2009年8月アーカイブ

将棋の免状の取得方法

| コメント(4) | トラックバック(0)

将棋の免状の取得方法が、将棋連盟のホームページにあったので、抜粋してみる。

まず、基本的に、段位の免状は、お金を払って買うことになる。その値段は次のとおり。

初段弐段参段四段五段六段
31,500円42,000円52,500円73,500円105,000円262,500円

ただ、お金を払いすれば買えるというのもなんなので、その前提として、申請権を獲得する必要がある。どういう方法があるかというと、以下のとおり:

  1. インターネット上の、毎日新聞将棋段級位認定テストまたは、Yahooインターネット将棋認定で出題された問題を解いて、応募する。
  2. 棋士の推薦。これはある意味安易で、懇意にしている棋士が認定すればいいということになる。
  3. 支部会員の方には免状取得の特典がある。個人会員の方は、三年間継続した場合、免状取得権が発生するという。でも、単に会員を、三年間継続すればいいのか。
  4. 将棋会館道場で段級位の認定を受けると、免状を申請できる。
  5. 将棋世界の昇段コース(初段~六段)に合格すると免状を申請できる。
  6. 棋道師範・棋道指導員・普及指導員の推薦を受けると、段級位の申請ができる。
  7. 読売新聞、毎日新聞、しんぶん赤旗日曜版、スポーツニッポン、秋田魁新報、山形新聞、福島民友新聞、下野新聞、上毛新聞、千葉日報、新潟日報、信濃毎日新聞、静岡新聞、北國新聞、日本海新聞、高知新聞、熊本日日新聞、宮崎日日新聞、南日本新聞、東京新聞、西日本新聞、北海道新聞、中日新聞、神戸新聞、夕刊フジ、週刊将棋上での、紙上段級位テストで、規定の点数をとる。
  8. NHK将棋講座テキストの認定問題で規定の点数をとる。
  9. 囲碁将棋チャンネルで、放映される認定番組の問題で規定の点数をとる。

どれが一番簡単だろうか。棋士の推薦がそうなのかもしれないが、棋士の知り合いというのは普通あまりいない。すると、新聞やネット上でこつこつ問題を解いて規定の点数をとるのがよいのかもしれない。

ただ、新聞やネット上でこつこつ問題を解いて段位申請権を得ても、おそらく実戦ではあまり勝てない。実戦は、単なる次の一手問題の集積ではないからである。本当に強くなるには、番数を指して、棋譜を並べたり、詰将棋を解いたりしなくてはならない。

だいいち、段位の免状をこれ見よがしに飾って何の意味があるのだろうか。私は、よく正式には何段なですか、と聞かれる。将棋連盟からは発行された正式なものという意味では、三段である。それは、支部会員に準じて、大学将棋部に在籍したということで大学にいたときにもらったものである。しかし、将棋の道場ではだいたい四段で指す。それで文句言われたことはない。

ということで、本当に将棋の棋力でアマチュア四段に達するのは結構面倒であるが、単に四段の免状が貰いたいだけなら、大変な努力はしなくても、いくらでも方法はある、ということになる。

あと、言いたいのは、将棋の段位というのは、国家資格と同様に、一旦四段をとったからずっと四段を名乗れるかというと、まあそうなんだけども、私は敢えて今の棋力で段位を名乗りたいと思う。それが理想である。すると、死ぬ前には二段くらいまで落ちているかもしれないが、それはそれでいい。そういう発想だと、間違っても、正式な段位の免状を取得しようなんて思わないのである。

寺院の広告

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞を見ていたら、2ページ全面見開きで、念佛宗総本山の広告が掲載されていた。なんでも、スリランカの至宝を公開するのだという。

それを見て、なんと素晴らしいと感激すべきなのだろう。私は、心情、仏教徒なのだから。しかし、どうもわだかまりというか、ひっかかるものがある。それは、次のようなことである。

先ず、全国紙に2ページ全面見開きで広告を出すということは、相当な費用がかかる。これは、スリランカのありがたい至宝を展示するので、是非観覧して、寄附も戴きたいという意味なのだろうか。そうでないと、このような費用がかかる広告を打つ趣旨が分からない。

さらにひっかかるのは、サブタイトルに、「佛教之王道」とあることである。「佛教」に「王道」なんてあるのか、そういうことを掲げること自体、釈迦の教えに背かないのか。

もっというと、LTTEに書いたように、スリランカの仏教が、アナガーリカ・ダルマパーラによって創設された、闘う仏教である点である。どうもその点で、私はいよいよ引いてしまうのである。

もう1つは、浄土宗総本山知恩院で、こちらは、新聞に1ページ全面広告であった。ホームページによると、法然上人が亡くなられて800年で、大遠忌というらしいが、法然上人は、死後に供養を受けることを望まなかったというくらいなので、やはりそれに忠実に、派手にしない方がいいのではないだろうか。そういえば、私が今年の4月に列席した友人の葬式は、浄土宗の僧侶の方がいらしていて、法然上人が供養を忌避したということをおっしゃっていた。

ともかく私は、寺院が立派な伽藍を建造したり、こういう派手な広告を打つことにどうも抵抗を感じてしまうのだった。

ポスドクの出前

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞のWebニュースによると、京大が、博士を出前するという。以下、引用:

「博士がタダで教えます」--。博士号を取得したものの常勤職が見つからないポストドクター(ポスドク)を、京都大が全国の小中高校に出前講座の講師として無料派遣する。大学のPRとポスドクのキャリアアップという一石二鳥を狙う。

京大に在籍するポスドクは約1100人(06年度)。大学や研究所など常勤の研究職に就けないポスドクは全国で1万6000人以上おり、就職難が問題化している。

京大が優秀な頭脳の「宝の持ち腐れ」を少しでも解消しようと計画。子供たちに分かりやすい言葉で講義することが必要なことから、若手研究者のプレゼンテーション能力が鍛えられる上、優秀な後輩を引き寄せる効果も期待している。

出前受け付けは31日まで(一部講座は既に終了)。派遣期間は9月初旬~11月6日。京大キャンパスで開く講座もあり、京大教育推進部は「修学旅行の日程に組み込むこともできる」としている。研究者の旅費を含め、小中高校側の負担は一切ない。詳しくは京大サイト(http://www.kyoto-u.ac.jp/)の専用ページへ。問い合わせは教育推進部(075・753・2493)。【広瀬登】

これを見て思うのは、京大といえども、ポスドクの就職は、厳しいのか、ということである。

私はいかなる意味でも研究職に就いたことはなく、大学院に行ったこともないので、普段仕事で付き合う会社の研究員の人を見ていて推察するだけだが、博士の学位があるかどうかは、研究能力自体にはあまり関係ない。研究能力というのは、創造性に負う部分が大きいが、その能力を、博士の学位に保証させるのは多分適切でない。ただ、博士論文の準備というのは大変なようなので、そのための忍耐力とか方法論は意味があると思う。

博士の学位が決定的に利いてくるのは、大学や海外などの研究機関に就職する際に、そういう学位を求められることがあるからである。例えば、青色発光ダイオードの中村教授が最初に米国に留学したとき、学位をもっていなかったので、スレーブ・ナカムラと卑称されたのは、有名な話である。また、会社の研究員の人で、優秀なのに、たまたま博士の学位をもっていないために、大学のポストに応募できないという話も聞く。

しかし、今の時代、オープン・イノベーションの煽りかもしれないが、博士の学位をもつ人に対する需要は減っていることを認識すべきである。例えば、田園都市線の宮崎台にあったNECの中央研究所は、とっくに閉鎖されてしまった。すなわち、今の時代、大抵のやりたいことは、既存の技術を組み合わせるだけでできてしまう。本当に時代の先を行く先端的な研究というも必要であるが、多くの人員はそれのは投入されないので、ポスドクにとってとても狭き門である。

すると、ポスドクの生きる途は、次のようなオプションになる。

  1. 国内や海外の研究機関のポストをしつこく探す。これは実力と運を相当に要する。
  2. 他の仕事で食いつないで、自由時間に研究し、1.を目指す。スピノザのレンズ磨きではないが、中山茂の「歴史としての学問」などによると、案外これが、17~18世紀の学者の姿であった。
  3. 研究を捨てて、弁護士、弁理士などの資格を目指す。ただ、弁護士はともかく、博士の学位をもっているから、弁理士の資格や実務なんてちょろいと思っていたら、ひどい目に遭う。それはそれで大変である。
  4. 博士の専門知識を活かして、起業する。これなど、アメリカ的で、いいかもしれない。でもある程度の資金とビジネスセンスを要する。まずは、シリコンバレーで修行だろうか。
  5. 研究から完全に足を洗って、別の仕事に就く。出版社などいいかもしれない。しかし、狭き門であることは間違いない。

もし私がポスドクだったら、2.を目指す。でも下手したら、一生コンビニのバイトしながら、勉強か。そして、最後はひと知れず、安アパートで孤独死。流石にそれはどうかと思う。

もどって、ポスドクの人は、小学校なんか行っている場合じゃないと思う。もっと勉強して、専門性を高めて、ポストを狙わなくては。

ソンミ村事件

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月24日の読売新聞のWebによると、ソンミ村事件で有罪となったウィリアム・カリー米陸軍元中尉が謝罪し、それが、遺族の一部によって受け入れられたという。以下、引用:

【バンコク=田原徳容】ベトナム戦争中の1968年に米兵が一般住民500人以上を殺害したソンミ村事件で、有罪となったウィリアム・カリー米陸軍元中尉(66)が41年ぶりに謝罪したことを受け、同村で生き残ったパン・タン・コンさん(51)が23日、本紙の電話取材に応じ、「謝罪はないと思っていた。あまりにも遅く驚いたが、犠牲者を代表して受け入れたい」と語った。

パンさんは、10歳の時、目の前で米兵に両親と兄弟を殺害された。

現在、同村の記念公園博物館の館長を務め、犠牲者の追悼を続ける。パンさんは「カリー氏にはベトナムに来て、当時とその後40年の思いを語ってほしい」と述べ、同氏がベトナムと米国の友好関係のシンボルとなることに期待を寄せた。

これを読んで、複雑な思いに駆られざるを得ない。というのは最近、テレビで旧日本軍のB級戦犯の番組をみたばかりだからである。ある中佐クラスの人は、軍令部からの指示で捕虜の殺害を命じたのに、戦後、軍令部が、そんな指示は出した覚えはないと逃げたので、責任をとって、絞首刑に処された。明らかに、拒否できない指示に従っただけであるのに。

ところが、カリー米陸軍元中尉は、一般住民500人以上の殺害を指示したのに、有罪といっても最早拘留さえされていない。その主な理由は、米国内で裁かれたからであろう。

東京裁判ももし、日本が主導で裁判をしていたら、果たして死刑になった者がいただろうか。戦争だったから仕方ないで、お手盛りの懲役がせいぜいであろう。実際、日本は、ポツダム宣言を受諾するとき、戦争裁判の主導権も渡してほしいと訴えたが、そんな訴えが通るはずもなかった。むしろ主眼は、天皇の戦争責任追及を逃れることであったが。

カリー米陸軍元中尉に戻って、いまさら、一般住民500人以上を殺害したことを、どう謝るのだろうか。どんな言葉が選べるのだろうか。また、ベトナム側で、どうやって謝罪を受け入れるのだろうか。

そういう小賢しい思惑を超えなくては、謝罪もその受け入れも、理解できない。

そういう意味では、原爆は、その罪深さと被害がさらに大きすぎて、謝罪もその受け入れも、どちらもまだ準備ができていないのだろうか。

羽生の解説

| コメント(4) | トラックバック(0)

8月23日のNHK杯戦の三浦対田村は、重量対決で見ごたえがあったが、解説は羽生であった。私は他でも述べているように羽生のファンなので、羽生の解説を聞くのは望ましいのであるが、実は解説の内容という意味ではいまいち不満である。

理由は、ある局面でどういう手がいいか、なぜその手がいいか、対局者が指した手がどうよくないのか、どうも説明不足なのである。もちろん、説明したくないとかいう怠慢ではない。この手がまあいいんだけど、さてどう説明したものか、という感じなのである。

これは、羽生の棋力で、暗黙知が占める部分が多いせいだと思う。意識下で考えているところが多いので、言語化するのにとても苦労しているのだろう。

そこいくと、藤井、深浦あたりの解説は見ごたえがある。細部まで変化を説明してくれる。ただ、私のようなアマチュアが聞く分には、もしかして、勝又あたりが最善の解説者かもしれない。アマチュアの心をよく知っているからである。

こう説明すると、プロとしての格式と、解説のよさが反比例するといってもよいかもしれない。超一流のプロは、水面下というか暗黙知のところがとても発達している。一流プロの真の技能は、暗黙知の中に塗り込められているというのは、いかにもありそうである。

ところで、このことは、詰将棋にも言えそうである。例えば、伊藤果というプロ棋士は、将棋の実績はいまいちであるが、詰将棋の創作をとても好み、自分の棋譜は残らなくても、後世に詰将棋が残ればいいとまで豪語する。その伊藤果であるが、自分の詰将棋の序章で、詰将棋の創り方を解説することも厭わない。そういうことを書く人はとても少ないので、私のように、ちょっとだけ詰将棋を創ってみたい人にはとても参考になる。

ところが、当代の詰将棋の名手の一人、若島正はどうだろうか。若島正に、「華麗な詰将棋」光文社文庫という名著がある。その中に、「詰将棋の作り方」というコラムがあるので、一部引用してみる。これは、ある中学生から、どうやって詰将棋を作ればいいのですか、という質問をもらったことの回答である。

中学生の質問は、要するに次のようなものである。
(1) 詰将棋は、どのような順序で作ればいいのでしょうか。
(2) 作るときの注意点などがあるのでしょうか。
(3) 作り方のポイントがあったら教えて下さい。

これに対する若島正の回答がまた、そっけない。
(1) 詰将棋は、前から作ることもあるし、後から作ることもあるし、まんなから作ることもある。
(2) 作るときの注意点はない。
(3) 作り方のポイントはない。

これは決して、若島正が意地悪なのではない。本当にそう思っているようなのである。そうして、寧ろ言及されるのは、動機とか、意図とか、感動であって、いかにも暗黙知から流れ出るようなことばかりである。ここに、羽生との類似を私は見る。

しかし、その分かりにくさを嘆いてはいけない。凡人の領域に引き摺り下ろしてはいけない。凡人は、ただ眺め感心し、より言語的な、明示知的な人達に解説してもらえばいい。

特に資本主義にあっては、分かりやすさと偉さが直接結び付けられやすくて、大衆文化に名を成さしめてしまうことが少なくない。いや、文化大革命やポルポトの惨状をみると、それはむしろ、共産主義の名の下の方が甚だしいのかもしれないが。

MOT

| コメント(0) | トラックバック(0)

かなり前から、MOTなるものを聞く。どういうことかというと、それはManagement of Technologyの略であり、Wikiによると、「主にイノベーションの創出を目的とし、新しい技術を取り入れながら事業を行う企業・組織が、持続的発展のために、技術を含めて総合的に経営管理を行い、経済的価値を創出していくための戦略を立案・決定・実行するものである。 」ということである。

MOTを教えることを趣旨とする大学院もいくつかあり、それはMBAの技術版という位置づけである。MBAの功成った姿がCEOであるなら、MOTの功成った姿は、CTO(Chief Technology Officer)か。なぜかこれから想起されるのは、ビル・ゲイツであったりする。

ところが、MOTの大学院で何を教えるかということになると、まだなかなかコンセンサスがとれていないようである。

ただ、MOTが掲げる旗印というのはかなり明確であろう。それは、企業内にあって、技術革新(イノベーション)を創り出せる人材を育成することである。

それで、MOTのカリキュラムに含まれるのは先ず、2000年の頃からブームになった、知識工学、あるいは知識経営といわれるものである。そこでは、マイケル・ポラニーが説いた暗黙知を明示知に変換して共有し、新たな暗黙知を生み出すという、SECIサイクルも教えられるに違いない。

ただ、技術経営ということでは、イノベーションの発展理論もある。例えば、「イノベーションのジレンマ」クレイトン・クリステンセン著、伊豆原 弓訳、翔泳社という斯界で有名な文献がある。この本では、破壊的技術が優良企業で生み出され、優良企業は得てして破壊的技術を活かしきれないで既存技術にしがみつくので、没落していく、というストーリーが描かれている。こういう技術発展論もまた、MOTのカリキュラムの範囲であろう。

また、イノベーションの知識資産の保護という観点で、MOTでは、知的財産法の知識も必須となる。

更には当然に、普通のMBAのカリキュラムである、マーケッティング理論、会計学、組織論などもカリキュラムに入ってくるであろう。

そうやって、MOTの大学院のコースを卒業した人材が輩出されている訳であるが、そのバックグラウンドを利用して、活躍しているという人材のことを私はあまり聞かない。私が見聞きする範囲が狭いだけだろうか。どうもそうとは思えないのである。

そこで理由を書いてみる。まず、イノベーションというものを考えてみると、考えれば考えるほど、それはとても予測できないものであることに思い至る。すると、MOTでは、イノベーションの非予測性が説かれなくはならないが、非予測性を説くということは、非体系性につながり、甚だ教科として成立しにくいテーマとなる。また、非予測性に納得したとしても、それではそれをどう企業の施策に活かすのか、ということにもなる。

次に、技術というものの個別性である。上記マイケル・ポラニーが発見した命題に、「あることに注目を集中することにより、その背後の全体に焦点が移る」がある。言い換えると、細部に注目しないとなかなか全体に対する理解が深まらないのである。コンピュータだと、あるAPIの瑣末な引数の構造体に注目することが、OS全体に機能の理解につながる、ということがある。すると、技術を包括して括弧いれして扱っていては、決して技術全般に対する理解が深まらない。MOTというのはまさに、技術を技術全般として扱う世界であるように思われる。

さらに、伝統的な経営学と技術を融合させることの難しさである。各企業の技術担当重役は、世間のトレンドと自社の技術ノウハウを考えあわせて、開発のダイレクションを見つめる。例えば、トヨタは、HEVとEVのどちらに重点を置くか悩み、結局依然としてHEVに軸足を残す。MOTで得た座学は、なかなかそこでは足しにならない。

よって、結論になっていないが、MOTのような知識は、技術を真剣に追求する現役エンジニアとその責任者の、一片の教養としてのみ、なにほどかの意味があると思われる。

法律の限界

| コメント(3) | トラックバック(0)

私の友人で、司法試験を受けていた人がいたことは以前ブログに書いたが、その友人に対して、次のように言ったことがある。すなわち、法律というのは、要するにいれものだよね、と。

そしたら、どうも私の言う意味が分からないようで、改めて次のように説明した。

法律というは、料理で言えば、お皿である。立派なお皿もあるし、安物のお皿もあるけど、料理の中身ではない。料理を地べたに撒く訳にはいかないので、お皿というか食器がなくては、料理は成立しない。その食器であるが、大層な工芸品もあって、それ自体が芸術だというなら、それは認める。でも僕は、それでもなお、食器ではなくて、食器に盛られる食べ物の方に主要な興味がある。そういう話だった。

すると、司法試験を受けている友人は、どうも機嫌がよろしくない。馬鹿にされたと思ったのかもしれない。法律は、単なるお皿ではない。法律は中身まで関与するものである、と不機嫌そうに応えた。

その友人は受験生なので、法律家の卵にすぎなかったが(結局、司法試験は孵化しなかった)、そういう、法律が単なる食器でなく、料理でもある、という思いは、弁護士にも、裁判官にも、はたまた、東大法学部出のエリート官僚にも共通かもしれない。

本当のところ、私が思っているように法律が単なる食器なのか、料理の中身でもあるのか分からないが、もし仮に単なる食器だったとしても、一個百万円もする渋い急須もあるし、すばらしいお皿を作ることは高度な芸術だし、法律家や官僚はそこにプライドを見出せばいいのでは、と私は思う。

しかし、人間の本質は、つつましさにはない。単なる食器である法律が、法律家や官僚の手にかかると、料理にもなり、下手すると、レストラン全体になり、街全体になり、と際限がない。

もっと分かりやすい例でいうと、特許がある。ここに特許法という、いれものがないと、折角の発明というおいしい料理も、流れ出てしまう。地面に滲み込んで散逸してしまう。流石に、特許の世界では、法律食器論に異議を唱える人はいないだろうと思う。なぜなら、いくら特許法を熟知して全条文を暗記し、判例にも通暁していても、例えば、電子工学を知らなくては、電子回路の特許明細書は書けない。こんなのいくらなんでも当たり前だと思っていたら、純粋法律屋というのがいて、これがまた、汎法律主義を唱えるのである。

そういう人は確かに、条文にも判例にも詳しい。民法も民事訴訟法もそこそこ知っていたりする。しかし、文系で、電子工学も、機械工学も、情報工学も知らないとする。そういう人に限って、根拠なく特許実務に自信があったりする。かなり昔、元民事の判事だったという弁護士の、特許訴訟に関する講演を聞きに行ったことがある。その人は文系であるが、特許訴訟を担当した経験が豊富で、弁理士登録もしている。そして中間処理などの特許実務もやるんたという。そこで言うことが面白い。僕は、拒絶理由通知をもらったら、逆に、特許請求の範囲を広げるんですよ、と豪語するのである。こりゃあいかんわ、と私は突然興味を失った。もちろん、拒絶理由通知に対して特許請求の範囲を広げる例は皆無ではない。しかし、それを豪語してはいけない。あまりにも例外なのである。やはり、食器は、食器で、食べ物のふりをしてはいけないのである。

別の例では、東大法学部を出た官僚がいる。そういう人は、ことある毎に、法律、施行規則、通達などの細かいルールで世の中を律しようする。すなわち、世の中で問題があると、そこのところをカバーする法律がなかったからだ、とまた条文を起草し始める。より典型的には、文部官僚による指導要領の緻密化がある。立派な頭の我々が、これだけきちんと作成したのだから、下々の者は、これに従って教えればうまくいくはずである、うまくいかないとしたら、指導要領から逸脱しているせいである、とくる。ここでも、指導要領が単なる食器であることが忘れられている。

という、法律食器論なのであった。ううん、いまいち受けないか。

芸能界と薬物

| コメント(4) | トラックバック(0)

押尾学の事件と、のりピーの事件をきっかけとして、芸能界における薬物禍が話題になっている。

どうして芸能人が違法な薬物に染まりやすいか、ということに関して、ある精神医学者は、芸能人の人気の移ろいやすさを挙げる。すなわち、一時的に人気を博しても、一年後には別の人に人気は移り、最早凋落しているかもしれない。そういう人気の不安が大きい、というものである。

なるほど、それは一理あると思うが、それだけではなく、次のような理由もあるだろう。すなわち、美空ひばりが、山口組とコネがあったことが公然の秘密であったように、芸能界は、ヤクザの世界と縁がある。それでも、真面目にやっている芸能人は少なくないと思うが、もし好奇心が強くて、違法な薬物に手を出してみたいと思うなら、芸能界は、それが比較的容易なのではあるまいか。

さらに、芸能人というのはテレビによく出ていることから、世間でメジャーなようであるが、私の友人で、知り合いで芸能界に入った人がいる、という話をほとんど聞かない。ある意味、とても特殊な人たちである。思うに、芸能人の多くは、何か強烈なコンプレックスと自己顕示欲を抱え、演技、歌唱などのなにほどかの才能をもって、芸能界に入ったのではないだろうか。そのためには激烈な競争を勝ちぬかなくてはならず、そのためのストレスも大きい。そうして功成ると、驕りというか安堵の気持ちが出て、違法な薬物に手を出すということが考えられる。

