エノラ・ゲイ

| コメント(0) | トラックバック(0)

原爆投下の理由の補足であるが、8月3日の毎日新聞に、広島に原爆を投下したエノラ・ゲイの乗組員だったモリス・ジェプソンさん(87歳)の談話があったので、メモしてみる。

ジェプソンさん自身は、物理学を学んでいたこともあって、搭載していたのが原爆だと知っていたという。しかし、他の多くの乗組員は知らなかった。

原爆を投下すると、機体が跳ね上がり、43秒後に窓から閃光が入り、爆風で飛行機が振動したという。そして、窓から雲が広がっていくのが見えた。そこで機長が、あれは原爆だったと機内アナウンスした。

そのときの放射能は強烈で、ジェプソンさんは、今に至っても放射能障害を抱えているという。これほどの放射能被害をもたらすものとは思わなかったそうである。確かに、飛行機のジュラルミンの機体では、放射能を遮蔽する力はあまりないだろう。

では、ジェプソンさんは、原爆を投下したことを後悔しているのかというと、そうではないようである。寧ろ、戦争早期終結のため必要だったという見解である。これはおそらく、多くの米国人に共有されているものであろう。その歴史的妥当性は、議論の分かれるところである。1つ言えることは、それが、本土決戦も辞せずと半ば狂っていた日本の当時の軍部首脳と、ソ連なとに示威のために原爆を使いたがっていた当時のトルーマン大統領一派との思惑の交錯の結果である、ということである。いわばトルーマン大統領にとって、「乗り」でした決定だったが、問題はそれが世紀の秘密兵器であった、ということである。この点、バターン死の行進や、根拠のほとんどない従軍慰安婦などと比較すべくもない重さである。

ところで、オバマ大統領がプラハで核兵器の道義的責任に言及したことに対して、ジェプソンさんは不愉快の念を隠さない。すなわち、本土決戦を避けて数十万もの米兵の命を無駄にしないために原爆を落としたのに、その経緯を知らないオバマが、原爆の使用は米国の罪だなどというのはけしからんという。そう怒るジェプソンさんの気持ちは分からないでもない。なにしろ、使命を帯びて、体を張って原爆を落としたのである。落とした瞬間、快哉を叫んだわけでもない。きのこ雲が立ち込める地上では、明らかに多くの命が失われていることが明らかで、それはとても嫌だというのはやはり普通の人間の感情である。そういう複雑な思いを、使命感が閉じ込めている。それを、無神経に引き剥がされてはかなわないというところだろう。

一方のオバマ大統領であるが、核兵器の縮小を叫ぶなら、どうしても広島・長崎は避けて通れない。なにしろ、核による唯一の大量殺人の被害地なのである。

ただ、私はオバマ大統領に、広島・長崎に来て謝罪してほしいとは思わない。そんなことをしたら、米国内の右派が騒然となる。却って核軍縮の活動の妨げとなる。また、それで米国が謝罪したのだ、よかったのだ、というストーリーも嫌である。さらに言うと、核軍縮は、一種のゲーム理論なのであり、政治的に、技術的に、慎重に解決策を進めるよりない。

現実問題、ロシアも、中国も、インドも、北朝鮮も核兵器をもっているなら、米国の核廃絶は相当な難題である。核縮小のためにどのような方策をとりえるのか、私には想像もつかない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1394

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 6日 07:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「改正著作権法」です。

次のブログ記事は「FCV」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。