2009年7月アーカイブ

顔面麻痺

| コメント(4) | トラックバック(0)

今週は天気が不順で暑いような寒いようなよく分からない気候だった。そのせいか、風邪をひいたらしくて、今週の中ごろから、鼻水と涙が出て困った。鼻水は、その都度鼻をかめばいいが、涙は、目を曇らせて、仕事の支障になる。パソコンの画面が見にくい。

ところがもっと困った症状が出てきた。私は、普段から、幼稚園児かと家内に馬鹿にされるくらいによく食べ物をこぼす。どうも、食べ方が下手らしい。それに対する私の言い訳は、偉大な人物はよく食べ物をこぼす、というものである。例えば、坂本竜馬は、食べたあと、食べかすが散乱して、後片付けが大変だったらしい。しかし、坂本竜馬以外に、よく食べ物をこぼす偉人なんて聞いたことない。だから、私の言いわけは、全く説得力がない。

しかし、今回はあまりにもひどい。すなわち、会社で、弁当を食べていたら、知らないうちに、ワイシャツが、おかずの鰯の煮付けの汁で汚れているのだが、その汚れ方が半端ではない、どうも知らないうちに口からこぼれてたようなのである。で、顔をつい触ってみた。すると、なんか、顔面の右側が麻痺している。歯医者で麻酔されたとき、このような状態になる。なんとかしゃべれるのだが、口の右側に食べ物が残っていても気づかなかったりする。とても違和感がある。友人は、脳梗塞などの前兆で麻痺することがあるというので、一瞬ええっと思ったが、右手も右足も全く問題なく、食欲もあるので、その線はないと判断した。

それで推察してみるに、風邪ウイルスが歯茎などから侵入し、神経に到達して麻痺させたらしい。風邪ウイルスといえども馬鹿にできなくて、結構な神経毒をもつものがいる。例えば、ある50歳くらいの男性が、風邪を引いたと、普通に寝ていたら、風邪ウイルスが脳に入って、脳炎を引き起こし、その方は亡くなってしまったという。私の右頬にいる風邪ウイルスがそれと同類かどうか知らないが、気をつけなくては。もし明日から突然ブログの更新がなくなったら、その風邪ウイルスが、右頬から脳に入ったと思って戴きたい。

このように風邪ウイルスごときにやられたのは、最近仕事が忙しくて免疫力が低下しているからである。特に難しい、あるいはとても面倒な特許明細書を書いているとき、ストレスがかかって病気に罹りやすい。4月のはじめもある難しい案件を書いていて、あのときは尿道炎になった。なにしろ、尿が出にくくて困った。熱も39度でた。顔面麻痺の方がましである。脳がやられなければ、であるが。

管理職研修

| コメント(0) | トラックバック(0)

もう10年以上も前、たまたま管理職に登用されたとき、それを実感したのは、管理職研修なるものを受けたときである。

通いでもいいと思われるのに、なせか立派な研修所に泊り込みでの研修なのであった。その意図はどうも、夜に多少お酒を振舞ったりして、新任管理職どうしで親睦を深めてほしいという意図もあるのではないかと思った。

一般的かどうか分からないが、私が受けた管理職研修は、次のような項目からなる。

1.会社の人事・給与・福利厚生制度の説明。これは、会社の人事の担当者が来て説明する。

2.外部コンサルタントによる、マネジメント研修。これはだいたい、行動心理学や組織論の理論の解説と、模擬演習としての自己診断テスト、ロールプレイイングなどからなる。研修用のDVDを観る時間もあったりする。ロールプレイイングというのは、研修を受ける新任管理職どうしで、営業、顧客、上司、部下などのさまざまなロールを与えられて、ある指定されたシナリオでロールプレイを行なう。シナリオの粗筋は決まっていても、発言は自分で工夫しなくてはならなかったりする。それを講師が観察して、あとで講評する、という次第である。

3.会社の取締役レベルの人による講話。話の内容は、業績の話、今後の事業計画などである。だいたい、管理職でない一般社員には公開していないレベルまで話が及ぶ。これは、管理職に、経営者側サイドにある、という意識をもってほしいという自覚を促す意図であると思われる。必ず質疑応答の時間もとられる。

4.夜のコミュニケーション・タイム。外部コンサルタントや会社の取締役レベルも加わって、リラックスして雑談する。結構立派なディナーが振舞われたりする。といっても、それは景気のよいときだけなのかもしれないが。

こういう研修はだいたい、三日くらいに亘って行なわれる。普段切羽詰った仕事をしていてる管理職にとって、気分転換の時間となる。

こういう研修はだいたい、毎年ある。自動車に喩えれば、管理職の車検のようなものだろうか。

ただ、素朴な感想なのだが、これだけ手間暇かけた研修がどれだけ有効なのか、という疑問はいつももっていた。というのは、なにか立派なことを学んで、実地でも試してみようと思っていながら、オフィスに戻ると、習ったことは三日で忘れ去ってしまう。自分だけではない。人間というのは、自分のことは棚に上げて、同僚管理職のマネジメント・スタイルに疑問をもったりするのだが、同僚管理職が管理職研修に出席して、びた一文改善されたと感じたことはない。

一方で、私が管理職として一番勉強になったのは、何かの機会で知り合った、退職されていた、元の自部門の部長から飲みながら話を伺う機会を得たことである。直接の上司・部下関係になかったので、しがらみもない。そこで私は、普段管理職をやっていて悩んでいることにいろいろと相談に乗ってもらった。正解があるとは限らないし、いつも適切なアドバイスがえられるとも限らないのだが、組織のことをじっくり考えてみるヒントにはなった。もともと専門職指向で管理職の適性があるとは思えない私が、なんとか大過なく職務をまっとうできたとしたら、その大先輩の教えによるところが大きい。

だから、下手な管理職研修よりも、先輩管理職によるメンタリングの方が大きいと思うのだけれども、どうもなかなか、そういう機会を作るのは難しい。

と思っていたら、私が先輩管理職として、会社の制度として、次期管理職候補の人に若干のメンタリングをする機会を与えられたことがあった。それで私なりに資料を作って説明したりしたが、どうも管理職というのは暗黙知のかたまりのようなところがあって、とても面談では説明しきれない。やはり実地で管理職をやって苦労して悩んで、それで相談にのってもらう、という方法しかないのではないか、と思っている。

一方で、私が先輩管理職として模範になれるレベルだったのかとか、ちゃんと人をメンタリングするスキルがあるのか、とか様々な疑問もある。こうして、組織にあって、どうやってリーダーを養成するのかという永遠の課題に思いを巡らせる次第である。

私の本音は、よい管理職は作れないということである。よい管理職でなかった私が自信をもって言える。すなわち、できるのは単に、よい管理職の素質がある人を見出して、管理職に据えることだけである。すると一番重要なのは、管理職選別プロセスである、ということである。もし本当に管理職に適した人だけが登用されれば、管理職研修は、ダイヤモンドにさらに磨きをかけるようなものになるだろう。それは私の想像を絶する火花を散らすものなのだろうか、いや、意外にまったりと進行するものなのだろうか。ま、ありえない話を想像しても仕方ない。

MSとヤフー提携

| コメント(0) | トラックバック(0)

一年以上前に、ヤフー買収断念と、グーグルの懸念というブログ記事を書いたが、これに関して、ついに、マイクロソフトとヤフーが提携する、というニュースがあった。以下、毎日新聞Webからの引用:

【ワシントン斉藤信宏】ソフトウエア世界最大手の米マイクロソフト(MS)とインターネット検索大手の米ヤフーは29日、ネット検索と広告の両分野で事業提携すると発表した。世界のネット検索市場でそれぞれ2位と4位のヤフー、MSは、独走する最大手グーグル(シェア67%、米調査会社コムスコア調べ)を追い上げる。

MSのバルマー最高経営責任者(CEO)は「今回の提携は、顧客に重要な選択の機会をもたらすことになるだろう」とサービス向上効果を強調。ヤフーのバーツCEOも「インターネット技術革新の新時代の幕開けになると信じている」と提携合意を歓迎した。

両社は来年前半には提携に関する手続きを完了したい考えで、提携期間は10年間。ヤフーは、MSが6月から始めた新検索サービス「Bing(ビング)」を自社サイトに採用。MSは提携後の当初5年間、検索広告事業の売上高の88%を広告掲載料の形でヤフー側に支払う。両社とも独自の広告・販売部門を維持するが、ネット検索に関連する広告事業を事実上統合する形になる。業績不振の続くヤフーは、今回の提携で年間5億ドルの増益効果を見込んでいる。

昨年2月、MSがヤフーに対し総額475億ドル(約4兆5000億円)で買収を提案したことが表面化したが、ヤフー側の強い抵抗で断念した。

ネット広告市場はここ数年急拡大し、07年に約400億ドルだった市場規模は10年には800億ドルに倍増するとの予測もある。

◇開発コスト削減も--ヤフー・ジャパン
日本国内で展開するヤフー・ジャパンの広報担当者は「検索エンジンがMSのビングに積み替えとなることが予想される。開発コストの削減につながる可能性もある。ただ、日本法人の事業については今後、個別に詰めていくことになる」と話している。同社はソフトバンクと米ヤフーが設立。海外のヤフー各社のほとんどは米国ヤフーが筆頭株主だが、日本では出資比率41%のソフトバンクが筆頭。【望月麻紀】

この提携であるが、以前は、ヤフーの方から断るモードだったはずである。しかし、ヤフーの業績が低下してきて、そうも言っていられなくなったらしい。いわば、金持ちのボンボンから結婚を申し込まれて、いまいちセンスが合わないと一旦は断ったけど、実家が窮乏してきて、仕方なく結婚に応じる令嬢のようなものか。それとも、心変わりして令嬢の方から言い寄るのか。

でも、私の質問は、前にブログに書いたのと同じである。マイクロソフトとヤフーが提携してどのような相乗効果があるのか。私には依然としてそれが見えない、というものである。

例えば、マイクロソフトの新しい検索エンジンBingであるが、シンプルな検索画面という意味で、これは初期のグーグルのコンセプトそのままではないか。使ってみると、Β版のせいもかるかもしれないが、グーグルよりもヒット件数が少ない。ノイズが少なくていいといってよいかどうか分からない。一方で、検索ベンダ2位の百度との差別化も主張できなくてはならないが、それも容易ではない。

マイクロソフトもヤフーも、そんなことは百も承知なのだろうが、ともかくも、グーグルや百度に間借りする訳にはいかないので、とりあえず独自の屋敷を構築して、それで今後のビジネスを考えようではないか、というところではないかと思われる。バスに乗り遅れるな、である。実は既に一本乗り遅れているので、次のバスには間にあおうという算段なのであった。

知能と収入

| コメント(3) | トラックバック(0)

いかにも生臭いテーマだな、と思いつつ書く。

先日、こんなことがあった。私が勤務する会社の研究所には、研究業績という意味で相当にレベルの高い人がいて、もちろん、学歴的にも日本で最高クラスの人がひしめいている。そんな研究員の中でも自ずと実力には差があって、研究所の中でも最高クラスの実力と自他共に認める人が数年前に会社を辞めた。なんでも、都内の国立大学の教授になるのだという。

そういうことはよくあるので、驚きもしなかったが、最近ふと漏れ聞いた話だと、その人の年収は、800万円程度だという。で、一瞬考え込んでしまった。私の出身中学の、ある同級生と比較してしまったからである。私は片田舎の出身で人口も少ない僻地の出身である。そんなところにある中学がレベルが高いわけない。私程度が上位にいたことからも推察される。私の友人であるその同級生は、そんな中学にあっても、決して上位の成績ではなかった。

友人は、高校入試でも、無理しないで安全目の公立の普通科を受けたのだが、なにかミスがあったのか、落ちてしまった。合格発表のとき、他の友人とその友人の家に泊まっていた。まさかその友人が落ちるとは、本人も私も思っていなかった。だから、落ちたと聞いたとき、友人は泣いた。折角遊びに行っていたのが気まずい雰囲気になった。

でも、友人は、気を取り直して、滑り止めの私立高校に行って、真面目に頑張った。どこか関西の大学に推薦で入って、ほとんどアルバイトに暮れる日々だったようであるが、ちゃんと卒業した。真面目で人当たりがいいのが長所なのである。

当時はオイルショックで、いまほどではなくても、就職難であった。友人は、有名大学出身でないこともあって、就職に苦労したようであるが、ともかく、小さい製薬会社に就職できた。そこで製薬会社の営業、すなわちプロパーとしてキャリアを始めた。

で、私もときどき連絡を取り合っていたのだが、その友人はどうも営業が天職だったようで、いつも活き活きしていた。勉強は得意でないはずなのに、難しい薬品の名前も駆使していた。その時点ですでに、不承不承、部品メーカーでくすぶっていた私を、地位・収入とも上回っていた。その友人は、一度転職したが、今では中堅クラスの薬品メーカの営業部長待遇のはずである。張り合うつもりは全くないが、一旦差をつけられた地位・収入とも挽回するチャンスはなく、今に至っている。

で、最初に戻って、いわゆる勉強的知能という意味では、前記都内の国立大学の教授の収まった人と、その私の友人とは圧倒的な差があるはずなのに、少なくとも年収では、私の友人の方が実質的に多いということになっている。

そんなことは世間では腐るほどある話で、いまさらそこに感慨をもつ自分に呆れているのだが、ただ、いくら否定しても、この資本主義社会にあって、知能と収入の単調増加性を想定する傾向はどうしても否定しがたいのではないだろうか。結局、世の教育ママが学歴に偏執するのも、知能と収入の単調増加性というよりも、何程か、その間接的表現としての学歴と収入の単調増加性を想定してのことであろう。

ところが、こういう一種微妙なテーマに、武骨に切り込むのがアメリカである。典型的にはクオンツと呼ばれる人達である。

拝金社会の権化のようなアメリカにあっても、物理や数学のような純粋科学を専攻することは、豊かな生活を送ることを目指したものではない。本当にそういうことに興味をもつから勉強するのである。それで教授になって食べていければ御の字というところである。少し意味は違うが、宇宙工学のような分野を専攻することも、そういうことにロマンを感じて勉強するのであって、運がよければNASAなどでロケットが開発できる。ところが、典型的にはアポロ計画が示唆するように、宇宙計画はみずものであって、プロジェクトがつぶれるとたちまちクビで、宇宙工学なんて潰しが利かないから、タクシーの運転手でもするしかない。

要するに、アメリカは、理系的インテリジェント・プア(私の造語だけど)みたいな人を少なからず抱え込んでいた訳である。もちろん、アップル、マイクロソフト、グーグルみたいな元ベンチャーは、例外である。こう書いてみると、例外が例外というほど例外でないのだけれども。

ところが、金融工学こそが、理系的インテリジェント・プアに福音となった。ある程度金融の知識を叩き込めば、あとは、統計解析だの、微分方程式だの、お手のものである。どう考えても、場の量子論や、ロケットの設計よりは取り組みやすい。なにしろ、間違えた答えを出しても誰も本当に間違いかどうかが分からない。そんなことはどうでもよくて、理系的インテリジェント・プアとって垂涎だったのは、下手したら数億円にも相当する年収だった。地道に研究職をやっていると生涯賃金にも匹敵する額が、年収として得られる。

一方、理系的インテリジェント・プアの対極の文系的インテリジェント・プアはあまりいない。なぜなら、文系的インテリジェンスがあれば、典型的にはハーバード・ビジネス・スクールである、MBAの学校に行き、いきなり、ジャンプ・スタートできる。

大学にあっても、工学系の教授たちは、知的財産に目覚めて、特許を武器にベンチャー企業を興したり、特許ライセンスで巨額の富を稼ぐ者もあらわれた。

こうして、知能=富の図式がアメリカでも出来あがったのは、ほぼ10年前だろうか。外資系にいる私がその雰囲気の中にいるので、日本で知能∝富でない例をみると、ふと違和感を感じてしまうのかもしれない。

それでも先日のNHKの番組の、金融恐慌の特集で、能力ある者が能力を活かして稼ぐのが何故悪い、そうやってのびのび稼げるようにすることが資本主義を復活される秘訣なのだというあまりにもナイーブな調子にも、私はついていけない。それはまるで、冷戦で、がんがん核開発競争することが均衡をもたらして平和につながるのだ、という意見にも似ている。

しかし、本来、富に還元できる知能の部分は多くない。だから、研究者は、清貧を覚悟すきべなのである。私は、理系的インテリジェント・プアを理系的インテリジェント・リッチに変換する、クオンツのキャリアに疑問をもつ。それが、やっかみでないという証明は、どうしてもできないのだが。

深浦の弱点

| コメント(0) | トラックバック(0)

深浦王位が木村八段の挑戦を受けて二連敗している。さもありなんと思うのは次ような理由による。

今から約1年くらい前だろうか、深浦王位が羽生の挑戦を2年連続で退けた。インタビューでそのことに言及された深浦は、実は、羽生さんよりも森下さんの方が嫌なんです、と発言した。

それは本音であって、棋界では唯一と言ってよいかもしれないが、深浦は、羽生とほぼ五分の実績を残している。そのことを凄くないと思う棋士はいないだろう。一方、全盛期を過ぎたはずの森下に対しては、なぜか深浦は、かなり負け越している。森下に対する苦手意識を隠すこともない。それは特に兄弟子だから、という訳ではないだろう。

森下といえば、地道で着実な棋風として知られる。深浦はどうも、こういう地味系を苦手とするようである。

さて、棋界で今乗っている地味系といえば、千駄ヶ谷の受け師、こと、木村八段である。王位戦の始まる前に、深浦王位が囲碁・将棋ウイークリーに出演して、挑戦者が木村八段に決まりましたが、と話題を振り向けられると、なぜか深浦の顔が引きつっているのである。木村との対戦成績はほぼ五分なのに、最近では三連敗している、ということだった。この三連敗と上記の二連敗を合わせると、都合五連敗、ということになる。ますます、地味系、木村に対する苦手意識が昂じるのではないだろうか。深浦は正直なので、木村さんが挑戦者に決まってから、いつも木村さんのことばかり考えています、と告白する。

深浦はなぜか、A級に昇級するたびに即降級している。これも、深浦の地味系苦手の棋風で説明がつく。というのは、A級に昇級するということはコンスタントな勝率を上げなくてはならない。爆発的に連勝するけど、連敗もする、ではいけない。すると、A級は、地味系の棲家になり勝ちである。森内しかり、丸山しかりである。こういう地味系に気を取られていたら、佐藤や郷田、谷川などの猛者に倒されたりする。A級は油断がならない。

一方、郷田や佐藤、森内は、○○系が苦手というような明確な苦手をもたない。そういう人は、残留率が高くなる。

ところで、なぜ深浦が地味系を苦手とするのだろうか。それが簡単に分かるなら誰も苦労しない。ただ、地味系に対して、深浦は、待ちきれずに動きすぎるのではないだろうか。もともと作戦家なのである。ただ、作戦家である割には、自分から動いて手を作るのがあまり得意ではないのかもしれない。

深浦とは違うのだが、明確な苦手棋士をもっているのが、竜王の渡辺である。私の記憶が間違いでなければ、久保には1勝7敗、深浦にも、2勝4敗程度に負け越している。こういう明確な苦手をもつことが、渡辺のA級への道の障害になっている。

そういえば、かつて無敵を誇った大山は、中原への苦手意識から、次々とタイトルを明け渡した。そう考えると、比較的苦手かもしれない深浦や渡辺にもほぼ五分の星をキープし、明確な負け越し棋士がいない羽生は偉大だと改めて感じる次第である。

死刑執行

| コメント(2) | トラックバック(0)

もう2年以上も前に、死刑確定と私のブログに書いた山地悠紀夫被告であるが、本人が望むとおりに死刑が確定し、本日死刑が執行されたという。以下、産経新聞Webからの引用:

「どちらが先に逝くのかと心配していた」。平成17年11月、大阪市浪速区で姉妹を殺害した山地悠紀夫死刑囚(25)の死刑が執行された28日、姉妹の父、上原和男さん(60)が取材に応じ、「人間として最低の言葉かもしれないが、望んだ結果だった。それ以上でも以下でもありません」と静かに語った。

奈良県平群町の住宅街にある姉妹の実家。白い布に包んだ姉妹の遺骨は、事件から4年近くたった今も納骨しないまま仏壇に置かれている。

事件後、妻の百合子さん(55)はほとんど外出しなくなり、和男さんも体重が15キロも落ちた。髪は真っ白になり、右目の視力も悪化、昨年7月には脳梗塞(こうそく)で倒れた。「私の方が先に逝ってしまうかもしれない」。弱気になり、ふさぎ込んだこともあったという。

公判では極刑を訴え続けたが、「これで2人が帰ってくるわけではないし、怒りや悲しみが和らぐこともない」。山地死刑囚は19年5月に刑が確定。担当弁護士には「6カ月以内に執行してほしい」と訴えていたという。

上記引用したブログを書いた時期は、あの呆れてものも言えない、光市母子殺害事件の広島高裁差し戻し公判が進行中で、高裁に控訴するなど手を尽くせばもう少し生きれるし、無期懲役の可能性もゼロではなかったのに、地裁レベルの死刑判決を受け入れる山地被告の潔さについ感心したものだったが、こうして遺族の無念の様子を知ると、そんな感心なんてとんでもない、と改めて思う。

ただ、「6カ月以内に執行してほしい」という山地死刑囚の言葉は明らかに、つい出来心で殺人を犯した自分に嫌気がさしたものと思われる。それで、早めに人生をリセットしてしまいたかったのだろうが、死刑は法務大臣の決定を要するので、いくらなんでも6カ月以内なんて無理である。

それでも、死刑確定から2年2ヶ月での死刑は、異例の早さではないだろうか。

ちなみに、本日死刑になったのは、山地悠紀夫以外に、自殺サイトで知り合った男女を殺害した前上博(40)(大阪拘置所)、中国人男女6人を殺傷した陳徳通(41)(東京拘置所)の都合、3死刑囚であった。

どんな経緯であれ、どんな理由であれ、法の名の下に人が人を殺す権利があるのか、という基本的な問いは多くの人の心によぎるのではないだろうか。

掃き出し法

| コメント(0) | トラックバック(0)

3x + 2y - z = 3
4x - 5y + 3z = 15
x + 6y - 9z = -1

という三元連立方程式を解くということになると、どのように計算するだろうか。いろいろ方法はあるが、例えば、1番目の式から、z = 3x + 2y - 3を得て、それを2番目と3番目の式にそれぞれ代入する。すると、
13x + y = 24
-26x -12y = -28
となって、その1番目の式を2倍して、2つの式を足すことにより、-10y = 20
これから、y = -2, x = 2そして、z = -1を順次得る。

