2009年6月アーカイブ

産総研ブックス

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞広告で、産総研ブックスなるものがあるのを知った。白日社というところから刊行されている。現時点で、下記のものがある。

  1. きちんとわかる巨大地震
  2. きちんとわかる計量標準
  3. きちんとわかる時計遺伝子
  4. きちんとわかるナノバイオ
  5. きちんとわかる糖鎖工学
  6. きちんとわかる木質バイオマス

このシリーズの特徴は、産総研、すなわち、独立行政法人 産業技術総合研究所の専門の研究員が執筆していることである。あまり類書にないテーマについて掘り下げて書かれているのが特徴である。産総研が高い研究レベルを維持していることは昔から知られており、このシリーズは、自ずと、産総研の研究内容のよい紹介にもなっている。

例えば、「きちんとわかるナノバイオ」の目次を引用してみる。

目次
第一部 ナノバイオを開拓する
第二部 ナノバイオへの挑戦
 第一章 ナノバイオの潮流
 第二章 生体分子モーターで駆動するナノアクチュエータ
 第三章 DNAを選別して運搬するナノバイオマシン
 第四章 光による生理活性の制御技術
 第五章 人工生体膜チップの製造技術
 第六章 カーボンナノチューブの医療応用
 第七章 新しい人工生体膜の創製
 第八章 バイオセンサー

ここから、なかなか近未来的に魅力的なテーマが取り上げられていることが分かる。他にも、「きちんとわかる糖鎖工学」の目次をみてみよう。

目次
第一部 糖鎖工学を開拓する人々
第二部 生命科学と糖鎖研究
第三部 糖鎖工学の技術と展開
 第一章 糖鎖工学の基礎
 第二章 糖転移酵素
 第三章 質量分析計による糖鎖構造解析技術
 第四章 レクチンマイクロアレイによる糖鎖構造解析技術
 第五章 糖鎖合成技術と酵母による合成
 第六章 糖鎖データベース

このように、産総研ブックスは、先端技術を覘いてみたい向きにはお勧めだと思う。私も早速、先ず「きちんとわかるナノバイオ」あたりを注文してみよう。

68年目の謝罪

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近特に唖然としたのは、次のような毎日新聞の記事である。

第二次大戦中の1942年、旧日本軍がフィリピン・バターン半島で米兵捕虜ら1万人以上を約100キロ無理に歩かせ、約800人以上の犠牲者を出した「バターン死の行進」について5月30日、藤崎一郎駐米大使が元捕虜団体の会合に出席し、日本政府として初めて謝罪した。日本では90年代後半の歴史教科書問題以降、先の戦争の意味や責任を巡って論争が続くが、日米間の歴史認識問題は事実上封印されてきた。68年目の謝罪は何を意味するのか。

米テキサス州サンアントニオ。謝罪を求めてきた「全米バターン・コレヒドール防衛兵の会」は、会員の高齢化を理由に同日の総会で解散した。

「日本政府の立場をお伝えしたい。バターン半島と(米軍司令部のあった)コレヒドール島、その他の場所で、悲惨な経験をされた元戦争捕虜を含む多くの人々に、多大な損害と苦痛を与えたことを心から謝罪します。日本招待にも取り組みます」。藤崎氏が述べると、約400人の出席者の半数以上が立ち上がって拍手を送った。

私は問いたい。何故に、今更日本国は、「バターン死の行進」を、米国に謝罪しなくてはならないのか。新聞の記事によると、「慰安婦決議が呼び水」とあるが、従軍慰安婦問題自体、証拠能力が十分でない資料に基づいている。

確かに、「バターン死の行進」の歴史的事実を疑う者はあまりいないだろう。またそれが何ほどかの捕虜虐待でないということも否定できないかもしれない。かの本間雅晴中将が、元司令官として、退役からわざわざ呼び戻されて、刑死したのも、少なくとも表向きはこの件が理由である。それで思うのは、安易に謝罪するとき、実はマッカーサーの腹いせに無理やり刑死させられた本間雅晴中将の立場ばどうなるのか。本間雅晴中将はすべての責任を背負って不本意にも死んでいったのではないか。それを反古にしようとするのか。考えただけでも、私が代りに地団駄踏みたくなる。

そうやって、怪しい従軍慰安婦問題を契機に、次々に旧日本軍の捕虜虐待が問題にされ、その都度、外務省の関係者が、申し訳ありませんでした、と謝るのか。それで日本という国の価値がびた一文でも高まるのだろうか。日本はすばらしい平和主義の国だ、と感心してもらえるのだうか。それは決してないと思う。

ある外務省の幹部は、「一般の米国人には、戦後日本の平和主義が十分理解されてない。米国で日本に謝罪をもとめる声があれば、国としてできるかぎり応じるべきだ」と言ったという。しかし、戦時中の行為はけしからん、といわれて、ほいほい謝罪するのが、どうして平和主義を理解してもらうことになるのだろうか。また、ここでいう平和主義とは何か、憲法第9条か。そもそも、その平和主義というコインの裏は、日米安保条約だったわけだろう。それの善悪は問わないが、少なくとも、平和主義なるものの難しさ、曖昧さは認識してほしい。

また、外交は相互主義を根幹とする。すると、当然に、原爆投下や東京大空襲にもカウンターで話が及ぶことにならないか。国際法や人道的問題といえば、これほどの問題もちょっと類がない。それを米国人特有の論理で、目下の問題は米軍の非ではない。旧日本軍のそれである、話をそらさないでほしい、といい続けるのか。

まとめると、どんな民族にも間違いの歴史はある。それをきちんと勉強することは重要である。歴史的事実を解明して、今後それを防ぐにはどうするか、と考えることは重要である。しかし、安易に感情的に謝罪を求めても、意味ある進展はない。一時の感傷にすぎない。少なくとも国家間の妥当な行為ではないと思う。

ニンニク泥棒

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webに下記のような、ある意味どうってことない記事があった。

21日午後2時10分頃、青森県七戸町坂ノ外の畑からニンニク約1000個(約10万円相当)がなくなっていると、所有者の農業男性(68)が七戸署に通報した。

同署の発表によると、男性は15日午後3時頃まで畑に異常がないことを確認しているといい、被害に気付くまでの間、何者かに抜き取られたとみられる。

隣接する十和田市のニンニク畑でも15日と18日、計約1750個のニンニクが盗まれる被害があったばかり。七戸町と十和田市の畑は約10キロの距離で、七戸署は関連も含めて調べている。

なぜこの記事に注目するかというと、先日個人的にこんなことがあった。すなわち、家内がたまたま出かけていたので、ペペロンチーノを作ろうとおもったら、ニンニクが切れていた。そこで、ちかくのローソンストアに出かけた。一種の百均である。

ところがである、いつもあるニンニクがみつからない。いつもは、中国産のニンニクが、ネットに4個か5個入っていて、100円である。れれっ、売り切れかと思ってよくみたら、細切れみたいなニンニクのパックがあった。みると、3片しか入っていない。片というのは、ニンニクのさらに小さい単位で、1つのニンニクはだいたい、6片くらいからかる。ところがこれでも100円なのである。どう考えても、普通買うニンニクよりも10倍高い。どういうことだと見ると、青森産とあった。なるほど、格調高い青森産か、と納得がいった。

そういえば、格調高い青森産のニンニクの中でも最高の品質なのは、福地六片という品種で、以前スーパーでみたら、1個450円だった。中国産のなんと、20倍程度の値段である。そのせいか、福地六片は敬遠されて、隣の中国産だけが売れていた。手にとってみようとしている人はいなかった。ミスユニバースが売れ残って独身のまま、みたいな不謹慎な想像をした。

で、迷ったのだけれども、やはりペペロンチーノが作りたいので、貴族みたいな、青森産のニンニクを渋々買って帰った。そうして作ったペペロンチーノが、普段よりおいしかったかというと、それは分からない。だいいち、私の料理の腕では、青森産だろうが中国産だろうが、素材のよさを活かせるわけがない。

一方で言い訳もあって、ニンニクはとても味と香りの強い香辛料であって、すると、微妙な差異を出しにくい。これは、高級なマグロのトロなどを例にとるとすぐ分かる。そういうのはどうしても優れた料理人の腕を必要とする。だから、素人が高級なニンニクを買うインセンティブはなかなか出てこないのである。きっと高級な中華料理店や韓国料理店だとまた別なのだろうけど、庶民が敬遠するとなると、青森県のニンニク農家の方は苦戦しているのではないだろうか、と余計な心配をしてしまう。

そんなニンニク農家からさらにニンニクを盗んで困らせるというのは、どうしたものか。一方で、そうやって盗むというのは、商品価値があるということなのだから、庶民が敬遠して売れないのでは、という懸念もまた違うのかもしれない、と思いは巡る。

あと、どうしても分からないのは、中国産に対する青森産のニンニクの高さである。例えば、ワカメなどやはり国産と中国産でかなり値段が違うが、それでもせいぜい4倍程度である。ニンニクのように、国産が20倍も高いというのは考えられない。もしかして、国産のニンニクでも、青森産が別格で、そうでない普通の新潟産などのニンニクだと、せいぜい4倍程度なのだろうか、と推察してみる。なにか青森では、ニンニクの栽培に、特殊な堆肥を用意するなど独特の手間のかかる作業をほどこしているのかもしれない。

という、いくつかの適当な思索であった。

五輪追加競技

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webニュースによると、下記のように、2016年の五輪に追加を要望する競技の関係者が、生き残りをかけて訴えた。

15日に当地で行われた国際オリンピック委員会(IOC)理事会で、16年夏季五輪の実施競技入りを目指す7競技が、生き残りをかけてセールスポイントを懸命に訴えた。追加競技の枠は「最大2競技」。IOCのロゲ会長は「すべての競技が興味深く、有益なプレゼンテーションを行った」と語った。

7競技とは、野球、ソフトボール、7人制ラグビー、ゴルフ、スカッシュ、空手、ローラースケートである。

このうち、野球とソフトボールは、もともと五輪競技だったが、次回のロンドンでは外されることになってしまった。理由は、欧州で人気がないことである。だいいち、そもそも、欧州の国が勝てないのでつまらないということになる。それでも野球の本場の米国が力を入れればよかったのだが、大リーグとの日程などの競合で、米国がいまいち乗り気でなかったのも野球が外された大きい原因のようである。そこで、国際野球連盟のシラー会長は、大リーガーが参加しやすいよう日程を5日間に短縮するほか、五輪のメダルを決定する試合と重なる日時に大リーグの公式戦を組まないことなど、大リーガー関係者に根回しして臨んだ。それに較べると、ソフトボールはちょっと弱いか。

7人制ラグビーは、平均的日本人なら、ええっそんなのあるの?と首をかしげるところだが、欧州で人気だそうで、オリンピックがどうしても欧州起源なので、欧州に根付くものがどうしても有利になりがちである。15人制ラグビーは、1900~1924年と一時、五輪競技だったようであるが、どうして止めてしまったのか。第一次大戦のどさくさのせいか。

ゴルフは、私自身はあまり好きでないが、これだけメジャーな競技なので、五輪にあってもいいのではないかとは思う。実際、1900年と1904年だけ、五輪で開催されたようである。その後中止になったのはどうも、広いゴルフ場を用意するのがネックらしい。しかし少なくともイギリスや米国なら、五輪会場にするゴルフ場の選定に苦労することはないと思う。

空手も私は、五輪種目にあってもいいと思う。少なくともテコンドーよりずっとメジャーである。これが五輪競技になったことさえないのは、日本空手連盟の政治力のなさだと思う。もしかして、国内で、いろいろな派閥が乱立して統一がとれていないからだろうか。

スカッシュと、ローラースケートについては、ええっ、冗談は止めてよ、といいたくなる。競技の性質がいかにも余興的なのである。といいつつ、ローラースケートは、1992年だけ五輪種目として開催された。

実は私があってほしいと願っているのは、ボーリングである。結構古い競技で、格式も悪くないと思う。見ていても、ああ、ここでスプリットが取れるか、など結構楽しい。ただ、残念ながら、今回は候補にも入っていない。で、冷静に考えると、なんでこんなのが正式種目なのかというのもあるので、五輪の競技の選択も相当に場当たり的のような気がする。微妙なバランスと接待の具合だろうか。

ともかく、

IOCは8月13日の理事会で2競技に絞り込み、10月9日の総会で最終決定するが、2競技が総会で否決された場合、残り5競技に復活の芽があるとの見解を示している。
だそうで、2/7の選択率は結構きついが、残るは野球とゴルフかな、とみる。理由は、それにからんで動くお金が大きいので、IOCとしては嬉しいのではないか、と推察するからである。

機械翻訳

| コメント(2) | トラックバック(0)

私のように外資系の会社で特許の実務を担当していると、翻訳という作業には無縁ではいられない。私が入った25年前は、外国の出願を優先権を主張して日本に出願する、業界でいう、いわゆる外内出願が主流で、すると当然に、膨大な量の英文和訳の作業が必要となる。

そのため、新人担当者はまず、特許明細書の英文和訳を担当させられて、それを先輩に添削してもらうというのが慣例であった。翻訳というと、知らない人はとても大変と思うかもしれないが、特許翻訳というのは、言い回しがある程度決まっており、おそらく文芸翻訳よりはずっと楽である。特許翻訳を通算5000ページ以上経験して、ある程度自信がついた後、なんとか翻訳で食べていけないか、と、考えたこともある。それで、村上春樹の翻訳にまつわる苦労の話を読んだことがあるが、文学の素養を前提にしないとこりゃあ無理だ、とそういう方向は早々に諦めた。

さて、会社の業務で、翻訳以外の部分が増えてくると、どうしてもそこは翻訳会社に外注する、ということになる。ただ、上記で、特許翻訳を文芸翻訳よりはずっと楽である、と言ってはみたものの、特許明細書というのは本来的に先端技術を取り扱っている。だから、さっぱり定訳のない技術用語がざらにあって、例えば、object oriented languageというのも、どう訳していいか最初は分からなかった。それで、日経コンピュータなどの雑誌を眺めながら、オブジェクト指向言語(object oriented language)と書いた。オブジェクト・オリエンテッド言語という訳もありかと悩んだりした。なお、英語を括弧書きするのは、何かのときにその英語を明細書中で参考にできる、という一種の保険である。どれほど意味があるのか、いまでも分からないが、無駄にはならないと思っている。

そのように、正しく翻訳するには神経を使うと分かっているものを外注するのは、たいそう勇気がいる。それで、最初の頃は随分と外部翻訳事務所の納品を慎重にチェックした。全く使えなくて、一からやり直しさせたものもあった。

ところが、人間とは本質的にいい加減なもので、ある程度外部翻訳事務所の翻訳の品質が見込めるようになった段階で、あまり時間をかけてチェックしなくなった。部門の仕事の指向として、そういうことが主流から外れた、ということもある。

やがて私は事務管理の管理職になり、翻訳の品質も然ることながら、予算管理の方にフォーカスするようになった。そこである日、外国人の上司から、次のような相談を受けた。すなわち、米国特許弁護士でもあるその上司は、ある翻訳会社からオファーを受けたという。どういうことかというと、その翻訳会社は、優れた機械翻訳のツールをもっているので、それを活用することで、とても妥当なコストで且つ優れた品質で、翻訳ができるのだという。

そこで、私がものわかりがいい従順な部下であるなら、はいわかりました、トライアルしてみましょう、と応えただろう。しかし私は、翻訳システムを独自に調べ、また専門家に話をきいて、どんなにベストを尽くしても7割程度の品質しか達成できない、と知っていた。典型的な問題点は、英語と日本語の語順の相違による、関係代名詞の係りなどの曖昧さである。それは、努力してみても、文脈に従って解釈するよりない。その一文の範囲では無理である。最近、コンピュータ将棋の進境が著しいが、コンピュータ将棋では、文脈は全く無視することができる。すなわち、どういう手順でその局面になったかに全く関係なく、与えられた局面から計算できる。それでも、日本語と韓国語のように、文法や語順に著しい類似性のある言語同士なら、曖昧な解釈をそのまま、いわば括弧入れして、目的言語に移すことができる。そっちで解釈してくれ、と読者に言える。ところが、英語と日本語のように、言語構造が違いすぎると、なかなか括弧入れができない。翻訳者がきちんと折り合いつけて、目的言語にしなくてはならない。

