縄文の思考

| コメント(0) | トラックバック(0)

縄文の仮説、及び日本人のルーツに続いて、もう少し縄文時代について突っ込んで知ろうと、「縄文の思考」小林達雄著、ちくま新書を読んでみた。以下、そのメモである。

先ず、縄文時代を特徴づけるのは、言わずと知れた、その土器である。土器というのは、その可塑性からも理解されるように、石器よりも進化した道具である。ところが、縄文土器というのは、世界でも圧倒的に古く、発掘された最古のものはなんと、16000年前である。この次に古いものは、西アジアで9000年前で、さらにその次に古いのはアマゾン河流域で、7500年前だというから、その古さは群を抜く。

しかも、縄文土器で特徴的なのは、その突起形状である。実用的に意味があるとは思われず、寧ろ突起が土器を不安定にしてしまうので、却って実用性を損なう。ということはそれは装飾的な意味をもつものであったと思われる。突起をもつ特徴的な土器は青森で新潟などだけではなく、沖縄からも出土している。よって、縄文文化が日本列島の全国区の文化であったことが示唆される。

土器にはもちろん実用的な意味があり、すなわち、食糧の調理用であった。煮物料理が盛んだったようで、それは早くに縄文人が定住したことを示唆する。また、煮物料理には動物だけでなく、栗、豆などのさまざまな植物が用いられた。すると、猟に大きなエネルギを費やす必要性が減るので、縄文人はじっくり思考する余裕を得る。これが高い文化に繋がったものと思われる。

縄文人は、犬を仲間及び家族として、とても大切にした。犬が亡くなると、人間と同様に埋葬したりもした。

また、いろいろな動物を食料とした。鹿、熊、猪、蛇、蛙などである。特に猪には思いいれが深く、猪の土偶もある程である。

装飾品としてヒスイ、黒曜石、コハクの加工も行なった。見事なヒスイの宝飾品が出土されている。これらは、装飾だけでなく、交易にも使われたようである。交易は、必要なものを交換するだけでなく、キップのよさを誇示するためにも行なわれた。これは、アメリカ・インディアンと同様である。

さらに縄文人に特徴的なのは巨大建造物である。特に有名なのは、三内丸山遺跡であって、大型の丸太で建造した掘立柱があった。

さらに、縄文人は土木工事にも優れ、縄文の仮説でも言及したように、小高い山を築いたりする。これには秘訣があって、縄文人はなんと、1000年にも亘って先祖代々工事したのだそうである。そうすれば山の一つや二つ出来上がっても何も不思議はない。しかし、その一貫性、継続性はおそるべしである。また、深い山岳信仰がある。当然に、山の土木作業は、その信仰と無縁ではないだろう。

こうしてみると、縄文文化は、おそろしく懐の深い文化であった、ということになる。それでは縄文語はあったかという問いは当然に出てくるが、著者の小林達雄氏はそれを肯定する。それに付随して縄文文字はあったか、という問いも出てくるが、交易が盛んだったことに鑑みると、縄文文字もあったに違いない。交易にはなんらかの符牒を必要とする。それが文字に発展すると考えるのは容易である。しかし、それが巷間で神代文字として知られているものと同じかどうかは不明である。

また、縄文文化を変容させて弥生文化をもたらしたのかもしれないシュメール人を考えるとき、本当にシュメール文化は、縄文文化よりも高度であったのか、という問いかけもなされるべきであろう。しかし、ギリシャ文化をローマ文化が征服してしまったように、より高い文化が優先的に生き残るとは限らない。

このようにいくつかのオープン・クエスチョンを残して、次への思索の糧とすることにしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1362

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年7月18日 07:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ボッシュの特許戦略」です。

次のブログ記事は「無限にある?素数」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。