しかし、どの式との組み合せがよいかと考える方法は、ヒューリステックスであって、コンピュータの計算には馴染まない。そこで、一番簡単な連立方程式を解く方法である、掃き出し法を実際にコンピュータにやらせてみて、実況中継してみる。

掃き出し法を適用するには、まず、N×(N+1)の行列に並べる。

 ----------------------------------------
    3.00,    2.00,   -1.00,    3.00
    4.00,   -5.00,    3.00,   15.00
    1.00,    6.00,   -9.00,   -1.00
 ----------------------------------------

このように行列を用意して、次の擬似コードのようなアルゴリズムを適用する。
n = 1;
while ( nがN以内 )    {
 n行を、(nn)成分を1にするように正規化する; // これにより、n行のnn列が1になる
 j = 1;
 while ( j <= N and j != n ) {
  j行から、n行×(nj)成分を引く; // これにより、j行のnj列が0になる
  j = j + 1;
 }
 n = n + 1;
}

 すると、行列の成分は、下記のとおり遷移する。

step 1
 ----------------------------------------
    1.00,    0.67,   -0.33,    1.00
    4.00,   -5.00,    3.00,   15.00
    1.00,    6.00,   -9.00,   -1.00
 ----------------------------------------
step 2
 ----------------------------------------
    1.00,    0.67,   -0.33,    1.00
    0.00,   -7.67,    4.33,   11.00
    1.00,    6.00,   -9.00,   -1.00
 ----------------------------------------
step 3
 ----------------------------------------
    1.00,    0.67,   -0.33,    1.00
    0.00,   -7.67,    4.33,   11.00
    0.00,    5.33,   -8.67,   -2.00
 ----------------------------------------
step 4
 ----------------------------------------
    1.00,    0.67,   -0.33,    1.00
    0.00,    1.00,   -0.57,   -1.43
    0.00,    5.33,   -8.67,   -2.00
 ----------------------------------------
step 5
 ----------------------------------------
    1.00,    0.00,    0.04,    1.96
    0.00,    1.00,   -0.57,   -1.43
    0.00,    5.33,   -8.67,   -2.00
 ----------------------------------------
step 6
 ----------------------------------------
    1.00,    0.00,    0.04,    1.96
    0.00,    1.00,   -0.57,   -1.43
    0.00,    0.00,   -5.65,    5.65
 ----------------------------------------
step 7
 ----------------------------------------
    1.00,    0.00,    0.04,    1.96
    0.00,    1.00,   -0.57,   -1.43
    0.00,    0.00,    1.00,   -1.00
 ----------------------------------------
step 8
 ----------------------------------------
    1.00,    0.00,    0.00,    2.00
    0.00,    1.00,   -0.57,   -1.43
    0.00,    0.00,    1.00,   -1.00
 ----------------------------------------
step 9
 ----------------------------------------
    1.00,    0.00,    0.00,    2.00
    0.00,    1.00,    0.00,   -2.00
    0.00,    0.00,    1.00,   -1.00
 ----------------------------------------

最後の行列の右端列が解である。

これを眺めていると、step 4あたりで、-0.57(小数は短縮表示されている)という、分数形が不明の小数があらわれて、見ている方は、おいおいきちんと収束するのか、と少し慌てる。その不安は、step 8まで続き、step 9になって結果をみて安心する。

このように、ヒューリスティックでない方法というのは、見ていて非自明で、典型的にはコンピュータ将棋などにそれを感じる。また、一見コンピュータのやることは冗長にみえる。しかし、どんな場合でも斉一的に対応できる、という長所がある。

また、N元の連方程式に対しても、N×Nのステップで済むという点で、Nがあまり大きくなければ、素朴な掃き出し法も、意外に悪くないということになる。上記のアルゴリズムで、実際的に配慮するのは、(nn)成分がゼロになっている場合である。この場合は、列を入れ替えるなどの追加の配慮が必要になる。

メタボの原因

| コメント(5) | トラックバック(0)

メタボの原因は何だろうと聞いたら、誰でも、食べすぎ、運動不足、高カロリー食の摂取、加齢による代謝の低下、など挙げるだろう。ところが、メタボの原因がTリンパ球だというのだから、ちょっと驚きである。以下、読売新聞Webからの引用:

内臓に脂肪がたまると、そこに体内で免疫を担う「Tリンパ球」が集まって炎症を引き起こし、高血糖などのメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)につながることを、東京大学の永井良三教授らのグループがマウスを使った実験で突き止めた。

Tリンパ球の働きを抑えるメタボ治療薬の開発に道を開くと期待される。26日発行の米科学誌ネイチャー・メディシン(電子版)に発表した。

永井教授らは、高脂肪食で太ったマウスの脂肪組織に「CD8陽性T細胞」とよばれるTリンパ球が集まり、炎症を引き起こすことを確認。このTリンパ球の働きを抑えたところ、炎症が改善し、インスリンの働きもよくなって血糖値が下がった。Tリンパ球を持たないマウスに高脂肪食を与えても、炎症は起きなかった。

永井教授は「Tリンパ球の働きをうまくコントロールする薬を開発できれば、メタボリックシンドロームに伴う生活習慣病などの治療に役立つだろう」と話す。

これに関して、ちょっと思い当たる節がある。それは、何かの記事で、長生きする男性は、体臭が強くて小太りと読んだことがあることである。体臭はさておいて、小太りというのはメタボのことであり、すると、上記の説からいくと、小太りということは、Tリンパ球の働きが強くて、よって病気になりにくい、従って長生きということにならないか。

もしそうであるなら、メタボを防ごうと、下手に「Tリンパ球の働きをうまくコントロールする薬」を摂取しようものなら、却って免疫系の働きを阻害して、寿命を縮めることにならないか。

これは、高コレステロール症に関しても、いえる。コレステロール値が高いからと、下手にコレステロールを低下させる薬を摂ると、却って寿命を縮めることが知られている。徒に長生きを願うのは煩悩だと思うが、メタボだの、高コレステロール症だの、表面的な事象にとらわれ過ぎて、体の本質を見失ってはいけないと思う。

B級戦犯

| コメント(0) | トラックバック(0)

B級戦犯といっても、モンテンルパ収容所に入れられた人達のことではない。ここでは、会社の話をする。

ある規模の会社だと、必ず中間管理職という地位がある。典型的には、部長と平社員の間の課長というところである。さて、普通は部長がいきなり平社員に指示するということはあまりなく、大抵は課長に指示し、課長が部長の指示を部下の平社員に伝え、それによって、平社員が動く、という具合である。

それはある意味、伝言ゲームなのであって、もし真性の伝言ゲームであるなら、オリジナルの部長の指示を加工せず、そのまま部下に伝えられる課長が、優れた課長、ということになる。そのまま部下に伝えるだけなら、なにも課長は要らないではないか、直接部長から部下に指示した方がいいのではないか、というのは、確かに1つの真理であるが、しかし、ある部に100人の社員がいて、課長が10人いて、各々の課に9人乃至8人の課員がいるとしたら、部長が100人に向かっていきなり指示するのは、ちょっと無理がある。そこで、伝言役としての課長という役割も、組織通信ネットワーク学上意味がある、ということになる。

ただ、だからといって、いつもいつも、部長の指示をきちんと理解してそのまま部下に指示する課長が優秀かというと、多分ちょっと違う。会社ではなく軍隊であったとしても、師団長の指示を、連隊長がそのまま部下に命令することは適切とは限らない。なぜなら、師団長は、各連隊が直面している敵の状況を正確に把握しているとは限らないからである。すると、優れた連隊長は、師団長の命令を、もとの趣旨を損なわない程度に状況にあわせてうまく翻案して、末端の兵士に命令する。

これが機能するなら、組織は、会社であれ、軍隊であれ、うまくいく。ところが、師団長なり部長なりの命令には有無を言わせない種類のものもある。例えば、会社であれば、○月○日までに、××の製品を完成すべし、などというものである。ライバルとの関係でそれが必須であるなら、是非もない。課長なり連隊長は、いささかも命令を翻案することは許されない。だから、絶対の命令なのか、ある程度融通の利く命令なのか見極めるのも、課長の重要な能力である。

ところが、英語でimperativeと書く、権威主義的な部長というのはどうしてもいる。そういう部長は、どんな場合も、課長が自分の指示なり命令なりを変更することを許容しない。少しでも変更しようものなら、激怒する。そういう性質をもつこと自体、部長としての資質に大いなる疑問がある、ということになるが、困るのは課長である。部長の指示の中には明らかに適切でないものもあるのに、絶対と毎回言われているので、翻案しないで部下に命令するよりない。すると、場合により、部下が非常な苦境に陥ることがある。

そこで課長に責任があるか、というのが会社におけるB級戦犯問題である。刑法の期待可能性の理論によると、軍隊では、命令に背くことは非常に難しいので、期待可能性がなく、従って、課長たる連隊長には罪がない、というものである。ヤクザ社会でも、それに近いといえる。

では、普通の会社組織では、というと、流石に、部長の命令に背いたからといって軍法会議に類する懲罰は普通受けない。すると、課長に少し、期待可能性が生じてくる。そこで、課長は、自らの判断で、場合により敢えて、部長の指示に反論あるいは抵抗すべし、ということになる。それは最悪、部長によってクビにされるリスクを負うが、仕方がない、ということである。トラックの運転手に、スリップして横転のリスクが常にあるのと同じである。職業、あるいは地位に固有のリスクである。

私の経験を言うと、かなり強引で手に負えない上司をもった経験がある。そのとき私は中間管理職だったので、まさにB級戦犯問題に直面した。ところが私は気が弱いので、きちんと上司に筋道立てて反論する勇気がなかった。そこで、不承不承、上長の適切でない指示を、部下に流した。

そこで当然部下は不満をもつ。実際は部長から来た指示だと分かっていても、課長である私に直接に不満をぶつけてくる。そこで私が採った手は次のとおりである。

まず、自分はこの指示にあまり賛成でない、と正直に告白する。もし部下の中に、部長とつるんでいる奴がいて結託されたら、私は無事ではありえない。それでも、私は敢えてそう告白した。そして、それでも会社組織なのです、私も一緒にみんなと取組みます、と更にいう。

それで部下の態度が軟化すると考えると甘い。そこで私は、部下の人達と同じミーティングに出て、管理職といえども、実ワークの一部を担当するのである。それによって、目線が近づき、少しだけ部下の人達の意識が和むのを感じる。

それでも、そこまでやっても、部下からのフィードバックコメントは厳しい。なかなか許してもらえない。ただ、そうやってかろうじてB級戦犯は逃れているのかな、と周りを見回すようにして、思いを凝らす。

本当にB級戦犯でないかどうかは、部下が決める。直近の上司として矢面に立つなら、そういう軋轢は仕方がない。また、上司から左遷を命じられる可能性があるのも仕方がない。

こうなるのも、上長が無理な指示をして、且つ許容度が狭いからである。そのときは課長は、運が悪いと諦めて人生の修行だと開き直るしかない。でも、部下にさらに辛く当たって、間違ってもB級戦犯になってはいけない。本当に大変だが、それこそが中間管理職の要諦なのである。

クレジットマスター

| コメント(0) | トラックバック(0)

(週刊朝日 2009年07月31日号掲載) より引用の記事であるが、クレジットマスターなるものがあるらしい。以下、引用:

このあまり聞き慣れない犯罪手口がにわかに注目を集めている。この7月7日、国内初の逮捕者がいたことが明らかになったのだ。

私電磁的記録不正作出・同供用と窃盗などの容疑で、大阪市の無職の女(21)が警視庁中野署に逮捕、起訴された。警視庁は女の交際相手で無職の男(47)についても、同容疑で逮捕状を取っている。

二人は昨年7月、クレジットマスターで他人名義のクレジットカードの番号を割り出し、インターネットの通販会社から家電約20万円相当を購入した。利用したのは、やはりカードの番号と有効期限だけで買い物できるサイトだった。

警視庁では、二人が60枚以上のカード番号を割り出してネットで総額1千万円以上の家電などを購入、オークションサイトで転売したとみて調べを進めている。

また、7月15日には、元暴力団組員の男(35)が警視庁と北海道警に逮捕されていたことがわかった。男もやはり「(カード番号を割り出す)計算方法を知っていた」と供述。今年4月、不正に入手した7人分のカード番号を使って、大手旅行サイトから札幌市内のホテルの宿泊予約代金(計54万8千円)を決済し、支払いを逃れていた。

男は他人の郵便受けなどから番号の下4ケタが伏せられたカード会社の明細書を盗み、記されている12ケタの番号を特殊な計算式に当てはめて正確な番号を割り出していた。押収されたパソコンからは、約2千件のカード番号が見つかった。

この事件の内容を読んで唖然としたのは、犯人の手口というよりも、カード会社の数学的ナイーブさある。どうして、下4ケタがチェックディジット的になるように数式を定めておきながら、下4ケタだけを伏せて他の番号を公開する仕様にしたのだろうか。

また、どうして12ケタの番号を計算する特殊な計算式がばれてしまったのか。あるいは、元カード会社のSEが知り合いにいるのだろうか。

このカード番号であるが、以前は、クレジットカードで物を買うと、伝票には、全桁の番号が印字されていた。そこで私は、伝票をふと床に落としてしまわないように細心の注意を払った。そうしないと、拾った人に、カード番号を悪用されてしまうからである。

ところが最近のカード決済の明細伝票には、カード番号の下4桁だけが表示されている。これだと、私のカードで買ったということは分かるが、流石に下4桁からはカード番号全体を割り出すことはできないので、一応安全である。

こうしてみると、12ケタの番号を郵便物などに表示してしまう仕様は、まだ生きているものの古い仕様なのかもしれない。

さて、なんでもそうであるが、クレジットカードの番号も、その全体の桁をNとして、ある整数関数φが存在して、Nを、N1とN2に分解し、φ(N1) = N2のようにしておくのが望ましい。こうすることで、コンピュータは、Nが入力されたとき、φをつかって、それが妥当なクレジットカードの番号かどうかを判定することができる。

一方で、表示する妥当な部分桁N2というのを考える。それは、ξ(N2)=Nとなるξが存在しないように選ばれなくてはならず、その意味で、上記12ケタの番号は、失格である。

それでは例えば、クレジットカードの番号全体16桁を、1桁おきに開示したらどうか。これだと8つの文字を開示するので、確認性は高いし、チェックディジットが上位12桁から計算された下4桁という仕組みになっているなら、一応、数学的に安全である。

ただ、数字を開示しすぎると、伏字のところにランダムに数字をあてはめてまぐれ当たりを狙うアルゴリズムも問題になってきそうである。よって、やはり下4桁あたりを開示しておくのが妥当なのかもしれない。

ともかく、初等整数論を駆使すれば、いくらでも、部分開示して確認可能な安全な実装方法がありそうなものであるが、それしても、カード会社はダサい方法をとっているものだと、改めて呆れる次第である。

3と4

| コメント(2) | トラックバック(0)

一数学ファンとして、数学を傍から眺めていて、不思議なことがある。それは、3と4の関係である。ここで、3だの4だのというのは、例えば、次数とか次元と考えてもよい。

典型的には1次の連立方程式を考えれば分かるように、3元1次連立方程式よりは、4元1次連立方程式の方が複雑である。人間が手計算で解くとしたら、3元1次連立方程式はまあ、なんとか計算しようという気になる。しかし、4元1次連立方程式だとちょっと引いてしまう。変数が4つもあって、次第に消去していくのが面倒である。

代数方程式の代数解もそうである。カルダノによる3次方程式の公式というのがあって、これに従って解を求めるのはかなり面倒であるが、4次方程式だと公式は、もっと複雑である。5次以上だと一般の代数解がないというのが、ルフィニ・アーベルの定理であるが、それは別のストーリーなので、ここでは深入りしない。

このように、次数や次元が増えていくほど複雑になるので、3よりも4の場合の方が複雑、というのが数学で一般的に言えそうである。

と思っていたら、それに待ったをかける一番手が、ゼータ関数である。オイラーは、ゼータ関数ζ(s)で、s=2の場合をπ2/6と計算し、続いて、s=4の場合も、π4/90と計算した。なるほど、凄いではないかと思いつつ、誰でも、ではs=3の場合は?と問うのではないだろうか。ところが意外にもs=3の場合に、分かりやすい表示式が存在しないのである。ここで忽然と、3の侮りがたさがあらわれる。

二番手は、フェルマーの定理である。フェルマーの定理「XN+YN=ZNはN≧3で整数解をもたない」は、1994年にワイルスによって肯定的に解かれたが、初期の、オイラーの時代の頃は、N=3から始めて、順次証明して一般化していく計画であった。ところが、オイラーの最初の証明は、N=4の場合で、1747年のことである。オイラーがN=3の場合を解いたのは、1770年で、なんとN=4の場合から26年もかかっている。明らかに、N=3の場合の方がはるかに困難、ということである。オイラーさん、随分時間がかかってますね、と問うと、おいらはフェルマーの定理ばっかり考えていたんじゃありんせんぜ、と応えるかもしれないが。

ところが、どけどけ、お前達は生易しすぎる、と鳴り物入りで登場するのが、ポアンカレの定理である。フェルマーの定理やゼータ関数に対して、そのような生意気な口を聞けるのはいい根性であるが、確かに、3か4か、という議論だと、ポアンカレの定理の言い分は分かる。以下、その言い分を聞く。まず、ポアンカレの定理とは、トポロジの分野におけるもので、「単連結なn次元閉多様体は、n次元球面に同相であろう」というポアンカレ予想として始まった。ここでも次元の常識というのはあって、高次元の方が困難だろうという常識を一気に覆して、1961年にスメールが、nが5以上の場合のポアンカレ予想を肯定的に解決した。これで、3の場合との4の場合が取り残された。2以下は自明だからである。これで、3と4は、カップルよろしく、やっと二人きりになれたね、と囁き会うのだろうか。とんでもない、3と4は、カップルどころか、プロレスでいえば、最強のタッグチームなのであった。

すなわち、ポアンカレの定理というか、ポアンカレ予想において、交差解消の理論において、与えられた閉曲線を境界にもつディスクが多様体の中で張られなくてはならないが、多様体の次元が4だと、それが使えない。よって、4という次元には、新兵器が必要なのであった。それをようやく開発したのがフリードマンで、スメールの結果に後れること20年の、1981年にようやく、次元が4の場合の肯定的な証明を与えた。

さて残るは3である。本間龍雄「ポアンカレ予想物語」日本評論社 1985年によれば、高次元ポアンカレ予想で有効であったハンドル体の理論は、3次元ではヘゴール分解の理論となるが、ヘゴール分解の与える代数的情報は、生成元と関係式で、解決に十分な情報ではない、というものである。数学セミナーの上記特集によれば、その他にも、3次元球面中のリンクのデーンの手術として問題を与えるのか、分岐被覆空間として与えるのか、4次元多様体の境界として与えるのか、三角形分割として与えられるのか、3次元球面からの適当なホモトピー同値写像として与えるのか、などいろいろな出発点があるが、どのトポロジー的な手法から出発しても、いいところまではいくのだが、必ず行き詰るのだそうである。

すなわち、本間龍雄の言い分によれば、トポロジストがどんなにトポロジストらしく振舞っても、次元が3の場合のポアンカレ予想は、証明できない、ということになって、一時は絶望視されていた。もしかして、リーマン予想と同程度に絶望視されていたのかもしれない。

そこに彗星のごとく登場したのが、ベレルマンである。2002年に、3次のポアンカレ予想を証明した、と宣言して世間の度肝を抜いた。べレルマンの手法は、次のように概説される。単連結3次元閉多様体上に、リーマン計量を与える。そこで、リッチ・フローを走らせれば、本質的に大域的な障害が起こらず、球面の標準計量に収束するのだという。ただ、初期計量では、何度もリッチ・フローが止まるので、そこに現れる特異点を手術し、リッチ・フローを続けさせる工夫が必要であって、そこにべレルマンの苦心がある。これはまさに、本間龍雄の予想どおり、非トポロジー的手法であった。

リッチ・フローという手法自体は、べレルマンのオリジナルではなく、アメリカの数学者、リチャード・ハミルトンによって、熱流の問題を幾何学に応用することによって、発見されたものである。ここで、リッチとは、レヴィ・チビタとならんで、初期のリーマン幾何学の創設者の一人であり、ハミルトンが利用したのは、リッチ・テンソルと呼ばれる縮約された曲率テンソルである。

さらに述べると、べレルマンが利用したのは、リッチ・フローの局所非崩壊性である。この局所非崩壊性によって、単調性が保証され、以ってリッチ・フローを続けさせるため、特異時刻での手術を行うことが可能となる。

話がオーバーランしてしまったが、3次のポアンカレ予想証明の困難は、3次元の困難性を示唆するのに十分すぎる例である。

ところでまだ脱線して、仏教思想では、この世の一切は苦ということになっている。これも考えようによっては、この世の3次元性に根ざしているとみることもできる。

そこで、金星人オムネク・オエクは、アセンション(次元上昇)を説く。地球が3次元からアセンションすることによって、いくつかの困難が解消されるであろう。そこにはまた新たな困難はあらわれるが、少なくとも物質性は多少は滅却されるのではないか、という楽観論で締めくくっておく。なんのこっちゃ、という反応はそれはそれで、極めて正常である。

評価基準

| コメント(0) | トラックバック(0)

昔管理職をやっていて思ったのは、あまりにも当然かもしれないが、部下をというか、組織をある方向に導くということがとてつもなく難しい、ということである。

斯く斯くしかじかの業績を上げるように努力しなさいと管理職が言っても、はい頑張りますとは部下は口では言うが、少しでも楽をしたいのが人間の本性で、目に見える業績は上がらない。

ところが、組織にあって、ある方向に導くマジックがあるのであって、それは評価基準を定めることである。すなわち、組織にあって、A、B、C・・・などさまざまな能力や達成度の要素があるが、特に、今後管理職に登用するには、Aという面で、α程度のレベルに達する必要があると示し、現実に評価され昇進していく人は確かにそういう面のスキルをもっているとみんなに納得させると、組織はその方向に向けてベクトルが揃う。

すると、物理学の自発的対称の破れではないが、組織は驚くほどの速度とパワーで、そちらの方向に進化し、特化する。そのような評価喜基準を設定した上位管理職も意外なほどとなる。その際、評価喜基準を設定する上位管理職が口が裂けても言ってはならないのは、A以外のBやC・・・などの仕事が重要でない、という発言である。内心はAに力点があり、BやCはどうでもいいと思っていても、必ず、「もちろん組織の業績として、BやCが重要であることは論を俟たない。しかし、いまの時流にあって、まずAをきちんとこなすことが組織にあって求められている。それとともに、BやCにも力を注いで戴きたい。」というように発言すべきである。

これに応答して、組織に属する多くの人たちは、間違いなくAを重んじる。BやCはほとんど軽視する。なぜなら人間の頑張れるリソースは有限であり、頑張っても評価されないことが分かっているBやCにはエネルギを注がないからである。

