五輪追加競技

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webニュースによると、下記のように、2016年の五輪に追加を要望する競技の関係者が、生き残りをかけて訴えた。

15日に当地で行われた国際オリンピック委員会(IOC)理事会で、16年夏季五輪の実施競技入りを目指す7競技が、生き残りをかけてセールスポイントを懸命に訴えた。追加競技の枠は「最大2競技」。IOCのロゲ会長は「すべての競技が興味深く、有益なプレゼンテーションを行った」と語った。

7競技とは、野球、ソフトボール、7人制ラグビー、ゴルフ、スカッシュ、空手、ローラースケートである。

このうち、野球とソフトボールは、もともと五輪競技だったが、次回のロンドンでは外されることになってしまった。理由は、欧州で人気がないことである。だいいち、そもそも、欧州の国が勝てないのでつまらないということになる。それでも野球の本場の米国が力を入れればよかったのだが、大リーグとの日程などの競合で、米国がいまいち乗り気でなかったのも野球が外された大きい原因のようである。そこで、国際野球連盟のシラー会長は、大リーガーが参加しやすいよう日程を5日間に短縮するほか、五輪のメダルを決定する試合と重なる日時に大リーグの公式戦を組まないことなど、大リーガー関係者に根回しして臨んだ。それに較べると、ソフトボールはちょっと弱いか。

7人制ラグビーは、平均的日本人なら、ええっそんなのあるの?と首をかしげるところだが、欧州で人気だそうで、オリンピックがどうしても欧州起源なので、欧州に根付くものがどうしても有利になりがちである。15人制ラグビーは、1900~1924年と一時、五輪競技だったようであるが、どうして止めてしまったのか。第一次大戦のどさくさのせいか。

ゴルフは、私自身はあまり好きでないが、これだけメジャーな競技なので、五輪にあってもいいのではないかとは思う。実際、1900年と1904年だけ、五輪で開催されたようである。その後中止になったのはどうも、広いゴルフ場を用意するのがネックらしい。しかし少なくともイギリスや米国なら、五輪会場にするゴルフ場の選定に苦労することはないと思う。

空手も私は、五輪種目にあってもいいと思う。少なくともテコンドーよりずっとメジャーである。これが五輪競技になったことさえないのは、日本空手連盟の政治力のなさだと思う。もしかして、国内で、いろいろな派閥が乱立して統一がとれていないからだろうか。

スカッシュと、ローラースケートについては、ええっ、冗談は止めてよ、といいたくなる。競技の性質がいかにも余興的なのである。といいつつ、ローラースケートは、1992年だけ五輪種目として開催された。

実は私があってほしいと願っているのは、ボーリングである。結構古い競技で、格式も悪くないと思う。見ていても、ああ、ここでスプリットが取れるか、など結構楽しい。ただ、残念ながら、今回は候補にも入っていない。で、冷静に考えると、なんでこんなのが正式種目なのかというのもあるので、五輪の競技の選択も相当に場当たり的のような気がする。微妙なバランスと接待の具合だろうか。

ともかく、

IOCは8月13日の理事会で2競技に絞り込み、10月9日の総会で最終決定するが、2競技が総会で否決された場合、残り5競技に復活の芽があるとの見解を示している。
だそうで、2/7の選択率は結構きついが、残るは野球とゴルフかな、とみる。理由は、それにからんで動くお金が大きいので、IOCとしては嬉しいのではないか、と推察するからである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1332

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年6月28日 00:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「機械翻訳」です。

次のブログ記事は「ニンニク泥棒」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。