日本航空と全日空

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本航空と全日空と全日空と言えば、言わずと知れた日本を代表する民間航空会社であるが、新聞によると、ここにきて体力差が明らかになった。新聞記事に基づきメモしてみる。

すなわち、折からの世界不況で、経費削減のため、当然に航空機を利用する人は激減した。このため、日本航空と全日空のどちらも資金対策を迫られたが、日本航空は、日本政策投資銀行の1000億円の金融危機対策融資を受けることにした。一方、全日空は、公募増資で1500億円。自助努力である点で、明らかに全日空の方により体力があることが明らかになった。

もともと、全日空よりも日本航空の方が格上と見られてきたのに、なぜこのような体力差を生じたのか。

その理由の1つは先ず、国際/国内路線比にあるという。すなわち、全日空は、日本航空よりも国内線に軸足を置くが、世界不況は国際線により大きい影響を与えた。このため、日本航空の方が全日空よりも世界不況の煽りを大きく受けた、という次第である。

また、国際線だと、ええっそんな国にも飛ぶのか、というマイナーな路線もあり、そういう路線だと黒字を出すことが難しい。ところが、ナショナル・フラグ・キャリアの立場にある日本航空としては責任があり、マイナーな赤字国際線だからと、おいそれと廃止することは難しい。

数字で比較すると、日本航空の国際線座席占有率は65.5%で、全日空のそれは69.4%、
国際/国内/貨物の比率は、日本航空が41/39/11、全日空が24/57/8、
また、自己資本比率は、日本航空は10%で、全日空は18%、と一々全日空に軍配があがる。
2009年3月の連結最終損益は、日本航空が▼631億円で、全日空が▼42億円。

それはまた、企業体質の差でもある。2002年の日本航空と日本エアシステムの統合に危機感をもち、全日空は、関連ホテル売却、燃費のよい航空機に切り替えなど素早いリストラ策で企業体質を改善してきた。一方、日本航空は、半官半民みたいな体質の企業で(GMもそうだったか)、企業体質の改善努力に対して、社内やOBなどから大きな軋轢があり、なかなか進められなかった。

しかし、2010年3月の最終損益予想は、日本航空が▼630億円で、全日空が30億円であり、このままでいくと、差がつく一方である。さて日本航空、どうする。とりあえず不採算路線を整理するよりないと思われるが、すると、人や機材が余り、どうするかという問題が生じる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1354

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年7月13日 06:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「謝罪外交」です。

次のブログ記事は「韓国に対するサイバーテロ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。