他のパターンとして、創作の苦しみからの脱却がある。例えば、ビートルズが、LSDやマリファナをたしなんでいたのは、有名な話である。ヒット曲を飛ばし続けた彼らも、創造性の限界に達し、それでも、さらにヒット曲を書かなくてはならない苦しみに直面したのだろう。一サラリーマンには理解できない世界である。

さらにテレビを見ていて、ある元麻薬Gメンの次のような解説があった。すなわち、芸能人は、芝居やドラマで台本に従い行動することになれてしまって、日常生活でも、知らず知らずのうちに、自分で自分の台本を描いて芝居する傾向にあるのだという。そういう日常生活の台本化というとき、日常性からの乖離のためのツールとして、つい麻薬が想定されてしまうということはないだろうか。

人気といえば、一サラリーマンとしても若干思い当たる節があってそれは、私が管理職をしていたときのことである。管理職をやっていると、どうしても、部下からの人気というのは、気になる。しかし、実際仕事をやってもらわなくてはならないので、面倒な指示も出す。仕事の配分のバランスが崩れることもある。見かけ上、特定の人を贔屓にしているように思われてしまうこともある。会社の施策の変更で、私が決めたという訳ではなくても、社員の反発の矢面に立たなくてはならないこともある、ということで、いたたまれなくなることは結構あった。そんなとき私には、分かりやすい逃避として、酒くらいしかなかった。

管理職として部下から受けるプレッシャといえども、芸能人の人気に対する不安とは較べようもないかもしれない。なぜなら、少なくとも、管理職のそれは、生活はかかっていない。管理職を降ろされても食べていける。芸能人だと、下手したら一気に収入を失い、地方のドサ廻りで食べていなくなてはならない。そういう意味で、のりピーにも、押尾学にも、一片の同情は感じてしまうのだが、しかし、社会政策上、覚せい剤、麻薬などの薬物は認容できない。脳に対して、不可逆な障害をもたらし、下手したら廃人を作り出してしまう。

そういえば、のりピーが覚せい剤を入手したのは、イラン人からだ、とニュースにあった。それで思い至るのは、アフカニスタンである。アフカニスタンではタリバンは、農民に麻薬の原料の芥子などを栽培することを強制しているという。なぜなら、それは巨大な収益につながるからである。こうして麻薬の生産量が増えると、どこかで売りさばかなくてはならない。芥子と覚せい剤の化学的関係は私には分からないが、アフカニスタンとの関連で、麻薬のブローカーとしてのイラン人やパキスタン人も増えているのだろうか、と推察してみる次第である。

もしそうなら、芸能界の潜在的な違法薬物汚染の可能性は、減りそうもない。金融恐慌に端を発する経済の不安定さも、それに拍車をかけるであろう。

おバカ教育

| コメント(9) | トラックバック(0)

先日、私の旧ブログの記事に、ある方からコメントを戴いた。そちらのブログをみて戴くのもなんなので、以下に引用させて戴く。

N.M:
教育システムの腐敗と無知が混乱の原因です。
「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読みました。
これ程までに、日本の教育が破綻し腐敗しているのかと驚きました。不登校、引きこもり、ニートが生まれ、犯罪者が続出するのは、教育システムが腐敗しているからです。
知識社会と言われる現代、教育こそが、最大の成長戦略であり、雇用対策です。
しかし、学校教育への多くの意見があっても、教育破綻の仕組みを理解していないため批判だけになっています。実にバカげたことです。
是非、読んでみて下さい。
教員は、教師生活の危機を感じるでしょう。
親たちは、学校へ殴り込む準備をするにちがいありません。

そこで早速、「『おバカ教育』の構造」を買って読んでみた。これは決して、その題から見て取れるようなおふざけの本ではない。この本をとても短く要約すると、要するに、教育の世界にも、思考停止が進んでいる、ということである。

では、どうやってか、というと、文部科学省が、カリキュラムを牛耳ることによってである。文部科学省は、「ゆとり教育」で、子供達の学力が低下したことを憂慮した。そこで、文部科学省のエリート官僚たちは、集まって、新しい指導要領を検討した。その結果、今の時代に適応するように、いろいろなことを子供達に学ばせなくてはならない、という発想に到達した。

一方で、教師の質の低下も叫ばれている。すると、一旦教員免許をとっても、運転免許の更新のように、定期的に研修して、教員免許を更新するようにすれば、教師のレベルが維持できるだろうと考えた。

その際、教師によっては、教科書を使わず、独自の教材を使う者もあらわれるかもしれない。それでは、教わる方が統一がとれない。それを防ぐには、必ず検定された教科書にそって、教え方、進捗まで指導要領で指示する必要がある。

子供達の自発性を育むため、体験学習の時間もとる。クラブ活動を必修にする。などである。こうして各教師が指導要領に沿って教えているかどうか管理するのは校長だけでと大変なので、副校長をおく。

また、勉強の進み具合、成果は、テストで確認する。それが一番客観的なよい指標である。

こういう方針で、文部科学省がどんどん規制していってもどういう結果になったか、常識ある人には明らかであろう。

先生は、指導要領についていくことに精一杯で、他に何もできなくなってしまったのである。もちろん、分かってない子供のために補講することもかなわない。雑多な科目が増えた結果、算数、国語、漢字など、基本的な教科の基礎を固めることができなくなった。おちこぼれ、登校拒否は増える一方で、イジメも頻発する。テスト中心で、殺伐とした教室になった。

こうして嬉しいのは、文部科学省の官僚である。権力を思う存分発揮できるのだから。そういう官僚に従順な先生はどんどん昇進する。真に教育に熱意があるかどうか、関係ない。そんなの客観的にわかるものでもない。

文部科学省はさらに、大学を独立行政法人化することで、大学をも支配し始めた。大学を支配することで、大学に天下りポストを確保することができるようになった。例えば、教育学部あたりである。これで、老後も安心である。

これはまさに、亡国への道である。さて、どうする、日本。そのとき見本になるのは、フィンランドである。フィンランドでは、最も優秀な学生が、教員を目指す。妙な教育行政の指導もない。自主性が重んじられる。そもそも、多様な個性の子供を教育するのに、お仕着せの型にはまった教育行政が功を奏する訳がない。そのためには、先生が自発的に教育する必要があり、よって先生はきちんと研修を受けた優秀で情熱のある人でなくはならない、ということである。

しかし、これは日本では大変で、一旦、権力を握った文部科学省が、おいそれと権力を手放すだろうか。しかし、そこが脱構築できないと、日本はいよいよ危ない。知識社会に、一般人の教養の裾野を広げなくてはならないのに、教育は詰め込みと無責任で、荒廃するばかりである。しかし、これは、日本の優秀さを妬む諸外国の陰謀であろうか。従軍慰安婦など、歴史的事実を捻じ曲げてまで、日本のプライドを毀損しようとする一派と妙に符合する。

さて選挙だが、こういう教育問題を陽にマニフェストで取り上げている党があるだろうか。

πの新記録

| コメント(4) | トラックバック(0)

マイコミジャーナルの8月18日の記事によると、πの新記録が樹立されたらしい。以下、引用:

筑波大学計算科学研究センターは、同大のスーパーコンピュータ「TK2筑波システム」を用いて円周率を小数点以下2兆5769億8037万桁を計算し、世界記録としてギネスブックに申請したことを発表した。

これは、同大大学院システム情報工学研究科の高橋大介准教授らが同システムを用いて行ったもので、主計算を2009年4月9日7時37分32秒から同4月10日12時43分21秒までの29時間5分49秒で実施、アルゴリズムには"ガウス・ルジャンドルアルゴリズム"を採用。主記録容量は13.5TBとなった。

また、検証計算として、同4月27日9時35分36秒から同4月29日18時6分9秒までの44時間30分33秒で実施、アルゴリズムには"ボールウェインの4次の収束アルゴリズム"を採用し、主記録容量は12.9TBとなった。

この2つの異なるアルゴリズムに基づく2つのプログラムを使用して得られた結果である2兆5769億8037万7600桁(75×235桁)の値を比較したところ、2兆5769億8037万7524桁まで一致していたことが判明。これにより、記録の安全性と記憶のしやすさを考慮し、キリの良い2兆5769億8037万桁を記録として公表したとしている。

プログラムは高橋氏が作成。2つのプログラムともシングルジョブ実行環境で実行し、648台の計算ノード(1ノード当たりの浮動小数点演算理論最大実行性能は1472GFLOPS。全体では95.4TFLOPS)のうち、640台を使用する並列計算として処理が行われた。

なお、今回の計算では、同桁までの間、小数点以下1兆7815億1406万7534桁目から、ならびに小数点以下2兆3641億9038万6673桁目からの数列が"012345678901"となったほか、1兆1429億531万8634桁目からの数列が"314159265358"となるなどの結果が得られている。

「πの計算 アルキメデスから現代まで 竹之内脩・伊藤隆著、共立出版」によると、ガウス・ルジャンドル・アルゴリズムとは、次のようなものらしい。

また、同書によると、ボールウェインの4次の収束アルゴリズムとは、次のようなものらしい。

こういうのを見ていて当然ながら思うのは、πの計算というのは、数学というよりも工学である、ということである。その難しさは推察するに、巨大コンピュータ・リソースの用意、そのコンピュータ・リソース上での多倍長の計算のプログラミングの適切な実装、複数台コンピュータ間の通信の実装、適切なπ計算プログラムの選択、検証方法の適切な実装などである。

よく知らないが、画期的な、すなわち収束が速く、コンピュータに乗せやすいπ計算プログラムという意味では、もうかなり飽和しているのではないだろうか。実は、サラミンとブレントが上記ガウス・ルジャンドル・アルゴリズムに着目したのが1976年、ボールウェイン兄弟が上記漸化式を考え出したのが1988年であった。その後、1995年に16進法によるBBP公式が提示されたが、これは、理論的な式に留まり、便利な計算を可能にするとは信じられていない。

ともかく、メルセンヌ素数などの巨大素数の追求とは別の意味で、πの桁計算競争は、今後も続くであろう。

羽生の変遷

| コメント(0) | トラックバック(0)

9月号の将棋世界に、名人を防衛した羽生の特集があった。それを眺めていて感じたことをメモしてみる。緻密に読んだ訳ではないので、勘違いもあろうとかと思うが、ご容赦戴きたい。

20代の羽生といえば、そのエポックは、何と言っても7冠全冠制覇である。その頃の羽生の「名言」に次のようなものがある。

すなわち、その頃羽生は、将棋の終盤は、八百幾つかのパターンに類型化できる、と豪語した。そして、終盤は誰が指しても同じ、とも発言した。

その「終盤は誰が指しても同じ」であるが、ある将棋記者が、羽生さんがそう言ってましたよ、と佐藤康光に告げたところ、佐藤の顔色がさっと変わり、怒気を含んだという。佐藤にしてみれば、羽生といえども、なんと傲慢なことを言うか、という怒りだったのだろう。

ただ、「将棋の終盤は、八百幾つかのパターンに類型化できる」という命題は衝撃が大きく、アマチュア棋界にも影響を与えていたようで、今から8年くらい前、一応アマ強豪として名前が通っている大学将棋部の後輩が、「いまや、ある程度優勢になったら絶対に負けないという技術が、アマチュア将棋でも、あるレベル以上では確立しているのです。」と言っていた。アマ弱豪である私は、ううんそういうものか、と頷くよりなかった。今ではそういう話はあまり聞かないような気がするがどうなのだろう。

実際羽生は、20代の自分はあまり考えていなかった、と告白する。これはいかなる意味でも、将棋の手をあまり読まなかった、と解釈してはいけない。あまり手を読まないで7冠制覇できる訳がない。将棋の難しさ、複雑さについてあまり深く考え込まなかった、ということだろう。

羽生はこうも言う。自分の20代の頃は、戦法の選択肢が少なかった、と。ということは、羽生は20代において、比較的簡単化された材料を用いて将棋を構築できた、ということになる。その世界では、もしかして、将棋の終盤を、八百幾つかのパターンに類型化できると自分を信じさせることができたのかもしれない。

ところが、羽生が30代になって、突然将棋が複雑化してきた。というよりも、本来複雑であった将棋がその本性をあらわしてきた、とも言える。その担い手は、森内であり、深浦であり、また中座であったり、山崎であったり、藤井であったりした。

私が見るところ、羽生は、複雑化した将棋の生産者というよりも寧ろ、消費者である。羽生新手というのはあまりなく、その意味では大山に似ているといってよい。その複雑化した将棋の体系化能力という点で、森内と深浦は、羽生よりも優れているように見える。それが、森内と深浦が、羽生に対して、ほぼ五分の実績を示せている理由なのだろう。

そこで羽生将棋は30代になって、将棋のパターン化、システム化から、分かりづらさ、曖昧さ、ワイルドさに色を変えてきた。

実際、現代将棋は、羽生が20代のときと較べて、角換振飛車と、一手損後手角換相懸だけをとってみても、ぐっと複雑化した。特に、角換振飛車のほんの部分集合にすぎないごきげん中飛車ですらも、全く闇の力戦の世界である。

はっきり言って、羽生でさえも、新戦法について行くのに青息吐息なのである。佐藤康光などは、新戦法について行くことから半ば方向転換して、独自の超絶佐藤振飛車ワールドを展開した。それは確かに功を奏したようにも見えるが、いまや無冠で、順位戦でもいまいち好成績でないところを見ると、佐藤振飛車ワールドを展開し続けるのもコストがかかるようである。独自のワールドを展開していた藤井も、いまやすっかり疲弊しているように見える。

すると、羽生の戦略は、複雑化路線である。流行の戦型から出発するものの、魑魅魍魎の中終盤に持ち込むことなのだろうか。そこに羽生の本来の強みがあると羽生も認識したのかもしれない。

ただ、魑魅魍魎の中終盤はとても疲れる。毎回駆使することはできない。だから、どうしたのかと、ときどき圧敗する羽生を見かけることになる。

また、羽生は、終盤で手が震える場合を、「はっきり行けるかな」と思ったときだと説明する。苦しい魑魅魍魎の中終盤からやっと出られるという深い安堵の気持ちの表れなのではないだろうか。

ところで、20代から30代の羽生の質の転換は予想もできなかった。それでも私は、40代の羽生は、行き詰ってしまわないか、突然引退してしまわないか、という懸念を抱いている。40代の羽生はまだまだ第一線の力を維持しているだろうが、彼自身の水準を最早満たさなくなるのでは、という懸念である。そういう不安を抱きつつ、羽生の行く末を見守っていきたいと考えている。

社交数

| コメント(0) | トラックバック(0)

コメントでも指摘して戴いたが、友愛数の拡張としての、社交数に言及することにする。社交数というのは、完全数などと比較して、分かりにくい。

nの約数の和を表す関数を、オイラーに従い、σ(n)と置く。σ(n)には、n自身も含まれる。そこで、
σ0(n) = σ(n) - nと置く。

そして、σ0(σ0(n)) = nであるとき、nは周期2の社交数である、という。定義により、完全数は周期1の社交数である。また、友愛数は、周期2の社交数である。
なぜなら、定義により、σ0(n) = m且つ、σ0(m) = nなので、σ0(σ0(n)) = σ0(m) = nである。
σ0(σ0(σ0(n))) = nは周期3であり、以下同様である。

そこで問題:
(1) 周期3の社交数は存在しない、と予想されている。正しいか? これの証明は知られていない。なお、ポアンカレの定理ではないけど、ここでも3かよ、である。
(2) 周期4以上の社交数は無限に存在する、と予想されている。正しいか? これの証明は知られていない。

この問題の難しさの一端には、n → σ0(n)という写像の見通しの立たなさがある。ナイーブに考えると、σ0(n)を求めるには、約数を足しこむよりなく、それをどうやって解析数論の土俵に引きずり出すのだろうと訳のわからないことを考えてしまう。

下記に、社交数を求めるCのプログラムと、その結果を示す。すると、周期1と2のものは「自明」だからいいとして、周期5が12496, 14264, 14288, 14536, 15472、周期28が14316, 17716, 19116, 19916などというものがいきなり出てくる。特に、28なんて突然、何なのよ、というところである。また、確かに周期3は見る影もない。

あと、実は、14264, 14288, 14536, 15472は、12496と独立ではない。調べてみたら、12496にσ0を1回作用させると14288になり、2回作用させると15472になり、3回作用させると14536になり、4回作用させると14264になる。だから、12496があるのに、14264, 14288, 14536, 15472も併せて報告すると恥をかくことになる。逆に言うと、(14264, 14288, 14536, 15472, 12496)が全て仲間である、というのが、社交数のもともとの意味なのであった。

同様に、17716, 19116, 19916は、14316と独立ではない。調べてみたら、14316にσ0を1回作用させると19116になり、26回作用させると19916になり、27回作用させると17716になる。もちろん。これ以外にも、17716, 19116, 19916,14316には、あと24個の仲間がいる。それを並べると、下記のとおりである。周期の順番も付記した。

(1: 19116, 2: 31704, 3: 47616, 4: 83328, 5: 177792, 6: 295488, 7: 629072, 8: 589786, 9: 294896, 10: 358336, 11: 418904, 12: 366556, 13: 274924, 14: 275444, 15: 243760, 16: 376736, 17: 381028, 18: 285778, 19: 152990, 20: 122410, 21: 97946, 22: 48976, 23: 45946, 24: 22976, 25: 22744, 26: 19916, 27: 17716, FINAL : 28, 14316)


ところで、ものの本によると、周期3以上の社交数は、今まで171個みつかっていて、そのほとんどは周期4だという。すると、とりあえず計算してみた20000以下のところは、周期5と周期28しかない(しかも、一つずつ)という点で、社交数にとってかなり特殊な世界ということになる。

さらに追加の問題:

(3) 周期28の社交数は、14316とその仲間しかないと予想するが、正しいか。これは、いかにも他にもありそうであるが、そうである可能性もなくはないと思う。もちろん、証明は、私の手に余る。

ところで、周期4であるが、自力では探しきれなかったので、ネット上でカンニングしてみた。下記の1264460が周期4の最小のものである。
1: 1547860
2: 1727636
3: 1305184
FINAL : 4, 1264460

// 結果
order 1 : sociable number 6
order 1 : sociable number 28
order 2 : sociable number 220
order 2 : sociable number 284
order 1 : sociable number 496
order 2 : sociable number 1184
order 2 : sociable number 1210
order 2 : sociable number 2620
order 2 : sociable number 2924
order 2 : sociable number 5020
order 2 : sociable number 5564
order 2 : sociable number 6232
order 2 : sociable number 6368
order 1 : sociable number 8128
order 2 : sociable number 10744
order 2 : sociable number 10856
order 2 : sociable number 12285
order 5 : sociable number 12496
order 5 : sociable number 14264
order 5 : sociable number 14288
order 28 : sociable number 14316
order 5 : sociable number 14536
order 2 : sociable number 14595
order 5 : sociable number 15472
order 2 : sociable number 17296
order 28 : sociable number 17716
order 2 : sociable number 18416
order 28 : sociable number 19116
order 28 : sociable number 19916

// プログラム
#include <stdio.h>


int sigma0(int n);

int main()   {

int i,j;
int k;

for ( i = 2; i < 20000; i++ )   {
 k = i;
  for ( j = 1; j < 30; j++ )   {
    k = sigma0(k);
    if ( k == i )    {
  printf("order %d : sociable number %d\n",j,i);
  j = 30; // to exit the j-loop
 }
  }
}

 return 0;
}

int sigma0(int n)  {
 
 int i = 1;
 int s = 0;
 
 while ( i <= n/2 )     {
  if (( n % i ) == 0 )   {
 s += i;
  }
  i++;
 }
 
 return s;

}

コンピュータ将棋の実力

| コメント(4) | トラックバック(0)

将棋連盟のホームページを見ていて確信したことがある。それは、コンピュータ将棋が最早、C級2組レベルになったのては、ということである。

根拠は次のとおりである。すなわち、8月15日の朝日杯将棋オープン戦で、清水上徹アマは、千葉幸生、上野裕和という結構脂っこいところに連勝した。

ところがその清水上徹は、エキシビション・マッチとはいえ、ブログに書いたように、昨年5月に、棚瀬将棋(東大将棋)と指して、少しの不利をそのままずっと終盤まで詰められないで、押し切られた。その段階でも既に、コンピュータ将棋は、順位戦C級2組の力には達したのでは、といわれていたのに、間接的に清水上徹がプロを破ることで、コンピュータ将棋=C級2組説が真実味を帯びてきた。すると、私がコンピュータ将棋と指すなら、コンピュータが角落かよ、である。ううん辛い。

さらに言うと、2008年に棚瀬将棋を破って(反則勝ちだったが)優勝した激指であるが、その激指も、バージョンアップして臨んだ今年のコンピュータ将棋選手権では、2勝5敗と揮わなかった。

すなわち、今年優勝したGPS将棋あたりは、清水上徹よりはっきり強く、すると、下手したら、コンピュータ将棋=C級1組説も、そろそろ言えるのではないだろうか。

ここで、ありえない仮定。奨励会の三段リーグにコンピュータ枠を1つつくる。これはどのコンピュータ将棋というのではなく、毎年、その年のコンピュータ将棋選手権で優勝したソフトが出場する。

それでもし晴れて四段になれたら、毎年コンピュータが順位戦を戦う。ここで劇画チックに書くと、コンピュータ将棋は、チューニングに苦しみつつも、10年でA級順位戦で優勝し、ちょっと棋力に翳りが見えつつある48歳の羽生名人に挑戦する。さて、結果はいかに?