このような知識をかいつまんで外国人の上司に説明したところ、私はその役割からフラッシュされてしまった。要するに論外、ということで、もっと「ものわかりがいい」担当者の方に振られて、そちらを介して当該翻訳会社に依頼が始まった。その上司は、とても頭のよい人であるが、米国人特有の語学感覚のなさで、ある言語から別の言語への置き換えは、ほとんど等価になしえるはずだ、程度の認識だったのだろう。それをごちゃごちゃいう私は、単にやりたくない言い訳を言っているに過ぎないと思われたのだろう。

ところがである、トライアルしてみて、その翻訳会社はとても納品が遅いのである。で、外注管理の責任者でもあった私は、そこの担当者を呼んで話を聞いてみた。機械翻訳を使うので早くて安いのではなかったか、と。すると正直な人で、実は使っているのは、機械翻訳ではなくて、翻訳支援システムなのです。外国人の方の注意を引きたくて、機械翻訳で安くできますとオファーしたものの、提示の金額だとやはり持ち出しになってしまうので、困っているのです、と教えてくれた。

そこで契約を打ち切りたかったが、上司の手前そうもいかず、しばらく仕事を出し続けていたが、結局、私というよりも直接の担当者の不平が累積してきて、結局そことは仕事の縁を切ってしまった。

その後、信頼できるいくつかの外部翻訳会社の人と会って信頼感を得た後で、機械翻訳は使えますか、という質問はよくしてみたが、返ってくる答えはだいたい同じで、意味をとるだけなら最近いいものはあります。でも、細部の質が悪いので、全体を機械翻訳にやらせて、あとで人間が読み直して修正するやりかただと、最初から人間が翻訳するよりも却って手間がかかるのです。だから結局、プロの仕事としては、機械翻訳は使いません、ということであった。

一方で、会社の翻訳システムの研究員に話を聞いてみると、翻訳システムの精度は限界で、もうあまり研究もなされていない、という。

そこで私なりの結論であるが、コンピュータは、文脈依存性のある外部システムを扱うのは、とても苦手で、限界があるのではないか、ということである。1つの例は、翻訳システムであって、翻訳しようとする文章全体の文脈に依存して翻訳しなくてはならないのに、それをパラメタライズすることはとても難しいということである。別のの例は例えばミサイル迎撃システムであって、これもある意味文脈なのだが、風向き、温度、気圧など考慮に入れなくてはならない要素が多すぎて、コンピュータは配慮しきれない、ということになる。

それでもいまだにときどき、機械翻訳は特許実務に使える、などと言い出す輩がいて、ああ分かっていないな、と思いつつ、反論しないで聞き流すことにしている。説得するエネルギなんて私にはないので。

将棋研究のオープン化

| コメント(3) | トラックバック(0)

梅田望夫氏のインタビューに、次のような箇所があった。

ところで僕は、ずっとひとつの疑問を抱いていました。なぜ羽生さんはある時期から自分の将棋研究の成果を公開し始めたのだろうか、と。1992年から2年半かけて刊行された『羽生の頭脳』という全10巻の著作があります。彼の20代前半の大仕事です。あるいは、雑誌「将棋世界」に1997年7月号から3年半にわたって書き継がれた「変わりゆく現代将棋」という連載があります。いずれも「勝つこと」を最優先にするプロ棋士であれば、当然秘匿しておくべき手の内を、惜しげもなくオープンにした著作です。

梅田望夫氏は、ウェブのエバンジェリストとして数年前颯爽と登場して一世を風靡したが、今は、サバティカルにあるそうで、Web関係の活動はあまりみえない。それでいま話題になっているのは、竜王戦、棋聖戦などの将棋の観戦記である。

私もそうだけど、一般的に将棋指しは、将棋が好きという人をみると、つい自分より強いかどうかを確認して、自分の方が強いと分かると軽く見てしまう傾向がある。そういう意味では、梅田氏は明らかに私よりは指将棋は弱そうなので、なあんだと思い勝ちであるが、実は別のところで読んだが、梅田氏はそうとう入れ込んで観戦記を読んだ経験をもつ。例えば、金子金五郎のものである。そういう入れ込みは、梅田氏の観戦記がいつも人気を博しているところからも、十分彼の独自のスキルとなっているようである。単に将棋が強いだけで、面白い観戦記が書ける訳ではなく、逆に独自の視点があれば、指し将棋があまり強くなくても、よい観戦記が書けるということを、改めて梅田氏が示してみせた、といえる。なによりも、将棋に対する熱い思いがあるのがいい。これはちょっと皮肉な言い方もできて、私は、将棋というか勝負があまり得意でないせいか、将棋で楽しい記憶よりも逆転負けの辛い記憶の方が多い。それで、どうしてもストレートに熱い思いにならないで屈折してしまうのである。あまり実戦経験がないと、却って純粋な気持ちが保てるということがありえる。

さて、最初の節に戻って、将棋の研究の公開であるが、今更言うのもなんだが、当然に羽生をもって嚆矢としない。先達は、あの故山田道美なのであった。なんと、1960年代の昔である。山田道美より前の時代、将棋の研究は一人でするもので、山田道美が共同研究したり、研究結果を包み隠さず雑誌に発表したりすると、他の棋士に正気を疑われた。ところが、共同研究したり、研究結果を包み隠さず発表しても成績は下がらないどころか、むしろ勝てたりするので、若手が山田道美の研究会に参加するようになった。中原誠はその中のトップの俊英で、山田道美の宿敵の大山康晴から名人を奪う、という快挙を成し遂げた。

そういう事実を、山田道美の精神的な師匠であった金子金五郎の観戦記を熟読した梅田望夫氏が知らないはずはなく、私は寧ろ、将棋界の寵児である羽生が現代にあって研究を発表していることを、梅田氏は、自分が詳しいオープンソースの事情に準えたのだ、と私は理解する。いわば、再解釈である。

では、なぜ、秘匿しないで公開してしまう方が却ってよいのか。それはかなり場合によるし、また自明でもない。私の解釈は次のとおりである。まず、情報公開は相互的なので、公開すること相手からも公開が期待できる。また、公開することで、頭は、その情報をリフレッシュして維持するコストから自由になり、次の思考を展開することができる。このことが、将棋でも、コンピュータのソフトウェアの世界でも成立するようである。

そうやって公開することで、情報のシャワーが享受できるが、しかし将棋の場合、結局勝つのは中終盤力に優る方である。だから、強い人ほど、ためらいなく公開するということも言える。

ただ、将棋とコンピュータのソフトウェアで決定的に違うのは、知的財産権による保護である。将棋の場合、棋譜そのものにようやく著作権が認められるに過ぎず、新手を指したとしても誰にも真似される。コンピュータのソフトウェアの場合、著作権も然ることながら、アルゴリズム自体に特許をとることができ、一旦成立するとそれはとても強大な権利となる。それは明らかにオープンソースの精神に違背し、だからリチャード・ストールマンは、アルゴリズム特許を蛇蝎の如く嫌うのである。

段々、言いたい趣旨が分からなくなってきたが、要するに羽生のオープン性はそんなに画期的なことではなく、それでも、ウェブのエバンジェリストである梅田望夫氏がそれを取り上げ、再解釈したことに、私は積極的な意味を見出す次第である。

恐竜の進化

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webで下記のような記事をみて、なるほどと思った。

中国新疆ウイグル自治区のジュラ紀後期(約1億6000万年前)の地層から、鳥と同様な特徴を持つ新種恐竜の化石が発見され、中国科学院などの研究チームが18日付の英科学誌ネイチャーに発表した。恐竜は鳥の祖先と考えられているが、新種恐竜の前脚の骨が、親指から小指までの5本指のうち、鳥同様に人さし指から薬指の3本が残ったものと確認された。研究チームは「恐竜が鳥に進化したことを補強する新証拠」と説明している。

新種恐竜は、化石が泥沼のような場所から発掘されたことにちなみ、ラテン語で泥を意味する「リムス」から「リムサウルス」と名付けられた。

新種恐竜は、鳥に近いとされる獣脚類に分類される。獣脚類は鳥と同じ3本指を持つことは知られていたが、5本指のどの指が残ったのか不明だった。リムサウルスの子供(推定全長1・5メートル)の化石の前脚を調べたところ、親指は甲まで骨があるものの指の部分は退化してなくなっており3本指は人さし指、中指、薬指であることが確認された。

国立科学博物館の真鍋真・研究主幹は「親指が退化し、鳥と同じ人さし指から薬指の3本指を持つ恐竜と確認されたのは初めて。獣脚類から鳥への進化が、より合理的に説明できる化石といえる」と話している。

すなわち、鳥が、ある種の恐竜から進化した、ということは仮説から次第に定説となりつつあるが、この発見は、鳥の恐竜進化説を補強するものである。

そこで急に、私の素人思考を始めてみる。すると、恐竜が属する爬虫類というのは、基本的に体毛をもたない。ごつごつの肌がむき出しで、そのことが恐竜の怪奇度を高めているといえる。そのような恐竜が、豊かな体毛をもつ鳥に進化することがありえるとすると、ティラノザウルスのように二足歩行する恐竜が、大型の猿に進化するというのもありだ、と考えるのは乱暴か。

そういう目で改めて爬虫類をみると、なんと多様なことか。すなわち、空を飛ぶ恐竜は鳥に進化した。二足歩行する恐竜は、猿を経て人類に進化した。小型の恐竜はトカゲになった。蛇は蛇のままである。亀も亀のまま。すなわち、地上動物爬虫類一元説というのは無理があるだろうか。

すなわち、恐竜は巨大隕石によって滅びたのではない。もちろん、ツングースカレベルの巨大隕石によって、広範囲の動物が殺戮されることはあっただろう。しかし、種を根絶やしするような殺戮は、巨大隕石にも無理であったろう。

そう、恐竜は、哺乳類に、鳥類に、静かに進化することにより、消滅したのである。はたまた、燃費のいい小型恐竜になった。

あれっ、どうみてもこれは私のオリジナルの発想ではない。どこかで読んだもののはずだが、どうしても思い出せない。

私は長年、毎日新聞を愛読してきた。朝日新聞や読売新聞の勧誘員がしつこく勧誘にやってきても、将棋の順位戦と名人戦が毎日にしかない、ときっばりと断ってきた。あ、でも、最早その理由は少なくとも朝日新聞には通用しない。

名人戦もさることながら、国際面など意外に充実しているので、私は今に至るまで、毎日新聞を購読し続けてきた。しかし、これはいかんときっぱり思ったことが最近ある。

それは、6月21日の朝刊である。その第1面に、鳥越俊太郎の「がんを生きる」があったとき、心底がっかりした。だいたい、いい歳をして癌になるというのは、あまりにもありふれている。それでも一個人として、命こそ宝であるなら、癌になって生命の危機に晒されることは一大事であろう。しかしである、鳥越俊太郎は、毎日新聞の一記者なのである。おそらく長老格なのかもしれないが、そんな自社の記者の癌闘病を記事にしてはいけない。それは会社にとっての私事にすぎない。ましてや第一面とは、呆れてものもいえない。

また、鳥越俊太郎の記事が、「終わって」いる。6月22日の「ニュースの匠」で、インフルエンザの騒ぎを取り上げて、「弱毒性でこの騒ぎ?」というのだけれども、そんなの数ヶ月前からみんな言っていることである。それを旬が過ぎて、今更のようになんの創見もなく、記事として書く神経が私には理解できない。恥をこれ以上増やさないために、引退して病気治療に専念された方がいい。それと、癌の闘病を売り物にしない方がいい。さもしいと思う。静かに闘病し、時間を経て静かに亡くなるのが美学である。

さらにおかしいのは、Webである。例えば、毎日新聞と朝日新聞のホームページを比較したら、1対10くらいで、朝日新聞の方が充実しているといっても過言ではない。将棋の名人戦でも、この記事を書いている時点で、羽生名人が防衛した。当然にそれは朝日新聞のホームページにあるが、現時点で毎日新聞のトップページには見る影もない。仮にも主催紙である。そんなことは、あっていいのだろうか。

米国でもそうだが、新聞社が淘汰される時代である。日本の全国紙で真っ先に淘汰されるのが毎日新聞であることを疑う者はいるのだろうか。

生活保護

| コメント(2) | トラックバック(0)

Webに次のような、ある意味、どうということのない記事があった。

三重県桑名市で、生活保護を打ち切られた一人暮らしの男性(53)が今年4月に栄養失調で衰弱死していたことが6月17日、わかった。

この日の同市議会一般質問で取り上げられ、市側は「今回のケースを重く受け止め、このようなことが二度と起きないよう、最善の注意を払っていきたい」と答弁した。

同市によると、男性は昨年6月に清掃のアルバイトの仕事がなくなったといい、同8月から生活保護費を受け取った。しかし、男性が同12月に支給窓口を訪れなかったことから、担当職員が今年1月、自宅を訪問。この際、男性は「日雇い労働者の仕事が見つかったので、今後はそれで生計を立てていく」と話したため、市は以降の支給を打ち切った。

同2月には、男性から「仕事が駄目になりそうだが、再受給は可能だろうか」と問い合わせの電話があり、市の担当者が「本当に駄目になったら相談に来てほしい」と伝えたが、その後、連絡がなく、4月26日に自宅で死亡しているのが見つかった。死亡は発見時の1、2日前とみられるという。

こういう記事をみて私はいつも、敬虔な思いに捉われる。ああ、亡くなった人はなんと霊格が高いのだろう、と。

なぜなら、こつこつと、下手な向上心なく、地道に清掃のアルバイトの仕事で暮らしていた。仕事がなくなったことで、とりあえず生きていくために、生活保護を受けた。そのまましばらく甘んじればいいものを、「日雇い労働者の仕事が見つかったので、今後はそれで生計を立てていく」と正直に話して、自ら、生活保護を打ち切った。

ところが、仕事が駄目になりそうになり、男は、「仕事が駄目になりそうだが、再受給は可能だろうか」と問い合わせした。そのまま、市役所に連絡をとらず、死んでいった。

これがなぜ霊格が高いかというと、先ず、他人に迷惑をかけることを最小限にしようとしている、ということである。しつこく問い合わせたりしない。ましてや、自暴自棄になって泥棒や強盗を働くこともない。それどころか、意味もなく正直だったりする。

次に、生き延びること自体に高い価値を置いていない。これが霊格が高いというと批判を浴びるかもしれないが、生き延びることは、それに価値を見出してくれる他人(犬や猫でもいい)がいる限りにおいて意味がある、という解釈ができる。すると、誰にも期待されていないなら、生きれればいきればよいし、あとは、自然に任せる、がむしゃらに生きなくてよい、ということにならないか。どうも、ここは、あまり同意は得られそうもない。

擬理系人間

| コメント(0) | トラックバック(0)

世間一般では、理系か文系かを、現在の職業よりも寧ろ大学時代の専攻でみる。それでときどき、工学部や理学部出身で弁護士になっている人がいると、世間は、理系なのに法律も詳しい立派な人だとつい思う。

実際そういうケースもあろう。しかし、私が知る範囲では、工学部や理学部出身で弁護士になっている人と話すと、結局発想が文系なのである。数学も物理も一とおり勉強したから一応知識はある。しかし、理系科目に対する知的好奇心を欠いていて、むしろ、興味をもって話すことはやはり法律なのである。

弁護士でなく弁理士となると、当然に理系度は高くなる。実際、特許明細書を書く実務を担当するとなると理系的素養は必須である。ところが、弁理士の中にも、大学では理系だけど、発想は文系という人がいる。どうやって見分けるかというと、そういう人は、弁理士てあるのに、特許法や技術の本よりも寧ろ、民法や民訴の本や判例の方を好んで読むのである。弁理士が弁護士の夢をみる、ということである。

私の見るところ、文理に拘わらず、弁理士試験に比較的早く受かる人は、どうも基本的に文系特に法科系の素養に優れる。一方、本質的に理系の思考の人は、もともと頭がよくても、意外に弁理士試験に苦戦したりするようである。弁理士試験を目指したこともない私がこんなこというのは、おこがましいにも程があるのだけれども。

それで、私が尊敬する弁理士は、本質的に理系の思考で、上記のように、その頭のよさにも拘わらず意外に苦しんで弁理士試験に受かったような人だったりする。もっとも世間には凄い人がいて、本質的に理系の思考なのに、ぶっちぎりで短期間に弁理士試験に受かる人もいるようだが。

