている。スペースシャトルに乗せられて宇宙に行って、そこでエンジントラブルで軌道が狂って地球に帰ってこないで~、みたいなギャグ言うコンビがそういえば、いたよね。

文脈スキルと一般スキル

| コメント(0) | トラックバック(0)

一般的に会社のスキルは、文脈スキルと一般スキルに分かれる、と言われる。文脈スキルは会社固有のスキルで、あまりポータビリティがない。一方、一般スキルは、転職に際しても、ポータビリティがあり、有利である。こういう言い方がよくされるので、もう少し詳細に検討してみる。

先ず、文脈スキルとはどのようなものだろうか。典型的には、その会社での人間関係であり、誰が何が詳しいか、誰に頼むとうまく行くか、誰にはきっちり話をつけておくべきか、などの人脈情報である。

また、社内で誰を面倒をみてきたか、誰にお世話になったか、誰とはうまが合わないかという情報もある。言い換えると、誰に貸しがあり、誰に借りがあり、誰には頭が上がらないか、誰に頼まれたら期待に答えなくてはならないか、などの情報である。

さらに言うと、会社のポリシー、社内規則、社風、技術情報などの内部スキル、取引先との関係、社内の仕事のワークフロー、社内ITシステムの使い方などがあり、書き下すと、文脈スキルは膨大である。こういう文脈スキルなくしてなかなか社内では仕事をすることができないことが明らかである。

それでは、一般スキルとはなんだろうか。単に、スキルの全体の集合のうち、文脈スキルの補集合と定義するのでは適切ではなく、やはり列挙的に述べるべきであろう。

一番自明な一般スキルは、英語力、コンピュータ・リテラシーである。例えば、英会話で外国人と交渉できる能力は、どこに行っても使える。WORD、Excel、パワーポイントを使いこなす力もそうである。あと、統計数学の能力、ネゴシエーション・スキルなどもそうであろうか。その他、会計知識、法律の知識、電子工学の設計スキル、プログラミング・スキルなど、多岐に亘る。

しかしである、あなたの売りは何ですか、と聞かれて、WORDが駆使できます、TOEIC800点です、というのだけでは、いまいちインパクトに欠ける。でも、Linuxのコアチーム・メンバーです、というのならインパクトあるかも。

ともかく、「文脈スキルなくしてなかなか社内では仕事をすることができない」というところがポイントである。すると、考えてみると、一番重要な一般スキルは、文脈スキルを構築する、という意味での一般スキルである、汎スキルである。すると、文脈スキルの大きい部分を人間関係が占めるのであるから、IQよりもEQが、一般スキルにおいて重要になる。そして、どんなに優れた腕がある職人であっても、どこにいっても喧嘩して辞めてきた、では、使いものにならないかもしれない。おっと、そういう私も若気の至りで、結構喧嘩して辞めてきたものだった。自分は大丈夫か、と今更自問する。

もっと贅沢なことを言うと、文脈スキルから一般スキルを抽出できる、という意味の汎化スキルも、一般スキルに含まれるべきである。例えば、法務部で契約書のレビューの仕事をアサインされたとき、そこで、社内ではこうするという事例を沢山マスターするだけでは不十分で、一旦民法の契約法の概念で汎化しないと、仕事力は深化できない。こういう汎化を行なうと、数学でいうところの、基底ベクトル系をもつことができる。すなわち、社内の文脈的事例を、基底ベクトルに分解しておくことにより、新しく出会うことを、基底ベクトルの一次結合として理解できる。これにより応用力が高まり、もし何かの都合で他の会社に移らなくてはならないときも、文脈スキルを文脈スキルに留めないで、応用することができる。

文脈スキルと一般スキルをこのように定義してみると、会社は、どういう人材を採用すべきなのか、少しだけ見えてくる。それは、単に英語力、学歴、職歴だけの問題ではないことが明らかである。ただ、凄い一般スキルというのは、売りになる。例えば、暗号化のエキスパートである、とか。

だから、スキルのポータビリティという意味では、α×専門能力+β×文脈スキル構築能力+γ×文脈スキル汎化能力のような感じではないだろうか。業種によって、適宜重み付け係数α、β、γを調整する。スポーツや研究専門職でαが大きく、普通のサラリーマンではβが大きい。γはある種のマネジャに必要なのだろう。

社畜

| コメント(2) | トラックバック(0)

凡そ美しい日本語とは言い難いが、社畜という言い方がある。池田信夫氏のブログを見ていて、思い出した表現である。昔、森村誠一の小説や、渡辺一雄の一連の企業小説でも見かけたような気がする。通常、年功序列とセットで引き合いにだされる。

どういう意味かというと、要するに、自分の価値観、倫理観を捻じ曲げてまでも、会社に忠誠を尽くす、ということで、一種の思考停止状態と呼べないこともない。

私はというと、だいたいが上司に対して素直ではないので、会社に対してあまり過度の忠誠心を抱いたことはないつもりである。寧ろ、実力で転職したいといつも思っていた。実際、転職は二度経験したが、とても派手な成功談とはいえない。ともかく、だから、あまり社畜ではないのだろうと思っている。

特に私が担当しているような仕事だと、弁理士などの資格があることが絶対に有利なのは分かっているのだが、どうしても資格試験が苦手で、早々に諦めた。私は果たして、国家資格のなかでは比較的容易であると言われている宅建主任さえ受かれるのかどうか、全く自信がない。

それで、実力の証のようなものが特になく、また、株式投資など全くやらないことから分かるように極端にリスクを嫌う性格であることから更なる転職に踏み切れず、今の会社に、不満をもちつつも25年以上もお世話になっている。その間、管理職も経験し、ニューヨーク本社でマネジメントに励まされてその気になっていたこともあるので、ある意味社畜でなかったともいえない。

それでも、池田信夫氏が、日本でも、労働者の流動性を高める必要がある、というのは、私は賛成である。すなわち、流動性が低いので求人が少なく、すると学歴、資格など明確な基準を満たさないとないとなかなか応募できない。労働者の流動性が高まって求人が増え、もっと素の実務能力だけでも応募できるようになるなら、私は賛成である。

それとの双対で、できない社員が切られるという気風になってくるのも仕方ないと思う。私は少なくとも、能力不足でリストラになるとしたら、仕方ないと覚悟はできているつもりである。

ところで、ちょっと話の趣旨は違ってくるが、できる社員はどんどん転職していくものである、アメリカを見なさい、という言い方をする人がいるが、それにはちょっと異論がある。

というのは、私がいまいる会社は典型的な外資系なのだけれども、米国本社を見ていると、確かに辞めたり、新しく入ってくる人は少なくない。また、辞めたり、新しく入ってくる人でとびきり優秀な人もいる。ところが意外に見落とされているのは、会社の中核に、ほとんど生え抜きでこの会社一筋という一群の人達がいることである。そういう人達が根本の施策を作っている。その全てが感心するような施策ばかりではないが、ともかくも、長年会社にいて、下積みからいろいろな仕事を経験して昇進した人が、典型的な米国会社の本社でも必要とされている、ということを感じる。

ところが面白いのは、米国本社ではそういう生え抜きのエリートが何人もいるのに、海外の支社や子会社では、まるで意図したように、優秀なのかもしれないが経験の浅い人達を抜擢していることである。私は社歴が長いだけで到底そういう器量ではないが、私が見ても、生き字引みたいな重鎮の人も支社にはいるのだけれども、なぜか意見を求められる機会さえ与えられていない。すると、いよいよ、海外の支社では、優秀であり且つ、下手に前例を持ち出さないフレッシュな人達が求められている、ということになる。すなわち、指示されたとおりにやりなさい、ということである。

そこで私の言いたいことは、どんどん転職する実力者が活躍する部分はやはり、会社業務の中核ではないのではないか、ということである。よって真実は、時代が推移しても、生え抜きで転職しない一群のエリート達と、その周囲で一匹狼のように、あるいは傭兵のように、実力を発揮して短期間在籍し、プロジェクトが終わったら別の会社に移っていくフランスの外人部隊みたいな人達から構成されるのかも、と思われる。

