オープン・イノベーション

| コメント(0) | トラックバック(0)

オープンビジネスモデルに対するコメントなどでも触れたオープン・イノベーションであるが、その意味が錯綜してきているので、私なりに整理してみる。

まず、オープンソース・ソフトウェアなど、自由に使える知的資産が入手できる昨今にあって、営利企業といえども、そのスキルというか、知的資産は、オープン+クローズドからなる、ということに反対する人はいないだろう。

そのオープンの部分に係る知的活動を、オープン・イノベーションと呼ぶ。こうして定義しただけでは、何のことか分からないので、次第に掘ってみる。

オープンの部分に係る知的活動には何があるかというと、典型的には、既存のオープンソース・ソフトウェアを入手して、自社のソリューションに使うことがある。その際、何かのコードを書いてオープン・コミュニティに貢献するという逆向きの動きもありえる。

これが特許権だと、ちょっと分かりにくい。最初から、自由に使っていいと宣言して特許出願することは普通、ありえないからである。すると、特許権の場合先ず、特許出願して権利になってから、特定の分野のものを公共に、使っていいと宣言することになる。使っていいと宣言するなら、特許年金を払わないで本当に権利を放棄してしまえばよさそうなものであるが、普通は、権利は放棄しないで、条件付で、使っていいと宣言することになる。例えば、我社に特許で訴えるなら、使っていいと宣言した特許も、突然牙を剥きますよ、ということである。よってこれは、オープンとはいえ、そのコインの裏側は、クローズである。

IEEE802などの標準は、それが、標準団体が定めた規格であるだけだと、誰でも実施することができる。しかし、多くの場合、そういう規格には、標準団体に加盟した企業が提供するパテント・プールが関与することになる。すると、もし典型的なRAND(妥当且つ非差別的)条項をもつなら、任意の企業は、妥当なライセンス料を払うことで、その規格に関与するパテント・プール内の特許を使うことができる。このあたりは、技術標準と特許にも書いた。すると、オープンとはいえ只ではない、ということになる。

この、オープンとはいえ条件付(行儀よくしなさい)、オープンとはいえ只ではない(払うべきものは払いなさい)で文句を言ってはいけない。ビジネスにはなにほどかのコストがかかる。寧ろ、絶対に開示しない、絶対に使わせないではないからいいではないか、というのが、オープン・イノベーションの出発点である。

オープン・イノベーションを受けて官庁はどう対応しているか、ということになるが、まず特許庁は、公共性が高い技術は特許を許しませんとは決して言っていない。ただ、実務的には、そういう分野の技術で審査を厳しくするなどして、特許権が公共性を阻害することがないように配慮する傾向は感じる。経済産業省からの密かな指導なのだろうか。ただもちろん、経済産業省といえども、ある一群の特許を条件付でオープンにしなさい、なんて指導はしない。

一方、裁判所では、インフラに関わる特許に基づく差止請求を認めることに消極的になっている傾向がある。これは、例のイーベイ判決の影響が大きい。

では、著作権はどうかというと、プログラムに係るオープンソース・ソフトウェアのところ以外は、クローズなままである。これは、映画や出版物の著作権が、小説家や映画会社にとても本質的だからである。しかも、映画や出版物は、あまりインフラに関与しているわけではなく、オープンにしたからいって、公共に利便を与えるより寧ろ、著作権者が失うところが大きい。プログラムだって、マイクロソフトがオープンソースにするのは、そのほんの一部である。Windowsをオープンソースにするわけがない。

ましてや、商標がオープン・イノベーションに関与することはほとんどない。説明の要もないだろう。

さて、知的資産=オープン+クローズと書いたが、クローズとは何か。当然に、条件付使用でない、普通の特許権がある。よくものの本では、オープン・イノベーションの流れでは、多くの技術がオープンであるが、コアの特許は各企業はしっかり保持している、という言い方がなされるが、それはニュアンスが違う。ほとんどの特許は、しっかり保持され、ほんの上澄みのような特許だけが、条件付使用許可される。喩えでは、スイカの皮はオーブンだが、中身はオープンでないともいえる。

また、当然に企業のノウハウ、戦略もオープンでない。

すると、何が一体オープン・イノベーションなのだ、という当然の疑問がわく。これに対する私の回答はこうである。世間全体の知が増大してくると、知的財産法のカバーを逃れる部分も増大してくる。これは、法的に保護しえない対象であったり、あえて法的保護を求めないなど、さまざまな部分からなる。世間全体の知全体としの分母が大きくなれば、オープンな知識資産としての分子も増える、という次第である。オープンソースの隆盛は、これに拍車をかける。こうして、オープンな知識資産の量がある臨界点を超えると、このオープンな知識資産だけを使って、相当なことができてしまう。ただ、それはオープンであって、イノベーションではない。それをイノベーションにするには、知恵が必要である。それをノウハウとも暗黙知と呼んでもよい。こうして、オープン+知恵=オープン・イノベーションというのは、1つの見解であろう。

ただ、オープン・イノベーションで出てきた成果をまたオープンにしてほしい、というのは願望であるが、それは分からない。勝つために、秘匿されるイノベーションもあろう。

ともかく、自由財としてのオープンな知識資産の存在で、イノベーションの自由度が高まった、オープン・イノベーションとはその程度の意味だと私は解釈する。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1404

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月11日 07:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPS細胞作製の効率化」です。

次のブログ記事は「電波時計の不調」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。