恋のバイカル

| コメント(3) | トラックバック(0)

爆発的にヒットした訳ではないが、子供のころにラジオから流れていた曲で、「お、バイカル、お、バイカル、悲しみの渚♪」で始まる歌があった。そのフレーズが耳について離れないので、何を思ったか、Webで調べてみた。すると、それは、恋のバイカルという歌で、YouTubeにもあった。

昭和43年だから、私が中学生の頃、ということになる。歌手は、梢みわ。えっ、聞いたこともない。すると、たまたま中学生の頃、流れていただけか。それとも、高校入試の受験勉強の深夜ラジオで聞いたか。ともかく、今聞き直しても、私にはしっくりくる。こういう根暗なのが私にはあっている。

ところで、バイカルというと、当然にロシアの地名であるが、ロシアの地名がつく歌謡曲というのは、著しく少なくて、比較的有名なのは、大滝詠一(または、太田裕美)のさらばシベリア鉄道。これも、私にとっては一級の名作である。

実は、もっと言うと、私が最高に好きなロシアの歌があって、それは、「モスクワは涙を信じない」。ロシア語で、Москва Слезам Не Верит。20代の後半、A型肝炎で尾道の病院に入院していたとき、テレビを観るか、本を読むくらいしかやることなくて、仕方なくロシア語講座を見ていたら、この曲が流れていた。同名の映画の主題歌らしい。もちろん一言も意味は分からないが、なぜか涙が出て仕方がない。当時もそうだったし、今もである。"アレクサンドラ、アレクサンドラ"のところのサビが最高である。

そういう深層心理のせいか、大学でロシア語の授業に出て、単位もとったが、あれはまあ、時間の無駄だったかもしれない。なんとなく、悲しみの渚。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1296

コメント(3)

あやたろうさん、恋のバイカルをよく覚えていてくださいました。私は♪おバイカルおバイカル悲しみの渚 のところだけしか覚えていませんが、タイトルは恋のバイカルでしたか。梢みわと言う名前も思い出しました。スッキリしました。ずっと気になっていたのですが♪おバイカル・・・・で検索しても出てこないだろうなぁと思いつつ駄目もとでトライしました。それがイキナリ、ヒット!嬉しいじゃないですか。ひとこと御礼が言いたくて投稿しました。スッキリを有り難う御座いました。

ビンビンびんちゃんさま

恋のバイカルのファンとは、なかなか隅におけませんね。あれは、私の中では屈指の名曲です。山本リンダの「ミニミニデート」と同じくらいです。このようなアクセスも少ない弱小ブログを探し当てて頂き本当にありがとうございます。

私が大学生3年か4年のころ、どのTV局だったか毎朝登校する前に流していた曲です。乙女チックな私に情景を目に浮かばせる曲で、これを聞いてから登校するのが流れ放映されなくなるまでのルーティーンでした。
これは隠れた名曲です。ただ1番だけで2番、3番がなく、1番を2回繰り返すのが残念。
2番を聞きたかった。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年5月31日 07:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「湯浅年子」です。

次のブログ記事は「殺人未遂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。