こう書きながら、突然意味もなく、結局、多数の大衆にとって幸せな日々は来ないのではないか、と悲観的になってきた。プロレタリアートの時代を予言したマルクスも、そのための方法論や社会工学の手法を全く提示し得ていない。どうすればいいのか、私はそう遠くない定年を控えて、途方に暮れるだけである。

バードストライク

| コメント(5) | トラックバック(0)

バードストライクというのは、鳥が乗り物に衝突することであるが、鳥の飛ぶ性質上、一番頻繁且つ問題になるのは、飛行機あるいはヘリコプタなどである。

今年の1月15日の午後、ニューヨークで、ハドソン川に旅客機が不時着した事故があったが、この墜落の原因は、バードストライクだったと伝えられている。

航空機の事情に疎い私は、鳥くらいで、と思うのだが、実は結構古典的な事故原因であり、1960年にアメリカの旅客機のエンジンが鳥を吸い込み、その原因で墜落し62名が亡くなるという事故があったのが、一番典型的な事例である。実際、FAA報告によれば、1990年から2003年までに、合計51000件ものバードストライクが報告されているという。すると、多くの場合は重大な事故にならないが、場合により、重大なエンジントラブルになる、ということである。

今年の3月14日にも、上海発羽田行きのJALボーイング747-400がエンジンに異常を検出して、上海の空港に緊急で帰還したとがあった。それもエンジンが鳥を吸い込んだのが原因である、という。

これだけ日常的に起こることであり、昔から頻繁にあることなので、構造的に対処できないのか、という疑問は湧く。しかし、大型機だと、エンジンの口径も大きく、高速で回転するエンジン羽根部分に鳥が衝突すると、羽根を破損して重大な事故になりやすいという。

そこで、ちょっと特許公報を検索してみたところ、航空機エンジンに関して、バードストライクに対処する技術を開示するものは驚くほど少なく、2件しか見つからなかった。

1件は、石川島播磨重工業の特開2005-315138号で、「バードストライク等により一部の後部動翼14に破損が生じた場合には、前方よりボルト19を弛めてスピナー16をディスク15から取り外した後、上記破損している後部動翼14のみをディスク15から取り外して新たな後部動翼14に交換することができる。」という記述からみてとれるように、破損時の部品交換を容易にする目的である。

もう1件は、ユナイテッド  テクノロジーズの特開2007-51637号で、「リブ42bのW字状のリブ部位が多方向への剛性を提供し、座屈、特にバードストライク(鳥等の衝突)の発生に対する改良された耐性を提供する。」とあるように、バードストライクが起きても、それに耐えられる剛性を提供しようとする。

結局、エンジンそのものに対バードストライク性を与えることは、難しいということである。そこで航空会社は、鉄砲の空砲、烽火などを使って鳥を空港付近から追い払う方法をとっている。というのは、バードストライクは、離発着の低空飛行時に発生することが多いからである。流石に高度10000メートルを鳥が飛ぶことはない。

しかし、鉄砲の空砲、烽火などのローテクでは今まであまり功を奏してない。そこで、まるで兵器に対処するかのような、鳥のレーダー感知、画像計測認知、レーザー光などによる追い払いなど、ハイテクが、ハドソン川での事故を受けて、ようやく検討され始めている、という。

インフルエンザ・ウイルスであれ、農業における蜜蜂であれ、また、航空機における鳥であれ、人類の周りの生物が本質的な意味をもつことを改めて認識する次第である。

米長の法則

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は、日本将棋連盟会長の米長邦雄がどうも好きになれない。その実績は認めるが、倫理的にどうか、ということがある。例えば、浮気しまくったり、若手棋士の彼女を寝取ったという噂もあったり、その他、日本将棋連盟会長になるため、権謀術策を弄したとかである。しかしそれでも、日本将棋連盟がそれなりによく運営されているように見えるのは、彼の政治力によるところもあるのかもしれない、と認めざるをえない面はある。

ところで、その米長邦雄に、米長の法則というのがある。ちょっとした将棋ファンならみんな知っているが、どういうことかというと、相手にとって非常に重要で、自分にとってあまり重要でないような対局に、全力を尽くす、ということである。それは、B級1組の対局の最終局であった。相手は、それに勝つとAクラスに昇級。負ければ、昇級はおあずけ、という重要な一番。一方、米長は勝っても負けても、昇級にも降級にも関係ない。普通は、米長側は気合は入らない。気合が入らないどころか、ここであまり本気ださないでおいて、もし負けたら、相手に貸しをつくっておける、のようなせこいことを考える人もいるかもしれない。

しかし、米長は違った。和服を着て、まるでタイトル戦を戦うかのように気合を入れた。それで、相当に難しい内容の将棋であったが、きっちり勝って、相手のAクラス昇級を阻止したのであった。

負かされた相手も然る者、当然に、恨み言の一言も言わなかった。流石、勝負師である。その後負かされた相手が翌年以降、Aクラスに昇級できたのかどうかフォローしていないが、米長は、このように戦うことで運気を溜め、Aクラスに昇級、名人一期を含むいくつかのタイトルもとった。

私は最早普段ほとんど将棋を指さないし、ましてや切羽詰った将棋のリーグ戦を争うということもないので、将棋に米長流を適用するということはありえない。そこで、普段の仕事に米長流を適用してみようと思った。

例えば、私が管理職をしていたとき、いろいろな発明者から、自分の過去の発明履歴を求められることがあった。それは、ある意味、人事部門の発明報奨担当の人に振ってもよかった。しかし、人事部門の発明報奨担当の人は、私ほどシテマチックに情報を出せない。そこで、私がDBで専用のクエリーほ作成して、発明者からの要求にクイックに応じられるようにした。すると、噂を聞きつけた発明者が、いろいろと私に要求を送ってくるようになった。自分本来の仕事で大変なこともあったが、その合間を縫って適時に対応した。正直言って大変なこともあったが、半ば意地のようにしてやった。これは1つの例示であって、同様の仕事は、雑用の元締めであった私には沢山あった。

これは、相手にとって重要であって、自分自身にはあまり重要でないことを、一生懸命やる、という意味で米長流なのだけれども、米長流と決定的に違うのは、米長流では相手の折角のチャンスを、礼節をもってきっちりと潰すのだけれども、私が採用した亜流の米長流では、純粋に相手に便宜を図る、という点である。こちら側に分かりやすいメリットがない、という点では同じであるが。さらに言うと、純正米長流では、それを適用する場面なんてそんなに滅多にない。せいぜいが数年に一局であろう。そもそもが、それに負けたら相手が昇級するという場面があったとしても、こちらはこちらで負けたら落ちるという場面だったりして、嫌でも真剣にならざるをえないからである。一方、亜流の米長流では、そういう場面は日常茶飯事である。すると、本物の米長流のように、その都度精魂を傾けていられない。

こういう違いがどうなったか、後を追ってみよう。米長邦雄は、米長流を適用したことで運気を自分に集め、大きい実績を上げた。しかし、それによって彼が、日本将棋連盟内で人望を獲得したとは聞かない。だからこそ、日本将棋連盟会長になるために、ひとかたならぬ政治的手段を使う必要があった。

一方私は、亜流の米長流を社内で実施することにより、意味なく忙しくなったりしたが、それによって運気を自分に集め、昇進するということにはならなかった。寧ろ雑用ばかりやっているということで、逆に上位マネジメントからの受けは悪化したかもしれない。よって、亜流の米長流は、立身出世の観点からは、メリットをもたらさないばかりか、却ってデメリットがある、ということになる。

それでも、亜流の米長流を弁護すると、それを続けることで、私は社内に、私を頼りにしたり、信頼してくれる人を少しずつ増やしていった。それは本当に微かなもので、必要によりこちらから困ったことを相談できるという程にも至らないが、少なくとも私は、亜流の米長流で、社内に居場所を確保することができたように気がしている。

