人生の目的

| コメント(2) | トラックバック(0)

人生の目的というテーマは、誰もが考えると思われるが、実に答えにくい。例えば、友人と飲んでいて、「人生の目的って何だろうね。」という質問が、その場を白けさせないとしたら、それは相当に特殊な状況であろう。

ただ、私なりに答えてみるとすると、どうも人間というのは、個々に課題を抱えて生まれてくるらしくて、その課題をこなすのが、どうも人生の目的らしい。課題というと、まるで大学の演習のようなので、仏教的に業と言ってもよい。キリスト教でいう原罪とは違うのだろうと思う。

そこでまずもって問題なのは、何が自分本来の課題であるのか、実に分かりにくい、ということである。あまりに分かりにくいので、個々人が固有の課題をもって生きているということを信じている人は多くないかもしれない。

その本来の課題以外に、天与のリソースがある。典型的には、才能であり、富であり、幸運である。これは、課題とセットになっているらしい。分かりやすい(却って分かりにくい?)例で言うと、ある模型を作りなさい、というのが課題だとする。すると、そのための木材や、工具や、接着剤などが、天与のリソースに相当する。

例えば、すばらしい天与の才能を与えられたとしよう。すると、それは一般的に、解くべき課題が難しいと推察すべきである。それを駆使して、何か意義深い人助けをしなさい、という課題が与えられているとみるのが常識的であろう。

しかし、この資本主義的時代にあって、すばらしい天与の才能は、富を増やすために有利に使用することができる。それだけではない、富を増やすというそのことが自己目的化さえされてしまう。そこに捉われてしまうと、折角与えられた課題をほとんどこなすことなく、その生涯を終えてしまうことになる。これでは何のために生きたか分からない。

さて、典型的にはお金である富の量と、幸福の程度とは必ずしも比例しないと言われる。アメリカンドリームに対するささやかな抵抗である。実際、お金が多すぎると、その管理に腐心しなくてはならなくなる。また、お金の魔性により、もてばもつほど、一層ほしくなる、という面もある。だから、富の量と、幸福の程度とは比例しないという命題は、欲を出さないで、ささやかな幸福に就きなさい、というアドバイスを意味する。そこでは、富の代わりに、幸福自体が無条件に賞賛されている。

しかし、少し意地悪な言い方をすると、本来務めるべき責任を回避して、他人に転嫁してしまうことで、幸福感が増すということはありえる。ある役割によって得られる所得を諦めるとしたら、金銭的に潔いので、そういう幸福感は、賞賛されるのだろうか。それもやはり、人生の課題に鑑みるべきである。すると実は、幸福感自体も人生の目的ではないということが分かる。

ただ、あまりに貧乏で、あまりに不幸だと、人生の課題を達成することが難しくなる。よって、人生の課題の達成という範囲で、富と幸福を追求するのは正当化される。

その人生であるが、2つの注意点がある。その1つは、場合により、とてつもない不幸がビルトインされることがある、ということである。例えば、アフガニスタンで、米軍の誤爆により、タリバンとはなんの関係もない民家が吹き飛ばされるという事件があった。父、母、姉、弟の四人家族であったが、父、母、姉が即死し、たった5歳の男の子だけが生き残った。男の子はそこで何をしたかというと、空襲が収まったあと、崩れた自宅をうろついて、父母や姉の散乱した体の一部や遺品を黙々と拾い集めている。心中やいかにである。それ以上の不幸があるだろうか。いっそ、一家全員で吹き飛ばされた方がましであろう。そうやって生きていくこともまた、人生の課題だとすると、相当に重い課題もある、ということになる。

一方で、そこそこの才能の財産に恵まれ、巨大な富をなす者というのはそんなに稀ではない。そうして、富にも拘わらず一生吝嗇で生きていく者も少なくない。しかし、そういう生き方が人生の課題に適うとは思えない。課題はすっかり忘却されている。こういうのをみると、つい人生は間違えしてまう陥穽に満ちている。誘惑と言ってもよい。普通に人生を生きていると、そういう陥穽の存在はとても分かりにくい。そこで、人生を、囲碁や将棋などのゲームに投影してみよう。すると、そこでは、人間がいかに間違えやすいかを典型的に見て取ることができる。羽生名人ですら、一局のうち何度も間違える。人生自体は、囲碁や将棋などよりはるかに複雑なゲームなので、その間違いの種類も深さも、囲碁や将棋とは比べものにならない。そこで私は、人生のデザイナーである神に問う、あなたはとても高貴であるはずなのに、どうしてまるで意地悪な陰謀を張り巡らす策略家のように、あちこちに陥穽を用意するのか、と。

すると当然に、神は何も答えない。そこで自分で考えるしかないのだけれども、そういう陥穽も、課題に織り込まれていて、生まれてくるときに、自分で選択したらしい。そもそも、自由意志とは関係なく、ただ幸福であったり、ただひたすら不幸であるような人生はほとんどなく、課題を解くために、いろいろな困難に打克ように自由意志を駆使するところに人生の醍醐味があるようで、ただ、ともすれば、自由意志の誤用がみかけ上の醍醐味につながるので、いよいよ人生は分からなくなるという次第である。

こんな私の話を酒飲み話に聞いてくれる物好きはいそうもないので、ここに書いてみる次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1388

コメント(2)

いつも、とても楽しく拝読しています。
最近、このブログを見つけて、大変喜んでいます。
私のほうが、格段力は下ですが、将棋も好きだし、スピリチュアルも、とても興味を持っています。
数学の話も、わからないなりに楽しく読んでいます。
江原さんのことを「軸がぶれない」と書かれていましたが、このブログも同じ印象を持ちました。

NBLさん

> いつも、とても楽しく拝読しています。
> 最近、このブログを見つけて、大変喜んでいます。

いわゆる面白い内容ではなく、自分が書きたいことを淡々と書いているだけなので、そういうふうに言っていただけると助かります。

よろしくお願いします。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 2日 07:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「顔面神経性麻痺」です。

次のブログ記事は「沖元ニ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。