原爆投下の理由

| コメント(3) | トラックバック(0)

米国がなぜ、日本に原爆を投下したのかという理由は、おそらくよく知られていることになっている。それは要するに、日本が降伏しないので、日本本土上陸作戦を敢行しなくてはならない。すると、米兵に多くの死傷者が出るに違いない。その推定には、硫黄島での激戦の印象が強く焼きついている。そこで、原爆投下によって降伏を早め、日本本土上陸作戦を回避する。

それは、おそらく間違いではないのだろう。しかし、もっといろいろな人の判断の錯綜やその他の理由もあったに違いない、と思っていたら、「アメリカはなぜ日本に原爆を投下したのか」ロナルド・タカギ、山岡洋一訳、草思社という本をたまたま入手した。そこで、この本に基づき、メモしてみる。

まず、原子爆弾の原理は、レオ・シラード他に何人もの物理学者が共同で考案した。この核分裂の原理自体は、ドイツ人も日本人も理解していた。ただ、原理を理解することと、それを工学的に製造することには大きな距離がある。そもそも、ウラン濃縮の核化学もほとんどまだ研究されていなかった。

そのようなとき、ナチスドイツとの戦争が始まると、シラードやオッペンハイマーらの物理学者は、1939年に、時のルーズベルト大統領に、原子爆弾の開発を緊急で進言した。ドイツは、ハイゼンベルグなどの優れた物理学者を擁し、原子爆弾開発のポテンシャルがある、と恐れたのである。ドイツに先行されたら致命的なことになる。ただ実際は、ドイツでは、計画はあったが、具体的な計画は進行していなかった。ウラン精製の方法がまだ分かっていなかったのである。日本に至ってはまだ、理論的なレベルに留まっていた。

それは、マンハッタン計画と呼ばれ、20億ドルという巨額の費用をかけた巨大プロジェクトであった。それの開発を続けているうち、1945年5月7日に、ドイツは無条件降伏してしまう。すると、ドイツに先んじるという原爆開発の当初の目的は、これでなくなった。しかし、20億ドルという巨大プロジェクトの慣性は絶大で、オッペンハイマーのリードのもと、着々と原子爆弾の開発は進んでいった。

あとは、これが完成した暁には、どう使うかが問題となる。そうしているうちに、日本の敗色は、いよいよ濃厚となり、誰の目にも負けは明らかになった。あとは、戦勝国による、敗戦後の計画である。1945年7月17日から始まるポツダム会談の頃、既に原子爆弾の実験は成功しており、米国大統領トルーマンは、意気揚々と会談に臨んだ。その席で、ソ連のスターリンの覇権の意図を痛いほど感じたトルーマンは、原子爆弾をソ連に対する示威に使うことを想定した。

実は、トルーマンは、もともと、ルーズベルト大統領の副大統領にすぎず、それも、ほとんど偶然のように就いた地位であった。周囲だけでなく、本人も、重責を担う器量があるなど信じていない。それが、ルーズベルトが突然1945年4月12日に病死すると、トルーマンは大変ショックを受けた。意図せず、自分が、ある意味世界で最も重い責任を負わなくてはならなくなったからである。マスコミはすかさず、新大統領の経験のスキルの不十分さを揶揄した。それで、トルーマンは意地になって男らしく素早く決断しようと強がった。

トルーマンは南部の出身で、リンカーンが大嫌いだった。とても人種差別的で、日本人を心から軽蔑しようとした。いや、本当はその潜在能力を恐れていたのかもしれない。それで一層、真珠湾攻撃を卑怯だと煽った。バターン死の行進などの捕虜虐待に憤り、硫黄島や沖縄本土決戦の頑強な戦いから、今後も戦争が続くなら、米軍にも多数の犠牲者が出ると憂慮した。そこで、決定的に日本の戦意を挫く武器としての原子爆弾に着目したのである。それはソ連に対する十分すぎる示威にもなる。

実際、ある米軍関係者は、日本本土上陸作戦による米軍の被害を50万人と踏んだ。本土上陸は、1945年10月1日に、九州、と予定されていた。もし、原爆で日本の戦意を挫いて降伏に追い込むなら、それは有意義だ、とトルーマンら首脳は、思った。原爆は、軍事施設ではなく、都市部に落とさなくてはならないとも思った。そのために民間人の犠牲もやむをえない。そこに、トルーマンらの人種的偏見があったのは否めない。