ところが、BやCは得意であるがどうしてもAは苦手な人はどうするか。他社や他部門でBやCで活躍できる人は、間違いなく組織を去っていく。ここにいては、芽が出ないことが明らかであるからである。

去れない、すなわち、居場所を他で見つけられない人はどうするか。仕方なく組織に残って、不承不承Aにも手を染め、鬱屈の日々を過ごす。

こういうことが続くと、比較的短時間に、組織においてAに特化した人が幅を利かせ、組織のスキルのバランスが悪化する。

さらに、こういう状況では、Aに特化した人が管理職に登用されるが、そういう人は高い確率で、B、Cなどの十分なスキルがない可能性がある。なぜなら、その方面で評価された訳ではないからである。ところが、一旦管理職に登用されると、全般に責任をもつので、当然にBやCも責任範囲ということで、よほどその分野に詳しい人のアドバイスを容れない限り、不適切な判断をしてしまいがちである。

このように、1つの評価基準の設定は、一歩間違えると、死に至る病となりえる。しかも、それはオートノミックなプロセスで、一々ドライブする必要がない。究極の組織の力学系である。

これを防ぐにはどうするか。それは上位管理職が、評価基準に揺れと多様性を導入するしかない。また、属人主義によらない、可能な限りの客観的な評価を心がけるしかない。

問題は、再び言うが、評価基準によってドライブすることのオートノミシティである。すなわち、上位管理職は、いわゆる神の見えざる手で、一度だけドラを鳴らせばいい。すると、物理的必然のように、自発的対称の破れが始まる。その結果、組織が荒廃しても、よほどの慧眼でないと、上位管理職に非があると誰も認めないであろう。

ただ、そうなる組織の構成員にも実は問題がある。すなわち、実はそこで組織の構成員に要求されるのは、やり過ごしのスキルというか柔軟性、ということになる。

私の知っているやり過ごしの最大の例は、インパール戦の佐藤師団長である。佐藤は作戦前に第15軍の会議にて補給の困難を主張したが、全く相手にされなかった。それでも健闘よくコヒマは占領したものの、ついに物資不足を危惧し撤退を進言するに至った。しかし、牟田口らの上層部は、物資供給の要求に全く応じないのみならず、ただ戦闘の継続のみを命令するので、佐藤師団長はついに5月末日でのコヒマ放棄と主力の撤退を独自に決断し、部下の宮崎繁三郎少将に遅滞戦闘を命じた。これにより、どれだけ無謀な作戦で兵士が犬死することが避けられたであろうか。そして、軍命に背いて戦線離脱した佐藤師団長が軍法会議にかけられなかったのは、上層部の一片の良心なのだろうか、それとも組織の機能不全なのだろうか。

ともかく、組織運営の難しさの一端をメモしてみた次第である。

リーマン予想

| コメント(8) | トラックバック(0)

リーマン予想について一度自己用のメモを作っておこうと思っていたら、最近、「リーマン予想は解決するのか?」黒川信重/小島寛之、青土社という格好の本が出た。それで、この本と手許のいくつかの本をベースにメモしてみる。

数学の難問の最高峰とされるリーマン予想であるが、その淵源は、17世紀のベルヌーイ家あたりに遡るらしい。ベルヌーイ家は、1/12+1/22+1/32+... のような無限級数の値を考えていて、それが簡単に解けないので思案していた。ベルヌーイ家はバーゼルにいたので、それはバーゼル問題とも呼ばれた。

ここで颯爽とあらわれたのが、天才オイラーであった。オイラーは苦心のすえ、1/12+1/22+1/32+... の値をπ2/6と計算した。単なる普通の整数の逆数の無限級数にπが出てくるとはなんとということだ、とオイラー自身も感嘆したことに違いない。オイラーは、2乗の場合だけでなく、4乗の場合も計算した。ただ、黒川信重氏によると、奇数乗の場合の級数の値はとても難しいそうである。

オイラーはもちろん、この計算だけに満足したのではない。下記のような一般的なs乗の場合に無限級数の式を一般化した。

さらに非自明にも、オイラーは、無限級数の積表示を与えた。この積表示の特徴は、和表現が自然数全体を亘るのに、なんと素数だけを飛び飛びに亘ることである。なおここではまだ、ゼータ関数という呼び名はない。それを与えたのは、後年のリーマンである。

ところで、18世紀には、ガウスなどによって、素数分布に関心がもたれた。素数分布とは、ある自然数nを与えたとき、nまでの素数の個数を与える関数π(n)を考える、ということである。ここのπは、円周率とは何も関係ない。ガウスはそれを、おおよそn/logn程度だろうと予想した。

一方で、ディリクレは、解析的数論の礎を築いた。例えば、4n+1のように記述することのできる素数が無限にあることを証明した。

19世紀に登場したリーマンは、このような背景で、素数分布の問題に解析的数論を適用しようとした。そこで着目したのが、オイラーによって定式化され、自らの命名になるゼータ関数である。リーマンはまず、解析的接続により、ゼータ関数を複素数まで拡張した。すなわち、下記のsが複素数の範囲にひろげられた。

さらなる研究によって、リーマンは、π(n)を、ゼータ関数の零点の和と書き下した。そこで、リーマンは予想する。ゼータ関数の本質的零点は、実部がすべて、1/2である、というものである。それを示唆するのは、ζ(s) = ζ(1-s)のようなゼータ関数の性質にある。式で書くと、次のようになる。
∀s∈C, ζ(s) = 0 ⇒ Re(s) = 1/2

この式をみて、それの証明が超絶的に難しいとは直感的には思えない。実際、スチルチェス積分で知られているスチルチェスは、リーマン予想を証明できた、と勘違いした。ヒルベルトも、その23の問題において、リーマン予想を、フェルマ予想よりもずっと早く解けると認識していた。

20世紀になって、ラマヌジャンを見出したことで知られる、イギリスのハーディが、リーマン予想上で、画期的な業績をあげた。実部がすべて、1/2である本質的零点は、無限個ある、という証明を与えたのである。ところが、余計なことに、ジーゲルがリーマンの遺稿を整理していて、ハーディのその実績と同じものを発見した。ハーディは、リーマンの掌上で踊っていたのである。

リーマン自身に対する本質的な進歩を示したのは、セルバーグであった。1942年に、セルバーグは、実部がすべて1/2である本質的零点が全体の何%を占める、という実施的割合を与えた。測度論的にいえば、ハーディが与えたのは、合わせても測度0である。セルバーグによって初めて、測度0でない、実部がすべて1/2である本質的零点の割合が与えられた、ということになる。

ゼータ関数については、リーマンのゼータ関数から分岐して、アンドレ・ヴェイユなどによって与えられた合同ゼータ(有限体上のゼータ)、セルバーグ・ゼータなどがある。これらの上では、リーマン予想に類似するものが既に証明されている。もう1つハッセ・ゼータ(Z上のデータ)があり、ここの上での研究が、本来のリーマン予想の解決につながると見られている。

ところが最近になって、黒川信重氏などによって、モノイド(F1)上のゼータが提唱され、これが、リーマン予想解決の糸口を与えるのではないか、と考える一群の人がいるようである。しかし、事情のさっぱり分からない一アマチュアとしては、ただ黙って見守るよりない。

育成の星

| コメント(3) | トラックバック(0)

Webに、ペナントレースで、巨人の快進撃は、内部育成選手に力を注ぎ始めたからである、という記事があったので、メモしてみる。

先ず、いままでの巨人のイメージ:

巨人は豊富な資金力にものを言わせて他球団の主砲を次々と獲得してきた。FAでは落合博満、広澤克実、清原和博、江藤智、小笠原道大(FA以外では小久保裕紀)...、高年俸が原因で所属球団との契約交渉が難航している外国人選手がいれば、すぐに獲得に乗り出し、ペタジーニ、ローズ、李承ヨプ、ラミレスらを入団させた。

毎年のようにそうした大型補強を繰り返すものだから、アンチ巨人派からは「強奪球団」と呼ばれ、巨人ファンからも「4番ばっかり並べてもなあ」と言われてきたものだ。

まさにそうなのであって、金にあかせて戦力を増強してきた。一方、広島カープなどは、資金難に苦しみつつも、内部で高校野球並みの厳しいトレーニングで、選手を育成してきた。それらの選手で、ペナントレースを制覇したのも遠い昔になってしまった。ひとつには、フリーエージェント制になって、広島カープは、折角育成した有望選手をどんどん他球団に引き抜かれていったことで、戦力が低下したことがある。本当に哀しいのは、そうやって戦力が弱体化したことではなく、有望選手が引き抜かれていくのを、広島カープの首脳陣が、人件費が助かると喜んでいたりすることである。それでは、広島カープは、有力選手製造工場か、といいたい。

で、巨人に戻って、ついに巨人も、育成に力を入れ始めたようである。

だが、今の快進撃はそうした他球団から来た高年俸選手に頼ったものではなく、むしろ巨人で育った生え抜き選手の活躍に支えられているといえる。野手では坂本勇人、亀井義行、松本哲也、鈴木尚広、投手では山口鉄也、東野峻、オビスポ、越智大祐らだ。

中でも頑張りが目立つのが山口、松本、オビスポの「育成」から育った選手たちである。

ただ、育成選手は、なかなか試合に出れないという問題がある。そこで:

問題は試合経験を積む場だが、巨人と千葉ロッテは今季から新たな試みを始めた。育成選手を中心とした「シリウス」という合同チームを結成し、社会人野球の企業チームやクラブチーム、独立リーグのチームなどと試合を行うことにしたのである。経験を積むのが目的のため、シリウスはDH2人を含む10人制という特別ルールが設けられ、今季は24試合が予定されている。現在まで13試合が行われ12勝1敗(敗戦は対ホンダ)。プロ予備軍としての実力を見せている。

また、これ以外でも練習試合を精力的に行っている。2軍公式戦と練習試合を含めると巨人は年間200試合、千葉ロッテは180試合あまりを行う予定だ。

中略

もちろん巨人が育成に力を入れられるのは、豊富な資金力があるからだ。その背景には地域密着の球団運営ではなく、常勝チームを作って再び全国的人気を得たいという思いもあるだろう。そうした方向性には違和感があるが、他チームの主力選手を根こそぎ獲得するこれまでのやり方よりは好感が持てる。

で、実情は、広島カープとかかなり違うようだが、生え抜きの選手を育成しないと勝てないというのは、一つの法則としていえるのではないだろうか。分かりやすい言葉ではチームワークであり、また、勝つための思考の共有である。V9の巨人はほとんどが生え抜きで、冷徹な川上イズムが浸透していた。後を継ぐ長嶋には最早、きちんとした育成体制を敷く手腕はなかった。

企業においても、ジョブホッピングだの、水平分業だのもてはやされる時代にあって、内部育成の意味を問うことは意味なしとしないのではないだろうか。

能力の分化

| コメント(4) | トラックバック(0)

世の中にはよく分からないことがいろいろあるが、例えば、こんなことがある。知り合いということもないが、ある会社に勤務する弁理士がいて、特許明細書を書いたり、意見書を書いたりするチャンスがあるのに、全くそういう実務に手を染めようとしない。それではどうするか、というと、それらは全て外部特許事務所に依頼する。勿論、特許明細書が書けないとか、意見書が書けないとか、決して洩らすことはない。本当は書きたいのだけれども、契約書のレビューやその他の会議で忙しくて、時間がとれないと言い訳して、なぜかそれが通ってしまう。

私は特許実務屋の端くれとして、上記弁理士は流石に、弁理士試験まで受かったのだから、本当に特許明細書が書けないとか、意見書が書けないなんてことはないのだろう、と推察してしまう。というのは、私は不承不承この世界に入ってきて、先輩や上司に叱られながらここまで特許実務をやってきて、うまいと褒められた記憶はないけど、とりあえず、特許庁でなんとか許されるものを書いてこれたと思っているので、質を問わなければ、努力しても特許明細書や意見書が書けない人なんている訳ないと思う。

でも、上記弁理士は、入社後3年たっても、依然としてまともに、特許明細書や意見書を1件も書いていない聞く。すると流石に、これは書けないのでは、と推察せざるをえない。

そこで私が考えた理論は、能力の分化である。すなわち、上記弁理士は、もともと特許実務に興味があったので弁理士になったのだけれども、ふと気付くと特許実務に適性を見出せず、契約のレビューなのかもしれないが、別の方に能力が分化していって、実務ができなくなってしまった、ということである。

これと似たことが私自身にあって、私は一応国立大学に受かっているので、高校の段階では受験があまり苦手ではなかったはずである(分からないけど)。ところが、大学に入って、期末試験などに異様な苦痛を覚えるようになった。それは頭が悪いからだろうと言われるかもしれない。そうでないとはいえないが、授業はよく理解できていたし、テストの結果もそんなに悪くなかったので、少なくとも劣等生ではなかった。ともかく試験が嫌なのである。このあたりから能力の分化が始まっていたようで、学者志望だった私にとって大学院に行くことは必須であったが、試験嫌いが昂じて、大学院の試験準備に挫折してしまった。試験を受けて落ちるのではなくて、準備で終わっているのだから情けない。

就職してから、ちょっと大きい町工場みたいな会社に入ったが、すると社内研修と称して、プレス機械の見学があった。理解度テストとして後日、ペーパーテストがあったが、なんと、高卒や高専卒の新入社員数十人に混じって受けたペーパーテストで、落ちたのは私だけだった。大卒で幹部候補だった私は、体調でも悪いのかと、人事に呼び出されて事情を聞かれた。でも、事情なんてない。単にそういう試験を受けたくなかっただけであった。

この試験嫌いが、私のその後の人生を、よくも悪くも(よくも、なんてないと思うけど)規定するのだけれども、試験だって、特許実務だって、天才的才能を要するものではないので、普通の能力の人が普通に努力すれば普通にできるはずである。ところが、上記弁理士や私がいい例で、一般の人が普通にできることで゛とうしても苦手なことというのが、人間は1つはあるのではないか、というのが私の立てる仮説である。そういう苦手なことを敢えて、局所的無能と呼ぼう。神経症などで円形脱毛症になる人がいるが、局所的無能を、能力の円形脱毛症と呼んでもよい。また、人間を規定するのは、得意なこと、すなわち局所的有能よりむしろ、局所的無能ではないか、というのが第2の仮説である。

すなわち人間は、とりわけ、局所的無能を補償するように人生を形作る。形作ると一層、局所的無能が際立ったりする。それでも、局所的有能が光るならまあいいとしたものではないか、というのも1つの人生訓であろう。

石橋幸緒

| コメント(4) | トラックバック(0)

先日の王座戦の予選の男性棋士対女流棋士の対抗で唯一、田中悠一四段に対して勝利した石橋幸緒であるが、なんと、7月21日の朝日杯将棋オープン戦で、武市三郎と、神谷広志を連破した。朝日杯将棋オープン戦が公式戦なのかどうか知らないが、公式戦だとすると、男性棋士に対して公式戦で三連勝は快挙である。

ただ、私の見るところ、女流棋士のナンバーワンは依然として、清水市代で、次に、里見香奈、矢内理絵子ときて、その次が、中井広恵、そして石橋幸緒とくる、と見る。

だから清水でなく、石橋というのはそういう点でも意外なのだが、数年前にNHK杯戦で3回くらい勝って勝ち進んだのがやはり清水ではなく、中井だった。だから、比較的男性に勝ちやすいパターンの女流というのはあるのだと思う。

それではそれはどういうパターンか。今週の週刊将棋の石橋-田中悠一戦の解説をみていてもよく分からないのだが、どうも中盤の優勢を、うまく終盤の勝ちに結び付けられるということなのかもしれない。いいかえると、終盤でぶれにくいということである。

ところが女流は結構激しいので、序盤から三転四転する。石橋の得意な安定的押し切り型勝ちパターンにもっていけない。すると、なかなか石橋が力を発揮できないので、女流の中ではいまいちの成績なのかもしれない。

ここらあたりの考察はほとんど根拠がない。ただ、今後の注目はどうしても、里見香奈だろう。新人王戦で、若手有望、棋聖戦では挑戦一歩手前までいった稲葉四段に勝った。里見もまた、序盤荒削りだが、中終盤で壷に嵌ると男性棋士といえども逃さないところがある。

ともかく、なんとか囲碁の女流程度には、将棋の女流も勝ってほしい。囲碁の女流は、今期のNHK杯戦で、4人が出場していまのところ2勝2敗である。特に謝依旻なんか、いい意味でとてもふてぶてしい。あのふてぶてしさが、将棋の女流棋士には見出せない。そういう意味では、石橋幸緒あたり、努力すればふてぶてしくなれそうである。

そういえば、中井と石橋という、男性棋士に強い両巨頭が日本女子プロ将棋協会(LPSA)に所属しているというのも、偶然ではないのかもしれない。

田中森一、実刑判決

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞のWebに下記のような記事があった。

依頼人から現金9000万円を預かり金名目でだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元特捜検事で元弁護士の田中森一(もりかず)被告(66)に対し、大阪地裁は16日、懲役3年(求刑・懲役6年)の実刑判決を言い渡した。和田真裁判長は「弁護活動にかこつけ、被害者の弱みに乗じて金をだまし取った悪質な行為」と指弾。一方で「何とか返還したいとの意思はあった」と減軽理由を述べた。田中被告側は大阪高裁に即日控訴した。

判決によると、田中被告は弁護士だった02年10月、違法な貸金業を営んで捜索を受けた金融業の男性から相談を受け「捜査が落ち着く03年1月末まで預かる」などと言い、9000万円を詐取した。

田中被告は71年に検事任官後、大阪、東京両地検の特捜部に所属。88年に弁護士に転身後は暴力団関係者やイトマン事件など大型経済事件の弁護を務め、闇社会の守護神と呼ばれるなどした。【牧野宏美】

田中森一氏の告白は、反転 - 闇社会の守護神と呼ばれてという彼の著書に詳しい。

田中森一氏の告白によれば、彼は、元上司であった検事に恨みを買い、嵌められたとあるが、植草一秀氏の件で、国家権力の悪というか、被告に対して同情的な立場を示す私も、流石に、田中森一氏については、叩けば埃が出る状況であったとしか思えない。濡れ手に泡のような稼ぎに甘えすぎたのかもしれないし、元上司や同僚に対する仁義も欠いたのではあるまいか。

そういえば、今Wikiをみていて気づいたのだが、田中森一氏は、2008年 2月12日 石橋産業事件で最高裁第一小法廷で上告を棄却され、これにより東京高裁の3年懲役の実刑が確定した。すると、その刑が終わらないうちに、べつの刑で告訴されたということになる。

複数の事件があるとき、すべてに告訴する必要はなく、それこそ検察の裁量だと思うが、こうやって連綿と告訴されているのは、よほど検察から恨みを買ったのだろうか。もしかして、反転 - 闇社会の守護神と呼ばれてでの暴露が、業界における掟破りだったりかもしれない。

二次電池自動車

| コメント(0) | トラックバック(0)

「カーエレクトロニクス・テクノロジー」新誠一監修、工業調査会によると、二次電池自動車は、次のように分類される。

  1. BEV:Battery Electric Vehicle
  2. HEV:Hybrid Electric Vehicle
  3. PHEV:Plug-in Hybrid Electric Vehicle
  4. FCV:Fuel Cell Vehicle

BEVというのは、いわゆる純粋の電気自動車で、三菱のiMiEV、スバルのR1eなどがある。電池としては、リチウムイオン電池が使用される。内燃エンジン車に対するBEVの長所は、二酸化炭素をほとんど出さないという点で有利である。しかし一方で、電池のエネルギー密度が低く、長い航続距離を保証できない。典型的には、リチウムイオン電池を搭載した電気自動車の航続距離は、100km程度であり、タクシーが普通、一日300km程度は走ることを想定すると、業務用にはちょっと不足である。

次にHEVは、二次電池と内燃エンジンを併用するものであり、典型的には、トヨタのプリウスがある。最近では、レクサスのHEV版も発売された。HEVの燃料低減効果は、(1) 車両停止時のエンジンストップ、(2) 減速エネルギーの回生、(3) エンジン運転条件の最適化である。HEVは、強力なモータを搭載するので、エンジンストップしたときの発進を、モータを使って行なうことができる。減速エネルギーの回生というのは、減速時熱として消費されていたエネルギを電池に充電するものである。HEVにはさらに、エンジンの駆動力を発電機を介して電気に変換してから用いるシリーズ方式と、エンジンとモータをそれぞれガソリンと電気で別個に駆動するパラレル方式と、それらの合いの子のシリーズ/パラレル方式がある。

PHEVは、HEVの電池容量を増やし、外部から充電する端子をもつものである。言い換えると、HEVは、電気をすべて内部発電で賄っているということになる。

FCVとは、電池として燃料電池を使うものである。折角燃料を積みながら、これを燃やして内燃機関に使わないで一旦発電に使うところが面白い。ただ、効率的に走る仕組みを作るのは大変で、現時点では、1台1億円くらいかかるという。例えば、水素自動車というのは、このカテゴリに入る。ただ、素朴に考えて、いきなり燃料を燃やさないで、一旦発電させることのエネルギー効率の悪さをあえて選ぶ理由はなんなんだろうと思ってしまう。

これ以外に、ソーラーカーというのもありえると思う。実際、テレビの番組で、芸能人がソーラーカーで全国を廻るという企画があった。これは、BEVの一種になるのかもしれない。実際、天気がいいと、太陽の光だけで運転できる。ただ、欠点は、充電にあまり電力を廻せないようで、曇ると結構早く、エンストに近い状態になってしまう。ということで、リチウムイオン電池と併用というのはありだと思うが、もし採用されないとしたら、ソーラーバッテリというのがとても高価で、コスト的に見合わないのかもしれない。

NASAの杜撰な管理が、物議をかもしている。以下、東京新聞Webの2009年7月17日 夕刊から引用

【ニューヨーク=阿部伸哉】人類初の月面着陸に成功した米宇宙船「アポロ11号」打ち上げから四十周年の十六日、米航空宇宙局(NASA)は、同号のアームストロング船長の着地場面をデジタル処理した動画を公開。しかし、修復にはバックアップ用のテープを使ったことを認め、オリジナル画像は「消去してしまった」ことも判明し、ずさんな管理が物議を醸している。

NASAによると、四十周年記念事業に向け、三年かけてアポロから送信された画像を記録したオリジナルテープ四十五本を探したが見つからず、「(当時貴重だった)テープの再利用のため、画像が消去された可能性が高い」との結論に達した。結局、修復には米CBSテレビのニュース用画像などを使い、映画「カサブランカ」などを修復したカリフォルニア州の映像会社にデジタル処理を依頼した。

