レバレッジ度

| コメント(0) | トラックバック(0)

レバレッジとは、英語で梃子のことであり、すなわち、力学で、小さい力で大きなものを動かすことができる仕組みである。この用語は、金融の世界ですっかり有名になった。すなわち、リスクを加味して、わずかな資金で、大きな資産を運用できるようにする仕組みである。

ここでは、力学や金融を離れて、普通の仕事のことを考えてみる。例えば私が団子屋だとし、家内と二人で店を運営しているとする。家内は団子を小麦粉から捏ねる人、私はそれにタレをつけて焼き、店に来た人に売る役割とする。

そうやって商売すると、Gという利益が得られる。その利益は、私がG1で、家内がG2で分けたとする。この際、貯蓄は考えない。すると、定義的に、G = G1 + G2である。

一方、かかった労力の総量Wがある。これも、私と家内で、W = W1 + W2と分けられる。

すると、私の利益配分率= g1 = G1/G で労働率はw1 = W1/Wとなる。そこで、利益配分率を労働率で割った値、g1/w1を、レバレッジ度と呼ぶことにする。同様に家内のレバレッジ度は、g2/w2と計算される。公平な組織では、g1/w1とg2/w2がなるべく等しくなるように運営されるべきである。

レバレッジ度 = g/wという式の意味は、とても分かりやすい。すなわち、少ない労力wで、高い利益配分を得る、ということである。濡れ手に泡度というと穿ちすぎか。

さて、利益配分率gのところは比較的客観的に観察できるが、労働率wはどうやってきめるか。これはなかなか大問題である。例えば、家内は文句を言う。私は団子を捏ねるのに3時間もかかっている。でも、あなたは、タレを調合して焼くだけで、そこに1時間しかかかっていない。でも、利益は、あなたが2/3を取っている。不当ではないか。

実際、W = W1 + W2と分けるとき、かかった時間で分けるというのは、客観性が高い。では、家内に、利益の3/4を渡すことに私が同意するか。

いや、ここでスキルの問題がある。実は、わが団子屋は、その秘伝のタレで売れている、という自負がある。家内がどれだけ同意するか分からないが、私のタレにかける1時間の時間は、家内が団子を捏ねる3時間に優に匹敵する。そこで、スキル度sを導入しよう。私のスキル度=s1で、家内のそれがs2とする。そして、拡張されたレバレッジ度を、g/(w・s)で定義する。

拡張されたレバレッジ度が均等になるべし、という仮定によると、
g1/(w1・s1) = g2/(w2・s2)なので、g1:g2 = (w1・s1):(w2・s2)、すなわち、時間とスキル度を掛けた値で、利益配分率を決めるべし、ということになる。

以上のような夫婦二人の組織であっても、レバレッジ度の計算は自明ではないことが見て取れた。では、会社組織ではどうだろうか。

実は、会社組織では、レバレッジ度の計算は、途轍もなく複雑になる。そもそも、上記拡張されたレバレッジ度を用いる限り、レバレッジ度均一の原則が成り立っていないように見える。例えば、昨今、派遣社員と正社員が似たような仕事をすることがあり、スキルも大差ないということもありえる。しかし、その報酬が三倍くらい違うということは普通である。すると、地位ファクターpを想定すべきことになる。こうして、さらに拡張された、均一化すべきレバレッジ度は、g/(w・s・p)ということになる。

こう書き下してみると、地位ファクターpには相当の恣意性がある。そこで地位ファクターとは何かと更に考えてみると、地位ファクターp = 年功ファクターy + リスクファクターrとに分解される。それはそうで、失敗したときに負うリスクが高いほど高い報酬を得る権利がある、ということである。

しかし、金融機関の担当者などをみていると、地位ファクターpやリスクファクターrのところで針が振り切れてしまい、そもそも、レバレッジ度を測ることの意味がなくなってしまう。それはまるで、原爆の落ちた直後のガイガーカウンターの数値のようなものか。

あまりに地位ファクターが恣意的なので、やはり1つ前のレバレッジ度に戻る。すなわち、地位ファクターを外す。すなわち、g/(w・s)というメトリックだけでみると、ノンワーキング・リッチとして蠢いている人達が少なからず目に付く。

会社全体の人数をN、全体の利益をGと置くと、公平性からは、その利益分配は、g = G(w・s)/Nである。すると、ノンワーキング・リッチの利益分配は、g_nw >> G(w・s)/Nになってしまっている。これは明らかに、もっと貰って然るべき人のその利益分配を奪っている。それは、主として、派遣社員と言われる人たちからなのかもしれない。

さて、Δg = g_nw - G(w・s)/Nは、地位ファクターpを考慮しなければ、不労所得である。実は、私自身試算してみたが、Δg > 0かもしれない。年功分が利いている面はある。ただ、それほど大きいΔgではないと思っている。眺めてみると、私よりΔgの実質的に大きい人も結構いるように思われる。そういう人はその利益分配に何の疑問ももっていないように見える。自分の学歴、経験、スキルでみれば当然だと。しかし、意外に誤魔化せないのは自分である。Δg >> 0だとどこかで不安になる。豪邸を買うことで気持ちを宥めようとする。エリートのソサエティに加わろうとする。そうやって、馬車馬のように自分のアイデンティティを確かめ続けなくてはならないとしたら、それは煉獄なのかもしれない。

ただ、そういうノンワーキング・リッチをみて心穏やかでなくなる私は、もしかしてノンワーキング・リッチ予備軍なのか。久しぶりに老子を紐解いてみた。すると、何謂寵辱若驚ということであった、という次第。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1398

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 8日 07:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「櫛田ワールド」です。

次のブログ記事は「クオンツの行方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。