顔面麻痺

| コメント(4) | トラックバック(0)

今週は天気が不順で暑いような寒いようなよく分からない気候だった。そのせいか、風邪をひいたらしくて、今週の中ごろから、鼻水と涙が出て困った。鼻水は、その都度鼻をかめばいいが、涙は、目を曇らせて、仕事の支障になる。パソコンの画面が見にくい。

ところがもっと困った症状が出てきた。私は、普段から、幼稚園児かと家内に馬鹿にされるくらいによく食べ物をこぼす。どうも、食べ方が下手らしい。それに対する私の言い訳は、偉大な人物はよく食べ物をこぼす、というものである。例えば、坂本竜馬は、食べたあと、食べかすが散乱して、後片付けが大変だったらしい。しかし、坂本竜馬以外に、よく食べ物をこぼす偉人なんて聞いたことない。だから、私の言いわけは、全く説得力がない。

しかし、今回はあまりにもひどい。すなわち、会社で、弁当を食べていたら、知らないうちに、ワイシャツが、おかずの鰯の煮付けの汁で汚れているのだが、その汚れ方が半端ではない、どうも知らないうちに口からこぼれてたようなのである。で、顔をつい触ってみた。すると、なんか、顔面の右側が麻痺している。歯医者で麻酔されたとき、このような状態になる。なんとかしゃべれるのだが、口の右側に食べ物が残っていても気づかなかったりする。とても違和感がある。友人は、脳梗塞などの前兆で麻痺することがあるというので、一瞬ええっと思ったが、右手も右足も全く問題なく、食欲もあるので、その線はないと判断した。

それで推察してみるに、風邪ウイルスが歯茎などから侵入し、神経に到達して麻痺させたらしい。風邪ウイルスといえども馬鹿にできなくて、結構な神経毒をもつものがいる。例えば、ある50歳くらいの男性が、風邪を引いたと、普通に寝ていたら、風邪ウイルスが脳に入って、脳炎を引き起こし、その方は亡くなってしまったという。私の右頬にいる風邪ウイルスがそれと同類かどうか知らないが、気をつけなくては。もし明日から突然ブログの更新がなくなったら、その風邪ウイルスが、右頬から脳に入ったと思って戴きたい。

このように風邪ウイルスごときにやられたのは、最近仕事が忙しくて免疫力が低下しているからである。特に難しい、あるいはとても面倒な特許明細書を書いているとき、ストレスがかかって病気に罹りやすい。4月のはじめもある難しい案件を書いていて、あのときは尿道炎になった。なにしろ、尿が出にくくて困った。熱も39度でた。顔面麻痺の方がましである。脳がやられなければ、であるが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1385

コメント(4)

医者ではありませんが、大きなストレス→免疫力低下→風邪→ウイルスによる麻痺が可能性大です。体よりもストレスを生むような仕事を振るほうに問題があるのかもしれませんね。お大事にしてください。

ISSEIさん

> 体よりもストレスを生むような仕事を振るほうに問題があるのかもしれませんね

そうなんですが、どうしようもありません。困ったものです。

最近、私も口の右端からよだれが出るようになりました。麻痺しているのかな?医者に行った方がよいのかな?
そういえば、昔、ビートたけしが、例の事故の後、インタビューに答えて「顔面マヒ(麻痺)ナスターズ」と言ったら、懐かしのムード歌謡グループ「マヒナスターズ」が一瞬、復活したなぁ・・・どうでもいいこと思い出しました。

小松たひとさん

> 最近、私も口の右端からよだれが出るようになりました。麻痺しているのかな?医者に行った方がよいのかな?

神経内科に行って、脳のCTとってもらうのも悪くないと思います。腫瘍とか血管の詰まりがないか、いまいち不安になりますが。

ただ、よだれが出るだけだと、私とは別の理由のような気がします。私は、比較的得意な口笛さえ吹くことができまなくなってしました。また、口笛が吹けるようになったら回復とみなします。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年7月31日 13:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「管理職研修」です。

次のブログ記事は「エリーパワー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。