月面着陸の画像は「不自然」だとして、捏造(ねつぞう)疑惑も根強いが、NASAは修復で画像がシャープになった以外は「何も変わっていない」と主張している。

このNASAの主張は納得できない。いくらテープが貴重だからと、歴史的記念のアポロから送信された画像のテープを他の用途に再利用することなど、ありえるだろうか。そこに、何かの隠蔽の意図を見て取るのは、私だけではないだろう。実際、推理小説を読んでいると、警察が、問題の企業に証拠となる資料の提出を要求すると、そこの担当者が間違えて廃棄してしまった、というストーリーがよくある。

一方、小松たひとさんから紹介された、産経新聞のサイトからの引用:

1969年7月20日に米アポロ11号が人類初の月面着陸をしてから40年を迎えるのを前に、米航空宇宙局(NASA)は月を周回する探査機から、11号をはじめ月着陸船の残骸(ざんがい)を撮影することに成功し17日、画像を公開した。アポロの残骸が撮影されたのは初めて。

11号の残骸は月着陸船「イーグル」が帰還に向けて離陸する際に発射台の役割をした直径約3.7メートルの台座。「静かの海」に残されており、画像には小さな突起のように写り、長い影が差しているのが判別できる。

11号を含め、アポロ計画で月に着陸した6機のうち12号を除く5機を、6月に打ち上げた無人周回機「ルナ・リコネサンス・オービター」が上空100キロ付近から11~15日に撮影した。

これまでに日本の月周回機「かぐや」などが、着陸地付近を撮影したが、アポロが残した人工物を撮影できなかった。米メディアでは「月面着陸はでっち上げという懐疑論を打ち消す決定的証拠だ」との論調や、「付近にあるはずの星条旗は写せないのか」といった要望も出ている。

これに対して感じるのは、月面に対する何らかのインタラクションはあっただろうということである。ただ、どうして「かぐや」が発見できなかったのか。そもそも、写真自体にはいくらでも加工の可能な時代なので、それぞれが別の国籍に属する「かぐや」と「ルナ・リコネサンス・オービター」の両方の映像の類似を以って証拠としないと、証拠能力に乏しいのではないか。

私はどうしても、40年前の技術で、首尾よく月に行って帰ってくることが可能だったという、宇宙工学的説明を望むものである。

ところで、何の偶然もなく、今週のTIMEは、月面人類着陸40周年記念特集だった。しかし、私を失望させたのは、月に行った宇宙飛行士のその後の人生と若干のインタビューが掲載されているだけであったことである。ある意味、立花隆の「宇宙からの帰還」に対する新鮮味はない。TIME特有のビジュアルなチャートで、当時どうやって月に行って還ったかの説明に1ページを費やしてほしかった。

グーグルOS

| コメント(2) | トラックバック(0)

先日来より、グーグルOSが話題になっている。オリジナルにOSを書くというよりも、Linuxベースらしいが、聞く範囲では、次のような批判がある。

1.グーグルは所詮、検索屋であって、デスクトップOSのノウハウはない。大したものは作れないだろう。マイクロソフトにせせら笑われているのではないか(本音は、青ざめている?)。

2.ChromeブラウザをGUIにするとグーグルは息巻いているが、それは、IEをGUIしようとしてあまり受け入られなかったマイクロソフトの失敗の二の舞である。

3.MS-OFFICEをきちんと動かさないと、ユーザに受け入れられない。WindowsとのGUIの互換性、またプログラムのバイナリ互換性はどうか。

4.開発ツールの類を決定的に欠いている。これでは、アプリを作る会社がなかなか出てこない。

5.ドライバがきちんと対応するのか。Windowsの場合、ハードウェア・メーカの積極的協力でここまでやってきた。OSが変わると、ドライバは仕切りなおしである。

しかし、グーグルは、やってのけるかもしれない。見よあの、Google Earthと、Street Viewの蛮勇を。バイナリ互換性は、とりあえず、Windowsエミュレータを導入するだろうか。また、開発ツールについては、gccやEclipseなどを駆使して、グーグルが使いやすいものを作るかもしれない。

実を言うと、Windows上の.netとか、Borlandの開発環境とか、私のようなアマチュア・プログラマにはとても複雑で、お気軽にプログラミングするにはほど遠い。また、そもそも、パッケージがあまり広く売れないこともあって、とてもお高いのである。

だから、ひたすら安くして、オープンソースのを手直しして使いやすくしてくれれば、多少の使いにくさは我慢して、クーグルのChromeOSに移行してもよい。なにしろ、OSやオフィス製品がオープンソース・ベースで只同然になれば、うまくいくと、ネットブックのようなものが、1万円を切る可能性がある、という。ま、ちょっと様子をみるとしよう。

と思っていたら、友人から、下記のような読売新聞の記事を紹介された。

MSオフィス無料提供へ、グーグルに対抗

【オールバニ(ニューヨーク州)=池松洋】米マイクロソフト(MS)は13日、文書作成や表計算などの総合ビジネスソフト「オフィス」の最新版(簡易版)を、2010年前半からインターネットを通じて無償提供すると発表した。

グーグルがネット上でソフトやサービスを無償提供している動きに対抗する構えだ。MSは、07年秋に始めた電子メールなどの無償サービス「ウィンドウズ・ライブ」にオフィスを追加する。「ライブ」に登録すれば、携帯情報端末などを使ってオフィスを活用できるようになる。

IT(情報技術)業界では、ソフトをパソコンに取り込まずにネット上で利用できる「クラウド・コンピューティング」というサービスが拡大しており、今回もそれに対応した。

これを見ると、「オフィス」の最新版(簡易版)がどれほど完全版に近いの不明であるがともかく、明らかに、マイクロソフトは、グーグルのOSに焦っている。到底、せせら笑っている余裕なんてない。さあ、傍目には面白くなってきた、という感じである。

羽生の防衛

| コメント(0) | トラックバック(0)

7月17日の棋聖戦第5局で羽生が、木村を下して防衛した。案の定というべきか。

実は、この棋聖戦と、先日の名人戦は、最後の3局の雰囲気が実に似ている。次のとおり:

名人戦第5局、棋聖戦第3局-羽生がどうしようもない程の完敗。かたちも作れないほどである。

名人戦第6局、棋聖戦第4局-終盤に入ったところで、かなり形勢判断は難しいが、少し羽生が悪いかもしれない。羽生が間違えて、挑戦者に勝ちがあったのに、挑戦者の一手ばったりのような落手で、結局、羽生がぎりぎりで勝つ。

名人戦第7局、棋聖戦第5局-どこが悪かったのか分からないが、中盤では、大差で羽生が優勢である。そのまま難なく羽生が押し切る。

これは一体偶然だろうか。もし偶然でないとしたら、羽生が意図してそのように操作していることになるが、そんなことはありえるのか。

これを私なりに解釈すると、次のようになる。羽生の指し方には、次の3つのモードがある。

その1は、最初から本気を出して、きっちり勝ち切る第1のモードである。もちろんこれは、研究に支えられている。

その2は、定跡や研究で敢えて微妙に不利といわれている局面を実験的に試してみる第2のモードである。このモードでは、相手が正しく指すと、負けになってしまうことが結構ある。しかし、実験なのでそれも仕方ない。こうやって実戦で実験しつつ、第1のモードへの昇格を図れる局面を模索する。

その3は、手抜きモードである。勝負師がわざと負けるということはありえないが、しかし、明らかに、読みをあるレベルで打ち切って心身への負担を軽減する第3のモードである。それでも、相手が格下なら勝てるが、乗っている挑戦者だと一歩間違えると完封される。しかし、それも仕方がないと思っている。

今の羽生をみていると、タイトル戦の緒戦では、第1のモードできっちり勝つ。次で、第2のモードを使うためである。今回の棋聖戦なら、第2局で、棋聖戦挑戦者決定戦で木村が稲葉に勝った将棋の、稲葉側をもってみる、というのがそれである。これは、木村に沢山の好手があって、羽生は勝てなかった。しかし、実験だからまあいいのである。名人戦では、第3局の中座流がそうである。これは定跡でどうかと思われる手を選んだところ、案の定不利になった。しかし、郷田のひどい見落としがあって、幸にも勝つことができた。

羽生は、どこかで第3のモードを挟む。これは、体力的な限界を補うためであろう。特に、棋聖戦第3局は、名人戦終了直後であった。心身ともベストで臨むのは無理と、敢えて省エネの第3のモードを選んだ。

問題は、前局で第3のモードを使い、次に第1のモードを使うときで(名人戦の第6局、棋聖戦の第4局)で、実は前局の勝利で相手にイナーシャがついているので、第1のモードに切り替えたとき、がしっとした手ごたえがある。だから、とても接戦になる。ここで終盤術を振り絞って勝ち、再び次局で第1のモードを使う。すると、前回接戦で負けて勢いのなくなっていてる相手は、羽生の第1のモードになすすべもなく破れてしまう。

このようなモードによるエネルギの配分は、私の推察では、去年の竜王戦の敗北の結果採用するようになったものだと思われる。去年の竜王戦では、最初から第1のモードを駆使して、三連勝した。しかし、そうすると、心的エネルギが枯渇して、あと四連敗してしまった。

若いときの羽生なら、第1のモードを濫用してもよかった。心的エネルギが横溢していたからである。ところが、最早自分は若くないのだと心底思い知らされたのが、去年の竜王戦だったということになる。対局者が、相対的に若い渡辺だったというのもある。

羽生にとって特徴的なのは第2のモードである。あえてタイトル戦などの本番で実験するのである。製造メーカに喩えると、実験室で試すのではない。あえて、試作品を市場に出してみるのである。それで売れないとしても、きっちり原因を突き止める。その失敗が、将来の第1のモードに貢献する。

ところで、棋聖戦第5局の解説をみていて面白いことがあった。すなわち、検討陣は、5月のコンピュータ将棋選手権で優勝したGPS将棋も併用して検討するのだが、すると、GPS将棋は、プロ的にみて、身も蓋もないような武骨な手を編み出す。確かにそれでよくなるのだけれども、大抵のプロは、そんなことはしない、という手である。ところが、羽生は平気で、GPS将棋が発見したのと同一の手順に踏み込むので、大抵のプロはここでまた驚くのである。

羽生の将棋にはこのような根源性がある。普通のプロ感覚に飽き足らず、目先の勝ちに拘るよりも手そのものの可能性を追求している。すると、私が手抜きと思った上記第3のモードも、実は、第2のモードより実験性が高いだけかもしれない。羽生にしてみれば、手抜きなんて言われると心外であろう。ただ、敢えて読みの踏み込みを浅くして、体力を回復しようとしている、という一面も確かにあると思われる。

という、独断と偏見の羽生論であった。

新生GM

| コメント(0) | トラックバック(0)

Nikkei Netに、下記のような記事があった。すなわち、形式的にではあれ、法的な意味であれ、新生GMが発足した。

【ニューヨーク=小高航】米政府高官は6日、米破産裁判所が5日にゼネラル・モーターズ(GM)の資産譲渡手続きを承認したことを歓迎した上で、新しい取締役会の下で新生GMが月内に正式に発足するとの見通しを示した。GMのヘンダーソン最高経営責任者(CEO)も、もっとも早ければ週内に「新生GM」を発足できるとの期待を示した。

GMの再建問題を主導する政府作業部会のラトナー上級顧問は6日、米メディアに対し、今月末までに取締役メンバーの最終決定や資産の譲渡手続きを完了し、新生GMとして始動できると述べた。一方、新生GMが株式市場に再上場する時期が2010年上半期になるとの見方を示した。

破産裁判所は5日、GMの優良資産を新会社に譲渡する手続きを承認した上で、手続きに反対する関係者が上告できる期間として9日までの猶予期間を設定した。GMのヘンダーソンCEOは同社のブログで「(猶予期間の終了後)できるだけ早く譲渡手続きを完了できると期待している」とコメントした。

この楽観的な調子はなんなんだろう。一方、毎日新聞によれば、GMの日本法人は、スポーツカーの新型「シボレー・カマロ」を公開した。既に100台以上の予約注文があり、11月に納車予定だという。米国では2万台の受注がある、という。日本国内で販売される機種は、排気量3.6リットルのLT(430万円)と、6.2リットルのSS(533万円)と、値段も排気量も半端ではない。燃費も悪そうである。もともとアメ車は日本ではあまり人気がない。大型なので狭い日本の道には馴染みにくいし、湯水のようにガソリンを食う。それでいて、ドイツ車やフランス車のようなステータスが確立していない。

そもそも、この省エネと、環境問題と、ハイブリッドカーまたは電気自動車が注目されている時代に、ガンガンの大排気量のスポーツカーが新生GMのシンボルというのは、正直寂しい。既存技術でとりあえず作ってみました感がありありである。

先日トヨタの特許管理あるいはGMの歴史のところで書いたように、GMはかつて、アメリカの産業の強さの象徴であって、技術的にも、トヨタにとって追いつくべき目標であった。ある人に聞いたのだが、そんなGMだから、電気自動車も、早々に研究開発していたそうである。ところが、GMはアメリカ政府=ロックフェラー財閥とタイアップして発展してきたのだが、一方でロックフェラー=石油である。すると、石油を消費しない自動車は、ロックフェラーの意に沿わないので、社内の圧力により、電気自動車のプロジェクトは早々にしぼんでしまったそうである。

このような政府癒着体質は、親方日の丸ならぬ親方星条旗体質というのかもしれないが、今回の破綻に際しても、GMが安易にアメリカ政府にすがったことからも見て取れる。そのような政府癒着体質と研究開発体制の遅れに鑑みると、新生GMにとって楽観できるファクターが見えてこないのである。私は結局、GMは次第に、単なるカーディーラーになっていくと思われるのだが、悲観的にすぎるだろうか。

無限にある?素数

| コメント(0) | トラックバック(0)

素数自体が無限にあることはよく知られているが、無限にあるかどうかが分かっていない素数の部分集合を列挙してみる。

先ず最初は、双子素数であって、pとp+2がともに素数になるような数pである。

次はメルセンヌ素数で、nが自然数で、2n-1が素数となるような数である。

その次は、フェルマ素数であって、nが自然数で、2の2n乗に1を加えた数が素数となるような数である。

さらには、原始根が10であるような素数である。原始根が10であるとは、素数pの逆数1/pの割り算の小数を計算したとき、それは循環小数になるが、その循環の周期がp-1になるようなもののことである。例えば、1/17 = 0.058823529411764705882352941176471...で、[0588235294117647]が周期でこの周期は16である。1/13 = 0.076923076923076923076923076923077 ...で、[076923]が周期でこの周期は6である。これは明らかに、13-1=12より小さい。よって、17は原始根が10であるような素数であり、13はそうでない、ということになる。100までの素数は2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,37,41,43,47,53,59,61,67,71,73,79,83,89,97の24個であるが、このうち原始根が10であるような素数は、7,17,19,23,29,47,59,61,97の10個である。アルティンは、素数全体の約37%が原始根が10であるような素数であろうと予測した。もしそれが証明できれば、原始根が10であるような素数は無限にあると証明されたことになる。

しかし、今までのところ、上記の素数のどれも、無限にあるかどうか分かっていない。その証明は、みかけによらず、超絶的な難易度のようである。数学者の黒川信重氏は、その証明の難しさを、双子素数<メルセンヌ素数<フェルマ素数とみる。原始根が10であるような素数の無限性の証明については黒川氏によれば、リーマン予想が証明できれば、自然に証明されるという。双子素数については、リーマン予想からは自然に証明されないとすれば、原始根が10であるような素数は無限にあることは、双子素数よりは易しいということになる。

もちろん、無限にあるかどうか分かっていない素数の種類というのは上記で尽きるはずがない。しかし、到底私が思いつくはずもなく、何かの本で見つけたら、またメモすることにする。

縄文の思考

| コメント(0) | トラックバック(0)

縄文の仮説、及び日本人のルーツに続いて、もう少し縄文時代について突っ込んで知ろうと、「縄文の思考」小林達雄著、ちくま新書を読んでみた。以下、そのメモである。

先ず、縄文時代を特徴づけるのは、言わずと知れた、その土器である。土器というのは、その可塑性からも理解されるように、石器よりも進化した道具である。ところが、縄文土器というのは、世界でも圧倒的に古く、発掘された最古のものはなんと、16000年前である。この次に古いものは、西アジアで9000年前で、さらにその次に古いのはアマゾン河流域で、7500年前だというから、その古さは群を抜く。

しかも、縄文土器で特徴的なのは、その突起形状である。実用的に意味があるとは思われず、寧ろ突起が土器を不安定にしてしまうので、却って実用性を損なう。ということはそれは装飾的な意味をもつものであったと思われる。突起をもつ特徴的な土器は青森で新潟などだけではなく、沖縄からも出土している。よって、縄文文化が日本列島の全国区の文化であったことが示唆される。

土器にはもちろん実用的な意味があり、すなわち、食糧の調理用であった。煮物料理が盛んだったようで、それは早くに縄文人が定住したことを示唆する。また、煮物料理には動物だけでなく、栗、豆などのさまざまな植物が用いられた。すると、猟に大きなエネルギを費やす必要性が減るので、縄文人はじっくり思考する余裕を得る。これが高い文化に繋がったものと思われる。

縄文人は、犬を仲間及び家族として、とても大切にした。犬が亡くなると、人間と同様に埋葬したりもした。

また、いろいろな動物を食料とした。鹿、熊、猪、蛇、蛙などである。特に猪には思いいれが深く、猪の土偶もある程である。

装飾品としてヒスイ、黒曜石、コハクの加工も行なった。見事なヒスイの宝飾品が出土されている。これらは、装飾だけでなく、交易にも使われたようである。交易は、必要なものを交換するだけでなく、キップのよさを誇示するためにも行なわれた。これは、アメリカ・インディアンと同様である。

さらに縄文人に特徴的なのは巨大建造物である。特に有名なのは、三内丸山遺跡であって、大型の丸太で建造した掘立柱があった。

さらに、縄文人は土木工事にも優れ、縄文の仮説でも言及したように、小高い山を築いたりする。これには秘訣があって、縄文人はなんと、1000年にも亘って先祖代々工事したのだそうである。そうすれば山の一つや二つ出来上がっても何も不思議はない。しかし、その一貫性、継続性はおそるべしである。また、深い山岳信仰がある。当然に、山の土木作業は、その信仰と無縁ではないだろう。

こうしてみると、縄文文化は、おそろしく懐の深い文化であった、ということになる。それでは縄文語はあったかという問いは当然に出てくるが、著者の小林達雄氏はそれを肯定する。それに付随して縄文文字はあったか、という問いも出てくるが、交易が盛んだったことに鑑みると、縄文文字もあったに違いない。交易にはなんらかの符牒を必要とする。それが文字に発展すると考えるのは容易である。しかし、それが巷間で神代文字として知られているものと同じかどうかは不明である。

また、縄文文化を変容させて弥生文化をもたらしたのかもしれないシュメール人を考えるとき、本当にシュメール文化は、縄文文化よりも高度であったのか、という問いかけもなされるべきであろう。しかし、ギリシャ文化をローマ文化が征服してしまったように、より高い文化が優先的に生き残るとは限らない。

このようにいくつかのオープン・クエスチョンを残して、次への思索の糧とすることにしよう。

ボッシュの特許戦略

| コメント(0) | トラックバック(0)

「カーエレクトロニクス・テクノロジー」工業調査会、新誠一監修などを眺めていると、次世代のカーエレクトロニクスはいかにも華々しい。このような華々しさを私は少なくとも、コンピュータに感じることができない。

そのカーエレクトロニクスを担うのは当然に、トヨタ、ホンダ、日産、ベンツ、フォルクスワーゲン、ポルシェなどの自動車会社なのであるが、実は隠れた主役がいる。ボッシュやデンソーなどの自動車部品メーカーである。特にボッシュは、次世代自動車ソフトウェア規格AUTOSARを牛耳り、無類の強さを誇る。そこで、IP REVIEWという雑誌の特集に基づき、ボッシュの特許戦略についてメモしてみる。

世界に大企業はあまたあれど、ボッシュほど地元(この場合、シタットガルト)で評判のよい会社はなかなかない。これは、そこの従業員が地元に住んでいるというだけの意味ではない。ボッシュは、世界企業として極めて例外であることに、その資本の92%を慈善団体が保有している。そして、利益のうちのそれに比例する額が、毎年、シタットガルトの人々に寄贈されている。

それだけではない。シタットガルトの人々は、特許権の実例と革新の重要性を、ボッシュを通じてとてもよく理解しており、そのため、ボッシュをとても尊敬する。

もともとボッシュは、ロベルト・ボッシュが、自らの内燃エンジンのスパークを起こす電磁装置の発明の特許をもとに1897年に起した会社である。ボッシュは2007年に、優先権のベースとなる発明を、2007年に3281件特許出願した。これは、トヨタ自動車が2007年に出願した9807件に較べて多いとはいえないが、デンソーの2007年の出願件数4191件には匹敵する。部品メーカーとしては十分多いといえる。

ボッシュは世界に、3万人もの研究開発要員を抱える。また、研究開発投資は、全利益の7.7%にも上る。

繰り返すが、年間3281件という特許出願の件数は、決して少ないとはいえないが、ボッシュは、単なる件数の虚栄ということをよく知っており、決して件数に拘らないという。すなわち、ボッシュは、技術革新に貢献し、高品質で戦略的に重要なものしか出願しない、と言い切る。

知的財産の知識はボッシュの伝統なので、経営責任者は皆、知的財産をビジネスに結びつけることの重要性を理解している。改めて誰かに教育してもらう必要は全くない。

ボッシュの特許戦略は、戦略的特許ポートフォリオ・マネジャ(SPPM)のグループによって運営されている。SPPMは、個々のビジネス・ユニット、研究開発部門、販売部門から情報を収集し、機械と電気の2つの特許部門、ライセンシング部門、商標部門、模造品対策部門にフィードバックする。模造品対策部門は、自社自身にはあまり影響がないが、顧客会社にとって問題になりえるので、代って対策を行なうのだという。

ところで、最近の自動車では、50個ものECU(電子制御ユニット)が使われる。これは一種のマイコンであって、エンジンの発火タイミングを計算したりする。また、ECUなどのエレクトロニクス部品を神経のように繋ぐ、CANと呼ばれる車内制御ネットワークがある。ボッシュは、これらの部品や方式に膨大な特許をもっている。ボッシュの他の製品の例として、ABSがある。

ボッシュはまた、エコパテント・コモンズの会員になった。これは、環境保護に関連する特許の一部を開放するものである。

ボッシュは、特許の基本を大事にする。それは、特許出願とは、その発明にとって、一度きりのチャンスということである。期限を逸すると、特許権は得られない。それはまた、単に明日や明後日よりも寧ろ、未来を見据えなくてはならないということである。