ペリリュー島

| コメント(2) | トラックバック(0)

第2次世界大戦での島嶼での日本軍対米軍の一番有名な闘いといえば、文句なく硫黄島であろう。あと、アッツ島か。ガダルカナルは島というには大きすぎる。しかし、ペリリュー島の闘いは、「戦士の遺書」半藤一利著、ネスコ刊を読むまでは、聞いたこともなかった。

ペリリュー島は、パラオ本島から南へ約40km離れて位置し、戦前より海軍航空基地が築かれ、群を抜く軍事的重要性をもっていた。従って、米軍の攻撃目標となることは時間の問題だった。

迎え撃つは、熊本県出身で陸士30期の中川洲男大佐他、1万余名。着任後、訓練につぐ訓練に余念がなかった。中川大佐は、陣地構築を重視した。

米軍側の師団長は、ルパータス少将。人員で7倍、小銃は8倍、機銃は6倍、火砲3.5倍、戦車10倍、よって戦闘は、2~3日で終わるだろうと予測した。硫黄島の闘いはあと半年後で、日本軍の島嶼の戦いの怖さを知ろうはずもない。

こうして1944年9月15日、歴史に刻まれるべきペリリュー島の闘いの幕が切って落とされた。

ルパータス少将の予想はあっさり裏切られる。中川大佐が指示して構築させた陣地はあまりにも強固で、事前の艦砲射撃がほとんど被害を与えなかった。これは、中川大佐の構想の巧みさと、あと、島に旧燐鉱石の廃坑があったことから、これをうまく利用できたこともあると思われる。そして、猛訓練よろしく、ペリリュー島の守備隊は、上陸一日目で、早くも米軍に、死傷者1300人近くの被害を与えるという大損害を与えた。それだけではない。夜になると、黒豹のように襲撃する斬込み隊によって、米軍海兵は夜も一睡もできなかった。

日本軍の陣地は、予想もできない場所にあった。そして、中川大佐の意図は、持久戦にあった。このため、中川大佐は、「一兵たりとも過早の出撃は許さん」と、安易な寡兵による突撃を禁じた。陣地の強固さと、安易な突撃を禁じるという点で、硫黄島の栗林中将との大いなる類似点が見出される。むしろ、栗林がペリリュー島の戦いから学んだ、ということもありえる。

こうした強固な陣地、持久戦の構想、及び突然の夜襲の組み合せで、上陸2週間たっても、中央台地の本陣は手付かずのままだった。

このペリリュー島の予想外ともいえる善戦というか抗戦は、士気が沈みがちな日本軍にあって活気をもたらした。ラバウルの今村均大将は、「ペリリューを見習え」と部下に訓示した。大本営も天皇陛下も、「ペリリューはどうなったか」、「ペリリューはまだ落ちない」を合言葉とした。

こうして、米軍側の死傷者が、日本軍のそれを上回るほどの激闘となった。

それでも、守備隊はじりっ、じりっと人員、物資ともに次第に消耗し、11月17日、ついに食料も飲み水も尽きてしまった。11月20日、米軍は連隊司令部の100メートル前面に迫った。掌握しえる兵力はわずか50人足らず、それでも、中川大佐は、玉砕攻撃を許さなかった。

11月24日、米軍が数十メートルに迫ったとき、ついに中川は、軍旗を焼き、副官根本大尉に介錯を頼んで自決した。しかし、死ぬ前に、残りの兵員でゲリラ戦続行を命じることを忘れなかった。

戦史では、ペリリュー島守備隊は全員が玉砕したことになっている。しかし、実際は、終戦後の1947年4月21日、残存日本兵34名が戦いを止めるまで、戦闘は続いた。中川大佐の遺志は残ったのである。

友愛数

| コメント(3) | トラックバック(0)

友愛数とは、一方の数の約数の和が、他方の数に等しいという相互関係がある数のペアのことである。nの約数の和を表す関数を、オイラーに従い、σ(n)と置く。σ(n)には、n自身も含まれる。

すると、nとmが友愛数であるとは、
σ(n) - n = m且つσ(m) - m = nであることである。これを変形すると、
σ(n) = n + mで、σ(m) = n + mなので、σ(n) = σ(m)

すると、コンピュータなどで計算させるには、σ(n) = n + m且つσ(n) = σ(m)となるn,mを求めることになる。

下記のCのサンプルプログラムでは、σ(n)を、int sigma(int n)という関数として定義した。なお、このプログラムでは、if ( j > 3*i ) continue; という条件文をおいて、ループを少しでもスキップすることにより高速化を図った。友愛数は、決して一方が他方の2倍以上ではないという観察による。ただ、心配なので、3倍にしてみた。

このプログラムで直ぐにみつかる友愛数は、下記のとおりである。
(220,284)
(1184,1210)
(2620,2924)
(5020,5564)
(6232,6368)
(10744,10856)

そこで、問題は次のとおりである。
(1) 友愛数は、無限に存在するか。これはそうだろうと予想されているが、証明はされてない。しかし、双子素数と比較しても、見かけは極端に少ない。なにしろ、10000以内に、5組しかない。無限性の証明は、双子素数と比較しても、簡単そうではない。
(2) 上記の友愛数の例は、(偶数,偶数)であった。オイラーは、(奇数,奇数)の友愛数の例も見つけた。では、偶数と奇数の組み合せの友愛数は存在するだろうか。これは存在しないと予想されているが、証明はされてない。


#include <stdio.h>

int sigma(int n);

int main()   {

int i,j;
int k;

for ( i = 2; i < 100000; i++ )   {
  for ( j = 2; j < 100000; j++ )   {
  if ( j > 3*i ) continue;
    if ( i < j )      {
      if (( k = sigma(i)) == i+j && sigma(j) == k  )  {
    printf("(%d,%d)\n",i,j);
   }
    }
  }
}

 return 0;
}

int sigma(int n)  {
 
 int i = 1;
 int s = 0;
 
 while ( i <= n/2 )     {
  if (( n % i ) == 0 )   {
 s += i;
  }
  i++;
 }
 s += n;
 
 return s;

}

 

水素エネルギー

| コメント(0) | トラックバック(0)

FCVに関して、水素エネルギーというものの価値を再認識していたところ、古書店で、「水素エネルギー」講談社現代新書、太田時男著を見つけたので、買ってみた。昭和49年刊だから、なんと私が大学に入って間もない頃の昔である。そんな時代の本が今でも有効なのかと思いつつ、中身をメモしてみる。

水素エネルギーというと、先ず問題になるのは、水素の生成である。小学生でも知っているナイーブな方法は、水を電気分解するものであるが、それだと下手したら電気代の方がかかってしまって実用的ではない。

そこで、この本に従い、実用的な水素エネルギーの生成方法をみてみる。

  1. その第一は、高温の水蒸気に、鉄などの酸化しやすい金属を接触させるものである。すると、金属が、水蒸気の酸素を奪うので、水素が出る。この方法の問題は、残りの酸化鉄をどうするかである。あまり経済的とはいえない。
  2. 次は、石油や天然ガスに、高温の水蒸気を作用させる方法で、それによって、多量の水素と一酸化炭素が得られる。ここから純粋な水素を得るには、冷却して液化させる。すると、一酸化炭素の液化温度は零下192℃で、水素のそれは零下253℃なので、分離することができる。
  3. 次は、石油や天然ガスではなく石炭に、1000℃の水蒸気を作用させるものである。すると、多量の水素と一酸化炭素及び二酸化炭素が得られる。
  4. 次は、900~1000℃程度の高温で、触媒により、天然ガスを、炭素と水素に分離させる方法がある。
  5. それ以外に、軟炭をコークスに蒸留するとき発生するガスを副産物として利用する方法がある。そのガスの半分は水素であり、後は炭化水素、一酸化炭素、窒素である。ここから水素を分離するにはやはり、液化が行われる。

以上は、慣用的な方法であるが、もう少し凝った方法として、次のような方法がある。
(a) 分子の大きさを利用する方法。水素分子は小さいので、多孔質膜で濾過する方法。
(b) 分子を大きさを利用して、遠心分離する方法。
(c) 磁性の差を利用する方法。

ところが、より先進的な方法として、サイクル化学という方法がある。例えば、次のような化学式をみてみる。

Step1: 6FeCl2+8H2O (650℃) → 
2Fe3O4 + 12HCl + 2H2
Step2: 2Fe3O4 + 12HCl + 3Cl2 (200℃) →
6H2O + 6FeCl3 + O2
Step3: 6FeCl3 → 6FeCl2 + 3Cl2 
Step3でリサイクルされたFeCl3は、Step1で利用される。また、Step3で発生したCl2は、Step2で再利用される。

サイクル化学の方法は、使用する金属や温度で様々で、効率もかなり違う。更に進んだサイクル化学の方法は、光エネルギーを使う。例えば、以下のようなものである。
Step1: 2FeSO4 + I2 + 2H2O (光) →

2Fe(OH)SO4 + 2HI

Step2: 2HI (光)→ H2↑ + I2
Step3: 2Fe(OH)SO4 (250℃)→
2FeSO4 + H2O + 1/2O2
Step3でリサイクルされたは、FeSO4Step1で利用される。Step3で必要な熱も、太陽光で賄える。また、Step2で発生したI2は、Step1で再利用される。

このような方法を駆使すれば、主として太陽光から、リサイクルされる材料によって、水から水素が得られる。すると、例えば、海岸や船上で、太陽光を取り込んで水素を生成して、運ぶという水素工場も可能になる。

次に、水素の利用方法であるが、典型的には水素エンジンである。アポロの時代から、ロケットの燃料には、液体水素が利用されている。すなわち、液体酸素と混合して燃焼させることによって、動力を得る。これの応用が、航空機や自動車に考えられた。航空機の場合は、液体水素によって駆動されるタービンをもつジェットエンジンを使う。

この本によると、2000年になる頃、液体水素によって飛行する旅客機が実用化されているはずである、というがまだ全くそういう話は聞かない。

自動車においては、水素を直接燃やすエンジンよりも寧ろ、水素を電気エネルギーに変換する燃料電池の方が本命視されている。それもまだまだ、研究は端緒についたばかりである。

水素エネルギーの生成だってそうで、高度なサイクル化学が30年も前に完成されているのに、実用化されているとは聞かない。そもそもが、FCVの燃料として、水素は、製鉄所から買わなくてはならないとか、輸入しなくてはならないなどと言われている始末である。

また、金属の水素脆化の問題も、この本では既に認識されているのに、また、ステンレスが比較的水素脆化に強いと言われているのに、依然として今でも、金属の水素脆化は難しい問題のようである。

このように水素エネルギーの研究があまりにも等閑視されてきたのは、どう考えても、石油エネルギーとそれを使った動力があまりにも有力で、石油メジャーからの圧力もあり、見えないところで、水素エネルギーが弾圧されてきたからではないだろうか。

ところが、特許出願を見てみると、2003年頃から、目だって水素エンジンの出願が増えている。その件数は、何と言ってもトヨタがダントツで、あとは、日立、日産、東芝、三菱重工、マツダ、ホンダと続く。

すると、水素の時代はやっと黎明期を迎えたのだろうか。水素といい、EVといい、ここにきて、次第に石油エネルギーを代替しようとすることの、技術的というよりも政治的な理由をつい、考えてしまう次第である。

突然変異によるがん

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の毎日新聞Webに下記の記事があった。

細胞のがん化を抑えている遺伝子が突然変異し、がんを引き起こす珍しい現象を、小川誠司・東京大病院特任准教授(血液腫瘍(しゅよう)学)らが血液がんで発見した。現在の治療法は骨髄移植しかないが、「善玉」から「悪玉」に変身する仕組みを制御すれば新薬の開発につながる可能性がある。

現象が見つかったのは、正常な血液が作られなくなる骨髄異型性症候群。国内に7000~1万人の患者がいると推定され、進行すると白血病になる例も多いという。

研究チームは、同症候群の患者222人の遺伝子を調べた結果、11番染色体に異常がある患者群(17人)では、遺伝子「C-CBL」が変異していることを突き止めた。

C-CBLは通常、がん細胞を含め細胞の増殖を抑制する働きがある。しかし、変異したC-CBLをマウスの細胞に組み込むと、細胞の異常増殖を促すたんぱく質の働きが活発になって、がんを引き起こした。異常増殖の割合は、正常なC-CBLのない細胞ほど高く、積極的に細胞増殖を促進する機能を獲得していることも判明した。

小川さんは「細胞増殖を促進するたんぱく質の働きを妨げる薬剤を開発できれば、有効な治療薬になる可能性がある」と話す。7月20日付の科学誌ネイチャー電子版に発表した。【西川拓】

なるほど、医学的に凄い発見なのかと感銘する一方で、そんな非自明なことを語っている訳でもないのではない、とも思う。

なぜなら、原爆などで致死量でない放射線を浴びて、数年後にがんで亡くなる人がいる。その場合、放射線による遺伝子の損傷で、がん化を抑えている遺伝子が突然変異し、がんが発生したのだ、と説明すれば納得した気持ちになるが、しかし、結局がんにならない人も少なくないのをどう説明するのか、という疑問も生じる。

もしかして、量子力学の説明よろしく、それはねぇ、シュレーディンガーの猫と同じなんだよ、と説明するのだろうか。すなわち、ソフトエラーやトランジェントフォールトで、人間もがんになる、ということである。そうだとしても、単に言い換えているだけである。

それと上記の論文でよく分からないのは、「細胞のがん化を抑えている遺伝子が「善玉」から「悪玉」に変身する仕組みを制御すれば新薬の開発につながる可能性がある。」と、ある意味一番肝心なところを別の研究に委ねてしまっていることである。私はそこの新薬が開発されたら、真に賞賛する。

本当は凄い研究かもしれないのに、素人というのはどうでもいいことに難癖をつけるものだ、と自分でも呆れている次第である。

百均生活

| コメント(2) | トラックバック(0)

2年ほど前に自宅の近所に生鮮食料品も扱う、ローソンストアという百均の店ができた。生鮮食料品も扱う百均の店としては、フレッシュQQなどが先発であるが、ローソンストアもそんなに悪くない。

私は、こういう百均の存在をとてもありがたく思う。なぜなら、1年365日、24時間開いていて、牛乳でも肉でも野菜でも、安価に買えるからである。

実はもっと本質的な理由があって、それは、私の今の生活レベルを、とてもうつろいやすいものと思っている、ということがある。

私は子供の頃は、おそらく平均以下の生活レベルであった。例えば、肉が買えないので、カレーに肉が入っていなかった。ところが、高校の頃になると父親の収入が安定して、なんとか中流の生活と言えるレベルになった。

就職してからも、無計画に飲み会や本に出費していたので、ほとんど貯金はなかったが、ギャンブルはしないので、窮乏ということもなかった。今の外資系の会社に移ってからは、決してリッチではないが、サラリーマンとしては、平均より少しだけ多い年収を享受できているかもしれない。運がいいとしかいえない。

それでも私は、いつ窮乏するか分からないといつも思っている。例えば病気である。病気で入院すると、医療費が嵩むし、収入が明らかに減る。

あとは会社である。私がいまいる会社は、一応大企業に分類されると思うが、GM、AIG、リーマンブラザーズなどを見ていると、大企業だから安泰だなんてとても言えない。そもそもが定年だってそんなに遠くない。

定年になると、年金がもらえるまでに何年かあるが、そこでつなぎの仕事があるかどうか保証の限りではない。

年金は年金で、それを支える機関が安泰という保証もまたない。

こうして私は、百均生活を構想する。それはどういうものなのか。まだ構想途中なのであるが、とりあえず書いてみる。

まず、乾麺である。素麺、蕎麦、うどん、スパゲティの乾麺が、100円で買える。これを茹でると、うまくいくと一人の一日分の炭水化物がまかなえる。あとは納豆。理想の植物性タンパク質。これは100円で4パックある。一日最低1パックの納豆を食べる。動物性タンパクとしては、卵で十分である。うまくいくと、100円で10個ある。これで少し寂しいと思ったら、ピーマンが100円で4個、肉が100g、100円程度で買える。

こうして工夫すると、一人一日500円、夫婦でも一日1000円の食費で賄える可能性がある。すると、月の食費が3万円、光熱費が2万円として、月5万円というベース費用で廻すことが可能となる。

実はより本質的なのは、自分の欲望である。百均生活を確立したとしても、贅沢に慣れてしまうと、質素な生活に戻れなくなる。小室哲哉の例を挙げるまでもない。それで私は、馬鹿にされても、安物買いにいそしむ。貧乏の訓練である。

本当に辛いのはお金ではなく、人間関係かもしれない。すなわち、私は頻度は低いが、気の合う友人と飲む時間をとても重視する。それも、病気、不和、その他の理由で遠ざかる可能性は常にある。すると最後の友人である孤独と、普段から仲良くしておかなくてはならない。

あとは病気である。歳をとったら、体にガタがくるのはやむを得ない。神経痛、糖尿病、その他、成人病をリストするのに暇がない。嫌だといっても、避けて通れない。

結論としては、貧乏、孤独、場合によっては病気と仲良く付き合うすべを学ばなくてはならない、ということである。百均生活は実は、エピクテトスのようなストア派の教えなのであった。

チェス入門

| コメント(5) | トラックバック(0)

毎年一回、夏休み終了にあと一週間程度のところの土曜日に、近くの公民館で、小学生相手の夏休み教室というのが開かれる。それで私は例年、将棋の講師として、参加することになっている。

といっても、時間はせいぜい、2時間程度が午前と午後で、それで将棋を知らない子供に駒の動かし方を教えるのも大変である。それで、多少将棋が指せる子供と指したり、簡単な詰将棋を出してあげたりで、お茶を濁すのだった。

将棋と同時に、囲碁のコーナーがあって、こちらは、地元の囲碁同好会の幹事の方がいらっしゃる。ところが、囲碁を知っている子供というのが、将棋よりも遥かに少なくて、大抵は19路盤で、五目ならべをやったりしている。それで、囲碁担当の方はいよいよ手持ち無沙汰という次第である。

ところで、その夏休み教室の1ヶ月くらい前に、例年、編成会議(というと大げさだが)を行う。私はいつもどうり将棋で時間を潰すので何も発言はないのだが、ふとある人から、チェスというのもどうですか、と声をかけられた。

チェス?まあ一応、ルールくらいは知っていますが、と曖昧に応えてから、ふと囲碁・将棋コーナーが寂しいことに思いが至った。それで、チェスもまあ、やってみましょうか、と心にもないことを言ってしまった。それで、囲碁・将棋・チェスのコーナーをする、ということになった。

帰宅して探してみたら、チェス道具一式はあった。あと、入門書もあったはずだが、と探してみたが、どうしても見つからなかった。どうも、数年前に本をばっさりと処分した際に、捨ててしまったらしい。

それで仕方なく、また入門書を買うことにした。なぜ仕方なくかというと、チェスの駒を並べてみたとき、キングとクイーンの位置が分からなかったからである。どっちが右だったっけ、という次第。それは将棋で、飛車と角のどちらが左に置くのか分からないというのと等しい。それではルールを知っているという資格さえない。

で、買ったのは、「チェス入門から上達まで」小野田博一著、有紀書房である。この本、本当はいい本なんだろうけど、困ったのは、例えば、ポーンの動きを説明したら、いきなり、ポーンを使った手筋を駆使する問題が書いてあることである。私がまず知りたいのは、初歩からのルールである。手筋はその後でいい。

それで仕方なく、もう一冊入門書を買った。「はじめてのチェス」渡井美代子著、成美堂出版である。この本は、アマゾンの書評でも評判よかったが、正直言って、感動した。分野を問わず、これほど分かりやすい入門書を私は知らない。実は、渡井美代子さんの入門書は以前にも買ったことがある。ただ、この本とは違うもので、こんなに分かりやすくなかった。渡井美代子さんは何冊か入門書を書いて、その学習の成果をこの本に傾注したのだろう。そういえば、渡井美代子さんといえば、元チェス世界チャンピオンで、亡命したボビー・フィッシャーと、2004年8月に結婚した。渡井さんは1945年生まれ、フィッシャーは1943年生まれで、そんなに歳は違わない。フィッシャーはまさか初婚じゃないよね、渡井さんは結婚歴ないのでは、といろいろ思いは巡る。ところが、ボビー・フィッシャーは、2008年1月に、アイスランドの病院で亡くなった。ところが、「妻」であるはずの渡井さんの影が見えないのである。擬装結婚だったのだろうか(もともと入籍していないので、de facto結婚ということで、それでいいのか)。

ともかく、この本を読んでやっと、次のことをちゃんと理解した。
- チェスは先手が白。後手が黒。先手はクイーンが左でキングが右。将棋と違って、初形では、同じ駒が向かい合う。
- キャスリングのやり方。
- ポーンの進み方。
- アンバッサンとは。
- ポーンの成り方。
- 将棋でいう両取は、チェスではフォーク
- 将棋でいう王手は、チェスではチェック
- 将棋でいう詰みは、チェスではチェック・メイト
- 将棋でいう千日手は、パーペチュアル・チェック
- 典型的ないくつかのオープニング
- 棋譜の記号

あと、「はじめてのチェス」に、オープニングのポイントが書いてあった。将棋と較べてみよう:
1.ポーンを中央に動かす。将棋の場合、55の位は天王山と言ったのは、遠い昔である。今は違う。まあ、そういう戦法もあるけど、くらいは言える。
2.ナイトとビショップを動かす。これも将棋と違う。将棋では、桂馬が早々に跳ねていくのはほとんど例がない。角もそんなに飛び出さない。すると、ナイトとビショップを動かす、が該当するのは、早石田くらいか。
3.キャスリングを早めに行う。これは将棋も同じ。将棋は単に、王将を囲うことであるが。将棋も、キャスリングといって、一手で穴熊に入れるというルールがあったら、面白いが。いや、それはやはり詰まらないか。
4.中央を支配する。これは微妙。中央に厚みを築くのが有利なことは、将棋でもなくはないから。
5.同じ駒を二度動かさない。そんな格言、将棋では聞いたことがない。そんな格言があったら、棒銀戦法は成立しない。
6.不必要な手は指さない。将棋でも基本的にそうだが、将棋では必殺の手待ちというのもある。真剣師の裏技である。

こうして纏めてみると、子供達に教えるつもりが、自分に教える点で一番為になっている。あまり知らないことを教える羽目になるのも、悪くないかも。恥をかくことと紙一重であるが。

欲望の鼓吹

| コメント(2) | トラックバック(0)

普通、欲望の鼓吹はいけないことだと聞いたら、大抵の人が同意するだろう、それはそうだと。そう聞きながら、その人が想起するのは、アメリカの投資銀行の営業マンだったりする。そこでいう欲望は、飽くなき金儲けだったりする。

ところが、ここで欲望の鼓吹というときの「欲望」はもっと広い意味で言っている。その定義は、「自然にエスカレートする人間の欲望」である。当然に金儲けはそこに含まれる。

しかし、自然にエスカレートする人間の欲望は、金儲けだけではない。以下、列挙してみる。

男女の間の愛。
地位への愛。
名声への愛。
他人を打ち負かしたいという欲望。

ここまで書いてくると、既に反発の声が上がるだろう。なんで、男女の間の愛を鼓吹するのがいけないのか、と。愛ほど美しいものはない、と。そう言うなら、日々のニュースを見てみるがよい。行き過ぎた男女の間の愛は、憎しみに転化し、様々な事件に繋がる。愛は地球を救わない。少なくともエゴの発露に繋がる。男女の間の愛なんて、抑え気味でいいのである。ほっといてもリビドーは流れ出すのだから。地位への愛然り、名声への愛然りである。

他人を打ち負かしたいという欲望、というのも、なぜいけないのか、と反発を受けるだろう。なぜなら、これこそが、オリンピックで上位に食い込むことである。甲子園で勝ち進むことである。勝ちたいという気持ちで日々努力することは尊い、と世間では説く。しかし、これも本当は鼓吹するのは適切でないらしい。戦争で敵意を煽るのとなんら本質的に変わらないと、この教えは説くのである。

自然にエスカレートする人間の欲望のリストアップは更に続く。

所有への愛。
家族への愛。

ここにきて、反発の声は頂点に達する。人は言うだろう。そりゃ、所有への愛を鼓吹するのはどうかと思う。金持ちが豪邸をさらに増築しようとするものだからだ。しかし、なぜ家族への愛まで槍玉に挙げるのか、みんな、一番大切なのは家族だと言っているではないか、家族がいるから頑張れるのだ、と。家族への愛こそ珠玉である、と。

しかし、鼓吹してはいけない欲望には、確かに家族への愛がある。これは広い意味で親族への愛といってもよい。そこで例を挙げる。あなたがある企業に勤めるとする。そこはたまたま、一流企業であるが、同族会社であった。今まではそれでも公平な人事が行われていたが、あるときから、社長の息子や親戚が、会社で幅を利かせ始めた。特に有能でもないのに、である。すると途端に会社のモラールが下がる。そうでなくても、家族への愛を旨とする人が管理職に就くと、つい属人的な人事に走り勝ちである。私はそういう例をいろいろ見てきた。家族への愛を一番大事だと思う人は、どこに行っても、気に入った人を集めて、擬似家族を作ろうとする。優秀かどうかよりも、自分と気が合うかどうかを重要視する。なぜなら、家族はもともと機能集団ではないからである。

それでは家族をないがしろにしろと君は言うのか、と叱られそうであるが、私はそうはいっていない。普通の常識的感情では、自然に家族を大事にする。その範囲でよくて、鼓吹まではしてはいけないのである。人間が社会的動物であることの帰結である。そもそも、過度の家族愛は、逆に家族をスポイルしてしまうかもしれない。そういう意味で、私は石原ファミリーは行き過ぎだと思う。ああいう同族主義をとりながら、都知事がどんな立派なことを言っても半減である。

