iPS細胞と肝がん細胞

| コメント(0) | トラックバック(0)

iPS細胞研究のメッカである、ハーバード大で、また画期的な研究がなされた。森口尚史・米ハーバード大研究員らのチームである。以下、引用:

チームは肝がん細胞を作る「肝がん幹細胞」を正常な肝臓細胞に戻す方法を模索。市販のヒト肝がん幹細胞に抗がん剤など2種類の化学物質を加えると、2日で見た目や機能が正常の肝臓細胞になった。

またこの肝臓細胞に山中伸弥・京都大教授が発見した4遺伝子のうちの二つと別の2種類の化学物質を加えるとiPS細胞に変化。正常な肝臓細胞に戻すことにも成功した。

そこで、正常な肝臓細胞に分化したiPS細胞を調べたところ、がん抑制遺伝子「p21」の働きが、別のがん抑制遺伝子「p53」よりわずかに活発になっていることを突き止めた。p21を働かさせず、p53だけにして分化させると、すべて肝がん細胞になった。このため、研究チームは両遺伝子の働きのバランスが、iPS細胞のがん化を左右していると結論付けた。

これを読んでの素朴な疑問は、次のとおり。

  1. 「この肝臓細胞に山中伸弥・京都大教授が発見した4遺伝子のうちの二つと別の2種類の化学物質を加えるとiPS細胞に変化」とあるが、それは、特殊な処理をした肝臓細胞だから、4遺伝子を全て入れなくてもiPS細胞に変化にしたのか。それとも、他の細胞にも使える手法か。
  2. 肝がん細胞にいきなり、4遺伝子のうちの二つと別の2種類の化学物質を加えるとどうなるのだろう。同じ結果にならないのか。
  3. 「p21を働かさせず、p53だけにして分化させると、」というけど、それはどんな操作で行なうのだろうか。専門の研究者には自明なのだろうか。

ともかく、がん細胞由来なので、実際の治療には危険でちょっと使えそうもない。ということで、iPS細胞のがん化、あるいは、それを防止する仕組みの研究の一里塚と位置づけられるとみた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1358

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年7月15日 19:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モンテンルパ」です。

次のブログ記事は「植草一秀」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。