二次電池自動車

| コメント(0) | トラックバック(0)

「カーエレクトロニクス・テクノロジー」新誠一監修、工業調査会によると、二次電池自動車は、次のように分類される。

  1. BEV:Battery Electric Vehicle
  2. HEV:Hybrid Electric Vehicle
  3. PHEV:Plug-in Hybrid Electric Vehicle
  4. FCV:Fuel Cell Vehicle

BEVというのは、いわゆる純粋の電気自動車で、三菱のiMiEV、スバルのR1eなどがある。電池としては、リチウムイオン電池が使用される。内燃エンジン車に対するBEVの長所は、二酸化炭素をほとんど出さないという点で有利である。しかし一方で、電池のエネルギー密度が低く、長い航続距離を保証できない。典型的には、リチウムイオン電池を搭載した電気自動車の航続距離は、100km程度であり、タクシーが普通、一日300km程度は走ることを想定すると、業務用にはちょっと不足である。

次にHEVは、二次電池と内燃エンジンを併用するものであり、典型的には、トヨタのプリウスがある。最近では、レクサスのHEV版も発売された。HEVの燃料低減効果は、(1) 車両停止時のエンジンストップ、(2) 減速エネルギーの回生、(3) エンジン運転条件の最適化である。HEVは、強力なモータを搭載するので、エンジンストップしたときの発進を、モータを使って行なうことができる。減速エネルギーの回生というのは、減速時熱として消費されていたエネルギを電池に充電するものである。HEVにはさらに、エンジンの駆動力を発電機を介して電気に変換してから用いるシリーズ方式と、エンジンとモータをそれぞれガソリンと電気で別個に駆動するパラレル方式と、それらの合いの子のシリーズ/パラレル方式がある。

PHEVは、HEVの電池容量を増やし、外部から充電する端子をもつものである。言い換えると、HEVは、電気をすべて内部発電で賄っているということになる。

FCVとは、電池として燃料電池を使うものである。折角燃料を積みながら、これを燃やして内燃機関に使わないで一旦発電に使うところが面白い。ただ、効率的に走る仕組みを作るのは大変で、現時点では、1台1億円くらいかかるという。例えば、水素自動車というのは、このカテゴリに入る。ただ、素朴に考えて、いきなり燃料を燃やさないで、一旦発電させることのエネルギー効率の悪さをあえて選ぶ理由はなんなんだろうと思ってしまう。

これ以外に、ソーラーカーというのもありえると思う。実際、テレビの番組で、芸能人がソーラーカーで全国を廻るという企画があった。これは、BEVの一種になるのかもしれない。実際、天気がいいと、太陽の光だけで運転できる。ただ、欠点は、充電にあまり電力を廻せないようで、曇ると結構早く、エンストに近い状態になってしまう。ということで、リチウムイオン電池と併用というのはありだと思うが、もし採用されないとしたら、ソーラーバッテリというのがとても高価で、コスト的に見合わないのかもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1368

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年7月22日 07:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「月面着陸オリジナル画像消去」です。

次のブログ記事は「田中森一、実刑判決」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。