顔面神経性麻痺

| コメント(0) | トラックバック(0)

顔面麻痺の続きであるが、流石にちょっと心配になったので、昨日の会社からの帰り、行きつけの内科に寄ってみた。

すると、医者は、私の話を聞いて顔を見るなり、「ベル麻痺だね、これは。」と瞬時に言い下した。ええっ、なんですか、と聞いたら、「ベルという人が発見した病気で、ウイルスで顔面が麻痺する病気。薬はないよ。三ヶ月辛抱したら直る。」で終わろうとするので、「命に別状はないですか。酒は飲んでもいいですか。」と聞いたら、「うん、命に別状はない。酒も飲んでいい。」ととりつくしまもない。

帰宅して、「ベル麻痺」をグーグルで検索したみたところ、確かにいろいろとあった。ただ、気になったのは、ちゃんと抗ウイルス剤、副腎皮質ホルモン、ビタミンB12で治療する、と書いてあったことである。なんだ、別に治療法がない、ということではなくて、そこの内科では対処できないという意味に過ぎないのだ、と思った。また、その分野の専門医は、神経内科だと書かれていた。

それで探してみると、私の最寄の駅のそばに、脳神経外科、神経内科と表示している病院が確かにあった。ネットで評判をみても確かに悪くない。そこで、今日の朝からその病院に行ってみた。

そこで面談で医師に、顔面神経性麻痺だと言われた。ベル麻痺だとは言わなかった。説明上、素人にはきちんと記述的に説明すべきという趣旨なのだろう。これは、顔面の右側限定の神経疾患だと思うけど、万が一ということもあるので、CTスキャンをとりましょう、と、この歳になってはじめて、脳のCTスキャンをとってもらった。

その結果、幸い、脳の内部には目立った欠陥は見つからなかった。医師がCTスキャンを見せながら言うには、「ほら、ここに色が変わっているところがあるでしょ、ここは耳の後ろで、ここから、脳からの神経が顔に広がっているのです。ここの入り口のところからヘルペスウイルスのようなウイルスが入って神経が侵され、麻痺になっているのです。」と説明してくれた。

で、治療は、定石どおりに、副腎皮質ホルモンと、抗ウイルス剤と、ビタミンB12を処方する、という。それだけでなく、副腎皮質ホルモンを30分点滴し、さらには、血液検査、尿検査、10分間の顔の電気マッサージをする、という。なんとも盛りだくさんで、昨日行った内科とえらい違いである。要するに、自分の病気が、単なる風邪レベルではない、と改めて感じた。しかもどうも、通院しなくてはならないらしい。いつまで通院が必要なのか分からないが、完治にやはり3ヶ月かかる、という。うんざりである。

ちゃんとした検査で病名が確定したので安心したのか、昼食は食欲が出た。ただ、相変わらず唇はひん曲がったままだし、ぼろぼろと食べものやお茶がこぼれる。これでは間違っても一流レストランのディナーには出らなれない。間違っても誰も招待してくれないので、そういう心配はないが。

体調が悪いわけではないので、長期休暇をとる必要はないが、仕事をペースダウンし、しばらくし酒席も遠慮することにしよう。そういう時間も必要、という体のメッセージだと理解することにした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1387

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 1日 15:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エリーパワー」です。

次のブログ記事は「人生の目的」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。