社畜

| コメント(2) | トラックバック(0)

凡そ美しい日本語とは言い難いが、社畜という言い方がある。池田信夫氏のブログを見ていて、思い出した表現である。昔、森村誠一の小説や、渡辺一雄の一連の企業小説でも見かけたような気がする。通常、年功序列とセットで引き合いにだされる。

どういう意味かというと、要するに、自分の価値観、倫理観を捻じ曲げてまでも、会社に忠誠を尽くす、ということで、一種の思考停止状態と呼べないこともない。

私はというと、だいたいが上司に対して素直ではないので、会社に対してあまり過度の忠誠心を抱いたことはないつもりである。寧ろ、実力で転職したいといつも思っていた。実際、転職は二度経験したが、とても派手な成功談とはいえない。ともかく、だから、あまり社畜ではないのだろうと思っている。

特に私が担当しているような仕事だと、弁理士などの資格があることが絶対に有利なのは分かっているのだが、どうしても資格試験が苦手で、早々に諦めた。私は果たして、国家資格のなかでは比較的容易であると言われている宅建主任さえ受かれるのかどうか、全く自信がない。

それで、実力の証のようなものが特になく、また、株式投資など全くやらないことから分かるように極端にリスクを嫌う性格であることから更なる転職に踏み切れず、今の会社に、不満をもちつつも25年以上もお世話になっている。その間、管理職も経験し、ニューヨーク本社でマネジメントに励まされてその気になっていたこともあるので、ある意味社畜でなかったともいえない。

それでも、池田信夫氏が、日本でも、労働者の流動性を高める必要がある、というのは、私は賛成である。すなわち、流動性が低いので求人が少なく、すると学歴、資格など明確な基準を満たさないとないとなかなか応募できない。労働者の流動性が高まって求人が増え、もっと素の実務能力だけでも応募できるようになるなら、私は賛成である。

それとの双対で、できない社員が切られるという気風になってくるのも仕方ないと思う。私は少なくとも、能力不足でリストラになるとしたら、仕方ないと覚悟はできているつもりである。

ところで、ちょっと話の趣旨は違ってくるが、できる社員はどんどん転職していくものである、アメリカを見なさい、という言い方をする人がいるが、それにはちょっと異論がある。

というのは、私がいまいる会社は典型的な外資系なのだけれども、米国本社を見ていると、確かに辞めたり、新しく入ってくる人は少なくない。また、辞めたり、新しく入ってくる人でとびきり優秀な人もいる。ところが意外に見落とされているのは、会社の中核に、ほとんど生え抜きでこの会社一筋という一群の人達がいることである。そういう人達が根本の施策を作っている。その全てが感心するような施策ばかりではないが、ともかくも、長年会社にいて、下積みからいろいろな仕事を経験して昇進した人が、典型的な米国会社の本社でも必要とされている、ということを感じる。

ところが面白いのは、米国本社ではそういう生え抜きのエリートが何人もいるのに、海外の支社や子会社では、まるで意図したように、優秀なのかもしれないが経験の浅い人達を抜擢していることである。私は社歴が長いだけで到底そういう器量ではないが、私が見ても、生き字引みたいな重鎮の人も支社にはいるのだけれども、なぜか意見を求められる機会さえ与えられていない。すると、いよいよ、海外の支社では、優秀であり且つ、下手に前例を持ち出さないフレッシュな人達が求められている、ということになる。すなわち、指示されたとおりにやりなさい、ということである。

そこで私の言いたいことは、どんどん転職する実力者が活躍する部分はやはり、会社業務の中核ではないのではないか、ということである。よって真実は、時代が推移しても、生え抜きで転職しない一群のエリート達と、その周囲で一匹狼のように、あるいは傭兵のように、実力を発揮して短期間在籍し、プロジェクトが終わったら別の会社に移っていくフランスの外人部隊みたいな人達から構成されるのかも、と思われる。

こう書きながら、突然意味もなく、結局、多数の大衆にとって幸せな日々は来ないのではないか、と悲観的になってきた。プロレタリアートの時代を予言したマルクスも、そのための方法論や社会工学の手法を全く提示し得ていない。どうすればいいのか、私はそう遠くない定年を控えて、途方に暮れるだけである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1275

コメント(2)

 悪い表現で「社畜」と呼ばれる方は、やっぱり中以上の規模の企業とか、お役所だけにいるのではないですかね?いつつぶれるか分からない無名の小企業(←わたしの所みたい)に対してなんか、誰も「社畜」化するまでの忠誠心とかプライドをもてないうえに、安心して依存すらできません。
 でも、1つの組織に居続けて、自分と周囲とを折り合いをつけ、無難にやって行くのは、実は大変な対人スキルと努力が必要なことです。これは、平和で賢い生き方だと思いますよ。

小松たひとさん

> でも、1つの組織に居続けて、自分と周囲とを折り合いをつけ、無難にやって行くのは、実は大変な対人スキルと努力が必要なことです。これは、平和で賢い生き方だと思いますよ。

なるほど、そういう見方もありますね。重みのある言葉です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年5月13日 16:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バードストライク」です。

次のブログ記事は「文脈スキルと一般スキル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。