さらに進むと、次のとおりである。

自分への愛。

ここにきて、過度の自分への愛がいけないことは、過度の家族への愛がいけないことによりも、却って受け入れてもらえるかもしれない、と思う。

さて次は意見が分かれるだろう。

神への愛。

そもそもが、神への愛は、自然にエスカレートする人間の欲望ではない。それでも、神への愛がエスカレートするとしたら、それは悪しき原理主義者のそれで、まっとうな神への愛ではない。

実は、この主題は、禅zenという、道元禅師をテーマにした映画のDVDを観たことから、思いついたものである。必ずしもその映画の趣旨に沿ったものではないが、あまり映画に馴染みのない私も、面白く観ることができた。少なくとも、感性を刺激された。

多重完全数

| コメント(2) | トラックバック(0)

完全数を拡張した、多重完全数を次のように定義する。
先ず、nの約数の和を表す関数を、オイラーに従い、σ(n)と置く。σ(n)には、n自身も含まれる。すると、完全数とは、σ(n) = 2nなのであった。

そこで、2以上の自然数kをもって、σ(n) = knであるとき、nをk完全数と呼ぶ。

そこで、下記の簡単なプログラムで、100000000以下のk完全数を求めてみる。
すると、下記までは一瞬で求まる。
k:    n
=========
2;     6
2:    28
3:   120
2:   496
3:   872
2:  8172
4: 30240
4: 32780


そこで問題:
(1) 2以上の任意の自然数kに対して、k完全数は存在するか。これはそうだろうと予想されている。証明はされていない。
(2) 2以上の任意の自然数kに対して、k完全数は無限に存在するか。k = 2のときは、普通の完全数なので、メルセンヌ素数の無限性の予想に帰着させることができる。しかし、3以上の任意の自然数kに対して、k完全数は有限個しかないかもしれない。証明はされていない。
(3) 特に、3完全数は、今まで6個見つかっている。上記の120と872が、そのうちの2個である。果たして、3完全数は、その6個に限られるか。
(4) デカルトは、1623年に、5完全数14182439040をみつけた。でもどうやって見つけたのだろう。下記の素朴なプログラムでは、この5完全数14182439040をみつけるには、信じられないくらい膨大な時間がかかる。ましてやデカルトには、コンピュータはない。多分、なんらかの素因数分解を利用するような気がするが、相当難しそうである。

 

#include <stdio.h>

int main()   {

int n;
int i;
int s;

for ( n = 2; n < 100000000; n++ )   {

 i = 1;
 s = 0;
 while ( i <= n/2 )     {
  if (( n % i ) == 0 )   {
 s += i;
  }
  i++;
 }
 s += n;
 
 if ((s%n) == 0 )    {
 
 printf("%2d : %10d\n",s/n, n);
 }
 
}

 return 0;
}

仕事と趣味

| コメント(0) | トラックバック(0)

サラリーマンをやっていると、公私混同してはいけない、とよく言われる。公私混同とはどういうことかというと、例えば仕事の時間中に趣味を優先させる、もっと言うと、人事権がある人が、自分の趣味仲間を待遇で優先させる、などである。

例えば、とても馬鹿な社長は、側近を、自分の麻雀仲間で固めたりする。だから、けじめに厳しい管理職は、自分の趣味を部下に教えないという。教えると、その趣味を通じて、すりよって来る茶坊主が出てくるから、だという。出典は明示できないが、そういう教えが確か、論語にもあった。

ところが、それでも、趣味を積極的に仕事に活かせる場面はあるのだ、と下記のような例を挙げてみる。

まず、トヨタの豊田彰男社長は、アマチュアレースが趣味で、自分でも出場することがよくあるという。こういう趣味は、自動車に対する独特の感覚を養成して、うまくいまと、仕事に活かせるはずてある。同様に、フォードの社長で、しばらくマツダの社長をしていたマーク・フィールズは、大のスポーツ・カー好きで、そのため、いつまでも、マツダのスポーツ・カー路線を止めようとしなかった。ホンダの創業者、本田宗一郎などまさに、巨大な趣味の権化という感じである。

こうしてみると、趣味も、下記のような条件をみたすと、仕事に前向きに貢献すると思われる。

まず、趣味が仕事のベクトルと一致している、ということである。例えば、パソコンの開発者で、実は趣味もパソコンのハードウェアをいじること、などという人がいる。こういう人は例外なく、そこそこに本業で優秀である。なぜなら、暇さえあればパソコンのことを考えているからである。上記の豊田彰男社長など、そうである。

次に、趣味を前面に出さないということである。言い換えると、その趣味をもつかどうかで待遇などの差別をしない、ということは重要である。豊田彰男社長の例でいうと、アマチュアレースが好きかどうかで、部下を差別してはいけない。趣味は、単に自分の業務判断の糧とすべきである。

あるいは、趣味から確立した人生観を引き出した人である、ということである。手前味噌で申し訳ないが、私の将棋は、せいぜいアマチュア四段で、吹けば飛ぶよな棋力である。しかし、長年苦楽をともにした将棋からは、さまざまな教訓を得た。確立しているとは到底いえないが、それでも、仕事を進める上で、将棋の方法論は随分役立っている。これもまた手前味噌であるが、私の将棋仲間は、そこそこに社会的にも有能である。ただ、将棋的方法論というのは、王道ではないようで、私の将棋仲間で、会社を興す、社長になるなど大きな成功を収めた人はいない。それは別の器量の問題かもしれないので、一概に言えないが。

あと、私の、将棋とは別の趣味である数学も、なにほどか仕事に役立っている。例えば、研究所から出てきたやたら数学的発明に対して、理解できるかどうかはともかくとして、数式に臆する程度が少ない。むしろ、さっぱり理解できない数式を眺めて陶然となっていたりするので、それを他人が見ていたら、こいつアブナイと思うかもしれない。何しろ高校の授業の基本問題程度で、大して難しい問題でなくても、全然解けなかったリするのが結構あるのだから、とても数学が得意なんていえない。単に数学に横恋慕しているだけである。こういう趣味でも、邪魔にはならなくて、自分オンリーワン化計画には、貢献する。

こうしてつい自分のことを語ってしまったが、趣味を前面に出さないということはいくら強調してもしすぎることはない。私の知っているある人は、責任ある地位に就いたら、誰も表立って反対する人がいなくなったのをいいことに、業務の一環として趣味を追求し始めた。広い意味では仕事に関連しているが、そのことでいささかも部門の運営に資することはなく、部門の運営をほとんど放置した結果、次第に部門が荒廃し始めたと聞く。

だから、ボトムラインとして、趣味で仕事が深まったか、活性化したか、付加価値があったはか何度も問うべきである。自分の将棋と数学がどれほど仕事に貢献したかと問うのも、成果的にちょっと辛いものはあるが。

完全数

| コメント(2) | トラックバック(0)

完全数というのは、自身の約数の和と、自身が等しいという自然数で、ギリシャのユークリッドの頃から興味が持たれていた。

例えば、6 = 1+2+3というのは分かりやすい例である。手計算で探すのは大変なので、Perlで、ナイーブに、完全数を探すプログラムを書くと次のとおりある。

# プログラムの始まり
for ( $i = 2; $i < 100000000; $i++ )   {
CompN($i);
}

sub CompN  {

my $n = shift;
my $i = 1;
my $s = 0;
my $z = 0;
my @nums = ();


while ( $i <= $n/2 )  {

 if (($n % $i) == 0 )   {
   $s += $i;
   push @nums, $i;
 }
 $i++;
}

 if ( $s == $n )  {
  printf "%d = ",$n;

  foreach $x (@nums)   {
   if ( $z == 0 )   {
     printf "%d",$x;
   } else           {
     printf "+%d",$x;
   }
 $z = 1;
 }
 printf "\n";
 }
 return 0;
}
# プログラムの終わり

これを走らせると、

6 = 1+2+3
28 = 1+2+4+7+14
496 = 1+2+4+8+16+31+62+124+248
8128 = 1+2+4+8+16+32+64+127+254+508+1016+2032+4064

までは、あっという間に出る。ところが、そこからが長い。ずっと後の方になって、
33550336 = 1+2+4+8+16+32+64+128+256+512+1024+2048+4096+8191+16382+32764+65528+131056

+262112+524224+1048448+2096896+4193792+8387584+16775168
がやっと求まる。

実はユークリッド自身は、2**n-1が素数なら、2**($n-1)*(2**$n - 1)は完全数である、という証明を与えていた。ここで、2**nは、2のn乗を意味する。

ところが、これだけでは、完全数を枚挙して求めるのにあまり役に立たない。2**n-1の式のnに数字を入れて素数かどうか確認して完全数が求まったとしても、そうでない完全数があるかもしれないからである。

そこで完全数に関する、偉大なるオイラーの定理があって、偶数の完全数は、2**n-1が素数である場合の、2**($n-1)*(2**$n - 1)という形に限る、というものである。

ところで、2**n-1の形の素数は、メルセンヌ素数と呼ばれる。メルセンヌは、2**n-1が素数になるのは、n = 2, 3, 5, 7, 13, 17, 19, 31, 67, 127, 257の場合だけ、と予想したが、n = 67, 257のときは素数にならないことが、後にコンピュータ計算で確かめられた。上記の6, 28, 496, 8128, 33550336はまさに、n = 2, 3, 5, 7, 13に対応する。さらに、33550336の次の完全数は、33550336のほぼ256倍の数であることも分かる。

そこで完全数の未解決問題として次がある。
(1) 完全数は、無限に存在するか。これは、メルセンヌ素数が無限に存在するか、とも等価であって、一般には正しいだろうと信じられているが、証明は進んでいない。
(2) 奇数の完全数は、存在するか。これも意外にも、全く分かっていない。もし存在するとしても、それは、300桁以上の自然数だろうと予想されている程度である。

シュメール文明

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本人のルーツのところで触れたシュメール文明であるが、もう少し掘り下げて学んでみようと、「シュメル-人類最古の文明」小林登志子著、中公新書を買ってみた。この本が名著なのかどうか分からないが、アマゾンでみて、なかなか類書がない。日本であまりシュメールに興味をもっている人がいないのだろう。なお、この本ではシュメルとなっていて、その方が学術的に正当なのかもしれないが、私の好みでここでは、シュメールで通す。

年表によると、シュメール文明に先立つのは、ウパイド文明であり、年代としてはBC5000年くらいである。これがシュメール文明の祖先ではないのかというのは誰もが思うところであるが、それの継承関係は示されていない。

その後BC3500年に、ウルク文明が興る。これは明確にシュメール文明の祖先であるといえる。

ところで、世界の四大文明というのは、メソポタミア文明・エジプト文明・インダス文明・黄河文明であるが、シュメール文明というのは明確に、メソポタミア文明の始原である。

エジプト文明は、BC3000年頃に興った。インダス文明は、BC2600年からBC1800年の間に栄えた。黄河文明は、BC2500年頃と言われている。

すると、ウパイド文明を視座に入れないとシュメール文明を最古というのはすっきりしない。この辺はどうも曖昧である。

さて、ウルク文明において、ウルク古拙文字という象形文字が発見されている。BC3200年頃のものである。そこ頃は、ウル市、ラガシュ市、ウンマ市と都市国家として栄えていた。都市毎に王がいて、城砦や墓碑が建造されたりした。シュメール人は好戦的でない、と思っていたら、そうではなく、結構都市間で抗争があった。そのため、都市には城壁が構築された。

ウルク古拙文字というのは一応、世界最古の文字ということになっている。ただ、明確にシュメール語であるという証明はなされていない。BC2500年頃になると、ウルク古拙文字から発展して、表音文字としてのシュメール文字が確立した。文字の数は約600で、これが楔形文字としてメソポタミア文明の教養の基礎をなした。

BC2334にはアッカド人によるアッカド王朝が成立した。ところが、不思議なことにシュメール人は駆逐された訳ではなく、アッカド人と共存していた。アッカド人は、アッカド語を使用し、これは、膠着語であるシュメール語とは全く異なり、セム語系ではないかと思われる。アッカド人は、ちょうどローマ人がギリシャ文明を尊敬したようにシュメール文明に敬意を払い、文字をシュメール語から借用した。

シュメール人の特徴は、現実感覚に溢れ、都市の構築能力に優れていた、ということがある。農業や工業にも優れていた。また、ハムラビ法典に先立つ、最古のウルナンム法典を作り、紛争を解決した。ウルナンム法典は決して目には目をではない。ウルナンム法典で興味深いのは貞操関係の条文がいろいろとあることである。例えば、処女である新妻を、他の男が犯したら、その男は殺されるべきである、というような内容もある。そういう事件が多かったのだろうと推察させる。もちろん、奴隷関係の条文も多数あった。アリストテレスに至っても奴隷の存在を当然視していたのだから、シュメール人がそうであるのは仕方がない。

シュメール人の宗教は、多信教だった。ギリシャのそれとよく似ている。現世利益も祈った。このあたり、日本の文化への影響もあったに違いない。文明にお酒はつきものであるが、シュメール人のお酒は、今でいうビールであった。米ではなく麦の文化だったのだろう。ビールとパンを作法に則って食べるのが、文化人の標だった。神に捧げられるお酒もまた、ビールであった。

シュメール人のさらなる特徴は、ハンコ文化である、ということである。その使い方は、土地購入などのための本人認証に使った。日本人のわれわれと同じである。シュメール語の文献で面白いのは、何か災害があったら、何はおいても、ハンコは持って行きなさいと、書いていることである。このあたり、日本人の実印の感覚と同じである。ハンコ文化は中国にも伝来されて金印などが作られたが、結局、中国では根付かず、日本で栄えた。やはり日本こそが、シュメール文明の嫡子である、と言いたくなる。

そんなシュメール文明であるが、ウルク第三文明の時代だったBC2004年に、蛮族であったグディ人の侵入をうけてあっさり、歴史の表舞台から消えてしまう。その後、二度と歴史に登場することはない。そこでシュメール人が皆殺しされたとは考えられない。一部は殺されたとしても、ほとんどは、流散して行ったに違いない。1つの行き場は、インダス文明の先住民として移住したということが考えられる。

インダス文明以外にも、シュメール文明の通奏低音は、バビロン王朝にも、カッシート王朝にも、アッシリア帝国にも、そしてアケメネス朝ペルシャにも、響いているはずなのである。日本においてすら、その微かな音を聞くことができるはずである。それを求めて、文献を探すのも悪くないと思う次第である。

ちょっと前だが、毎日新聞Webに、下記のような記事があった。

音楽著作権を管理する社団法人「日本音楽著作権協会」(JASRAC、東京都渋谷区)は6日、テレビ・ラジオ番組向けの楽曲を巡り、放送局と結んでいる契約内容が独占禁止法違反(私的独占)に当たるとした公正取引委員会の排除措置命令について、当面の執行免除が決まったと発表した。

JASRACは命令を不服として審判を請求し争っているが、契約内容の改善を求めた命令内容は審判請求にかかわらず履行しなければならないため、東京高裁に執行免除を申し立てていた。保証金1億円の供託を条件に申し立てが認められる決定が出され、JASRACは6日、供託を済ませた。審判や裁判の終了までは契約内容を変更せずに済む。

公取委は今年2月、JASRACが採用している契約内容によって他業者を排除していると認定。代替案を提示し公取委の承認を得ることなどを求めていた。JASRACは「放送事業者に命令の続行に伴う影響が及ぶ事態は当面回避される」などとコメントした。【苅田伸宏】

これは、私のブログの過去の記事である、JASRACJASRACへの排除命令JASRACへの排除命令(続)のその後の経緯に係るものであるが、そこにも書いたように、公正取引委員会の排除措置命令の内容は、「新しい契約方法を考案し公正取引委員会に提出すること及び再発防止」であって、JASRACにとっては、一体どうすればいいのか、とただ悩むだけのような内容である。インフラの整っていない他業者にどう開放するのか、という根本的困難がある。

公正取引委員会にしてみれば、JASRACの独占は許せない、しかし具体的にJASRACに排除命令を出そうにも、その内容が思いつけないという、「本当にお前はけしからん奴だ、なぜなら」と言いかけて、後の言葉が出てこない駄目管理職のようなことになってしまっている。

なにしろ、著作権法のお膝元、文化庁でさえ、当惑するような公正取引委員会の対応なのである。見識不足は否めない。ともかく公正取引委員会は、これにて本件から手を引き、知的財産関係の案件については、もっと深く勉強してから対応されることを期待する。例を挙げると、米国ではパテント・プールが独禁法違反ではないかと長い議論があり、結局最高裁で条件付で適法と認められたが、独占禁止法は、本来独占が許される知的財産法に対する楔のような位置づけであるため、大抵の場合微妙さがついて廻る。

今回は、その微妙な著作権がらみの案件に対して、ゼネコンの談合に対するように武骨に迫って行ったのが敗因(といってもいいと思う)であった。

といいつつ、自分自身も、知的財産法と独占禁止法の関係なんて、何にも分かっていないのだった。オープン・イノベーションがらみで避けて通れないところなので、勉強してみるとする。

失地回復

| コメント(0) | トラックバック(0)

7月の終わり頃罹った顔面神経性麻痺であるが、比較的軽かったようで、約2週間たってかなり症状が改善されてきた。顔の歪みは、注意してみないと分からないほどになり、食べこぼしもかなり減った。それで、この間、感じたことを書いてみる。

先ず、一般論として、神経の受動的な方向、すなわち感覚的な部分よりも、能動的、すなわち運動的な部分の方が被害が大きいということである。これはある意味当たり前で、感覚的な神経は、信号を受け取って脳に送りさえすればいいのだが、運動的な神経は、全体のバランスやサーボ的な働きを実現しなくてはならない。よって、神経に、例えば、本来の7割しか情報が流れていないとすると、感覚的な部分はそれでもなんとかなるが、運動的な部分は、それだとうまくいかないことが多い、ということである。

また、その運動的な部分も、普段意識していなかったが、高度な統合を要する運動と、比較的原始的な運動があり、前者の方が回復が遅い、ということが分かった。書いてみると当たり前であるが、例で示すと、比較的原始的な運動とは、単なる頬の動きとか、舌の動き、唇の動きを司る部分である。顔面神経性麻痺に罹った当初の頃は、顔の右側について、頬、舌、唇さえも、ほとんど自由が利かず、唇の右側からこぼさないで食べることが難しかった。これは、今週になってから、かなりコントロールを回復した。

そこで、久々に口笛を吹いてみようと思った。私は本来口笛は比較的得意な方で、バッハの無伴奏チェロ曲の一節も吹ける。ところが、顔面神経性麻痺に罹った当初の頃は、口笛を吹く真似さえできなかった。いまや、本来に近い口の格好をとることができるようになった。ところがである、口笛を吹く格好は出来るのだが、吹いても音が出ないのである。そこで、口笛は、実はかなり高度な統合を要する運動であることが分かった。口笛に限らず、歌を歌ったり、楽器を演奏したりすることも、見かけ以上に高度な筋肉の統合作用を要するのではないか、と推察される。

また、鳴らない口笛を吹きながら思い出したのは、小学校の頃である。その頃、年上の人から、お前、口笛が吹けるかと聞かれて、ううん、と答えて、練習してみたが、全然音が出ない。それはまさに、今の私の状態と同じである。そうして知らないうちに口笛が吹けるようになっていたが、すると、運動機能の回復というのは、プログラムのモジュールの再導入のようなものか、と思った。なにかの拍子に、口笛を吹くルーチンが働かなくなると、脳は、その機能を再導入しようとするが、運動機能は再学習を要するので、時間がかかるのかもしれない。

これが口笛程度だからいいけど、歩く機能を失って再度歩きはじめるというのも大変そうで、と書きかけて、ふと、私の従兄弟に、リハビリの専門家がいるのを思い出した。彼は、大学を出てなぜか福祉の専門学校に行き、その資格をとり、いまや奈良のほうでベテランのリハビリ訓練士である。彼なら、このあたりの仕組みをうまく説明してくれるだろう。

さらに、原始的な運動の分野がかなり回復しているといったが、意外に回復が遅れているのが右目である。まだ涙がよく出るし、ときどき視界が霞む。運動としては瞬きするくらいで大したことはないが、その視覚神経はとても高度なので、目は、中途半端な神経の回復ではおっつかないのかもしれない。

WORDの特許侵害

| コメント(0) | トラックバック(0)

時事ドットコムの記事などによると、マイクロソフトのワードが、米国で特許侵害で訴えられ、米テキサス州の連邦地裁は、特許侵害を認定し、マイクロソフトに販売差し止めと、損害賠償の支払いを命じられた、という。以下、引用:

【シリコンバレー時事】米テキサス州の連邦地裁は12日、マイクロソフト(MS)に対し、文書作成専用ソフト「ワード」について特許侵害を認定し、販売差し止めを命じる判決を下した。

カナダ・トロントに拠点を置くソフト開発会社、i4i(アイ・フォー・アイ)は2007年3月、最新のプログラム用言語を用いて作成済みの文書情報を整理や保存、検索する際の技術を侵害されたと提訴していた。

同連邦地裁陪審は今年5月、MSに対しi4iに2億ドル(約192億円)支払うよう評決していた。米メディアによれば、今回の判決は遅延分として約9000万ドル上乗せした上で、販売差し止めを命じ、60日以内に従うよう求めた。MSは判決を不服として上訴する方針。(2009/08/13-12:29)

別のWebページによると、基となったi4iの特許は、米特許番号5,787,449号である。i4iの主張によると、ワードのXML関連処理、特にそのXMLタギング機能が、特許侵害にあたる、ということである。

米特許番号5,787,449号のタイトルは、 Method and system for manipulating the architecture and the content of a document separately from each other で、そのClaim 1は、下記のとおりである。

1. A computer system for the manipulation of the architecture and content of a document having a plurality of metacodes and content by producing a first map of metacodes and their addresses of use in association with mapped content; said system comprising:
metacode map distinct storage means;
means for providing a menu of metacodes to said metacode storage means;
and means for compiling said metacodes of the menu by locating, detecting and addressing the metacodes in the document to constitute the map and storing the map in the metacode storage means; and
means for resolving the content and the metacode map into the document.

