沖元ニ

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は、将棋新聞が届けられたらまず、アマチュア棋戦の欄をみる。理由は、知り合いの名前がある可能性があるからである。将棋のアマチュアなんて、狭い世界である。

今週のそのアマチュア棋戦の欄をみて、軽くおおっ、と思った。アマ名人戦大阪予選で、沖元ニ氏がベスト4に進出していたのを見たからである。私が大阪の正棋会というところに所属して、沖元ニ氏を含む何人かの強豪に教わっていたのは、1979年頃で、なんと今から30年も前のことである。その当時、沖さんは既に50歳を少し過ぎて、今の私とあまり変わらない年齢だった。

すると、今は80歳を過ぎていることになる。それでアマ名人戦大阪予選でベスト4というのは、なかなか凄い。

私が、正棋会に行っているころ、沖元ニ、小林正美、長谷興民が大阪三強と呼ばれた。正棋会は強豪の集まりなので、私程度の棋力では高い勝率を上げることは難しかったが、それでも、ときどきではあるが、アマトップの強豪にも勝っていた。大阪三強の一角、小林正美氏には2勝2敗の指しわけだし、辻清治氏にも圧勝したことがある。ほんの瞬間であるが、有望若手と見なしてもらっていた時期もある。

しかし、とうとう、沖元ニ氏と、長谷興民氏には、一番も勝てなかった。沖元ニ氏と、長谷興民氏では棋風が正反対である。沖氏は攻めの棋風で、下手したらあっという間に攻め潰されてしまう。それではと私が速攻を仕掛けると、中盤で私が必勝になったことが何度かあった。ところがそこからが沖氏の真骨頂で、頑強な粘りが半端でない。どうしても相手の王様に届かないのである。

一方、威風堂々とした沖氏に比べ、長谷氏は風采があがらない。とても強豪には見えないし、序盤も淡々としている。で、何が強いんだろうとどんどん攻めていくと、微妙に攻めが受け止められているのに気づくのである。そこから懸命に捌くのだが、どうも形勢がよくならない。はっと気づくと、反撃されて、自陣が受けなしになっているのである。

ところで、沖元ニ、小林正美、長谷興民の大阪三強に共通するのは、みんな真面目で生活基盤が安定している、ということである。大阪の将棋指しだからといって、坂田三吉みたいに、生活費もなくて女房を泣かせるということはない(私生活は知らないけど、あくまでも推察である)。小林正美氏と、長谷興民氏は多分、普通のサラリーマンだったと思う。エリートではないけど普通の中堅社員だったと想像する。

私は、大阪では八尾市というところにいたが、沖さんは、その隣の東大阪市というところで貴金属商を営んでいた。手堅く商売してたように思われる。だから、奥さんの理解もあったはずである(あ、それはどうだか?)。じゃなきゃ、あれだけ将棋に打ちこめない。

そんな沖さんであるが、妖しい真剣師、小池重明が大阪に来たとき、勝負!ということになった。私は、正棋会員だったから当然に沖さんを応援した。あんな強い沖さんが簡単に負けるはずはないと思った。ところがである、沖さんは、小池重明に全く勝てないのである。私が沖さんに負けるのと同じパターンである。優勢になってもどうしても届かない。で思ったのが、これは将棋の強さだけではない、ということである。賭けているものが違うのである。あんな強豪の沖さんといえども、小池重明と比べると所詮旦那芸なのである。安定した生活の上で将棋を指している。そういう意味では、小林正美氏も、長谷興民氏も、決して小池重明に勝てないだろう。

そこで当時、サラリーマンとして自暴自棄気味であった私は、小池重明のようにくすぶることを考えた。小池のようにくすぶったら、沖さんに勝てるんや。そのためには、くすぶらしてくれる女がおらなあかん、などと関西弁でわけのわからないことを考えながら、通天閣付近を歩いた。でも、とうとうくすぶれなかった。将棋の才能がなかったのが第一であるが、やはりそういう生活は、私の肌にあわないと分かった。そこで面白くもなんともないサラリーマン生活に戻った。くすぶりへの憧れは、かすかに抱きつつ。

ところが、小池は、身を持ち崩して、50歳になる前に病気で死んでしまった。一方で、沖さんは、淡々と生活を維持して、80を過ぎて矍鑠とまだ将棋を指している。小池と沖さんでどちらの生き方が正解ということは言えないが、少なくとも沖さんが不正解ということはないだろう。

そこで突然私は正当化を始める。結婚までしてもうて、浮気もせんとおもしろうもなんとうのうてやってきたんやけど、わいもこれでええんや、沖さん、そやろ?

そしたら沖さんに言われそうな気がする。あんたまだおったんかいな、弱いくせにようまだ将棋やっとるな、ま、適当にしとけよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1389

コメント(2)

>賭けているものが違う
 これは大きいですよ。ヘタすれば全財産失って破産する可能性が小さくない零細企業の経営をやって本当にそれを感じます。
 採用面接のときに、
 「今の安定した職場にいた方が良いですよ、それを手放すのにはすごい覚悟が要りますよ」
 と言わないことは、まずありません。
 でも、求人に応募してくるヒトたち、覚悟が全く足りないし、リスクをほとんど理解していないなぁ・・・なんて幸せな人生を送ってきたヒトたちなんだろう!!

小松たひとさん

> 求人に応募してくるヒトたち、覚悟が全く足りないし、リスクをほとんど理解していないなぁ・

ううん、私の実務もまだ旦那芸というか、大企業芸にすぎないようです。顔面麻痺に負けずに修行しなくては。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 3日 06:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人生の目的」です。

次のブログ記事は「言語ゲーム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。