思考停止

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前、姉歯建築士の耐震偽装に関連して、建築関係の法令遵守が厳しくなり、そのせいで建設業界が大変な不況になる、というコンプライアンス不況ということが言われた。しかし、それはある一面では、物事を本質をみない「思考停止」である、ということが、「思考停止社会」郷原信郎、講談社現代新書にある。そこで、この本の内容をざっと紹介しつつ、コメントする。

先ず最初は、不二家と、伊藤ハムの「隠蔽」問題。不二家の場合、シュークリームに使われる牛乳が一日だけ消費期限を過ぎていたということを不二家が隠蔽していた、ということから問題が生じてきたのだが、シュークリームの菌検査では何の問題もなく、カスタマからのクレームも皆無であった。ところが、外部に委託したコンサルタントが、「発覚したら雪印の二の舞」と余計なことを言い出して、それが外部に漏れたものであった。それを嗅ぎつけたマスコミがよってたかって不二家バッシングし、とうとう不二家は、業績不振のあまり、山崎パンの子会社に成り下がってしまった。

一方、伊藤ハムも、使っていた水道水から微量のシアンがみつかったことを担当保健所が問題視し、そのことを嗅ぎつけたマスコミがやはり、情報隠蔽であると炊きつけ、伊藤ハムは苦境に立たされた。しかし、ハムなどの製品には全くシアンは見出されていない。

すると、不二家も伊藤ハムも、内部的に問題に気付き、手を打てば済んだはずであり、そこに若干の落ち度はあるとしても、世間から激しいバッシングを浴びて経営危機に陥るのはあまりにも行き過ぎであることは、理性ある人に明らかであろう。

そういう意味では、姉歯も、彼個人の問題なのであり、一般的に審査コストを高めすぎるのは、明らかに行き過ぎである。

私がほとんど知識がない分野なのでコメントしにくいが、村上ファンド事件、ライブドア堀江事件、ブルドックソース事件などは、経済の事情に疎い司法の暴走は否めない。このあたりも、法律至上主義が見え隠れしないだろうか。

社会保険庁による厚生年金改竄スキャンダルも、実は、社会保険庁が単に怠慢だったのではない。制度的な事情もさまざまあり、ひたすら社会保険庁を叩いて溜飲を下げていけない。

もしかして、一番問題なのは、思考停止して、登場人物に、改竄、隠蔽、不正などの庶民に分かりやすいラベルをつけて、非難を増大させるマスコミなのかもしれない。そうやって暴走しても、マスコミはほとんど謝罪しない。ただ沈黙して、話題が逸れるのを待っている。そして、やおら、その舌の根も乾かないうちに、同じことを繰り返す。

では、どうして思考停止が起きるのか、というと、それは人間の本性といってよい。ここからは私の意見であるが、あるいみ、それは、エルンスト・マッハのいう「思考の経済」と同義であって、例えば、ある定理が証明されたとすると、その後はその結果だけ利用して、新しい命題を考えればよい。決して、定理を証明し直さない。すると、思考停止が、新たな思考を進める原動力になる、ということである。

問題は、もとの定理が、ある限定した条件の下にしか成立しない場合である。すると、その定理を利用する前提が正しくない条件下で思考の経済を発揮して議論を進めると、場合により、その結論は悲惨になものになりかねない。これが思考停止がもたらす弊害を抽象的に表現したものである。これを、私の造語で、<定義域の誤謬>と呼ぶ。ここでいう定義域は、分野、時代、規模、文化背景などさまざまなパラメータを含むものである。

次の問題は、「攻撃は最大の防御」を許してしまっていることである。すなわち、叩けば埃が出るような団体があったとして、ある瑕疵を衝いて政府を非難し続けていけば、そして、非難し続けていることに世間の注目を集めている限りにおいて、自団体には非難が来ない。これを、あまりいい言い方ではないが、<攻撃の誤謬>と呼ぶ。<攻撃の誤謬>のまずいところは、攻めている側に、反省のチャンスがない、ということである。すなわち、一方的に責めるだけで自らの非を省みることがない。

さらに次の問題は、世間の注目度のリソースは有限なので、ある問題が注目されると、他の、もしかしてもっと問題になるかもしれないことが非難を浴びないで、見過されることである。これを私は、<火事場泥棒の誤謬>と呼ぶ。

すると、思考停止を防ぐ方法としては:

<定義域の誤謬>に関して:その前提が正しいのか、事実認定は正しいのか、真の問題はなにかをきちんと考える。また、ルール自体が正しいのかも、きちんと考える必要があるだろう。

<攻撃の誤謬>に関して:攻撃している団体は、妥当な判断をしているのか。その団体自体に問題しないのか、と逆に追求する。

<火事場泥棒の誤謬>に関して:もっと本質的な問題は見過されていないのか、を常に考えていく必要がある。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1270

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年5月 9日 07:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「幻覚の構造」です。

次のブログ記事は「体内合成」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。