これだけ見ると、結構広そうなクレームであるが、よく分からないのが、"menu of metacodes"というところである。もしこれが文字どおりGUIのメニューなら、WORDにそんな機能があったっけ、ということになる。なんにしろ、特許明細書の本文を当たらないと分からない。

あと、この特許の対応外国出願をみると、本国とカナダと、米国に出願があるだけで、カナダの特許はもう切れている。だから、この米国特許が唯一の権利行使可能な特許ということになる。この特許の満了日は、2014/6/2で、あと5年弱ある。

マイクロソフトにとって、2億ドルというのは大金ではないが、WORDは主要製品なので、販売差し止めの方が痛い。マイクロソフトとしては、徹底抗戦するだろう。

一方で、OpenOfficeやキングソフトなど、MSオフィス互換製品が世間にあるが、本当にマイクロソフトの膨大な特許権に触れないのだろうか、と私はときどき懸念する。おそらくマイクロソフトは、オープンソースや小企業を特許訴訟のターゲットにすることによる、世間の風当たりを恐れているのだと推察される。

ともかく、マイクロソフトは、Deep Pocketで、いろいろな会社の特許訴訟のターゲットになりやすい。莫大な利益を挙げているマイクロソフトにとって、こういうのは有名税のようなものかもしれない。そう考えると、i4iは、この訴訟である程度名前が売れて、幾許かのお金が貰えるなら、早々に和解するのではないかと思えてきた。訴訟が長引いて、費用が嵩むのも意図するところではあるまい。ということで、経過を見守るとしよう。

中央銀行

| コメント(0) | トラックバック(0)

中央銀行とは、政府の銀行のことであり、発券銀行でもある。米国では、FRB(連邦準備銀行)、日本では、日本銀行である。

それがどうした、と言われそうであるが、例えば、FRBは一民間機関に過ぎず、普通の株式会社である、というと少し意外なのではないだろうか。

しかも、米国政府は、FRBの株を一株ももっていない。FRBは無から有を創造し、すなわち、ドル紙幣を刷って、合衆国財務省から、政府債券を購入する。

FRBは、利子のついた流通資金を合衆国財務省に貸し出し、合衆国財務省に対する小切手貸付と、帳簿に記帳する。

米国政府は、利息をFRBに支払う義務を負う。

それでは、日本銀行の場合はどうか。日本銀行は、日本銀行法で設立された特殊法人で、形式的には、資本金高々1億円の株式会社である。日本銀行は、株式会社であるから、日銀マンというのは、公務員ではない。しかし、FRBと異なるのは、その株式の55%が、政府出資というところである。

そういう一株式会社であるのに、日本国において、通貨発行権を独占する。

一国において、FRBや日本銀行のような、通貨発行権を独占する銀行は、中央銀行と呼ばれる。通貨発行権を独占するということは、一国の通貨価値の安定が中央銀行に委ねられている、ということである。

では、どうやって中央銀行をコントロールするのかというと、日本銀行の場合、政府が一応、最高発行額伸縮制限制度をとる。そして、日本銀行は、銀行券の発券額に相当する保証物件を保有しなくてはならない。

いろいろな本を調べて、こう書いてみたが、金融の素人なので、勘違いもあるかもしれない。しかし、素人であるが故に素朴に不思議なのは、どうして政府が直接、通貨を発行しないか、ということである。すなわち、わざわざ、株式会社をつくって、そこに通貨発行権を独占的に委ねるのか、というのはいかにも不思議である。

そうはいっても、流石に中央銀行なしでは資本主義は成立しないのでは、と思っていたら、Jim Rogersのような有名な投資家が、FRBを廃止することが、金融危機から脱出する道である、と言って憚らない。彼の意見は、YouTubeで聞くことができる。

これについては、これ以上論じる知識もないので、この辺にしておく。

本望の死

| コメント(2) | トラックバック(0)

8月12日の読売新聞Webによると、先日の静岡沖地震で、初の死者認定だという。以下、引用:

静岡市は12日、同市駿河区南町のマンションで、大量の本に埋もれて死亡しているのが見つかった会社員池本美和さん(43)について、地震による死者と認定した。

今回の地震での死者は初めて。県警が解剖結果などから、室内に積まれてあった本などが地震によって崩れて下敷きとなり、窒息死したと判断したため。

これを見て、亡くなった方に対してとても不謹慎ながら、とても親近感を感じた。その理由は、次のとおりである。

私は独身時代、本を買うのが趣味だった。敢えて読むのが趣味だったとは言わない。というのは、大部分が積読だったからである。今だって、本を買うのは趣味であるが、いささか掛ける費用のレベルが違う。

当時、まだサラリーマンとして新米だったこともあって、月給は12万円くらいだったろうか。それでも、毎月3~4万円くらい本を買った。大きなバッグもって、よく神田に行ったものである。あと、食費と飲み代と、安アパートの家賃を払うと全く残らなかった。彼女がいてデートでもしたら、たちまちデート代に困窮するところだったが、幸か不幸か、私と付き合うなんて物好きな女性はあらわれなかった。

私が買う本は、だいたい1冊1000円から2000円程度のものが多かったから、蔵書は、毎月30冊程度ずつ増えていく。年間で360冊で、23歳からサラリーマン始めて、当時27歳くらいだったから、少なくとも1000冊は持っていた。それを並べるためにスチールの本棚を4本買った。そこに入れきれないと、本棚の上にも並べた。地震があると超危険である。

当時、大学の将棋部の後輩達が、東京で学生の大会があると、私のアパートに泊まりにきた。宿泊費を浮かせるためである。来ると、むさい男数人で雑魚寝である。あるとき私が後輩達に、この本棚見ろ、地震で倒れたら、ここに寝ている奴は只では済まないぞ、と言ったら、流石に呑気な後輩達も一瞬顔が引きつったが、大会で疲れていたか、酔っ払っていたか、そのまま寝てしまった。本当に地震があって、こいつらとここで心中したら様にならないよね、と思いつつ、私も寝入ってしまった。やはり呑気なものである。

尤も私が住んでいた安アパートの本当の危険性は、本棚よりも安アパート自体だったかもしれない。というのは、なんとも安普請のアパートで、二階建てだったが、上の階の人が歩くと、みしみしと天井が撓るのである。二階の洗濯の水が天井の隙間から落ちてきたこともあった。冬のある日、あまりにも寒いと思ったら、窓に隙間があって、雪がその隙間から降り込んでいた。そこで、窓に新聞紙を貼り付けて凌いだ。すると後日、大家から、通り道から見えるところの窓に新聞紙を貼らないでほしい、みっともないから、とやんわりとたしなめられた。いろいろ言いたいことはあったが敢えて反論しなかった。

極めつけはシロアリだった。ある日、畳を食い破ってシロアリが出てくるのである。私は止せばいいのに、お湯を沸かしてそれをシロアリの出口に注ぎ込んだ。それで一部のシロアリは確かに死んだが、畳が湿って悲惨なことになった。弱っていると、後日またシロアリの第二陣が出てきた。

そんな話を友人にしたら、即アパートを出ろと、命令口調で言われた。地震が来たら確実にそのアパートは倒壊する、間違いなく死ぬぞといわれた。で、いくら呑気な私も、そのとおりだと、別のもう少しまともなアパートに引っ越した。

それで話は戻るが、独身時代、いつも寝床の傍には本を満載した本棚があった。安アパートで、部屋数も少ないので、寝室専用の部屋なんて無理だった。もしそういう部屋を確保したとしても、毎年300冊も本は増えるので、どんどん部屋は本で占領されていく。すると、大した地震ではなくても、落ちてくる本で、私は死んだかもしれない。ハードカバーの比較的厚い本が落ちてきて、その角が頭に当たると、致命的になりえる。当時、人生を諦めていたので、そうやって死んでも、まあいいやと思っていた。もじって本望の死、ということである。別に死ぬ勇気があった訳ではない。自分の安全に配慮するのが面倒だっただけである。

今回不幸にも亡くなられた池本美和さんは、どういう方だったのだろう。私の女バージョンみたいな方だったのだろうか。どういうことかというと、化粧品よりも、スイーツよりも、つい本を買ってしまう女性である。きっと、男にあまり興味ない。

別の情報をWebで調べてみると、「池本さんは1人暮らし。室内には天井に届くほどの高さまで、数千冊の書籍や雑誌が平積みにされていた。」とある。おっと、お見逸れしました。私の独身時代を遥かに上回る方のようである。 まさか、本望の死なんて思っていないだろうけど、でも、本が好きな人が、本に埋もれて死ぬのは、癌で死ぬよりも、交通事故で死ぬよりも、やっぱり本望なのではないだろうか。言っている意味が、訳わかんない、と言われてしまいそうであるが。

東京裁判の一側面

| コメント(2) | トラックバック(0)

8月11日のNHKの番組「海軍400時間の証言」は、東京裁判に関するものだった。そこで、忘れないうちに、この内容をメモしてみる。

東京裁判のA級戦犯で、不思議なのは、死刑になった人に海軍関係者が一人もいない、ということである。嶋田元海軍大臣は、東條の副官と言われていたくらいで、当然に東條と一蓮托生だと思われたが、終身刑に減刑され、昭和30年には、巣鴨プリズンから釈放された。

この海軍と陸軍の違いはなぜなのか、ということに対する1つの答えがこの番組で明かされた。それは、元軍令部の大佐、豊田隈雄氏の証言に基づく。

海軍省は敗戦で解体され、その人員は第二復員省に移動した。復員省は本来は、復員してくる元兵士の面倒をみる部署であるが、軍令部のエリートだった豊田氏は密命を帯びた。それは、東京裁判での裁判対策である。すなわち、海軍関係で東京裁判に証人として呼び出される人が決まると、事前に証人と面談して、証言内容の調整を行う。目的は、元海軍トップの嶋田繁太郎に責任が追求されないようにすることである。

例えば、潜水艦事件というのがある。これは、海軍の潜水艦が、米国の商船を撃沈して、それだけではなく、救助を求める乗員を見つけ次第、殺害した、という事件である。この事件と、軍令部トップである嶋田繁太郎との関連が証明されると、嶋田は間違いなく死刑である。開戦の罪だけなら、なんとか終身刑にとどきまるかもしれない。そこで、豊田隈雄氏は、第二復員省の命令により、徹底した証拠隠蔽を図った。

こういう努力の結果、A級戦犯で、死刑になった人に海軍関係者が一人もいない、という「成果」が得られた。

しかし、このような海軍上層部に責任を問わないという方針は、下に皺寄せをもたらす。BC級戦犯裁判である。例えば、海軍の篠原元大佐は、スラバヤで捕虜を殺害したとして、BC級戦犯として死刑を言い渡された。本来これは、軍令部からの指示であったのに、現地司令官であった篠原元大佐に、責任が負わされたのである。実際の捕虜の殺害は、命令により、末端の兵士によって行われてたが、もし篠原元大佐が、そのような指示をした覚えはないと言い張れば、末端の兵士が今度は、BC級戦犯になったかもしれない。すなわち、篠原元大佐は、元部下を救ったのである。このような形でBC級戦犯として死刑として死刑になった人は、海軍だけで200人もいるという。

一方、終戦工作の中心人物であった、元総理大臣の米内光政は、マッカーサと関係が密になった。天皇の信任が厚い米内は、なんとか天皇に戦争責任が及ぶのを避けたいと思った。一方で、マッカーサは、占領施策を円滑に進めるために、天皇をうまく利用したかった。そこで、マッカーサとしては、東條に主な戦争責任を負わる方針をとった。結局、太平洋戦争は、陸軍に海軍が引っ張られるように開戦した、という気運を生み出した。そのことが、A級戦犯で、海軍関係者に対する追訴が緩くなることにつながった。

この番組をみていて疑問だったのは、陸軍省の後身である、第一復員省は何をしていたのか、ということである。当然に、第一復員省も東京裁判の証人の操作は行ったであろうに、それは功を奏さなかったのであろうか。

あと、番組で指摘されていたのは捕虜や非戦闘員の扱いに関するジュネーブ協定の内容である。日清・日露の時代は、ジュネーブ協定はともかくとして、捕虜や非戦闘員の扱いは、それなりに規律が守られていたという。それが、昭和になって、日本軍では、捕虜や非戦闘員の扱いがとても杜撰になった。例えば、南京大虐殺は、中国は過大に殺害者の数を報告しているようであるが、やはりなにほどか、非戦闘員の殺害はあったものと推察される。

これをみると、昭和になって、日本軍は、プロの軍隊ではなくなった、ということになるのかもしれない。この言い方は、友人の示唆による。ジュネーブ協定を含め、軍規を守ることは、強い軍隊を作る上でも重要であると思われる。では原爆投下はどうなのか、という疑問は当然におきる。それは今は措くことにする。

オリンピック競技

| コメント(1) | トラックバック(0)

8月10日の読売新聞Webに下記の記事があった。五輪追加競技の追加情報としてメモしてみる。

国際オリンピック委員会(IOC)は、13日にベルリンで開く理事会で、10月のIOC総会に提案する2016年夏季五輪の実施競技加入候補を、現在の7から2に絞り込む。

最有力と見られている競技はゴルフ。もう1枠は議論の余地があるが、2012年ロンドン五輪の実施競技から外れた野球の復帰は、かなり厳しい状況だ。

ゴルフは1900年パリ大会と04年セントルイス大会で五輪の実施競技だった。

復活を目指す国際ゴルフ連盟(IGF)がアピールする特色は、先月の全英オープンで59歳のトム・ワトソン(米)が優勝争いにからんだような年齢層の幅の広さや、普及と関心度の世界的な高さ。

なるほど、7つから2つに絞り込まれた2つの枠の1つは、ゴルフで決まりなのか。結局、私が予想したように、ゴルフは欧州でメジャーである、というのが有利である。では、もう1つの枠は?

もう1競技は、7人制を提案しているラグビーが有力とされていたが、6月に7競技による説明を受けた後、複数の理事が「印象深い競技がほかにもあった」と語っており、ソフトボールなども交えた議論となりそうだ。

おっと、野球はどうなのか。

国際野球連盟(IBAF)は、米大リーグの主力選手の参加を容易にするため、競技日程の5日間への短縮を提案し、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で厳しいドーピング検査を行ったことなどをアピール。IOCは一定の評価をしながらも、更なる薬物疑惑の浮上などを受け、「まだ不十分」とする見方が強い。

結局野球は、欧州で全く人気がないこと、米大リーグがあまり乗り気でないことがネックとなっているようである。いっそ野球は開き直って、WBCで盛り上がればいいのかもしれない。

ステップ・アップ

| コメント(2) | トラックバック(0)

元人気アイドル、酒井法子が覚せい剤所持の疑いで逮捕された。夫は既に逮捕されており、これで家庭崩壊である。尤も、とっくに崩壊していたというのが正しいであろう。

これと符合する訳ではないが、押尾学の事件で、妻・矢田亜希子は、離婚を発表したし、これは全然符合しないが、随分前にブログに書いたように、藤原紀香は、陣内智則と離婚して、独自の道を歩み始めた。

この一連の離婚劇をみて、ある芸能評論家はいう。駄目夫に、じっと耐える貞淑な妻を演じ、世間の同情を集めて駄目夫を追い出す形で離婚し、酒井法子も、矢田亜希子も、藤原紀香も、人生経験を深めることで女優として成長していくのだ、と。

ああそうか、これがステップ・アップの新しい形かと納得しようとしたが、ちょっと待て、矢田亜希子と藤原紀香はともかく、酒井法子は覚せい剤取締法の犯罪者ではないか。

それでも、タレントの清水アキラは、「これ以上はもういいんじゃないのかナー」と、酒井法子をこれ以上追求しないことを提案する。中国にも多くのファンをもつ酒井法子こと、のりピーは、結局、憎めないキャラということなのだろうか。

しかし、覚せい剤の経路は大抵、暴力団経由だし、覚せい剤は下手したら習慣性のある薬物だし、のりピーはなんとなく意志弱そうだし、でもそういう破滅型でも微妙なバランスをとると、却っていい女優になれるのだろうか。もしそうなら、芸能界というのはいよいよ、われわれサラリーマンの世界とは別世界ということになる。当たり前か。でももしあの世に地獄というものがあるなら、それはきっと、サラリーマンの世界より寧ろ、芸能界に似ているだろう。それが故に、魅せらたように地獄に飛び込んでいく霊がいる訳である。なんの話か。

ところで、こうして見ていると、女性の芸のこやしになるような、踏み台男とでも呼ぶべき種類の男がいることになる。

そこで、踏み台男の要件は、というと、一見華々しい。しかし、一歩捲ると虚飾に満ちている。でも、女性は、ディズニーランドを絵空事と知っていて楽しむ。それと同じ感覚で、踏み台男は夢があって楽しいのだろう。でも、互いに直ぐに飽きてしまう。世間からみて、現実認識が甘くいかにもだらしないので、直ぐに行き詰る。ところが、そのだらしなさが自明なので、踏み台男と結婚すると、女性は、困った夫に耐える良妻賢母を演じることができる。

よく分からないが、踏み台男はよくもてる。なのに、付き合う傍から女性に愛想をつかされている。それでも次々と彼女をつくる。一体何なんだろう。私からは遠い宇宙人のような存在なので、ただ当惑するのみである。

実はこれと逆のパターンが男性にもある。そこそこ美人かもしれないがどうみても駄目な女と結婚して、ジリ貧になる男である。典型的には、青森県住宅供給公社巨額横領事件のスキャンダルを起した、アニータと結婚した男性である。

こういうパターンをみると、結局、踏み台にされているのは男である。明らかに、押尾学や酒井法子の夫とは全く異なるタイプであり、踏み台のされ方もまた全く違う。しかし、結局得をするのは女性の方で、もちろん世間には女性の方が虐げられているパターンも沢山あるのだろうが、男性が女性を踏み台にするパターンをあまり知らない。つい男を踏み台にするたくましい女性の方が目に付く次第である。

これを書いたあと、テレビを見ていたら、覚せい剤中毒というのはとても克服が困難だとレポートされていた。覚せい剤は、瞬間的に脳にとても刺激が強く、一度経験してしまうと脳がその快感に依存してしまうのだそうである。実際、覚せい剤中毒は、一度克服しても再発率が高く、それはなんと55%にもなる。また、中毒が昂じると、妄想が進み、殺人、放火などの犯罪に及ぶこともある。安易に芸能界復帰などというのもどうか、ということになる。

電波時計の不調

| コメント(8) | トラックバック(0)

昨年10月に買った電波腕時計であるが、たった10ヶ月で不調になった。すなわち、朝は普通に動いていたのに、夕方の4時半になって、針が動いていないことに気付いた。日付をあらわす液晶画面のところも空白になっている。

いろいろボタンを押してみたが埒があかない。仕事中でもあったので1時間半放置しておいたが、帰宅前にダメモトと、あるボタンを押したところ、針が時刻合わせモードで動き始めたので、現在時刻のところでボタンを押して、針を止めた。そこから動き始めたので、なんとか時計として使えるようになった。

しかし、液晶画面の曜日表示が完全に狂っている。これはどうも標準の電波であわせ直さなくてはならないようだと思ったが、詳しい操作が分からないので、帰宅した。

帰宅すると、液晶画面の表示が消えていた。これに蛍光灯を当てると、液晶画面の表示が復活した。それで分かったのは、時計の針が止まったのは、時計の二次電池の残量がなくなったからだということである。すなわち、最近曇りがちで、電波腕時計はあまり光を浴びていなかったようなのである。それでも日中、普通に光が当たっていれば十分なはずなのだが、もしかして、二次電池が劣化したのかもしれない。ここらあたり、安物の電波腕時計の欠点がよく出ている。

そういえば、EV車でも、コストの大部分を、リチウムイオン電池などの二次電池が占めるという。二次電池を搭載した製品は、須らく二次電池に翻弄されることになる。おそらく、高級な電波腕時計だと、二次電池の容量も潤沢で、そういう問題はおきにくいのだろう。

ともかく、帰宅して、マニュアルを見ながら、標準の電波であわせ直す操作をした。すると確かに標準の電波を拾って、時計は時刻をセットした。ところがなんと、時刻がまるっきり違っているのである。どうした、と考えたら、会社で一旦時計が止まったあと、ボタンを押して針を動かしたとき、基準位置を移動してしまったらしい。なぜ電波時計に基準位置があるかというと、それは機械的に針を駆動するからである。機械的に針を駆動している間強い機械的衝撃が加わると、針が機械的にずれてしまうことがある。そのずれを調整する仕組みが必要、ということである。そのずれを調整する仕組みを、不注意に、針が狂う方向に使ってしまったということである。

そこでマニュアル首っ引きで、電波時計の基準位置を正しい位置に戻した。すると既に標準の電波を受信したばかりなので、それによってなんとか正しい時刻に針が合い、時刻を刻み始めた。

このようなトラブルと手間をかけさせるのは、安物(7800円程度)の電波時計である、ということで、やはり安物買いのなんとか、ということになるのかもしれない。

オープンビジネスモデルに対するコメントなどでも触れたオープン・イノベーションであるが、その意味が錯綜してきているので、私なりに整理してみる。

まず、オープンソース・ソフトウェアなど、自由に使える知的資産が入手できる昨今にあって、営利企業といえども、そのスキルというか、知的資産は、オープン+クローズドからなる、ということに反対する人はいないだろう。

そのオープンの部分に係る知的活動を、オープン・イノベーションと呼ぶ。こうして定義しただけでは、何のことか分からないので、次第に掘ってみる。

オープンの部分に係る知的活動には何があるかというと、典型的には、既存のオープンソース・ソフトウェアを入手して、自社のソリューションに使うことがある。その際、何かのコードを書いてオープン・コミュニティに貢献するという逆向きの動きもありえる。

これが特許権だと、ちょっと分かりにくい。最初から、自由に使っていいと宣言して特許出願することは普通、ありえないからである。すると、特許権の場合先ず、特許出願して権利になってから、特定の分野のものを公共に、使っていいと宣言することになる。使っていいと宣言するなら、特許年金を払わないで本当に権利を放棄してしまえばよさそうなものであるが、普通は、権利は放棄しないで、条件付で、使っていいと宣言することになる。例えば、我社に特許で訴えるなら、使っていいと宣言した特許も、突然牙を剥きますよ、ということである。よってこれは、オープンとはいえ、そのコインの裏側は、クローズである。

IEEE802などの標準は、それが、標準団体が定めた規格であるだけだと、誰でも実施することができる。しかし、多くの場合、そういう規格には、標準団体に加盟した企業が提供するパテント・プールが関与することになる。すると、もし典型的なRAND(妥当且つ非差別的)条項をもつなら、任意の企業は、妥当なライセンス料を払うことで、その規格に関与するパテント・プール内の特許を使うことができる。このあたりは、技術標準と特許にも書いた。すると、オープンとはいえ只ではない、ということになる。

この、オープンとはいえ条件付(行儀よくしなさい)、オープンとはいえ只ではない(払うべきものは払いなさい)で文句を言ってはいけない。ビジネスにはなにほどかのコストがかかる。寧ろ、絶対に開示しない、絶対に使わせないではないからいいではないか、というのが、オープン・イノベーションの出発点である。

オープン・イノベーションを受けて官庁はどう対応しているか、ということになるが、まず特許庁は、公共性が高い技術は特許を許しませんとは決して言っていない。ただ、実務的には、そういう分野の技術で審査を厳しくするなどして、特許権が公共性を阻害することがないように配慮する傾向は感じる。経済産業省からの密かな指導なのだろうか。ただもちろん、経済産業省といえども、ある一群の特許を条件付でオープンにしなさい、なんて指導はしない。

一方、裁判所では、インフラに関わる特許に基づく差止請求を認めることに消極的になっている傾向がある。これは、例のイーベイ判決の影響が大きい。

では、著作権はどうかというと、プログラムに係るオープンソース・ソフトウェアのところ以外は、クローズなままである。これは、映画や出版物の著作権が、小説家や映画会社にとても本質的だからである。しかも、映画や出版物は、あまりインフラに関与しているわけではなく、オープンにしたからいって、公共に利便を与えるより寧ろ、著作権者が失うところが大きい。プログラムだって、マイクロソフトがオープンソースにするのは、そのほんの一部である。Windowsをオープンソースにするわけがない。

ましてや、商標がオープン・イノベーションに関与することはほとんどない。説明の要もないだろう。

さて、知的資産=オープン+クローズと書いたが、クローズとは何か。当然に、条件付使用でない、普通の特許権がある。よくものの本では、オープン・イノベーションの流れでは、多くの技術がオープンであるが、コアの特許は各企業はしっかり保持している、という言い方がなされるが、それはニュアンスが違う。ほとんどの特許は、しっかり保持され、ほんの上澄みのような特許だけが、条件付使用許可される。喩えでは、スイカの皮はオーブンだが、中身はオープンでないともいえる。

