GMの興亡

| コメント(2) | トラックバック(0)

新聞に、GMの興亡というか歴史について、簡単な解説があったので、メモしてみる。

1861年:創業者ウィリアム・デュラントがボストンで生まれる。馬車工場経営が成功し、自動車の将来性に注目。

1908年:ミシガン州フリントで起業。まさに100年前である。当時の主力ブランドは、ビュイックであった。ビュイックは当初、ミシガン州フリントの町工場に過ぎなかった。このブランドは、今も生きているはすである。同年、オールモビルを買収。

1909年:キャデラック、ポンティアックを買収。

1915年:日本市場に参入。戦前は、フォードとともに日本市場を席巻したとあるが、今は見る影ない。

1918年:シボレーを完全会社化。

1919年:金融子会社GMACを設立。

1931年:ドイツのオペルを完全子会社化。この時点で、フォードを抜き首位に立つ。

1937年:大規模ストライキを受け、全米自動車労組(UAW)を交渉窓口として認める。

1953年:チャールズ・ウイルソン社長が国防長官に就任。

1971年:いすず自動車に出資。

1978年:年間世界販売台数が過去最多の955万台。

1980年:石油危機を受け、ビッグスリーが揃って最終赤字。

1981年:貿易摩擦の激化を受け、日本が、米国向け自動車輸出の自己規制を始める。

1984年:トヨタとの合弁会社NUMMIを、カリフォルニア州に設立。

1986年:英国ロータスを買収。

1990年:スウェーデン・サーブを買収。

2000年:富士重工に出資。小型車「サターン」ブランドをつくる。

2006年:GMACの過半数株式をサーベラスに売却決定。

2008年:77年間守った世界販売台数首位を、トヨタに奪われる。

このように、100年の年表は、見事に栄枯盛衰を語っている。ここから何が言えるか。まず言えることは、企業合弁を駆使するパラダイムと、金融子会社を使ってローンを振興するパラダイムが最初、とても功を奏した、ということである。

次に、労働組合と折り合いをつけ、手厚い福利厚生を実現した。大きいシェアと利益率のため、それは負担にならなかった。

さらに、政府のロビー活動を通じて、トヨタなど有力な外国企業の活動を抑えることができた。こうして、GMの至福の時期が始まる。それはまた、凋落の始まりでもあった。

世界トップシェアを誇ったGMは、研究開発を怠った。低燃費の小型車、ハイブリッドカーで出遅れた。それでも、米国国内市場が活況であるうちはよかった。

しかし、サブプライムローン問題が出てきた2007年頃から突然業績に影が差し、2008年には、トヨタに世界販売台数首位を奪われた。

ここにきて、手厚い福利厚生が重くのしかかった。2008年に金融恐慌になると、坂道を転がるように、GMは奈落へと落ち込んだ。それは、アメリカ的な、あまりにアメリカ的な企業の顛末だった。

さて、GMの負債総額は、1728億ドル(16兆6500億円)。不採算部門を切り離した新生GMは、米・カナダ両政府が、合計396億ドルの追加支援を実施し、米政府が60%、カナダ政府が12%の株式を取得し、GMを一時国有化する。そして、6~18ヶ月で再上場を目指す。

GMの敗因は、高コスト体質である。一人当たり、日系自動車メーカの2倍近い給与を支払い、リストラに手を染めなかった。ワゴナー会長を含め、役員も高い俸給を享受してきた。

また、政府のロビー活動を通じて成功してきたことから、苦境に陥っても政府からの金融援助に頼ろうとする方針から抜けられなかった。

さらに、売り上げが落ち込むと、大幅な値引きや、ゼロ金利ローンでの販売に手を染め、傷口を広げた。

こういう状況で、誰でも分かることであるが、GMの再建は前途多難である。まず、新製品開発力が決定的に低下している。小型車サターンの販売に失敗し、電気自動車EV1の開発も頓挫した。要するに、開発が現場から遊離してしまっているのである。

さらに、今回の件で、GMのブランドが決定的に威信を失ってしまった。下手したら、誰もGM車に見向きもしなくなる。傍らに、健全経営のフォード車があるからである。

GMを再生させる1つのキーは、垂直統合のパラダイムを捨て、水平分業のパラダイムを取り入れ、得意分野に選択集中することであろうが、得意分野がローン金融と政府に対するロビーであるなら、哀しい。私には再建の方法は見えない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1309

コメント(2)

↓GMとともに
http://www.amazon.co.jp/GM%E3%81%A8%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%AB-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BBP%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3Jr/dp/4478340226
 GMの黄金期のサクセスストーリーが書いてありそうです。図書館にあったので、予約しておきました。どんなことがかいてあるんでしょうか??

小松たひとさん

> GMの黄金期のサクセスストーリーが書いてありそうです。

なんか、ビルゲイツも絶賛する、活きた経営学のバイブルらしいですね。でも、ここからどうやって教訓を引き出すか、難しいと思うのですが。とりあえず買ってみたい私も、内容に鑑みると、買うのはためらいます、値段からして。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年6月 9日 07:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「北尾まどか」です。

次のブログ記事は「金正雲」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。