櫛田ワールド

| コメント(2) | トラックバック(0)

8月2日のNHK杯戦は、矢内対櫛田だった。私は密かに矢内女王のファンなので、是非一番くらい男子プロに入れてほしいと思ったが、相手が櫛田だと、無理だと最初から諦め気味であった。

理由は、櫛田が、独特の四間飛車の世界を築き(以前は、世紀末四間飛車と自称していた)、その世界に引きずり込まれると、トッププロでも危ういほどであるからである。

プロで単一戦法でA級に昇った人はいないはずである。櫛田以前に、四間飛車専門の棋士として、山口千嶺がいたが、彼が一流棋士と呼ばれたと聞いたことはない。他にも、関屋喜代作という棋士もたしか、四間飛車専門だったが、噂に上ることさえない。だから、単一戦法に拘ることはプロにあってとてつもないリスクである。狙われやすくなる。それにあえて拘るのは、美学としかいいようがない。

現代にあっては、櫛田以外にその美学を継承するのは、中田功こと、コーヤンか。コーヤンの三間飛車は、一流棋士も憧れる。そのコーヤンと並び称されるほどに、櫛田ワールドもプロ棋士の密かな憧れであるらしい。しかし、コーヤンは仮にもC級1組である。櫛田は、フリークラス。なぜか。

あるプロは、櫛田の才能を賞賛する。A級に昇っていてもおかしくない、と。それに耳を傾ける別のプロは決して、言下にその命題を否定することはない。そしてうなる、そうだな、でもどうしてフリークラスで低迷しているのだろう。

それをプロは、こう説明する。要するに、櫛田は、執着心がないのだ、と。なんとしても勝とうという気概がない。実際、NHK杯戦の矢内との対局も、終盤で、あれれというような日和る手があった。男子プロ、特に糸谷や豊島あたりが矢内側をもっていたら、逆転されたのではないか。

こういう弱点を櫛田は知り抜いているのだろう。でも、淡白な性格を変えることはできはない。だから、櫛田はたしか、自発的にC級2組からフリークラスに退避した。鬼のように、なんとしても勝たなくてはならない、という順位戦の雰囲気に耐えられないのだろう。

そうやって一歩フリークラスに退避して、櫛田はそこそこの成績を維持している。美学である。私の解釈では、普通のプロでは、普通の四間飛車に、櫛田ほどの委細を尽くすことができない。だから、現役棋士では、西川四段以外、普通の四間飛車はめったに指さない。研究し尽くされて、ペンペン草も生えない荒地に見えるのかもしれない。櫛田は、その荒地の主に甘んじている。

そんな櫛田であるが、少なくとも一人、負けられないライバルがいる。8月2日のNHK杯戦の解説だった先崎である。櫛田と先崎の対戦は多くないが、いつもすさまじい熱戦になる。実績からいって先崎が勝ちそうなものであるが、たしか対戦成績はほとんど五分である。あの気合が常時維持できれば、櫛田は、A級はともかくとして、B1にはいただろう。だから、櫛田は自力はある。そんなしんどい生き方は嫌だ、とつぶやきが聞こえるだけである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1397

コメント(2)

これTVで観戦しました。矢内残念でしたね。最後、桂を跳ねて王手できる場面がありましたが、攻っけたっぷりの人なら跳んだのでは?櫛田も感想戦でちょっと怖いと言っていたと思いますが、実際どうなんでしょう。

ISSEIさん

> 櫛田も感想戦でちょっと怖いと言っていたと思いますが、実際どうなんでしょう。

角がよく利いていますので、無理のようです。まあ、矢内、よく頑張ったと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 7日 07:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「媚薬」です。

次のブログ記事は「レバレッジ度」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。