また、当然に企業のノウハウ、戦略もオープンでない。

すると、何が一体オープン・イノベーションなのだ、という当然の疑問がわく。これに対する私の回答はこうである。世間全体の知が増大してくると、知的財産法のカバーを逃れる部分も増大してくる。これは、法的に保護しえない対象であったり、あえて法的保護を求めないなど、さまざまな部分からなる。世間全体の知全体としの分母が大きくなれば、オープンな知識資産としての分子も増える、という次第である。オープンソースの隆盛は、これに拍車をかける。こうして、オープンな知識資産の量がある臨界点を超えると、このオープンな知識資産だけを使って、相当なことができてしまう。ただ、それはオープンであって、イノベーションではない。それをイノベーションにするには、知恵が必要である。それをノウハウとも暗黙知と呼んでもよい。こうして、オープン+知恵=オープン・イノベーションというのは、1つの見解であろう。

ただ、オープン・イノベーションで出てきた成果をまたオープンにしてほしい、というのは願望であるが、それは分からない。勝つために、秘匿されるイノベーションもあろう。

ともかく、自由財としてのオープンな知識資産の存在で、イノベーションの自由度が高まった、オープン・イノベーションとはその程度の意味だと私は解釈する。

iPS細胞作製の効率化

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月10日のasahi.comに、下記のようなニュースがあった。

山中教授らは、がん抑制遺伝子「p53」が、iPS細胞の作製時に活発に働くことに注目。がん化のおそれがある細胞の増殖を止めたり、細胞死に導いたりするp53が働かないようにした皮膚細胞からiPS細胞を作製した。

その結果、06年に山中教授らが開発した4遺伝子を細胞に組み込むマウスを使った最初の作製法で、数%だった作製効率が約20%に向上。ヒトの皮膚細胞を使っても、千個の細胞から数個だった作製効率を数十倍高める効果があった。

さらに、遺伝子の組み込みにウイルスを使わない安全性が高い方法でも、マウスの実験で、約10万個の細胞から、p53が働いたままではほとんどできなかったiPS細胞を約100個作ることができた。

がん化を防ぐ役割のp53の働きを止めた状態が続くと、iPS細胞ががん化する可能性が高まるが、特殊な操作や薬剤でp53の働きを一時的に抑える方法は確立されている。山中教授は「iPS細胞を作るときだけp53を抑えるよう工夫すれば、安全で効率の高いiPS細胞の作製法につながる」と話している。(林義則)

要するに、がん抑制遺伝子「p53」の働きを一時的に抑制することによってiPS細胞の作製を促進する、ということで、問題を生じさせるものをあえて利用するという、江崎玲於奈のトンネル・ダイオード的発想と言えるかもしれない。

これで、ここのところずっと押されっぱなしだったハーバード大に、京大・山中教授は、一矢報いたということになる。

ところで、この研究は、約1ヶ月前に書いた、iPS細胞と肝がん細胞との関連性を窺わせる。そこでは、「正常な肝臓細胞に分化したiPS細胞を調べたところ、がん抑制遺伝子「p21」の働きが、別のがん抑制遺伝子「p53」よりわずかに活発になっていることを突き止めた。p21を働かさせず、p53だけにして分化させると、すべて肝がん細胞になった。このため、研究チームは両遺伝子の働きのバランスが、iPS細胞のがん化を左右していると結論付けた。」という知見が利用されているが、上記の研究では、p21の出番はなく、p53の一時的機能抑制が利用されているように見える。

ともかく、がん抑制遺伝子の働きは、よくも悪くも、iPS細胞の作製にとって本質的で、今後多くの研究がこの路線上でなされるのではないだろうか。

日産EV

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月2日の毎日新聞のWebに、下記の記事があった。

日産自動車は2日、10年度後半に日米欧で発売する電気自動車(EV)「リーフ」を公開した。二酸化炭素(CO2)などの排ガスを走行中に出さないEVの量産車を発表したのは、三菱自動車、富士重工業に次ぐ3社目だが、先行2社が軽自動車サイズなのに対し、日産は一回り大きい小型乗用車サイズ。また日産は初年度生産台数も2社を大幅に上回る5万台を計画。カルロス・ゴーン社長は「日産が(排ガスを一切出さない)ゼロエミッションで世界をリードする」と語った。

車名は、葉が大気を浄化することから英語で葉を指す「リーフ」と名付けた。5人乗りでリチウムイオン電池とモーターを搭載し、1回の充電で160キロ走行できる。最高時速は140キロ。価格は10年末までに発表する。ゴーン社長は国の補助を前提に「電池を除いた車両価格は既存のガソリン車と同水準。電池と充電代の合計はガソリン代を下回る」との見通しを示した。

発表会は同日オープンした横浜市の同社新本社ビルで行われ、ゴーン社長がリーフを運転し、助手席に小泉純一郎元首相を乗せて登場。小泉元首相は「スムーズで静か。脱石油社会に向けて間違いなく普及すると思う」と語った。【大久保渉】

エリーパワーのところで述べたように、出遅れた三菱自動車にあって、EV車i-MiEVは起死回生の勝負手であった。日産もまた同様であろう。今更、ホンダのインサイトやトヨタのプリウスの向うを張ってハイブリッド車を開発している余裕も体力もない。

と思っていたら、8月4日の毎日新聞のWebに、下記の記事があった。

コンビニエンスストア大手のローソンは3日、東京、大阪の7店舗に電気自動車(EV)用の充電器を設置し、来年2月末までに神奈川県や名古屋市周辺を含む25店舗に拡大すると発表した。EVの本格的な普及には充電拠点の整備が大きな課題。全国のコンビニの店舗数は約4万2000店と、ガソリンスタンドに匹敵するため、ローソンはコンビニを充電拠点の一つに活用しようと名乗りを上げた格好だ。

また、ローソンは三菱自動車からEV「i-MiEV(アイミーブ)」10台を導入し、経営指導員の巡回車などに使用を始めた。EVの導入は小売業界で初めてという。

7店舗に設置した充電器は業務用車両の充電用に使うほか、来店したEVも無料で利用できる。EVは当初は法人中心に普及すると見込まれるため、当面の措置だが、将来は有料サービスに切り替える予定。充電には、急速充電で30分、通常の充電で14時間かかるという。

と、いよいよコンビニのEV対応が始まった。上記のように、EVの急速充電で30分ということは、その間、駐車しておかなくてはならないので、運転手はコンビニの中で何か買うとか時間を潰す。そこでコンビニの売上げが見込める。また、充電の有料サービスであるが、大体300円程度が相場ではないかと言われている。そこで考えてみてほしい。EVは、急速充電で30分、大体300円程度で100km~160km程度の航続距離をもつ。これは大抵のガソリン車よりも燃費で優れている。

では、ガソリンスタンドに充電ステーションを設置するか、というと、ガソリンスタンドは渋る。なぜなら、300円程度の売上げで、30分も一台の車に居座られては、回転が悪すぎるのである。ガソリン車だと、5分程度で数千円の売上げとなる。そのため、ガソリンスタンドに充電ステーションがないとなると、EV車はいよいよ、コンビニに流れる。ローソンに続き、セブンイレブン、ファミリーマートなど大手コンビニの追随は必然である。コンビニはおそらく、一定額(例えば2000円)以上のお買い上げの方は充電料をサービスします、という方策を打ち出すだろう。もともと、ガソリンスタンドと違って、仕入れのいらない充電ステーションの維持費は安い。これは、ただでさえ閉鎖相次ぐガソリンスタンドのさらなる危機である。

そうなると、ハイブリッド車の売上げで浮かれているトヨヌやホンダも安閑としていられない。EVの投入を急がなくてはならない。

こうして、野次馬としては、EVだのHEVだのはとても面白い見物である。開発や販売の担当者、その他の関係者は、大変であろう。

原爆の手記

| コメント(0) | トラックバック(0)

テレビを見ていたら、原爆の手記がいろいろと読み上げられていた。比較的最近書かれたものである。すなわち、当時中学生くらいで、なんとか原爆を生き延び、現在70台中頃の方が、当時を思い出して書いたものが多い。

結構爆心地の近いところにいた方もいて、何で助かったかというと、かなり偶然だったりする。例えば、先生に頼まれて倉庫に何かを取りにいっていて、倉庫の中に入っているとき、ピカッと光ったとかいうパターンがある。すると、最初の強烈な初期熱輻射を浴びることが致命的になる、ということである。あまりにも当然であるが。

倉庫にいて、原爆の初期輻射を逃れた本人は、外に出て驚く。初期熱輻射で体が焼け爛れた人に多く出会う。男女の区別もつかない、年齢も分からない、知人や友人どころか、母親などの肉親であっても判別がつかない。

初期輻射では、放射能というよりも、純粋に熱による火傷であった。ただ、あまりにも強烈な熱なので、皮膚が垂れ下がるほどに焼け爛れている。そうやって、被爆した人達がほとんど全身火傷で、水を求めて彷徨う姿は、ほとんど地獄絵であろう。到底、常人の想像の及ぶ範囲ではない。

友人が全身火傷である場合、友人は自分の体を客観的に眺めることができない。だから、全身火傷を免れた手記の筆者が、外観から最早識別できない、ということを認識できない。名前を名乗ってもらうことでやっと、友人であることが分かる。また、火傷して苦しいけれども、自分に死が迫っているということも認識できない。

もっと悲惨なのは、自分の親兄弟が熱輻射で全身火傷になってしまった場合である。上述のように名乗ってもらわないと、親兄弟であることが分からない。それで名乗ってもらうことで家族ととりあえず認めて、自宅に連れ帰るのだけれども、子供心には、焼け爛れて皮膚が垂れ下がった人は、親兄弟なのだけれども、どうしても外観は化け物である。子供としては、近づくのも怖くて仕方がない。

全身火傷の人は一様に水を欲しがる。そうでなくても8月の暑い夏である。ところがどういう根拠なのか、全身火傷の人に水をあげると死んでしまうという生理的現象が信じられている。そこで、水をくれと叫ばれても、例えば母親は、心を鬼にして、全身火傷の息子に水をあげないと辛抱する。一方で父親は、もう少し冷静で、あれだけ全身火傷なのだからどうせ助からない、せめてほしいだけ水をあげようといい、このような切羽詰った状況で、今更の夫婦喧嘩が始まる。

そんな状況で、手記の筆者は、化け物のような兄に、おそるおそるそっと水を上げる。すると、兄は水を飲む。実はそれは末期の水なのであって、筆者が疲れ果てて転寝し、おきて見ると、兄はもう何も叫んでいないことに気付く。そっと息を引き取っていたのだった。

父は、沢山の死体を穴を掘って火葬にする仕事に出かけていく。しかし、自分の息子だけは、一括して火葬するに到底忍びない。それでリヤカーで息子は別に先祖の墓に葬ろうと連れまわす。

手記は、このような地獄絵の記述で溢れる。でも、テレビ番組で聞き手だった井上ひさしさんが指摘していたのだが、ほとんどの手記は、このような、考えられえる最も悲惨な運命に陥れた主体である、米軍に対する怨嗟の言葉を含まない。なぜなのだろうか。目の前の悲惨さに気持ちを奪われて、そこまで意識が廻らないのだろうか。考えられる1つの仮定は、原爆の顔が見えないということがある。誰が落としたのか、どのような爆弾なのか、さっぱり見えない。これが、本土決算になって、目の前で肉親が米兵に火炎放射器で焼かれた、というのだと、憎しみもまた違うであろう。

あと、原爆が落ちた瞬間に爆心地近くにいたはずの筆者がなんとか70歳過ぎまで生き延び、一方、直接被爆していないのに、あとで救助にきて残留放射能を浴びて、白血病などの放射能障害で死んでいく人も少なくなかった。すると、放射能に対する耐性には、相当な個人差があることが分かる。骨髄の造血能力の差なのだろうか。このあたりのことは、生物はなぜ放射線に弱いのかにも書いたが、なかなか自明ではない。

ともかく、エノラ・ゲイの乗組員の感想と、これらの手記のギャップは、何度意識してもしすぎることはないと思われる。

著作権法の改正を受けて、国会図書館の蔵書のディジタル化が行なわれる。今までは、著作権法の縛りで、こういうことが気楽に出来なかった。これだけではなく、日本の著作権法は、米国ならフェア・ユースで許されるようなことにも重い桎梏を課している。もっと言うなら、所轄の文化庁が厳密な運用から離れないのである。既得権益の主張か。

さて、今の国会図書館の館長は、京大名誉教授で言語工学の泰斗、長尾真氏なのであった。新聞記事に、長尾真氏の談話があったので、メモしてみる。

先ず、国会図書館では、ディジタル化した蔵書を2002年から提供し始めた。これは、明治、大正の著作権の切れた出版物約15万点を中心としたものである。著作権の切れた出版物なら旧来の著作権法の影響も受けない。このディジタル化に約14億円かかったという。しかし、一冊に約1万円のディジタル化費用がかかるということになるが、少し高くないか。写真をイメージ化して、文字をOCRで認識しているとそれくらいの費用はかかるか。

著作権法の改正を受けて、今年度の補正予算で127億円の大幅増額が決まったという。とりあえず、グッドニュースと言いたい。

ところで、国会図書館には今、3400万点の蔵書があり、このうちディジタル化が必要なのは、1000万点だという。すると、その費用は、1000億円ということになるが、これは、毎年順次予算をもらって、ディジタル化する、ということか。でも、ディジタル化が必要とはどういう意味なのだろう。残りの2400万点はディジタル化しなくてよいのか。開架の本棚にあるから、それを見ればいいという意味か。あるいは、既にDVDなどの形で、入手可能だから、改めてディジタル化しなくてよい、という意味なのか、ちょっと不明である。

ところで、こうしてディジタル化した蔵書は、どうやって一般ユーザは見ることができるのか。特定のユーザIDとパスワードで見るのかと思ったら、館内で端末で見ることができるだけ、という。しかも、複数人が同時に1つの蔵書を閲覧できないように制限を課す、という。ううん、かなり制限が強い。

ただ、同様の制約の強さを長尾館長も感じているようで、今の著作権法ではなくて、ディジタル化にあう法律や制度が必要だという。このあたり、東大の中山教授と似た意見である。当然に話し合う仲でもあるのだろう。

また、誰もが気になるのは、グーグルの図書電子化との関係である。これについては、長尾館長は、フェアユースで比較的自由に電子化できる米国の環境を羨ましがる。ただ、この国会図書館のディジタル化プロジェクトは決して、日本版グーグルではない、という。グーグルは一私企業で、こちらは公共機関と胸を張る。公共機関であるがゆえに、責任をもって維持管理するという。ううん、公共機関だから信頼できる、というのは最早あまりいえないような気がするのだが。

クオンツの行方

| コメント(0) | トラックバック(0)

金融恐慌に関するNHKの特集番組は興味深かったが、好評につきということで8月1日に、衛星放送で再放送があった。それをみていて感じたことを徒然なるままに書いてみる。

まず、金融恐慌で、リーマンブラザーズは潰れ、多くの投資銀行や金融機関で、クオンツと呼ばれる金融工学エンジニア達は、そのキャリアの再考を迫られた。

当然に、多くのクオンツは、そのポジションから離れざるを得なかった。クオンツには、ロスアラモスやジェット推進研究所のような高度な工学研究所から引き抜かれてきた人達がいる。そういう人達には、もしかして、金融の世界に愛想をつかして、もとの理学・工学の研究の世界に戻った人もいたかもしれない。

そういう理学・工学の研究に戻れるほどのスキルやコネのない人、あるいは再度一角千金の夢をみたい懲りない人たちは、なんとか再度クオンツとしてキャリアを再構築しようと努力し、そこそこ優秀であれば、ゴールドマン・サックスなどに職を見出すことができたかもしれない。むしろ、大抵のクオンツはこの路線を真っ先に考えるだろう。

しかし、明らかにクオンツのポジションは激減したのであり、多くのクオンツは、不承不承、別の仕事に移っていった。なかには、第一線級のスキルをもち、ゴールドマン・サックスなどの企業からみても垂涎の人材でありながら、金融界から完全に足を洗った人もいる。NHKの特集番組では、債券のリスク評価付けプログラムを作成して、巨大な売上げをもたらした元クオンツが、人間の欲望に完全にうんざりし、いまでは細々と牡蠣の養殖で生計を立てているという事例もあった。このあたり、人生観が出るところである。

さて、クオンツとして再度キャリアを構築しようとする人は、私が見るところ、次の3種類に類別される。

その第1は、然したる深い考えもなく、パラダイム・シフトをあまり感じないで、また昔のバブルを夢見る人達である。それを慣用クオンツと呼ぼう。実際、ニュースなどによると、一部の投資銀行の見かけの業績は回復しているようなので、そういう慣用クオンツは喜び始めているに違いない。

その第2は、慣用クオンツよりもワンランク上のエリート・クオンツである。例えば、名前は忘れたが、MITの数学出身で、CDSの仕組みを作ったというなかなか魅力的な女性がいた。彼女は、金融恐慌を分析していて、既存の仕組みが、リスクの見積もりで甘すぎた、そこの対応がうまくできていなかった、と痛感した。なによりも、過去の破産していないデータにだけ基づき、リスク評価がなされていた。だから、破産を見抜けなかった、という。しかし、いまや、失敗事例のデータは山ほどある。これを参考にすれば、リスクをきちんと織り込んだより適切な金融工学の仕組みがつくれるはずだ、と今や彼女は、リスク・コンサルタントの会社を経営して、アドバイスに余念がない。パラダイム的には、既存のパラダイム内で収束を図ろうとする。実際、そういうアプローチは有効であろう。そのいう仕事の余地は沢山あると思われる。物理学でいえば、くりこみ理論や摂動法の精密化のようなものである。

その第3は、新しいパラダイムを提示できるスーパー・クオンツである。そういう人は、もしかしたら、物理学の分野に進んでいたら、スーパーストリング理論のウイッテンのような革新的な科学者になれるのかもしれない。番組で紹介されていた、ハーバードで最短期間で生物物理の分野でPhDを取得したとかいうある韓国系のクオンツは、もしかしたらそういうスーパー・クオンツなのかもしれない。彼は、リスクを世界全体でうまく分散する仕組みを考える。新しいパラダイムである。ところが、早速慣用クオンツたちが、その臭いを嗅ぎ付ける。鵜の目鷹の目である。

そこで分かるのは、問題は人間の欲望のコントロールである、ということである。どうやって人間の欲望を数学理論で制御するのか。それは無理なのではないか。というのは、いくら抑制の効いた数学理論で金融工学を組み立てても、そうでない慣用の方法に依拠するビジネスは可能であり、そこで必要になつてくるのは、法制度による縛りであろう。しかし、法律がどうやって金融工学という、猫というよりも巨大な虎に鈴をつけるのだろうか。

というささやかな問題提起でこの稿を終えることしか、私にはできない。

レバレッジ度

| コメント(0) | トラックバック(0)

レバレッジとは、英語で梃子のことであり、すなわち、力学で、小さい力で大きなものを動かすことができる仕組みである。この用語は、金融の世界ですっかり有名になった。すなわち、リスクを加味して、わずかな資金で、大きな資産を運用できるようにする仕組みである。

ここでは、力学や金融を離れて、普通の仕事のことを考えてみる。例えば私が団子屋だとし、家内と二人で店を運営しているとする。家内は団子を小麦粉から捏ねる人、私はそれにタレをつけて焼き、店に来た人に売る役割とする。

そうやって商売すると、Gという利益が得られる。その利益は、私がG1で、家内がG2で分けたとする。この際、貯蓄は考えない。すると、定義的に、G = G1 + G2である。

一方、かかった労力の総量Wがある。これも、私と家内で、W = W1 + W2と分けられる。

すると、私の利益配分率= g1 = G1/G で労働率はw1 = W1/Wとなる。そこで、利益配分率を労働率で割った値、g1/w1を、レバレッジ度と呼ぶことにする。同様に家内のレバレッジ度は、g2/w2と計算される。公平な組織では、g1/w1とg2/w2がなるべく等しくなるように運営されるべきである。

レバレッジ度 = g/wという式の意味は、とても分かりやすい。すなわち、少ない労力wで、高い利益配分を得る、ということである。濡れ手に泡度というと穿ちすぎか。

さて、利益配分率gのところは比較的客観的に観察できるが、労働率wはどうやってきめるか。これはなかなか大問題である。例えば、家内は文句を言う。私は団子を捏ねるのに3時間もかかっている。でも、あなたは、タレを調合して焼くだけで、そこに1時間しかかかっていない。でも、利益は、あなたが2/3を取っている。不当ではないか。

実際、W = W1 + W2と分けるとき、かかった時間で分けるというのは、客観性が高い。では、家内に、利益の3/4を渡すことに私が同意するか。

いや、ここでスキルの問題がある。実は、わが団子屋は、その秘伝のタレで売れている、という自負がある。家内がどれだけ同意するか分からないが、私のタレにかける1時間の時間は、家内が団子を捏ねる3時間に優に匹敵する。そこで、スキル度sを導入しよう。私のスキル度=s1で、家内のそれがs2とする。そして、拡張されたレバレッジ度を、g/(w・s)で定義する。

拡張されたレバレッジ度が均等になるべし、という仮定によると、
g1/(w1・s1) = g2/(w2・s2)なので、g1:g2 = (w1・s1):(w2・s2)、すなわち、時間とスキル度を掛けた値で、利益配分率を決めるべし、ということになる。

以上のような夫婦二人の組織であっても、レバレッジ度の計算は自明ではないことが見て取れた。では、会社組織ではどうだろうか。

実は、会社組織では、レバレッジ度の計算は、途轍もなく複雑になる。そもそも、上記拡張されたレバレッジ度を用いる限り、レバレッジ度均一の原則が成り立っていないように見える。例えば、昨今、派遣社員と正社員が似たような仕事をすることがあり、スキルも大差ないということもありえる。しかし、その報酬が三倍くらい違うということは普通である。すると、地位ファクターpを想定すべきことになる。こうして、さらに拡張された、均一化すべきレバレッジ度は、g/(w・s・p)ということになる。

こう書き下してみると、地位ファクターpには相当の恣意性がある。そこで地位ファクターとは何かと更に考えてみると、地位ファクターp = 年功ファクターy + リスクファクターrとに分解される。それはそうで、失敗したときに負うリスクが高いほど高い報酬を得る権利がある、ということである。

しかし、金融機関の担当者などをみていると、地位ファクターpやリスクファクターrのところで針が振り切れてしまい、そもそも、レバレッジ度を測ることの意味がなくなってしまう。それはまるで、原爆の落ちた直後のガイガーカウンターの数値のようなものか。

あまりに地位ファクターが恣意的なので、やはり1つ前のレバレッジ度に戻る。すなわち、地位ファクターを外す。すなわち、g/(w・s)というメトリックだけでみると、ノンワーキング・リッチとして蠢いている人達が少なからず目に付く。

会社全体の人数をN、全体の利益をGと置くと、公平性からは、その利益分配は、g = G(w・s)/Nである。すると、ノンワーキング・リッチの利益分配は、g_nw >> G(w・s)/Nになってしまっている。これは明らかに、もっと貰って然るべき人のその利益分配を奪っている。それは、主として、派遣社員と言われる人たちからなのかもしれない。

さて、Δg = g_nw - G(w・s)/Nは、地位ファクターpを考慮しなければ、不労所得である。実は、私自身試算してみたが、Δg > 0かもしれない。年功分が利いている面はある。ただ、それほど大きいΔgではないと思っている。眺めてみると、私よりΔgの実質的に大きい人も結構いるように思われる。そういう人はその利益分配に何の疑問ももっていないように見える。自分の学歴、経験、スキルでみれば当然だと。しかし、意外に誤魔化せないのは自分である。Δg >> 0だとどこかで不安になる。豪邸を買うことで気持ちを宥めようとする。エリートのソサエティに加わろうとする。そうやって、馬車馬のように自分のアイデンティティを確かめ続けなくてはならないとしたら、それは煉獄なのかもしれない。