ボッシュは、特許権のもたらすよい面と悪い面の両面をみている。多すぎる、あまり意味のない特許を憂慮し、そこに良識が適用されることを期待する。世界特許のハーモナイゼーションにも期待を寄せる。

まとめると、ボッシュの特許戦略は、会社の遺伝子として特許重視の方針に支えられ、技術革新に貢献し、きちんと特許をビジネスに貢献させようとしているけれども、その一方で、公共の福祉と良識も重んじて、節度を保った権利行使を心がけている、というところのようである。

月探査機

| コメント(2) | トラックバック(0)

Webに、月探査機の記事があったので、つい注目した。以下、引用:

「雲の海」という地域の南の高地にある月面クレーターに、濃い影が落ちている。7月2日に公開されたこの画像は、NASAのルナー・リコナイサンス・オービタ(LRO)から送信された最初の月面画像の1つだ。

この月探査機は6月18日に打ち上げられ、最近になって撮影システムのルナー・リコナイサンス・オービタ・カメラ(LROC)が稼働した。この撮影システムは解像度100メートルの広角カメラ1台と、1メートルほどの物体をとらえられる高解像度の狭角カメラ2台で構成されている。

LROは、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の月探査衛星「かぐや」の後を受けて月を1年ほど周回し、将来の有人探査に向けての地ならしを行う予定だ。撮影データを元に月面の新しい高解像度地図を制作し、安全な着地点の探索を行う。水氷などの資源探索も任務に含まれる。

こうやって、月探査機が周回して、1メートルの解像度で月面を撮影できるなら、是非とも、アポロ計画の残骸を撮影して(もちろん無修正で)提示してほしい。すると、私を含む人類月面着陸懐疑派を完全にシャットアウトできる。

しかし、多分そんなことは決してしないだろう。語るに落ちたと思われるのは、上記で太字にしたところで、ええっ今更、有人探査に向けての地ならしをやってんの、とからかいたくなる。じゃあ、40年前のアポロ計画はなんだったのだろうか。地上での、模擬演習? また、新しい高解像度地図を制作し、安全な着地点の探索を行うとあるが、本当に人類を月に送ろうとしたら、確かにそれくらいの前準備は必要であろう。

また、下記のような記事もあった。

【ワシントン14日共同】「ヒューストン、こちら『静かの海』。イーグルは舞い降りた」。69年7月20日の人類初の月面着陸から40年を迎えるのに合わせ、米航空宇宙局(NASA)はアポロ11号の打ち上げから地球帰還までの8日間にわたる実況中継の録音音声を、16日からインターネットで放送する。飛行士と地上チームとの交信や管制官による解説音声を、40年前と同じ日の同じ時刻に放送。

この段階で、あの、突っ込みどころ満載の内容の再放送をしたら、人類月面着陸懐疑派が喧しくなるだけである。そうやって、懐疑派をおびき寄せておいて、月探査機の有無を言わせぬ月面着陸の撮影結果を示して、一網打尽にする。もしそうなら敵ながら天晴れなのだが。

植草一秀

| コメント(6) | トラックバック(0)

副島隆彦氏と植草一秀氏の対談「売国者たちの末路」を読んで、ううん、と唸ってしまった。というのは、地球温暖化問題などの報道を通じてマスコミの報道は鵜呑みにしないようにしている私も、流石に、植草一秀氏については、ある程度異常な性癖があるのだと信じて疑わなかった。

しかし、この本を読む限り、やはり冤罪ではないかという思いが強くなってきた。理由は、植草氏を貶めることが、あまりにも当時の小泉政権の利害に適うのである。

植草氏は早くからその才能を認められ、自民党や民主党の議員に経済的なアドバイスをしてきた。小沢一郎氏を支持し、亀井静香代議士の相談も受けたりした。一貫して、米国に依存しすぎない財務政策を主張し続けてきた。テレビ番組でも、コメンテーターとして呼ばれることが多かった。

しかし、2001年に小泉政権が誕生してからは、完全に風向きが変わった。仇敵ともいうべき竹中平蔵氏が、小泉政権の経済政策を握るようになったからである。

それでも植草氏は、一貫して、小泉政権と、竹中平蔵氏を批判し続けた。その郵政民営化の方針を激しく批判し続けた。植草氏からみてそれは、弱肉強食でセーフティネットを外し、社会の潤いをなくし、米国への資金の流出を促進する点で国益を害し、受け入れがたいものであった。

そうしているうちに、2004年4月の、手鏡で女子高校生のスカートの中を覗こうとした、と報道された痴漢事件が起きた。これは、中田横浜市長の講演会に呼ばれた後の帰路に起きた。植草氏がいうには、講演会を出たあと、明らかに後をつけてくる数人の男がいたという。それで結局、経緯はともかくとして痴漢の罪に問われ、早稲田大学大学院教授の職を失った。

その後、名古屋商科大学教授に就いたが、2006年9月13日午後10時頃、京急本線の品川駅-京急蒲田駅間の下り快特電車内で女子高生に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で警視庁により逮捕され(ここは、Wikiによる)それにより、名古屋商科大学教授の地位を失った。

これを冤罪なのではという私の根拠は、繰り返すが、植草氏の風評を傷つけることが、あまりにも当時の政権の意向に適うからである。植草氏は小沢一郎氏にも信頼されていて、小泉政権にとって、まさに目の上のたんこぶであった。

別の根拠として、今年になって、小沢一郎氏の秘書が収賄で逮捕された事件と、高橋洋一氏が窃盗で逮捕された事件がある。さらには中川昭一元財務大臣の失脚がある。これらは皆、官僚にとって好都合な時期と人に起きた事件であり、仕組まれた可能性が否定できない。植草氏の痴漢事件も、これと同一路線上にあるような気がする。

これをひどいと思うセンスは普通であるが、しかし、モスクワのテロや、9・11疑惑や、はたまた人類月面着陸問題などに鑑みると、上には上があり、国家というのは、場合により手段を選ばないということを痛感する。もっというと、欲に従い手段を選ばないことがあるのは、国家も個人も同じである。国家の方がより強力な権限とリソースを持つに過ぎない。それと、国家の方が理性の歯止めがききにくいような気がする。

植草氏に戻ると、植草氏に限らず、男性一般で、女性に対する劣情を感じたことがない人は少ないだろう。また、ある種の男性は、他の男性よりもそういう欲望が強く、中には違法なことをしてでも欲望を満足させたいと思う不逞の輩はいるだろうが、もし本当に変態性欲者であるなら、少なくとも、手鏡でスカートの中を覗くとか、電車でちょっと触るなどの穏当な?手段で満足するはずがないのではないだろうか。

ところで、植草氏のブログは、こちらである。私は政治や経済学は素人なので、正しくは評価できないが、高い専門性を感じさせる内容であるように思われる。

iPS細胞と肝がん細胞

| コメント(0) | トラックバック(0)

iPS細胞研究のメッカである、ハーバード大で、また画期的な研究がなされた。森口尚史・米ハーバード大研究員らのチームである。以下、引用:

チームは肝がん細胞を作る「肝がん幹細胞」を正常な肝臓細胞に戻す方法を模索。市販のヒト肝がん幹細胞に抗がん剤など2種類の化学物質を加えると、2日で見た目や機能が正常の肝臓細胞になった。

またこの肝臓細胞に山中伸弥・京都大教授が発見した4遺伝子のうちの二つと別の2種類の化学物質を加えるとiPS細胞に変化。正常な肝臓細胞に戻すことにも成功した。

そこで、正常な肝臓細胞に分化したiPS細胞を調べたところ、がん抑制遺伝子「p21」の働きが、別のがん抑制遺伝子「p53」よりわずかに活発になっていることを突き止めた。p21を働かさせず、p53だけにして分化させると、すべて肝がん細胞になった。このため、研究チームは両遺伝子の働きのバランスが、iPS細胞のがん化を左右していると結論付けた。

これを読んでの素朴な疑問は、次のとおり。

  1. 「この肝臓細胞に山中伸弥・京都大教授が発見した4遺伝子のうちの二つと別の2種類の化学物質を加えるとiPS細胞に変化」とあるが、それは、特殊な処理をした肝臓細胞だから、4遺伝子を全て入れなくてもiPS細胞に変化にしたのか。それとも、他の細胞にも使える手法か。
  2. 肝がん細胞にいきなり、4遺伝子のうちの二つと別の2種類の化学物質を加えるとどうなるのだろう。同じ結果にならないのか。
  3. 「p21を働かさせず、p53だけにして分化させると、」というけど、それはどんな操作で行なうのだろうか。専門の研究者には自明なのだろうか。

ともかく、がん細胞由来なので、実際の治療には危険でちょっと使えそうもない。ということで、iPS細胞のがん化、あるいは、それを防止する仕組みの研究の一里塚と位置づけられるとみた。

モンテンルパ

| コメント(2) | トラックバック(0)

高校時代、受験勉強の合間に気分転換に軍歌を聴いた。たまたま軍歌のカセットテープがあったからである。一番好きだったのはなぜか、「戦友の遺骨を抱いて」。あとは、「加藤隼戦闘隊」、「ラバウル航空隊」、「東海行進曲」などである。

あとは、渡辺はま子が歌っていた一連の歌である。軍歌ではないけれども、「蘇州夜曲」、「サンフランシスコのチャイナタウン」など。

でも、一番好きということはないが、一番印象に残っているのが、渡辺はま子が歌っていた、「ああモンテンルパの夜は更けて」で、理由はよく分からないが、フィリピンで戦死した、会ったこともない母方の祖父への微かな思いのせいなのだろうか。

最近新聞を見るともなく見ていると、どうってことないと思われる人の死亡記事が載っていた。陸軍大尉だった伊藤正康さんで、86歳で死去とある。それがどうしたと見ていると、「ああモンテンルパの夜は更けて」の作曲者とあるので、興味がわいてきた。すると、服部良一のようなプロの作曲家かと思って読み進めると、「死刑囚だからできた」とある。

死刑囚だからできた? どういうことだ、何か犯罪を犯したのか、と読み進めると、モンテンルパ収容所のBC級戦犯の死刑囚だったという。

私の勝手な理解では、モンテンルパ収容所で死刑判決を受けると、速やかに死刑になったと思っていた、そうか特赦されたのか、とドフトエフスキーの場合のことが思い出された。すなわち、ドフトエフスキーは、空想的社会主義サークルのサークル員となったため、1849年に官憲に逮捕される。そして、死刑判決を受けたが、銃殺刑執行直前に皇帝からの特赦が与えられて助かった。ゆえに、ドフトエフスキーと伊藤正康さんは、死刑を待つ囚人の気持ちが真に分かるという点で共通している。

伊藤正康さんは言った、「あれは死刑囚だったから生まれた曲。(生きることを)あきらめていたからできた」と。

裁判資料によると、伊藤正康さんは、住民約70人の殺害を命じ、一部は直接手を下したともされた。「現場に行ったこともない」との主張は退けられ、48年1月に絞首刑を宣告される。実際、こういう裁判で、本当にdue processで裁判が進めれたことはほとんどなかったのではないか。

以下、引用:

同年中に3人、そして51年1月には14人が一晩で処刑された。無罪を確信していた仲間が処刑された悔しさが募り、判決の順番とは無関係に行われる処刑への恐怖が高まった。

51年9月に調印されたサンフランシスコ講和条約。戦争終結の条約なのに、モンテンルパに残る戦犯の処遇に関する記述はなかった。歌作りは「早期釈放を世論に訴えよう」という、派遣された日本人僧侶の発案だった。

作詞は、死刑囚の代田銀太郎さん(06年に92歳で死去)。刑務所内で何度か童謡を作ったコンビだ。伊藤さんは作曲を買って出た。死刑囚の手で歌を完成させたかった。

休憩時間に廊下のオルガンに向かい、詞を口ずさみ、片手で鍵盤をたたいた。部屋で五線譜に音符を走らせる。故郷や家族を思う詞に、出身地である愛知県の知多半島の山々や田畑を重ね合わせた。

刑務所内での発表会は、条約発効の52年4月28日。伊藤さんはオルガンを弾きながら「ドラ声で」歌った。楽譜は日本に送られ、レコード化される。

伊藤さんは、特赦を受け、残る仲間とともに53年7月に帰国した。ただ、ここからの歩みは、どうなのか。すなわち、

戦前に陸軍士官学校を優秀な成績で終えた誇りがあった。54年に発足したばかりの自衛隊へ。ドイツ留学や人事担当の部長、師団長などエリート街道を進み、富士学校長を最後に79年に退官した。
という。

こういうのを聞くと、二度と軍隊に関わりたがらなかった井上成美などとの対比が気になるところである。井上成美は、元海軍大臣の嶋田繁太郎が自衛隊の行事に列席したと聞いて激怒した。ただ、A級戦犯にも該当しえる嶋田繁太郎と、無実の伊藤さんとを同列に扱うことはできない。

私のような戦争を知らない世代がとやかく言うことでもあるまい、と思うのだが、モンテンルパで刑死した遺族の方は、伊藤さんのことをどう思っただろう、というのは少し気になるところではある。

アカシックレコード

| コメント(4) | トラックバック(0)

アカシックレコードとは、Wikiによると、宇宙や人類の過去から未来までの歴史全てが、データバンク的に記されているという一種の記録をさす概念である。

私がこういうものの存在を想定するのは、次のような理由による。すなわち、私が占い師なり霊媒師に私のことをみてもらうとする。すると、単に名前を伝えるだけで、私自身のことや、私の過去の出来事がかなり正確に言い当たられる。

一方、FBIの超能力捜査官という人達もいて、被害者の写真を見るだけで、被害者が今殺害されて埋められている場所を言い当てたりする。

こういうことができるためには、アカシックレコードと呼ぶかどうかはさておいて、個人の行動や出来事のログがどこかにあり、それにアクセスできなくてはならないと思う。

そのアカシックレコードへのアクセスであるが、残念ながら凡人は極めて限定的である。根拠のない私の仮定では、凡人であっても、自分の記録だけはアクセスできる、というものである。言い換えると、脳の記憶部位なるものも実は、アカシックレコードへの通信インターフェースの役割しか果たさないということである。ただ、コンピュータがそうであるように、短期記憶というキャッシュは、脳自体にあるのかもしれない。

生来の性質または修行により、アカシックレコードに対して凡人よりもアクセスする程度の高い人達がいる。それが上述のFBIの超能力捜査官だったり、霊媒師だったりする。アカシックレコードにある程度アクセスできれば、確かに、ある人の過去の出来事を言い当てるのは困難ではない。

ところが、アカシックレコードへのアクセスは実はそれほど高尚な能力ではないと示唆する指摘としては、シルバーバーチによるものがある。シルバーバーチによると、死者すなわち肉体を離れたスピリットは皆、生前の霊能力に拘わらず、アカシックレコードへのアクセス能力を獲得する。すると、憑依霊のようなものでもアカシックレコードが見れる訳であるから、現世あるいは亡くなった人をエミュレートできてしまうことになる。もしかして、恐山のイタコはこのような性質を利用しているのかもしれない。

なぜアカシックレコードへのアクセス能力を高級とみなさないかというと、一般的に人は、肉体を離れたからといって、霊は、一気に進化するわけではないからである。むしろ、肉体を離れても、意識は現世とほとんど変わらない。怨念や哲学的思考力も、はたまた外国語会話能力もそのままである。変わるのは、瞬間移動能力と想念による具現化能力である。アカシックレコードへのアクセスもその一環である。

アカシックレコードへのアクセスは、コンピュータ的に言うと、QBN(query by name)すなわち、名前による照会、または、QBI(query by image)すなわち、イメージによる照会、あるいはその両方である。すなわち、名前を言うだけで、その本人のアカシックレコードにアクセスできる。同じ名前の人は複数いるので、名前の衝突が起きそうなものであるが意外に起きない。それは、QBNと当時に隠喩的にQBIも行なわれているからであろう。

実は、QBNやQBIは、霊界において普遍的な仕組みである。例えば、ある人が亡くなって霊界に行って、ある人と会いたいと思うとする。そこでの呼び出し機構がQBNやQBIなのである。しかしそこで問題になるのは霊格あるいは波長であって、霊格あるいは波長が違いすぎると、QBNやQBIが働かない。アカシックレコードへのアクセスも同様なのであろう。

さて、アカシックレコードには、過去のイベントだけでなく、未来のイベントも書かれているのかと問うことができる。おそらくそうなのであろうと推察することができる。ただ、アカシックレコードの未来のイベントの概念は、相当高級な霊格の人でないと理解できないのだろうと思われる。当然に私も推察さえできない。時間的因果関係というのは、仏教でいうこの色界に付随するものであるが、それを一旦空化しないと未来と過去を同一視することは難しいのだろう、と意味のないことを書き連ねることしか私には出来ない。

という、ささやかな霊的且つ哲学的考察の試論であった。

毎日新聞のWebによると、韓国や米国の政府機関のサイトなどがサイバーテロ攻撃を受けているという。以下、引用:

【ソウル西脇真一】韓国や米国の政府機関のサイトなどがサイバーテロ攻撃を受けた事件は、市民生活に及ぶ大きな混乱はなかったものの「IT大国」を自任する韓国に衝撃を与えた。「情報当局が北朝鮮ハッカー組織のIPアドレス(ネット上の住所)を確認した」と伝えた韓国メディアもあるが、実際の発信源の特定は容易ではない。その一方で「本当の攻撃はこれからではないか」と指摘する専門家もいる。

攻撃されたのは青瓦台(大統領府)や大手メディア、銀行、米ホワイトハウスなど韓米の主要サイト。米国は4日、韓国は7日夕に最初の攻撃を受けた。

国内の不満分子による犯行の可能性もあるが、国家情報院は当初から「特定組織や国日付の朝鮮日報は「国情院が、北朝鮮人であることが確実なハッカーのIPを確認。これを根拠に、北朝鮮によるものとの心証を強めているとみられる」と伝えた。

これは流石に、金正雲の指示ではと思っていたら、下記のような読売新聞の記事もあった。

北朝鮮の情勢に詳しい「開かれた北韓放送」の河泰慶(ハテギョン)代表は、金正日(キムジョンイル)総書記の後継者として有力視される三男、正雲(ジョンウン)氏がサイバー攻撃を指示したとの見解を示す。核実験に対する国連安全保障理事会の制裁決議が採択された後の6月中旬、正雲氏の指揮下に入った10人足らずのハッカーが中国で準備を始めたという。

国会情報委員会関係者は、情報機関・国家情報院が同委に行った説明として、「朝鮮人民軍総参謀部偵察局傘下にハッカーが所属する『110号研究所』という組織がある」と明らかにした。韓国紙・東亜日報によると、優秀な小学生を選抜し、ハッカーとして育成する体制がある。

最近、ミサイル実験が盛んになっているところをみると、金正雲は、なかなか攻撃的な性格のようである。また、金正日から金正雲にヘゲモニーが移りつつあるこの時勢にあって、スタッフたちは、ここは積極的に西側に攻勢をかけて、是非とも新たな忠誠心を金正雲に示す必要がある。

これに関して思い出すのは、コンピュータ将棋選手権での、北朝鮮チームの活躍である。その大会で、北朝鮮のKCC将棋は、予選では全勝、途中の設定ミスがなければ、ぶっちぎりで優勝を攫った可能性もある。北朝鮮のように、将棋インフラのない環境で、あそこまでのものを作れるとは、北朝鮮のコンピュータ・プログラミングの才能も半端でない、と恐れ入った次第である。そういう才能を以ってすれば、DOS攻撃などのサイバーアタックになんぞ、ちょろいのではないだろうか。もしかして、新手のコンピュータ・ウイルスを開発しているかもしれない。

ところで先日の囲碁・将棋ジャーナルを見ていたら、韓国の姜東潤九段が、かの李昌鎬九段を破って優勝していた。姜東潤は九段とはいえ、とても若くまだ学生のようである。それでも、李昌鎬を破って優勝するのだから、もしかして、日本の井山裕太より強いのかもしれない。ところが、姜東潤レベルの若手は、韓国にはごろごろいるという。それとの類推で、北朝鮮には、天才ハッカーがごろごろいて、英才教育で頭角をあらわし、金正雲の指示のもとで、さまざまな企画を練っているのかと思うとちょっと恐ろしい。その才能をよい方向に活かせば、北朝鮮も繁栄するのに、と残念でならない。

さて、ミサイル、サイバーテロときて、金正雲の次なる手は何だろうか。不謹慎にもつい、期待してしまうのであった。

日本航空と全日空

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本航空と全日空と全日空と言えば、言わずと知れた日本を代表する民間航空会社であるが、新聞によると、ここにきて体力差が明らかになった。新聞記事に基づきメモしてみる。

すなわち、折からの世界不況で、経費削減のため、当然に航空機を利用する人は激減した。このため、日本航空と全日空のどちらも資金対策を迫られたが、日本航空は、日本政策投資銀行の1000億円の金融危機対策融資を受けることにした。一方、全日空は、公募増資で1500億円。自助努力である点で、明らかに全日空の方により体力があることが明らかになった。

もともと、全日空よりも日本航空の方が格上と見られてきたのに、なぜこのような体力差を生じたのか。

その理由の1つは先ず、国際/国内路線比にあるという。すなわち、全日空は、日本航空よりも国内線に軸足を置くが、世界不況は国際線により大きい影響を与えた。このため、日本航空の方が全日空よりも世界不況の煽りを大きく受けた、という次第である。

また、国際線だと、ええっそんな国にも飛ぶのか、というマイナーな路線もあり、そういう路線だと黒字を出すことが難しい。ところが、ナショナル・フラグ・キャリアの立場にある日本航空としては責任があり、マイナーな赤字国際線だからと、おいそれと廃止することは難しい。

数字で比較すると、日本航空の国際線座席占有率は65.5%で、全日空のそれは69.4%、
国際/国内/貨物の比率は、日本航空が41/39/11、全日空が24/57/8、
また、自己資本比率は、日本航空は10%で、全日空は18%、と一々全日空に軍配があがる。
2009年3月の連結最終損益は、日本航空が▼631億円で、全日空が▼42億円。

それはまた、企業体質の差でもある。2002年の日本航空と日本エアシステムの統合に危機感をもち、全日空は、関連ホテル売却、燃費のよい航空機に切り替えなど素早いリストラ策で企業体質を改善してきた。一方、日本航空は、半官半民みたいな体質の企業で(GMもそうだったか)、企業体質の改善努力に対して、社内やOBなどから大きな軋轢があり、なかなか進められなかった。

しかし、2010年3月の最終損益予想は、日本航空が▼630億円で、全日空が30億円であり、このままでいくと、差がつく一方である。さて日本航空、どうする。とりあえず不採算路線を整理するよりないと思われるが、すると、人や機材が余り、どうするかという問題が生じる。

謝罪外交

| コメント(0) | トラックバック(0)