ただ、この世知辛い世の中で、亜流の米長流を真面目に実施する人は少ない。会社の人事というのはよく分からないもので、あまり実績なく望外の昇進というのもありえる。そういう人こそ、亜流の米長流を適用して、自分の居場所を発展させなくてはならないのに、却って、自分自身の利害を追求するようなことしか関心がなく、部下や周囲の不満を吸い上げることに無関心になって、立派になる机と反比例して、一層自分の居場所を無くしているのを見かける。あれで幸せなのだろうか、と問うてみるが、一方、亜流の米長流でやってきた私がどれだけ幸せなのかも自信がない。どうも歯切れの悪い終わり方になってしまった。

松井充

| コメント(0) | トラックバック(0)

会社の私がいる部署では、なぜか、三菱電機から転職してきた人が何人かいて(いた、ともいうべきか)、そのうちの複数の人から、三菱電機には、凄い暗号の権威がいると聞いた。私は、暗号方式にいささかの興味があるので、それは誰だろうと思っていた。ところが最近テレビを見ていたら、NHKの教育番組で暗号の特集があり、三菱電機の松井充という人が、出演していた。どうもこの人らしい。三菱電機情報技術総合研究所情報セキュリティ技術部長の地位にある。

Wikiによると、松井充氏の暗号に関する業績は、次のとおりである。

1993年に、線形解読法を発見して、発表した。

1994年に線形解読法を用いて、12台のワークステーションを50日動かして行ったDESの実験的解読を発表した。DESは、IBMによって提案された堅牢な64ビット暗号方式で、それまでは1つの規格だった。

また、MISTY-1およびMISTY-2の開発者、CamelliaおよびKASUMIの共同開発者の一人でもある。

特許出願をみると、1988年5月23日に出願したものが第1号で、1999年9月28日に出願したもので終わっており、全体で38件。特に多い方ではないと思う。最近は特に出願していないようである。1991年6月13日に出願した特許第2862030号は、松井充氏の単独発明であり、暗号鍵や暗号関数を平文に依存して変化させるもので、一件も引例なく特許されて、14件もの後願に引用されている(私がいうところのパーフェクト特許)。線形解読法を発見したのがこの直後なので、一番脂が乗り切った頃かもしれない。

しかし、アマゾンでみても、彼の著書はない。また、大学教授になろうとしたら、引く手数多であろうに、そういう話も聞かない。その業績にも関わらず、地位や名声などの俗な関心は少ないと見受けられる。いろいろな意味で、青色発光ダイオードの中村修二教授とは、少し異なるメンタリティだと思った次第である。

体内合成

| コメント(0) | トラックバック(0)

猫を飼っているので、ときどき、キャットフードの成分を眺める。すると、タウリン強化を謳い文句にしている製品もあって、どうもタウリンが重要な成分らしい。それは、猫科の動物は、タウリンを体内合成できないからだという。タウリンは、心臓の機能、視覚、繁殖、胆汁酸塩の形成に不可欠であり、欠乏すると、猫にとって致命的になりかねない。

では、人間はどうかというと、人間はタウリンをある程度体内合成できる。従って、タウリンを含まない植物由来の食べ物だけを食べていても生きていける。鳥やネズミもタウリンを体内合成できる。草食動物は一般的に、タウリンをある程度体内合成できると思われる。

すると、タウリンを体内合成できない猫やライオンなどの猫科の動物は、鹿、ネズミ、牛などのタウリンを体内合成できる動物を肉食することによって、そこから間接的にタウリンを摂取する、ということになる。

一方、人間の側では、体内合成できない必須の栄養として、いくつかのビタミンがある。先ず、典型的にはビタミンCで、これが不足すると、壊血病になる。16世紀から18世紀の大航海時代に、原因不明の疾患で、バタバタと船員が倒れていくことが恐れられたが、それはまさに、ビタミンC不足による壊血病が原因だった。Wikiによると、1753年にイギリス海軍省のジェームズ・リンドは食事環境が比較的良好な高級船員の発症者が少ないことに着目し、新鮮な野菜や果物、特にミカンやレモンを取ることによってこの病気の予防が出来ることを見出した。この知恵が共有されて、その後、壊血病は防止できるようになった。特に、保存食のビタミンC源として、ザワークラフトが有効であった。

ある意味ビタミンCよりも印象深いのは、ビタミンB1である。ビタミンB1が不足すると、脚気になり、心不全と末梢神経障害をきたす。明治時代、兵隊たちに脚気が流行り、死者が出ているとき、当時一等軍医であった森鴎外は、これの原因を細菌であると考えた。当時のパラダイムではある意味仕方なかったかもしれない。特にドイツで細菌学を学んだ森鴎外には、細菌原因説に加担するインセンティブがあった。しかし、森鴎外の失態はその先にある。地方の軍医が、麦飯を糧食に加えることにより脚気の患者を減らしているという報告を知りながら、森鴎外は、日清・日露の戦役で外地にある兵隊に、敢えて麦飯を含む適切な糧食を供給することを拒み、日清・日露あわせて三万人以上の脚気による病死者をもたらすことになった。経験的事実に従わず、自分の権威と面子に拘った大失態である。生涯、このことを自分の間違いと認めなかった森鴎外は、それによって後世の評価を著しく下げてしまったと思われる。もちろん、文学価値を切り離して評価する、という立場があってもよいが。

そこでビタミンに戻って、ライオンは肉しか食べないが、ビタミンを体内合成できるので、ビタミンを別途摂らなくても栄養障害にはならないと昔、ものの本で読んだことがあるが、果たして本当だろうか。

特にビタミンCに限ると、人間とある種のネズミは、ビタミンCが体内合成できない。一方、犬でも、猫でも、熊でも、ライオンでも、ビタミンCを体内合成できるらしい。逆に言うと、人間と、猿と、ある種のネズミだけが、動物の中で、ビタミンCを体内合成できない孤立種であるらしくて、そのことを合理的に説明できる理論はないそうである。

こうして、どの種がどの栄養素を体内合成できないか、というテーマを進化論的に追求すれば面白いテーマだと思われるが、素人の私には到底無理である。

ところで、人間がタウリンを体内合成できるといっても、タウリンを食物から摂ることが無意味な訳ではない。寧ろ、疲れたときの疲労回復のために、タウリンを積極的に摂ることに意味があったりする。そこで、イカや蛸などのタウリンを豊富に含む食物を摂ることが推奨されるし、リポビタンDという栄養ドリンクのコマーシャルでは、タウリン含有が謳い文句になっている。

一方、猫がビタミンCを体内合成できるとはいえ、キャットフードには、ビタミンCを含む各種ビタミンが強化されている。

こうして、栄養的には申し分ない環境が用意され、それによってペットも人間も、かつてない長寿を享受できていることは間違いないと思われる。

思考停止

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前、姉歯建築士の耐震偽装に関連して、建築関係の法令遵守が厳しくなり、そのせいで建設業界が大変な不況になる、というコンプライアンス不況ということが言われた。しかし、それはある一面では、物事を本質をみない「思考停止」である、ということが、「思考停止社会」郷原信郎、講談社現代新書にある。そこで、この本の内容をざっと紹介しつつ、コメントする。

先ず最初は、不二家と、伊藤ハムの「隠蔽」問題。不二家の場合、シュークリームに使われる牛乳が一日だけ消費期限を過ぎていたということを不二家が隠蔽していた、ということから問題が生じてきたのだが、シュークリームの菌検査では何の問題もなく、カスタマからのクレームも皆無であった。ところが、外部に委託したコンサルタントが、「発覚したら雪印の二の舞」と余計なことを言い出して、それが外部に漏れたものであった。それを嗅ぎつけたマスコミがよってたかって不二家バッシングし、とうとう不二家は、業績不振のあまり、山崎パンの子会社に成り下がってしまった。

一方、伊藤ハムも、使っていた水道水から微量のシアンがみつかったことを担当保健所が問題視し、そのことを嗅ぎつけたマスコミがやはり、情報隠蔽であると炊きつけ、伊藤ハムは苦境に立たされた。しかし、ハムなどの製品には全くシアンは見出されていない。