ただ、そういうノンワーキング・リッチをみて心穏やかでなくなる私は、もしかしてノンワーキング・リッチ予備軍なのか。久しぶりに老子を紐解いてみた。すると、何謂寵辱若驚ということであった、という次第。

櫛田ワールド

| コメント(2) | トラックバック(0)

8月2日のNHK杯戦は、矢内対櫛田だった。私は密かに矢内女王のファンなので、是非一番くらい男子プロに入れてほしいと思ったが、相手が櫛田だと、無理だと最初から諦め気味であった。

理由は、櫛田が、独特の四間飛車の世界を築き(以前は、世紀末四間飛車と自称していた)、その世界に引きずり込まれると、トッププロでも危ういほどであるからである。

プロで単一戦法でA級に昇った人はいないはずである。櫛田以前に、四間飛車専門の棋士として、山口千嶺がいたが、彼が一流棋士と呼ばれたと聞いたことはない。他にも、関屋喜代作という棋士もたしか、四間飛車専門だったが、噂に上ることさえない。だから、単一戦法に拘ることはプロにあってとてつもないリスクである。狙われやすくなる。それにあえて拘るのは、美学としかいいようがない。

現代にあっては、櫛田以外にその美学を継承するのは、中田功こと、コーヤンか。コーヤンの三間飛車は、一流棋士も憧れる。そのコーヤンと並び称されるほどに、櫛田ワールドもプロ棋士の密かな憧れであるらしい。しかし、コーヤンは仮にもC級1組である。櫛田は、フリークラス。なぜか。

あるプロは、櫛田の才能を賞賛する。A級に昇っていてもおかしくない、と。それに耳を傾ける別のプロは決して、言下にその命題を否定することはない。そしてうなる、そうだな、でもどうしてフリークラスで低迷しているのだろう。

それをプロは、こう説明する。要するに、櫛田は、執着心がないのだ、と。なんとしても勝とうという気概がない。実際、NHK杯戦の矢内との対局も、終盤で、あれれというような日和る手があった。男子プロ、特に糸谷や豊島あたりが矢内側をもっていたら、逆転されたのではないか。

こういう弱点を櫛田は知り抜いているのだろう。でも、淡白な性格を変えることはできはない。だから、櫛田はたしか、自発的にC級2組からフリークラスに退避した。鬼のように、なんとしても勝たなくてはならない、という順位戦の雰囲気に耐えられないのだろう。

そうやって一歩フリークラスに退避して、櫛田はそこそこの成績を維持している。美学である。私の解釈では、普通のプロでは、普通の四間飛車に、櫛田ほどの委細を尽くすことができない。だから、現役棋士では、西川四段以外、普通の四間飛車はめったに指さない。研究し尽くされて、ペンペン草も生えない荒地に見えるのかもしれない。櫛田は、その荒地の主に甘んじている。

そんな櫛田であるが、少なくとも一人、負けられないライバルがいる。8月2日のNHK杯戦の解説だった先崎である。櫛田と先崎の対戦は多くないが、いつもすさまじい熱戦になる。実績からいって先崎が勝ちそうなものであるが、たしか対戦成績はほとんど五分である。あの気合が常時維持できれば、櫛田は、A級はともかくとして、B1にはいただろう。だから、櫛田は自力はある。そんなしんどい生き方は嫌だ、とつぶやきが聞こえるだけである。

媚薬

| コメント(2) | トラックバック(0)

押尾学の事件というのは、下記のニュースとおりだが、よく分からない。

合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された俳優押尾学容疑者(31)が遺体で発見された31歳の女性に勧められ一緒に錠剤を飲んだと供述していることが5日、分かった。現場となった東京・六本木ヒルズのマンションの部屋は服飾通販会社の女性社長が賃貸契約しており、押尾容疑者は「社長から『部屋を自由に使っていい』と言われていた」とも供述。警視庁麻布署は同日、押尾容疑者を送検した。

押尾容疑者はこの日、東京地検に身柄を送検された。午前8時には拘置されている三田署前に報道陣が100人にまで膨らみ、警察官が規制を始めた。午前9時に押尾容疑者を後部座席に乗せたシルバーのワゴン車が三田署を出発すると、報道陣が殺到したが、窓ガラスは厳重にカーテンで遮られ、押尾容疑者の姿は見えなかった。

押尾容疑者はこれまでの取り調べに「違法な薬物とは思わなかった」と容疑を否認している。さらにこの日までに「2日に死亡した女性と一緒に、自分が1錠、女性が2錠、錠剤を飲んだ」と供述していたことが分かった。錠剤は女性に勧められ、「違法なものではない」と渡されたという。女性が2錠目を飲んだ直後に異変をきたしたため、心臓マッサージを試みたが「ダメだった」という。

その後、所属事務所のマネジャーを呼び、自分は立ち去り同マンション内の別の部屋にいた。マネジャーの通報で救急隊が駆けつけた時には、女性は全裸であおむけになり亡くなっていた。司法解剖の結果、目立った外傷はなく、明確な死因は分からなかった。麻布署は病理検査を進め、薬物と死亡の因果関係を調べている。2人の服用目的も捜査中だが、エクスタシーと呼ばれるMDMAはセックスの際に快感を高めるために服用される例が多い。

MDMAは媚薬に分類されると思うが、媚薬には、男性の勃起を亢進させるもの、性欲を昂進させるもの、快楽を昂進させるもの、単なる強壮剤、惚れ薬があり、惚れ薬はまあ、インチキとして、MDMAは、おそらく、快楽を昂進させるものに分類されるものと思われる。Wikiによると、「MDMAは、脳内のセロトニンを過剰に放出することにより、人間の精神に多幸感、他者との共有感などの変化をもたらすとされる。MDMAを経口的に摂取すると30分から1時間ほどで前述のような精神変容が起こり、それが4~6時間程度持続するとされる。」とある。

媚薬のうちでも、男性の勃起を亢進させるバイアグラなどは、血液の流れを増大させるから心臓の負担となり、場合によって危険と聞いたことがある。しかし、MDMAの場合、脳内のセロトニンが過剰に放出されたとしても、せいぜいが精神錯乱する程度で、それを2錠飲んだことで死に至るとはとても考えられない。すると、女性が飲んだのが、本当にMDMAだったのか、という疑問が生じる。

何か別の薬と間違えて飲んだという可能性もあるが、しかし、押尾学容疑者に殺意があったという線はとても考えにくい。こんな女性を全裸で晒すような形で救急隊を呼ぶことは考えにくいからである。

本当の死因は、検死の結果を待つとして、最近やたら芸能人で麻薬を使う人が目に付く。人間生きている以上、誰でも何かしら自分を演じなくてはならないが、芸能人というのは、演じて自分を見せる程度が大きいのだろうか。もしそうなら、その精神的空隙を埋めるために、つい麻薬にも手を出すのだろうか。すると、芸能人というのは因果な商売、ということになる。

あと、一歩引いて、人生に何のために快楽があるのか、という問いもできる。それは種族保存のためであったり、疲れを癒すためであったり、それこそMDMAではないが、共感するためにあるのかもしれないが、逆説的な言い方をすると、快楽は、快楽自体にとっても邪魔である。なぜなら、快楽は、加速度をつけて、快楽の空間から弾き飛ばしてしまうからである。すると、あまり楽しまないことが楽しみという、エピクロスの世界に近づく。別の言い方をすると、快楽は、人生を困難にするために、神によって導入された、とも言える。特に、押尾学こそ、その意味を理解することだろう。

FCV

| コメント(3) | トラックバック(0)

二次電池自動車で、いまいち影薄く記述してしまったFCV(燃料電池車)であるが、ダイヤモンド・オンラインを眺めていると、なんと、FCVの、特に水素自動車の権威が、九州大学にいるという。その人は、村上敬宜 九州大学理事(副学長)である。

この記事によると、もともと、2002年頃、FCVは次世代カーとして有望視されていた。ところが、いまや、HEVだけでなく、BEVにもすっかり水をあけられてしまっている。知る限り、FCVで走る商用車なんてない。それはどうしてなのだろうか。

まず、最初の理由は、自動車メーカーは、二次電池自動車の開発順序を、HEV→PHEV→BEV、それからFCVと位置づけている、という。技術的に克服すべき課題が多い、ということである。それでも、財政が豊かなら、FCVも併せて研究し、将来への投資とするのだろうが、なにしろ金融危機でとてもFCVには手が廻らない。

ところが、福岡県というか、九大は、世界初の水素材料分野に特化した「世界の頭脳が集約した産学官連携拠点」を目指す。地方にあって、他人と同じことやっていてはいけないという志を感じる。

そこで、村上敬宜・九州大学・理事・副学長は、身贔屓もあるだろうが、次のような理由で、「燃料電池車が次世代自動車の本命だ!」と言い切る。

まず、パワー的に、トラックやバス(のEV化)は、あり得ないのだという。

で、当然の疑問であるが、燃料電池の燃料は水素だが、水素を直接燃焼させる水素自動車の可能性はどうかというのは、誰でももつ疑問である。それも、水素を直接燃やしたら意味ないのだという。

すなわち、熱力学の第2法則により、熱は常に高温媒体から低温媒体に移動するので、燃やして熱にしてしまうと、熱効率が下がってしまう。燃料電池の場合、燃料を燃やさないので、理論効率は83%という高い熱効率を達成できる。

今、九大での主要な研究は、「水素脆化(ぜいか)/水素の影響による材料の損傷」に関してだそうである。

また、燃料電池車の普及が、当初予定より進んでいない理由は、車両が搭載している高圧水素タンクと、インフラとして水素ステーションでの高圧水素タンクを含む構成品についてだという。

さらなる問題は、燃料となる水素の供給源である。1つには、製鉄所から副生水素として得られる。また、ゴミからのバイオマスや、天然ガス・灯油・石油からの改質などでも得られる。ただ、FCVが普及すると、水素を海外から輸入しなくてはならなくなるそうである

ともかく、FCVなるものに少しだけ親しみが沸いててきた。ちょっとその仕組みを勉強してみることにする。

エノラ・ゲイ

| コメント(0) | トラックバック(0)

原爆投下の理由の補足であるが、8月3日の毎日新聞に、広島に原爆を投下したエノラ・ゲイの乗組員だったモリス・ジェプソンさん(87歳)の談話があったので、メモしてみる。

ジェプソンさん自身は、物理学を学んでいたこともあって、搭載していたのが原爆だと知っていたという。しかし、他の多くの乗組員は知らなかった。

原爆を投下すると、機体が跳ね上がり、43秒後に窓から閃光が入り、爆風で飛行機が振動したという。そして、窓から雲が広がっていくのが見えた。そこで機長が、あれは原爆だったと機内アナウンスした。

そのときの放射能は強烈で、ジェプソンさんは、今に至っても放射能障害を抱えているという。これほどの放射能被害をもたらすものとは思わなかったそうである。確かに、飛行機のジュラルミンの機体では、放射能を遮蔽する力はあまりないだろう。

では、ジェプソンさんは、原爆を投下したことを後悔しているのかというと、そうではないようである。寧ろ、戦争早期終結のため必要だったという見解である。これはおそらく、多くの米国人に共有されているものであろう。その歴史的妥当性は、議論の分かれるところである。1つ言えることは、それが、本土決戦も辞せずと半ば狂っていた日本の当時の軍部首脳と、ソ連なとに示威のために原爆を使いたがっていた当時のトルーマン大統領一派との思惑の交錯の結果である、ということである。いわばトルーマン大統領にとって、「乗り」でした決定だったが、問題はそれが世紀の秘密兵器であった、ということである。この点、バターン死の行進や、根拠のほとんどない従軍慰安婦などと比較すべくもない重さである。

ところで、オバマ大統領がプラハで核兵器の道義的責任に言及したことに対して、ジェプソンさんは不愉快の念を隠さない。すなわち、本土決戦を避けて数十万もの米兵の命を無駄にしないために原爆を落としたのに、その経緯を知らないオバマが、原爆の使用は米国の罪だなどというのはけしからんという。そう怒るジェプソンさんの気持ちは分からないでもない。なにしろ、使命を帯びて、体を張って原爆を落としたのである。落とした瞬間、快哉を叫んだわけでもない。きのこ雲が立ち込める地上では、明らかに多くの命が失われていることが明らかで、それはとても嫌だというのはやはり普通の人間の感情である。そういう複雑な思いを、使命感が閉じ込めている。それを、無神経に引き剥がされてはかなわないというところだろう。

一方のオバマ大統領であるが、核兵器の縮小を叫ぶなら、どうしても広島・長崎は避けて通れない。なにしろ、核による唯一の大量殺人の被害地なのである。

ただ、私はオバマ大統領に、広島・長崎に来て謝罪してほしいとは思わない。そんなことをしたら、米国内の右派が騒然となる。却って核軍縮の活動の妨げとなる。また、それで米国が謝罪したのだ、よかったのだ、というストーリーも嫌である。さらに言うと、核軍縮は、一種のゲーム理論なのであり、政治的に、技術的に、慎重に解決策を進めるよりない。

現実問題、ロシアも、中国も、インドも、北朝鮮も核兵器をもっているなら、米国の核廃絶は相当な難題である。核縮小のためにどのような方策をとりえるのか、私には想像もつかない。

改正著作権法

| コメント(2) | トラックバック(0)

来年1月から施行される改正著作権法について、自己用のメモを書いてみる。ほとんどは、文化庁などによって用意された資料の引き写しである。時代の流れなのか、ほとんどがインターネット対応である。ということは逆にいうと、著作権法は、インターネットやディジタルメディアに対応するのに青息吐息ということである。これ以上、つぎはぎを拡大してもいいものか。既に中山信弘教授は、その著書で苦情を述べている。

  1. インターネット情報サービスを実施するための複製
    これは、グーグルやヤフーなどのインターネット情報検索ベンダが、情報検索サービスの一環として、情報の収集、整理・解析、検索結果の表示が、著作権法に抵触する可能性があり、日本国内にサーバーを設置できないとの指摘があり、そのため、インターネット情報検索ベンダが、日本を避けて海外にサーバを設置していた、という問題に対処したものである。今後、クラウド・コンピューティングの概念が主要になってきたときも、このままでは、サーバの設置に障害となる。そこで、情報検索サービスに必要な行為は、著作権者の許諾を得なくても可能とすることを明確化した。妥当であるが、インターネットが普及して10年もなるので、遅きに失したともいえる。

  2. 権利者不明の場合の利用の円滑化
    過去に放送されたテレビ番組等をインターネットで二次利用する場合、著作権者や実演家(俳優)が所在不明であるなどの理由で許諾が得られないことが阻害要因であり、まずこの点を解決すべきとの指摘。現行の裁定制度(著作権者が所在不明等の場合に文化庁長官の裁定で利用する制度)では、①実演家(俳優)を対象としていない、②裁定結果が出るまでに時間がかかる等の問題点。
    1. 実演家の所在不明の場合にも、裁定制度を利用できるようにする。
    2. 要件(相当な努力)を明確化(※政令で規定)
    3. 裁定申請の際に供託金を供託すれば、裁定結果が出る前でも暫定的な利用を認める。
    過去に放送されたテレビ番組のインターネット配信(例:NHKオンデマンド)等が行いやすくなり、新たなサービスが加速、というが、実際はまだまだ、実演者すべてをカバーするのは大変である。

  3. 国立国会図書館における所蔵資料の電子化
    出版物を網羅的に収集し保存するという国立国会図書館の役割を踏まえ、所蔵資料が傷む前に電子化し、原資料を文化的遺産として保存できるようにすることが重要ということで、国立国会図書館においては、所蔵資料を納本後直ちに電子化できることとする。(閲覧やコピーサービスの運用は出版業界の意見も踏まえ、適切にルール化)出版物が納本直後の良好な状態で文化的遺産として保存され、将来の世代に引き継ぐことが可能。
    ただ、あくまでも国立国会図書館内での閲覧に限定されていて、アクセスの利便性は考慮されていない。

  4. インターネット販売等での美術品等の画像掲載
    インターネット販売等において美術品や写真等を出品する際、商品画像の掲載が著作権(複製権や 公衆送信権)の侵害となる可能性があるとの指摘。取引を行う上で、商品情報を供することは売り主に求められる義務として必要不可欠。商品画像の掲載を権利者の許諾なしに行えるようにする。美術品・写真を適法に販売できる法的環境が整備され、これらの著作物の円滑な流通が促進。これは、慣用的に認められていたと思うが、それを法律で追認した、ということであろう。

  5. 情報解析研究のための複製
    ウェブ情報の解析、言語解析、音声解析、映像解析等の情報解析を行う際に、文字列、音、映像等の  要素を抽出して比較・分類する目的で、コンピュータへの著作物の蓄積が行われている。解析技術の開発は、高度情報化社会において必要不可欠。また、これらは著作物を個別に利用するものではないため、著作権(複製権)が及ばないようにすべきとの指摘。
    コンピュータによる情報解析を目的と する場合には、必要と認められる限度で、 著作物の複製ができるようにする。 ただし、情報解析に使用されることを目的として作成・提供されたデータベース(例えば、新聞社の有料データベース)は、権利制限の対象外とする。社会学研究、言語学研究、音声・映像認識技術開発など情報処理を活用した様々な分野の研究開発が進展、ということだが、実は、解析結果の単語の前後の文章を表示できなかったり、またまた制約は多い。

  6. 送信の効率化等のための複製
    デジタル化・ネットワーク化が進展し、インターネットを通じた情報利用がますます重要に。○通信事業者などにとって、情報通信を効率的するための「キャッシュサーバー」や、障害を回避 するための「バックアップサーバー」などを設置して、情報を蓄積しておく措置が必須。キャッシュサーバーやバックアップサーバーなどにおける情報の蓄積は、著作権侵害とならない ことを明確化。利用者にとって快適かつ安定したインターネットの利用環境を整備するとともに、円滑なデジタルコンテンツの流通環境も実現。これは、まあそうですね、ということで妥当であろう。

  7. 電子機器利用時に必要な複製
    ワープロソフトを用いて文書を作成したり、ブラウザを用いてインターネット上のウェブページを視聴するなど、コンピューターを用いた著作物の利用が一般化。このような利用の際、コンピューター内部の技術的処理過程において、ソフトウェアやウェブページなどの情報がメモリなどの記録媒体に蓄積される。コンピューター内部における技術的処理のために必要となる一時的な蓄積が、形式的には「複製」となるおそれがあり、著作権法上の位置づけが不明確。電子機器の利用時に技術的処理過程で必要となる情報の一時的な蓄積行為は、著作権侵害とならないことを明確化。利用者が安心して電子機器を利用できる環境を実現。ということだが、これは、インターネットが普及し始めた頃、誰もが気になるところで、私はたまたまある著名な弁護士先生にこのことを確認したことがある。すると、これは公正な利用ということで適法の範囲でしょうと言われて安心したことがある。ただ、きちんとそれを法律で追認したという次第だが、ちょっと遅きに失していないか、これも。

  8. 違法な著作物の流通を抑止
    1. インターネット販売等を利用した海賊版の販売申出(広告)が、権利侵害を助長しているとの指摘。(販売そのものは現行法でも違法)
    2. 違法なインターネット配信(違法配信サイトやファイル交換ソフトなど)からの音楽・映像の複製行為 (ダウンロード)が、正規ビジネスを圧迫する規模になっている。
      1. 海賊版と承知の上で行う販売の申出(広告行為)を権利侵害とする。(罰則あり)
      2. 違法なインターネット配信による音楽・映像を違法と知りながら複製することを私的使用目的でも権利侵害とする。(罰則なし)
    ここもまあ妥当だと思うが、罰則なしの権利侵害というのは、一ユーザはどのように振舞えばいいのだろう、という疑問はある。また、「違法と知りながら複製する」ことが違法というのは、著作権でよく出てくる概念であるが、知らなくても違法で、なぜいけないのだろうか。

  9. 障害者の情報利用の機会の確保
    1. インターネットの発達等により、健常者は多様な情報に簡単にアクセスすることができるようになる一方、障害者はそのような情報にアクセスすることが難しく、情報格差が拡大。
    2. 「障害者の権利に関する条約」においても、「知的財産権を保護する法律が、障害者が文化的な作品を享受する。機会を妨げる不当又は差別的な障壁とならないことを確保するためのすべての適当な措置をとる」と規定。
    ディジタル録音図書等の作成や、映画・放送番組に対する字幕・手話の付与などが可能となった。発達障害者も対象に。これは妥当であるが、以前は、点字など限られた方法にしか、著作権の許可が及んでいなかった。ただ、発達障害の人のサポートとはどのようなものだろう、というのがよく分からないが。

橋下知事

| コメント(2) | トラックバック(0)

以前、橋下氏、大丈夫かとブログに書いたように、私は、大阪府の橋下知事の資質に疑問をもってきた。その後も、過激な言動を見聞きするたびに、私は顔を顰めてきた。なので、下記の記事をみたときは、目を瞠った。

橋下徹知事の財政再建策「大阪維新プログラム」による歳出削減効果が、世界同時不況による府税の減収分などを上回り、実質収支は119億円の黒字となり、11年ぶりに赤字決算を脱却した。

歳入は、法人事業税と法人府民税が計5235億円(前年度比7・6%減)に落ち込むなど、府税収入は1兆2813億円(同4・6%減)と大幅に悪化。全体で、2兆7085億円(同2・5%減)にとどまった。

一方、歳出は、大阪維新プログラムに沿って前年度比5%の人件費カットや12%の投資的経費の抑制などを行った結果、総額で2兆6855億円(同2・8%減)となり、翌年度への繰り越し分を差し引いた実質収支は黒字となった。

私は、この成果は立派だと思う。流石に、元大阪府知事の横山ノックよりずっとまともである。具体的成果を出しているからである。このような具体的成果をある意味過大評価してしまうのは、ただ偉ぶってなにも成果のない人達をよく見ているせいだろうか。

一方で気になるのは、財政を緊縮化するためにある程度のモラールの低下は仕方ないとしても、それがどの程度であるかという、ところである。といいつつ、漏れ聞こえる橋下知事に対する反論には、府職員の認識の甘さを反映するものもある。府職員にたるんだ人もいる、ということである。ということで、橋下知事については、その言動と実績を、見守っていきたい。少なくとも、橋下知事の、光市母子殺害事件弁護団に対する非難については、私は同意である。ただ、正義感の発露はいいが、下手な言動で揚げ足をとられないようにして戴きたいと思う。なにしろ、直ぐにパワハラと言われる時代であるから。

バンカナの引退

| コメント(2) | トラックバック(0)

バンカナといえば、将棋の女流棋士、坂東香菜子女流2級のことで、将棋の女流棋士随一の美人ということで、一部の将棋ファンの間には有名である(私は個人的には、矢内理絵子の方が好きかもしれない、どうでもいいけど)。ところが、最近聞かないなと思っていたら、2008年4月から1年の休場が発表され、その休場は、さらに一年延長された。これでは引退では、と誰もが思うのではないか。

ネットを見ていたら、下記のような記事が去年の11月の段階であった

囲碁・将棋チャンネルからの情報ですが、坂東女流2級の昨年の対局数がわずか7局。これではプロ棋士のみとして生活するのは難しいということで、OLになるようです。おそらく将棋に理解のある会社でしょうから、1年後には復帰していることでしょう(願望込み)。

