橋下知事

| コメント(2) | トラックバック(0)

以前、橋下氏、大丈夫かとブログに書いたように、私は、大阪府の橋下知事の資質に疑問をもってきた。その後も、過激な言動を見聞きするたびに、私は顔を顰めてきた。なので、下記の記事をみたときは、目を瞠った。

橋下徹知事の財政再建策「大阪維新プログラム」による歳出削減効果が、世界同時不況による府税の減収分などを上回り、実質収支は119億円の黒字となり、11年ぶりに赤字決算を脱却した。

歳入は、法人事業税と法人府民税が計5235億円(前年度比7・6%減)に落ち込むなど、府税収入は1兆2813億円(同4・6%減)と大幅に悪化。全体で、2兆7085億円(同2・5%減)にとどまった。

一方、歳出は、大阪維新プログラムに沿って前年度比5%の人件費カットや12%の投資的経費の抑制などを行った結果、総額で2兆6855億円(同2・8%減)となり、翌年度への繰り越し分を差し引いた実質収支は黒字となった。

私は、この成果は立派だと思う。流石に、元大阪府知事の横山ノックよりずっとまともである。具体的成果を出しているからである。このような具体的成果をある意味過大評価してしまうのは、ただ偉ぶってなにも成果のない人達をよく見ているせいだろうか。

一方で気になるのは、財政を緊縮化するためにある程度のモラールの低下は仕方ないとしても、それがどの程度であるかという、ところである。といいつつ、漏れ聞こえる橋下知事に対する反論には、府職員の認識の甘さを反映するものもある。府職員にたるんだ人もいる、ということである。ということで、橋下知事については、その言動と実績を、見守っていきたい。少なくとも、橋下知事の、光市母子殺害事件弁護団に対する非難については、私は同意である。ただ、正義感の発露はいいが、下手な言動で揚げ足をとられないようにして戴きたいと思う。なにしろ、直ぐにパワハラと言われる時代であるから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1392

コメント(2)

 話はトビマスが、中田横浜市長が辞任しましたね。

 後継者は「さかなクン」http://www.sakanakun.com/で決まりですね。双子なみに似ていて全く違和感がない上、誰がやっても大して変わらないので、彼で充分です。

 中田市長は、若くて派手だったけど、結局、国政でいざこざ起こして横浜市長に横滑りしただけで、本気で横浜を良くする気なんかなかったようです。彼は、市長の放り投げ方とかスキャンダルとかを見て分かるように、基本的に「派手好きで脇が甘くてだらしなく、無責任だけど、格好よさげに見せることには長けただけの御仁」だったようです。 
 彼は、結局、「これは」という成果を上げられなかったですね。成果は、日産の本社を誘致したぐらいかな?その他といえば、「Y150博(不況で協賛企業が集まらなかったようで、超つまんない)」は大コケしたし、橋本サンみたいに、公務員の給料をカットしてまで市の借金(みなとみらいの開発などで1兆円もあるらしい)を大幅に減らしたという話も聞かないし・・・
 地方公共団体の首長を集めて会派を作り、国政を変革するなんて、市長やってちやほやされて、誇大妄想にかられて寝言を言っているだけですよ。宮崎の元暴行・児童買春犯以下です。

小松たひとさん

> 後継者は「さかなクン」http://www.sakanakun.com/で決まりですね。双子なみに似ていて全く違和感がない上、誰がやっても大して変わらないので、彼で充分です。

そうなんですか、横浜市というはキーの都市だと思うのですが、なかなか腰が据わらないのですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 4日 06:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バンカナの引退」です。

次のブログ記事は「改正著作権法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。