硫黄島

| コメント(2) | トラックバック(0)

たまたま、古書店で、「ああ!栗林兵団 硫黄島」松坂弘著を買った。著者は、パラオ諸島アンガウル島で米軍と戦った経験をもち、出版社の社長をされている。かなり古い本なので、今もご存命なのかどうかは分からない。

この本を読んで改めて感じるのは、栗林中将の緻密さ、用意周到さ、それと闘魂である。

アッツ島玉砕を受けて、米軍が、太平洋上の戦略的な要所である硫黄島を攻略してくることは誰の目にも明らかになった。この点、ガダルナカルなどと意味は全く違う。

そこで、1944年5月、栗林中将に、硫黄島守備の命令が下った。東条英機は、栗林中将に、「アッツ島のようにやってくれ」と、ある意味とても酷い依頼をした。

栗林はそこに、自分の死に場所を見出した。しかし、米国通で作戦家の栗林は、アッツ島玉砕の教訓を踏まえ、常識とも言える水際作戦を捨てた。そして、全島に地下通路を張り巡らし、島全体を要塞化する、という壮大な構想に想到した。

栗林は実は、硫黄島自体を爆弾で沈めることも考えた。すると、米軍がそこを基地として使えなくなる。しかし、それには明らかに膨大な弾薬を要する。日本軍の物資では無理だった。

思いついたら、周到且つ迅速に指示を出すのが栗林の特徴である。しかも、きちんと現場を把握する。そのため、栗林は、全島を自分の足で廻った。どこから敵が上陸するかも考えた。

早くも1944年6月には、敵機の爆撃があった。要塞の建造を急がなくてはならない。工作隊の作業が急ピッチで進められた。しかし、硫黄島は文字どおり、火山性の島であり、あちこちに有毒の亜硫酸ガスが噴出す。また、一本の川もないので、水は雨水を貯留するしかない。しかし、ボーフラが湧き、濁った水を飲んだ者は例外なく下痢になった。さらに、既に海域は敵潜水艦の監視下にあり、輸送船は高い頻度で撃沈された。

それでも不屈の闘志で栗林の指揮の下、地下要塞の建造は進んだ。硫黄島には、2万一千の精鋭が集められた。生還を考える者は一人もいない。栗林は、硫黄島向け独自の戦陣訓を作り、兵に徹底させた。すなわち、敵を倒すまでは犬死しないという闘魂を鼓吹するものである。

果たして1945年2月19日、800艘の大艦隊を従えて、米軍は硫黄島にやってきた。そして、栗林の読みどおり、米軍は、東海岸から上陸してきた。なんと25万の大群である。兵の比率はなんと、25:2。圧倒的という表現も相応しくないほどである。

用意周到に配置された火器は、待ち構えたように米軍に襲い掛かった。米軍は、初日だけで数千人もの死傷者を出した。ここの日本軍は、今までの日本軍と違う。口々に米兵は囁きあった。ところが、そこから日本軍の攻撃がやんでしまう。不審に思いつつも、多数の米兵と戦車隊は上陸を続ける。ところが、これこそが栗林の作戦であった。敵をひきつけておいて、容赦なく日本軍は攻撃を仕掛けた。さらに犠牲者が増えた。擬装が巧みで、砲口は外から発見しにくい。

こうして序盤で大きな被害を与えたのであるが、結局は、米軍は物量にものを言わせる。地下壕の入り口が見つかり、ナパーム弾が打ち込まれたりした。じりっじりっと追い込まれた日本軍は、奮戦して自爆攻撃も駆使して多大な被害を与えつつ5週間も持ちこたえたが、ついに矢折れ刀尽きた。

ここが最期と見切った栗林は、部下数人と出撃する。自ら先頭に立って突撃したが、栗林は足に銃撃を受けて重傷を負った。このままでは米軍に捕まると、栗林は拳銃で自決した。側近も後を追った。

ここで公的には、硫黄島は米軍の手中に落ちた、ということになる。しかし、栗林が残した不屈の闘志は消えていなかった。残存の100人あまりの兵は、その後4ヶ月に亘ってゲリラ戦を繰り広げ、米軍を苦しめるのである。下手にバンザイ突撃しないところがまさに、栗林の遺志である。

米軍にとって敵ながら天晴れという言葉は、栗林中将のためにあるといえる。ただ、惜しむらくは、栗林中将の追加支援の要請に、大本営は応えなかった。リソースが欠乏していたのか、あるいは玉砕するところに追加支援しても無駄と思ったか、両方かもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1323

コメント(2)

 確か、栗林中将は、知米派で、左遷の形で硫黄島守備司令官になったと記憶しています。ここには、最優秀な司令官に率いられた「孫子」のいうところの勇敢な「死兵(逃げ場をなくして死ぬしか途がなくなった兵士たち)」のすさまじさがあります。
 戦後、軍事的には米国に骨抜きにされましたが、米国から一定の尊重をうけ、国際的な地位も保てたのは、彼らの戦いが日本の潜在能力のすさまじさを思い知らせたからだとも思えます。

小松たひとさん

> 戦後、軍事的には米国に骨抜きにされましたが、米国から一定の尊重をうけ、国際的な地位も保てたのは、彼らの戦いが日本の潜在能力のすさまじさを思い知らせたからだとも思えます。

まさにそうで、囲碁でいうところ捨石かもしれません。壮大なる捨石です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年6月20日 05:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デンマークモデル」です。

次のブログ記事は「浅七」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。