電波時計の不調

| コメント(8) | トラックバック(0)

昨年10月に買った電波腕時計であるが、たった10ヶ月で不調になった。すなわち、朝は普通に動いていたのに、夕方の4時半になって、針が動いていないことに気付いた。日付をあらわす液晶画面のところも空白になっている。

いろいろボタンを押してみたが埒があかない。仕事中でもあったので1時間半放置しておいたが、帰宅前にダメモトと、あるボタンを押したところ、針が時刻合わせモードで動き始めたので、現在時刻のところでボタンを押して、針を止めた。そこから動き始めたので、なんとか時計として使えるようになった。

しかし、液晶画面の曜日表示が完全に狂っている。これはどうも標準の電波であわせ直さなくてはならないようだと思ったが、詳しい操作が分からないので、帰宅した。

帰宅すると、液晶画面の表示が消えていた。これに蛍光灯を当てると、液晶画面の表示が復活した。それで分かったのは、時計の針が止まったのは、時計の二次電池の残量がなくなったからだということである。すなわち、最近曇りがちで、電波腕時計はあまり光を浴びていなかったようなのである。それでも日中、普通に光が当たっていれば十分なはずなのだが、もしかして、二次電池が劣化したのかもしれない。ここらあたり、安物の電波腕時計の欠点がよく出ている。

そういえば、EV車でも、コストの大部分を、リチウムイオン電池などの二次電池が占めるという。二次電池を搭載した製品は、須らく二次電池に翻弄されることになる。おそらく、高級な電波腕時計だと、二次電池の容量も潤沢で、そういう問題はおきにくいのだろう。

ともかく、帰宅して、マニュアルを見ながら、標準の電波であわせ直す操作をした。すると確かに標準の電波を拾って、時計は時刻をセットした。ところがなんと、時刻がまるっきり違っているのである。どうした、と考えたら、会社で一旦時計が止まったあと、ボタンを押して針を動かしたとき、基準位置を移動してしまったらしい。なぜ電波時計に基準位置があるかというと、それは機械的に針を駆動するからである。機械的に針を駆動している間強い機械的衝撃が加わると、針が機械的にずれてしまうことがある。そのずれを調整する仕組みが必要、ということである。そのずれを調整する仕組みを、不注意に、針が狂う方向に使ってしまったということである。

そこでマニュアル首っ引きで、電波時計の基準位置を正しい位置に戻した。すると既に標準の電波を受信したばかりなので、それによってなんとか正しい時刻に針が合い、時刻を刻み始めた。

このようなトラブルと手間をかけさせるのは、安物(7800円程度)の電波時計である、ということで、やはり安物買いのなんとか、ということになるのかもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1405

コメント(8)

wikiによれば原子時計は時計としての時刻を表示するような仕組みは備えておらず、クォーツ時計などの時計と併用し、その誤差をフィードバックすることで初めて「原子時計」として機能するとのこと。つまりハイブリッドなんですね。
 >セシウム原子時計の場合、炉から放射されたセシウム133の蒸気を、磁界によって、エネルギー準位の異なる2つに分離する。分離されたうち、基底状態のものに水晶発振子を基準として、9,192,631,770Hzのマイクロ波を照射し、励起されたものを再び磁界をかけて、分離する。最終的な基底状態と、励起状態のセシウムの量から周波数を調整し、正確な9,192,631,770Hzのマイクロ波を作り出す。
 恐ろしく高精度なんでしょうが「水晶発振子を基準として」というあたり原子時計も何となく身近に感じられます。

ISSEIさん

セシウム原子時計というのは、天文観測とか、物理実験とか、超正確な時間を得るために使うのでしょうか。

ちょっと私の限られた知識では、応用分野が思いつきません。

ご存知のように電波時計の電波は日本の2箇所から発信されていまして、その電波の時刻情報はセシウム原子時計が刻んでいます


> その電波の時刻情報はセシウム原子時計が刻んでいます

なるほど、そうでしたか

 暑い日が続きますが、皆様お元気ですか??

 まいど、話をぶっ飛ばしてすみません。
http://blogs.yahoo.co.jp/flattwin/46361986.html
 セシウムではありませんが、↑のように、ルビジウム原子クロックでCDを作るメーカーもあるようです。なんか、いい音だそうですが、再生側でルビジウム原子クロックを使わない限り、一般人は、その音質を、普通のCDのと聴き分けられないことに2000ガバス賭けます。
 ↑はまだ科学的根拠がありますが、オーディオの世界は、オカルトがまかり通る世界みたいです。たとえば、部屋にウサギのしっぽみたいな綿毛の塊を2~3個つるすと音が劇的によくなるとか言って、どう見ても100均で買えそうなシロモノを@5000円で売ってたりします。正気か????
 スピーカケーブルでも音が劇的に変わるとかで、秋葉あたりに行くと、1mあたり20000円以上もするケーブルがごちゃまんと売られています。でも、私には全く聴き分けられないので、普通のACケーブルを使ってますが、普通にいい音出ます。

M氏のroom すごいですね。小松さんの知り合いですか?びくりするのがセシウムクロック、個人で何するのってのりです。電柱から200Vそのままだし、人間の音に対する追求には魔物が住んでますね。
http://bebe1998.net/topic/325.html

小松たひとさん

> 部屋にウサギのしっぽみたいな綿毛の塊を2~3個つるすと音が劇的によくなるとか言って、

いかにオカルトやトンデモ好きの私も、ちょっとこういうのは受け入れがたいです。

>小松さんの知り合いですか?
 違います。
 私は偏屈ヲヤヂですが、ほかの偏屈ヲヤヂは嫌いです(ISSEIさんご紹介の方を偏屈と言っているのではありません;念為)。

 ほかの偏屈ヲヤヂの相手をする気も、その暇もありません。私は「孤独な『偏屈ヲヤヂ』」なんです。

 最近、秋葉原ですらオーディヲショップは絶滅危惧種ですが、「オートバックス」とかの自動車センターに行くと、いろんなカーオーディヲ製品がごちゃまんと置いてあって楽しいです。カーオーディヲ用のスピーカーは、安くて音が良いので大好きです。高いのには手が出ません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2009年8月11日 08:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オープン・イノベーション」です。

次のブログ記事は「ステップ・アップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。