バンカナの引退

| コメント(2) | トラックバック(0)

バンカナといえば、将棋の女流棋士、坂東香菜子女流2級のことで、将棋の女流棋士随一の美人ということで、一部の将棋ファンの間には有名である(私は個人的には、矢内理絵子の方が好きかもしれない、どうでもいいけど)。ところが、最近聞かないなと思っていたら、2008年4月から1年の休場が発表され、その休場は、さらに一年延長された。これでは引退では、と誰もが思うのではないか。

ネットを見ていたら、下記のような記事が去年の11月の段階であった

囲碁・将棋チャンネルからの情報ですが、坂東女流2級の昨年の対局数がわずか7局。これではプロ棋士のみとして生活するのは難しいということで、OLになるようです。おそらく将棋に理解のある会社でしょうから、1年後には復帰していることでしょう(願望込み)。

また、今年になって以下のような記事もある。

過日、日本将棋連盟から、坂東香菜子女流2級の休場が発表された。
坂東女流2級の休場は2年連続。昨年は、体調が悪かったのか、会社に就職したのか、それともたんに将棋から距離を置きたくなったのか、いろいろ憶測を呼んだが、本人から真相が明かされないまま、1年が過ぎてしまった。

ブログも、 昨年3月以来更新されていない。

バンカナはもともと、容姿はさておいて、将棋の才能はぱっとしない。今の制度だと負けると次の対局が組まれないので、上記のように年間の対局数がわずか7局、ということにもなる。もともと、将棋の女流棋士は、ワーキングプアの典型のように言われている。それがLPSAの独立のきっかけにもなった。ともかく、このまま将棋を指し続けてもバンカナは食べていけないので、どこかの会社に就職するというのはほとんど必然のように思われる。

そうして一旦将棋界から遠ざかると、ますます棋力が低下し、復帰が難しくなる。だから、引退もやむなし、ということになる。レッスンプロも考えられるが、それにもちょっと棋力は足りないのではないか。

昔、蛸島彰子だの、山下カズ子だのが女流トップだった頃は、女流棋士の数が少なく、将棋連盟としても、それなりの処遇はできたのだろう。しかし、棋士の数が増えてきて、一方で新聞社からの契約金がそれほど増えないという状態では、相対的に地位が低い女流が冷遇されるのは必然的である。また、囲碁と違って将棋は、指導を受けたいと希望するファンの層が圧倒的に薄く、レッスンプロが成立しにくい。

バンカナに戻って、美人でピアノも上手とはいっても、どうしても、今の言い方だとキャラが立っていない。印象が薄いのである。林葉直子のようなどぎつさがない。バンカナのようなキャラだと、そもそも、一流棋士との不倫は成立しないだろう。明らかに言っている論理が破綻しているが、追及しないでほしい。

ただ、個人的には、バンカナは好きである。私が独身であるなら、部屋にポスターでも貼っておきたいくらいである。私と同じ尾道市出身、というのも親近感がある(本当は、バンカナは、ポルノグラフティ、それと本因坊秀策と同郷の因島市出身なのだが、因島市は尾道市に併合された)。

ということで、どうも平凡なOLに落ち着きそうのなで、それならそれで、いい人と出会って、平凡な結婚をしてほしい。ここらあたり、寧ろ、娘に対するような気持ちになってしまっているのは、私も歳ということであろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1391

コメント(2)

バンカナさんは女優としても申し分ない顔立ち、体型だと思います。しかし何といいますかハングリー精神、こだわり、押しの強さがあまり見えません。ほんとうにお嬢様(ほめ言葉です)という感じです。OLになるとしたら周りの男衆がだまってませんから、すぐに結婚するでしょうね。それも人生ということで。女流棋士だった大先輩、あの林葉直子さんも元気にやっておられますよ。
http://hayashiba.fortune.ne.jp/blog/

ISSEIさん

> 女流棋士だった大先輩、あの林葉直子さんも元気にやっておられますよ。

いやあ、流石に、林葉さんと較べると比較になりません。その林葉さんは小学校の頃は大人しくて、清楚で、コマネチみたいでした。分からんもんですね、女性は。意外にバンカナだって化けるかも。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 4日 06:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「言語ゲーム」です。

次のブログ記事は「橋下知事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。