でさらに何が言いたいかというと、私が尊敬する本質的に理系の思考の弁理士であっても、単に理系の大学を出たに過ぎない文系思考の弁理士であっても、世間の多くの人はその違いが分からない。世間がみるのは、理系の大学を出ているということと、出身大学の格式、そして弁理士という資格である。むしろ、文系思考の弁理士の方が弁舌も滑らかで、人気があったり尊敬されたりする。

世間の人がどう見ようと構わないといえば構わない。しかし、単に理系の大学を出ているというだけで、理系の香りをほとんど感じないがちがちの文系思考の弁理士や弁護士がしかるべき地位に就き、理系大学出身であることを盾にして、本来興味もない特許実務や科学技術に対して分かったようなことを言い、尚且つありえないような不適切な施策を進めるのを目の当たりにすると、私はため息つくしかなくなるのである。

では私が真に尊敬する理系思考の弁理士はというと、例えば、特許事務所でこつこつと実務にいそしむ。華やかな地位を誇ることはない。私ができることは、密かにエールを送ることだけである。

さて擬理系人間の話をしてきたが、擬文系人間というのも当然にいる。私の知り合いで、早稲田の文学部哲学の大学院を出たのに、予備校の数学の講師になり、今では数学書の出版社に勤務している人がいる。大学院の専攻が科学哲学なので、理系ぽいといえばそうなのであるが、世間は文系とみるだろう。でも、私にとって、この知り合いほど理系的会話を楽しめる知り合いも少ない。でも擬文系人間というのはだいたいが予備校の先生とかSEなどの知的職人で、高い地位に就いたりしないので、害はない。

ここで害というと、君は擬理系人間が有害だと言おうとしているのかと叱られそうである。そういう意図ではないのだけれども、高い地位にある擬理系人間が知ったかぶりしているのをよくみるかけるので、私のお願いは、発言したり判断するからにはきちんと理系的なことも勉強して下さいね、もともと頭はいいんだから、という穏当なものである。

クビキラー

| コメント(2) | トラックバック(0)

古書店のワゴンに「クビ!」論。梅森浩一 朝日文庫という本があったので、つい買ってみた。

梅森浩一氏の略歴は、下記のとおり。三井デュポン・フロロケミカル入社。88年チェース・マンハッタン銀行に転職。93年、35歳の若さでケミカルバンク東京支店の人事部長に就任。以後、人事・雇用の専門家としてチェース・マンハッタン銀行、ソシエテ・ジェネラル証券東京支店で人事部長を歴任。

実は、梅森氏は、チェース・マンハッタン銀行に転職後、人事部に配属になり、そこで大規模なリストラに遭遇した。人事部なので、他人事ではなく、なんと梅森氏は、クビ切りの担当者を任じられたのだという。すなわち、典型的外資系であるチェース・マンハッタン銀行では、合弁などで仕事がなくなると、そこの管理職が、クビ切りしたい担当者を、梅森氏のオフィスに送り込む。そこで、梅森氏がやおら、「この会社にあなたの仕事はもうありません。」と、退職を示唆する発言をする。

しかし、外資系といえども、日本における法人なので、日本の労働法の判例に従わなくてはならない。そこで、梅森氏は、口が裂けても、「あなたはクビです。」という趣旨の発言はしない。ただ、もはや仕事はないこと、割増金を含む退職パックを説明すること、同意するなら自発的に退職書類にサインすることを淡々と事務的に説明するだけである。すると多くの人は観念して、退職書類にサインする。

こうして、梅森氏は、なんと1000人もの人のクビを切り、口が悪い人から、クビキラーと呼ばれたという。しかし、梅森氏は悪びれない。事業の再編により、どうしても一定の人に辞めてもらうしかないことがある。そうしないと、経費的に業績を維持できない。すると誰かが、クビキラーの役割を担う必要がある。こうして梅森氏は淡々と事務的にクビ切りをこなした。その辣腕が買われて、35歳の若さでケミカルバンク東京支店の人事部長に抜擢された。

こういうと梅森氏が冷血漢のようであるが、実は、クビ切りのインタビューとするとどっと疲れるという。それを聞いてなんとなくほっとした。ただ、よく分からないのが、人事部長がクビ切りのインタビューを一手に引き受けるという仕組みである。

私が知る範囲では、普通はそういう嫌なインタビューをするのは、退職勧告を受ける人の直接の上司である。人事部門は事務的なサポートをするだけである。こういうインタビューに慣れっこのはずの梅森氏ですら、どっと疲れるのに、普通の管理職にとっては最高にタフなインタビューとなる。私の大学の同級生だった知り合いなどは、直接の腹心の部下に辞めるよう説得する必要があって、それで悩んで鬱病になった。

ただ、梅森氏が指摘するように、今後はビジネスの変化が激しいので、最早終身雇用を維持することは困難である。すると、場合により、辞めてもらうということは必然になってくる。

もしそうなってくると、セーフティーネットや、労働市場の開拓も必要である。例えば、デンマークモデルである。そういう意味で梅森氏は、日本型のリストラを批判する。すなわち、日本型のリストラである希望退職では、結局、優秀な人がこぞって辞めてしまう。スキルががたがたになってしまう。そうして辞めた人だけでなく残った人達も敗残気分を味わう。会社は何一つ得していない、ということになる。

梅森氏が言うには、典型的な外資系のリストラは、クビ切りと中途採用がセットになっている、という。一応外資系企業に勤める私も、これは知らなかったというか、知る限り、そうなっていない。言われてみると当然で、ある旧事業が閉鎖になれば、その旧事業にまつわる人の多くは会社を去り、代わりに新事業にマッチするスキルの人が採用される。これは、理の当然である。これによって、企業はダイナミズムを発揮することができる。その旧事業にまつわる人達も、まだ旧事業を展開する会社があればそちらに採用されるだろう。それによって人材の最適配置がグローバルに達成できる、という次第である。

私が勤める外資系企業でも、退職に追い込まれた一群の人々は、決して無能ではなかった。むしろ、採用された同期の中でもトップクラスの成績だったりした人が少なくなかった。それが証拠に、辞めた後、国立大学の准教授に採用されたり、競合他社に入り、いままで以上の年収を稼いだりした人もいた。辞めたのは単に、事業再編で、担当していた事業部がなくなっただけのことである。会社の方針転換である。不祥事でも能力不足でもない。だから頭では理解できる。しかし人間はそんな単純なものではない。だから普通、相当複雑な気持ちを引き摺るようである。

こうなってくると、寧ろ、プロのクビキラーが貴重になってくるかもしれない。なるべく辛くないように退職させる技術をもつ。でも、そんなの可能なのか。何度も言うがやはり、セーフティーネットや、労働市場の開拓を待つよりない。それまではクビキラーは辛い仕事であり続けるだろう。そして将来は、クビキラーは、ワーク・リプレイサーのように呼ばれるだろう。就職斡旋とスキル相談が対になるのである。意外に夢がある仕事だったりして。

浅七

| コメント(2) | トラックバック(0)

先日、酒通の友人に連れられて、「浅七」という通の店に行った。東西線 門前仲町駅 2番出口から徒歩3分のところにある。有名な(といっても、私は今まで知らなかったが)「魚三酒場」を出てすぐ前の路地を右に入ったところにある。

入ってみると、とても静かな雰囲気が広がる。まるで、日本画の個展でも開かれているようである。入って左がカウンターで、右が10人ほど座れる座敷である。すると、年配のご婦人が注文を取りに来た。飲み物は日本酒だけである。福島「大七 純米生もと」、奈良「梅の宿 特別純米」、群馬「群馬泉 山廃純米」、岐阜「三千盛 からくち純米」、宮城「浦霞 からくち」、富山「銀嶺 立山」、新潟「〆張鶴 純米吟醸」。すべて一律800円。また、酒肴は、「あなごの煮凝り」「まぐろのづけ」「焼きみそ」「柿なます」「ほたて梅煮」「ねぎま焼き」「かぶぬか漬け」などのこじんまりした一品だけである。

普段呑むと騒がしい私も、流石に大声を出すのが憚られた。友人となるべく小声で話した。それでも、地声の大きい私は、人並かもしれないが。

で、友人と飲んでいたら、周りの人はあっと言う間にいなくなってしまった。どうも、ここは長居しないのがエチケットというか無言のルールらしい。もしかして、一人日本酒2合が限度なのかも。すると軽くバイオレーションか、まあ、なんとか許してもらえたかも。と、勝手な妄想が蒸発していく。

ここは、通の友人と来たから相応しかった。将棋仲間ののんべの別の友人だったらどういう雰囲気になるのだろう、とふと考えた。小声で棋談するのもそれなにり悪くないかもしれない。あるいは、一人でふらっときて、哲学的?思索に浸るのもありかも。我が家からはちと遠いのが難点ではある。

硫黄島

| コメント(2) | トラックバック(0)

たまたま、古書店で、「ああ!栗林兵団 硫黄島」松坂弘著を買った。著者は、パラオ諸島アンガウル島で米軍と戦った経験をもち、出版社の社長をされている。かなり古い本なので、今もご存命なのかどうかは分からない。

この本を読んで改めて感じるのは、栗林中将の緻密さ、用意周到さ、それと闘魂である。

アッツ島玉砕を受けて、米軍が、太平洋上の戦略的な要所である硫黄島を攻略してくることは誰の目にも明らかになった。この点、ガダルナカルなどと意味は全く違う。

そこで、1944年5月、栗林中将に、硫黄島守備の命令が下った。東条英機は、栗林中将に、「アッツ島のようにやってくれ」と、ある意味とても酷い依頼をした。

栗林はそこに、自分の死に場所を見出した。しかし、米国通で作戦家の栗林は、アッツ島玉砕の教訓を踏まえ、常識とも言える水際作戦を捨てた。そして、全島に地下通路を張り巡らし、島全体を要塞化する、という壮大な構想に想到した。

栗林は実は、硫黄島自体を爆弾で沈めることも考えた。すると、米軍がそこを基地として使えなくなる。しかし、それには明らかに膨大な弾薬を要する。日本軍の物資では無理だった。

思いついたら、周到且つ迅速に指示を出すのが栗林の特徴である。しかも、きちんと現場を把握する。そのため、栗林は、全島を自分の足で廻った。どこから敵が上陸するかも考えた。

早くも1944年6月には、敵機の爆撃があった。要塞の建造を急がなくてはならない。工作隊の作業が急ピッチで進められた。しかし、硫黄島は文字どおり、火山性の島であり、あちこちに有毒の亜硫酸ガスが噴出す。また、一本の川もないので、水は雨水を貯留するしかない。しかし、ボーフラが湧き、濁った水を飲んだ者は例外なく下痢になった。さらに、既に海域は敵潜水艦の監視下にあり、輸送船は高い頻度で撃沈された。

それでも不屈の闘志で栗林の指揮の下、地下要塞の建造は進んだ。硫黄島には、2万一千の精鋭が集められた。生還を考える者は一人もいない。栗林は、硫黄島向け独自の戦陣訓を作り、兵に徹底させた。すなわち、敵を倒すまでは犬死しないという闘魂を鼓吹するものである。

果たして1945年2月19日、800艘の大艦隊を従えて、米軍は硫黄島にやってきた。そして、栗林の読みどおり、米軍は、東海岸から上陸してきた。なんと25万の大群である。兵の比率はなんと、25:2。圧倒的という表現も相応しくないほどである。

用意周到に配置された火器は、待ち構えたように米軍に襲い掛かった。米軍は、初日だけで数千人もの死傷者を出した。ここの日本軍は、今までの日本軍と違う。口々に米兵は囁きあった。ところが、そこから日本軍の攻撃がやんでしまう。不審に思いつつも、多数の米兵と戦車隊は上陸を続ける。ところが、これこそが栗林の作戦であった。敵をひきつけておいて、容赦なく日本軍は攻撃を仕掛けた。さらに犠牲者が増えた。擬装が巧みで、砲口は外から発見しにくい。

こうして序盤で大きな被害を与えたのであるが、結局は、米軍は物量にものを言わせる。地下壕の入り口が見つかり、ナパーム弾が打ち込まれたりした。じりっじりっと追い込まれた日本軍は、奮戦して自爆攻撃も駆使して多大な被害を与えつつ5週間も持ちこたえたが、ついに矢折れ刀尽きた。

ここが最期と見切った栗林は、部下数人と出撃する。自ら先頭に立って突撃したが、栗林は足に銃撃を受けて重傷を負った。このままでは米軍に捕まると、栗林は拳銃で自決した。側近も後を追った。

ここで公的には、硫黄島は米軍の手中に落ちた、ということになる。しかし、栗林が残した不屈の闘志は消えていなかった。残存の100人あまりの兵は、その後4ヶ月に亘ってゲリラ戦を繰り広げ、米軍を苦しめるのである。下手にバンザイ突撃しないところがまさに、栗林の遺志である。

米軍にとって敵ながら天晴れという言葉は、栗林中将のためにあるといえる。ただ、惜しむらくは、栗林中将の追加支援の要請に、大本営は応えなかった。リソースが欠乏していたのか、あるいは玉砕するところに追加支援しても無駄と思ったか、両方かもしれない。

デンマークモデル

| コメント(0) | トラックバック(0)

「雇用危機をどう乗り越えるか」中野雅至著、ソフトバンク新書に、雇用のデンマークモデルというのが記述されていたので、メモしてみる。

デンマークモデルは、次の3つの要素からなる。

  1. 正社員の過剰な雇用保護(解雇規制、企業内での配置転換、出向などの制限)を緩めること
  2. 雇用保険を手厚くする
  3. 職業訓練や教育投資を積極的に進めて再就職を促進する

デンマークモデルは、フレキシキュリティ・モデルとも呼ばれ、すなわち、経営者は比較的容易に従業員をクビにできる。ところが、労働市場が柔軟であるため、失業者は比較的容易に次の職場を見つけられる。もし即座に次の職場を見つけられなくても、雇用保険が適用される年限が長いので、その間、労働者は、じっくり教育を受け、自己研鑽し、あるいは心身を休めて、次の職場のための準備をすることができる。

デンマークがこのような労働市場形態をとっているのは理由がある。まずデンマークでは、ほとんどが中小企業なので、余剰人員を沢山抱える余裕がない。すると、企業は、景気や仕事の傾向の変化に応じて、労働者をクビにせざるを得ない。労働者の方も長期雇用を最初から期待しない。

デンマークにおいては、雇用保険の適用率が失業直前の12週の平均賃金の90%である。しかも、支給期間は4年と長い。

また、デンマークは、積極的労働市場政策をとる。これは職業訓練や職業紹介によって、積極的に労働者の能力を高めて、再就職につなげていこうとするものである。

これだけ見ていると、いいことずくめのようであるが、雇用保険の手厚さであれ、職業訓練や職業紹介であれ、政府が主導するのであれば、そこに相当のコストがかかる。このコストはというと、税金で賄うよりなく、すると、デンマークは、とても税金が高いのではないか、と思われる。

すると、もし日本がデンマークモデルを採用しようとすると、まず増税ということになって、国民はみな嫌がる。それでも、労働市場の柔軟性を高めるからいいではないか、という意見は当然でてくるが、解雇の容易性が高まると、正社員たち(私もそうだが)は既得権を奪われることになって、猛反対するだろう。ただ、私はそんなに強く反対するつもりはない。昔から、自己研鑽することで新しい職場がみつかれば、と思い続けてきたからである。その割には、今の会社に25年もいるのは予定外だったかもしれない。もし独身なら確実に別の会社に移っていた。結婚して保守的になってしまったか。そういう面は否定できない。

そうやって正社員たちの反対を受けても、労働市場の柔軟性を高めることは国際競争的に必然なのではあるまいか。なぜなら、労働市場の硬直性のせいで、単に年功だけで地位が上がった社員を多く抱えている伝統企業が少なくない。そういう社員は、先端技術や新しい仕組みについていけないので、最早大した仕事はできない。よって、閑職にあるのに、年齢給で結構いい給料をもらっていたりする。そうやって、いい歳して大した仕事もせず、その仕事に見合わない高い給料をもらっている人をノンワーキング・リッチと呼ぶが、最早そうやってノンワーキング・リッチを多数抱えている会社が、国際競争に勝てるはずがない。韓国のサムスンなど、給料に見合う成果が要求され、それが達成できないと降格や退職が強いられる。そうして、サムスンは、国際競争力を維持している。

もし日本が次第にデンマークモデル的な労働市場になると、派遣社員にも福音がくる。すなわち、きちんとスキルを身に付ければ、採用してもらえる可能性が高まる。敗者復活が容易になる。ただ、そこで問われるのは結局実務力や、コミュニケーションスキルで、すると、依然として、中央大学教授殺し犯人のようなタイプの人が最適な職場をみつける可能性がそれほど高まる訳でもない。