すると、不二家も伊藤ハムも、内部的に問題に気付き、手を打てば済んだはずであり、そこに若干の落ち度はあるとしても、世間から激しいバッシングを浴びて経営危機に陥るのはあまりにも行き過ぎであることは、理性ある人に明らかであろう。

そういう意味では、姉歯も、彼個人の問題なのであり、一般的に審査コストを高めすぎるのは、明らかに行き過ぎである。

私がほとんど知識がない分野なのでコメントしにくいが、村上ファンド事件、ライブドア堀江事件、ブルドックソース事件などは、経済の事情に疎い司法の暴走は否めない。このあたりも、法律至上主義が見え隠れしないだろうか。

社会保険庁による厚生年金改竄スキャンダルも、実は、社会保険庁が単に怠慢だったのではない。制度的な事情もさまざまあり、ひたすら社会保険庁を叩いて溜飲を下げていけない。

もしかして、一番問題なのは、思考停止して、登場人物に、改竄、隠蔽、不正などの庶民に分かりやすいラベルをつけて、非難を増大させるマスコミなのかもしれない。そうやって暴走しても、マスコミはほとんど謝罪しない。ただ沈黙して、話題が逸れるのを待っている。そして、やおら、その舌の根も乾かないうちに、同じことを繰り返す。

では、どうして思考停止が起きるのか、というと、それは人間の本性といってよい。ここからは私の意見であるが、あるいみ、それは、エルンスト・マッハのいう「思考の経済」と同義であって、例えば、ある定理が証明されたとすると、その後はその結果だけ利用して、新しい命題を考えればよい。決して、定理を証明し直さない。すると、思考停止が、新たな思考を進める原動力になる、ということである。

問題は、もとの定理が、ある限定した条件の下にしか成立しない場合である。すると、その定理を利用する前提が正しくない条件下で思考の経済を発揮して議論を進めると、場合により、その結論は悲惨になものになりかねない。これが思考停止がもたらす弊害を抽象的に表現したものである。これを、私の造語で、<定義域の誤謬>と呼ぶ。ここでいう定義域は、分野、時代、規模、文化背景などさまざまなパラメータを含むものである。

次の問題は、「攻撃は最大の防御」を許してしまっていることである。すなわち、叩けば埃が出るような団体があったとして、ある瑕疵を衝いて政府を非難し続けていけば、そして、非難し続けていることに世間の注目を集めている限りにおいて、自団体には非難が来ない。これを、あまりいい言い方ではないが、<攻撃の誤謬>と呼ぶ。<攻撃の誤謬>のまずいところは、攻めている側に、反省のチャンスがない、ということである。すなわち、一方的に責めるだけで自らの非を省みることがない。

さらに次の問題は、世間の注目度のリソースは有限なので、ある問題が注目されると、他の、もしかしてもっと問題になるかもしれないことが非難を浴びないで、見過されることである。これを私は、<火事場泥棒の誤謬>と呼ぶ。

すると、思考停止を防ぐ方法としては:

<定義域の誤謬>に関して:その前提が正しいのか、事実認定は正しいのか、真の問題はなにかをきちんと考える。また、ルール自体が正しいのかも、きちんと考える必要があるだろう。

<攻撃の誤謬>に関して:攻撃している団体は、妥当な判断をしているのか。その団体自体に問題しないのか、と逆に追求する。

<火事場泥棒の誤謬>に関して:もっと本質的な問題は見過されていないのか、を常に考えていく必要がある。

幻覚の構造

| コメント(0) | トラックバック(0)

テレビを見ていて、統合失調症に苦しむ人達に関する番組があった。Webで調べてみると、統合失調症は、昔、精神分裂病と呼ばれた精神的な病気を、別の観点からみて言い換えた病名のようである。確かに、精神分裂病という呼び名は、誤解を招きやすい。ただ、統合失調症と言い換えたことで、何か症状が分かりやすくなった訳ではない。

統合失調症の典型的な症状は、幻覚や妄想などの症状を呈し従前の生活能力が失われてしまうことである。その原因は、脳内物質であるドーパミンの過剰である、という説があるが、まだ仮設にとどまっているようである。治療としては、抗精神病薬による薬物治療が主要のようであるが、見ていたテレビ番組では、フットサルによる運動療法が併用されて、ある程度の効果を収めているようであった。

そこで、私の常日頃の疑問は、なぜ幻覚が起こるのか、ということである。幻覚の内容は、幻視、幻聴、誰かに見張られている感覚などである。

私のトンデモ仮説は、霊感が高まることによって、幻覚があらわれる、というものである。一旦霊感が高まると、周囲に漂っている浮遊霊を感知してしまう。

その根拠は、例えば、青森県在住の稀代の霊能師、木村藤子の自伝にある。木村藤子は、子供の頃、ごく普通の少女だった。ところが、高校生になったころから、他の人に見えないものが見え始めた。高校を出て、地元の金融機関に就職するが、その傾向は甚だしくなって、それが辛くて仕方がない。あまり辛いので死のうと思い、車を運転して崖につっこんで自殺しようと意図した。ところが、実行しようとしたら、冬でもないのに雪が降ってきて、運転不可能になった。それで思いとどまって、紆余曲折をへて、霊能師になった、という次第である。

このように下手に霊能があって、死霊など見たくなくても見えると、苦痛も甚だしい。私は、そこで、統合失調症などの精神病も、一時的に霊能が高まって、周囲の余計な霊の気配を感じてしまうのだ、と仮説を立てる。

アルコール中毒も、やはり幻覚があらわれることで知られている。実際、私の経験でも、飲みすぎたときは、とてもリアルな、しかし幻想的な夢をみる。一時的に霊能が高まっているのだと思う。タミフルにも、そういう作用があるようである。すると、ドーパミンなのはなにか分からないが、ある種の脳内物質で、本来人間がもっている霊感が高められるということがあるのではないか。

これも仮説であるが、霊能は特殊なものではない。どんな人間にもあるものである。例えば、日本霊異記などを読んでみても、とても活き活きと霊的な出来事が記述されている。当時は、文明が未発達で、却って、多くの人々の霊能は、圧殺されることなく日常茶飯事だったのだろう。陰陽師、安倍晴明などもその流れである。

すると、統合失調症は、封殺された霊能力の喘ぎなのだろうか。また、統合失調症には、思い切ってあっちの世界に行ってしまう治療法と、こっちの世界に引き戻す治療法とがあるのだろうか。このように、考えてもなんの足しにもならないことを空想してみる次第である。

適切な評価

| コメント(2) | トラックバック(0)

会社というところは、仲良しサークルではなくて、営利団体なのだから、業績の評価ということが避けられない。私は、不承不承であるが10年以上管理職をやらされ、そうすると必然的に、部下の評価をしなくてはならないので、適切な評価とは何か、ということを考えされるを得なかった。

それでいくら考えても、何が適切な評価ということは分からずじまいであった。もし適切な評価を可能ということにしようとすると、例えば、下記のような前提が必要となろう。

すなわち、私がある営業部隊の課長であるとし、部下は皆、ある製品を売る営業担当であるとする。そして、業績の評価は、ある一定期間の売上高のみに基づき行なわれる。勤務態度は基本的に問わない。顧客からのクレームも、甚だしいもの以外は特に考慮しない。こういう前提なら、おそらく私でも、適切な評価はできる。もちろんその際、年功や社歴に基づく給与の額は考慮に入れる。すなわち、ある程度給与の額に比例した業績を期待するのは当然であろう。

ところが実際の職場では、そんなことはまずない。ある部下は、経理的なことを主に担当している。ある部下は、部門のITのシステム担当をメインに行なっている。ある部下は、派遣社員を管理する役割を担っている。しかも、社歴も年収もスキルもばらばらであるとする。このようにばらばらだと、どうやって公平な評価をするのか、見当もつかない。すると、誰が一生懸命夜遅くまで頑張っているかとか、誰が他の社員に評判がいいかとか、誰が面倒な仕事でも嫌がらずに引き受けてくれるか、などの要素で評価を決めざるをえず、人情として、どうしても人間間の相性も完全には打ち消せないので、いよいよ評価は、客観的であろうとしても恣意性を帯びてくる。

