グーグル訴訟和解

| コメント(0) | トラックバック(0)

コピライト誌、2009年5月号に、興味深い記事があったので、私なりに要約してみる。

記事によると、グーグルは、2004年秋に、米国のスタンフォード、ハーバードなどの大学図書館、ニューヨーク公立図書館などの蔵書を、著作権者の許諾なしにスキャンし、電子的データベースを構築し、書籍、検索、抜粋表示など利用可能とした。

これに対して、アメリカ作家組合及びアメリカの主要出版社5社が、著作権侵害であるとして訴訟を起こした。著作権法の常識からして、アメリカ作家組合及びアメリカの主要出版社5社の理由は正当で、グーグルが敗訴し、データベースは使用を禁じられる、という結論も考えられるところであるが、2008年10月28日に和解が成立した。そして、南ニューヨーク地区連邦地方裁判所が暫定承認を行った。

この訴訟は、集団訴訟(class action)と認定されたため、同裁判所の通知は、全世界の著作権者及び出版社に対してなされた。米国国内に留まらない理由は、ベルヌ条約、万国著作権条約などの著作権条約に基づき米国国内で保護される著作権者が、米国国内居住者に限定されないからである。

まず、和解対象となる権利者・出版物であるが、2009年1月5日以前に出版された書籍について、米国国内で著作権法上の権利を有するすべての著作者、出版社に及ぶ。

こういう和解を知って、寝耳に水と感じる著作者は沢山いるだろう。おいおい、そんなの聞いてないぞ、俺は許可しない、などという輩は当然出てくるに違いなく、その気持ちは分からないではない。

ただ、法的な意味では、日本でも、日本複写権センターを通じて、会員団体に通知がなされ、2009年2月20日に、ウェブサイトで公表されたので、法的な告示の効果は生じたものと思われる。

このように和解は、公共の利益のために、知的財産権などの権利の行使を制限するという世界の流れに沿ったものである。これだけインターネット上で著作物が公開され、あるいはダウンロードされるとき、がちがちの差止権などを安易に認めては、社会的取引が停止してしまう。そこで、著作物の公的利用範囲の拡大、特許権の制限(審査厳格化、差止要件の厳格化)、独占禁止法適用強化などの施策が世間的にとられつつある。

さて、和解によってグーグルに認められる利用範囲は、次のとおりである。

  1. 表示使用
    • アクセス使用
      教育機関、政府及び民間企業等の組織によるデータベース利用権の販売。個人の利用者に対する、データベースへのアクセス権の販売。利用権を購入した団体、あるいは個人は、全文の閲覧、コピー&ペーストなどが利用できる。また、公共図書館、教育機関におけるデータベースへの無償アクセスも許されるが、この場合は、プリントアウトはできない。
    • プレビュー利用
      書籍の最大20%まで無償で閲覧できる。コピー&ペーストは、認められない。
    • スニベット(抜粋)表示
      一書籍について、最大3つの抜粋が表示される。
  2. 広告利用
    プレビュー、抜粋、書誌情報への広告使用ができる。この場合、権利者は、広告収入の63%を得ることができる。
  3. 特定の参加図書館による利用
    保存のためのディジタル複製、プリントアウト不可の利用者へのアクセス許可、スニベット表示など。参加図書館は、Book Rights Registryの認証を要する。
  4. リサーチデータベースでの利用
    ディジタル化した書籍はデータベースに入れられ、画像解析、言語分析、検索技術の開発などに使用される。

上記の表示使用については、権利者の通知によって、いつでも取り下げることが可能である。

なお、Book Rights Registryとは、使用者に課金し、収集した資金を権利者に分配するためにグーグルが設立した仕組みである。グーグルは、2009年5月5日以前に、グーグルがディジタル化した書籍について、最大4500万ドルの範囲で解決金を払う。

この和解は、結局、圧倒的なグーグルの勝利だと思う。Book Rights Registryを梃子にして、今後一層のビジネス発展をもくろんでいるように思われる。

本の著者で、こういうある意味絨毯爆撃みたいなやり方に快く思わない人は少なくないだろう。しかし、1ユーザとして、いろいろな本がWeb上で眺められるのは、意義が大きい。これによって、世界全体の文化レベルも向上するだろう。それを単純に喜んでいたら、グーグルの罠にはまるのだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1311

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年6月11日 00:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「金正雲」です。

次のブログ記事は「王者の重さ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。