するとやはり、森清の仕事術のような原点に立ち戻ることになる。どうも結局、楽はできない、ということらしい。

夫婦間の機密

| コメント(2) | トラックバック(0)

Webニュースに、下記のような記事があった。

東証1部上場の大手食品メーカー「味の素」(東京都中央区)による飲料大手「カルピス」(渋谷区)の子会社化について、内部情報を知った味の素社員と、カルピス社員の妻がそれぞれ公表前に同社株を購入した疑いのあることが12日、分かった。証券取引等監視委員会は、金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで調査しており、金融庁に対し、いずれも数十万円の課徴金納付命令を出すよう勧告する方針。

関係者によると、味の素の男性社員と、カルピス社員の妻はそれぞれ個別に、味の素がカルピスとの株式交換で同社を完全子会社化する内部情報を入手し、2007年6月11日の公表直前に同社株を買い付けたとされる。

2人はいずれも値上がり後に売却し、各数十万円の利益を得たという。

味の素社員は社内の業務連絡で子会社化を知り、妻の名義で購入。カルピス社員の妻は夫から情報を聞き、知人名義の借名口座で買い付けたという。夫は取引を知らなかったとされる。

これを読んで、誰だって、いま流行りの言葉でいうと、「あると思います!」と応えるのではないか。というのは、夫婦で互いに別会社、競合会社に勤めているというのはざらである。

夫が、高度の営業秘密を扱う仕事で、妻が競合会社の要職にあるということはあると思うのだが、意外にそういうことは問題にされない。高い倫理の人たちなのだから、また、社員のプライバシーには容喙しないものだからと、どちらの会社の人事部も配偶者の勤務先に神経質にならないふりをしている。

しかしである、ある意味夫婦以上の緊密な関係はなく(本当か?)、もしそうなら、自宅の密室でどんな会話がなされるているか、想像に難くないはずである。そこで本当に、お釈迦様のような高い倫理観の人ばかりと考えられるだろうか。

以前、米国政府の高官が、高級コールガールに、政府の機密をもらすというスキャンダルがあった。それと夫婦を同一視するのは不謹慎であるが、親密な関係と機密保持が相反する原理であることは子供でも分かる。だから、家庭に大いなるセキュリティ・ホールがあることになる。

だから、私が寧ろ驚くのは、上記のような事件がどうして起きたのかでなく、どうしてばれてしまったのか、である。世の中に無数にある潜在的なインサイダー取引の一部にすぎず、それの原因のかなりの部分が夫婦間の会話かもしれないのに、である。

もしかして、上記の夫婦の仲に亀裂が生じ、その弾みで、露見しなくてもいい事実が漏れてしまったのだろうか。そうでもしないと、ちょっとばれる可能性のない事件なのでは、と感じてしまう。ちなみに私は株は一度も買ったことがない。だからどうした、と言われそうであるが。

アルツハイマーの予測

| コメント(2) | トラックバック(0)

Webに下記のようなニュースがあった。

アルツハイマー病を発症する数年前から脳内で増加するたんぱく質を、大阪大大学院精神医学教室の大河内正康講師のグループが新たに発見した。この物質の量を調べれば発症を予測することが可能で、既に測定技術を確立したという。欧州分子生物学機構(EMBO)が発行する専門誌(電子版)で10日、発表した。

アルツハイマー病は、原因となるたんぱく質「ベータアミロイド」(Aβ)が脳に蓄積して発症する。Aβの量を調べれば早期診断が可能だが、Aβは脳内にとどまるため計測が難しい。

これを読んでなるほどと思うのだが、では、アルツハイマー発病の予測ができたとして、予防はどうなのか、という本質的な疑問がある。

実際、呆け老人の話はよく聞く。私が住んでいる町で、ときどき町内放送がある。○○さんが家を出たまま、行方不明になっている、というものである。もちろん若い女性ではない。大抵が、70歳以上の老人で、アルツハイマーなのかどうかは分からないが、呆けて家を出たまま帰り道が分からなくなっているのだろう。

そういうのを聞く度に、自分はああはなりたくないものだ、呆ける前に老衰でも病気でもいいから、コロッと死にたいものだ、と思う。

それで私が心がけていることは、なるべく広く関心を保っておこうということである。というのは、あることに関心をもつと、それを担当する脳細胞が割り当てられるのだろうと勝手に理解している。そうして、深く考えると、脳細胞間のシナプスは増えるのかもしれないが、あまり新しい細胞に出番が与えられることはない。よって、なるべく今まで考えたことがないことを考えることによって、使われていなかった脳細胞に出番を与える。脳細胞は一日に10万個だか死滅するらしいが、それでも、一生使い切れないだけの細胞はあるので、いつも新脳細胞を活性化し続けなくては、ということである。何の医学的根拠もないが、これで、少しは呆けが防げるのではと思っている。

ただ、別の観点もある。私の家族や親類縁者で、いわゆる偉い人というのは皆無である。ここでいう偉い人というのはとても俗な意味であって、有名大学卒とか、医者だとか、大学教授とか、会社の重役とかのことである。また、当然に、上記のように広い関心をもたなくてはという努力をしている人もいない。

すると、呆け呆けの老人が親戚にいるはずなのに、意外にいない。親に聞いてみると、うちの家系は、頭は悪い代わりに、歳取っても呆けにくいのだという。また、うちの家系は遺伝的にコレステロールが高く、それと呆けは反比例するという話を聞いたこともあるので、そのせいかもしれない。ともかく、どうも、頭が悪いとか、頭を使う使わないとかということと、呆ける呆けないという概念は、全く別ということになる。結局、遺伝なのかもしれない。

もしそうなら、私がしているような努力は、呆け予防にあまり意味がないかもしれない、ということになる。

すると、呆けを確実に防ぐ方法なんてない、ということになり、少なくともアルツハイマーについては、それを防ぐことのできる薬の出現を待つ、ということになる。ただ、そういう薬は夢物語ではなく、かなりの程度まで研究されていると聞いたことがある。

だとすると、私の理想とする社会は、老人を呆けさせないというものである。すなわち、老人は、歳とってもボランティアなどで働かなくてはならない。知的労働ができる者は、辞書編纂、業務プログラムの開発、清掃、その他、若い人がやりたがらない地味な事務作業などを担当して、社会に貢献する。薬によって、なんとか呆けは抑える。寝込んでも、リハビリで起きさせる。そうして、体調を崩して老衰でいよいよい働けなくなったら、病院で、やっと永遠の眠りにつく。

そう書くと、なんと馬鹿な社会を想定するか、と叱られるだろうか。こういう話を、以前に知り合いの米国人にしたら、呆れて、お前は好きにすればいい、普通は年取ったら悠々自適で旅行したりして暮らすのだ、と相手にされなかった。日本だって隠居という制度は昔からある。しかし、老人があり余る社会になると、私が考えているようなことにならざるをえないぞと私は警告する。そしたら、呆けてよろよろしていたら、誰にも相手にされなくなる。誰もそんなことは考えたくもないようだけれども。

ラーテル

| コメント(4) | トラックバック(0)

私は特に動物が好きという訳ではないが、たまたまNHKの番組を見ていたとき特集されていたラーテルは、相当ユニークで面白いと思ったので、メモしてみる。

ラーテルとは、ネコ目イタチ科の哺乳類で、食肉性である。外観は、イタチの一種と思っておけばよいかもしれない。生息地はだいたいアフリカである。砂漠地帯にも棲む。

さて、イタチの一種というと、いつもこそこそ逃げ回って、ネズミなどの小動物を食べているのだろうと思われるが、ラーテルは違う。ある英語の動物事典によると、most fearless mammalとある。文字どおり、最も恐れを知らない哺乳類なのである。

どう恐れを知らないかというと、猛毒のコブラやサイドワインダーなどに敢然と戦いを挑む。そして、大抵勝ってしまい、蛇を首から、うまそうに齧る。それどもときどき、コブラに噛まれて気を失うことがある。しかし、生まれつきコブラなどの毒の血清をもっており、コブラに噛まれても2時間ほどで意識を回復し、起き上がって巣に戻る。

猛毒のコブラさえも襲う理由は、砂漠地帯にあって、蛇くらいしか適当な獲物がおらず、また、水分が不足の砂漠で、蛇の体液が貴重な水分補給源であるからである。

獲物ではないが、ハリネズミにも敢然と戦いを挑む。相手にしなければいいと思うのに、ハリネズミがいたら、唸り声を上げて向かっていく。そして、ハリネズミの針を受け止める。実は、ラーテルは、面の皮ではなく、背中の皮が厚い。そこには神経が通っていないので、背中を刺されても痛くない。こうして、ハリネズミの針攻撃にもめげず対抗していると、流石のハリネズミは、気圧されてしまい、退散する。それをみてラーテルは悠々と引き上げる。

ラーテルの武勇伝は他にもある。すなわち、ライオンが獲物を獲り食べた後、ハイエナなどが残飯を漁りに来る。しかし、それはあくまでもライオンたちが去った後である。しかし、ラーテルは違う。ライオンたちが現地に屯しているのに、平然と、仁義も切らず、ライオンの食べ残しを食べにいく。その姿は、ほとんどライオンの存在を無視するかのように尊大で、堂々としている。体型が何十倍もあるはずなのに、ライオンたちは、気合負けして、ラーテルたちが餌を貪るのを黙ってみている。

これはまさに、最も恐れを知らない哺乳類、の噂どおりの行動であり、態度である。こういう気合というのは、私の知る限り、日本の任侠の人達が最も大事にするものである。体は小さくても、ライオンにさえも気合負けしないラーテルは、ヤクザの鑑であろう。

南アフリカ製の歩兵戦闘車は、その勇猛果敢なラーテルにあやかって、ラーテル歩兵戦闘車を名乗る。旧日本軍は、零式艦上戦闘機を荒鷲と呼んだ。勇猛果敢な動物に喩えるというのは、共通のメンタリティであるようである。

虫下し薬による癌治療

| コメント(2) | トラックバック(0)

ニュースによると、虫下し薬で癌治療ができる、とあって、ええっと思った。以下、引用:

「2009年、曽我朋義・慶応大学教授と国立がんセンター東病院のチームは、ガン細胞が酸素の薄い環境で活発に増殖できる仕組みがあることを突き止めた。 寄生虫や微生物が低酸素状態で働かせる代謝経路で、人の細胞には通常無い代謝経路。 この働きを阻害できれは、新たな抗ガン剤の可能性がある。

研究チームは大腸ガンと胃ガンの患者から採りだした細胞から、エネルギーの代謝関連物質をすべて取りだし、詳しく解析した。 寄生虫や微生物では『コハク酸』という代謝物質が増えるが、ガン細胞でもコハク酸が増えることを確認。それ以外にも『リンゴ酸』や『フマル酸』などの代謝関連物質が増加していた。これは、フマル酸呼吸と呼ばれる。

寄生虫などは低酸素状態で「嫌気呼吸」をしており、この際に活用している代謝経路と同様のパターンを示した。

寄生虫などが低酸素状態で働く代謝経路は、回虫向けの「虫下し薬」で防ぐことができる。国立がんセンター東病院がこの虫下し薬を試したところ、ガン細胞を殺す働きがあることが分かった。

以上は、Webの記事からの引用だが、毎日新聞の記事から補足すると、虫下し薬が有効なのは、脾臓癌や大腸癌である、という。それらは、寄生虫と同様に酸素が乏しい環境で増殖しているからだという。すなわち、寄生虫と同様のフマル酸呼吸をしている。

ところが、胃癌や肺癌は、フマル酸呼吸をしていないようだという。酸素が豊富な環境にいるからであろう。すると、虫下し薬療法は、内臓の奥の低酸素の環境にある癌細胞に有効ということになる。胃癌や肺癌には有効でないようである。肝臓癌にはどうなのか、とも思うが、実験しないと分からないということだろう。

で、納得していたら、新たな疑問が湧いてきた。すなわち、寄生虫は、栄養分は宿主の腸内などで調達するものの、呼吸は自前である。ところが、癌細胞は、建前上体の一部なのであるから、血液中の赤血球から酸素をもらっているはずである。そもそもが、普通、酸素に晒されている細胞なんて、体表の細胞だけである。

すると、癌細胞というのは、その代謝が、普通の細胞よりも大きくて、そのため、血液から賄われる酸素だけでは代謝できず、別途酸素呼吸が必要である。酸素呼吸が叶わないときは、フマル酸呼吸などの低酸素呼吸で凌ごうとする。虫下し薬は、そこを叩く。そう記述してみたら自分としては納得するが、果たして正しいだろうか。

組織の末期

| コメント(2) | トラックバック(0)

日本軍の組織の本を読んだり、いろいろな会社の様子を聞くと、組織が駄目になった末期の症状というのは似ているのではないかと思われる。

そこで私なりに、どういう症状になるか、メモしてみる。

まず、末期の組織で目に付く症状は、組織のルールの瑣末化である。確かに、組織のリーダー達は、組織に問題があることは認識している。ところが、きちんと現場の様子をみる、ということは決していない。その代わりに、瑣末化されたルールの徹底によって、危機を乗り切ろうとする。すなわち、一々報告書を作成しなさいとか、報告書にはこれこれを盛り込まなくてはならない、とか、いつ誰に提出しなくてはならないなどと現場に押し付けるルールを細々と決める。現場は一層大変になる。一方、言い出したリーダーの手間が増えることはない。なぜなら、すべて現場が担当するからである。そういう報告書を作成することがどういう改善につながるか、ということも問われることはない。

次に、末期の組織では、富める者が一層富むような、バランスを欠く人事が行なわれる。例えば、平取締役だった管理職が、さしたる業績もなく、常務に昇進する。軍隊では、中将が大将に昇進する。その一方で、現場で頑張る担当者は、不況の煽りで、減俸になったりする。要するに、組織の上位メンバー内でお手盛り人事なのである。

さらに、末期の組織では、業績が悪化しても、目標達成度を追求れるのは現場の担当者だけである。その上位管理職が責任を問われることはない。目標が達成されないと、現場の担当者は、ひどい減俸になったり、リストラされたりする。

末期の組織では、業績が悪化することで、経費節約がさかんに叫ばれる。しかし、上位管理職の無駄な出張や意味のない長い会議が問題にされることはない。そういう管理職が、鉛筆一本の無駄も許されないなどというので、現場の担当者は、ひたすら呆れる。

末期の組織では、コンプライアンス遵守を声高に叫ぶ者が出てくる。それに表立って誰も反論できない。建前上正しいからである。しかし、コンプライアンス遵守の名の下に、効率も経費も無駄になっていることを多くの人が気付くのだが、指摘されることはない。コンプライアンス遵守が重要でないのか、と非難されるからである。

末期の組織では、責任はすべて現場に降ろされる。それをすばらしいことと誤解してはいけない。なぜなら、裁量は与えられないからである。自由裁量がなく、ただうまくいかないときの責任だけがくる。重い。

末期の組織では、重要な判断事項が決定されないで放置される。そのための会議は空しく時間がすぎていく。決めようとすると、必ず、こういう場合はどうなるのかと指摘する輩があらわれ、その責任を誰も取りたくないので、結論はさらに先延ばしにされる。一方で、瑣末なルールはどんどん決められ、担当者に指示される。

末期の組織では、トップの無謬性が仮定される。宗教の教祖のように、そこにチャレンジする者はいな。

末期の組織は、ある一部の人達にとって、とても心地いい。過度に熟しきった果実のような香りがある。楽して、それでいて一部の者には、昇進や昇級がある。会議はサロンとなる。さも重要な役割を担っているかのように錯覚することができる。

末期の組織はそれでも続く。病気の人間が延命措置で生きながらえるように組織はなかなか崩壊しない。GMは、AIGは、金融恐慌がなければ、まだ末期の組織として続いていた。決定打がこないと組織はなかなか崩壊しない。さもなくば、極めて緩慢に死を迎えるのである。

世界大学ランキング

| コメント(5) | トラックバック(0)

今年も世界大学ランキングが発表された。

これによると、上から順に、下記のとおりである。

1.ハーバード大
2.イェール大
3.ケンブリッジ大
4.オックスフォード大
5.カリフォルニア工科大
6.インペリアル・ロンドン大
7.ロンドンカレッジ
8.シカゴ大
9.マサチューセッツ工科大
10.コロンビア大
11.ペンシルバニア大
12.プリンストン大
13.デューク大
14.ジョン・ホプキンス大
15.コーネル大
16.オーストラリア国立大
17.スタンフォード大
18.ミシガン大
19.東京大
20.マクギル大
21.カーネギーメロン大
22.キングカレッジロンドン
23.エジンバラ大
24.スイス連邦工科大
25.京都大
・・・・・