ただ、同列の管理職の人にも部下がいて、そこでも評価がつけられる。そのとき、自分のグループの部下の評価と他のグループの部下の評価が独立であることは普通ありえなくて、相互に調整がなされるのが普通である。よってそこに、ある程度の客観性が担保される、ということはある。

それで結果として通知される評価を、本人が高すぎると思うことはあまりない。むしろ、多くの場合は、いや、これは妥当な評価ではない、自分の能力はもっと高いはずである、と思うことの方が多いだろう。

それ以外にも、評価結果を他人がどう見ているかということもある。他人は、普通、ある人の評価結果を厳密には知ることはできない。しかし、昇進速度や報奨的な機会を与えられる頻度で、評価を間接的に知ることができる。

一方、仕事の能力も、他人からみて、ある程度客観的に見てとることができる。すると、管理職が最低限ベストを尽くすべきことは、個人が納得する評価をその個人に対して与えることよりも寧ろ、ある個人がどのような評価を与えられているかと他人が推定する評価と、ある個人の能力はこれくらいだろうと他人が推定する能力とを比例させることであろう。

そこが維持されていると、一応組織の公平性は維持される、と思われる。これに対して、個人が納得する評価をその個人に対して与えることは2つの点で難しい。先ず、人はなかなか自分の能力を客観的に見ることができない。次に、いくら優秀であっても、相対評価なのだから、もっと優秀な人がいるなら、そちらに高い評価を与えるよりない。

ところが実際の組織にあって、他人が推定する評価と、他人が推定する能力とを比例させることも、実はなかなか困難であったりする。理由は、組織には独特の力学とプランがあるのである。例えば、ある基準で一旦幹部候補を決めたら、後で優秀でないとわかっても、おいそれと他の候補とすげ替えることはできない。既に十分、幹部候補として投資をしてしまっているからである。旧日本軍で、陸大、海軍大出身のエリートがヘマしても、なかなか更迭されなかったのは、そういう事情だろう。

こうして、他人が推定する評価と、他人が推定する能力が乖離して、前者が後者を凌駕してしまうと、組織の健全性にひびが入る。それを過評価と呼ぼう。

さて、人は過評価を喜ぶものだろうか。多くの場合、そうだろう。ラッキーと思うだろう。ところが、ある程度誠実な人がなにかの加減で過評価を受けると、次第に不安になってくる。次第に申し訳ないとか、責任を果たせないとか、悩むのである。それがある人が辞めた原因ではないか、と最近、知り合いに示唆されて、長年管理職をやっていたのに、そういう可能性は考えたこともなく、なるほどと思った次第である。

一方で、過評価に無頓着な人がいる。ある意味、傍若無人なのかもしれないが、現代にあって、どんどん昇進していく人はこういうメンタリティなのではあるまいか。素朴に高い地位に酔うことができる。そして、もっと高い地位を求めるように気持ちを切り替えることができる。私には到底理解できないが、そういう人もいないと会社は廻らないのではないか、と最近考えるようになった。

それを鷲のメンタリティと言い、私のようにちまちまと実務やっているのを鶏のメンタリティと呼ぼう。これは多分妥当な言い方ではないのだが、いまは、いい言い方が思いつかないので、こういう表現でお茶を濁しておくことにする。

痛みと死

| コメント(0) | トラックバック(0)

保阪正康の「昭和の空白を読み解く」講談社文庫を読んでいて、次のような一文が、目を引いた。

昭和六十一年に、私はニューヨークで一人の老いたジャーナリストと会ったことがある。そのジャーナリストは、太平洋戦争に報道班の一員として加わった体験をもっていたのだが、私は彼から何枚かの写真を見せられた。それと共に何冊かの太平洋戦争の写真集も見せられたのである。その中で、三、四枚の写真に釘付けになった。ガダルカナルの河辺の砂に横たわっている日本兵の死者たち、その表情はまだ童顔であり、そしてむしろ安らかな表情で重なり合っていた。なぜこんなところで死を迎えなくてはならないのか・・・。表情は訴えていた。

ガダルカナルでの、無謀な突撃のシーンは、私が想像し得る最も悲惨な状況の一つである。そこで、「安らかな表情」という言葉に、大きい違和感を感じたのである。

そこで思い起すのは、スピリチュアリズムのシルバーバーチの言葉である。そこには、死とは、魂が肉体という衣を脱ぐだけのことであり、全く痛みを伴わない、という趣旨のことが書かれている。これは、われわれの日常的な感覚とは全く違うのであり、日常的な感覚だと、うっかりちょっとドアに指を挟んだくらいで結構な激痛が走るのだから、極限的な死という状況では、その痛みは凄まじいものではないか、ということになる。おそらく、死の恐怖の何割かは、そういう痛みに対する恐怖なのかもしれない、ということは、ものの本にもよく書いてあるところである。

そこで私の怪我の体験を振り返ると、自転車で通勤中に、バイクに撥ねられたというのが典型的体験である。信号が青になったのをみて直進していたら、左折してくるバイクに、もろにぶつけられ、自転車は横転した。相手のバイクも転倒した。私は顔をアスファルトの地面に打ちつけ、歯を二本折った。右の頬は傷だらけで、お岩さんのようになった。

ところが、それほどの怪我なのに、倒れて起き上がっても、痛みは感じなかった。ぺっと唾を吐いたら、真っ赤だった。ああ、口内出血しているのだな、と冷静で、バイクの相手に、そちらは大丈夫ですか、と声を掛ける余裕があった。

それで思ったのは、脳というのは、どうも痛みを感じる機能を発動するのに時間がかかるらしい。もしかして、数分かかったりするのかもしれない。

すると確かに、ガダルカナルで機銃掃射を受けて即死すると、痛みなど感じる余地はない、ということになる。寧ろ、瞬間で眠りに落ちたように安らかな表情のままだったとしても、なにもおかしくない。

私の体験に戻ると、一番痛かったのは、A型肝炎で入院したときのことである。といっても、A型肝炎自体が激痛をもたらした訳ではない。私が入院した病院は、どうも患者にとってよくない習慣があって、肝炎で入院した患者がある程度よくなってくると、腹腔鏡といって、腹に小さい穴をあけて、検査のために、肝臓からサンプル細胞を収集する。いわば、ミニ手術である。最も軽い手術といってよい。それでも、手術後は流石にあまり動けない。医者は、トイレに行きたかったら自分で言ってもいいよというのだが、そうもいかない。

それでも夜寝ていたら、強い尿意を感じて、トイレに行きたくてたまらなくなった。ナースコールしたが、忙しかったのか来てもらえなかったので、自分でやっと起きてトイレに向かって歩きはじめた。そのときである、体をちょっと捻ったとき、麻酔が切れてきた傷口にテンションがかかったらしい、体に激痛が走った。ほとんど気を失うかと思った。しかし、苦痛に顔を歪めながら、それでもなんとかトイレにいけたのだから、大したことがない、ともいえる。

この「大したことがない」というのはおそらく、痛みに関するキーワードで、どうも肉体的な痛みというのは、極めて現世的な、しかもある程度健康体に付随した概念ではないか、と推察する次第である。すると、死に痛みが伴わないのは、当然ということになる。

ただ、上記のような言い方は、例えば、癌の末期で苦痛に喘ぐ人の状況をうまく説明できない。苦しい言い訳は、痛みと死は独立なのだから、たまたま、病因によって痛みが付随する、死に至る病もある、ということになる。それで、説明の一貫性に欠けるのだけれども、ともかく、痛みと死は、意外に相容れない概念なのだ、ということを繰り返しておきたい。

瀬川四段の躍進

| コメント(0) | トラックバック(0)

