日本人のルーツ

| コメント(2) | トラックバック(0)

日本人のルーツはどういう民族か、という議論は、それはもう山ほどあって、しかも特に私はその方面に疎いときているので、自分を教育するために、メモしてみよう。

そこでベースとするのは、「日本超古代文明シュメール伝説の謎」岩田明著、日本文芸社で、一見トンデモ本のようであるが、じっくり読んでみると、結構まともである。

ここで、岩田明氏の経歴を紹介しておくと、1955年に東京商船大を卒業して、一等航海士になった。そして三井船舶に入社し、世界一周航路など海上勤務に就いた。1983年に独立し、評論家になった。どちらかというと歴史学の系統である。大石泰彦東大名誉教授に師事とあるけど、大石名誉教授の専門は、経済学なのであった。

さて、岩田明氏によると、日本のルーツは、下記の3つの系統からなる。なお、下記のコメントは私が適当に書き足しているので、岩田氏の著書の内容には、必ずしも対応していない。

その第1が、縄文人であり、一番古い。かつては縄文人は、石器時代のような暮らしをしていたと考えられていたが、今ではその認識は改められ、1万年も前から、農耕、都市の建設など文化的な生活をしていたとされる。前にも書いたが、縄文人はおそらく巨石文化をもつ。これは、ピラミッド、ディオワカン、イースター島などとも関係があるのかもしれない。縄文人はどこから来たか、という問いかけは当然にあり、それはおそらく、樺太あたりからではないかと思われる。なぜなら、昔は、日本列島は、陸続きであった。ただ、ムー大陸ではないが、太平洋の先進文化の民が縄文人という可能性もあるのかもしれない。もしそうなら、巨石文化がしっくりくる。

第2は、シュメール人である。シュメール人は紀元前5000年頃にメソポタミアに住み、世界最古の文明と言われている。そのシュメール人であるが、紀元前3000年頃、忽然といなくなった。一部はモヘンジョダロなどのインドに行き、またある者は海路日本にも来たのでないか、と言われている。日本人の祖先がシュメール人であるという話は古く、戦前からあった。なにしろ、シュメール人は世界最古なのだから、名門なのである。よって、国威発揚を旨とする日本国家は、シュメール人を先祖にしたがった、ともいえる。しかし、それが荒唐無稽でもない証拠がいくつかある。例えば、下関の彦島に、シュメール語の碑文がある。そのシュメール語であるが、なんと膠着語であって、今の中東の言語であるアラビア語やヘブライ語のようなセム語族とは全く語族を異にする。その膠着語である点、日本語と同族なのである。

シュメール人はまた、小柄で黒髪である点でも今の日本人に似いている。ハンコの文化をもつ点でもそうである。スメラギノミコトのスメラはシュメールをあらわすという説もある。さらには、シュメール王は、十六菊花紋を使用していた。これはなんと今の天皇と同じ花紋である。このシュメール人は、紀元前2000年頃日本に来たのではないか、といわれている。そこで弥生文化をつくったという次第である。シュメール人が来て、原住民の縄文人と戦争にならなかったのかと思われるが、戦いはそれほど激烈でもなかったのではないかと推定される。というのは、シュメール人は基本的に平和的で、文弱の民族といってよい。例えば、モヘンジョダロ、ハラッパにいた住民もまた、シュメール人だったと推定されている。ところが、シュメール人は、見事な都市国家を建造する能力があるのに、実に戦争に弱い。あっさり後から来たアーリア人に殲滅されてしまう。このアーリア人が今のインド人で且つウパニシャッドの聖典を書いたとなると、ウパニシャッドのありがたみもなんとなく薄れないか。一方の縄文人も、好戦的であったとする証拠は見えない。

さて第3は、紀元前2500年頃に日本に来て、出雲王朝を打ち立てた銅鐸民族である。銅鐸民族は、3000年前に滅んだ殷王朝の末裔が朝鮮半島を経由して日本に来たものである。あいにく銅鐸民族については勉強不足で全く知らないに等しい。ただ、出雲王朝ということは出雲大社に関係あるのかと思ってしまう。

すると、縄文人も、シュメール人も、銅鐸民族も、得意分野は微妙に違うが、それぞれ高いポテンシャルをもつ民族ばかりで、そういう人達が混交する日本という国の文化程度が高かったとしても、何も意外ではない、ということになる。

ところで、岩田明氏の類型が面白いので引用しておく。日本人は次の3つのどれかに該当するのではないかという。まず、縄文人タイプは温厚で和の精神を尊ぶ平和主義者、次にシュメール人タイプは太っ腹で社交性は抜群だが意外に恐妻家だったりする、さらに几帳面だが頑固でなにかと父権をふりかざす銅鐸民族。実際はかなり混血が進んでいるので、日本人は、これらの混合だろうか。

ところで、縄文文明にしても、シュメール文明にしても、古さや文化程度において、もしかして知られている四大文明を凌駕するかもしれないのに、ほとんど学校で教えられない。それは真理を知りたいとする立場からすると不思議であるが、どうも、ギリシャ・ヘレニズム・ユダヤ・キリスト教文明を正統とする立場からすると、とても癪で封殺してしまいたいのかもしれない。それが証拠に、戦前の日本では、日本文明シュメール起源論がさかんに研究されていたのに、戦後GHQは、目の仇のように、シュメール関係の研究を駆逐した。よって、学校教育ではさわり程度にしか教えないので、ほとんどの社会人は、「シュメール? そんな単語は聞いたことがあるけど、詳しくは知らない。」程度なのであろう。

ということで、自分の無知をうまく利用して、縄文文明/シュメール文明/銅鐸文明について初歩から勉強してみることにする。うまくいけば、気になっている日本語の起源も少し見えてくるかもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1349

コメント(2)

お元気ですか。海員囲碁大会も60回となりました。碁ワールド9月号に記事が載ります。

 無料電子書籍のご紹介。
遥かなる流れ・壮大な仮説
 第1章 生命の起源
 第2章 絶滅と再生
 第3章 人類の旅路
 第4章 文明の盛衰
 第5章 輪廻する宇宙 
パソコンや ipad への呼び込み。
インターネットに
ipadzine小山啓天(検索)      
   ご笑読ください。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年7月10日 09:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「特許法改正の動向」です。

次のブログ記事は「硫黄島の遺骨収集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。