媚薬

| コメント(2) | トラックバック(0)

押尾学の事件というのは、下記のニュースとおりだが、よく分からない。

合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された俳優押尾学容疑者(31)が遺体で発見された31歳の女性に勧められ一緒に錠剤を飲んだと供述していることが5日、分かった。現場となった東京・六本木ヒルズのマンションの部屋は服飾通販会社の女性社長が賃貸契約しており、押尾容疑者は「社長から『部屋を自由に使っていい』と言われていた」とも供述。警視庁麻布署は同日、押尾容疑者を送検した。

押尾容疑者はこの日、東京地検に身柄を送検された。午前8時には拘置されている三田署前に報道陣が100人にまで膨らみ、警察官が規制を始めた。午前9時に押尾容疑者を後部座席に乗せたシルバーのワゴン車が三田署を出発すると、報道陣が殺到したが、窓ガラスは厳重にカーテンで遮られ、押尾容疑者の姿は見えなかった。

押尾容疑者はこれまでの取り調べに「違法な薬物とは思わなかった」と容疑を否認している。さらにこの日までに「2日に死亡した女性と一緒に、自分が1錠、女性が2錠、錠剤を飲んだ」と供述していたことが分かった。錠剤は女性に勧められ、「違法なものではない」と渡されたという。女性が2錠目を飲んだ直後に異変をきたしたため、心臓マッサージを試みたが「ダメだった」という。

その後、所属事務所のマネジャーを呼び、自分は立ち去り同マンション内の別の部屋にいた。マネジャーの通報で救急隊が駆けつけた時には、女性は全裸であおむけになり亡くなっていた。司法解剖の結果、目立った外傷はなく、明確な死因は分からなかった。麻布署は病理検査を進め、薬物と死亡の因果関係を調べている。2人の服用目的も捜査中だが、エクスタシーと呼ばれるMDMAはセックスの際に快感を高めるために服用される例が多い。

MDMAは媚薬に分類されると思うが、媚薬には、男性の勃起を亢進させるもの、性欲を昂進させるもの、快楽を昂進させるもの、単なる強壮剤、惚れ薬があり、惚れ薬はまあ、インチキとして、MDMAは、おそらく、快楽を昂進させるものに分類されるものと思われる。Wikiによると、「MDMAは、脳内のセロトニンを過剰に放出することにより、人間の精神に多幸感、他者との共有感などの変化をもたらすとされる。MDMAを経口的に摂取すると30分から1時間ほどで前述のような精神変容が起こり、それが4~6時間程度持続するとされる。」とある。

媚薬のうちでも、男性の勃起を亢進させるバイアグラなどは、血液の流れを増大させるから心臓の負担となり、場合によって危険と聞いたことがある。しかし、MDMAの場合、脳内のセロトニンが過剰に放出されたとしても、せいぜいが精神錯乱する程度で、それを2錠飲んだことで死に至るとはとても考えられない。すると、女性が飲んだのが、本当にMDMAだったのか、という疑問が生じる。

何か別の薬と間違えて飲んだという可能性もあるが、しかし、押尾学容疑者に殺意があったという線はとても考えにくい。こんな女性を全裸で晒すような形で救急隊を呼ぶことは考えにくいからである。

本当の死因は、検死の結果を待つとして、最近やたら芸能人で麻薬を使う人が目に付く。人間生きている以上、誰でも何かしら自分を演じなくてはならないが、芸能人というのは、演じて自分を見せる程度が大きいのだろうか。もしそうなら、その精神的空隙を埋めるために、つい麻薬にも手を出すのだろうか。すると、芸能人というのは因果な商売、ということになる。

あと、一歩引いて、人生に何のために快楽があるのか、という問いもできる。それは種族保存のためであったり、疲れを癒すためであったり、それこそMDMAではないが、共感するためにあるのかもしれないが、逆説的な言い方をすると、快楽は、快楽自体にとっても邪魔である。なぜなら、快楽は、加速度をつけて、快楽の空間から弾き飛ばしてしまうからである。すると、あまり楽しまないことが楽しみという、エピクロスの世界に近づく。別の言い方をすると、快楽は、人生を困難にするために、神によって導入された、とも言える。特に、押尾学こそ、その意味を理解することだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1396

コメント(2)

公権力による陰謀では?(笑

小松たひとさん

> 公権力による陰謀では?(笑

ううん、亡くなった女性が、なにかのエージェントだったら、面白いのですが・・・

もし陰謀?だったら、こっそり毒薬を、普段飲む薬に混ぜておくという訳ですね。


コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 7日 07:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FCV」です。

次のブログ記事は「櫛田ワールド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。