ほぼ4年前に、全国の将棋ファンの注目を集めた特例のプロ試験で、アマチュアからプロのフリークラスに入ることを許された瀬川四段であるが、私は、結局、フリークラスを突破できないのではないか、と思っていた。それは、小池重明のような鬼粘りのあくの強さが窺われず、せいぜい櫛田的な筋のよさが目に付く程度だったからである。実際、プロになってからも、プロでは最下辺の実績の沼六段に負かされるなど、おいおい大丈夫かと思わせる場面が沢山あった。

ところが、週刊将棋によれば、直近34局の成績が22勝12敗となり、フリークラスからの昇級規定、「いいとこ取り30局以上で勝率6割5分以上」まであと1勝に漕ぎ付けたという。実は、瀬川四段は最近、若手有望の橋本崇載七段を破ったので、おおっ好調なのかと注目していたところである。尤も、Wikiによると、橋本七段は、「いや私はね、相手が弱いとダメなんですよ。去年はあまりに相手が弱すぎて嫌気がさした将棋が何局もあったんです」というくらいなので、割り引くべきか。実際、橋本崇載は、アマチュアとの対抗戦でひどい見落としで惨敗したことがあった。

ただ、こうなってくると、次の対局ですぐ決めるかどうか分からないが、瀬川四段のC級2組への昇級は時間の問題であるようである。それではC級2組に昇級した瀬川四段は有望か。それも是とはいいにくい。というのは、奨励会から昇級してきた新四段のほとんどが、初めてのC級2組順位戦で負け越したりしているからである。ましてや、瀬川四段は、三段リーグ通過よりも緩い条件で、プロを認定されたことが明らかだからである。

ともかく、瀬川四段は、トップアマが頑張ればプロになって、そこそこやれるという実績を示した。それだけで十分だと思う。あと、この分だと、小池重明が生きてプロ入りを許されていれば、瀬川四段よりも頭一つ上のC級1組くらい行っただろうか。あの個性だもの、とは思うが、どうなんだろうか。

高樹のぶ子

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞によると、小説家の高樹のぶ子が、九州大学アジア総合政策センター、アジア現代文化研究部門の特任教授なのだという。紫綬褒章を授与されたという記事で紹介されていた。ちょっと意外な感じがしたのは、私が大学生のとき、九州大学文学部が、吉本隆明を教授として迎えるかどうかという議論になったとき、大学院を出ていないという理由で、吉本隆明を結局断ったということがあったからである。それを、学生運動盛んなりし頃で、アジビラに学生が、金釘文字で非難していたのを読んだ記憶がある。例によって、反動云々の文字で結ばれていた。

実は、私はそれまで、吉本隆明が誰なのか知らず、そのビラで、吉本隆明が有名人らしい、ということを推定した次第である。あとで考えると当時、吉本隆明は、飛ぶ鳥を落とす時代の寵児なのであった。九大文学部も馬鹿なことをしたものである。というよりも、吉本隆明の名声に嫉妬したか。

そこで高樹のぶ子であるが、大学院はおろか、四年制の大学でなくて短大卒である。だから、時代の流れを感じる、という次第である。もちろん、学歴なんか関係ないというのは、最早当然である。

といいつつ、文学は食わず嫌いで、高樹のぶ子の作品は、1つも読んだことがない。読んだことがないから根拠がないのだが、でも、とても才能を感じさせる。だから、私は高樹のぶ子が、私が多少なりとも縁がある九大にいらっしゃることを素直に喜ぶ次第である。さらに正直に言うと、どうも私は、こういう雰囲気の女性が好きらしい。さらに理解に苦しむのは、政治家の野田聖子にも好感をもったりすることである。自分の嗜好さえ、よく分からない。

ただ、素朴に考えて、なぜ文学部ではなくて、アジア総合政策センターなのだろう、という気もする。ざっと作品のタイトルを眺めると、中国だの、韓国だの、ベトナムだの、という雰囲気が感じられない。また、インタビューを読む限り、小説家から大学の教授の方にあまり重心を移していないようにも思われる。

もともと、宮部みゆきとか、篠田節子とか、文学ではないが角田房子とか、女流作家の作品は嫌いではない。ということで、こういうプログを書いたのも縁と、高樹のぶ子の代表作ではないかもしれないが、谷崎潤一郎賞を受賞した、「透光の樹」を読んでみた。

粗筋は、石川県のある地方の古い鍛冶屋の長女が、離婚して娘を連れて実家に戻り、暮らしていることから始まる。そこに、テレビ番組製作会社をやっている男が訪ねてきたのだが、それは昔の記憶を辿るためであった。25年前にADとして、取材にやってきて、当時高校生だったその長女を見初めていたのだった。そのきっかけから、鍛冶屋の長女と、テレビ番組製作会社社長の逢瀬というか、不倫が始まる。石川県の田舎の記述や揺れる男女の心理の描写は巧みで美しい。ただ、ちょっと性描写が多すぎるかな、ということと、後半、少し平板になって盛り上がりに欠けた、という二点が気になった。

それでも、あと、いくつかの作品も読んでみようと思う。

理系と文系

| コメント(0) | トラックバック(0)

君は文系なのか理系なのか、と聞かれることがある。今更ほとんど意味のない大学時代の専攻で言うなら、理学部物理だったので、典型的な理系ということになる。しかし、会社で、研究員という人達と話していると、自分の興味が、彼らに較べて、社会的・哲学的なことの方に偏っていて、自分はいかにも文系だと感じるし、そう思って所属部門に戻ると、自分の興味が法律よりむしろ、情報処理や数学なので、やはり自分は理系なんだ、と感じる。

すると、理系か文系かということは相対的なもので、あまり截然とは分けられない、ということになる。

そうは言っても、大学の学部・学科の場合、入試科目に数学が必須かどうか、など、理系か文系を分ける基準はいくつかある。

一方、次のような専攻分野は、理系なのか文系なのか、という疑問が湧く。

「金融工学」、「環境工学」、「流通工学」、「デザイン経営工学」、「教育工学」など。しかし、工学と名前がつくなら、少なくともコンピュータを駆使し、理系の端くれには属するのではないか、というのが私の意見である。例えば、金融工学は、まともに勉強すると、数学の化け物であり、下手したら、数学科でもあまり教えない確率微分方程式を駆使しなくてはならない。少なくとも、数学アレルキーで文系に行く人が太刀打ちできるものではない。比較的柔らかそうな教育工学も、結局は、コンピュータ支援教育方法の研究だったりするので、がちがちのプログラミングスキルを要したりする。

それでは、「経営情報学」「教育情報学」「図書館情報学」「博物館情報学」などはどうなのだろうか。私はつい、「情報学」=「工学」と思ってしまうのだが、一方で、梅棹忠夫などの唱える情報学のスキームもある。さらには、それの発展系としてのマスメディア論もある。こっちになると、流石に文系である。

それでは、どうやって理系か文系かを分けるかということだが、決して私のオリジナルではないけれども、一番妥当なのが、人間の制度、仕組み、ルール、歴史などを文献的な方法で研究するのが文系で、それ以外は理系というのはどうだろうか。ここで文献的な方法というのは、書物を読み、議論し、論文を書き、古い文献にも当たり、という方法で、この方法自体は理系の人も用いるが、やはり研究対象の問題となる。

ちょっと待てよ、すると、金融工学というのは研究対象が金融という典型的な人為的に仕組みだから、それの研究は文系ということにならないか、という批判はでそうである。それを文系とする立場も一理あると思うのだけれども、ただ、私の反論は、その研究方法が文献的でないでしょ、ということである。すなわち、数学モデルを立てたり、それの解の存在を考えたりという点で、理系であると言いたいのだが、すると、「文献的な方法」ということの定義が更に問われる。どうも万人を納得させることはできそうにないのである。

もてる男

| コメント(0) | トラックバック(0)

週刊誌ネタであるが、Webニュースに下記のような記事があった。

女優・篠原涼子(35)の夫で俳優の市村正親(60)が若い女と密会していたと一部マスコミで報じられた。これまで仲の良さでも定評のある夫婦だったのだが...。

妊娠・出産・子育てと女が一番忙しい時期に夫が若い女と浮気をしたらどうなるか。年齢差25歳ながら"おしどり夫婦"と評判の篠原涼子・市村正親夫妻の間にこのところすきま風が吹いているという。

