原爆の手記

| コメント(0) | トラックバック(0)

テレビを見ていたら、原爆の手記がいろいろと読み上げられていた。比較的最近書かれたものである。すなわち、当時中学生くらいで、なんとか原爆を生き延び、現在70台中頃の方が、当時を思い出して書いたものが多い。

結構爆心地の近いところにいた方もいて、何で助かったかというと、かなり偶然だったりする。例えば、先生に頼まれて倉庫に何かを取りにいっていて、倉庫の中に入っているとき、ピカッと光ったとかいうパターンがある。すると、最初の強烈な初期熱輻射を浴びることが致命的になる、ということである。あまりにも当然であるが。

倉庫にいて、原爆の初期輻射を逃れた本人は、外に出て驚く。初期熱輻射で体が焼け爛れた人に多く出会う。男女の区別もつかない、年齢も分からない、知人や友人どころか、母親などの肉親であっても判別がつかない。

初期輻射では、放射能というよりも、純粋に熱による火傷であった。ただ、あまりにも強烈な熱なので、皮膚が垂れ下がるほどに焼け爛れている。そうやって、被爆した人達がほとんど全身火傷で、水を求めて彷徨う姿は、ほとんど地獄絵であろう。到底、常人の想像の及ぶ範囲ではない。

友人が全身火傷である場合、友人は自分の体を客観的に眺めることができない。だから、全身火傷を免れた手記の筆者が、外観から最早識別できない、ということを認識できない。名前を名乗ってもらうことでやっと、友人であることが分かる。また、火傷して苦しいけれども、自分に死が迫っているということも認識できない。

もっと悲惨なのは、自分の親兄弟が熱輻射で全身火傷になってしまった場合である。上述のように名乗ってもらわないと、親兄弟であることが分からない。それで名乗ってもらうことで家族ととりあえず認めて、自宅に連れ帰るのだけれども、子供心には、焼け爛れて皮膚が垂れ下がった人は、親兄弟なのだけれども、どうしても外観は化け物である。子供としては、近づくのも怖くて仕方がない。

全身火傷の人は一様に水を欲しがる。そうでなくても8月の暑い夏である。ところがどういう根拠なのか、全身火傷の人に水をあげると死んでしまうという生理的現象が信じられている。そこで、水をくれと叫ばれても、例えば母親は、心を鬼にして、全身火傷の息子に水をあげないと辛抱する。一方で父親は、もう少し冷静で、あれだけ全身火傷なのだからどうせ助からない、せめてほしいだけ水をあげようといい、このような切羽詰った状況で、今更の夫婦喧嘩が始まる。

そんな状況で、手記の筆者は、化け物のような兄に、おそるおそるそっと水を上げる。すると、兄は水を飲む。実はそれは末期の水なのであって、筆者が疲れ果てて転寝し、おきて見ると、兄はもう何も叫んでいないことに気付く。そっと息を引き取っていたのだった。

父は、沢山の死体を穴を掘って火葬にする仕事に出かけていく。しかし、自分の息子だけは、一括して火葬するに到底忍びない。それでリヤカーで息子は別に先祖の墓に葬ろうと連れまわす。

手記は、このような地獄絵の記述で溢れる。でも、テレビ番組で聞き手だった井上ひさしさんが指摘していたのだが、ほとんどの手記は、このような、考えられえる最も悲惨な運命に陥れた主体である、米軍に対する怨嗟の言葉を含まない。なぜなのだろうか。目の前の悲惨さに気持ちを奪われて、そこまで意識が廻らないのだろうか。考えられる1つの仮定は、原爆の顔が見えないということがある。誰が落としたのか、どのような爆弾なのか、さっぱり見えない。これが、本土決算になって、目の前で肉親が米兵に火炎放射器で焼かれた、というのだと、憎しみもまた違うであろう。

あと、原爆が落ちた瞬間に爆心地近くにいたはずの筆者がなんとか70歳過ぎまで生き延び、一方、直接被爆していないのに、あとで救助にきて残留放射能を浴びて、白血病などの放射能障害で死んでいく人も少なくなかった。すると、放射能に対する耐性には、相当な個人差があることが分かる。骨髄の造血能力の差なのだろうか。このあたりのことは、生物はなぜ放射線に弱いのかにも書いたが、なかなか自明ではない。

ともかく、エノラ・ゲイの乗組員の感想と、これらの手記のギャップは、何度意識してもしすぎることはないと思われる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1401

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月 9日 19:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「国会図書館のディジタル化」です。

次のブログ記事は「日産EV」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。