言語ゲーム

| コメント(0) | トラックバック(0)

たまたま本屋で、「はじめての言語ゲーム」橋爪大三郎、講談社現代新書を見かけたので、つい買った。橋爪大三郎については、「はじめての構造主義」以来のファンである。難解な思想を分かりやすく説明する手腕に長けている。つい、彼独自の言い方が出すぎていることもあるが仕方がない。

「はじめての言語ゲーム」は、ヴィトゲンシュタインの思想の入門書である。今まで、ヴィトゲンシュタインの思想の概要を理解しようと、何冊か入門書を読んでみたが、ことごとく挫折した。雲を掴むような思想なのである。あるいは、とても当たり前のことを単に持って回っていっているだけのように思えてしまう。そこで、例によって、自分用のメモを作る作業にとりかかる。

なにしろ、ヴィトゲンシュタインの思想の入門書なのだから、当然に、論理哲学論考から入る。ヴィトゲンシュタインは、第一次世界大戦に従軍して、死と隣り合わせの張り詰めた状況で、ノートにメモをとるかたちで、論理哲学論考を書き綴った。橋爪氏は、論理哲学論考の趣旨を次のように思い切って要約する。

(1) 世界は、分析可能である。
(2) 言語も、分析可能である。
(3) 世界と言語は、互いに写像関係にある。
(4) 上記以外は、言表不能である。

これはいかにもヴィトゲンシュタインらしい超ストイックな命題である。このような命題は、過去の哲学、あるいは形而上学といってよいかもしれないが、それの病気の治癒のため、提示された。すなわち、過去の形而上学は、物自体だの、神の存在証明だの、世界に写像関係をもたない言語を使って記述された。それによって、意味のない言説となった。それが「病んでいる」ということである。

ヴィトゲンシュタインは、論理哲学論考を書き上げて、もうやることがなくなった、と虚脱感に襲われた。そもそもが、「上記以外は、言表不能である。」などと自縄自縛してしまったものであるから、哲学的命題を考えることすらできなくなった。それで、姉の家を設計したり、小学校の先生を経験したりした。

しかし、流離の生活を送っているうちに、論理哲学論考は正しくないのではないか、という考えが浮かんだ。例えば、論理哲学論考は要素命題の存在を想定し、それと世界との写像を考慮するが、果たして要素命題は存在するのか、と突き詰めて考えると、いかにも怪しい。

哲学的思索を再開するために、ヴィトゲンシュタインは、ケンブリッジ大学に留学し、そこで、ラッセルやムーアと出会う。彼らとの議論を通じて、論理哲学論考の条件を緩和していくうちに、言語ゲームという思索に逢着した。

言語ゲームという言い方は馴染みがないが、要するに、ルールを知らない人がやってきたとき、多数例示などして、ルールを教える仕組みである。例えば、机とはなにか分からない人に、机について教えることである。言語ゲームを想定することによって、世界を再生産する仕組みを考える、ということである。

橋爪氏は、言語ゲームを、次のように要約する。

(1) 世界は無数の言語ゲームの渦巻きである。
(2) 言語ゲームの全体については、述べられない。それ自体が新しい言語ゲームになるから。
(3) 個々の言語ゲームについてなら、述べられる。これを論理学という。
(4) 論理学は、もとの言語ゲームの効力に影響しない。

もしかして、言語ゲームの一番分かりやすい例は、法律である。オックスフォード大学のハートという法哲学者は、「法の概念」という著書をあらわしたが、そこには、「法は一次ルールと、二次ルールの結合である。」という命題がある。一次ルールとは、責務を課すルール、二次ルールとは、承認のルール、裁定のルール、変更のルールからなる。確かに、このようにルール記述すると、見通しがつきやすくなる。これは、法の概念を、言語ゲームというパラダイムで書き直したものといえる。

しかし、人間の思考が言語でなされ、そこには様々なルールが局所的に存在しているので、それがまさに、「世界は無数の言語ゲームの渦巻きである。」ということになる。

橋爪氏は、ユダヤ教、イスラム教、仏教、儒教、国学、などを言語ゲームの概念で説明してみせる。そのために、その背景にあるルールが摘出され、並べられる。ただ、私の読みが浅いのか、そこから言語ゲームとして解釈することの有効性があまりみえてこない。

ともかく、この本で、ヴィトゲンシュタインの思想を理解するとっかかりは与えられた。どう深めていくかは大いなる課題である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1390

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 3日 07:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「沖元ニ」です。

次のブログ記事は「バンカナの引退」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。