アジアというか、アジア・オセアニア地区では、オーストラリア国立大が東大より上であるが、東大は、ほとんどアジアトップと言ってよいだろう。世界で19位だが、そんなに世界トップと遜色はないとみる。京大が25位なのも、そういうものかもと思う。日本で他には、阪大が44位、東工大が61位に入る。それ以外に世界ベスト100に入る大学はない。それも異論はない。ただ、見方によっては、この順位もかなり微差であるような気もする。無理やり順位付けしているところもあるからである。

私の記憶では、東大は数年前は日本ではトップだが、世界ではまだまだと言われた。しかし、このランキングでは、最早、米国でも一流と言われるカーネギーメロン大、エコールノルマル・パリ、カリフォルニア大バークレーを凌いでいる。これは東大が力をつけたというよりも、もともと力はあって、ここ数年で、きちんと実績を見せることに心がけた、そういう技を、ハーバード大などの海外の大学などから学んだということであると思われる。ノーベル賞だって、日本に優れた研究がなかったというのではなく、西欧中心主義の中にノーベル賞があった、ということである。去年の日本人のノーベル賞大量受賞も、そこらあたりのブレークスルーであった。

こうやって、日本の大学の実力が世界で認められるようになったのも、世界多極化の一つの結果だと思われる。

要望があったので、アジア大学ランキングも付記する。私はこんなもんかと思うけど、特に早慶出身者には、不満があるかも、とふと思った。

1 (19) 東大
2 (25) 京大
3 (26) 香港大
4 (36) シンガポール国立大
5 (39) 香港科学技術大
6 (42) 香港中文大
7 (44) 阪大
8 (50) 北京大
9 (56) 清華大
10 (61) 東工大
11 (77) ナンヤン技術大(シンガポール)
12 (95) ソウル大

 

双子素数

| コメント(2) | トラックバック(0)

仕事上の必要性で、ちょっと擬似乱数を作ってみたくなった。擬似乱数を作る一番簡単な方法は、2つの素数を用意することである。

2つの素数を、PRIME_1, PRIME_2として、一応、PRIME_1 >> PRIME_2としておく。すると、

s = 0;
while (1)   {
 s = (s + PRIME_1) % PRIME_2;
}

によって、周期PRIME_2の擬似乱数が得られる。

周期を長くするためには、なるべく大きい素数を用意する必要がある。素数を得る一番簡単な方法は、エラトステネスの篩を使うアルゴリズムである。Perlで書くと、下記のようになる。

# prime.pl
# 3163 > sqrt(10000000)

for ( $i = 2; $i <= 3163; $i++ )  {
 $s = 0;
 $k = 2;
 while ( $s < 10000000 )  {
  $s = $i * $k;
  $PRIME[$s] = 1;
  $k++;
 }
}

これは、メモリをものすごく贅沢に使ったが、こうすると、$PRIME[$s] = 0である$sが、素数である。上記では、1000万以内の素数を求めた。私のパソコン(Windows XP SP2, Celeron 1.86GHz)で、46秒程度かかった。

でも、折角素数の列を求めるのだから、双子素数も求めてみようと思い立った。上記の$PRIME[$s]を使うと簡単に書ける。

$s = 2;

for ( $i = 2; $i < 10000000; $i++ )   {
  if ( $PRIME[$i] == 0 )  {
    if ( $i - $s == 2 )   {
      printf "(%d,%d)\n",$s,$i;
    }
    $s = $i;
  }
}

すると、1000万以内で、なんと双子素数は、58980組もあった。折角なので、計算結果の一部を示す。
(3,5)
(5,7)
(11,13)
(17,19)
(29,31)
(41,43)
(59,61)
(71,73)
(101,103)
(107,109)
・・・・・
(9998279,9998281)
(9998321,9998323)
(9998699,9998701)
(9998741,9998743)
(9998969,9998971)
(9999047,9999049)
(9999161,9999163)
(9999929,9999931)
(9999971,9999973)

では、1000万以内の素数の数はというと、664579である。すると、1000万以内で、ある数が素数である確率は、6.64%である。これを多いとみるか、少ないと見るか、私はかなり多いとみる。ところが、数が多くなればなるほど、ある数が素数である確率は減る。それは当然であって、数が多くなればなるほど、それを割り切る因数をみつけやすくなって、すなわち、素数にはなりにくい。

実は、Nまでの素数の個数をπ(N)と書くと、N→∞で、
N/π(N) = log(N)というのが、偉大なる素数定理である。

N = 10000000の場合は、N/π(N) = 15.04...、log(N) = 16.11...で、全然よい近似になっていないけれども、感じは出ている。どうも、常に、N/π(N) < log(N)のようである。

双子素数に戻って、1000万以内の素数が、双子素数の片割れである確率は、
58980×2/664579 = 0.177で、なんと、17%の確率で双子素数の片割れになるのだから、双子素数は相当にありふれていることになる。これが、
双子素数は無限に存在する、というゴールドバッハ予想の根拠になっているのだろう。

で、双子素数の片割れである素数の数をπ_twin(N)とすると、
π(N)/π_twin(N)は、N = 10000000のときは、5.64である。N = 1000000のときは、4.80だから、Nが増えるに従って、素数が双子素数の片割れである可能性は、下がる。これは当然だろう。

N→∞で、π(N)/π_twin(N)→∞なら、ゴールドバッハ予想の負けであるが、
π(N)/π_twin(N)がある有限の値に収束するなら、コールドバッハ予想の勝ち。もしコールドバッハ予想が正しくて収束するならどんな値になるのだろう、また、どんな解析的数論の道具を使ってコールドバッハ予想に迫るのだろう、と考えは巡る。ただ巡るだけだけれども。

ダイバーシティ

| コメント(1) | トラックバック(0)

世間でよく、ダイバーシティということがいわれる。典型的には、組織における女性のオポチュニティを増やすことであり、もっと端的に言うと、女性の管理職登用を増やすことである。あるいは、勤務形態の多様化を指すこともある。

特に女性の管理職登用について、素朴なコメントがある。すなわち、管理職候補として能力が同等の男性と女性がいたとして、ダイバーシティの原則により、女性の方を管理職に登用する、というのは私は賛成である。それによって、女性の管理職が増え、組織に多様な価値観が行き交うようになる、という次第である。

しかし、私の観察によると、ダイバーシティという大義名分のもとに、女性の方にかなりゲタをはかせて、人事的な措置がとられていることがある。それも場合により仕方がないと思われることがある。

ところがである、組織というのは、どういう経緯であれ、一旦決定された人事の下で動く。どうかなと思われる女性登用が、予想外にうまくいった事例を私はいくつか知っている。それよって、ゲタをはかせた人事登用も是認されるであろう。

しかし、残念ながら、私には、それより多くの失敗例が目に付く。囲碁・将棋や自然科学の例を引き合いに出していえば、どうしても女性の方が視野が狭くなりがちである。その一方で、ある一点に突き進む馬力で男性にかなわない。女性の長所といえば、ある一定の範囲の人達の面倒をみて、まとめることである。

よって、女性管理職の場合、ある種のバックアップ体制が必要なのでは、と思われることがあるが、ダイバーシティということが曲解されて、男性でも女性でも同様にオペレーションできるはずだ、と無条件に仮定されてしまう。偏見だと叱られるかもしれないが、私は、マネジメントとしての総合力でまだ、女性は男性に及ばないと思う。

しかし、上記のことには例外がある。例えば、湯浅年子の場合のように、家庭をもたず、仕事に専念する場合である。このような場合、私は、女性は男性とほとんど遜色なく働けるという可能性を疑わない。

すると、ダイバーシティの負荷となっているのは、出産と育児、及び家庭生活であり、それがゆえに女性が、男性に伍して働けないとしても、仕方がないのではないか。私は当然に出産は経験したことないが、それが一大負荷であることは容易にみてとれる。むしろ、それを織り込んで、パフォーマンス指向でない仕組みを作ればいいのに、出産や育児があっても同等に働けるのだ、というような根拠のない楽観論がまかり通るのは困る。

あと、ダイバーシティには別の観点がある。それは、スキルや思考のダイバーシティである。例えば、法律部門であるとすると、弁護士を頂点として、法律に優れる者が偉いのだということになって、その他の経理的なこと、IT的なことなどが等閑視されとしまう傾向がある。それでは、企業内にあってバランスを欠き、うまく機能しない。このようにスキルの多様性が無視されるとき、女性弁護士を登用するなどして、ダイバーシティを謳っても相当空しい。

また、派遣社員といえども、正社員に匹敵する能力の人がいるのに、派遣社員であるが故にとても軽んじられたりする。

このように、性別のダイバーシティだけが配慮され、スキルのダイバーシティ、地位や身分のダイバーシティがおざなりにされ、それでいて、女性の管理職比率が高いので先進的であるなどと自慢している会社があると、私は、違うんじゃないの、と心の中で叫ぶのである。

ガラパゴス化とは、ある特定の地域で独特の進化を遂げることであるが、産業では、典型的には日本の携帯産業について言われる。すなわち、日本の携帯の規格は、ある経緯から世界標準とは別のものになってしまった。それで、日本で使っている携帯を海外にもって行っても使えないし、その逆も言える。

それでも、京セラ、三菱電機、シャープ、東芝、パナソニックなどの携帯メーカは、海外向け規格の携帯を作って海外に進出すればいいではないか、と思われるが、実は、国内の携帯の過重な機能搭載、度重なるモデルチェンジに対応するのが精一杯で、とても海外に出ていく余裕はなく、そうしているうちに、ノキア、サムスン、モトローラなどに海外の携帯市場を占有されてしまった。こうして、日本の携帯メーカは、ガラパゴス・トカゲのように、ひたすら国内で狭い市場を食い合って生きていかなくてはらない、という次第である。

ただ、携帯の話だけではつまらないので、「ガラパゴス化する日本の製造業」東洋経済新報社、宮崎智彦著を読んでみた。

以下、この本に触発された私なりのコメントである。私の勘違いがあるかもしれないが、それは気付いたらまた勉強しなおすことにする。

先ず、私の子供時代の1960年代から1970年にかけての頃であるが、家電といえば、松下、日立、東芝、三菱電機あたりが覇を競っていた。当時は、今でいうところの水平分業なんてありえない。なぜなら、統一したパーツの規格などほとんどなかったからである。よって、原理的に、松下にも東芝にも納入するパーツ業者というのはほとんど考えられない。せいぜいが、抵抗器やコンデンサなどの微小パーツくらいではなかったか。

すると、日本の大手家電メーカは、仕様を決めて、特定のパーツ会社に受注するのである。私が大学を出て最初に入った会社が、関西のとあるスイッチやコネクタの部品メーカで、松下電器やシャープなどからよく電話がかかってきていた。下請けは辛いな、と感じざるをえなかった。

当時は、日本の家電大手が今ほどの苦境に陥るなど考えもしなかった。台湾や韓国のメーカなど、その影も見えなかった。

ところが、台湾のメーカがその存在を主張し始めたのは、1990年代であった。パソコンのマザーボードを通じてである。IBMがPCの規格を作り、それを公開したことで、沢山のメーカが、互換パソコンを作り、また、互換パーツを作るようになった。

台湾の成功の原因は、日本の九州程度の島国で、教育程度が高く、相対的に人件費が安いことにある。それだけではない。台湾の富裕層は、米国の著名大学を卒業して、シリコンバレーなどで働いた経験をもつ人が少なくない。よって英語が堪能であり、また、シリコンバレー流の起業的手法を肌で感じている。さらには、日本のメーカからの受注で、いろいろと学ぶところがある。

こうして、少なくともPCのマザーボードで、あっという間に世界を席巻し、次に、マザーボードに搭載するメモリなどの半導体部品でも、引き続き世界に対して優位を主張した。台湾の半導体メーカで圧倒的な利益率を誇るのは、TSMCである。コモディティ的な製品に傾き勝ちな台湾産業にあって、TSMCは高い技術力と、経営手腕を誇る。それは、モリス・チャンという天才経営者の手腕によるところが大きい。

台湾で他にも顕著なのは、液晶パネルである、CMO、AUOなど有力メーカが目白押しである。

韓国に転じると、ほとんどサムスンの一人勝ちである。それは、国策的にも、韓国政府が支援していることもある。こうして、サムスンは、韓国内の第一線級の人材を集め、総合メーカであるのに、世界的にも圧倒的な存在感で、日本のメーカの前に立ちふさがっている。

サムスンと、日本の大手電機メーカとの違いは、韓国国内の市場が小さいので、サムスンは嫌でも海外に積極的に展開しなくてはならないからである。そのことにより、水平分業のパラダイムがメインになってきても、日本の大手電機メーカよりは健闘している。

ただ、総合電機メーカというのは、どうしても不採算部門を抱え、そこがネックとなり、業績を伸ばすことができない。垂直統合パラダイムの桎梏である。

では、典型的なすりあわせ製品である自動車の産業はどうか、というと、自動車にも着々と、水平分業のパラダイムが押し寄せている。例えば、インドで、30万円程度の自動車が発売されたと聞く。これは、ある程度水平分業のパラダイムを取り入れたものである。緻密なすり合わせを欠く自動車は、走りの感触で、どうしてもトヨタ車に勝てないだろう。ハイブリッド車などの高度な機能も装備できないだろう。しかし、とりあえず走ればいい分には、これでいい。携帯でも、電話とメールだけで大抵は済むのである。

実は、「ガラパゴス化する日本の製造業」にもあったように、次世代産業のねらい目は、カーエレクトロニクスである。というのは、今や自動車は、ソフトウェアの塊であり、C言語ベースで、Windows XPの半分の500万行ものソースコードからなるという。実際、カーエレクトロニクスを牛耳る、ボツシュやデンソーなどといった車の周辺機器メーカは、ある意味、車メーカが太刀打ちできない高度な技術力を誇る。

そこに、半導体開発、ソフトウェア開発でノウハウを蓄積した台湾企業、サムスンなどが参入するが、忘れてはならないのは、村田製作所、ヒロセ電機などの日本のパーツメーカである。それらの企業は、独自の経営理念と、高度なノウハウをもち、高い利益率を誇っている。

すると、今後生き残る会社とは、あまり広くない分野をカバーし、優れた経営理念をもち、その範囲で高度な技術と高い品質、優秀な社員を抱えた会社ということになる。

では、日本の大手電機メーカは衰退してしまうのか、というと、ノウハウの蓄積は大きいので、そこが活かせるなら、子会社化するなどして生き残れるのではないだろうか。要はここでも、選択と集中である。それと、グローバル化か、ああ聞き飽きたけど。

王者の重さ

| コメント(5) | トラックバック(0)

羽生が不調に苦しんでいる。竜王戦1組決勝で深浦に敗れ、王位戦のリーグでは渡辺に破れて、ついに王位戦タイトル挑戦を逃した。そして、名人戦第5局で郷田に破れ、三連敗。意外にも、今期、負け越しではないだろうか。

これを見て羽生、不甲斐ないと思うのは簡単である。

しかし、例えば、北島康介はもうすっかり、下記のとおり、降りかかっている。

アテネ、北京両五輪で平泳ぎ2冠を獲得した北島康介(26=日本コカ・コーラ)が3日、都内のフィンランド大使館で行われたイベントに参加した。イベントは6月4日の「虫歯予防の日」に向けたもので、北島は名前のイニシャル「K」が入った、キシリトール入りの巨大オリジナルガムを自ら作るなど、うれしそう笑顔を振りまき、虫歯予防の大切さを訴えた。「スポーツ選手にとって歯は大切。かみしめることで力の発揮され方が違う」と話した。

 

現在は米国を活動拠点に移したが「絶不調とでも言っておきます」と笑って話した。北京五輪後はいっさいレースに出場していない。その間に、日本では若手選手が台頭し「大変です。おじさんなので。ゼロ(スタート地点)に戻すのに一生懸命」と、再出発を見据えていた。

