FCV

| コメント(4) | トラックバック(0)

二次電池自動車で、いまいち影薄く記述してしまったFCV(燃料電池車)であるが、ダイヤモンド・オンラインを眺めていると、なんと、FCVの、特に水素自動車の権威が、九州大学にいるという。その人は、村上敬宜 九州大学理事(副学長)である。

この記事によると、もともと、2002年頃、FCVは次世代カーとして有望視されていた。ところが、いまや、HEVだけでなく、BEVにもすっかり水をあけられてしまっている。知る限り、FCVで走る商用車なんてない。それはどうしてなのだろうか。

まず、最初の理由は、自動車メーカーは、二次電池自動車の開発順序を、HEV→PHEV→BEV、それからFCVと位置づけている、という。技術的に克服すべき課題が多い、ということである。それでも、財政が豊かなら、FCVも併せて研究し、将来への投資とするのだろうが、なにしろ金融危機でとてもFCVには手が廻らない。

ところが、福岡県というか、九大は、世界初の水素材料分野に特化した「世界の頭脳が集約した産学官連携拠点」を目指す。地方にあって、他人と同じことやっていてはいけないという志を感じる。

そこで、村上敬宜・九州大学・理事・副学長は、身贔屓もあるだろうが、次のような理由で、「燃料電池車が次世代自動車の本命だ!」と言い切る。

まず、パワー的に、トラックやバス(のEV化)は、あり得ないのだという。

で、当然の疑問であるが、燃料電池の燃料は水素だが、水素を直接燃焼させる水素自動車の可能性はどうかというのは、誰でももつ疑問である。それも、水素を直接燃やしたら意味ないのだという。

すなわち、熱力学の第2法則により、熱は常に高温媒体から低温媒体に移動するので、燃やして熱にしてしまうと、熱効率が下がってしまう。燃料電池の場合、燃料を燃やさないので、理論効率は83%という高い熱効率を達成できる。

今、九大での主要な研究は、「水素脆化(ぜいか)/水素の影響による材料の損傷」に関してだそうである。

また、燃料電池車の普及が、当初予定より進んでいない理由は、車両が搭載している高圧水素タンクと、インフラとして水素ステーションでの高圧水素タンクを含む構成品についてだという。

さらなる問題は、燃料となる水素の供給源である。1つには、製鉄所から副生水素として得られる。また、ゴミからのバイオマスや、天然ガス・灯油・石油からの改質などでも得られる。ただ、FCVが普及すると、水素を海外から輸入しなくてはならなくなるそうである

ともかく、FCVなるものに少しだけ親しみが沸いててきた。ちょっとその仕組みを勉強してみることにする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1395

コメント(4)

村上敬宜氏はへんな疲労強度の推定式を発表しその後の疲労理論の認識を破壊した張本人である。なぜこれほどまで出世したのかが逆に興味深い。が退官したので先の追及にはあまり意味がないかもしれない。しかし後続の人たちへの誠実な申し送りはできているのだろうか。ヤマナカゴーキンの久保田氏のほうがよっぽどましな答えがあるだろう。

村上敬宜氏のそんな話は全く知りませんでした。
ただ、私も長年生きてきて、どこが優秀なのか一晩考えても全くわからないような人物が出世している例をいろいろみているので、そういうことがあっても意外ではありません。

 それは日立金属のかただと思いますが・・・。

長いスパーンがかかる問題でしたが各科学技術機関は欧米情報の垂れ流しが恥だと感じ始めました。大切なのは学術分野で一見熱狂しているものは低俗極まりない雑誌のゴシップと同様で文科省の役人も
最も重要な技術の査定能力を高めてきたようです。

by 科学技術振興機構

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 6日 07:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エノラ・ゲイ」です。

次のブログ記事は「媚薬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。