クオンツの行方

| コメント(0) | トラックバック(0)

金融恐慌に関するNHKの特集番組は興味深かったが、好評につきということで8月1日に、衛星放送で再放送があった。それをみていて感じたことを徒然なるままに書いてみる。

まず、金融恐慌で、リーマンブラザーズは潰れ、多くの投資銀行や金融機関で、クオンツと呼ばれる金融工学エンジニア達は、そのキャリアの再考を迫られた。

当然に、多くのクオンツは、そのポジションから離れざるを得なかった。クオンツには、ロスアラモスやジェット推進研究所のような高度な工学研究所から引き抜かれてきた人達がいる。そういう人達には、もしかして、金融の世界に愛想をつかして、もとの理学・工学の研究の世界に戻った人もいたかもしれない。

そういう理学・工学の研究に戻れるほどのスキルやコネのない人、あるいは再度一角千金の夢をみたい懲りない人たちは、なんとか再度クオンツとしてキャリアを再構築しようと努力し、そこそこ優秀であれば、ゴールドマン・サックスなどに職を見出すことができたかもしれない。むしろ、大抵のクオンツはこの路線を真っ先に考えるだろう。

しかし、明らかにクオンツのポジションは激減したのであり、多くのクオンツは、不承不承、別の仕事に移っていった。なかには、第一線級のスキルをもち、ゴールドマン・サックスなどの企業からみても垂涎の人材でありながら、金融界から完全に足を洗った人もいる。NHKの特集番組では、債券のリスク評価付けプログラムを作成して、巨大な売上げをもたらした元クオンツが、人間の欲望に完全にうんざりし、いまでは細々と牡蠣の養殖で生計を立てているという事例もあった。このあたり、人生観が出るところである。

さて、クオンツとして再度キャリアを構築しようとする人は、私が見るところ、次の3種類に類別される。

その第1は、然したる深い考えもなく、パラダイム・シフトをあまり感じないで、また昔のバブルを夢見る人達である。それを慣用クオンツと呼ぼう。実際、ニュースなどによると、一部の投資銀行の見かけの業績は回復しているようなので、そういう慣用クオンツは喜び始めているに違いない。

その第2は、慣用クオンツよりもワンランク上のエリート・クオンツである。例えば、名前は忘れたが、MITの数学出身で、CDSの仕組みを作ったというなかなか魅力的な女性がいた。彼女は、金融恐慌を分析していて、既存の仕組みが、リスクの見積もりで甘すぎた、そこの対応がうまくできていなかった、と痛感した。なによりも、過去の破産していないデータにだけ基づき、リスク評価がなされていた。だから、破産を見抜けなかった、という。しかし、いまや、失敗事例のデータは山ほどある。これを参考にすれば、リスクをきちんと織り込んだより適切な金融工学の仕組みがつくれるはずだ、と今や彼女は、リスク・コンサルタントの会社を経営して、アドバイスに余念がない。パラダイム的には、既存のパラダイム内で収束を図ろうとする。実際、そういうアプローチは有効であろう。そのいう仕事の余地は沢山あると思われる。物理学でいえば、くりこみ理論や摂動法の精密化のようなものである。

その第3は、新しいパラダイムを提示できるスーパー・クオンツである。そういう人は、もしかしたら、物理学の分野に進んでいたら、スーパーストリング理論のウイッテンのような革新的な科学者になれるのかもしれない。番組で紹介されていた、ハーバードで最短期間で生物物理の分野でPhDを取得したとかいうある韓国系のクオンツは、もしかしたらそういうスーパー・クオンツなのかもしれない。彼は、リスクを世界全体でうまく分散する仕組みを考える。新しいパラダイムである。ところが、早速慣用クオンツたちが、その臭いを嗅ぎ付ける。鵜の目鷹の目である。

そこで分かるのは、問題は人間の欲望のコントロールである、ということである。どうやって人間の欲望を数学理論で制御するのか。それは無理なのではないか。というのは、いくら抑制の効いた数学理論で金融工学を組み立てても、そうでない慣用の方法に依拠するビジネスは可能であり、そこで必要になつてくるのは、法制度による縛りであろう。しかし、法律がどうやって金融工学という、猫というよりも巨大な虎に鈴をつけるのだろうか。

というささやかな問題提起でこの稿を終えることしか、私にはできない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1399

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 8日 21:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レバレッジ度」です。

次のブログ記事は「国会図書館のディジタル化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。