サッカーの中田英寿は、とっくに降りてしまった。最初は物珍しがられていたが、今でも中田を賞賛する人はいるのだろうか。

すなわち、トップに立って、追われ続けることは、とてつもなく大変なことなのである。私は、残念ながらか幸いか、そういう立場に立ったことがないので、類推に過ぎない。

そういえば、稀代の勝負師、将棋の大山は、勝負のためなら何でもやった。心地よすぎるから、とゴルフはやめ、番外戦術を駆使して、相手を困惑させた。それは、勝ち続けることの大変さを知り抜いていたからである。だから、「勝つことではなく、勝ち続けることにこそ意義があるのだ。」という大山の言葉は千金の重みがある。

羽生は、こういう大山的な番外作戦など目もくれない。勝負の鬼ではなく、将棋の鬼だけで通そうとする。しかし、それでどこまでいけるのか。私はあと、5年かな、とみる。第一人者でいられるのは、である。番外戦術を駆使しないで勝てるのは、である。ただ、羽生を継ぐ者が全く見えないのだが。

グーグル訴訟和解

| コメント(0) | トラックバック(0)

コピライト誌、2009年5月号に、興味深い記事があったので、私なりに要約してみる。

記事によると、グーグルは、2004年秋に、米国のスタンフォード、ハーバードなどの大学図書館、ニューヨーク公立図書館などの蔵書を、著作権者の許諾なしにスキャンし、電子的データベースを構築し、書籍、検索、抜粋表示など利用可能とした。

これに対して、アメリカ作家組合及びアメリカの主要出版社5社が、著作権侵害であるとして訴訟を起こした。著作権法の常識からして、アメリカ作家組合及びアメリカの主要出版社5社の理由は正当で、グーグルが敗訴し、データベースは使用を禁じられる、という結論も考えられるところであるが、2008年10月28日に和解が成立した。そして、南ニューヨーク地区連邦地方裁判所が暫定承認を行った。

この訴訟は、集団訴訟(class action)と認定されたため、同裁判所の通知は、全世界の著作権者及び出版社に対してなされた。米国国内に留まらない理由は、ベルヌ条約、万国著作権条約などの著作権条約に基づき米国国内で保護される著作権者が、米国国内居住者に限定されないからである。

まず、和解対象となる権利者・出版物であるが、2009年1月5日以前に出版された書籍について、米国国内で著作権法上の権利を有するすべての著作者、出版社に及ぶ。

こういう和解を知って、寝耳に水と感じる著作者は沢山いるだろう。おいおい、そんなの聞いてないぞ、俺は許可しない、などという輩は当然出てくるに違いなく、その気持ちは分からないではない。

ただ、法的な意味では、日本でも、日本複写権センターを通じて、会員団体に通知がなされ、2009年2月20日に、ウェブサイトで公表されたので、法的な告示の効果は生じたものと思われる。

このように和解は、公共の利益のために、知的財産権などの権利の行使を制限するという世界の流れに沿ったものである。これだけインターネット上で著作物が公開され、あるいはダウンロードされるとき、がちがちの差止権などを安易に認めては、社会的取引が停止してしまう。そこで、著作物の公的利用範囲の拡大、特許権の制限(審査厳格化、差止要件の厳格化)、独占禁止法適用強化などの施策が世間的にとられつつある。

さて、和解によってグーグルに認められる利用範囲は、次のとおりである。

  1. 表示使用
    • アクセス使用
      教育機関、政府及び民間企業等の組織によるデータベース利用権の販売。個人の利用者に対する、データベースへのアクセス権の販売。利用権を購入した団体、あるいは個人は、全文の閲覧、コピー&ペーストなどが利用できる。また、公共図書館、教育機関におけるデータベースへの無償アクセスも許されるが、この場合は、プリントアウトはできない。
    • プレビュー利用
      書籍の最大20%まで無償で閲覧できる。コピー&ペーストは、認められない。
    • スニベット(抜粋)表示
      一書籍について、最大3つの抜粋が表示される。
  2. 広告利用
    プレビュー、抜粋、書誌情報への広告使用ができる。この場合、権利者は、広告収入の63%を得ることができる。
  3. 特定の参加図書館による利用
    保存のためのディジタル複製、プリントアウト不可の利用者へのアクセス許可、スニベット表示など。参加図書館は、Book Rights Registryの認証を要する。
  4. リサーチデータベースでの利用
    ディジタル化した書籍はデータベースに入れられ、画像解析、言語分析、検索技術の開発などに使用される。

上記の表示使用については、権利者の通知によって、いつでも取り下げることが可能である。

なお、Book Rights Registryとは、使用者に課金し、収集した資金を権利者に分配するためにグーグルが設立した仕組みである。グーグルは、2009年5月5日以前に、グーグルがディジタル化した書籍について、最大4500万ドルの範囲で解決金を払う。

この和解は、結局、圧倒的なグーグルの勝利だと思う。Book Rights Registryを梃子にして、今後一層のビジネス発展をもくろんでいるように思われる。

本の著者で、こういうある意味絨毯爆撃みたいなやり方に快く思わない人は少なくないだろう。しかし、1ユーザとして、いろいろな本がWeb上で眺められるのは、意義が大きい。これによって、世界全体の文化レベルも向上するだろう。それを単純に喜んでいたら、グーグルの罠にはまるのだろうか。

金正雲

| コメント(6) | トラックバック(0)

Webニュースに、下記のような記事があった。

2009年6月8日、韓国紙・朝鮮日報は、北朝鮮の後継者問題で、金正日総書記の長男・金正男(キム・ジョンナム)氏が三男の金正雲(キム・ジョンウン)氏が後継者になることを示唆したと報じた。

正男氏は「後継者問題は父が決めること。決定は自分を含め誰にも通知する必要はない」とした上で、正雲氏が指名される理由の1つとして「弟は父に似ている。父はそんな弟を溺愛している」と述べた。正男氏はこの問題について「これまで同様、今後も一切関与しない」姿勢を強調した。

また、正男氏の側近や親しい人物が粛清されたとの報道については「完全なでっち上げ」とし、中国に亡命したとされる件についても「自分は今も北朝鮮の市民として中国本土やマカオに滞在している」と完全に否定した。

北朝鮮の後継者問題では、一部マスコミで北朝鮮の国家安全保衛部が4月初めから平壌市内で正男氏の側近らを相次いで逮捕したと報道。身の危険を感じた正男氏は滞在先のマカオから中国本土に渡り、亡命したと伝えられていた。

この「弟は父に似ている。父はそんな弟を溺愛している」をみて、ふと思ったことがある。それは、1994年7月に金日成が亡くなって、金正日が後継者となったとき、実は、あれはクーデターではなかったのか、という言い古された言説である。というのは、性格などを含め、金正日は、金日成に似ているとはいえない。すると、金正日は金日成に愛されず、手を拱いていては、他の誰か後継者を奪われたのではないか、それで、金正日は策略を用いたのではないか、ということである。

ところで、金正雲であるが、昨年重大な事故に遭ったのではないか、という記事がある。

2008年8月に金正雲が交通事故で重傷に遭い再起不能に近い後遺症を負ったとの報道があったが 定かではない。ただ、この事故によって金正雲を最も寵愛していた、金正日は衝撃を受けこの直後、 脳出血を伴う重大な疾病の引き金になったことと無縁でないとされ交通事故原因説は信憑性が高い。

これによって一層、金正雲への思いが強まったのだろうか。しかし、金正雲は、おそらく1984年生まれ。まだ24歳である。いくらなんでも、国家元首として若すぎないか。

また、金正日の長男と次男が脱落した経緯は下記のとおり。

次男の金正哲は性ホルモンのバランスが崩れ容姿が乳房が膨らむなど指導者レースに失格とされ、 長男の金正男も放浪癖があり突然、日本に入国するなど報道されたことがある。 中国では最近、長男金正男を象徴的な後継者とするならば引き続き北朝鮮を支援する動きもあったが、 その際の指導者は娘婿の張成沢との集団指導体制となろうと報じられていた。

そういえば、金正男の後見人は、北朝鮮の事実上のナンバー2だった、張成沢なのであった。しかし、張成沢は失脚してしまった。このことは、金正男にとって大いに不利である。

金正男以外に、金正日の後継者と目されていたことがあるのは、金賢。金日成の息子、金正日の異母弟。後継者候補の一人という説もあった。1971年に、金日成主席とある女性との間に生まれたといわれる。

何にしても、金正雲は若すぎる。すると、黒幕は、金正雲の後見人、李済剛か。

このように、北朝鮮の金王朝には、あまりにも謎が多い。金正日がとっくに亡くなっているのでは、という意見さえきちんと反論されない。

GMの興亡

| コメント(2) | トラックバック(0)

新聞に、GMの興亡というか歴史について、簡単な解説があったので、メモしてみる。

1861年:創業者ウィリアム・デュラントがボストンで生まれる。馬車工場経営が成功し、自動車の将来性に注目。

1908年:ミシガン州フリントで起業。まさに100年前である。当時の主力ブランドは、ビュイックであった。ビュイックは当初、ミシガン州フリントの町工場に過ぎなかった。このブランドは、今も生きているはすである。同年、オールモビルを買収。

1909年:キャデラック、ポンティアックを買収。

1915年:日本市場に参入。戦前は、フォードとともに日本市場を席巻したとあるが、今は見る影ない。

1918年:シボレーを完全会社化。

1919年:金融子会社GMACを設立。

1931年:ドイツのオペルを完全子会社化。この時点で、フォードを抜き首位に立つ。

1937年:大規模ストライキを受け、全米自動車労組(UAW)を交渉窓口として認める。

1953年:チャールズ・ウイルソン社長が国防長官に就任。

1971年:いすず自動車に出資。

1978年:年間世界販売台数が過去最多の955万台。

1980年:石油危機を受け、ビッグスリーが揃って最終赤字。

1981年:貿易摩擦の激化を受け、日本が、米国向け自動車輸出の自己規制を始める。

1984年:トヨタとの合弁会社NUMMIを、カリフォルニア州に設立。

1986年:英国ロータスを買収。

1990年:スウェーデン・サーブを買収。

2000年:富士重工に出資。小型車「サターン」ブランドをつくる。

2006年:GMACの過半数株式をサーベラスに売却決定。

2008年:77年間守った世界販売台数首位を、トヨタに奪われる。

このように、100年の年表は、見事に栄枯盛衰を語っている。ここから何が言えるか。まず言えることは、企業合弁を駆使するパラダイムと、金融子会社を使ってローンを振興するパラダイムが最初、とても功を奏した、ということである。

次に、労働組合と折り合いをつけ、手厚い福利厚生を実現した。大きいシェアと利益率のため、それは負担にならなかった。

さらに、政府のロビー活動を通じて、トヨタなど有力な外国企業の活動を抑えることができた。こうして、GMの至福の時期が始まる。それはまた、凋落の始まりでもあった。

世界トップシェアを誇ったGMは、研究開発を怠った。低燃費の小型車、ハイブリッドカーで出遅れた。それでも、米国国内市場が活況であるうちはよかった。

しかし、サブプライムローン問題が出てきた2007年頃から突然業績に影が差し、2008年には、トヨタに世界販売台数首位を奪われた。

ここにきて、手厚い福利厚生が重くのしかかった。2008年に金融恐慌になると、坂道を転がるように、GMは奈落へと落ち込んだ。それは、アメリカ的な、あまりにアメリカ的な企業の顛末だった。

さて、GMの負債総額は、1728億ドル(16兆6500億円)。不採算部門を切り離した新生GMは、米・カナダ両政府が、合計396億ドルの追加支援を実施し、米政府が60%、カナダ政府が12%の株式を取得し、GMを一時国有化する。そして、6~18ヶ月で再上場を目指す。

GMの敗因は、高コスト体質である。一人当たり、日系自動車メーカの2倍近い給与を支払い、リストラに手を染めなかった。ワゴナー会長を含め、役員も高い俸給を享受してきた。

また、政府のロビー活動を通じて成功してきたことから、苦境に陥っても政府からの金融援助に頼ろうとする方針から抜けられなかった。

さらに、売り上げが落ち込むと、大幅な値引きや、ゼロ金利ローンでの販売に手を染め、傷口を広げた。

こういう状況で、誰でも分かることであるが、GMの再建は前途多難である。まず、新製品開発力が決定的に低下している。小型車サターンの販売に失敗し、電気自動車EV1の開発も頓挫した。要するに、開発が現場から遊離してしまっているのである。

さらに、今回の件で、GMのブランドが決定的に威信を失ってしまった。下手したら、誰もGM車に見向きもしなくなる。傍らに、健全経営のフォード車があるからである。

GMを再生させる1つのキーは、垂直統合のパラダイムを捨て、水平分業のパラダイムを取り入れ、得意分野に選択集中することであろうが、得意分野がローン金融と政府に対するロビーであるなら、哀しい。私には再建の方法は見えない。

北尾まどか

| コメント(2) | トラックバック(0)

将棋連盟のホームページよると、「女流棋士に関するお知らせ」として、次のような内容が書かれている。

日本女子プロ将棋協会(LPSA)所属の女流棋士1名が5月31日付けで退会届を提出しました。本日、理事会宛に、本人より「願い状」の届け出がありました。「願い状」には、どちらにも所属しない完全独立(フリー)の女流棋士として活動し、対局できる権利を有することを願い出ています。

 理事会としましては彼女の申し出を容認して、出来得れば対局の権利は認めたいという意向です。

 今後は、棋戦主催者の意向を第一に考慮し、彼女の要望を受け入れられるよう協力していく所存です。

一体どの女流棋士なのか、とWebで探ったところ、北尾まどかさんだった。日本女子プロ将棋協会のホームページによると、プロフィールは、下記のとおり:

有限責任中間法人日本女子プロ将棋協会 理事
1980年1月21日生まれ。東京都目黒区出身。 幼少の頃父に将棋を教わり、高校時代本格的に将棋を始める。 居飛車党で手厚い指しまわしを好む。対振飛車には玉頭位取りが得意戦法。 趣味は音楽、ゲーム(バックギャモン)、旅行など幅広い。 将棋教室「女流棋士マンデーレッスン」第1期より運営と講師をつとめる。 その他テレビ番組聞き手や雑誌等でエッセイ、講座、観戦記多数。 座右の銘は「楽遂(らくつい)」。夫は日本将棋連盟棋士・片上大輔五段。 第34期アルゼ杯女流名人位戦(報知新聞社主催)B級リーグに属する。 通算成績 92戦46勝46敗(勝率.500)。 (2007年5月30日現在) ブログ:将棋の輪

なんと、前LPSEの理事であり、片上大輔五段の奥さんなのか、それはなかなか要人である、と思われる。それがフリーでは、インパクトあるではないか。それにしても、将棋連盟は、無所属の棋士に公式対局を許すのか、それは掟破りではないのか。

なぜならみんな、将棋連盟にきちんと所属するために奨励会や育成会で努力するのである。そうしてそこで所定の成績を収めた者だけが、正会員になって公式対局が許される。坂田三吉のような異色の実力棋士ならともかく、普通はありえない。

すると、北尾まどかさんは、将棋連盟の米長会長あたりから切り崩され、LPSEを離れ、いずれは、将棋連盟に戻る意図なのではないか、と邪推したくなる。

このような不穏な動きは、夫の片上大輔五段にも影響を及ぼさないのか、と思われる。ちなみに、北尾まどかさんのブログをみても、建前的なことしか書いていない。それはそうだろうな。でも、フリーで公式戦が指せるのというのは、どうしても解せない。どこかの弁護士会に属さないと弁護士は活動できないが、棋士ならいいのか。しかし、対局は、将棋連盟と新聞社との契約なので、フリーの棋士の法的立場はどうなのか。対局料は?など、疑問は尽きない。

iPS細胞作製の新手法

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞のニュースによると、iPS細胞研究の一大拠点であるハーバード大で、また、画期的な研究がなされたようである。以下、引用:

さまざまな細胞に分化するヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を遺伝子やウイルスを使わず、たんぱく質だけで作ることに、米ハーバード大などのチームが成功した。マウスでは米独のチームが4月に初めて成功を報告しているが、ヒト細胞では世界初。遺伝子の影響などで起きる細胞のがん化を防ぎ、治療用に使える安全なiPS細胞の作成にまた一歩前進した。29日、米科学誌「セル・ステムセル」電子版で発表した。

金洸秀(キムカンスー)・同大准教授らの研究。山中伸弥・京都大教授が開発したiPS細胞は、四つの遺伝子をウイルスを使い細胞の核に入れて作られた。しかし遺伝子や運び役に使うウイルスが予期せぬ働きをし、細胞ががん化する恐れが高く、遺伝子、ウイルスなしの作成法が模索されてきた。

