LTTE

| コメント(0) | トラックバック(0)

ニュースによると、スリランカで頻繁なテロを企てた、タミル・イラーム開放のトラ(LTTE)の最高指導者、プラバカラン議長が政府軍に殺害され、これによって、25年以上に亘り、7万人以上の死者を出した壮絶な内戦は終わりを告げた。

このような内戦に至る経緯は、例えば、「テロと救済の原理主義」小川忠著、新潮選書によると、人口約1900万人の73%を占めるシンハラ人と、17%を占めるタミル人との対立である。さらに図式的に言ってしまえば、ほとんどのシンハラ人は仏教徒で、ほとんどのタミル人は、ヒンズー教徒なので、宗教対立である、とする見方もできる。

しかし注意しなくてはならないのは、ヒンズー教と仏教の間には、本来的に、キリスト教とイスラム教の間にあるような根源的な対立はない、ということである。そもそも、ご本家インドで、そういう抗争があったとは聞かない。それはインドにおける仏教徒のマイノリティ性によるところはもちろんあろうし、さらには、巷間に喧伝されるような、仏教徒の平和主義があろう。

ところが、スリランカで、仏教を尖鋭化させた人物がいた。アナガーリカ・ダルマパーラである。ダルマパーラは、1864年9月17日にヘーワーヴィターラナ家という、スリランカの富裕な家庭に生まれた。両親が敬虔な仏教徒であった。西欧式の流れで、ダルマパーラの子供時代の名前は、ドン・ディビッドと言った。よって、受けた教育も西欧式で、キリスト教への改宗を迫るようなものであった。

ディビッド少年は、この気風に強い違和感をもっていたところ、仏教の偉大な僧、グナーナンダ和尚に出会い、教化を受ける。

さらに、ロシア人霊能者ブラヴァツキー夫人と、アメリカ人オルコット太佐との出会いにより、一層、仏教と民族主義を目を開かれた。すなわち、彼らが、仏教はキリスト教に較べてなんら遜色ないと保証してくれたのである。

ダルマパーラと名乗り始めたドン・ディビッドは、持ち前の政治力で、日本や中国の仏教徒の連携し、シンハラ人の民族意識を高めた。

さらには、ダルマパーラは、シンハラ人=アーリア人優位説まで唱え始める。仏教本来の平等思想はここでは霞んできている。それだけではない、ダルマパーラは、少数民族のタミル人に、劣等民族で、仏教の敵というラベルを貼るのである。シンハラ人の誇りを鼓吹するために、敢えてタミル人を貶めたのである。

こうして、もともと存在していた両民族の対立という火に油が注がれ、少数民族のタミル人は、LTTEという組織をつくって、シンハラ人に対してテロで対抗した、という次第である。

ここから言えることは、仏教=平和主義・平等主義とみなす訳にはいかないということである。しかしそれは、世間で仏教を政治的に利用している輩を見るにつけ、最早自明な命題と言えるが。

ただ、新聞によると、LTTEの崩壊は、単にシンハラ人の攻勢が強まっただけではない。プラバカラン議長自身が、タミル人に対して過大な税を課し、徴兵制を敷き、民主化を要求するタミル人を弾圧したことによって、タミル人からの支持を次第に失ったということもある。プラバカラン議長が殺害されたのも、タミル人捕虜が議長の居場所を正確に教えたことにあるそうで、内部的な離反がLTTEの崩壊の主因ということになる。

しかし、これにてスリランカは平和になるのたろうか。シンハラ人とタミル人の間の根源的な対立は手付かずのままである。最早安易に仏教本来の教えにすがることはできない。スリランカにとって、とても重い課題である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1301

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年6月 3日 22:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「UFOの認知」です。

次のブログ記事は「遺伝子改変サル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。