ところが、アイゼンハワー、マッカーサ、レーヒという米軍の指導者達は、戦争の終結に、原爆の使用は不要と思っていた。寧ろ、無条件降伏を要求する代わりに、天皇制の保持を含む条件をつけて降伏を要求することの方が重要と考えた。しかし、当初、トルーマンはそれで同意しなかった。その条件が最期に入れられたのは、グルー元駐日大使の進言による。

一方、マンハッタン計画に携わったオッペンハイマー、シラード、コンプトンなどの物理学者達は、原爆の日本の民間人への使用に反対し始めた。明らかに人倫に悖るというのである。スティムソン陸軍長官も強く反対した。それは、民間人の大量殺傷となって、フェアプレイの精神に悖る。下手したら後世、米国がヒットラー・ドイツ以上の残虐国家として記憶されるかもしれない。その信頼失墜は覆いがたい、というものであった。

しかし、バーンズ国務長官ら強行派の意見を留めるのは難しかった。ジャップをやっつけろ、の乗りである。いろいろな意見を聞いていたトルーマン大統領は、昔からの知り合いでもあるバーンズに弱虫と思われたくなかった。それで、俺は男だと言わんばかりに、1945年7月25日に、ついに日本に原爆を落とす決断を下した。

ターゲットは、広島と小倉が選ばれた。どちらも軍事基地があり、まだ、東京などのように本格的に空襲を受けていない。こうして1945年8月6日、北マリアナ諸島、テニアン島から、原爆を積んだB29が飛び立った。広島に落ちた原爆で即死したのは7万人であった。ところが、そこから1945年11月までに更に6万人が亡くなり、1950年までに更に7万人が亡くなった。放射能による遅効性の被害の恐怖である。

1945年8月9日に小倉に向かって、テニアン島から飛んだB29は、小倉上空は雲が厚いので原爆投下を断念して、第2の候補地、長崎に向かった。長崎では、7万4千人の死者にのぼった。

1945年8月6日の夜、テニアン島では、能天気な兵士どもによって、祝賀パーティが開かれた。しかし、爆弾装備を手伝った物理学者達は、祝賀パーティへの出席を拒んだ。恐るべき兵器の開発に関与した物理学者のほとんどは、深い悔恨の念を共有したのである。

さて果たして原爆投下が、日本の無条件降伏受諾を早めたのかどうか、その判断はまだ歴史的に決着がついていない。なぜなら、「終戦秘史」下村海南、講談社学術文庫によると、天皇の玉音放送を力ずくで阻止しようとした軍部の一部の不逞の輩は、原爆投下の事実は知らなかったからである。ただ、天皇のご聖断の決意を強めたのは確かであった。

一方のトルーマンであるが、大統領の職から降りても、原爆投下決定のことで後悔したという、そぶりは全く見せなかった。寧ろ、ベストの判断だったといい続けた。しかしそれは精一杯の虚勢であったかもしれない。なぜなら、後年の取材で広島のことが話題に出ると、動揺の色を隠せなかったという。

私は責任をとるという意味をときどき考える。トルーマンは一体、どうやって来世に亙って、この巨大な責任をとるのだろうか。あるいは、天は、トルーマンに責任はないと見過ごすのだろうか。

ともあれ、トルーマンは、原爆投下決定を決定をした空前絶後の首長であるべきである、これだけは言える。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1339

コメント(3)

ここここここここ

大変興味深い記事でした。

転載~

>なぜ京都は爆撃少なかったか → 原爆予定地だった、 投下されていたら南京大虐殺の人数はさらに50万人とされただろう。

京都への空襲が控えられたのはアメリカ人東洋美術研究者ウォーナーの進言のおかげであるなどと戦後信じられて来たがそれは事実でなく、むしろ米の日本占領政策プロパガンダのために仕立て上げらものであることを歴史研究者吉田守男『日本の古都はなぜ空襲を免れたのか』で明らかにした。

終戦間近にフランクリン・ルーズベルトが死んだことを神に感謝したい。京都及び日本にとって不幸中の幸いであった。この男は日本に20個ほどの原爆を投下し日本を完全に壊滅するつもりであったからである。(なぜ京都は爆撃少なかったか?8月23日/京都新聞「天眼」哲学者寄稿)

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年7月 3日 07:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「興味の死」です。

次のブログ記事は「男性更年期障害」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。