金正雲

| コメント(6) | トラックバック(0)

Webニュースに、下記のような記事があった。

2009年6月8日、韓国紙・朝鮮日報は、北朝鮮の後継者問題で、金正日総書記の長男・金正男(キム・ジョンナム)氏が三男の金正雲(キム・ジョンウン)氏が後継者になることを示唆したと報じた。

正男氏は「後継者問題は父が決めること。決定は自分を含め誰にも通知する必要はない」とした上で、正雲氏が指名される理由の1つとして「弟は父に似ている。父はそんな弟を溺愛している」と述べた。正男氏はこの問題について「これまで同様、今後も一切関与しない」姿勢を強調した。

また、正男氏の側近や親しい人物が粛清されたとの報道については「完全なでっち上げ」とし、中国に亡命したとされる件についても「自分は今も北朝鮮の市民として中国本土やマカオに滞在している」と完全に否定した。

北朝鮮の後継者問題では、一部マスコミで北朝鮮の国家安全保衛部が4月初めから平壌市内で正男氏の側近らを相次いで逮捕したと報道。身の危険を感じた正男氏は滞在先のマカオから中国本土に渡り、亡命したと伝えられていた。

この「弟は父に似ている。父はそんな弟を溺愛している」をみて、ふと思ったことがある。それは、1994年7月に金日成が亡くなって、金正日が後継者となったとき、実は、あれはクーデターではなかったのか、という言い古された言説である。というのは、性格などを含め、金正日は、金日成に似ているとはいえない。すると、金正日は金日成に愛されず、手を拱いていては、他の誰か後継者を奪われたのではないか、それで、金正日は策略を用いたのではないか、ということである。

ところで、金正雲であるが、昨年重大な事故に遭ったのではないか、という記事がある。

2008年8月に金正雲が交通事故で重傷に遭い再起不能に近い後遺症を負ったとの報道があったが 定かではない。ただ、この事故によって金正雲を最も寵愛していた、金正日は衝撃を受けこの直後、 脳出血を伴う重大な疾病の引き金になったことと無縁でないとされ交通事故原因説は信憑性が高い。

これによって一層、金正雲への思いが強まったのだろうか。しかし、金正雲は、おそらく1984年生まれ。まだ24歳である。いくらなんでも、国家元首として若すぎないか。

また、金正日の長男と次男が脱落した経緯は下記のとおり。

次男の金正哲は性ホルモンのバランスが崩れ容姿が乳房が膨らむなど指導者レースに失格とされ、 長男の金正男も放浪癖があり突然、日本に入国するなど報道されたことがある。 中国では最近、長男金正男を象徴的な後継者とするならば引き続き北朝鮮を支援する動きもあったが、 その際の指導者は娘婿の張成沢との集団指導体制となろうと報じられていた。

そういえば、金正男の後見人は、北朝鮮の事実上のナンバー2だった、張成沢なのであった。しかし、張成沢は失脚してしまった。このことは、金正男にとって大いに不利である。

金正男以外に、金正日の後継者と目されていたことがあるのは、金賢。金日成の息子、金正日の異母弟。後継者候補の一人という説もあった。1971年に、金日成主席とある女性との間に生まれたといわれる。

何にしても、金正雲は若すぎる。すると、黒幕は、金正雲の後見人、李済剛か。

このように、北朝鮮の金王朝には、あまりにも謎が多い。金正日がとっくに亡くなっているのでは、という意見さえきちんと反論されない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1310

コメント(6)

どなたが後継されても、核兵器とかミサイルとか止める方向でお願いしたいもんです。

小松たひとさん

> どなたが後継されても、核兵器とかミサイルとか止める方向でお願いしたいもんです。

それは無理でしょう。瀬戸際外交が当面彼らの唯一の手段で、そのための大事な武器です。特に若い後継者は無理があります。豊臣秀吉も、若い秀頼に託したけど、結局滅びました。若い息子を溺愛するというのは共通なのかも。


金正雲は日本のマンガがお気に入りだそうで。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=116357&servcode=500§code=500

ISSEIさん

なるほど、意外に面白いキャラのようですが、私はそもそも、世襲というのをなんとかしてほしいと思います。もう選挙で国家元首を選んでもいいのではないかと。

>日本のマンガ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%95%E3%82%93
 ↑「聖☆おにいさん」(おもしろいので超オススメ!)かなんかの平和なマンガを読んでいてくれると、核とか放棄して平和になりそうなんですが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3#.E6.BC.AB.E7.94.BB.E3.83.BB.E5.B0.8F.E8.AA.AC
 ↑「エヴァ」かなんかを読んでいると、サードインパクト(地球規模の災厄)を自演しそうで怖い!

小松さん、
 聖☆おにいさんはなかなか面白そうですね。いやでもエヴァはヤヴァイでしょう。人類補完計画なんぞだされたら大変ですよ。ただ私には人類補完計画があまりに Deep しすぎて解釈できていないのですが、でもやばいのはわかります。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年6月10日 07:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GMの興亡」です。

次のブログ記事は「グーグル訴訟和解」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。