また、今年になって以下のような記事もある。

過日、日本将棋連盟から、坂東香菜子女流2級の休場が発表された。
坂東女流2級の休場は2年連続。昨年は、体調が悪かったのか、会社に就職したのか、それともたんに将棋から距離を置きたくなったのか、いろいろ憶測を呼んだが、本人から真相が明かされないまま、1年が過ぎてしまった。

ブログも、 昨年3月以来更新されていない。

バンカナはもともと、容姿はさておいて、将棋の才能はぱっとしない。今の制度だと負けると次の対局が組まれないので、上記のように年間の対局数がわずか7局、ということにもなる。もともと、将棋の女流棋士は、ワーキングプアの典型のように言われている。それがLPSAの独立のきっかけにもなった。ともかく、このまま将棋を指し続けてもバンカナは食べていけないので、どこかの会社に就職するというのはほとんど必然のように思われる。

そうして一旦将棋界から遠ざかると、ますます棋力が低下し、復帰が難しくなる。だから、引退もやむなし、ということになる。レッスンプロも考えられるが、それにもちょっと棋力は足りないのではないか。

昔、蛸島彰子だの、山下カズ子だのが女流トップだった頃は、女流棋士の数が少なく、将棋連盟としても、それなりの処遇はできたのだろう。しかし、棋士の数が増えてきて、一方で新聞社からの契約金がそれほど増えないという状態では、相対的に地位が低い女流が冷遇されるのは必然的である。また、囲碁と違って将棋は、指導を受けたいと希望するファンの層が圧倒的に薄く、レッスンプロが成立しにくい。

バンカナに戻って、美人でピアノも上手とはいっても、どうしても、今の言い方だとキャラが立っていない。印象が薄いのである。林葉直子のようなどぎつさがない。バンカナのようなキャラだと、そもそも、一流棋士との不倫は成立しないだろう。明らかに言っている論理が破綻しているが、追及しないでほしい。

ただ、個人的には、バンカナは好きである。私が独身であるなら、部屋にポスターでも貼っておきたいくらいである。私と同じ尾道市出身、というのも親近感がある(本当は、バンカナは、ポルノグラフティ、それと本因坊秀策と同郷の因島市出身なのだが、因島市は尾道市に併合された)。

ということで、どうも平凡なOLに落ち着きそうのなで、それならそれで、いい人と出会って、平凡な結婚をしてほしい。ここらあたり、寧ろ、娘に対するような気持ちになってしまっているのは、私も歳ということであろう。

言語ゲーム

| コメント(0) | トラックバック(0)

たまたま本屋で、「はじめての言語ゲーム」橋爪大三郎、講談社現代新書を見かけたので、つい買った。橋爪大三郎については、「はじめての構造主義」以来のファンである。難解な思想を分かりやすく説明する手腕に長けている。つい、彼独自の言い方が出すぎていることもあるが仕方がない。

「はじめての言語ゲーム」は、ヴィトゲンシュタインの思想の入門書である。今まで、ヴィトゲンシュタインの思想の概要を理解しようと、何冊か入門書を読んでみたが、ことごとく挫折した。雲を掴むような思想なのである。あるいは、とても当たり前のことを単に持って回っていっているだけのように思えてしまう。そこで、例によって、自分用のメモを作る作業にとりかかる。

なにしろ、ヴィトゲンシュタインの思想の入門書なのだから、当然に、論理哲学論考から入る。ヴィトゲンシュタインは、第一次世界大戦に従軍して、死と隣り合わせの張り詰めた状況で、ノートにメモをとるかたちで、論理哲学論考を書き綴った。橋爪氏は、論理哲学論考の趣旨を次のように思い切って要約する。

(1) 世界は、分析可能である。
(2) 言語も、分析可能である。
(3) 世界と言語は、互いに写像関係にある。
(4) 上記以外は、言表不能である。

これはいかにもヴィトゲンシュタインらしい超ストイックな命題である。このような命題は、過去の哲学、あるいは形而上学といってよいかもしれないが、それの病気の治癒のため、提示された。すなわち、過去の形而上学は、物自体だの、神の存在証明だの、世界に写像関係をもたない言語を使って記述された。それによって、意味のない言説となった。それが「病んでいる」ということである。

ヴィトゲンシュタインは、論理哲学論考を書き上げて、もうやることがなくなった、と虚脱感に襲われた。そもそもが、「上記以外は、言表不能である。」などと自縄自縛してしまったものであるから、哲学的命題を考えることすらできなくなった。それで、姉の家を設計したり、小学校の先生を経験したりした。

しかし、流離の生活を送っているうちに、論理哲学論考は正しくないのではないか、という考えが浮かんだ。例えば、論理哲学論考は要素命題の存在を想定し、それと世界との写像を考慮するが、果たして要素命題は存在するのか、と突き詰めて考えると、いかにも怪しい。

哲学的思索を再開するために、ヴィトゲンシュタインは、ケンブリッジ大学に留学し、そこで、ラッセルやムーアと出会う。彼らとの議論を通じて、論理哲学論考の条件を緩和していくうちに、言語ゲームという思索に逢着した。

言語ゲームという言い方は馴染みがないが、要するに、ルールを知らない人がやってきたとき、多数例示などして、ルールを教える仕組みである。例えば、机とはなにか分からない人に、机について教えることである。言語ゲームを想定することによって、世界を再生産する仕組みを考える、ということである。

橋爪氏は、言語ゲームを、次のように要約する。

(1) 世界は無数の言語ゲームの渦巻きである。
(2) 言語ゲームの全体については、述べられない。それ自体が新しい言語ゲームになるから。
(3) 個々の言語ゲームについてなら、述べられる。これを論理学という。
(4) 論理学は、もとの言語ゲームの効力に影響しない。

もしかして、言語ゲームの一番分かりやすい例は、法律である。オックスフォード大学のハートという法哲学者は、「法の概念」という著書をあらわしたが、そこには、「法は一次ルールと、二次ルールの結合である。」という命題がある。一次ルールとは、責務を課すルール、二次ルールとは、承認のルール、裁定のルール、変更のルールからなる。確かに、このようにルール記述すると、見通しがつきやすくなる。これは、法の概念を、言語ゲームというパラダイムで書き直したものといえる。

しかし、人間の思考が言語でなされ、そこには様々なルールが局所的に存在しているので、それがまさに、「世界は無数の言語ゲームの渦巻きである。」ということになる。

橋爪氏は、ユダヤ教、イスラム教、仏教、儒教、国学、などを言語ゲームの概念で説明してみせる。そのために、その背景にあるルールが摘出され、並べられる。ただ、私の読みが浅いのか、そこから言語ゲームとして解釈することの有効性があまりみえてこない。

ともかく、この本で、ヴィトゲンシュタインの思想を理解するとっかかりは与えられた。どう深めていくかは大いなる課題である。

沖元ニ

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は、将棋新聞が届けられたらまず、アマチュア棋戦の欄をみる。理由は、知り合いの名前がある可能性があるからである。将棋のアマチュアなんて、狭い世界である。

今週のそのアマチュア棋戦の欄をみて、軽くおおっ、と思った。アマ名人戦大阪予選で、沖元ニ氏がベスト4に進出していたのを見たからである。私が大阪の正棋会というところに所属して、沖元ニ氏を含む何人かの強豪に教わっていたのは、1979年頃で、なんと今から30年も前のことである。その当時、沖さんは既に50歳を少し過ぎて、今の私とあまり変わらない年齢だった。

すると、今は80歳を過ぎていることになる。それでアマ名人戦大阪予選でベスト4というのは、なかなか凄い。

私が、正棋会に行っているころ、沖元ニ、小林正美、長谷興民が大阪三強と呼ばれた。正棋会は強豪の集まりなので、私程度の棋力では高い勝率を上げることは難しかったが、それでも、ときどきではあるが、アマトップの強豪にも勝っていた。大阪三強の一角、小林正美氏には2勝2敗の指しわけだし、辻清治氏にも圧勝したことがある。ほんの瞬間であるが、有望若手と見なしてもらっていた時期もある。

しかし、とうとう、沖元ニ氏と、長谷興民氏には、一番も勝てなかった。沖元ニ氏と、長谷興民氏では棋風が正反対である。沖氏は攻めの棋風で、下手したらあっという間に攻め潰されてしまう。それではと私が速攻を仕掛けると、中盤で私が必勝になったことが何度かあった。ところがそこからが沖氏の真骨頂で、頑強な粘りが半端でない。どうしても相手の王様に届かないのである。

一方、威風堂々とした沖氏に比べ、長谷氏は風采があがらない。とても強豪には見えないし、序盤も淡々としている。で、何が強いんだろうとどんどん攻めていくと、微妙に攻めが受け止められているのに気づくのである。そこから懸命に捌くのだが、どうも形勢がよくならない。はっと気づくと、反撃されて、自陣が受けなしになっているのである。

ところで、沖元ニ、小林正美、長谷興民の大阪三強に共通するのは、みんな真面目で生活基盤が安定している、ということである。大阪の将棋指しだからといって、坂田三吉みたいに、生活費もなくて女房を泣かせるということはない(私生活は知らないけど、あくまでも推察である)。小林正美氏と、長谷興民氏は多分、普通のサラリーマンだったと思う。エリートではないけど普通の中堅社員だったと想像する。

私は、大阪では八尾市というところにいたが、沖さんは、その隣の東大阪市というところで貴金属商を営んでいた。手堅く商売してたように思われる。だから、奥さんの理解もあったはずである(あ、それはどうだか?)。じゃなきゃ、あれだけ将棋に打ちこめない。

そんな沖さんであるが、妖しい真剣師、小池重明が大阪に来たとき、勝負!ということになった。私は、正棋会員だったから当然に沖さんを応援した。あんな強い沖さんが簡単に負けるはずはないと思った。ところがである、沖さんは、小池重明に全く勝てないのである。私が沖さんに負けるのと同じパターンである。優勢になってもどうしても届かない。で思ったのが、これは将棋の強さだけではない、ということである。賭けているものが違うのである。あんな強豪の沖さんといえども、小池重明と比べると所詮旦那芸なのである。安定した生活の上で将棋を指している。そういう意味では、小林正美氏も、長谷興民氏も、決して小池重明に勝てないだろう。

そこで当時、サラリーマンとして自暴自棄気味であった私は、小池重明のようにくすぶることを考えた。小池のようにくすぶったら、沖さんに勝てるんや。そのためには、くすぶらしてくれる女がおらなあかん、などと関西弁でわけのわからないことを考えながら、通天閣付近を歩いた。でも、とうとうくすぶれなかった。将棋の才能がなかったのが第一であるが、やはりそういう生活は、私の肌にあわないと分かった。そこで面白くもなんともないサラリーマン生活に戻った。くすぶりへの憧れは、かすかに抱きつつ。

ところが、小池は、身を持ち崩して、50歳になる前に病気で死んでしまった。一方で、沖さんは、淡々と生活を維持して、80を過ぎて矍鑠とまだ将棋を指している。小池と沖さんでどちらの生き方が正解ということは言えないが、少なくとも沖さんが不正解ということはないだろう。

そこで突然私は正当化を始める。結婚までしてもうて、浮気もせんとおもしろうもなんとうのうてやってきたんやけど、わいもこれでええんや、沖さん、そやろ?

そしたら沖さんに言われそうな気がする。あんたまだおったんかいな、弱いくせにようまだ将棋やっとるな、ま、適当にしとけよ。

人生の目的

| コメント(2) | トラックバック(0)

人生の目的というテーマは、誰もが考えると思われるが、実に答えにくい。例えば、友人と飲んでいて、「人生の目的って何だろうね。」という質問が、その場を白けさせないとしたら、それは相当に特殊な状況であろう。

ただ、私なりに答えてみるとすると、どうも人間というのは、個々に課題を抱えて生まれてくるらしくて、その課題をこなすのが、どうも人生の目的らしい。課題というと、まるで大学の演習のようなので、仏教的に業と言ってもよい。キリスト教でいう原罪とは違うのだろうと思う。

そこでまずもって問題なのは、何が自分本来の課題であるのか、実に分かりにくい、ということである。あまりに分かりにくいので、個々人が固有の課題をもって生きているということを信じている人は多くないかもしれない。

その本来の課題以外に、天与のリソースがある。典型的には、才能であり、富であり、幸運である。これは、課題とセットになっているらしい。分かりやすい(却って分かりにくい?)例で言うと、ある模型を作りなさい、というのが課題だとする。すると、そのための木材や、工具や、接着剤などが、天与のリソースに相当する。

例えば、すばらしい天与の才能を与えられたとしよう。すると、それは一般的に、解くべき課題が難しいと推察すべきである。それを駆使して、何か意義深い人助けをしなさい、という課題が与えられているとみるのが常識的であろう。

しかし、この資本主義的時代にあって、すばらしい天与の才能は、富を増やすために有利に使用することができる。それだけではない、富を増やすというそのことが自己目的化さえされてしまう。そこに捉われてしまうと、折角与えられた課題をほとんどこなすことなく、その生涯を終えてしまうことになる。これでは何のために生きたか分からない。

さて、典型的にはお金である富の量と、幸福の程度とは必ずしも比例しないと言われる。アメリカンドリームに対するささやかな抵抗である。実際、お金が多すぎると、その管理に腐心しなくてはならなくなる。また、お金の魔性により、もてばもつほど、一層ほしくなる、という面もある。だから、富の量と、幸福の程度とは比例しないという命題は、欲を出さないで、ささやかな幸福に就きなさい、というアドバイスを意味する。そこでは、富の代わりに、幸福自体が無条件に賞賛されている。

しかし、少し意地悪な言い方をすると、本来務めるべき責任を回避して、他人に転嫁してしまうことで、幸福感が増すということはありえる。ある役割によって得られる所得を諦めるとしたら、金銭的に潔いので、そういう幸福感は、賞賛されるのだろうか。それもやはり、人生の課題に鑑みるべきである。すると実は、幸福感自体も人生の目的ではないということが分かる。

ただ、あまりに貧乏で、あまりに不幸だと、人生の課題を達成することが難しくなる。よって、人生の課題の達成という範囲で、富と幸福を追求するのは正当化される。

その人生であるが、2つの注意点がある。その1つは、場合により、とてつもない不幸がビルトインされることがある、ということである。例えば、アフガニスタンで、米軍の誤爆により、タリバンとはなんの関係もない民家が吹き飛ばされるという事件があった。父、母、姉、弟の四人家族であったが、父、母、姉が即死し、たった5歳の男の子だけが生き残った。男の子はそこで何をしたかというと、空襲が収まったあと、崩れた自宅をうろついて、父母や姉の散乱した体の一部や遺品を黙々と拾い集めている。心中やいかにである。それ以上の不幸があるだろうか。いっそ、一家全員で吹き飛ばされた方がましであろう。そうやって生きていくこともまた、人生の課題だとすると、相当に重い課題もある、ということになる。

一方で、そこそこの才能の財産に恵まれ、巨大な富をなす者というのはそんなに稀ではない。そうして、富にも拘わらず一生吝嗇で生きていく者も少なくない。しかし、そういう生き方が人生の課題に適うとは思えない。課題はすっかり忘却されている。こういうのをみると、つい人生は間違えしてまう陥穽に満ちている。誘惑と言ってもよい。普通に人生を生きていると、そういう陥穽の存在はとても分かりにくい。そこで、人生を、囲碁や将棋などのゲームに投影してみよう。すると、そこでは、人間がいかに間違えやすいかを典型的に見て取ることができる。羽生名人ですら、一局のうち何度も間違える。人生自体は、囲碁や将棋などよりはるかに複雑なゲームなので、その間違いの種類も深さも、囲碁や将棋とは比べものにならない。そこで私は、人生のデザイナーである神に問う、あなたはとても高貴であるはずなのに、どうしてまるで意地悪な陰謀を張り巡らす策略家のように、あちこちに陥穽を用意するのか、と。

すると当然に、神は何も答えない。そこで自分で考えるしかないのだけれども、そういう陥穽も、課題に織り込まれていて、生まれてくるときに、自分で選択したらしい。そもそも、自由意志とは関係なく、ただ幸福であったり、ただひたすら不幸であるような人生はほとんどなく、課題を解くために、いろいろな困難に打克ように自由意志を駆使するところに人生の醍醐味があるようで、ただ、ともすれば、自由意志の誤用がみかけ上の醍醐味につながるので、いよいよ人生は分からなくなるという次第である。

こんな私の話を酒飲み話に聞いてくれる物好きはいそうもないので、ここに書いてみる次第である。

顔面神経性麻痺

| コメント(0) | トラックバック(0)

顔面麻痺の続きであるが、流石にちょっと心配になったので、昨日の会社からの帰り、行きつけの内科に寄ってみた。

すると、医者は、私の話を聞いて顔を見るなり、「ベル麻痺だね、これは。」と瞬時に言い下した。ええっ、なんですか、と聞いたら、「ベルという人が発見した病気で、ウイルスで顔面が麻痺する病気。薬はないよ。三ヶ月辛抱したら直る。」で終わろうとするので、「命に別状はないですか。酒は飲んでもいいですか。」と聞いたら、「うん、命に別状はない。酒も飲んでいい。」ととりつくしまもない。

帰宅して、「ベル麻痺」をグーグルで検索したみたところ、確かにいろいろとあった。ただ、気になったのは、ちゃんと抗ウイルス剤、副腎皮質ホルモン、ビタミンB12で治療する、と書いてあったことである。なんだ、別に治療法がない、ということではなくて、そこの内科では対処できないという意味に過ぎないのだ、と思った。また、その分野の専門医は、神経内科だと書かれていた。

それで探してみると、私の最寄の駅のそばに、脳神経外科、神経内科と表示している病院が確かにあった。ネットで評判をみても確かに悪くない。そこで、今日の朝からその病院に行ってみた。

そこで面談で医師に、顔面神経性麻痺だと言われた。ベル麻痺だとは言わなかった。説明上、素人にはきちんと記述的に説明すべきという趣旨なのだろう。これは、顔面の右側限定の神経疾患だと思うけど、万が一ということもあるので、CTスキャンをとりましょう、と、この歳になってはじめて、脳のCTスキャンをとってもらった。

その結果、幸い、脳の内部には目立った欠陥は見つからなかった。医師がCTスキャンを見せながら言うには、「ほら、ここに色が変わっているところがあるでしょ、ここは耳の後ろで、ここから、脳からの神経が顔に広がっているのです。ここの入り口のところからヘルペスウイルスのようなウイルスが入って神経が侵され、麻痺になっているのです。」と説明してくれた。

で、治療は、定石どおりに、副腎皮質ホルモンと、抗ウイルス剤と、ビタミンB12を処方する、という。それだけでなく、副腎皮質ホルモンを30分点滴し、さらには、血液検査、尿検査、10分間の顔の電気マッサージをする、という。なんとも盛りだくさんで、昨日行った内科とえらい違いである。要するに、自分の病気が、単なる風邪レベルではない、と改めて感じた。しかもどうも、通院しなくてはならないらしい。いつまで通院が必要なのか分からないが、完治にやはり3ヶ月かかる、という。うんざりである。

ちゃんとした検査で病名が確定したので安心したのか、昼食は食欲が出た。ただ、相変わらず唇はひん曲がったままだし、ぼろぼろと食べものやお茶がこぼれる。これでは間違っても一流レストランのディナーには出らなれない。間違っても誰も招待してくれないので、そういう心配はないが。

体調が悪いわけではないので、長期休暇をとる必要はないが、仕事をペースダウンし、しばらくし酒席も遠慮することにしよう。そういう時間も必要、という体のメッセージだと理解することにした。

エリーパワー

| コメント(0) | トラックバック(0)

2003年頃、リコール問題で手痛い失墜を経験した三菱自動車は、二次電池自動車のところでも述べたように、いまや、i-MiEVで、BEVタイプの電気自動車で先行する。

ダイヤモンドオンラインによると、その示唆は、エリーパワーの吉田博一社長によるところが大きいという。

以下、吉田氏とエリーパワーについての紹介:

吉田氏は金融界のトップから、慶應義塾大学の電気自動車「エリーカ」プロジェクトの総合プロジューサーへと転進していた。

その後しばらくして、三菱自動車では、現在の「i-MiEV」を目指した研究開発が本格化した。吉田氏の「そのひと言」が現在の日本EVブームに火をつけたと表現するのは少々大袈裟かもしれないが、その足跡と直近での活動を見る限り、「吉田氏=EV界(+蓄電池界)の風雲児」と言い切れると思う。

エリーパワー株式会社は、2006年9月28日、吉田氏を含む当時の慶應義塾大学電気自動車研究関連のメンバーら4人が資本金1500万円で設立した。その後合計6回の第三者割当増資(主要割当先企業:大和ハウスグループ、エネサーブ、大日本印刷、シャープ、国際石油開発帝石、ミツウロコ、ジャフコ、興銀リース、横浜キャピタル、安川電機)を行い、資本の額は93億6550万円(内資本金は46億9650万円)へと成長。社員数は67人となった。役員には富山化学工業、日本電池などの開発責任者も加わり、社外取締役とシニアアドバイザーには投資先の社長や役員などトップビジネスマンが名を連ねている。

同社の事業内容は、「大型リチウムイオン二次電池の量産と低価格化を目指す、電池ならびに周辺機器・システムの開発・製造」。リチウムイオン二次電池は、1990年にソニーが小型ビデオカメラ用向け等で量産を開始した蓄電池だ。

現在のプリウスやインサイトなどのハイブリッド・カーでは、ニッケル水素二次電池が主流であるが、今後、大型リチウムイオン二次電池に置き換えられていくという。エリーパワー株式会社は、大型リチウムイオン二次電池の普及を目指すベンチャー企業という訳である。

この記事によると、日本の蓄電池業界はかなり古い体質で、かなり閉鎖的である、という。例えば、下記のような縦割り体制がある。

また、自動車用(=大型リチウムイオン二次電池)について、トヨタ(パナソニックEVエナジー/パナソニック)、日産(オートモーティブエナジーサプライ/NECトーキン)、ホンダ(ブルーエナジー/GSユアサ「ハイブリッド車専用部門」)、三菱自動車(リチウムエナジージャパン/GSユアサ「EV専用部門」)の、自動車メーカー「縦割り体制」がある。そのため、これら4社が横で連携しないのは、企業競争の理念から当然だといえる。

そこで、このような閉鎖体制に風穴をあけるために、エリーパワーのような二次電池のベンチャー企業の存在意義がある、ということになる。

以下、エリーパワーの吉田社長のキーコメントを抜粋してみる:

  1. EV(の需要が近年中に)物凄い勢いで進み自動車産業の主流になるとは思えない。
  2. まずは太陽光発電が普及し、そのための蓄電池としてリチウムイオン二次電池の価格が下がる方向になるべきだ。
  3. 今後のアメリカの切り札が、リチウムイオン二次電池の「形状と、ある程度のスペックを含めた標準化」だ。
  4. 2012年に、リチウムイオン二次電池業界全体がブレイクする。

以上のコメントを踏まえると、BEVはまだ主流にならず、HEV、PHEVの時代が当分続くと思われる。しかし、リチウムイオン二次電池業界全体がブレイクして技術革新が進み、値段も下がると、まだ高級感のあるHEV、PHEVが、一層大衆車になる。

ただ、ガソリンエンジン車がEVや、HEV、PHEVになったからといって、トランスミッションや走りの感覚の調整が安易になるわけでもないので、自動車はなかなか、パソコンのような水平分業になじむ時代はすぐに来ないだろう。

ともかく、エリーパワーのような会社の刺激をうけて、二次電池業界がどのように刺激を受け活性化されるかは見ものである。

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。