7月1日の戦後和解に関する毎日新聞の記事はどうも理解できない。それは次のような趣旨である。

国家間の戦後補償問題は、サンフランシスコ講和条約で解決済みというのは、公的に認知された立場であり、国際法的にも疑問の余地はないと思われる。しかし、毎日新聞は、サンフランシスコ講和体制は、米主導の西側陣営で冷戦を戦った枠組みに他ならないので、冷戦が終われば、法的には有効でも、政治的にはほころびだす、という。それで、冷戦の崩壊後、個人レベルの補償を問う動きが出てきたというのだが、それは一体どんな法的根拠に基づくのか。

実際、日本に強制連行された韓国・中国人の訴訟が相次いだという。また、オーストラリアや英国などの元捕虜も、これに乗じた。

これに対して毎日新聞はいう。日本だって米国に言いたいことは沢山ある。それを言うと日米関係が壊れるので、じっと我慢して日本は、米国の傘に入ってきた。だが冷戦後、初めて米国の受売りでない戦後処理に取組まざるをえなくなった。欧州をみると、ドイツは統一後、ポーランドのと和解基金を設け、フランスは傀儡であってヴィシー政権のユダヤ人迫害を国家責任と認めた。それが欧州連合中軸国として信頼につながっている。このように、謝罪や和解は有力なソフトパワーになりえるのである、と。

すると問いたいのは、サンフランシスコ講和条約に拘わらず、法的根拠のあやしい戦時の捕虜や虐待行為にいちいち補償に応じることが、ソフトパワーとして国際的に信頼を集めるとでもいいたいのか、ということである。

次のような例を考えてみよう。私がバス会社を経営していたとする。運悪く、運行しているバスが事故を起こして、乗客が怪我をした。私は当然に補償しなくてはならない。で、謝罪して、然るべき費用を払って決着がついたものとする。ところが、何年もたって、いや実はこんな後遺症があらわれたという人が陸続として現れたとき、私は、はい、そうですかといちいち追加の補償を払うべきか。何年もたって後遺症があらわれる合理的な医学的理由をきちんと説明してもらう必要がある。それを、気前よく根拠を確認しないで求めに応じて支払っていたら、世間は、なんと素晴らしいバス会社なのか、と尊敬するだろうか。まず、ありえないと思われる。逆に、なんと常識のない会社と軽蔑されるであろう。

ここで、ソフトパワーというのはむしろ、ここに書いたような、NGO的な支援、金融的支援、技術的支援、文化的支援ではあるまいか。ここに下手に過去の戦争責任をもちだすと、活動の趣旨が曇ってしまう。だいいち米国、ロシア、中国がどれだけ過去の戦争責任を認めているだろうか。英国もそうである。過去を暴き出したら、きりがないのは寧ろ欧米列国である。外交の相互主義により、下手に過去の戦争責任を追求し合ったら泥沼になってしまう。

一体パンドラの箱を開けろとでも主張しているのか。それとも、そのパンドラの箱は、日本の戦争責任だけを暴く誠に一方的なものなのか。

謝罪外交がソフトパワーになるというのは、極めて限定的な状況でしか起こりえないと思う。それは、謝罪により、別の譲歩を引き出す場合である。そうでなく、一般的に謝罪外交が有力なソフトパワーになるえると主張するのは、私にはほとんど狂気としか思えない。

超ガラパゴス戦略

| コメント(0) | トラックバック(1)

以前、このブログで、ガラパゴス化する日本産業という記事を書いた。ここでは当然、ガラパゴスはネガティブな用語として引用されている。ところが、おおっ、と思ったのは、下記のような記事である。

NPO法人であるブロードバンド・アソシエーションは,日本のIT(情報通信技術)企業の国際競争力強化に向けた施策を探求する「IT国際競争力研究会」を設立した(発表資料)。委員長には慶應義塾大学 特別招聘教授の夏野剛氏が就任し,情報通信産業関係者,大学や政府関係者,アナリストやコンサルタントなど22人で構成する。委員会の俗称は「超ガラパゴス研究会」とする。日本のIT産業のいわゆる「ガラパゴス化」現象を逆手にとり,日本の先進性を世界に発信するチャンスと捉える「超ガラパゴス戦略」を検討する。2009年末を目標に具体的な施策案をまとめ,企業や政府に提案していきたいとする。

中略

副委員長に就任する日立コンサルティング取締役の芦辺洋司氏は,ガラパゴス化と言われている現象を分析し,日本発祥の技術や製品,コンテンツなどが日本市場に留まる「引きこもり」状態であることを指摘した。その上で,ガラパゴス化は視点を転換することでプラス要因と捉えられることを説明し,超ガラパゴス戦略とは「積極的な意思と明確な指針を持ってガラパゴス化を実行すること」であると述べた。仮説として,引きこもり状態から脱却するには(1)グローバル規格を押さえる,(2)日本の良さを世界で活かす,(3)まったく新しい市場を創造する,(4)既存商品で優位性を発揮する,といった視点で議論を組み立てるといった方向性があるとし,それぞれについての議論のポイントを示した。

なるほど、確かにガラパゴスを前向きに捉えることができる。上記には書かれていないが、ローカルに売れるためには、ガラパゴスこそが望ましい。例えば、もし「羽曳野のたこ焼き」(なんだ、それは?)というのがあって、そこだけで売れているなら、どんなもんかと他所からも食べにくるかもしれない。偉大なるローカリティという訳である。言い換えると、そこにしかないものがあると観光性が高まる。

しかし、そんなチンケな商売では嫌だというのだと、ガラパゴスは、深く特異性と普遍性、そして先進性を備えている必要が出てくる。そういう目で考えると、アップルは、独特のガラパゴス・ワールドを形成していることがわかる。逆に言うと、ガラパゴスにあらざれば、ヒット商品にあらず、と言い換えることもできる。任天堂のWiiがその例である。もちろん、ガラパゴス性とは別に、ワールドワイドのマーケッティング力も必要である。

ともかく、ガラパゴスを単なる卑称で使うのは止めよう。閉塞した日本の突破口は、進化したガラパゴスなのかもしれないのだから。私には、巨大な、グーグルというガラパゴス・ゾウガメが見える。

食中毒菌

| コメント(0) | トラックバック(0)

梅雨は、食べ物が腐りやすいが、どれくらいで腐るのか、という記事がWebにあった。

「菌は空気中、水、土壌、人の体など、どこにでもいて栄養素、温度、水分などの条件がそろえば繁殖します。繁殖のスピードは菌の種類や環境によっても違いますが、最適な条件下の場合でいちばん早いのは、腸炎ビブリオで、1個から2個になるのに約8分。大腸菌は約20分、パン酵母菌だと約40分くらいです」(女子栄養大学・上田成子教授)

腸炎ビブリオの場合、単純計算すると2時間で最大3万2768倍に増殖する。この菌は10の5乗(10万)個以上で食中毒を起こすといわれているので、仮に4個入ってしまっただけで2時間後にはアウト!

 

「特にお茶はさまざまな菌が好む栄養が豊富なので、他の飲料と比較しても菌が繁殖するのに好条件なんです」(同)

生肉ではなく、お茶程度でも、常温に放置して2時間でアウトになることがあるとは、怖い。私は実は、子供の頃から病院生活が多かったり、神経質だったりして、とても食中毒には敏感である。

そういえば、以前、夏に実家に帰った夜、焼き魚をした。多かったので食べ残してしまった。ところが、私の田舎は真夏なのに結構平気で、冷蔵庫に入れないで放置したままにする。その焼き魚も結局夜通し放置されていた。それで朝になって、父は平気だから食べろという。いくらになんでもと思ったが、勇気を出して食べたがとりあえず食あたりしなかった。

では、冷蔵庫に入れておけば平気なのかというと、そうでもない。

「多くの菌は10度以下ではほとんど活動しなくなりますが、それでも死滅するわけではなく、冷凍庫の中でもいくつかの菌はゆっくり繁殖します」(同)

菌の中には低温を好む種類もあるという。

「流通面で低温技術が発達した90年代半ば以降は、低温に弱い腸炎ビブリオによる食中毒は減りました。ここ数年はカンピロバクターやサルモネラ菌、ノロウイルスといった微生物による食中毒の事例が増えています」

実は私の実家では、冷蔵庫に、賞味期限が切れて数ヶ月たったものが平気で放置されていたりする。だから慎重にえり分けないとえらい目に遭う。といいつつ、ここ数十年、一度も実家で食あたりしたことがないから、これまた不思議である。

そういえば、実家で以前犬を飼っていて、ジョンという黒犬がいた。冷蔵庫を探したとき、隅にハムがあって、封は切っていなかったが、賞味期限が2年前に切れていた。それで捨てるよりは、と切ってジョンに与えたら、うまそうに食べていた。犬にはちょっと塩分が多すぎるかも、と心配したが、ジョンはピンピンしていた。ところが、それから2年くらいしてジョンはポックリ亡くなってしまった。腎臓を壊していたらしい。まさかあのハムのせいではないと思うけれども、なんとなく申し訳なさは残っている。

硫黄島の遺骨収集

| コメント(0) | トラックバック(0)

まえにブログに書いたように、硫黄島では激しい戦闘があり、約2万人の日本軍が死亡した。すると、硫黄島には多数の遺骨が眠っているということになる。

硫黄島は、1968年に日本に返還されたが、依然として自衛隊が訓練に使っており、米軍が軍事訓練に使うことがある。それで、今でも、民間人が訪れることは制限されている。

それでも、遺骨を放置するのはまずいので、1968年の日本返還以後、毎年、厚生省の主導で遺骨収集が行なわれている。去年までに収集された遺骨は8664柱で、まだ1万柱以上が埋まったままである。

そこで頓挫しているのは、最大の激戦地だったところが今では飛行場の滑走路になっているからである。すると、簡単に遺骨収集のため掘り返すことができない。それで今年は、滑走路下の遺骨収集のための国家予算が1億円計上された。

それで解決かというと、話は簡単ではなく、防衛省によると、今の滑走路の下から遺骨を収集するには、滑走路自体を別の場所に作らなくてはならず、そのための費用は数百億円、期間は10年以上かかるという。

なるほどと思いつつも、私は複雑な思いに駆られてきた。というのは、私の母方の祖父は、1945年にフィリピンで戦死した。それで子供の頃、祖母に、遺骨を収集しに行かないのかと聞いたことがある。すると、祖母は諦め口調で、そんなことができるはずもない、という。費用がかかるし、南方で戦死した人はあちこちにいる、フィリピンだけという訳にはいかない、と。

そこで私が思うのは、なぜ硫黄島がそのような遺骨収集の特例の恩恵を受けるのか、ということである。もちろん、その答えはすぐに見つかる。例えば、激戦地区で狭いところで多くの日本軍の兵士が亡くなった。既に日本に返還された土地である。飛行場の滑走路に多数遺骨が埋まっているのに放置するのは望ましくない、などである。

分かるんだけど、そういう理性を離れて、フィリピンのどこかに遺骨が放置されているであろう、一度も会ったことがない祖父のことを思うと、硫黄島の特別扱いには、やはり複雑な気持ちは拭えないのである。

日本人のルーツ

| コメント(2) | トラックバック(0)

日本人のルーツはどういう民族か、という議論は、それはもう山ほどあって、しかも特に私はその方面に疎いときているので、自分を教育するために、メモしてみよう。

そこでベースとするのは、「日本超古代文明シュメール伝説の謎」岩田明著、日本文芸社で、一見トンデモ本のようであるが、じっくり読んでみると、結構まともである。

ここで、岩田明氏の経歴を紹介しておくと、1955年に東京商船大を卒業して、一等航海士になった。そして三井船舶に入社し、世界一周航路など海上勤務に就いた。1983年に独立し、評論家になった。どちらかというと歴史学の系統である。大石泰彦東大名誉教授に師事とあるけど、大石名誉教授の専門は、経済学なのであった。

さて、岩田明氏によると、日本のルーツは、下記の3つの系統からなる。なお、下記のコメントは私が適当に書き足しているので、岩田氏の著書の内容には、必ずしも対応していない。

その第1が、縄文人であり、一番古い。かつては縄文人は、石器時代のような暮らしをしていたと考えられていたが、今ではその認識は改められ、1万年も前から、農耕、都市の建設など文化的な生活をしていたとされる。前にも書いたが、縄文人はおそらく巨石文化をもつ。これは、ピラミッド、ディオワカン、イースター島などとも関係があるのかもしれない。縄文人はどこから来たか、という問いかけは当然にあり、それはおそらく、樺太あたりからではないかと思われる。なぜなら、昔は、日本列島は、陸続きであった。ただ、ムー大陸ではないが、太平洋の先進文化の民が縄文人という可能性もあるのかもしれない。もしそうなら、巨石文化がしっくりくる。

第2は、シュメール人である。シュメール人は紀元前5000年頃にメソポタミアに住み、世界最古の文明と言われている。そのシュメール人であるが、紀元前3000年頃、忽然といなくなった。一部はモヘンジョダロなどのインドに行き、またある者は海路日本にも来たのでないか、と言われている。日本人の祖先がシュメール人であるという話は古く、戦前からあった。なにしろ、シュメール人は世界最古なのだから、名門なのである。よって、国威発揚を旨とする日本国家は、シュメール人を先祖にしたがった、ともいえる。しかし、それが荒唐無稽でもない証拠がいくつかある。例えば、下関の彦島に、シュメール語の碑文がある。そのシュメール語であるが、なんと膠着語であって、今の中東の言語であるアラビア語やヘブライ語のようなセム語族とは全く語族を異にする。その膠着語である点、日本語と同族なのである。

シュメール人はまた、小柄で黒髪である点でも今の日本人に似いている。ハンコの文化をもつ点でもそうである。スメラギノミコトのスメラはシュメールをあらわすという説もある。さらには、シュメール王は、十六菊花紋を使用していた。これはなんと今の天皇と同じ花紋である。このシュメール人は、紀元前2000年頃日本に来たのではないか、といわれている。そこで弥生文化をつくったという次第である。シュメール人が来て、原住民の縄文人と戦争にならなかったのかと思われるが、戦いはそれほど激烈でもなかったのではないかと推定される。というのは、シュメール人は基本的に平和的で、文弱の民族といってよい。例えば、モヘンジョダロ、ハラッパにいた住民もまた、シュメール人だったと推定されている。ところが、シュメール人は、見事な都市国家を建造する能力があるのに、実に戦争に弱い。あっさり後から来たアーリア人に殲滅されてしまう。このアーリア人が今のインド人で且つウパニシャッドの聖典を書いたとなると、ウパニシャッドのありがたみもなんとなく薄れないか。一方の縄文人も、好戦的であったとする証拠は見えない。

さて第3は、紀元前2500年頃に日本に来て、出雲王朝を打ち立てた銅鐸民族である。銅鐸民族は、3000年前に滅んだ殷王朝の末裔が朝鮮半島を経由して日本に来たものである。あいにく銅鐸民族については勉強不足で全く知らないに等しい。ただ、出雲王朝ということは出雲大社に関係あるのかと思ってしまう。

すると、縄文人も、シュメール人も、銅鐸民族も、得意分野は微妙に違うが、それぞれ高いポテンシャルをもつ民族ばかりで、そういう人達が混交する日本という国の文化程度が高かったとしても、何も意外ではない、ということになる。

ところで、岩田明氏の類型が面白いので引用しておく。日本人は次の3つのどれかに該当するのではないかという。まず、縄文人タイプは温厚で和の精神を尊ぶ平和主義者、次にシュメール人タイプは太っ腹で社交性は抜群だが意外に恐妻家だったりする、さらに几帳面だが頑固でなにかと父権をふりかざす銅鐸民族。実際はかなり混血が進んでいるので、日本人は、これらの混合だろうか。

ところで、縄文文明にしても、シュメール文明にしても、古さや文化程度において、もしかして知られている四大文明を凌駕するかもしれないのに、ほとんど学校で教えられない。それは真理を知りたいとする立場からすると不思議であるが、どうも、ギリシャ・ヘレニズム・ユダヤ・キリスト教文明を正統とする立場からすると、とても癪で封殺してしまいたいのかもしれない。それが証拠に、戦前の日本では、日本文明シュメール起源論がさかんに研究されていたのに、戦後GHQは、目の仇のように、シュメール関係の研究を駆逐した。よって、学校教育ではさわり程度にしか教えないので、ほとんどの社会人は、「シュメール? そんな単語は聞いたことがあるけど、詳しくは知らない。」程度なのであろう。

ということで、自分の無知をうまく利用して、縄文文明/シュメール文明/銅鐸文明について初歩から勉強してみることにする。うまくいけば、気になっている日本語の起源も少し見えてくるかもしれない。

特許法改正の動向

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は、もともと不勉強であるし、法律的センスにも欠けるので、特許法について語るのはおこがましいにも程がある。しかし、一実務屋として、自分の知識を整理するために、特許法改正の動向について簡単にメモしてみる。

その第1は、保護対象としてのソフトウェアの見直しである。確か1999年だったか、特許法第2条で、プログラムが物とみなされるようになった。すなわち、プログラムを通信回線で送ったり、輸入、譲渡の申し出をすることが、そのプログラムに係る特許の実施とみなされるようになった。ここでの問題はおそらく、プログラム自体の保護範囲というよりも、プログラム特許の権利制限であろう。すなわち、例えばもしTCP/IPのプロトコル自体に特許が成立していたら大変なことになる。インターネット全体が保護対象になるからである。そこで、こういうプラットフォームとかインフラみたいなところには特許が成立しにくい仕組みが必要なのではないかと思われる。しかし、それをどうするか、著作権法の第2条みたいにいちいち列挙するか、立法としては難しいところである。

その第2は、差止請求権の制限などを含む特許権の効力の見直しである。ここは上記で述べたこととも関連するが、プラットフォームとかインフラみたいなところ、公共的なところでは、差止請求権を認めにくくする、ということである。民法の権利濫用の法理の拡大である。特許法の中にビルトインするかどうか、これもまた、難しいところである。

その第3は、特許開放等を含む特許の活用促進である。これは例えば、不使用特許の強制ライセンスなのだろうか。そういう方向は多分評判が悪い。これもどう立法化するか難しい。というのは、パテント・コモンズような仕組みは通常、ボランタリが原則である。それでも、極めて公共性の高い特許があったとしたら、おそらく経済産業省あたりがその権利者に、圧力をかけてくるのだろう。その前に、審査の段階で、狭い権利になるように誘導してくるかもしれない。特許制度は結局、経済制度の枠の中にあるからである。

その第4は、迅速、効果的な紛争解決である。これは、仲裁機関を設けるということになるのか。知財高裁の設立はこの一環で随分手続きは迅速化されたが、それでも知財高裁への出訴は敷居がまだ高い。この問題に関するソフトローのアプローチは、まだ始まったばかりである。

その第5は、審査の見直し等による特許の質の向上である。これは特許法の改正で対応するのだろうか。調査データベースの充実化、審査基準の改定などで対応すべきであろう。今既に、日・米・欧の三極の特許庁で、調査内容や審査結果を共有する仕組みが取り入れられつつある。それでみていると、審査促進として申請すると、対応する三極の結果が妥当であるなら、結構速やかに特許査定がなされる。ただ、審査促進の申請は、審査官のスケジュールの変更を強要するので、濫用できない。
日本と欧州の審査の質が高いことは昔から知られているが、米国のそれは、少し前までは噴飯ものの審査があったことは事実である。ところがいまや、KSR判決を境に、米国特許庁の審査レベルが厳格化している。案件によっては日本のそれよりも厳しいものもある。そうやって三極で足並みが揃うと、互いの審査結果を相互信頼して省略する、ということもありえよう。ただ、そういう米国の特許庁が、滞貨の量に苦しみ、日本よりも長い審査期間となっているのは、困ったものである。

その第6は、迅速、柔軟な審査制度の構築である。これも難しいのは、出願件数のバックログが変化することである。インドの特許法みたいに出願して審査が完了する期間までを法律で限定するというのもあるが、これは無理だろう。インド自体も結局、特許庁自体が期間を遵守できていなかった。すると審査官増員か。今の国家予算の逼迫に鑑み難しいだろう。では審査の軽微化は、ということになるが、時代の傾向は寧ろ、審査の厳密化にある。すると、適当な理由であっさり拒絶するインセンティブが働くのか、それも困る。そもそも、審査の質を定量化できない。今後、そういう研究が果たしてなされるのであろうか。

その第7は、国際的な制度調和の推進である。これは分かるのだが、まだXMLフォーマットの統一さえできていない。とりあえず私が願うのは、PCTのフォーマリティの融通のきかなさである。見解書に応答して請求の範囲を補正するのも一苦労である。言語の違いと国内法制の違い、南北問題があって、世界特許はまだ夢のまた夢である。

以上、実に適当に書いてみたが、要するに、オープンイノベーションをいかに特許法に盛り込むかというところがミソであろう。また、それに付随するシステマチックな紛争の解決である。係争や紛争に時間がかかりずきることは、制度の否定にもつながる。

もう一点は、業種別の基準である。例えば、コンピュータ・ソフトウェアと、薬品では、特許実務の基準はうんと異なるべきであり、そこを法制化できないとなれば、審査部・審判部で運用することになる。実は業種別の異なる基準は、審査部・審判部で既に現実的にある程度実施されており、あとは裁判所でとうするか、ということだろう。

出版社の減少

| コメント(0) | トラックバック(0)

asahi.comによると、国内の出版社の数が、4000社を下回ったそうである。以下、引用:

国内の出版社数が、08年度(09年3月)末現在で、30年ぶりに4千社を割ったことが、出版年鑑などを発行する出版ニュース社(本社・東京都千代田区)の調べで分かった。創業した出版社の数も戦後はじめてのひとけた台に減り、出版不況を裏付ける現状が明らかになった。

出版社数は、08年度末で3979社。79年度の4092社からずっと4千社台を維持し、97年度には4612社まで増えたが、その後は倒産・廃業が増え、低落傾向が続いていた。

また、08年度に創業した出版社は9社にとどまった。

1997年といえば、インターネットが流行り始めた頃なので、活字文化がマルチメディアに押され始めた、と考えることもできる。そのせいだけでなく、特に若者で、堅い本をきちんと読むという習慣が次第に低下している、ということもいえる。

ただ、まだ日本に3979社もある、というのは捨てたものではないと思う。よく本が売れなくなったというが、それでも、新築のビルの上層に大型書店が入ったり、郊外に文教堂や蔦や書店が新たに出来ているのをみると、おそらくサブカルチャがメインなんだろうけど、本の売り上げは案外落ちていないのでは、と勝手に想像している。