金准教授らは、山中教授の4遺伝子にアミノ酸の一種、アルギニンなどをつなぎ、ヒトの細胞膜を通り抜けやすい性質を持つよう改造。この遺伝子を、ヒト由来の培養細胞株に組み込み、たんぱく質を作るようにしたうえで、細胞株から抽出した液の中にヒトの新生児皮膚細胞を入れた。

抽出液に入れた後、培養するという処理を約8週間続けると、iPS細胞ができた。ウイルスを使う手法に比べ2倍も時間がかかり、作成効率も10分の1と低いが、細胞の性質は従来と同等だった。

これを見て最初に思うのは、ヒトの新生児皮膚細胞でなくてはならないのではないか、ということである。一方、山中教授のオリジナルの研究では、成人の普通の皮膚細胞でよかったはずである。もしその制約があるなら、実用性を下げる。あと、上記にある作成効率の悪さである。この2点は、さらなる課題であろう。

この分野で、癌化を防ぐというフィーチャは解決すべき課題であり、そのため、2008年10月の山中伸弥教授の、プラスミドを使ってiPS細胞を作製するための遺伝子を導入する方法、英国とカナダの研究チームのトランスポゾンを使った方法、などがある。これらと較べて、この方法は、癌化の可能性がさらに低いのだろうか。記事からでは読取れない。

また、特許実務屋として考えたのは、山中伸弥教授の基本特許が依然として、今回の方法をカバーするかということである。そこで、山中伸弥教授の特許番号第4183742号の「【請求項1】体細胞から誘導多能性幹細胞を製造する方法であって、下記の4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2を体細胞に導入する工程を含む方法。」をみると、なるほど、4種の遺伝子の導入しか限定していないので、今回のようにアルギニンなどでつなごうと、権利範囲には入る。なぜか、山中伸弥になり代って安心するのである。

マグロ値下

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞のWebニュースによると、マグロが値下がりしているという。以下、ニュース:

消費不況を背景に、マグロの価格が値下がりしている。昨年前半は燃料代の高騰を受けた漁船の休漁などで値上がりしたが、昨年秋以降は世界的な景気悪化で反落。国内でも消費者のマグロ離れが顕著になっている。ただ、中長期的にはマグロ資源保護のための漁獲規制強化などで供給減が予想され、景気動向次第では再び高騰に転じる可能性も指摘されている。【大塚卓也、窪田淳、太田圭介】

4日午前5時半、東京都中央区の築地市場。体育館ほどの広さの競り場に最高級のクロマグロや大衆向けのメバチなど千数百匹の冷凍マグロが並ぶ。競りの開始を告げる鐘とともに競り人の威勢のいい声が響き、仲卸業者が応札額を指のサインで提示。競りは1時間足らずで終了したが、100匹を超えるマグロが売れ残った。

残ったマグロは相対取引に回る。出荷業者と仲卸業者や大手スーパーなどのバイヤーが個別交渉し値決めする仕組みだ。市場関係者によると、相対取引では競り値より2~3割安くなることもあるが、最近はこんな光景が目立つという。

大手スーパー、イトーヨーカ堂を運営するセブン&アイ・ホールディングスの幹部によると、冷凍マグロの売り上げはここ数カ月、前年同月比で1割弱の減少が続いている。店頭での価格は「卸売価格が急騰した昨年前半には利幅を抑えて対応したため、卸売価格が下がった今でもほとんど変わっていない」という。「しかし昨年秋以降、消費者の節約志向が強まり、『高い』というイメージが定着しているマグロから、より低価格の魚にシフトしている」という。

実際、安いタコ、ホタテ、サケなどの売り上げは前年比2ケタの伸びが続いている。同じマグロでも安いキハダは特売商品として人気があるという。

これを見て意外なのは、数年前、マグロは絶滅に瀕していて、捕獲制限が行なわれている、といわれていたことである。それで私は、マグロが、まるで鯨のように、少なくとも私のような庶民が食べられなくなる日が来ると信じたものだった。

しかし、マグロは絶滅説はガセだったか、そんな日はなかなか来ないし、食糧危機?に書いたように、食糧危機という命題自体も、少なくとも数年のスパンでは怪しい。

ここで「数年」というのは、池田信夫氏のブログで、太陽活動は弱まっているという記事を見たからである。これがどう効いてくるか分からないが、流石に、二酸化炭素地球温暖化説は、次第になりを潜め、排出権取引などという馬鹿なことを言っている輩は、何事もなかったかのように、話題を別のものに変更するだろう。

もし寒冷化すると、流石に食糧事情は悪化する、先端の農業技術を駆使すれば、大規模な飢饉は回避できるかもしれないが、それでも、食糧確保のため、紛争が生じるかもしれない。

少なくとも、今の二酸化炭素排出制限の話はあまりにもフォーカスがずれている。マグロの絶滅も、そういう類の話だったのかもしれない。

行動経済学

| コメント(0) | トラックバック(0)

日経情報ストラテジーの6月号に、行動経済学の簡単な入門のようなことが書かれていたので、メモしてみる。

記事によると、行動経済学の入門は、次のように要約できる。

1.「訴求」でなく「納得」
2.「正確」でなく「的確」
3.「最良」でなく「最適」

まず、「訴求」でなく「納得」であるが、これは、行動経済学の「アンカーリンク」という用語と関連付けられる。「アンカーリンク」とは、それが妥当かどうかに拘わらず、最初に提示された価格や条件などの参照点が、その後の判断に影響を及ぼすことをいう。このために、「訴求」でなく「納得」が意図される。これは例えば、営業担当者が、商談でなく説明をする、ということに対応する。納得感を引き出すために、担当の研究員が同行することもある。研究員が淡々と事実を説明することが納得感を高める働きがある。

次に、「正確」でなく「的確」であるが、人が合理的に行動するのではなく、ヒューリスティックスすなわち、直感及び経験則に基づき行動することを考慮に入れる。そこで必要なのは先ず、分かりやすさである。余計なことをカットして、分かりやすいことだけを提示したりする。また、分かりやすい直感的な商品名を使ったりする。

次に、「最良」でなく「最適」であるが、これは、個人の気まぐれな嗜好を尊重する、ということである。例えば、ある旅館のサービスがあったとして、旅館側が高級と自負するサービスが、顧客に全く高級とは思われていなかったり、一方、何気ないサービスが受けたりする。そこで、あえてサービス内容を事前に決めないという方式がとられることがある。

最期に、行動経済学の用語集をまとめてみる:

アンカーリンク:上述のように、それが妥当かどうかに拘わらず、最初に提示された価格や条件などの参照点が、その後の判断に影響を及ぼすこと。例えば、「通常の価格7000円のところ、予約すれば1000円引き」とすることにより、予約する人が増えて、値引きを上回る利益が見込めるかもしれない。

フレーミング:事実を、見せ方を変えること。例えば、死亡率5%を、生存率95%と言い換えて、安心を誘う。

ヒューリスティックス:直感及び経験則。例えば、中国産でなく国内産であると謳うことにより安心感を誘う。しかし、製品によっては中国製品でも全く問題ないものもあるのだが。

後悔回避:後悔を減らす言い回し。駄目なら戻れると信じさせること。例えば、「いつでも返品OK」と示すことで、それならいいか、と購買意欲を促す。

ピーク・エンド効果:満足度が、全体を通しての印象より、ピーク時と、終了時の印象に左右されやすい、ということ。例えば、遊園地で、出口で好印象を与えると、全体の満足度が上がる。

選考の逆転:人の好みが、状況や気分で変わること。例えば、ワインがあまり好きでないのに、ボージョレ・ヌーボーの時期になると急にワインを買ったりする。

価値関数:例えば、伝統的な経済学では、1000円失って、1000円を得ると、それで相殺だが、価値関数によると、1000円失う損失感の方が、1000円を得たという利益感により大きいので、1000円失って、1000円を得ると、不愉快な気持ちが残るという次第。

こうメモしてみると、行動経済学というのは寧ろ、経済心理学と呼んだ方が妥当なような気がする。また、行動経済学の命題を1つ1つ並べると、当たり前の連鎖で、何を今更と思うのだが、数学もある意味そうなのであって、論理の連鎖を追っているうちに、あっという間に理解を超えてしまう。行動経済学にもそういう深遠な命題があるのだろうと、信じたい。

改正薬事法

| コメント(4) | トラックバック(0)

ニュースによると、薬事法が改正され、6月1日から、薬剤師がいなくても、コンビニなどで大衆薬を販売できるようになった。以下、抜粋:

医師の処方箋(せん)がいらない風邪薬などの一般用医薬品(大衆薬)販売の規制が6月の改正薬事法で緩和されるのに伴い、新たな収益を確保したいコンビニエンスストアが相次ぎ参入するほか、家電量販店も対応を強化する。調剤薬局と組むことで、消費低迷の中で生き残りを図りたい考えだ。一方、市場を独占してきたドラッグストアや薬局も24時間営業など営業時間の拡大で迎え撃つ構えだ。大衆薬販売は、高齢化社会を背景に安定収益につながるだけに、"異業種"の参戦によって、業界の垣根を越えた戦国時代を迎えることになる。

実際、ドラッグストアで大衆薬を買う際、滅多に店員に相談することはない。法律により、そこに薬剤師はいるのだろうが、実際の任務は果たしていない。なぜなら、調剤をする訳ではなく、専門的な薬は普通、ドラッグストアでは扱わないからである。

ただし、全く無資格というのではなく、改正薬事法は高卒以上で、薬剤師の下で1年間の販売実績があり、試験に合格した「登録販売者」は要するようである。「薬剤師の下で1年間の販売実績があり」のところは、それでも若干負担なような気がする。

それでは、当然に大衆薬をネットで扱ってもよさそうだが、これについては、以下のとおりである。

6月1日施行の薬事法の「薬事法施行規則等の一部を改正する省令」では、市販薬を副作用のリスクが高い順に1~3類の3つのカテゴリーに分類。ビタミン剤など比較的リスクの低い3類に限定してネットを含めた通信、郵送販売を認めている。

すなわち、厚生労働省は、大衆薬一般のネット販売は認めるに至っていない。バイアグラなどが違法でネットで販売されていることに神経質になっているのであろうか。そこで、ニュースによると:

これに対して健康食品や医薬品などをインターネットで販売するケンコーコムと有限会社ウェルネットは5月25日、一般用医薬品ネット販売の権利確認請求および違憲・違法省令無効確認・取消を求め、国を相手取って東京地方裁判所(東京地裁)に提訴した。

実際、大衆薬をネットで販売しても特に問題はなく、寧ろ、離島のような僻地では利便性は高いと思われるのだが、おそらく、ドラッグストアやコンビニが抵抗してロビー活動しているものと思われる。なぜなら、高齢化社会にあって、大衆薬の販売は利益が見込まれる肥沃な大地で、各社、なんとか権益を維持したいと必死であるからである。

ますます苦しくなるのは、既存の薬局や、薬剤師であり、苦労してとった薬剤師の資格も、霞んでくる。それでは専門性を活かして特化すればいいではないか、ということになるが、そんなおいそれと、特定の分野に通暁できない。そもそも、薬品の調合ということが普段ほとんど仕事としてない。医師などの処方に従って、既存の錠剤を提供するだけである。

こうして、弁護士、司法書士に続いて、薬剤師も、その資格だけに安住することは難しくなる。時代の趨勢とはいえ、大変な時代になったものである。

それでも、医薬品の研究・開発・試験が高度な専門的技能であることには変わりはなく、寧ろその専門性は高まっている。iPS細胞の医薬への応用などである。すると、一部の高度な専門家と、その他大勢のコモディティな人々という図式になり、それは資格の有無とは別のカテゴリである。

コンピュータ将棋

| コメント(6) | トラックバック(0)

今年もコンピュータ将棋選手権が開催された。その様子は、週刊将棋の5月13日号でレポートされたが、5月30日の碁・将棋ジャーナルで、勝又六段が解説していたので、それも併せてメモしてみる。

まず、昨年のコンピュータ将棋選手権を、自分のブログを引用しつつ、振り返ってみる。すると、昨年は、激指が優勝したのだった。準優勝は、棚瀬将棋(製品版では東大将棋)だったが、実は棚瀬将棋が必勝なのに時間切れで負けてしまった。プログラミングのバグであった。その後のエキシビション・マッチでは、加藤幸男と、清水上徹という、当代アマチュア棋士の最高峰を、それぞれ、激指と、棚瀬将棋があっさり破ってしまった。それを知って私は、ああついに、コンピュータ将棋が、アマトップを凌駕したか、と嘆息したのだが、どうも最早、それどころではないようである。

というのは、碁・将棋ジャーナルの解説の冒頭で勝又六段はあっさり、「今のコンピュータ将棋は、奨励会三段はあります。棋譜をみれば分かります。」と平然と言ってのける。私の理解では、奨励会三段というのは、羽生や佐藤康光などのプロトップには勝てないが、C級1組などのプロ中堅クラスには勝ってしまえるレベルである。ううん、ついにここまできたか、と再び嘆息である。

強くなった1つの理由は、ボナンザ・メソッドの普及である。ボナンザ・メソッドとは、私の理解が間違えていなければ、(1) 全手の三手読みと、(2)機械学習による評価関数の構成からなる。さらに画期的なのは、ボナンザの作者の保木さんが、ボナンザのソースをオープンにしたことである。それによって、誰でも、ボナンザのソース・コードを読み、そこに独自の工夫を追加できる。

それが如実に出たのは、決勝リーグで、ボナンザ自身を含め、文殊、習甦、GPS将棋、大槻将棋、激指が、ボナンザの影響下にあることである。

逆に、決勝リーグで、独自路線を行くのは、YSSと、北朝鮮のKCC将棋だけである。

KCC将棋は実は、予選から脅威の成績なのであって、唯一のぶっちぎり16連勝なのであった。KCC将棋が判断ミスだったのは、決勝リーグで、新バージョンに取り替えて三連敗したことである。その後、予選と同じバージョンに戻して後は全勝しているので、予選と同じバージョンで通していれば、優勝の帰趨はどうなったか分からない。北朝鮮のトップクラスの優秀さを彷彿とさせる。

YSSは、山下宏さんが一人で作っているシステムなのだが、実は5年前と2年前には優勝している。すなわち、名門プログラムなのだが、今回は、決勝リーグで、相手のマシントラブルによる一勝だけだった。YSSは、当然に2年前よりはパワーアップしているはずだから、ボナンザ・ファミリを含め、他のソフトのレベル・アップは、想像を絶するものであることがわかる。

激指は、前回の優勝チームであり、今回はさらに、実現確率探索の手法に磨きをかけたが、2勝5敗と、星が延びなかった。

文殊は、なんと複数のボナンザの複合体で、各々のボナンザの結果を相談しながら進めるのだという。それで、きっちり、本家のボナンザに勝って、三位に食い込んでいる。

それで、優勝したのは結局、ダークホースともいえる、GPS将棋であった。GPS将棋は、ボナンザの機械学習の方法を参考にしつつ、ボナンザが近接する駒の情報を重視するのに対して、駒の利きを重視する。それで、場合により、駒の損得より効率みたいな、プロ的な手を指したりする。

ところで、GPS将棋は、東大の田中哲朗准教授の研究室で開発されたもので、激指も、棚瀬将棋も、東大出身者が作っているものなので、改めて東大の優秀さを感じる次第である。

で、ボナンザや、GPS将棋が採っている機械学習の手法であるが、私も若干入門書を読んでみたことがあるが、機械学習においては、コンピュータ自身が、対象となる優れた作品から、勝手にどんどん学んでいく。例えば、旋盤の名人の動きを記録して、そこから有用な動きを学習させ、旋盤システムに反映させる。そのとき、プログラマは、対象となる優れた作品の分野で、初心者であってもよいのである。例えば、ボナンザの作者、保木さんは、将棋の初級者のままである。

勝又六段によれば、プロ三段の棋力を誇るコンピュータ将棋における、機械学習の手法はまだまだ飽和しておらず、十分に伸びしろがあるという。しかも、大局観など、プロ棋士のヒューリスティックスを入れることが可能であって、最早、コンピュータ将棋が5年以内に羽生の牙城に迫ることを疑う人は少ないのだはないだろうか。

遺伝子改変サル

| コメント(2) | トラックバック(0)