「市村が劇団スタッフの25歳前後の女性と浮気をしたというのです。フレンチレストランで、篠原が市村を問い詰めたという目的談も伝えられています」(芸能ライター)

昨年5月に長男を出産してもなお、脚線美は独身時代と変わらず美しい篠原。

そういうと、私の「弱さ」を暴露してしまうのだが、私の場合、自分より25歳も年下の女性と結婚するなんて考えられない。ましてや、60歳になっても子供をつくり、さらには、美人の若い奥さんがいても浮気するとは、である。自分だったら、身がもたない。肉体的だけでなく、精神的にもである。

さて、世間でよく、どういう男がもてるのだろうという議論になる。手脚が長い。ハンサム。小顔。よく気がつく。優しい。おしゃれ。逞しい。お金持ち。いろいろ言われるが、それは表面的なことで(お金持ちはちょっとニュアンスが違うが)、もてるとは、要するに、精力が強くて、いつも女性を求めているということが必要条件なのではないか、と思われてきた。上記の市村正親以外には、石田純一などである。石田純一が精力絶倫なのかどうか知らない、ただ、少なくとも、平均よりは上だろう。

すると、恋愛とか、もてるとかのキーワードは、日本流に言うなら、「魚心あれば水心あり」、西洋流に言うなら、「求めよ、さすれば与えられん」であろうか。

哲学者・数理論理学者のホワイトヘッドに、「全ての哲学は、プラトンへの脚注てある」という言説があるが、これをもじって、「すべての恋愛論は、スケベ心への脚注てある」と言ってしまうと、あまりにも当たり前で、言わない方がいいような内容になってしまう。

それと、どうして女性と付き合うことに高い優先順位をおく一群の人達がいるのか、という議論もある。これを私は、体内の気の偏在説に拠る。すなわち、人間の体内には、いくつかのチャクラがあり、そこ間を、気が流れている。ところが、気の流れは、体内で一様ではない。ある人は、丹田のチャクラに集まり、ある人は、眉間のチャクラに気が集まる。丹田に気が集まると、胆力、精力が強くなる。眉間に気が集まると、考えることが好きになるが、神経質にもなる。私はあるヨガの先生に、気が上半身に偏在していると指摘された。すると、丹田に気が行かないので、精力が強くないのも、仕方ないということになる。ヨガの先生に、気を「下ろす」体操も教わったが、結局面倒なので、そういう努力は、していない。

こうして、気自体のキャパシティが大きいか、丹田のチャクラに気が溜まっている男性が女性にもてる条件なのだと思うと、私なんぞはいよいよ、諦めの境地に入ることができる。

危ないと思う瞬間

| コメント(4) | トラックバック(0)

危ないと思う瞬間、といっても、車の運転ではない。会社のことである。すなわち、Webによると、社員が、この会社大丈夫かな?と思う瞬間の出来事のランキングは、次のとおりである、という。

  1. 有能な社員が次々と辞めていく
  2. 経費/ボーナスなどの支払いの遅れが目立つようになった
  3. 会社が身売りをした
  4. 新入社員をまったく採用しなくなった
  5. 交通費が支給されなくなった
  6. 無理のある人事異動が行われた
  7. 取引銀行が次々と変わる
  8. 電話がほとんど鳴らなくなった
  9. オフィスが移転して狭くなった
  10. 暇そうにしている人が増えた

いちいちご尤もであるが、私が一番経験しているのは、「有能な社員が次々と辞めていく」である。意外にも私は直接の部下に、定年以外の理由で辞められたことはないが、部門全体では相当の頻度でこれを経験した。もちろん、辞めるということは、今の会社からさらにステップアップすることもあるので、一概に問題とはいえない。しかし、管理職の端くれとして、辞める人にはいちいち、インタービューをお願いして、問題点を話してもらった。飲みながらである。ただ、みんな大人で、辞めるところの問題点をいちいち話しても仕方ないと思ったのか、通り一遍のことしか話してくれなかった。私とて管理職の一員たったので、そんなおいそれと本音がいえるか、と警戒されていたのかもしれない。

それでも、鈍い私でも分かったのは、彼らの辞める理由の1つに、仕事のフォーカスのずれ、ということがあることである。すなわち、今までAという仕事が脚光を浴びていたのに、時代の流れか、上の方針か、フォーカスがBという仕事に移行すると、ある人はBを学んでやりなおそうとするが、別の人は、Aにこだわりがあって、そのスキルを別の会社で活かそうとする。当然の反応であるともいえる。

別の辞める理由としては、やはり人事的なことがある。すなわち、会社で長年働いていると、だいたい誰が何について優秀か、ある程度コンセンサスができるものだが、上からの方針で、晴天の霹靂みたいな人事が行われることがある。それでも慧眼の上司というのがときどきいたりして、しばらくたってなるほどと感心する人事だったりすることもときどきあるが、多くは、マネジメントが実情を全く理解せず、的外れの人事になったりする。これもまた、優秀な人の離反につながる。これは上記では、6番目に位置する。むべなるかな、である。

それで意外なのは、次々に優秀な人材が辞めていっても、上層部は何も手を打たないことである。寧ろ、いまの人材流動の時代、辞めるのは当然で、また採ればいいくらいに暢気に構えている。しかし、上層部は、いかに優秀な人材といえども、会社に入ってちゃんと仕事できるようになるまで何年もかかるという事実を知らないのか、と私は内心怒った。私は事務方の責任者として、時間をかけて、新入社員の面倒をみてきたからこそ、思うのである。

ともかく、人が辞めていく理由は、だいたいこれに尽きる。意外に、年収が低すぎる、というのは少ない。年収は、他の不満の付随的なものとしてあらわれてくるようである。

その他、共感できるのは、「オフィスが移転して狭くなった」である。今まで広いスペースを使えていたのに、狭いオフィスで汲々と仕事しなくてはならないのは惨めである。ただ、そのことで辞めます、という理由は聞いたことはない。やはり、評価、仕事の内容、人間関係など、心理的なことの方がはるかに重要である、ということになる。

とはいえ、「経費/ボーナスなどの支払いの遅れが目立つようになった」というのが来たら、本当に切実であり、確かに安定志向の私でさえも転職を考えるかもしれないが、幸いにして、そういう経験はまだしたことがない。ラッキーというべきである。

ミューオン

| コメント(0) | トラックバック(0)

ミューオンというのは、素粒子論の入門書によれば、質量が電子の約206倍であることを除けば、電子と同じ性質をもつ素粒子である、という。世間的には、中間子などと較べて全く地味な、無名の素粒子である。地表には、1平方メートルあたり、毎秒150個程度降り注ぐ。相当疎らであるが、放射線検出器で検出するのは容易である。しかし、ミューオン自体が遠方から飛来してくるのではない。一次宇宙線と呼ばれる高エネルギーの陽子が、大気中の原子の原子核と衝突すると、π中間子が発生するが、そのπ中間子が崩壊してできたのが、ミューオンである。しかし、ミューオンは、たった2.2μ秒で、電子とニュートリノに崩壊する。

そんな地味なミューオンであるが、なにしろ、「体重」以外は電子と同じなのだから、電子がミューオンより重い、という宇宙論のストーリーも考えることができる。ところが、すると、ミューオンが電子とニュートリノに崩壊するというシナリオが成立しなくなる。それどころか、崩壊するのは、ミューオンでなく電子ということになって、さらには、中性子が陽子と電子と反ニュートリノに崩壊する、という過程もありえなくなる。すると、宇宙は結局電荷をもたない中性微子だけになってしまうのである。そんな状態で、負のエントロピーを旨とする生物が存在し得るのだろうか。神は、素粒子の質量まで注意深くデザインしていることになる。