出版社が減少しているというけれども、個人的には、好きな出版社は増えている。例えば、将棋の本専門の浅川書房、数学専門の横浜図書、マセマなどである。

浅川書房は、河出書房に勤務していた浅川浩氏が独立して作った出版社である。浅川浩氏は、河出書房時代にジャック・ピノー氏の「クレイジー・チェス」などの良書の編集を担当したが、河出書房新社として最強将棋塾シリーズとして、深浦康市の「これが最前線だ!」などの一連のシリーズを出版して、将棋の本に革命を引き起こした。そこでどういう経緯か分からないが、浅川氏は、独立して浅川書房を創設した。そこから出る本は、基本的に、最強将棋塾シリーズの流れを汲んでいる。そして、出る本出る本が、将棋ファンに垂涎である。私は最近も、「矢倉の急所2」森内俊之を買ったが、加藤流矢倉を解説して余すところがない。唯一の欠点は、私の棋力には難しすぎるところだろうか。

横浜図書は、私が作りたいと願っていたような出版社である。すなわち、私は、数学と理論物理専門の出版社をつくりたいと夢想していたことがある。もちろん私が書ける訳がないから、当然に大学巡りして執筆を依頼するのであるが、そこで狙い目はポスドクみたいな人である。すなわち、優秀なんだけど本を書く機会のない人達に気合を入れて数学や理論物理の本を書いてもらう。そして比較的安価で販売するのであるが、ちょっと書店の販売網に入り込むのも大変そうである。考えてみたら私には、資金も、数学や理論物理の目利きも、出版ノウハウもない。すると、まるで田舎の農家で生まれた少女が皇室に嫁入りすることを願うくらいの夢物語か。ということで、横浜図書を応援することにしよう。といいつつまだ一冊も買ってないけど。

マセマは、もともとは数学の受験参考書の専門として出発したが、最近は、大学教養程度の数学・物理の本にも手を広げている。知り合いがいるので、何冊か買ってみたが、確かに分かりやすく書かれていて、役に立つ。

このように、今からの出版社の狙い目は、あるニッチの狭い分野に特化することだろう。ただ、それには、自分が好きな専門分野への深い傾倒と、本が好きであることと、経営手腕と、多少の赤字覚悟で走ることの決意が必要であろう。ようするに、壮大な道楽だなこりゃ、ということだろうか。

シャルル・ナポレオン

| コメント(0) | トラックバック(0)

私が知らなかっただけなのかもしれないが、ナポレオン家の当主である、シャルル・ナポレオンという方がいらっしゃるのを知った。Wikiによると、正式名を、シャルル・マリー・ジェローム・ヴィクトル・ナポレオン・ボナパルトという。1950年生まれというから、私より4歳年上である。

経歴は、「パリ大学で経済学を修める。学位は経済学博士。学位取得後に、財務省、銀行幹部などを経て、サービス関係の会社を設立した。その後、コルス=デュ=シュド県(コルシカ島)のアジャクシオで副市長を務め、2007年の国民議会(下院)選挙に中道政党「民主運動」から出馬したが、落選した。」というから、フランスでも、エリートの方だろう。ここで、コルシカ島が出てくるのが、いかにもナポレオンの子孫らしい。

そういう人が存在することの私の意外感は、次のような理由による。

まず、フランスでは、歴史的に有名な人の子孫は根絶やしにされる、という私の思い込みである。その典型は、フランス革命でギロチン刑に遭ったルイ16世であり、その子孫のことは聞かない。また、ヴォルテールの子孫というのも聞かない。ましてや、ロベスピエールをや、である。

そういう意味では、日本で、本能寺の変で殺された織田信長の子孫、織田信成が、スケート選手として頑張っているのもまた、意外である。

しかし、なんといっても根強いのは、徳川家康の子孫で、18代目の徳川恒孝氏が徳川記念財団を設立し現在に至っているという。一方、最期の将軍、徳川慶喜の四代目の子孫である、慶朝氏は写真家兼静岡文化芸術大学講師であるという。

あとは、元首相の細川護熙氏は、熊本(54万石)の細川藤孝、忠興の末裔である。

ところが、源頼朝の直系はおらず、平家の直系も、いないはず。隠し子がいるかもしれないが、それは分かるはずがない。個人的なことを言うと、瀬戸内海を平家の一族が逃げるとき、私の故郷の島の付近も通過したはずであるが、古記録にも、その一味が上陸したという記述はない。

さらに、外せないのは、藤原道長などが最高の隆盛を誇った藤原氏である。これは、Wikiによると、近衛、鷹司、九条、二条、一条などを名のっているという。すると、戦前総理大臣を務めた近衛文麿も、藤原氏の子孫なのか。この系統は、徳川氏に匹敵するほどの、相当の人数を誇るのかもしれない。もちろん、格式は、徳川氏を上回ることになる。

結論としては、徳川だのナポレオンだのみていると、権勢を誇り、それを利用して子孫を残す戦略を使うと、確かに子孫か残りえるという当たり前のことになる。してみると、子孫を残すことのチャンピオンは、天皇家に嫁がせることに巧みだった藤原氏である、ということもありえる。

NHKの台湾報道

| コメント(5) | トラックバック(0)

Webによると、NHKが、台湾に関する報道で、訴えられたという。

日本の台湾統治を取り上げた番組に偏向・歪曲(わいきょく)があったとして、視聴者らがNHKを相手取り、損害賠償請求の訴訟を起こした。

問題の番組は4月5日に放映されたNHKスペシャル「アジアの"一等国"」である。原告には台湾人も含まれている。「取材に応じた台湾人の話を一方的に都合良く編集している」と指摘し、具体的に台湾統治下の暴動を「日台戦争」と表現したり、先住民族を日英博覧会(1910年)に出演させた企画を「人間動物園」と表現したりしたことを例として挙げている。

いずれも聞き慣れない言葉だ。それをあえて使ったNHK側に戦前の日本と台湾の人々に対する悪意と偏見がうかがわれる。

NHKの取材に協力したのは旧制台北第一中学の卒業生たちだ。日本の良い面も悪い面も話したのに、悪い面だけが放送された、NHKにだまされた、などと訴えている。法廷では、NHKがどんな取材を行い、どう編集したかも明らかにしてほしい。

そういえば、私もこの番組は見ていた。それで、うまく言えないが、腹の底から湧き上がるような不愉快感を覚えた。観ながら、ええと、韓国や中国とは違い、台湾では反日はあまり激しくないのに、と当惑もした。

思い出したが、これは、以前書いたブログで言及した番組の一環である。

上記の記事によると、

NHKによれば、この番組はアジアでいち早く近代国家を目指した日本がなぜ国際的に孤立し、敗戦を迎えたかを振り返るシリーズの1回目という。放送直後から、台湾統治をめぐり「一面的だ」などという批判が相次いでいた。放送法3条は「意見が対立する問題は多くの角度から論点を明らかにすること」と定めている。

まして、NHKの番組は公共放送としての公正さが一層求められている。訴訟を機に、NHK自身が徹底検証する必要がある。

ということらしいが、むべなるかな、である。

しかし、NHKは不誠実にも、何もきちんとした回答をしない。これは、68年目の謝罪で述べたことと似たような傾向を示しており、我が国を内部から貶めようとする勢力があるのか、と邪推してしまう。

私は、皇室の話題の番組があったらチャンネルを換えるくらいで、右翼ともいえないかもしれない。愛国心も大したことはない。それでも、日本国民なのだから、必要以上に自ら自尊心を傷つけることはないのではないか。戦争が終わってそれなにり立ち直ってここまでやってきたのだから、露悪的に過去を振り返ることだけは止めようではないか。マスコミにも切に言いたい。世界史的にみても、自虐的民族が隆盛した、というのを知らないのである。

トヨタの特許管理

| コメント(0) | トラックバック(0)

発明協会の「知財、この人に聞く」のNo.1の丸島儀一氏の巻がとても面白かったので、続編である、「トヨタ歴代知財部長」の巻も買ってみた。実は、丸島儀一氏の巻ほどは期待していなかったのだが、これがなかなかで、ある意味、丸島儀一氏の巻より興味深かった。

興味深かった理由は簡単で、とても個人的なものである。情報処理メーカにいるということと、キヤノンに尊敬する友人がいた、ということで、丸島儀一氏自身のことが、私には最早あまり新規ではない。一方、自動車業界はというと、ほとんどなじみがなく、この本を読んで、えっそうなのか、と思うことが多々あった。

例えば、情報機器メーカにいると、いろいろと特許侵害係争の話を聞く。典型的には、コダックとポラロイドの訴訟であろうか。一方で私は、自動車メーカでは、特許的にはうまく棲み分けがなされていて、ほとんど特許侵害係争ないのではないか、と思い込んでいた。

ところが、この本を読んで早速、その考えが正しくないことを知らされた。少なくともトヨタは、GMなどの特許訴訟に巻き込まれ、苦い目に遭わされているのである。

最初に語る青山高美氏は、1968年にトヨタ特許管理部に配属になり、最初いきなり、フォードの電着特許に苦しめられる。トヨタの上層部は、これではいかんと、特許庁審判部から人材を招聘し、人員の拡充を図った。すなわち、社長自らが既に高い特許意識をもっていたのである。よい発明を出さなくはならないと発明考案委員会をつくり、特許請求の範囲の一字一句までみんなで議論した。社長自身が特許請求の範囲の字句に文句をつけてくるほどであった。

トヨタの特徴は、現地現物主義である。いくら立派な意見を言っても、物を作ってみせないと誰も納得しない。役員にはたたき上げの者も多くて、今でも図面が読めたりする。そんな訳で、特許部の部員は、明細書の作成や中間処理の応答スキルで鍛えられた。

そんな中で、最初は年間600件程度の出願であったが、やはりある程度件数は必要と、簡易提案程度も作られた。特許部員の負担は増えるが、重要分野については、簡単な記述で提案できることとした。

そんな中で大事件は、上記のGMとの訴訟であった。1976年のことである。折からマスキー法が成立して、俳ガス規制をする必要になったが、そのとき一番問題となったのが、GMの触媒コンバータの米国特許第3852041号であった。これはペレット・タイプと呼ばれる触媒コンバータの基本特許で、日産はあっさりGMからライセンスを受けた。他者の追随した。そこでトヨタだけがGMと争った。根拠は、権利無効である。オンセールバーといって、特許出願の1年以上前に、顧客に開示したのではないか、という主張である。一審ではトヨタは勝ったが、二審では負け、結局、いくばくかのお金を払ってGMと和解した。

艱難汝を玉にす、と言われるが、これを機会にトヨタの特許部は脱皮したのである。例えば、GMから訴えられたので、応訴しようと自社特許を探してみたが、まるっきりGMに当てる玉がないのである。当時年間数千件出願してそのうちの主要なものは米国にも出願していたのに、そのことは大変なショックであった。そこでトヨタは動き出す。

まず、特許資料室の開設である。特許資料室といっても半端ではない。昭和26年発行からの自動車関連特許の公報をすべて集めるのである。なんと5億円の初期投資であるが、特許に理解のある社長は、あっさりこれを承認した。

また、特許保証といって、自社製品が他社特許を侵害していないことを保証しようとした。これはとても大変であるが、特許部は必死で取組んだ。当然に下請けにもプレッシャはかかったであろう。また、パテントマップ作りも盛んに行なわれた。他社特許を回避しつつ発明するのである。

1983年からは、量から質への転換が行なわれた。やはり、GMショックが未だ大きかった。具体的に量から質とはどういうことかというと、開発部門に知財部員が入り込んでいく。すると、開発の事情が分かってくるので、重要性も見えてくる。すなわち、重要でないものはトヨタ技術公開集に掲載したり、発明協会の公開技法に載せたりして、公開し、重要なものにフォーカスする。

こうしているうちに、1997年に、知的財産部長が、青山高美氏から江崎正啓氏の代になった。ここで、オープンライセンシング・ポリシーがとられ、今まで単に抑止力であった特許権に活用の途を与えることになった。具体的にどういうことかというと、他社が特許を使っているならきっちりライセンス料を払ってもらう、ということである。もちろん、トヨタの方が払うという場合もある。ある役員は、大幅に持ち出しになったらどうする、と心配したが、結局、収支は黒字であった。

1999年から、出願件数がさらに増えた。これは、技術にパラダイム・シフトが起きて、環境・安全・エネルギー対策が必要になったからである。そのため、嫌でも沢山出願せざるをえなくなった。

2004年に、材料部長であった江崎研司氏が知的財産部長になると、量×質で知的財産の価値を積極的に主張するようになった。また、知財部員であっても、技術の方向付けができる人材、事業の方向付けができる人材を求めるようになった。

以上見てきて感じるのは、トヨタ知的財産部の積極性である。GM訴訟もそうであるが、基本的に逃げない。戦って負けても、只では起きない。まさに徳川家康のようなしぶとさを感じる。1987年には、レクサス訴訟というのがあった。自動車にLEXUSというブランドを付けたら、有名な法律データベースの会社のLEXISが噛み付いてきたのである。指定商品は違うが、LEXIS商標の希釈化をもたらすので、使ってはいけない、という理由である。これは、一審では負けたが、食い下がって二審で逆転勝訴した。普通だったら、LEXUSは止めようと思うところである。

ということで、今更のように、トヨタの総合力、チームワーク、及び強かさを痛感した次第である。

人類月面着陸問題

| コメント(9) | トラックバック(0)

人類月面着陸問題とは、人類は本当に、月の大地に降り立ったのか、という問いである。こういうことをいうと普通、正気を疑われる。可哀想に、会社をリストラになったのか、と思われる。

しかし、これは最早古典的な問いかけであって、雷韻出版「アポロは月に行ったのか?―Dark Moon 月の告発者たち」メアリー ベネット (著), デヴィッド・S. パーシ、五十嵐 友子訳のような著書もある。 もちろん、アポロ計画をきちんと肯定し説明する著書もいろいろとある。

ところで、たまたまブックオフをうろついていたら、副島隆彦「人類の月面着陸はなかったろう論」徳間書店をみつけた。副島隆彦と聞くと、キワモノ扱いする人が結構いる。そこでさらに、人類月面着陸問題となると、怪しさの自乗である。それで買うかどうか迷ったのだが、なにか買うしかないという気持ちに駆られて、読み始めた。

すると、この本のいわば絶叫調の文体にも拘わらず、また、副島隆彦の文科系のバックグラウンドにも拘わらず、問いかけていることは結構まともなのである。

そこで、副島隆彦が問題とする4つの基本的な問いかけをここに掲載してみる。なお、コメントは私のオリジナルのものも含まれる。

まずその第1は、「誰が撮影したか」という質問である。すなわち、月面で楽しそうに2人の宇宙飛行士が歌を歌いながら歩き回るシーンがある。しかし、月に上陸した宇宙飛行士は2人しかいない。すると、遠隔首振りオートフォーカス・カメラで撮ったということになるが、誰がそれを操作するのか。ヒューストンから遠隔で操作するのか。そもそも、1960年代後半に、そんな高性能のカメラがあったのか。また、当時の無線伝送技術でそのようなことが可能であったのか。われわれはつい映画を見ているつもりになって、誰かが苦労して撮影しているという事実を忘れてしまいがちである。写真に関する疑惑は、ここが詳しい。

第2は、「なぜ再び月に人を送らないか」である。1960年代の後半の短い時期に、6回も月面有人着陸を実現しているのである。技術の累積性に鑑みると、その後さらなる改良が図られる訳であるから、もっと容易に月に人を送れるようになるはずてある。その後発展した電子回路、組込みソフトウェア、半導体回路技術、通信技術、メカトロ技術を駆使すれば、かなりのことができるはずなのに、ただスペースシャトルで地球を周回しているだけある。最近になって、宇宙ステーションの建造が進んでいるようであるが、それでも、月に有人ロケットを送ることは試みようとしない。ある本によると、宇宙人から、月探索はしないようにと警告を受けたという説もあるが、これは流石に信じがたい。ともかく、常識的に考えて、ただ廻るだけのスペースシャトルの費用の何回分かで、行けるものなら月に行って探索する方が実りあると、普通考えるのではないだろうか。行けるものなら、であるが。

第3は、「なぜ月を撮影しないか」である。1960年代の後半の時期に本当に人類がそこに到達していれば、いろいろと残留品があるはずで、それを、月を周回する衛星から撮影して公開すれば、懐疑派の疑念を一発で晴らすことができる。人工衛星で北朝鮮の核施設が詳細に解明できてしまう時代である。しかし、NASAは、月の詳細な写真を撮ることを頑なに拒む。

第4は、「月面に有人宇宙船が軟着陸して、その後きちんと離陸して地球に帰ってくることが、最新の技術をもってしても可能なのか」である。これは、当然であるが、1960年代、中学生であった私は、そのことに困難性があるなんて、考えてもみなかった。というのは、いろいろなSF映画を見ていると、いともたやすく、ロケットは下向きに噴射しながら惑星に着陸し、また、いともたやすく離陸していくからである。しかし冷静に考えてほしい。スペースシャトルが今の時代にあっても、どれだけ大仰な設備で打ち上げられているかを。また、どんなに苦労して、神経をすり減らして、大気圏に突入して地上に戻ってきているかを。私の推察は、もしスペースシャトル程度が、最先端のロケット工学だとすると、月面に軟着陸して、その後きちんと離陸して地球に帰ってくる宇宙船を作るのは、今の技術だと難しいのではないか、というものである。

それと、常々思うのは、人体というのは、たんぱく質、糖質、無機質からなっており、とても脆いということである。何もしなくても勝手に癌になって死んだりする。よほど宇宙線を防護しないと、バンアレン帯の外での宇宙での生活には、基本的に、耐えられないのではないだろうか。

さらには、このテレビ番組に紹介されているような内容もある。そこでは、故スタンリー・キューブリック監督の奥さんのクリスチャン・キューブリックが「夫の遺品の書類の中からNASAのトップ・シークレットの書類として、夫が月面着陸の二人の飛行士の様子を、ロンドンの撮影所で撮ることを要請されて実行したものがある」と証言している。こんな嘘は、普通つかないので、真実だろう。また、ラムズフェルド自身が、アポロ計画はいんちきだった、と告白しているのである。ソ連との対抗上、仕方がなかった、と。今更、ちゃぶ台返しもいいところであるが、また、これを冗談だと見ることもできるが、果たして米国一流の韜晦なのか。この告白を、9/11などと似た多極化の一環と考えると、しっくりくる。そう考えると、アポロ疑惑は、9/11以下で、ケネディ暗殺並みのスキャンダルといえるかもしれない。

ネット・スーパー

| コメント(0) | トラックバック(0)

今更、珍しい記事でもないかもしれないんが、下記のような記事があった。

ネットで注文すると玄関まで商品を届けてくれるネットスーパーが、消費不振にあえぐスーパー業界の新しいビジネスモデルとして拡大している。

インターネットで注文すれば自宅まで商品を届けてくれる宅配サービス「ネットスーパー」の利用が拡大している。今月発表された矢野経済研究所の調査によるとネットスーパーの市場規模は、2008年度に前年度比171.1%の231億円まで急伸している。

どういう人が利用するかというと、典型的には、買い物に行く余裕がない共働きの夫婦である。Webから申し込めるので、会社の休憩時間からでも申し込める。

例えば、午前中に注文したら、当日の午後には配達される。お米やお酒、ペットボトルなど、重くて持ち運びに困るものでも玄関先まで配達してくれる。基本的には配送料がかかるが、ある一定額以上まとめ買いすることで、配送料は無料になる。

ただ、ネットスーパー側にも事情はあり、地理的にあまり遠隔の家には対応できない、ということである。配達する方もそれほど多くの配達要員を抱えているわけではない。すると、比較的近所に限定せざるをえない。

こういうネットサービスは、当然かもしれないが、買い手市場でなくてはならない。例えば、ただでさえ不足している産婦人科がネットサービスするということは考えにくいが、過当競争に陥っているマッサージ、あるいは一部内科の町医者などでは、仕事の欠乏に悩んでいる人もいると思われるので、ネットサービスの往診体制をつくることは売り上げを伸ばせるかもしれない。

その他、弁護士、司法書士、税理士なども、ネットサービスによる訪問相談というのを設けたら流行るかもしれない。訪問相談をある固定の安い料金にしておけば、気軽に申し込める。案件が複雑になったら、事務所で継続する。この大競争時代では、そういう軽いフットワークは必須で、センセイだとお高くとまっていたら、弁護士といえども、食いはぐれるのではないだろうか。

以前より、特に米国で、パテント・トロールが問題になっている。どういうことかというと、パテント・トロールと呼ばれる会社は、倒産した会社その他の会社から特許を買い取り、そのうち、権利が広そうなものを使って、主として製造会社を訴えるのである。

訴えられた方は、相手を訴え返そうにも、パテント・トロールと呼ばれる会社は、物を作っていないので、特許侵害で訴える訳でもいかない。なにか特定のサービス・ビジネスをしていればいいが、トロール業以外に何もしていないとすると、手の出しようがない。すると、取りえる策は、せいぜいが、特許無効を申し立てたり、非侵害を主張するくらいであるが、その間、訴訟費用と手間がかかって仕方がない。

すると、最近、次のようなパテント・トロール対策会社があるという。

パテント・トロール訴訟対抗に特許を取得する目的で設立された米RPXは1月28日、同社の集約的特許防衛サービス「RPX Defensive Patent Aggregation」に、エプソンが、日本企業として初めて加入したと発表した。

RPXは、特許権を取得し、防衛的特許プールとして年会費を支払う技術系企業に提供して、特許関連リスクとNPEの訴訟により発生するコストを低減する集約的特許防衛サービスを、2008年11月から開始。IBM、シスコなど5社がすでに加入しており、エプソンは6社目のメンバーとなるという。

なお、NPE(non-practicing entities)とは、実際には製品やサービスの事業を行わない企業のことで、研究開発で特許を取得するのでなく、企業にライセンスを強要することのみを目的に特許を取得し、事業を行っていないため反訴の対象ともならない。

RPXのエラン・ザー社長は、「エプソンのようなIT企業は、NPEによる特許使用料訴訟のターゲットとなることが多く、RPXの強力な特許防衛サービスによって、エプソンは今後発生するであろう多額の訴訟費用とライセンス料のコストを回避できると予想しています。」と述べている。

また、次のような記事もある。

特許防衛サービスの米RPXは、電機大手のソニー(東京都港区)が、RPXの集約的特許防衛サービスに加入すると発表した。RPXは、非事業実施機関(NPEs)により起こされた特許に関する訴訟と権利主張にかかるコストを削減するために、特許防衛サービスを提供している。NPEsによる訴訟は、技術企業にとって年間数十億ドルの負担を強いられる問題で、現在この種の問題が急増しているため、対策が必要とされている。ソニーは、メンバー加入に付随して、今月26日に東京本社で日本の知財専門家を対象に、NPEsによる訴訟問題に関する会合をを開催する予定。

