日産EV

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月2日の毎日新聞のWebに、下記の記事があった。

日産自動車は2日、10年度後半に日米欧で発売する電気自動車(EV)「リーフ」を公開した。二酸化炭素(CO2)などの排ガスを走行中に出さないEVの量産車を発表したのは、三菱自動車、富士重工業に次ぐ3社目だが、先行2社が軽自動車サイズなのに対し、日産は一回り大きい小型乗用車サイズ。また日産は初年度生産台数も2社を大幅に上回る5万台を計画。カルロス・ゴーン社長は「日産が(排ガスを一切出さない)ゼロエミッションで世界をリードする」と語った。

車名は、葉が大気を浄化することから英語で葉を指す「リーフ」と名付けた。5人乗りでリチウムイオン電池とモーターを搭載し、1回の充電で160キロ走行できる。最高時速は140キロ。価格は10年末までに発表する。ゴーン社長は国の補助を前提に「電池を除いた車両価格は既存のガソリン車と同水準。電池と充電代の合計はガソリン代を下回る」との見通しを示した。

発表会は同日オープンした横浜市の同社新本社ビルで行われ、ゴーン社長がリーフを運転し、助手席に小泉純一郎元首相を乗せて登場。小泉元首相は「スムーズで静か。脱石油社会に向けて間違いなく普及すると思う」と語った。【大久保渉】

エリーパワーのところで述べたように、出遅れた三菱自動車にあって、EV車i-MiEVは起死回生の勝負手であった。日産もまた同様であろう。今更、ホンダのインサイトやトヨタのプリウスの向うを張ってハイブリッド車を開発している余裕も体力もない。

と思っていたら、8月4日の毎日新聞のWebに、下記の記事があった。

コンビニエンスストア大手のローソンは3日、東京、大阪の7店舗に電気自動車(EV)用の充電器を設置し、来年2月末までに神奈川県や名古屋市周辺を含む25店舗に拡大すると発表した。EVの本格的な普及には充電拠点の整備が大きな課題。全国のコンビニの店舗数は約4万2000店と、ガソリンスタンドに匹敵するため、ローソンはコンビニを充電拠点の一つに活用しようと名乗りを上げた格好だ。

また、ローソンは三菱自動車からEV「i-MiEV(アイミーブ)」10台を導入し、経営指導員の巡回車などに使用を始めた。EVの導入は小売業界で初めてという。

7店舗に設置した充電器は業務用車両の充電用に使うほか、来店したEVも無料で利用できる。EVは当初は法人中心に普及すると見込まれるため、当面の措置だが、将来は有料サービスに切り替える予定。充電には、急速充電で30分、通常の充電で14時間かかるという。

と、いよいよコンビニのEV対応が始まった。上記のように、EVの急速充電で30分ということは、その間、駐車しておかなくてはならないので、運転手はコンビニの中で何か買うとか時間を潰す。そこでコンビニの売上げが見込める。また、充電の有料サービスであるが、大体300円程度が相場ではないかと言われている。そこで考えてみてほしい。EVは、急速充電で30分、大体300円程度で100km~160km程度の航続距離をもつ。これは大抵のガソリン車よりも燃費で優れている。

では、ガソリンスタンドに充電ステーションを設置するか、というと、ガソリンスタンドは渋る。なぜなら、300円程度の売上げで、30分も一台の車に居座られては、回転が悪すぎるのである。ガソリン車だと、5分程度で数千円の売上げとなる。そのため、ガソリンスタンドに充電ステーションがないとなると、EV車はいよいよ、コンビニに流れる。ローソンに続き、セブンイレブン、ファミリーマートなど大手コンビニの追随は必然である。コンビニはおそらく、一定額(例えば2000円)以上のお買い上げの方は充電料をサービスします、という方策を打ち出すだろう。もともと、ガソリンスタンドと違って、仕入れのいらない充電ステーションの維持費は安い。これは、ただでさえ閉鎖相次ぐガソリンスタンドのさらなる危機である。

そうなると、ハイブリッド車の売上げで浮かれているトヨヌやホンダも安閑としていられない。EVの投入を急がなくてはならない。

こうして、野次馬としては、EVだのHEVだのはとても面白い見物である。開発や販売の担当者、その他の関係者は、大変であろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1402

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月10日 07:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「原爆の手記」です。

次のブログ記事は「iPS細胞作製の効率化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。