下記のように、サルの遺伝子改変動物を実現できたという記事を読んで、おおっ、と思った。

慶応大と実験動物中央研究所などの研究チームは、サルの一種コモンマーモセットに緑色蛍光たんぱく質(GFP)の遺伝子を導入し、個体内で働かせることに成功した。任意の遺伝子を導入して発現させる遺伝子改変動物は、マウスなどが研究に使われているが、霊長類では初めて。よりヒトに近いモデル動物として、ヒトの難病や高度な脳機能などの研究への貢献が期待される。論文は28日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。

生命科学や医学では、遺伝子改変動物を使った実験が欠かせないが、マウスやラットなどではヒトとの違いから、不十分な点も多い。このため、同研究所は生理学的、解剖学的にヒトに近く、成熟までの期間が短いなど実験動物として優れた特性を持つコモンマーモセットに着目。遺伝子改変動物としての利用を研究してきた。

研究チームの岡野栄之慶応大教授らは、ウイルスを遺伝子の運び屋(ベクター)にし、受精卵に注入する方法を検討。当初は十分な量のウイルスが注入できずにうまくいかなかったが、特別な培養液を使って注入量を増やしたところ、受精卵の約98%でGFP遺伝子が発現した。

なぜなら、人間とサルは、98%くらい遺伝子が同じであり、サルに可能な操作は、ほとんど人間にも可能である、と思われたからである。すると、遺伝子改変人間というのが可能になって、それは文字通りミュータントである。超人である。

では、IQ300なのか、と早合点しそうだが、そうは問屋が卸さない。なぜなら、知能と遺伝子の関係は、あまりにも不透明だからである。

さらに上記の方法は、遺伝子に起因する疾病をもつ人の治療にも使えない。なぜなら、受精卵の段階で操作するので、成人の遺伝子に組み込むというものではない。

すると、この方法は、重篤な遺伝病をもって生まれてくることがわかった受精卵に対して、治療をほどこす方法ということになるが、そういう操作が現実的であるとは思われず、結局、実験としての一里塚にとどまりそうである。

LTTE

| コメント(0) | トラックバック(0)

ニュースによると、スリランカで頻繁なテロを企てた、タミル・イラーム開放のトラ(LTTE)の最高指導者、プラバカラン議長が政府軍に殺害され、これによって、25年以上に亘り、7万人以上の死者を出した壮絶な内戦は終わりを告げた。

このような内戦に至る経緯は、例えば、「テロと救済の原理主義」小川忠著、新潮選書によると、人口約1900万人の73%を占めるシンハラ人と、17%を占めるタミル人との対立である。さらに図式的に言ってしまえば、ほとんどのシンハラ人は仏教徒で、ほとんどのタミル人は、ヒンズー教徒なので、宗教対立である、とする見方もできる。

しかし注意しなくてはならないのは、ヒンズー教と仏教の間には、本来的に、キリスト教とイスラム教の間にあるような根源的な対立はない、ということである。そもそも、ご本家インドで、そういう抗争があったとは聞かない。それはインドにおける仏教徒のマイノリティ性によるところはもちろんあろうし、さらには、巷間に喧伝されるような、仏教徒の平和主義があろう。

ところが、スリランカで、仏教を尖鋭化させた人物がいた。アナガーリカ・ダルマパーラである。ダルマパーラは、1864年9月17日にヘーワーヴィターラナ家という、スリランカの富裕な家庭に生まれた。両親が敬虔な仏教徒であった。西欧式の流れで、ダルマパーラの子供時代の名前は、ドン・ディビッドと言った。よって、受けた教育も西欧式で、キリスト教への改宗を迫るようなものであった。

ディビッド少年は、この気風に強い違和感をもっていたところ、仏教の偉大な僧、グナーナンダ和尚に出会い、教化を受ける。

さらに、ロシア人霊能者ブラヴァツキー夫人と、アメリカ人オルコット太佐との出会いにより、一層、仏教と民族主義を目を開かれた。すなわち、彼らが、仏教はキリスト教に較べてなんら遜色ないと保証してくれたのである。

ダルマパーラと名乗り始めたドン・ディビッドは、持ち前の政治力で、日本や中国の仏教徒の連携し、シンハラ人の民族意識を高めた。

さらには、ダルマパーラは、シンハラ人=アーリア人優位説まで唱え始める。仏教本来の平等思想はここでは霞んできている。それだけではない、ダルマパーラは、少数民族のタミル人に、劣等民族で、仏教の敵というラベルを貼るのである。シンハラ人の誇りを鼓吹するために、敢えてタミル人を貶めたのである。

こうして、もともと存在していた両民族の対立という火に油が注がれ、少数民族のタミル人は、LTTEという組織をつくって、シンハラ人に対してテロで対抗した、という次第である。

ここから言えることは、仏教=平和主義・平等主義とみなす訳にはいかないということである。しかしそれは、世間で仏教を政治的に利用している輩を見るにつけ、最早自明な命題と言えるが。

ただ、新聞によると、LTTEの崩壊は、単にシンハラ人の攻勢が強まっただけではない。プラバカラン議長自身が、タミル人に対して過大な税を課し、徴兵制を敷き、民主化を要求するタミル人を弾圧したことによって、タミル人からの支持を次第に失ったということもある。プラバカラン議長が殺害されたのも、タミル人捕虜が議長の居場所を正確に教えたことにあるそうで、内部的な離反がLTTEの崩壊の主因ということになる。

しかし、これにてスリランカは平和になるのたろうか。シンハラ人とタミル人の間の根源的な対立は手付かずのままである。最早安易に仏教本来の教えにすがることはできない。スリランカにとって、とても重い課題である。

UFOの認知

| コメント(3) | トラックバック(0)

Webニュースに、下記のような記事があった。

2009年5月21日、陝西省西安市で観光客が撮影した写真に奇怪な飛行体が写っていた。通常ではありえない軌跡を描く物体はいわゆる「未確認飛行物体(UFO)」の可能性があるという。24日、西安新聞網が伝えた。

UFOの写真を撮影したのは上海からの観光客・張(ジャン)さん。西安の観光地・大雁塔の夜景を撮影していた時は不審な飛行体の存在には気づかなかったが、後で見ると、UFOらしきものがはっきりと映し出されている。撮影された3枚の写真のうち2枚は光の点と線が、もう1枚には緑色の風船のようなものを従えた紫の光点が写っている。

UFOの写真に気がついた張さんは西安新聞網編集部に「宇宙人を写した」といって写真を持ち込んだ。写真撮影と天文を趣味とする張さんによれば、写真の不規則な軌跡は明らかに飛行機のそれとはことなるという。いったいこの写真に写っているものは何なのか?専門家の分析が待たれる。

今更こういう記事を引用してなんのつもりかと思われるかもしれないが、大抵こういう記事はベタでフォローされない。あるいは、あれは気球だった、飛行機だった、雲だった、と素朴なコメントがつくだけである。

しかし、本当にすべて、それで説明がつくのだろうか。もし説明がつかないとしたら、そういうものの存在は、現代のパラダイムを揺るがさないのだろうか。数学の定理における重大な反例のように。

まず、UFOが実在するとして、その飛行原理はなにか、ということになる。おそらく、現代の物理学では説明ができない、重力の操作に基づいている。物理学で、グラビトンを簡単に操作する原理を寡聞にして知らない。それを認めることは、物理学のパラダイムの改変を迫られる。あいにく、物理学者はその準備ができていない。

また、われわれ人類は、まだ、非地球人の存在を、生きた生物からのメッセージとして認知するまでの意識に至っていない。そういう存在がこの広い宇宙にあることを理論的に否定する人はほとんどいない。しかし、現実問題として、そういう存在が地球に来ていることは認めたがらない。理由は、生物がいると考えられる最近傍の惑星といえども、何光年も離れていて、航行するには遠すぎるとか、地球に来ても仕方ないだとか、いくらでも理由をつける。しかし、本当の理由は、大きな意識の変容を避けたいからなのではないだろうか。そもそも、あれほどインチキが喧伝されている地球温暖化二酸化炭素説すら、世論から疑問視されていない。経済合理性の観点から、二酸化炭素削減目標の非現実性を指摘した経団連の会長は、某国務大臣から、きわめて不適切と非難をあびている次第である。

こうして、どれだけUFOの存在の証拠が積み上げられても、それは不都合な事実として、単に無視され、あるいは熨斗をつけて否定され、人類は安逸をむさぼる。そうしてまた、金利だの、スポーツだの、芸能だのにうつつをぬかす。

UFOの問題、霊の問題は、現代のパラダイムにとって喫緊の課題なのだけれども、人類はいつまで、そのことと対決しないで引っ張っていけるのだろう。

日中戦争

| コメント(2) | トラックバック(0)

「日中戦争」講談社現代新書、小林英夫著を読んで、気が重くなった。理由は、対米戦争とは全く違う意味で、無謀な戦いであったと、今更感じるからである。

確かに、資源をもたない日本としては、欧米列国に伍するには、大陸に出て行くのは当時、必然だったのかもしれない。そうして満州進出までは、国際世論をあまり浴びることなく達成できた。おそらく、世界の注目が欧州の方に主に集まっていたからだろう。

分かりやすい事実であるが、中国は、日本が戦争当事国に上陸していった唯一の戦場であった。ところが、日本軍は、いままでの戦いぶりから、中国軍を恐るるに足らずと、甘く見ていた。ノモンハンで完膚無きほどにソ連軍から敗走しても、中国軍、蒋介石政権を侮り続けた。それは確かに、戦力で優る日本軍は、緒戦では、中国戦線で勝ち続けたからである。

そして、部分の殲滅戦の集合が、全体に勝利に繋がると、楽観の姿勢を崩さなかった。そのことの愚を指摘することはあまりにも易しい。

これも見やすい事実であるが、日本軍の主眼は寧ろ、南方にあった。ソロモン諸島、ミッドウェー、フィリピン、ラバウル、シンガポールと、兵站は延びきっている。中国なんぞにてこずってはいられないのである。しかし、中国はあまりにも深い。それだけではない。蒋介石は、世界の世論を集めることに巧みであった。しみ込むように、あるいは雪崩のように、日本の立場が悪化した。木に竹を接ぐように打ち立てた傀儡の汪兆銘政権も、全く意味をなさなかった。ドイツによる、フランスのヴィシー政権ほどの意味さえない。

これをみて、日本特有の愚かさをあげつらうことは容易である。しかし最近、私なりに考えたことがある。リソースが欠乏し、それでも何とか前に進まなくてはならないとなると、人間の活動や取る施策は、国民性や文化に関係なく、おそろしく似てくるのである。トルストイへの反論であるが、不幸もまた、哀しくも相似する。典型的には、下記のとおりである。

- 根拠のない楽観論。一撃の下に殲滅できると考える。企業なら、次に出す製品は爆発的に売れて、負債を一挙に解消できると考える。

- 強い味方の出現を期待する。日本軍なら、ドイツやイタリアを、救世主と考える。クライスラーなら、ファイアットか。

- スキルの存在も涵養も全く考えない。すると何が起きるかというと、適材適所から遠くなり、全くその器でない者が平気で責任ある地位に就けられたり、スキルのある人材が、辺境に追いやられたりする。あるいは、雑用に使いまわされる。当然に、じっくりとスキルのある人材を養成するということは顧みられない。

- 一連の短期的施策。最早、長いビジョンでの施策を打つことができない。条件反射のように、その場限りの対応が続く。なんの意味のある進展もない。

- リソースの広く薄い、遂次投入。面白いのは、リソースが乏しくなればなるほど、リソースの投入が広く薄くなる。少ない水を砂漠に散布すれば、一面花畑になる、と錯覚するようなものである。

こうして、日本軍と、GMやクライスラー、AIGとの類似性に思いを馳せると、もしかして「日中戦争」講談社現代新書の後段の目玉と意図しているかもしれない「検閲月報」の内容は、どうでもよく思えてきた。確かに、そこには関東軍の愚かさや残虐さが描かれている。明日をも知れない兵士が必死で家族向けに書いた手紙の検閲箇所はそれなりに興味があるが、しかし、結局戦争の記述としてはベタかもと、つい興味を失ってしまう。

ともかく、日中戦争については改めて、勉強しなおすことにする。

梅雨入りの判断

| コメント(0) | トラックバック(0)

気象庁がよく、梅雨入り宣言をするが、どういう判断で行なうのかと思っていたら、新聞に解説があった。次のとおりだという。

  1. 予報対象地域の上空に梅雨前線が停滞すること。
  2. 週間予報で、雨や曇りの日が続くと予想されること。
  3. 週間予報で、雨や曇りの日が続くと予想された初日に、実際に雨が降ること。

上記三番目の条件が、梅雨入り宣言のイニシエータとなるのだが、予想された初日に、実際に雨が降るというのだけは、確率論や統計学に鑑みても、あまりに安易ではないか、と考えるのは、私だけだろうか。少なくとも、「週間予報で、雨や曇りの日が続くと予想された初日と次の日に、実際に雨が降ること。」としてもよいのではないか、と思われる。

一方、梅雨明けはどうか。勝手に考えると、次のようになるのか。

  1. 予報対象地域の上空から梅雨前線が移動していること。
  2. 週間予報で、晴れの日が続くと予想されること。
  3. 週間予報で、晴れの日が続くと予想された初日に、実際に晴れになること。

ともかく、気象庁にとって、梅雨入りや梅雨明けの宣言は、かなり軽い行事で、あまり真剣味はないということは、言えると思う。

殺人未遂

| コメント(0) | トラックバック(0)

下記のような事件があり、驚いた。以下、YOMIURI ONLINEからの引用:

31日午前9時25分頃、東京都杉並区の京王井の頭線永福町駅上りホームで、男が、電車を待っていた同区内の主婦(59)の背後から左腕を抱え込み、一緒に発車直前の渋谷行き普通電車の前方線路上に飛び降りた。

電車の運転士が騒ぎに気付いて発車を見合わせたが、女性は腰の骨を折る重傷で、男は右ひざに軽いけが。男は、通報で駆け付けた警視庁高井戸署員に殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された。

同署副署長によると、逮捕されたのは同区浜田山4、高千穂大学3年川満康成容疑者(20)。主婦は、この電車に乗車しようとして直前にドアが閉まったため、ホームの先頭付近で次の電車を待っていたところだった。

川満容疑者は主婦とは面識がなく、調べに対し、「何をしたのかよく覚えていない」と話しているという。

川満容疑者はこの日午前4時頃まで友人と渋谷で酒を飲んだ後、午前8時頃、自宅に戻るため渋谷駅から同線の下り電車に乗ったと供述しているが、自宅の最寄り駅は浜田山駅で、なぜ、途中の永福町駅の上りホームにいたのかは不明。同署で事件までの経緯を調べている。

この事件のことを聞いて、人は、また馬鹿な大学生がいるものだ、と驚かれるであろうか。私の感想はちょっと違う。これは、典型的な憑依事件である、というものである。そうでないと、別の駅で降りたり、「何をしたのかよく覚えていない」と言ったり、あまりにも不自然である。

ウイックランド著、近藤千雄訳、「迷える霊との対話」ハート出版の第5章「犯罪及び自殺をそそのかすスピリット」には、次のような記述がある。

1906年にスタンフォード・ホワイトという男性が、ハリソン・リーという名の犯人によって、ニューヨークのマジソン・スクェア・ガーデンで惨殺された事件も、その典型だった。ハリーは、生まれつき霊的感受性が強く、スタンフォードを殺害した時の心理状態がどうであったにせよ、恨みに満ちたカピリットにそそのかされていたことが間違いないことが、われわれの招霊実験で判明した。

憑依されやすい人は、次のような傾向があると私は思う。

  1. 霊的感受性が強い。
  2. 邪心、悪感情、間違った信仰、強いストレスなどに晒されている。
  3. アルコール、薬品などで、朦朧としている。

このような傾向があると、悪い霊に取り憑かれて、意図しない行動に走ることかあるようである。そもそも、もしかの大学生が意図的にやったのなら、59歳の女性ではなく、若い女性を狙うのではないだろうか。

ただ、その59歳の女性に、不幸な形で関与したのも、広い意味では何らかの因果なのだろうが、現世のわれわれに、その因果律は、理解できるはずもない。

しかし、あれは憑依だったのです、という抗弁が、法廷で通用するはずもない。せいぜい、心神耗弱であったことを証明できるかどうかであろう。

では憑依されないためにはどうすればいいのか、というと、あまり思いつめないで淡々と欲を張らず生きていく以外にないようである。酒なども、あまり呑まない方がいい、ということになる。

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。