上記で26日とあるのは、6月26日のことで、もう過ぎている。ところで、詳しくは知らないが、私のもっている知的財産に関するささやかな知識に基づき、パテント・トロール対策会社は次のようなものかと推察する。もちろん、私の勝手な推察にすぎないことを断っておく。

先ず、会員企業を募り、ある額の会費を納めてもらう。

会員企業が、パテント・トロールに訴えられたら、パテント・トロール対策会社は、代理で、パテント・トロールと、交渉する。このため、パテント・トロール対策会社は、弁護士、弁理士などのスタッフを抱えていると思われる。

パテント・トロール対策会社の主要な対策は、当該特許の買取である。昨今、特許侵害訴訟において、原告側の勝率が下がっている。これはアンチ・パテントの傾向に従ったものであるが、そういう傾向にあると、パテント・トロールとしても訴訟を続けるよりも、妥当な額でパテント・トロール対策会社に特許を売ってしまう方のインセンティブが働く。

パテント・トロール対策会社は、会員企業に、買い取った特許をライセンスする。そのライセンス料も、会費に含まれていると考えることもできる。

そうやって、パテント・トロール対策会社に、買い取った特許が蓄積されると、非会員企業にとって潜在的脅威になるので、パテント・トロール対策会社の会員になるインセンティブが働く。

それでよく分からないのは、パテント・トロール対策会社は、会員企業が、パテント・トロールでない普通の会社から訴えられた場合も、サポートするのだろうか。

また、最近の傾向として、NPEからの特許侵害訴訟に、裁判所が差し止めを認めないだけでなく、損害賠償も著しく低く認定するようになっているように思われる。もしそういう傾向が進むと、パテント・トロール対策会社の役割は次第に終焉する。ただ、それが簡単に実現される、ということは考えにくい。

ともかく、簡単に紹介してみた次第である。

男性更年期障害

| コメント(2) | トラックバック(0)

朝、NHKの番組を見ていたら、健康番組で、男性更年期障害の特集があった。私は、たまたま母がひどい更年期障害で苦しんでいたのを知っているので、一般的に男女にかかわらず、ある程度の年齢になると、更年期障害というのはあるのだろうと若い頃から思っていた。

ただ、女性だと閉経という重大なエポックがあるが、男性にはそのような明確な指標はないので、男性の場合、じわりじわりと更年期障害の症状は出てくるようである。下記がその典型的な症状である。

・うつ症状
・仕事がつらい
・集中力が続かない
・やる気が出ない
・毎日が楽しくない
・イライラする
・疲労感
・不眠症状
・筋肉痛がとれない
・肩こり
・頻尿
・ほてり、のぼせ
・腰や手足の冷え
・汗をかきやすい
・性欲がなくなる
・朝勃ちの回数が減少する

これをみて私が苦笑いするのは、こういうことは私は、若い頃からあった、ということである。もともと私は、エネルギッシュなタイプではない。20代の普通は血気盛んといわれる年代の頃に、暗く部屋に籠もって、趣味で一日中プログラミングしていた。すると、睡眠不足や運動不足、ジャンク・フードしか食べないなどのこともあるのかもしれないが、まだ若いのに、「性欲がなくなる」とか「朝勃ちの回数が減少する」ということも起こるのであって、それは擬似男性更年期障害なんだろうか。

また、上記のほとんどの症状は、サラリーマンとして仕事や人間関係がうまくいかないときにあらわれる。だから、純粋にホルモンのバランスかどうか、いよいよ切り分けが難しい。

そのホルモンのバランスであるが、40歳頃から男性ホルモンの減少が加速するという。ただ、男性ホルモンは相当に個人差があるようである。ヤクザや刑事など、男性ホルモンが豊富なようである。確かに、山口組の組長とかいう人が、集中力が続かない、腰や手足の冷え、筋肉痛がとれないなどというのは、考えにくい。

また、ストレスをためるタイプの男性は更年期障害になりやすい、というと、真面目で誠実なサラリーマンのほとんどがこれに該当することになる。適当にやっている人、人を利用したり押しのけてもなんとも思わない人は、更年期障害になりにくいのかもしれない。

では、男性更年期障害の治療方法であるが、あまり決定的なものはないようである。例えば、以下のものがある。

1.ホルモン補充療法
男性ホルモンを投与する療法だが、副作用があり、あまり勧められない。

2.自然・健康食品
マカなどの、いわゆる回春系のサプリメントが有効らしい。ただ、私は使ってみた経験はない。

3.日常生活を見直し、明るく前向きに乗り切る!
これは、そうなんだけど、なかなか難しい。じっくりマイペースでやるしかない。

それで、私の感想なのだが、私は、若い頃からまるで男性更年期障害みたいだったと述べたが、例外の期間が若干あって、それは、恋をしていた時期である。あまり長くはないが、そういう時期は、気持ちが昂ぶり、元気が出て、比較的男性更年期障害のようではなかったかもしれない。

ただ、そういう時期がハッピーかというと必ずしもそうでない。私は、恋をすると苦しくて、これは病気だ、早く病気から直りたいと心のどこかで思ってしまう。何が嫌といって、恋をすると、論理的なことが考えられなくなってしまう。それはどうも、私の人生ではないような気がするのである。恋愛こそ命、という人の気が知れない。

そういう意味では、男性更年期障害のようによろよろしながら生きてくるのは、私には案外しっくりくる。すると、世間の男性更年期障害に言いたいのは、その状態を肯定して、下手に強壮でなくてはいけないとか思わなくていいのではないか、ということである。

いい歳して、強壮でばりばりと働くのを世間では賞賛するのだろう。でも、私はいかにもさもしいと、どこかで思う。よくも悪くも、私の人生観である。

原爆投下の理由

| コメント(3) | トラックバック(0)

米国がなぜ、日本に原爆を投下したのかという理由は、おそらくよく知られていることになっている。それは要するに、日本が降伏しないので、日本本土上陸作戦を敢行しなくてはならない。すると、米兵に多くの死傷者が出るに違いない。その推定には、硫黄島での激戦の印象が強く焼きついている。そこで、原爆投下によって降伏を早め、日本本土上陸作戦を回避する。

それは、おそらく間違いではないのだろう。しかし、もっといろいろな人の判断の錯綜やその他の理由もあったに違いない、と思っていたら、「アメリカはなぜ日本に原爆を投下したのか」ロナルド・タカギ、山岡洋一訳、草思社という本をたまたま入手した。そこで、この本に基づき、メモしてみる。

まず、原子爆弾の原理は、レオ・シラード他に何人もの物理学者が共同で考案した。この核分裂の原理自体は、ドイツ人も日本人も理解していた。ただ、原理を理解することと、それを工学的に製造することには大きな距離がある。そもそも、ウラン濃縮の核化学もほとんどまだ研究されていなかった。

そのようなとき、ナチスドイツとの戦争が始まると、シラードやオッペンハイマーらの物理学者は、1939年に、時のルーズベルト大統領に、原子爆弾の開発を緊急で進言した。ドイツは、ハイゼンベルグなどの優れた物理学者を擁し、原子爆弾開発のポテンシャルがある、と恐れたのである。ドイツに先行されたら致命的なことになる。ただ実際は、ドイツでは、計画はあったが、具体的な計画は進行していなかった。ウラン精製の方法がまだ分かっていなかったのである。日本に至ってはまだ、理論的なレベルに留まっていた。

それは、マンハッタン計画と呼ばれ、20億ドルという巨額の費用をかけた巨大プロジェクトであった。それの開発を続けているうち、1945年5月7日に、ドイツは無条件降伏してしまう。すると、ドイツに先んじるという原爆開発の当初の目的は、これでなくなった。しかし、20億ドルという巨大プロジェクトの慣性は絶大で、オッペンハイマーのリードのもと、着々と原子爆弾の開発は進んでいった。

あとは、これが完成した暁には、どう使うかが問題となる。そうしているうちに、日本の敗色は、いよいよ濃厚となり、誰の目にも負けは明らかになった。あとは、戦勝国による、敗戦後の計画である。1945年7月17日から始まるポツダム会談の頃、既に原子爆弾の実験は成功しており、米国大統領トルーマンは、意気揚々と会談に臨んだ。その席で、ソ連のスターリンの覇権の意図を痛いほど感じたトルーマンは、原子爆弾をソ連に対する示威に使うことを想定した。

実は、トルーマンは、もともと、ルーズベルト大統領の副大統領にすぎず、それも、ほとんど偶然のように就いた地位であった。周囲だけでなく、本人も、重責を担う器量があるなど信じていない。それが、ルーズベルトが突然1945年4月12日に病死すると、トルーマンは大変ショックを受けた。意図せず、自分が、ある意味世界で最も重い責任を負わなくてはならなくなったからである。マスコミはすかさず、新大統領の経験のスキルの不十分さを揶揄した。それで、トルーマンは意地になって男らしく素早く決断しようと強がった。

トルーマンは南部の出身で、リンカーンが大嫌いだった。とても人種差別的で、日本人を心から軽蔑しようとした。いや、本当はその潜在能力を恐れていたのかもしれない。それで一層、真珠湾攻撃を卑怯だと煽った。バターン死の行進などの捕虜虐待に憤り、硫黄島や沖縄本土決戦の頑強な戦いから、今後も戦争が続くなら、米軍にも多数の犠牲者が出ると憂慮した。そこで、決定的に日本の戦意を挫く武器としての原子爆弾に着目したのである。それはソ連に対する十分すぎる示威にもなる。

実際、ある米軍関係者は、日本本土上陸作戦による米軍の被害を50万人と踏んだ。本土上陸は、1945年10月1日に、九州、と予定されていた。もし、原爆で日本の戦意を挫いて降伏に追い込むなら、それは有意義だ、とトルーマンら首脳は、思った。原爆は、軍事施設ではなく、都市部に落とさなくてはならないとも思った。そのために民間人の犠牲もやむをえない。そこに、トルーマンらの人種的偏見があったのは否めない。

ところが、アイゼンハワー、マッカーサ、レーヒという米軍の指導者達は、戦争の終結に、原爆の使用は不要と思っていた。寧ろ、無条件降伏を要求する代わりに、天皇制の保持を含む条件をつけて降伏を要求することの方が重要と考えた。しかし、当初、トルーマンはそれで同意しなかった。その条件が最期に入れられたのは、グルー元駐日大使の進言による。

一方、マンハッタン計画に携わったオッペンハイマー、シラード、コンプトンなどの物理学者達は、原爆の日本の民間人への使用に反対し始めた。明らかに人倫に悖るというのである。スティムソン陸軍長官も強く反対した。それは、民間人の大量殺傷となって、フェアプレイの精神に悖る。下手したら後世、米国がヒットラー・ドイツ以上の残虐国家として記憶されるかもしれない。その信頼失墜は覆いがたい、というものであった。

しかし、バーンズ国務長官ら強行派の意見を留めるのは難しかった。ジャップをやっつけろ、の乗りである。いろいろな意見を聞いていたトルーマン大統領は、昔からの知り合いでもあるバーンズに弱虫と思われたくなかった。それで、俺は男だと言わんばかりに、1945年7月25日に、ついに日本に原爆を落とす決断を下した。

ターゲットは、広島と小倉が選ばれた。どちらも軍事基地があり、まだ、東京などのように本格的に空襲を受けていない。こうして1945年8月6日、北マリアナ諸島、テニアン島から、原爆を積んだB29が飛び立った。広島に落ちた原爆で即死したのは7万人であった。ところが、そこから1945年11月までに更に6万人が亡くなり、1950年までに更に7万人が亡くなった。放射能による遅効性の被害の恐怖である。

1945年8月9日に小倉に向かって、テニアン島から飛んだB29は、小倉上空は雲が厚いので原爆投下を断念して、第2の候補地、長崎に向かった。長崎では、7万4千人の死者にのぼった。

1945年8月6日の夜、テニアン島では、能天気な兵士どもによって、祝賀パーティが開かれた。しかし、爆弾装備を手伝った物理学者達は、祝賀パーティへの出席を拒んだ。恐るべき兵器の開発に関与した物理学者のほとんどは、深い悔恨の念を共有したのである。

さて果たして原爆投下が、日本の無条件降伏受諾を早めたのかどうか、その判断はまだ歴史的に決着がついていない。なぜなら、「終戦秘史」下村海南、講談社学術文庫によると、天皇の玉音放送を力ずくで阻止しようとした軍部の一部の不逞の輩は、原爆投下の事実は知らなかったからである。ただ、天皇のご聖断の決意を強めたのは確かであった。

一方のトルーマンであるが、大統領の職から降りても、原爆投下決定のことで後悔したという、そぶりは全く見せなかった。寧ろ、ベストの判断だったといい続けた。しかしそれは精一杯の虚勢であったかもしれない。なぜなら、後年の取材で広島のことが話題に出ると、動揺の色を隠せなかったという。

私は責任をとるという意味をときどき考える。トルーマンは一体、どうやって来世に亙って、この巨大な責任をとるのだろうか。あるいは、天は、トルーマンに責任はないと見過ごすのだろうか。

ともあれ、トルーマンは、原爆投下決定を決定をした空前絶後の首長であるべきである、これだけは言える。

興味の死

| コメント(3) | トラックバック(0)

会社の知人の知り合いに大学の教師をしている人がいて、なんでも、歴史のある一時代の研究をしている、という。すると、ある意味狭く深い研究になる訳だから、その分野では、権威ということになって、いろいろな意味で自分の拠り所となっている、ということである。

そこで、知り合いに聞くと、その大学の教師が最も恐れているのは、「興味の死」なのだという。説明の要もないと思うのだが、あえて蛇足で説明すると、今までは、興味に引かれて、その分野の研究を推し進めてきた。すなわち、興味こそがエンジンであった訳である。

ところが、よく考えてみると、なぜその分野に興味をもったのか、ということは偶然であったし、今まで興味を維持できた、ということも偶然であった。ということは、突然、その分野の興味を失うことはありえる。

そこで、突然、その分野の興味を失ったらどうなるか。最早情熱をもってその時代の文献を読み進めることができなくなるだろう。そして、あるレベルの論文は最早書けなくなるだろう。では、他の分野に研究を移すか。それには、そこに興味が感じられなくてはならない。しかし、人工的に興味は作り出せるのか。それは、ある異性を好きになることにも似ている。分かりやすいことだが、異性だから誰でも好きになれる、という訳ではない。それでも、異性なら、別の異性に心を移すことは比較的容易かもしれない。しかし、学問はもっと微妙である。もしかして、学問全般に対する興味を失って回復できないこともありえる。これは学者としてのアイデンティティにも関わる問題である。

これはとても誠実な学者の悩みであって、もっと俗な学者はうまくやっていく。すなわち、学問に対して興味を失ったら今度は、学内政治に情熱を燃やす。今更学問に興味きなくても、いささかの過去の業績を使い廻せばよい。そうして教授にでもなると、研究は准教授や講師に任せて、講演、学内会議、授業、過去の業績のまとめ、教科書の執筆などに忙しく時間を過ごす。学問に対する情熱を失っても、各部学生相手の授業くらいは平気である。

ただ、学生の側にも情熱に溢れた学生はいる。すると、以心伝心で、教える側の教授や講師で、興味がほとんど死んでしまっている、内心ミイラのような人達を沢山見出す。そして、突然授業がつまらなくなる。これは、興味の死という病気が感染したのである。

それでも、何ほどかの有為の学生は、情熱に溢れた教師に出会うという幸運を享受する。何ほどかの有為の学生は、自ら学習して興味を鼓吹する。

考えてみれは、これはこれで、予定調和されたシステムなのかもしれない。大抵において興味はほとんど必然で死ぬ。そういう抜け殻を支援するために、教授、准教授などの地位がある。愛の醒めたカップルを支援する結婚制度となにも変わるところはない。

すなわち、倦怠期はなんにでもあるので、倦怠期を迎えてからが人生の中盤の勝負なのである。だから、上記の会社の知人の知り合いの誠実な大学の教師は、来るならきてみろ倦怠期と、開き直ればいいのである。もし結婚しているのなら、夫婦のそれの方が間違いなく先だろう。

丸島儀一

| コメント(2) | トラックバック(0)

丸島儀一氏は、元キヤノン知的財産担当専務取締役で現東京理科大MOT客員教授、日本の特許業界で知らない人はいないビッグネームである。

ただ私は、なかなか、丸島氏とお会いする機会もお話を聞く機会もないので、「知財、この人にきく」発明協会を読んでみた。これは、特許コンサルタントの富岡康光氏が、丸島儀一氏にインタビューした記録であり、富岡氏も業界練達なので、なかなか感じがでている。そこで、この内容を私なりにメモしてみる。

すると先ず目を引くのが、知財のための知財であってはならない、事業を強くするための知財でなくてはならない、目先の稼ぎに拘ってはならない、という言葉である。

特に、目先の稼ぎに拘ってはならない、という言葉は結構意外である。というのは、東芝などの日本の主要な会社が特許ライセンス収入が赤字といっていた1990年代後半の頃、キヤノンは10億円のライセンス料黒字と聞いた。それで、てっきり、ライセンス料指向かと思っていたら、どうも事業参入阻止の和解金のようなもののようである。すなわち、その和解金を払わないなら、訴訟するぞ、という訳である。

そういう意味で丸島氏は寧ろ、重要特許をライセンスすることに反対である。それによって競合会社の参入を許すからである。繰り返すが、丸島氏の意図は事業を強くするための知財なので、事業独占を促すために知財を使いたいということである。

では、事業を強くするための知財とはどういうことかというと、知財部員が積極的に事業部、研究開発部に入り浸り、開発の源流から関与する。このために、知財部員が関連技術を理解することは必須となる。そうしないと、そもそもが事業部、研究開発部に入り込めない。

では知財部員は、技術オリエンテッドで、開発部隊に関与していさえすればいいのかというと、丸島氏はそれではいけない言う。すなわち、研究開発だけでなく、権利取得、活用という3つのステージを経験し視座にいれることを要求する。

活用という意味では、丸島氏は、契約にも厳しい。ここで契約というのは、共同開発契約などである。いくらいい特許権をとっても、共同開発契約がザルだと、みすみす相手に安易にライセンスしてしまうことがあり得る。そこで、他社との契約の際、その契約条項をきちんとレビューして安易な譲歩をしないことを旨とする。

特許権に戻って、丸島氏は、周辺も含めて有効な特許をとるためには、どうしてもかなりの件数の特許を出願せざるを得ないという。一本の基本特許だけだと、他社に周辺を固められたら、どうしようもなくなる。そこで、キヤノンにおいては、必然的に、特許出願件数は多くなる。要するに、束で権利を守り、他社の参入を防ぐ。

この意味で、質のよい特許とは、丸島氏的には、目的を達成する特許のことである。権利の安定性のことではない。また、技術の評価は技術部門に任せる、という。妥当であろう。

丸島氏は、キヤノンにあって、知財を武器に、というよりも、事業部に貢献する知財という評判を武器に、社内で存在感を増していった。社長から信任され、知財担当なのに、全社の研究開発も責任範囲においたことがある。というのは、事業部ごとにばらばらの社内にあって、知財部が特許の力で唯一全社を横串にできる、と指名されたからである。これはまた、丸島氏の強烈な個性による。

丸島氏の強烈な個性が発揮されたのは、知財における交渉の場である。丸島氏を社外に有名ならしめたのはまさに、そのタフ・ネゴシエータぶりなのであった。

すると丸島氏は、知財部員にも厳しい条件を課す。技術、法律、語学の3つに熟練せよ、という。その厳しさゆえに、社内でも相当毀誉褒貶があったと聞く。しかし、キヤノン社内にあって、どんなに丸島を嫌いでも、彼の能力と実績を否定する人はいないということである。

部外者である私には、もちろん、キヤノン知財部門の内情は分からないが、とても強い特許ポートフォリオと、統制のとれた組織を築きあげているように思われる。

ところで、チェスブローのオープン・イノベーションの書物などの影響で、このようなキヤノンの特許管理やサムスンの特許管理は時代遅れになったように思われる。すなわち、知財部は、知財のための知財を飽くなき追求し、お金を稼ぐ。

ただ、その背景に、製造業からパラダイム・シフトした多くの企業がある。サービス・ビジネス、金融ビジネスにあっては、知的財産もまた、容易に証券化され、資産として一人歩きする。

それでいいのか、という反省が最近、生まれ初めていないか。しかし、キヤノンもサムスンも、迷いなく、いわば古典的ともいえる事業支援的な特許管理を貫く。そこで私は、そろそろ特許管理にも、ルネサンス(古典回帰)が必要なのではあるまいか、と恐る恐るつぶやくのである。そのとき、丸島氏の古典力学的なダイナミズム溢れる特許管理は、1つのヒントとなる。

縄文の仮説

| コメント(0) | トラックバック(0)

かなり古い本であるが、栗本慎一郎に「縄文式頭脳革命」講談社文庫、という本がある。これによると、縄文時代は、実は半端ではなかった、ということが書かれている。そこで、以下、メモしてみる。

・縄文時代は、1万年以上に亘って栄えた、高い文化をもった時代であった。

・巨大な石を用いた土木技術に優れていた。

・奈良にある大和三山(畝傍山、香具山、耳成山)は、縄文人が築き上げた人口の山である。なぜなら、畝傍山、香具山、耳成山は丁度、二等辺三角形をなすように位置し、その二等辺三角形の中線は、縄文時代の神の中心の山とされる、三輪山を正確に通過する。

・一縄文里は、1620メートルである。そこで、富士山を基点として、十縄文里で日本地図に菱線を描くと、三輪山、大和三山、白山、木曾駒ケ岳、那智山、太郎坊などメジャーな山がすべて、その格子状の菱線上にある、という。すなわち、流石に富士山は天然の山としても、いくつかの山は、縄文人が作ったと考えられるという。その土木技術たるや、恐るべしである。

・それらの山の頂上には、鏡石が発見されている。すなわち、太陽の光をこれらの鏡石が反射させて、光のネットワークが形成される。それらの光は、1つは宗教的意味、さらには光通信であったという。

・それらの光パルスは、脳幹を刺激する意味があった。それはまさに、脳幹の集団的刺激であり、集団的意識改革であった。

という一連の話であるが、ちょっと素直には信じられない。ただ、巨石文化というところで、単に聞き逃せないものがある。先ず、南米の太陽のピラミッドと呼ばれる、ティオワカン。次に、トルコのカッパドキア遺跡群。そして、言わずとしれたエジプトのピラミッド。これらの建造は、古代の既知の土木技術で説明がつくことになっているが、本当にそうなのか。最近の土木技術をもってしても、相当に困難なのではあるまいか。縄文の仮説も、その延長線上で問われるべきである。

手塚治虫の「三つ目がとおる」は、古代巨石文化をモチーフにしたものであった。

私のこの分野の知識の浅さもあって、とりあえずメモだけにしておく。

このアーカイブについて

このページには、2009年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年6月です。

次のアーカイブは2009年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。