ともかく、単なる質量でさえ、宇宙において、とても重要な意味があることが見て取れる。その浮世離れしたミューオンであるが、なんと、火山の活動状態の調査のために、ミューオンが観測されるのだという。すなわち、ミューオンはもともと貫通力の高い素粒子なのであるが、それでも、質量が電子の約206倍であるから、ニュートリノなどとは物質との相互作用は較べものにならないくらい強い。そこで、密度の低い物質なら簡単に通り抜け、逆に物質の密度が高ければ通り抜けにくくなる。

火山において、マグマは冷えて固体化したものと液状では密度が異なるため、火山の中を通過するミューオンの量を比較すれば、ドロドロのマグマの量を知ることができ、その火山の活動状態を知ることができるのだという。

癌の治療に、陽子線などが使用されるという話は聞いたことがあるが、それよりも地味なミューオンが、実際の応用に使われるとは少し意外であると思った次第。

クライスラー破産

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webニュースによると、ついにクライスラーが、破産宣告したようである。そこで単なる自己用のメモとして書いておく。

米自動車大手クライスラーは30日、ニューヨークで連邦破産法11条の適用を申請したことを明らかにした。

また、フィアットとの提携および新会社への資産売却について迅速な承認を求め、連邦破産法363条による申請を行う意向も示した。これにより新会社が30―60日以内に破産法適用から脱却することが可能としている。

ナルデリ最高経営責任者(CEO)は、クライスラーが破産から脱却しフィアットとの提携完了後に退任する。

Wikiによると、連邦破産法11条とは、再建型倒産処理手続を内容とするものであり、債務者自らが債務整理案を作成できる点で、日本でいう民事再生法に相当する。

また、連邦破産法363条による申請とは、「管財人は、原則として、債務者の通常の商行為の範囲内で財団財産を自由に販売・リース・使用することができる。通常の商行為をこえる場合には、裁判所の許可を得なければ処分の実行はできない。」という内容のようである。

すると、クライスラーは、リストラやフィアットとの提携などの事業計画を立てて、米国政府の資金注入を受け、地道に再建していく、ということになるのだが、果たして、ハイブリッド・カーや電気自動車の流れにキャッチアップできるのだろうか。

さらには、クライスラーよりも図体が大きく、それゆえに、タイタニックのように小回りがきかないGMはどうなるのだろう。こうみると、ビッグスリーといっても、GM、クライスラー、フォードといっても、各社各様である。

食糧危機?

| コメント(6) | トラックバック(0)

私は、最早、二酸化炭素地球温暖化説は信じないが、世界が遠くない未来に食糧危機に瀕するのでは、という言説は信じていた。世界の人口は、発展途上国を中心として依然として増加傾向にあり、一方、世界の食糧生産高は一定なので、どこかで供給が需要を上回るに違いない、と単純な算数で信じていた。

ところが、「食糧危機」をあおってはいけない、川島博之著、文春ペーパーバックスによると、近い将来、食糧危機になるかもしれない、ということはありえないそうである。

その理由はまず、現在の世界の食糧生産高の潜在能力は、需要を圧倒的に上回っている、ということがある。例えば、小麦の生産高は、1950年頃までほぼ横ばいだったが、肥料や農法の改良によって、いまや、1950年当時の7倍の面積あたりの生産高であるという。しかし、流石に、人口は1950年の7倍まで増えた訳ではない。従って、現在利用可能な農地にフルに穀物を作ると、一遍で需要を超えて値崩れしてしまう。それで、世界には多くの休耕地がある、という。

一方の人口であるが、予測どおりリニアに増加している訳ではない。というのは、知識社会のあおりで、発展途上国でも、教育投資の重要性が認識されてきたからである。すると、子供の数を少なくして教育に投資しないと学校にやれない。このため、子供は多くもたない。そうやって、知的な職業に就いた人もまた、仕事が忙しく、子供の面倒はみれないので、やはり子供は少ない。そうして、次第に世界の人口増加は鈍化している。頭打ちになり減少に向かう日も遠くないだろう。すると、余計に食糧危機の可能性は下がる。

実は、ここ10年くらいで一番食糧危機が叫ばれた原因は、中国にある。すなわち、その13億の人口で、経済発展により、生活レベルが上がると、欧米並みに肉食が増える。肉食が増えるということは、そのための家畜の飼料としての穀物の消費が増加するが、世界全体の穀物の生産高は一定なので、肉食の増大による穀物輸入量の増大により、世界の穀物の在庫が危機に瀕する、という論理である。

しかし、この危機は結局、全く起きなかった。その危機を救ったのは、大豆であった。すなわち、日本では豆腐や納豆など、大豆がとても好まれているが、世界的にみて、大豆を食べる国は少ない。寧ろ、大豆は食用油の原料として使われている。そして、油を絞った後の滓は捨てられいる。ところが、大豆の絞り滓は、実はタンパク質が豊富で、家畜の飼料して最適であることが分かった。そこで、廃物利用として大豆の絞り滓を利用することで、他の小麦などの穀物は人間用にキープできた。

その結果、あれだけ懸念された中国でも、穀物が寧ろ余り、輸出するほどになったという。飼料としての大豆は、今や、ブラジルが生産大国となり、米国や中国に輸出してまかなっている。そのブラジルであるが、今でも膨大な使われていない農耕地の広さを誇り、いくらでも需要に応じられる余地がある、という。

別の要因として、生活が豊かになると、牛肉の消費が増加するが、牛を飼育するにはとても多くの飼料を要するので、中国の消費量が世界に危機をもたらす、というのが、実は、欧米中心的な考えであるということが分かった。もともと、中国は、牛肉よりも、飼料的に効率のよい豚肉の方を多く消費し、しかも、肉食自体、米国人のように厚いステーキにかぶりつく、ということはない。多様な料理の中で織り交ぜて消費するので、そんなに肉を食べない。

中国と張り合う経済発展国、インドに至っては、ヒンズー教の教えで、地位が上がるほどベジタリアンになって、肉の消費量自体がとても少ない。

また、食糧危機を考えるとき、意外に見落とされているのは、食文化の多様性と保守性である。例えば、上記の大豆の例もそうであるし、卑近な例では米がある。例えば、パートで時給1000円というところはザラにあるが、そのパートで一日働けば、一人が1ヶ月食べることができる量の米を買うことができる。それでも、日本では米が余っていて、古米の処分に困っている。そんな古米をアフリカの飢えている人に送ってあげればという意見もあるが、アフリカのほとんどの人は米なんて食べないという。考えてみると、米を喜んで食べるのは、アジアのこの近辺の人だけである。

絶滅が叫ばれているマグロだってそうである。以前、テレビで、マグロが絶滅に瀕しているので、捕獲調整をするとあった。マグロは好物なので、これは困った、高騰してわれわれ庶民が買えなくなるのでしないか、と心配した。ところが、スーパーにいってもマグロは一向になくならないし、高騰もしていなくて、拍子抜けした。これも、マグロを好んでたべる国がそんなに多くないということを意味する。

すなわち、食文化の多様性と保守性が、食糧危機を緩和する程度は結構大きい、ということになる。特定の食糧資源への需要集中を防ぐのである。

最後に、バイオ燃料の問題がある。すなわち、石油からバイオ燃料への移行が進むと、バイオ燃料に使われる、トウモロコシなどの消費につながって、食糧危機を煽る、と。しかし、実は、バイオ燃料は、石油に対して全く価格対抗力がない。寧ろ、産油国に対するブラフとして、その使用が喧伝されだたけである。それが証拠に、自動車メーカで、バイオ燃料で走るエンジンに真剣に取り組んでいるところはない。皆、ハイブリッドから電気自動車への移行に躍起である。従って、バイオ燃料は、決して、食糧危機を煽るまではいかないだろう、と予測できる。

ということで、近未来では、食糧はなんとかなりそうである。石油も、近未来ではOK。地球温暖化が危機というのは論外で、寧ろ地球寒冷化が心配である。流石に気温が下がると、食糧確保も大変だからである。頑張れ、二酸化炭素。気温でなく、植物のためである。

このアーカイブについて

このページには、2009年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年4月です。

次のアーカイブは2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。